KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 生活
  • 東郷
  • 蘭州
  • 建設
  • 人々
  • 主体
  • 努力
  • 工芸

「トンシャン族」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
75
( 1 75 件を表示)
  • 1
75
( 1 75 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年12月16日
    自然の芸術「氷瀑」、観光客を魅了

    16日、大敦峡景勝地で「氷瀑」を観賞する観光客。中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県の大敦峡風景区でこのほど、滝が凍り付き、「氷瀑」が現れた。壮麗な景色を目当てに訪れた観光客は、物語の中に入り込んだかのような体験を楽しんだ。(臨夏=新華社配信/史有東)=2018(平成30)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025451

  • 2018年12月16日
    自然の芸術「氷瀑」、観光客を魅了

    16日、大敦峡風景区で氷瀑を観賞する観光客。中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県の大敦峡風景区でこのほど、滝が凍り付き、「氷瀑」が現れた。壮麗な景色を目当てに訪れた観光客は、物語の中に入り込んだかのような体験を楽しんだ。(臨夏=新華社配信/史有東)=2018(平成30)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025456

  • 2018年12月16日
    自然の芸術「氷瀑」、観光客を魅了

    16日、大敦峡風景区で氷瀑を観賞する観光客。中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県の大敦峡風景区でこのほど、滝が凍り付き、「氷瀑」が現れた。壮麗な景色を目当てに訪れた観光客は、物語の中に入り込んだかのような体験を楽しんだ。(臨夏=新華社配信/史有東)=2018(平成30)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025447

  • 2018年12月16日
    自然の芸術「氷瀑」、観光客を魅了

    16日、大敦峡風景区で氷瀑を観賞する観光客。中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県の大敦峡風景区でこのほど、滝が凍り付き、「氷瀑」が現れた。壮麗な景色を目当てに訪れた観光客は、物語の中に入り込んだかのような体験を楽しんだ。(臨夏=新華社配信/史有東)=2018(平成30)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025448

  • 2018年12月16日
    自然の芸術「氷瀑」、観光客を魅了

    16日、大敦峡風景区で氷瀑を観賞する観光客。中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県の大敦峡風景区でこのほど、滝が凍り付き、「氷瀑」が現れた。壮麗な景色を目当てに訪れた観光客は、物語の中に入り込んだかのような体験を楽しんだ。(臨夏=新華社配信/史有東)=2018(平成30)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025426

  • 2018年12月16日
    自然の芸術「氷瀑」、観光客を魅了

    16日、大敦峡風景区で氷瀑を観賞する観光客。中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県の大敦峡風景区でこのほど、滝が凍り付き、「氷瀑」が現れた。壮麗な景色を目当てに訪れた観光客は、物語の中に入り込んだかのような体験を楽しんだ。(臨夏=新華社配信/史有東)=2018(平成30)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025463

  • 2020年04月20日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県達板鎮の移住・転居による貧困救済事業で建設された移転者用集合住宅。(小型無人機から、4月20日撮影)下:達板鎮で建設中の移住・転居による貧困救済事業の移転者用集合住宅。(小型無人機から、2019年3月4日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104519

  • 2020年04月20日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県達板鎮の移住・転居による貧困救済事業で建設された移転者用集合住宅。(4月20日撮影)下:達板鎮で建設中の移住・転居による貧困救済事業の移転者用集合住宅。(2019年3月4日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104536

  • 2020年04月20日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:すでに開通した甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県高山郷布楞溝村を通る折紅(同省臨夏市‐定西市臨洮県)公路。(小型無人機から、4月20日撮影)下:建設中の折紅公路。(小型無人機から、2019年3月4日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104552

  • 2020年04月20日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:すでに開通した甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県高山郷布楞溝村を通る折紅(同省臨夏市‐定西市臨洮県)公路の布楞溝3号大橋。(小型無人機から、4月20日撮影)下:建設中の折紅公路の布楞溝3号大橋。(小型無人機から、2019年3月4日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104631

  • 2020年04月20日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県達板鎮の移住・転居による貧困救済事業で建設された移転者用集合住宅。(小型無人機から、4月20日撮影)下:達板鎮で建設中の移住・転居による貧困救済事業の移転者用集合住宅。(小型無人機から、2019年3月4日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104525

