KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 風景
  • 位置
  • 寧夏回族自治区
  • 全長
  • 景観
  • バダインジャラン砂漠
  • ムー
  • 作業員

「トングリ砂漠」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
194
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
194
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年06月26日
    空から見た寧夏回族自治区

    空から見た寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市トングリ砂漠の周辺を流れる黄河。(6月26日、小型無人機から)中国北西部に位置する寧夏回族自治区の山や川、草原、砂漠、湖は絵画のように美しく、訪れた人を魅了する。(銀川=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816877

  • 2018年06月26日
    クラウド事業を強化する砂漠の小都市寧夏中衛市

    6月26日、寧夏回族自治区中衛市内を流れる黄河。(小型無人機から)トングリ砂漠の南端に位置する中国寧夏回族自治区の中衛市は、同自治区で最も若い地級市(中国の地方行政単位)にあたる。今から60年前、ここから広大な砂漠地帯を走る中国初の砂漠鉄道、「包蘭鉄道」(内モンゴル自治区包頭-甘粛省蘭州)が正式に開通し、その際に考案された「麦草方格」という砂漠化を効果的に防ぐ方法が、世界中に広まった。現在、同市は資源・環境制約を克服するため、IT(情報技術)革命がもたらすチャンスをつかみ、米アリゾナ州フェニックスでベンチマーキングを実施し、砂漠の端で世界をリードする「クラウド情報ハイウェイ」を構築している。近代的なデータセンターが次々に落成し、国内外の著名なクラウド企業が次々に入居し、クラウドコンピューティング専攻の大学生が続々と社会に出てゆくに伴い、クラウドコンピューティング産業は中衛に質の高い発展によるメリットをもたらし、世界がこの砂漠都市を再認識するための新たな名刺的存在にもなりつつある。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900543

  • 2018年06月26日
    クラウド事業を強化する砂漠の小都市寧夏中衛市

    6月26日、中衛市内から砂漠地帯を貫いて走る包蘭鉄道。(小型無人機から)トングリ砂漠の南端に位置する中国寧夏回族自治区の中衛市は、同自治区で最も若い地級市(中国の地方行政単位)にあたる。今から60年前、ここから広大な砂漠地帯を走る中国初の砂漠鉄道、「包蘭鉄道」(内モンゴル自治区包頭-甘粛省蘭州)が正式に開通し、その際に考案された「麦草方格」という砂漠化を効果的に防ぐ方法が、世界中に広まった。現在、同市は資源・環境制約を克服するため、IT(情報技術)革命がもたらすチャンスをつかみ、米アリゾナ州フェニックスでベンチマーキングを実施し、砂漠の端で世界をリードする「クラウド情報ハイウェイ」を構築している。近代的なデータセンターが次々に落成し、国内外の著名なクラウド企業が次々に入居し、クラウドコンピューティング専攻の大学生が続々と社会に出てゆくに伴い、クラウドコンピューティング産業は中衛に質の高い発展によるメリットをもたらし、世界がこの砂漠都市を再認識するための新たな名刺的存在にもなりつつある。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900497

  • 2018年06月27日
    クラウド事業を強化する砂漠の小都市寧夏中衛市

    6月27日、寧夏回族自治区中衛市内を流れる黄河。(小型無人機から)トングリ砂漠の南端に位置する中国寧夏回族自治区の中衛市は、同自治区で最も若い地級市(中国の地方行政単位)にあたる。今から60年前、ここから広大な砂漠地帯を走る中国初の砂漠鉄道、「包蘭鉄道」(内モンゴル自治区包頭-甘粛省蘭州)が正式に開通し、その際に考案された「麦草方格」という砂漠化を効果的に防ぐ方法が、世界中に広まった。現在、同市は資源・環境制約を克服するため、IT(情報技術)革命がもたらすチャンスをつかみ、米アリゾナ州フェニックスでベンチマーキングを実施し、砂漠の端で世界をリードする「クラウド情報ハイウェイ」を構築している。近代的なデータセンターが次々に落成し、国内外の著名なクラウド企業が次々に入居し、クラウドコンピューティング専攻の大学生が続々と社会に出てゆくに伴い、クラウドコンピューティング産業は中衛に質の高い発展によるメリットをもたらし、世界がこの砂漠都市を再認識するための新たな名刺的存在にもなりつつある。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900496

  • 2018年07月05日
    クラウド事業を強化する砂漠の小都市寧夏中衛市

    7月5日、寧夏回族自治区中衛市にある「クラウドベース(Cloudbase)」。(小型無人機から)トングリ砂漠の南端に位置する中国寧夏回族自治区の中衛市は、同自治区で最も若い地級市(中国の地方行政単位)にあたる。今から60年前、ここから広大な砂漠地帯を走る中国初の砂漠鉄道、「包蘭鉄道」(内モンゴル自治区包頭-甘粛省蘭州)が正式に開通し、その際に考案された「麦草方格」という砂漠化を効果的に防ぐ方法が、世界中に広まった。現在、同市は資源・環境制約を克服するため、IT(情報技術)革命がもたらすチャンスをつかみ、米アリゾナ州フェニックスでベンチマーキングを実施し、砂漠の端で世界をリードする「クラウド情報ハイウェイ」を構築している。近代的なデータセンターが次々に落成し、国内外の著名なクラウド企業が次々に入居し、クラウドコンピューティング専攻の大学生が続々と社会に出てゆくに伴い、クラウドコンピューティング産業は中衛に質の高い発展によるメリットをもたらし、世界がこの砂漠都市を再認識するための新たな名刺的存在にもなりつつある。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900495

  • 2018年07月05日
    クラウド事業を強化する砂漠の小都市寧夏中衛市

    7月5日、寧夏回族自治区中衛市にある「クラウドベース(Cloudbase)」。(小型無人機から)トングリ砂漠の南端に位置する中国寧夏回族自治区の中衛市は、同自治区で最も若い地級市(中国の地方行政単位)にあたる。今から60年前、ここから広大な砂漠地帯を走る中国初の砂漠鉄道、「包蘭鉄道」(内モンゴル自治区包頭-甘粛省蘭州)が正式に開通し、その際に考案された「麦草方格」という砂漠化を効果的に防ぐ方法が、世界中に広まった。現在、同市は資源・環境制約を克服するため、IT(情報技術)革命がもたらすチャンスをつかみ、米アリゾナ州フェニックスでベンチマーキングを実施し、砂漠の端で世界をリードする「クラウド情報ハイウェイ」を構築している。近代的なデータセンターが次々に落成し、国内外の著名なクラウド企業が次々に入居し、クラウドコンピューティング専攻の大学生が続々と社会に出てゆくに伴い、クラウドコンピューティング産業は中衛に質の高い発展によるメリットをもたらし、世界がこの砂漠都市を再認識するための新たな名刺的存在にもなりつつある。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900537

  • 2018年10月18日
    岩絵と奇岩怪石が織り成す秘境の景観内モンゴル自治区マンデラ山

    10月18日に撮影した集落の人的構成を示す岩絵。中国内モンゴル自治区アルシャ右旗にあるマンデラ(曼徳拉)山は、バダインジャラン砂漠とトングリ砂漠の間に位置する。マンデラはモンゴル語の言葉で「繁栄」、「上昇」を意味する。同山には「美術界の生きた化石」とたたえられるマンデラ山岩絵がある。同岩絵群は1980年代に発見され、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。約18平方キロの山岳地帯に数千点の岩絵が分布しており、新石器時代から清代までのものと考えられている。岩絵の内容は狩猟や放牧、天体と幅広い。(アルシャ=新華社記者/李仁虎)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110618063

  • 2018年10月18日
    岩絵と奇岩怪石が織り成す秘境の景観内モンゴル自治区マンデラ山

    10月18日にマンデラ山で撮影した穴の開いた怪石。中国内モンゴル自治区アルシャ右旗にあるマンデラ(曼徳拉)山は、バダインジャラン砂漠とトングリ砂漠の間に位置する。マンデラはモンゴル語の言葉で「繁栄」、「上昇」を意味する。同山には「美術界の生きた化石」とたたえられるマンデラ山岩絵がある。同岩絵群は1980年代に発見され、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。約18平方キロの山岳地帯に数千点の岩絵が分布しており、新石器時代から清代までのものと考えられている。岩絵の内容は狩猟や放牧、天体と幅広い。(アルシャ=新華社記者/李仁虎)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110618131

  • 2018年10月18日
    岩絵と奇岩怪石が織り成す秘境の景観内モンゴル自治区マンデラ山

    10月18日に撮影したマンデラ山の岩絵。中国内モンゴル自治区アルシャ右旗にあるマンデラ(曼徳拉)山は、バダインジャラン砂漠とトングリ砂漠の間に位置する。マンデラはモンゴル語の言葉で「繁栄」、「上昇」を意味する。同山には「美術界の生きた化石」とたたえられるマンデラ山岩絵がある。同岩絵群は1980年代に発見され、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。約18平方キロの山岳地帯に数千点の岩絵が分布しており、新石器時代から清代までのものと考えられている。岩絵の内容は狩猟や放牧、天体と幅広い。(アルシャ=新華社記者/達日罕)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110618273

  • 2018年10月18日
    岩絵と奇岩怪石が織り成す秘境の景観内モンゴル自治区マンデラ山

    10月18日にマンデラ山岩絵の付近で撮影したさまざまな形の奇岩怪石。中国内モンゴル自治区アルシャ右旗にあるマンデラ(曼徳拉)山は、バダインジャラン砂漠とトングリ砂漠の間に位置する。マンデラはモンゴル語の言葉で「繁栄」、「上昇」を意味する。同山には「美術界の生きた化石」とたたえられるマンデラ山岩絵がある。同岩絵群は1980年代に発見され、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。約18平方キロの山岳地帯に数千点の岩絵が分布しており、新石器時代から清代までのものと考えられている。岩絵の内容は狩猟や放牧、天体と幅広い。(アルシャ=新華社記者/李仁虎)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110617929

  • 2018年10月18日
    岩絵と奇岩怪石が織り成す秘境の景観内モンゴル自治区マンデラ山

    10月18日に撮影した狩猟の様子を描いた岩絵。中国内モンゴル自治区アルシャ右旗にあるマンデラ(曼徳拉)山は、バダインジャラン砂漠とトングリ砂漠の間に位置する。マンデラはモンゴル語の言葉で「繁栄」、「上昇」を意味する。同山には「美術界の生きた化石」とたたえられるマンデラ山岩絵がある。同岩絵群は1980年代に発見され、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。約18平方キロの山岳地帯に数千点の岩絵が分布しており、新石器時代から清代までのものと考えられている。岩絵の内容は狩猟や放牧、天体と幅広い。(アルシャ=新華社記者/李仁虎)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110618101

  • 2018年12月26日
    「ナーダム」に出場するラクダたち

    26日、ラクダに乗った観光客。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗でこのほど、「第2回ラクダのナーダム(お祭り)」が行われた。ラクダを引き、トングリ砂漠を越える牧畜民らの姿は風景の中に溶け込んでいた。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011722533

  • 2018年12月26日
    「ナーダム」に出場するラクダたち

    26日、隊列を組み砂漠を越えるラクダ。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗でこのほど、「第2回ラクダのナーダム(お祭り)」が行われた。ラクダを引き、トングリ砂漠を越える牧畜民らの姿は風景の中に溶け込んでいた。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011722530

  • 2018年12月26日
    「ナーダム」に出場するラクダたち

    26日、飼育しているラクダの世話をする牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗でこのほど、「第2回ラクダのナーダム(お祭り)」が行われた。ラクダを引き、トングリ砂漠を越える牧畜民らの姿は風景の中に溶け込んでいた。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011722498

  • 2018年12月26日
    「ナーダム」に出場するラクダたち

    26日、ラクダを駆り、会場に向かう牧畜民。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗でこのほど、「第2回ラクダのナーダム(お祭り)」が行われた。ラクダを引き、トングリ砂漠を越える牧畜民らの姿は風景の中に溶け込んでいた。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011722510

  • 2018年12月26日
    「ナーダム」に出場するラクダたち

    26日、隊列を組み砂漠を越えるラクダ。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗でこのほど、「第2回ラクダのナーダム(お祭り)」が行われた。ラクダを引き、トングリ砂漠を越える牧畜民らの姿は風景の中に溶け込んでいた。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011722512

  • 2018年12月26日
    「ナーダム」に出場するラクダたち

    26日、ナーダムに出場するラクダ。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗でこのほど、「第2回ラクダのナーダム(お祭り)」が行われた。ラクダを引き、トングリ砂漠を越える牧畜民らの姿は風景の中に溶け込んでいた。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011722532

  • 2018年12月27日
    「ナーダム」に出場するラクダたち

    27日、ナーダムに出場するラクダ。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗でこのほど、「第2回ラクダのナーダム(お祭り)」が行われた。ラクダを引き、トングリ砂漠を越える牧畜民らの姿は風景の中に溶け込んでいた。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011722529

  • 2018年12月27日
    「ナーダム」に出場するラクダたち

    27日、ナーダムに出場するラクダ。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗でこのほど、「第2回ラクダのナーダム(お祭り)」が行われた。ラクダを引き、トングリ砂漠を越える牧畜民らの姿は風景の中に溶け込んでいた。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011722531