  • 2020年04月20日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:すでに開通した甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県高山郷布楞溝村を通る折紅(同省臨夏市‐定西市臨洮県)公路。(小型無人機から、4月20日撮影)下:建設中の折紅公路。(小型無人機から、2019年3月4日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104512

  • 2020年04月20日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:すでに開通した甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県高山郷布楞溝村を通る折紅(同省臨夏市‐定西市臨洮県)公路。(小型無人機から、4月20日撮影)下:建設中の折紅公路。(小型無人機から、2019年3月4日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104522

  • 2020年04月20日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:すでに開通した甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県高山郷布楞溝村を通る折紅(同省臨夏市‐定西市臨洮県)公路。(小型無人機から、4月20日撮影)下:建設中の折紅公路。(小型無人機から、2019年3月4日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104531

  • 2020年04月21日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県竜泉鎮の、完成し開業した拱北湾幼児教育センター。(4月21日撮影)下:建設中の拱北湾幼児教育センター。(2019年3月5日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104520

  • 2020年04月21日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県竜泉鎮の、すでに住民が入居している拱北湾村移住・転居による貧困救済事業で建設された移転者用住宅。(小型無人機から、4月21日撮影)下:拱北湾村移住・転居による貧困救済事業で建設中の移転者用住宅。(小型無人機から、2019年3月5日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104586

  • 2020年04月21日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県沿嶺郷和平村の民家の水道。(4月21日撮影)下:断水のため家畜用に雨水をたらいにためる沿嶺郷和平村の村民。(2019年3月5日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104618

  • 2020年04月21日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県竜泉鎮の完成し開校した拱北湾豪客来希望小学校。(4月21日撮影)下:同自治県竜泉鎮拱北湾小学校の臨時校舎。(2019年3月5日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104621

  • 2020年04月21日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県竜泉鎮の、完成し開校した拱北湾豪客来希望小学校。(4月21日撮影)下:建設中の拱北湾豪客来希望小学校。(2019年3月5日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104532

  • 2020年04月21日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県竜泉鎮の、すでに住民が入居している拱北湾村移住・転居による貧困救済事業で建設された移転者用住宅。(4月21日撮影)下:拱北湾村移住・転居による貧困救済事業で建設中の移転者用住宅。(2019年3月5日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104614

  • 2020年04月21日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県竜泉鎮の、すでに住民が入居している拱北湾村移住・転居による貧困救済事業で建設された移転者用住宅。(4月21日撮影)下:拱北湾村移住・転居による貧困救済事業で建設中の移転者用住宅。(2019年3月5日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104635

  • 2020年04月21日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県竜泉鎮の、すでに住民が入居している拱北湾村移住・転居による貧困救済事業で建設された移転者用住宅。(4月21日撮影)下:拱北湾村移住・転居による貧困救済事業で建設中の移転者用住宅。(2019年3月5日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104589

  • 2020年04月22日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県那勒寺鎮の移住・転居による貧困救済事業の後続産業育成プロジェクトの建設現場。(小型無人機から、4月22日撮影)下:那勒寺鎮の移住・転居による貧困救済事業の後続産業育成プロジェクトの建設現場。(小型無人機から、2019年3月6日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104609

  • 2020年04月22日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県那勒寺鎮の移住・転居による貧困救済事業の後続産業育成プロジェクトの建設現場。(小型無人機から、4月22日撮影)下:那勒寺鎮の移住・転居による貧困救済事業の後続産業育成プロジェクトの建設現場。(小型無人機から、2019年3月6日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104530

  • 2020年04月22日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県那勒寺鎮の移住・転居による貧困救済事業の後続産業育成プロジェクトの建設現場。(小型無人機から、4月22日撮影)下:那勒寺鎮の移住・転居による貧困救済事業の後続産業育成プロジェクトの建設現場。(小型無人機から、2019年3月6日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104624

  • 2020年04月24日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県の県城(県政府所在地)南区に移住・転居による貧困救済事業で建設された移転者用集合住宅。(小型無人機から、4月24日撮影)下:同自治県竜泉鎮にある山の中の蘇黒村。県城南区の移転者用集合住宅には、竜泉鎮を含む22の郷・鎮の事業対象者9119人が入居している。(小型無人機から、2019年3月5日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104524

  • 2020年08月10日
    伝統の名刀「保安腰刀」の鍛造が貧困脱却の一助に甘粛省

    10日、甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮で、鍛造した保安腰刀をチェックする保安腰刀鍛造技術伝承者の馬尕主麻(ばがしゅま)さん。中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に暮らすパオアン族伝統の名刀「保安腰刀」は、その優れた鍛造技術が2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同自治県はここ数年、保安腰刀を鍛造する貧困者支援作業場や工房などを建設し、特色ある無形文化遺産を柱とした経済発展に力を入れている。保安腰刀の鍛造は、伝統技術を継承し保護すると同時に、貧困世帯が収入源を開拓して貧困から脱却する一助となっている。(積石山=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700548

  • 2020年08月10日
    伝統の名刀「保安腰刀」の鍛造が貧困脱却の一助に甘粛省

    10日、保安腰刀を制作する甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮の村民。中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に暮らすパオアン族伝統の名刀「保安腰刀」は、その優れた鍛造技術が2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同自治県はここ数年、保安腰刀を鍛造する貧困者支援作業場や工房などを建設し、特色ある無形文化遺産を柱とした経済発展に力を入れている。保安腰刀の鍛造は、伝統技術を継承し保護すると同時に、貧困世帯が収入源を開拓して貧困から脱却する一助となっている。(積石山=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700586

  • 2020年08月10日
    伝統の名刀「保安腰刀」の鍛造が貧困脱却の一助に甘粛省

    10日、保安腰刀を制作する甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮の村民。中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に暮らすパオアン族伝統の名刀「保安腰刀」は、その優れた鍛造技術が2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同自治県はここ数年、保安腰刀を鍛造する貧困者支援作業場や工房などを建設し、特色ある無形文化遺産を柱とした経済発展に力を入れている。保安腰刀の鍛造は、伝統技術を継承し保護すると同時に、貧困世帯が収入源を開拓して貧困から脱却する一助となっている。(積石山=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700610

  • 2020年08月10日
    伝統の名刀「保安腰刀」の鍛造が貧困脱却の一助に甘粛省

    10日、保安腰刀を制作する甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮の村民。中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に暮らすパオアン族伝統の名刀「保安腰刀」は、その優れた鍛造技術が2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同自治県はここ数年、保安腰刀を鍛造する貧困者支援作業場や工房などを建設し、特色ある無形文化遺産を柱とした経済発展に力を入れている。保安腰刀の鍛造は、伝統技術を継承し保護すると同時に、貧困世帯が収入源を開拓して貧困から脱却する一助となっている。(積石山=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700710

  • 2020年08月10日
    伝統の名刀「保安腰刀」の鍛造が貧困脱却の一助に甘粛省

    10日、ハンマーで成形される保安腰刀。中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に暮らすパオアン族伝統の名刀「保安腰刀」は、その優れた鍛造技術が2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同自治県はここ数年、保安腰刀を鍛造する貧困者支援作業場や工房などを建設し、特色ある無形文化遺産を柱とした経済発展に力を入れている。保安腰刀の鍛造は、伝統技術を継承し保護すると同時に、貧困世帯が収入源を開拓して貧困から脱却する一助となっている。(積石山=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700535

  • 2020年08月10日
    伝統の名刀「保安腰刀」の鍛造が貧困脱却の一助に甘粛省

    10日、甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮で、鍛造した保安腰刀をチェックする保安腰刀鍛造技術伝承者の馬尕主麻(ばがしゅま)さん。中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に暮らすパオアン族伝統の名刀「保安腰刀」は、その優れた鍛造技術が2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同自治県はここ数年、保安腰刀を鍛造する貧困者支援作業場や工房などを建設し、特色ある無形文化遺産を柱とした経済発展に力を入れている。保安腰刀の鍛造は、伝統技術を継承し保護すると同時に、貧困世帯が収入源を開拓して貧困から脱却する一助となっている。(積石山=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700526

  • 2020年08月10日
    伝統の名刀「保安腰刀」の鍛造が貧困脱却の一助に甘粛省

    10日、ハンマーで成形される保安腰刀。中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に暮らすパオアン族伝統の名刀「保安腰刀」は、その優れた鍛造技術が2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同自治県はここ数年、保安腰刀を鍛造する貧困者支援作業場や工房などを建設し、特色ある無形文化遺産を柱とした経済発展に力を入れている。保安腰刀の鍛造は、伝統技術を継承し保護すると同時に、貧困世帯が収入源を開拓して貧困から脱却する一助となっている。(積石山=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700618