  • 2019年03月28日
    アリペイのバーチャル植林、2019年度「チャンピオン・オブ・ジ・アース」を受賞

    中国甘粛省のトングリ砂漠に広がるアント・フォレスト。「緑の壁」で砂漠化を効果的に食い止めている。(資料写真)環境保護に関する公益プロジェクト「アント・フォレスト」が19日、国連環境計画(UNEP)の「チャンピオン・オブ・ジ・アース(発想・行動部門)」を受賞した。アリババ傘下の金融関連会社、螞蟻金服(アント・フィナンシャル)が運営するモバイル決済サービス「支付宝(アリペイ)」に2016年8月、環境保護に関する公益プラットフォーム「アント・フォレスト」が開設された。ユーザーは徒歩や地下鉄・バス・シェア自転車の利用、オンライン決済など環境に配慮した行動を取ることで、削減した二酸化炭素排出量を「グリーンエネルギー」のポイントに交換する。たまったポイントで「本物の」木を植樹するか相応の面積の土地を保護するかが選べる。「アント・フォレスト」は植林以外にも、貧困地域の就業支援も行っている。今年8月までに中国各地で40万人以上の雇用を創出している。(杭州=新華社配信/アント・フォレスト提供)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:アント・フォレスト/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708760

  • 2019年04月12日
    砂漠に咲く花-蒙古扁桃が見頃内モンゴル自治区アルシャー盟

    12日に撮影した内モンゴル自治区アルシャー盟のトングリ砂漠に咲いた蒙古扁桃。蒙古扁桃は成長が遅く、1メートルの高さになるのに20年以上かかる。中国内モンゴル自治区アルシャー(阿拉善)盟で、バラ科モモ属の植物、蒙古扁桃(学名:Amygdalusmongolica(Maxim.)Ricker)の花が見頃を迎えた。野生の蒙古扁桃が植わっている1万ムー(約667ヘクタール)近い砂漠の地には、花を目当てに多くの観光客が訪れた。蒙古扁桃は砂漠地帯や乾燥地帯に生育する乾性植物で、極めて貴重な種。同地はここ数年、放牧をやめ植生を回復させる「退牧還草」事業や植林に力を入れてきた。砂漠の生態環境が継続的に回復したことで、蒙古扁桃の生育面積は年を追って拡大し、砂漠の中に美しい風景が生み出された。(アルシャー=新華社記者/安路蒙)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809245

  • 2019年04月12日
    砂漠に咲く花-蒙古扁桃が見頃内モンゴル自治区アルシャー盟

    12日、内モンゴル自治区アルシャー盟のトングリ砂漠で蒙古扁桃を撮影する観光客。中国内モンゴル自治区アルシャー(阿拉善)盟で、バラ科モモ属の植物、蒙古扁桃(学名:Amygdalusmongolica(Maxim.)Ricker)の花が見頃を迎えた。野生の蒙古扁桃が植わっている1万ムー(約667ヘクタール)近い砂漠の地には、花を目当てに多くの観光客が訪れた。蒙古扁桃は砂漠地帯や乾燥地帯に生育する乾性植物で、極めて貴重な種。同地はここ数年、放牧をやめ植生を回復させる「退牧還草」事業や植林に力を入れてきた。砂漠の生態環境が継続的に回復したことで、蒙古扁桃の生育面積は年を追って拡大し、砂漠の中に美しい風景が生み出された。(アルシャー=新華社記者/安路蒙)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809336

  • 2019年04月12日
    砂漠に咲く花-蒙古扁桃が見頃内モンゴル自治区アルシャー盟

    12日、内モンゴル自治区アルシャー盟のトングリ砂漠で蒙古扁桃を撮影する観光客。中国内モンゴル自治区アルシャー(阿拉善)盟で、バラ科モモ属の植物、蒙古扁桃(学名:Amygdalusmongolica(Maxim.)Ricker)の花が見頃を迎えた。野生の蒙古扁桃が植わっている1万ムー(約667ヘクタール)近い砂漠の地には、花を目当てに多くの観光客が訪れた。蒙古扁桃は砂漠地帯や乾燥地帯に生育する乾性植物で、極めて貴重な種。同地はここ数年、放牧をやめ植生を回復させる「退牧還草」事業や植林に力を入れてきた。砂漠の生態環境が継続的に回復したことで、蒙古扁桃の生育面積は年を追って拡大し、砂漠の中に美しい風景が生み出された。(アルシャー=新華社記者/安路蒙)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809319

  • 2019年04月12日
    砂漠に咲く花-蒙古扁桃が見頃内モンゴル自治区アルシャー盟

    12日に撮影した内モンゴル自治区アルシャー盟のトングリ砂漠に咲いた蒙古扁桃。中国内モンゴル自治区アルシャー(阿拉善)盟で、バラ科モモ属の植物、蒙古扁桃(学名:Amygdalusmongolica(Maxim.)Ricker)の花が見頃を迎えた。野生の蒙古扁桃が植わっている1万ムー(約667ヘクタール)近い砂漠の地には、花を目当てに多くの観光客が訪れた。蒙古扁桃は砂漠地帯や乾燥地帯に生育する乾性植物で、極めて貴重な種。同地はここ数年、放牧をやめ植生を回復させる「退牧還草」事業や植林に力を入れてきた。砂漠の生態環境が継続的に回復したことで、蒙古扁桃の生育面積は年を追って拡大し、砂漠の中に美しい風景が生み出された。(アルシャー=新華社記者/安路蒙)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809204

  • 2019年04月12日
    砂漠に咲く花-蒙古扁桃が見頃内モンゴル自治区アルシャー盟

    12日に撮影した内モンゴル自治区アルシャー盟のトングリ砂漠に咲いた蒙古扁桃。中国内モンゴル自治区アルシャー(阿拉善)盟で、バラ科モモ属の植物、蒙古扁桃(学名:Amygdalusmongolica)の花が見頃を迎えた。野生の蒙古扁桃が植わっている1万ムー(約667ヘクタール)近い砂漠の地には、花を目当てに多くの観光客が訪れた。蒙古扁桃は砂漠地帯や乾燥地帯に生育する乾性植物で、極めて貴重な種。同地はここ数年、放牧をやめ植生を回復させる「退牧還草」事業や植林に力を入れてきた。砂漠の生態環境が継続的に回復したことで、蒙古扁桃の生育面積は年を追って拡大し、砂漠の中に美しい風景が生み出された。(アルシャー=新華社記者/安路蒙)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809249