  • 2020年08月10日
    伝統の名刀「保安腰刀」の鍛造が貧困脱却の一助に甘粛省

    10日、保安腰刀を制作する甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮の村民。中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に暮らすパオアン族伝統の名刀「保安腰刀」は、その優れた鍛造技術が2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同自治県はここ数年、保安腰刀を鍛造する貧困者支援作業場や工房などを建設し、特色ある無形文化遺産を柱とした経済発展に力を入れている。保安腰刀の鍛造は、伝統技術を継承し保護すると同時に、貧困世帯が収入源を開拓して貧困から脱却する一助となっている。(積石山=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700544

  • 2020年08月10日
    伝統の名刀「保安腰刀」の鍛造が貧困脱却の一助に甘粛省

    10日、保安腰刀を制作する甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮の村民。中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に暮らすパオアン族伝統の名刀「保安腰刀」は、その優れた鍛造技術が2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同自治県はここ数年、保安腰刀を鍛造する貧困者支援作業場や工房などを建設し、特色ある無形文化遺産を柱とした経済発展に力を入れている。保安腰刀の鍛造は、伝統技術を継承し保護すると同時に、貧困世帯が収入源を開拓して貧困から脱却する一助となっている。(積石山=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700732

  • 2020年08月10日
    伝統の名刀「保安腰刀」の鍛造が貧困脱却の一助に甘粛省

    10日、保安腰刀を制作する甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮の村民。中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に暮らすパオアン族伝統の名刀「保安腰刀」は、その優れた鍛造技術が2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同自治県はここ数年、保安腰刀を鍛造する貧困者支援作業場や工房などを建設し、特色ある無形文化遺産を柱とした経済発展に力を入れている。保安腰刀の鍛造は、伝統技術を継承し保護すると同時に、貧困世帯が収入源を開拓して貧困から脱却する一助となっている。(積石山=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700680

  • 00:34.47
    2020年08月15日
    「新華社」伝統の名刀「保安腰刀」の鍛造が貧困脱却の一助に甘粛省

    中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に暮らすパオアン族伝統の名刀「保安腰刀」は、その優れた鍛造技術が2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同自治県はここ数年、保安腰刀を鍛造する貧困者支援作業場や工房などを建設し、特色ある無形文化遺産を柱とした経済発展に力を入れている。保安腰刀の鍛造は、伝統技術を継承し保護すると同時に、貧困世帯が収入源を開拓して貧困から脱却する一助となっている。(記者/馬莎)<映像内容>パオアン族伝統の名刀、鍛造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081901860

  • 2020年12月15日
    (7)トンシャン族に伝わる羊の「割り勘」料理中国甘粛省

    3日、羊の腸内の残留物を取り除く「吹腸子(腸を吹く)」を行う馬如祥(ば・にょしょう)さん。中国甘粛省臨夏回族自治州のトンシャン(東郷)族には古来、1匹の羊を大勢で均等に分けて食べる「吃平伙」と呼ばれる独特の風習がある。費用は参加者が頭割りで負担するため、昔ながらの「割り勘」料理とも呼ばれている。かつてこの地では羊肉は貴重なごちそうだったため、吃平伙は「ぜいたくな宴」とされていた。今では政府の貧困扶助政策により人々の生活が大きな変貌を遂げ、親戚や友人たちと日常的に楽しむ「食事会」へと様変わりしている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300504

  • 2020年12月15日
    (6)トンシャン族に伝わる羊の「割り勘」料理中国甘粛省

    3日、羊の内臓を材料とする「発子」と呼ばれる前菜料理を作る農家民宿の経営者、馬如祥(ば・にょしょう)さん。中国甘粛省臨夏回族自治州のトンシャン(東郷)族には古来、1匹の羊を大勢で均等に分けて食べる「吃平伙」と呼ばれる独特の風習がある。費用は参加者が頭割りで負担するため、昔ながらの「割り勘」料理とも呼ばれている。かつてこの地では羊肉は貴重なごちそうだったため、吃平伙は「ぜいたくな宴」とされていた。今では政府の貧困扶助政策により人々の生活が大きな変貌を遂げ、親戚や友人たちと日常的に楽しむ「食事会」へと様変わりしている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300509