  • 2019年04月12日
    砂漠に咲く花-蒙古扁桃が見頃内モンゴル自治区アルシャー盟

    12日に撮影した内モンゴル自治区アルシャー盟のトングリ砂漠に咲いた蒙古扁桃。中国内モンゴル自治区アルシャー(阿拉善)盟で、バラ科モモ属の植物、蒙古扁桃(学名:Amygdalusmongolica(Maxim.)Ricker)の花が見頃を迎えた。野生の蒙古扁桃が植わっている1万ムー(約667ヘクタール)近い砂漠の地には、花を目当てに多くの観光客が訪れた。蒙古扁桃は砂漠地帯や乾燥地帯に生育する乾性植物で、極めて貴重な種。同地はここ数年、放牧をやめ植生を回復させる「退牧還草」事業や植林に力を入れてきた。砂漠の生態環境が継続的に回復したことで、蒙古扁桃の生育面積は年を追って拡大し、砂漠の中に美しい風景が生み出された。(アルシャー=新華社記者/安路蒙)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809325

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、種を収穫するための檸条(CaraganakorshinskiiKom.)の開花状況を見る呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901320

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗トングリ砂漠東端で、灌木を植える呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901292

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端の育苗地で、苗の成長状況を見る呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901270

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗のトングリ砂漠東端で今年3月に呉尚栄さんと作業員が設置した流砂防止用の「草方格」。ワラなどを格子状に砂中に埋めることで砂の流動を抑えることができる。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901291

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、トングリ砂漠東端の生態回復区。奥に賀蘭山が見える。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901282

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アラシャン左旗に位置するトングリ砂漠東端の育苗地で、発芽状況を観察する呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901322

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、作業員に点滴かんがい設備の設置方法を指導する呉向栄さん(右)。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901328

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、灌木を植える呉向栄さん(右)とボランティアの人々。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901332

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、奥に見える砂丘の拡大を抑止する灌木。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901271

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、2週間前に植えた花棒(ファーバン、Hedysarumscoparium)の苗を見る呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901293

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端のヤナギバグミ林で、夕日を眺める呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901329

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、灌木を植える呉向栄さんとボランティアの人々。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901283

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、砂漠化対策で植えた灌木の苗の成長状況を見る呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901290

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月02日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    2日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、植樹ボランティアに砂丘植物の植え方を指導する呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901296

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月02日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    2日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端の事務所で、砂漠化対策のボランティアに講義する呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901326

  • 00:58.34
    2019年05月31日
    「新華社」青土湖が取り戻した青い波が広がる風景甘粛省民勤県

    中国甘粛省中部の武威(ぶい)市民勤(みんきん)県にある青土湖は石羊河が流れ込む湖で、かつては広大な水域を有していた。しかし上流からの水量が減るにつれ、湖の水量は減少し、至る所で流砂が発生し、水域面積も次第に小さくなっていった。その結果、迫り来る砂漠と緑地の境界線が長さ13キロにわたって形成され、流砂の面積は12万ムー(80平方キロ)に達した。二大砂漠(トングリ砂漠とバダインジャラン砂漠)がここでつながってしまうのを防ぎ、地域の生態回復を促すため、1980年代から民勤県は現地の状況を考慮しながら適切な計画を立て、造林による砂の固定化、湖畔平地での造林、移住や移転、耕作地を森林に戻す、封鎖による保護といった措置を実施し、総合的な管理を進めてきた。今では、青土湖には25・16平方キロの水域が形成され、アシが群生し、青い波が広がっている。(記者/姜偉超、李傑)<映像内容>青土湖の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060200898

  • 2019年10月03日
    特色ある砂漠観光が人気寧夏回族自治区

    3日、中衛市の沙坡頭風景区でサンドスキーを体験する観光客。10月になり、本格的な観光シーズンが始まったトングリ砂漠の南側にある中国寧夏回族自治区中衛市の沙坡頭(さはとう)風景区には、国慶節の大型連休(10月1~7日)の最初の3日間で延べ8万人の観光客が訪れた。南に黄河、北にトングリ砂漠が隣接する同地の独特な風景が、多くの観光客を魅了している。(中衛=新華社配信/楊植森)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700397

  • 2019年10月03日
    特色ある砂漠観光が人気寧夏回族自治区

    3日、中衛市の沙坡頭風景区で、羊皮筏子(ヤンピーファーズ、羊皮いかだ)を漕いで黄河を渡る観光客。10月になり、本格的な観光シーズンが始まったトングリ砂漠の南側にある中国寧夏回族自治区中衛市の沙坡頭(さはとう)風景区には、国慶節の大型連休(10月1~7日)の最初の3日間で延べ8万人の観光客が訪れた。南に黄河、北にトングリ砂漠が隣接する同地の独特な風景が、多くの観光客を魅了している。(中衛=新華社配信/楊植森)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700319

  • 2019年10月03日
    特色ある砂漠観光が人気寧夏回族自治区

    3日、沙坡頭風景区内の砂漠の中に設置されたエスカレーター。10月になり、本格的な観光シーズンが始まったトングリ砂漠の南側にある中国寧夏回族自治区中衛市の沙坡頭(さはとう)風景区には、国慶節の大型連休(10月1~7日)の最初の3日間で延べ8万人の観光客が訪れた。南に黄河、北にトングリ砂漠が隣接する同地の独特な風景が、多くの観光客を魅了している。(中衛=新華社配信/楊植森)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700456

  • 2019年10月03日
    特色ある砂漠観光が人気寧夏回族自治区

    3日、中衛市の沙坡頭風景区でラクダに乗る観光客。10月になり、本格的な観光シーズンが始まったトングリ砂漠の南側にある中国寧夏回族自治区中衛市の沙坡頭(さはとう)風景区には、国慶節の大型連休(10月1~7日)の最初の3日間で延べ8万人の観光客が訪れた。南に黄河、北にトングリ砂漠が隣接する同地の独特な風景が、多くの観光客を魅了している。(中衛=新華社配信/楊植森)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700454

  • 00:56.38
    2019年10月24日
    「新華社」秋色に染まるトングリ砂漠内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるトングリ砂漠の東端では、灌木の梭梭(ソウソウ、Haloxylonammodendron)や砂地固定用の草方格などの植物も深まる秋の気配に覆われ、砂漠を色彩豊かに染め上げている。アルシャー盟などの地域では長年にわたり、三北(東北・西北・華北)防護林や天然林保護などの生態保護プロジェクトのもとで「封山育林(天然林への立ち入り禁止)」や「飛播造林(飛行機による種子の空中散布)」などの緑化を実施。砂漠の南東端に約350キロ、幅3~20キロの砂防林帯を築き上げた。今ではアルシャー盟内の三つの砂漠(バダインジャラン、トングリ、ウランプハ)の連結阻止に成功している。(記者/張晟、王燕、王雪氷)<映像内容>秋のトングリ砂漠の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102500760

  • 2020年03月06日
    数十年の努力、トングリ砂漠の緑化事業甘粛省

    6日、八歩沙営林場の緑化現場で記念撮影する作業員。中国のトングリ砂漠の南端に位置する甘粛省武威市古浪県では今月に入り、古浪八歩沙営林場の職員が地元住民と共に県城(県政府所在地)北部の旱麻岡砂漠の緑化地点で春の植林活動を実施している。県内最大の風食地帯、八歩沙では1980年代、押し寄せる砂が毎年数メートルの速さで村や田畑を飲み込み続けていた。八歩沙の緑化作業員はその後、三代にわたり防砂林の造営を続け、数十年かけて20万ムー(約1万3千ヘクタール)防砂林と40万ムー(2万7千ヘクタール)の緑地を完成させた。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104804

  • 2020年03月06日
    数十年の努力、トングリ砂漠の緑化事業甘粛省

    6日、麦わらで砂地を固定する草方格を作る八歩沙営林場の作業員。中国のトングリ砂漠の南端に位置する甘粛省武威市古浪県では今月に入り、古浪八歩沙営林場の職員が地元住民と共に県城(県政府所在地)北部の旱麻岡砂漠の緑化地点で春の植林活動を実施している。県内最大の風食地帯、八歩沙では1980年代、押し寄せる砂が毎年数メートルの速さで村や田畑を飲み込み続けていた。八歩沙の緑化作業員はその後、三代にわたり防砂林の造営を続け、数十年かけて20万ムー(約1万3千ヘクタール)防砂林と40万ムー(2万7千ヘクタール)の緑地を完成させた。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104796

  • 2020年03月06日
    数十年の努力、トングリ砂漠の緑化事業甘粛省

    6日、麦わらで砂地を固定する草方格を作る八歩沙営林場の作業員。中国のトングリ砂漠の南端に位置する甘粛省武威市古浪県では今月に入り、古浪八歩沙営林場の職員が地元住民と共に県城(県政府所在地)北部の旱麻岡砂漠の緑化地点で春の植林活動を実施している。県内最大の風食地帯、八歩沙では1980年代、押し寄せる砂が毎年数メートルの速さで村や田畑を飲み込み続けていた。八歩沙の緑化作業員はその後、三代にわたり防砂林の造営を続け、数十年かけて20万ムー(約1万3千ヘクタール)防砂林と40万ムー(2万7千ヘクタール)の緑地を完成させた。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104799

  • 2020年03月06日
    数十年の努力、トングリ砂漠の緑化事業甘粛省

    6日、麦わらで砂地を固定する草方格を作る八歩沙営林場の作業員。(小型無人機から)中国のトングリ砂漠の南端に位置する甘粛省武威市古浪県では今月に入り、古浪八歩沙営林場の職員が地元住民と共に県城(県政府所在地)北部の旱麻岡砂漠の緑化地点で春の植林活動を実施している。県内最大の風食地帯、八歩沙では1980年代、押し寄せる砂が毎年数メートルの速さで村や田畑を飲み込み続けていた。八歩沙の緑化作業員はその後、三代にわたり防砂林の造営を続け、数十年かけて20万ムー(約1万3千ヘクタール)防砂林と40万ムー(2万7千ヘクタール)の緑地を完成させた。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104826

  • 2020年03月06日
    数十年の努力、トングリ砂漠の緑化事業甘粛省

    6日、麦わらで砂地を固定する草方格を作る八歩沙営林場の作業員。(小型無人機から)中国のトングリ砂漠の南端に位置する甘粛省武威市古浪県では今月に入り、古浪八歩沙営林場の職員が地元住民と共に県城(県政府所在地)北部の旱麻岡砂漠の緑化地点で春の植林活動を実施している。県内最大の風食地帯、八歩沙では1980年代、押し寄せる砂が毎年数メートルの速さで村や田畑を飲み込み続けていた。八歩沙の緑化作業員はその後、三代にわたり防砂林の造営を続け、数十年かけて20万ムー(約1万3千ヘクタール)防砂林と40万ムー(2万7千ヘクタール)の緑地を完成させた。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104774

  • 2020年03月06日
    数十年の努力、トングリ砂漠の緑化事業甘粛省

    6日、麦わらで砂地を固定する草方格を作る八歩沙営林場の作業員。中国のトングリ砂漠の南端に位置する甘粛省武威市古浪県では今月に入り、古浪八歩沙営林場の職員が地元住民と共に県城(県政府所在地)北部の旱麻岡砂漠の緑化地点で春の植林活動を実施している。県内最大の風食地帯、八歩沙では1980年代、押し寄せる砂が毎年数メートルの速さで村や田畑を飲み込み続けていた。八歩沙の緑化作業員はその後、三代にわたり防砂林の造営を続け、数十年かけて20万ムー(約1万3千ヘクタール)防砂林と40万ムー(2万7千ヘクタール)の緑地を完成させた。(武威=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104792

  • 2020年03月06日
    数十年の努力、トングリ砂漠の緑化事業甘粛省

    6日、古浪県北部にある旱麻岡砂漠の緑化地点に広がる草方格。(小型無人機から)中国のトングリ砂漠の南端に位置する甘粛省武威市古浪県では今月に入り、古浪八歩沙営林場の職員が地元住民と共に県城(県政府所在地)北部の旱麻岡砂漠の緑化地点で春の植林活動を実施している。県内最大の風食地帯、八歩沙では1980年代、押し寄せる砂が毎年数メートルの速さで村や田畑を飲み込み続けていた。八歩沙の緑化作業員はその後、三代にわたり防砂林の造営を続け、数十年かけて20万ムー(約1万3千ヘクタール)防砂林と40万ムー(2万7千ヘクタール)の緑地を完成させた。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104801

  • 2020年03月06日
    数十年の努力、トングリ砂漠の緑化事業甘粛省

    6日、麦わらで砂地を固定する草方格を作る八歩沙営林場の作業員。中国のトングリ砂漠の南端に位置する甘粛省武威市古浪県では今月に入り、古浪八歩沙営林場の職員が地元住民と共に県城(県政府所在地)北部の旱麻岡砂漠の緑化地点で春の植林活動を実施している。県内最大の風食地帯、八歩沙では1980年代、押し寄せる砂が毎年数メートルの速さで村や田畑を飲み込み続けていた。八歩沙の緑化作業員はその後、三代にわたり防砂林の造営を続け、数十年かけて20万ムー(約1万3千ヘクタール)防砂林と40万ムー(2万7千ヘクタール)の緑地を完成させた。(武威=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104816

  • 2020年03月06日
    数十年の努力、トングリ砂漠の緑化事業甘粛省

    6日、八歩沙営林場で緑化用の麦わらをトラックから積み替えるホイールローダー。中国のトングリ砂漠の南端に位置する甘粛省武威市古浪県では今月に入り、古浪八歩沙営林場の職員が地元住民と共に県城(県政府所在地)北部の旱麻岡砂漠の緑化地点で春の植林活動を実施している。県内最大の風食地帯、八歩沙では1980年代、押し寄せる砂が毎年数メートルの速さで村や田畑を飲み込み続けていた。八歩沙の緑化作業員はその後、三代にわたり防砂林の造営を続け、数十年かけて20万ムー(約1万3千ヘクタール)防砂林と40万ムー(2万7千ヘクタール)の緑地を完成させた。(武威=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104827

  • 2020年03月06日
    数十年の努力、トングリ砂漠の緑化事業甘粛省

    6日、草方格に使う麦わらをトラックで運ぶ八歩沙営林場の作業員。中国のトングリ砂漠の南端に位置する甘粛省武威市古浪県では今月に入り、古浪八歩沙営林場の職員が地元住民と共に県城(県政府所在地)北部の旱麻岡砂漠の緑化地点で春の植林活動を実施している。県内最大の風食地帯、八歩沙では1980年代、押し寄せる砂が毎年数メートルの速さで村や田畑を飲み込み続けていた。八歩沙の緑化作業員はその後、三代にわたり防砂林の造営を続け、数十年かけて20万ムー(約1万3千ヘクタール)防砂林と40万ムー(2万7千ヘクタール)の緑地を完成させた。(武威=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104773

  • 01:12.47
    2020年03月08日
    「新華社」青土湖に春の足音甘粛省民勤県

    春も半ばとなり、万物がよみがえる季節が巡ってきた。東、西、北の三方がトングリ砂漠とバダインジャラン砂漠に接する中国甘粛省民勤県にも春の足音が次第に近づいている。同県に広がるゴビ砂漠にある青土湖では、氷雪が解け、水鳥が連れ立って湖面に沿って飛び回る様子が見られた。空から見下ろすと、紺碧(こんぺき)の湖と金色に輝くアシ、砂漠が織りなす雄大な景色が広がっている。(記者/多蕾)<映像内容>青土湖の風景、鳥の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104928

  • 01:00.07
    2020年03月10日
    「新華社」数十年の努力、トングリ砂漠の緑化事業甘粛省

    中国のトングリ砂漠の南端に位置する甘粛省武威市古浪県では今月に入り、古浪八歩沙営林場の職員が地元住民と共に県城(県政府所在地)北部の旱麻岡砂漠の緑化地点で春の植林活動を実施している。県内最大の風食地帯、八歩沙では1980年代、押し寄せる砂が毎年数メートルの速さで村や田畑を飲み込み続けていた。八歩沙の緑化作業員はその後、三代にわたり防砂林の造営を続け、数十年かけて20万ムー(約1万3千ヘクタール)防砂林と40万ムー(2万7千ヘクタール)の緑地を完成させた。(記者/范培珅、馬希平)<映像内容>トングリ砂漠の緑化事業、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104603

  • 2020年04月02日
    トングリ砂漠の砂漠化対策内モンゴル自治区

    2日、アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠で豆科の低木「花棒(ファーバン、HedysarumscopariumFisch.etMey.」を植える労働者。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠でこのほど、労働者らによる治砂と砂地植物の栽培が始まった。同砂漠は中国の砂漠の中で4番目に大きい。今回の治砂活動は、中国緑化基金会が進める百万森林計画の一つ、トングリ砂漠辺境管理生態公益プロジェクトの一環で、砂漠化防止林の栽培による砂漠の拡大阻止を目的としている。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800700

  • 2020年04月02日
    トングリ砂漠の砂漠化対策内モンゴル自治区

    2日、アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠で豆科の低木「花棒(ファーバン、HedysarumscopariumFisch.etMey.」を植える労働者。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠でこのほど、労働者らによる治砂と砂地植物の栽培が始まった。同砂漠は中国の砂漠の中で4番目に大きい。今回の治砂活動は、中国緑化基金会が進める百万森林計画の一つ、トングリ砂漠辺境管理生態公益プロジェクトの一環で、砂漠化防止林の栽培による砂漠の拡大阻止を目的としている。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800710

  • 2020年04月02日
    トングリ砂漠の砂漠化対策内モンゴル自治区

    2日、アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠で豆科の低木「花棒(ファーバン、HedysarumscopariumFisch.etMey.」を植える労働者。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠でこのほど、労働者らによる治砂と砂地植物の栽培が始まった。同砂漠は中国の砂漠の中で4番目に大きい。今回の治砂活動は、中国緑化基金会が進める百万森林計画の一つ、トングリ砂漠辺境管理生態公益プロジェクトの一環で、砂漠化防止林の栽培による砂漠の拡大阻止を目的としている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800715

  • 2020年04月02日
    トングリ砂漠の砂漠化対策内モンゴル自治区

    2日、アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠で豆科の低木「花棒(ファーバン、HedysarumscopariumFisch.etMey.」に水を与える労働者。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠でこのほど、労働者らによる治砂と砂地植物の栽培が始まった。同砂漠は中国の砂漠の中で4番目に大きい。今回の治砂活動は、中国緑化基金会が進める百万森林計画の一つ、トングリ砂漠辺境管理生態公益プロジェクトの一環で、砂漠化防止林の栽培による砂漠の拡大阻止を目的としている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800720

  • 2020年04月02日
    トングリ砂漠の砂漠化対策内モンゴル自治区

    2日、アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠で豆科の低木「花棒(ファーバン、HedysarumscopariumFisch.etMey.」を植える労働者。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠でこのほど、労働者らによる治砂と砂地植物の栽培が始まった。同砂漠は中国の砂漠の中で4番目に大きい。今回の治砂活動は、中国緑化基金会が進める百万森林計画の一つ、トングリ砂漠辺境管理生態公益プロジェクトの一環で、砂漠化防止林の栽培による砂漠の拡大阻止を目的としている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800723

  • 2020年04月02日
    トングリ砂漠の砂漠化対策内モンゴル自治区

    2日、アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠で豆科の低木「花棒(ファーバン、HedysarumscopariumFisch.etMey.」を植える労働者。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠でこのほど、労働者らによる治砂と砂地植物の栽培が始まった。同砂漠は中国の砂漠の中で4番目に大きい。今回の治砂活動は、中国緑化基金会が進める百万森林計画の一つ、トングリ砂漠辺境管理生態公益プロジェクトの一環で、砂漠化防止林の栽培による砂漠の拡大阻止を目的としている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800750

  • 2020年04月02日
    トングリ砂漠の砂漠化対策内モンゴル自治区

    2日、アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠で豆科の低木「花棒(ファーバン、HedysarumscopariumFisch.etMey.」を植える労働者。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠でこのほど、労働者らによる治砂と砂地植物の栽培が始まった。同砂漠は中国の砂漠の中で4番目に大きい。今回の治砂活動は、中国緑化基金会が進める百万森林計画の一つ、トングリ砂漠辺境管理生態公益プロジェクトの一環で、砂漠化防止林の栽培による砂漠の拡大阻止を目的としている。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800711

  • 2020年04月02日
    トングリ砂漠の砂漠化対策内モンゴル自治区

    2日、アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠で豆科の低木「花棒(ファーバン、HedysarumscopariumFisch.etMey.」を植える労働者。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠でこのほど、労働者らによる治砂と砂地植物の栽培が始まった。同砂漠は中国の砂漠の中で4番目に大きい。今回の治砂活動は、中国緑化基金会が進める百万森林計画の一つ、トングリ砂漠辺境管理生態公益プロジェクトの一環で、砂漠化防止林の栽培による砂漠の拡大阻止を目的としている。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800749

  • 2020年04月02日
    トングリ砂漠の砂漠化対策内モンゴル自治区

    2日、アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠で豆科の低木「花棒(ファーバン、HedysarumscopariumFisch.etMey.」に水を与える労働者。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠でこのほど、労働者らによる治砂と砂地植物の栽培が始まった。同砂漠は中国の砂漠の中で4番目に大きい。今回の治砂活動は、中国緑化基金会が進める百万森林計画の一つ、トングリ砂漠辺境管理生態公益プロジェクトの一環で、砂漠化防止林の栽培による砂漠の拡大阻止を目的としている。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800717

  • 2020年04月02日
    トングリ砂漠の砂漠化対策内モンゴル自治区

    2日、アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠で治砂活動を行う労働者のために設営されたキャンプ。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗のトングリ砂漠でこのほど、労働者らによる治砂と砂地植物の栽培が始まった。同砂漠は中国の砂漠の中で4番目に大きい。今回の治砂活動は、中国緑化基金会が進める百万森林計画の一つ、トングリ砂漠辺境管理生態公益プロジェクトの一環で、砂漠化防止林の栽培による砂漠の拡大阻止を目的としている。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800718

  • 2020年07月08日
    夏を迎えたトングリ砂漠

    8日、トングリ砂漠の風景。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗南西部から甘粛省中部にかけて広がるトングリ砂漠は総面積4万3千平方キロで、中国国内の砂漠で4番目に大きい。夏の夕方には、どこまでも続く砂丘に日光が差し込み、光と影の絶妙なコントラストを描き出す。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071303924

  • 2020年07月08日
    夏を迎えたトングリ砂漠

    8日、トングリ砂漠の風景。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗南西部から甘粛省中部にかけて広がるトングリ砂漠は総面積4万3千平方キロで、中国国内の砂漠で4番目に大きい。夏の夕方には、どこまでも続く砂丘に日光が差し込み、光と影の絶妙なコントラストを描き出す。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071303942

  • 2020年07月08日
    夏を迎えたトングリ砂漠

    8日、トングリ砂漠の風景。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗南西部から甘粛省中部にかけて広がるトングリ砂漠は総面積4万3千平方キロで、中国国内の砂漠で4番目に大きい。夏の夕方には、どこまでも続く砂丘に日光が差し込み、光と影の絶妙なコントラストを描き出す。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071303978

  • 2020年07月08日
    夏を迎えたトングリ砂漠

    8日、トングリ砂漠の風景。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗南西部から甘粛省中部にかけて広がるトングリ砂漠は総面積4万3千平方キロで、中国国内の砂漠で4番目に大きい。夏の夕方には、どこまでも続く砂丘に日光が差し込み、光と影の絶妙なコントラストを描き出す。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304040

  • 2020年07月08日
    夏を迎えたトングリ砂漠

    8日、トングリ砂漠の風景。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗南西部から甘粛省中部にかけて広がるトングリ砂漠は総面積4万3千平方キロで、中国国内の砂漠で4番目に大きい。夏の夕方には、どこまでも続く砂丘に日光が差し込み、光と影の絶妙なコントラストを描き出す。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304170

  • 2020年07月08日
    夏を迎えたトングリ砂漠

    8日、トングリ砂漠の風景。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗南西部から甘粛省中部にかけて広がるトングリ砂漠は総面積4万3千平方キロで、中国国内の砂漠で4番目に大きい。夏の夕方には、どこまでも続く砂丘に日光が差し込み、光と影の絶妙なコントラストを描き出す。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304175

  • 2020年07月08日
    夏を迎えたトングリ砂漠

    8日、トングリ砂漠の風景。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗南西部から甘粛省中部にかけて広がるトングリ砂漠は総面積4万3千平方キロで、中国国内の砂漠で4番目に大きい。夏の夕方には、どこまでも続く砂丘に日光が差し込み、光と影の絶妙なコントラストを描き出す。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304210

  • 2020年07月08日
    夏を迎えたトングリ砂漠

    8日、トングリ砂漠の風景。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗南西部から甘粛省中部にかけて広がるトングリ砂漠は総面積4万3千平方キロで、中国国内の砂漠で4番目に大きい。夏の夕方には、どこまでも続く砂丘に日光が差し込み、光と影の絶妙なコントラストを描き出す。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304211

  • 2020年07月08日
    夏を迎えたトングリ砂漠

    8日、トングリ砂漠の風景。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗南西部から甘粛省中部にかけて広がるトングリ砂漠は総面積4万3千平方キロで、中国国内の砂漠で4番目に大きい。夏の夕方には、どこまでも続く砂丘に日光が差し込み、光と影の絶妙なコントラストを描き出す。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304215

  • 2020年07月08日
    夏を迎えたトングリ砂漠

    8日、トングリ砂漠の風景。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗南西部から甘粛省中部にかけて広がるトングリ砂漠は総面積4万3千平方キロで、中国国内の砂漠で4番目に大きい。夏の夕方には、どこまでも続く砂丘に日光が差し込み、光と影の絶妙なコントラストを描き出す。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071303961

  • 2020年07月08日
    夏を迎えたトングリ砂漠

    8日、トングリ砂漠の風景。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗南西部から甘粛省中部にかけて広がるトングリ砂漠は総面積4万3千平方キロで、中国国内の砂漠で4番目に大きい。夏の夕方には、どこまでも続く砂丘に日光が差し込み、光と影の絶妙なコントラストを描き出す。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304150

  • 2020年07月08日
    夏を迎えたトングリ砂漠

    8日、トングリ砂漠の風景。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗南西部から甘粛省中部にかけて広がるトングリ砂漠は総面積4万3千平方キロで、中国国内の砂漠で4番目に大きい。夏の夕方には、どこまでも続く砂丘に日光が差し込み、光と影の絶妙なコントラストを描き出す。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304050

  • 2020年07月08日
    夏を迎えたトングリ砂漠

    8日、トングリ砂漠の風景。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗南西部から甘粛省中部にかけて広がるトングリ砂漠は総面積4万3千平方キロで、中国国内の砂漠で4番目に大きい。夏の夕方には、どこまでも続く砂丘に日光が差し込み、光と影の絶妙なコントラストを描き出す。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304086

  • 2020年07月08日
    夏を迎えたトングリ砂漠

    8日、トングリ砂漠の風景。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗南西部から甘粛省中部にかけて広がるトングリ砂漠は総面積4万3千平方キロで、中国国内の砂漠で4番目に大きい。夏の夕方には、どこまでも続く砂丘に日光が差し込み、光と影の絶妙なコントラストを描き出す。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304269

  • 2020年07月08日
    夏を迎えたトングリ砂漠

    8日、トングリ砂漠の風景。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗南西部から甘粛省中部にかけて広がるトングリ砂漠は総面積4万3千平方キロで、中国国内の砂漠で4番目に大きい。夏の夕方には、どこまでも続く砂丘に日光が差し込み、光と影の絶妙なコントラストを描き出す。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304029

  • 2020年07月08日
    夏を迎えたトングリ砂漠

    8日、トングリ砂漠の風景。中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗南西部から甘粛省中部にかけて広がるトングリ砂漠は総面積4万3千平方キロで、中国国内の砂漠で4番目に大きい。夏の夕方には、どこまでも続く砂丘に日光が差し込み、光と影の絶妙なコントラストを描き出す。(アルシャー=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304145

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月10日
    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む

    10日、烏瑪高速道路の青銅峡‐中衛区間で工事を進める作業員。中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304185

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月10日
    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む

    10日、烏瑪高速道路の青銅峡‐中衛区間で工事を進める作業員。中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304252

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月10日
    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む

    10日、烏瑪高速道路の青銅峡‐中衛区間で工事を進める作業員。中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304323

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月10日
    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む

    10日、急ピッチで建設が進む烏瑪高速道路の青銅峡‐中衛区間。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304230

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月10日
    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む

    10日、急ピッチで建設が進む烏瑪高速道路の青銅峡‐中衛区間。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304258

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月10日
    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む

    10日、急ピッチで建設が進む烏瑪高速道路の青銅峡-中衛区間。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京-ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304309

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月10日
    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む

    10日、急ピッチで建設が進む烏瑪高速道路の青銅峡‐中衛区間。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304330

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月10日
    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む

    10日、急ピッチで建設が進む烏瑪高速道路の青銅峡‐中衛区間。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304168

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.40
    2020年07月12日
    「新華社」寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む

    中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(記者/馮開華、許晋豫)<映像内容>烏瑪高速道路の建設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072300518

  • 2020年08月27日
    砂漠の高速道路建設、緑化の取り組み進む

    麦わらを格子状に埋め込んで砂の移動を防ぐ「草方格」を設置する作業の合間に水を飲む作業員。(8月27日撮影)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設工事が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっている。砂漠の自然環境は厳しく、砂ぼこりが巻き上がり、至る所に高さ10メートルを超える流動砂丘がある。重機が行き交う工事現場には建設作業員のほか、緑化を担う人たちがおり、砂の移動を防ぐ作業に励んでいる。道路の両側では、砂が風に吹かれて路面に積もるのを極力抑えるため、風上側と風下側にそれぞれ幅200メートルと100メートルの防砂堤を設置している。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605207

  • 2020年08月27日
    砂漠の高速道路建設、緑化の取り組み進む

    烏瑪高速道路の青銅峡-中衛区間の建設工事現場で、砂の移動を防ぐ「草方格」の材料となる麦わらを運ぶ作業員ら。(8月27日撮影)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設工事が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっている。砂漠の自然環境は厳しく、砂ぼこりが巻き上がり、至る所に高さ10メートルを超える流動砂丘がある。重機が行き交う工事現場には建設作業員のほか、緑化を担う人たちがおり、砂の移動を防ぐ作業に励んでいる。道路の両側では、砂が風に吹かれて路面に積もるのを極力抑えるため、風上側と風下側にそれぞれ幅200メートルと100メートルの防砂堤を設置している。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605224

  • 2020年09月07日
    砂漠の高速道路建設、緑化の取り組み進む

    7日、烏瑪高速道路の青銅峡-中衛区間の建設工事現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設工事が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっている。砂漠の自然環境は厳しく、砂ぼこりが巻き上がり、至る所に高さ10メートルを超える流動砂丘がある。重機が行き交う工事現場には建設作業員のほか、緑化を担う人たちがおり、砂の移動を防ぐ作業に励んでいる。道路の両側では、砂が風に吹かれて路面に積もるのを極力抑えるため、風上側と風下側にそれぞれ幅200メートルと100メートルの防砂堤を設置している。(中衛=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605237

  • 2020年09月07日
    砂漠の高速道路建設、緑化の取り組み進む

    7日、烏瑪高速道路の青銅峡-中衛区間の建設工事現場で、麦わらを格子状に埋め込んで砂の移動を防ぐ「草方格」を設置する作業員ら。中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設工事が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっている。砂漠の自然環境は厳しく、砂ぼこりが巻き上がり、至る所に高さ10メートルを超える流動砂丘がある。重機が行き交う工事現場には建設作業員のほか、緑化を担う人たちがおり、砂の移動を防ぐ作業に励んでいる。道路の両側では、砂が風に吹かれて路面に積もるのを極力抑えるため、風上側と風下側にそれぞれ幅200メートルと100メートルの防砂堤を設置している。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605300

  • 2020年09月07日
    砂漠の高速道路建設、緑化の取り組み進む

    7日、烏瑪高速道路の青銅峡-中衛区間の建設工事現場で、麦わらを格子状に埋め込んで砂の移動を防ぐ「草方格」を設置する作業員ら。中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設工事が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっている。砂漠の自然環境は厳しく、砂ぼこりが巻き上がり、至る所に高さ10メートルを超える流動砂丘がある。重機が行き交う工事現場には建設作業員のほか、緑化を担う人たちがおり、砂の移動を防ぐ作業に励んでいる。道路の両側では、砂が風に吹かれて路面に積もるのを極力抑えるため、風上側と風下側にそれぞれ幅200メートルと100メートルの防砂堤を設置している。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605305

  • 2020年09月07日
    砂漠の高速道路建設、緑化の取り組み進む

    7日、麦わらを格子状に埋め込んで砂の移動を防ぐ「草方格」の設置が進む烏瑪高速道路青銅峡-中衛区間の建設工事現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設工事が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっている。砂漠の自然環境は厳しく、砂ぼこりが巻き上がり、至る所に高さ10メートルを超える流動砂丘がある。重機が行き交う工事現場には建設作業員のほか、緑化を担う人たちがおり、砂の移動を防ぐ作業に励んでいる。道路の両側では、砂が風に吹かれて路面に積もるのを極力抑えるため、風上側と風下側にそれぞれ幅200メートルと100メートルの防砂堤を設置している。(中衛=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605336

  • 1
  • 2