  • 2020年12月15日
    (17)トンシャン族に伝わる羊の「割り勘」料理中国甘粛省

    3日、煮込んだ羊肉を鍋から取り出した農家民宿の経営者、馬如祥(ば・にょしょう)さん。中国甘粛省臨夏回族自治州のトンシャン(東郷)族には古来、1匹の羊を大勢で均等に分けて食べる「吃平伙」と呼ばれる独特の風習がある。費用は参加者が頭割りで負担するため、昔ながらの「割り勘」料理とも呼ばれている。かつてこの地では羊肉は貴重なごちそうだったため、吃平伙は「ぜいたくな宴」とされていた。今では政府の貧困扶助政策により人々の生活が大きな変貌を遂げ、親戚や友人たちと日常的に楽しむ「食事会」へと様変わりしている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300512

  • 2020年12月15日
    (1)トンシャン族に伝わる羊の「割り勘」料理中国甘粛省

    3日、解体した羊の皮を処理する農家民宿の経営者、馬如祥(ば・にょしょう)さん。中国甘粛省臨夏回族自治州のトンシャン(東郷)族には古来、1匹の羊を大勢で均等に分けて食べる「吃平伙」と呼ばれる独特の風習がある。費用は参加者が頭割りで負担するため、昔ながらの「割り勘」料理とも呼ばれている。かつてこの地では羊肉は貴重なごちそうだったため、吃平伙は「ぜいたくな宴」とされていた。今では政府の貧困扶助政策により人々の生活が大きな変貌を遂げ、親戚や友人たちと日常的に楽しむ「食事会」へと様変わりしている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300476

  • 2020年12月15日
    (2)トンシャン族に伝わる羊の「割り勘」料理中国甘粛省

    3日、羊の解体準備をする農家民宿の経営者、馬如祥(ば・にょしょう)さん。中国甘粛省臨夏回族自治州のトンシャン(東郷)族には古来、1匹の羊を大勢で均等に分けて食べる「吃平伙」と呼ばれる独特の風習がある。費用は参加者が頭割りで負担するため、昔ながらの「割り勘」料理とも呼ばれている。かつてこの地では羊肉は貴重なごちそうだったため、吃平伙は「ぜいたくな宴」とされていた。今では政府の貧困扶助政策により人々の生活が大きな変貌を遂げ、親戚や友人たちと日常的に楽しむ「食事会」へと様変わりしている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300439

  • 2020年12月15日
    (14)トンシャン族に伝わる羊の「割り勘」料理中国甘粛省

    3日、蒸し上げた羊の内臓料理「発子」を運ぶ農家民宿の経営者、馬如祥(ば・にょしょう)さん。中国甘粛省臨夏回族自治州のトンシャン(東郷)族には古来、1匹の羊を大勢で均等に分けて食べる「吃平伙」と呼ばれる独特の風習がある。費用は参加者が頭割りで負担するため、昔ながらの「割り勘」料理とも呼ばれている。かつてこの地では羊肉は貴重なごちそうだったため、吃平伙は「ぜいたくな宴」とされていた。今では政府の貧困扶助政策により人々の生活が大きな変貌を遂げ、親戚や友人たちと日常的に楽しむ「食事会」へと様変わりしている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300440

  • 2020年12月15日
    (9)トンシャン族に伝わる羊の「割り勘」料理中国甘粛省

    3日、はかりに乗せられた羊肉。中国甘粛省臨夏回族自治州のトンシャン(東郷)族には古来、1匹の羊を大勢で均等に分けて食べる「吃平伙」と呼ばれる独特の風習がある。費用は参加者が頭割りで負担するため、昔ながらの「割り勘」料理とも呼ばれている。かつてこの地では羊肉は貴重なごちそうだったため、吃平伙は「ぜいたくな宴」とされていた。今では政府の貧困扶助政策により人々の生活が大きな変貌を遂げ、親戚や友人たちと日常的に楽しむ「食事会」へと様変わりしている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300506

  • 2020年12月15日
    (10)トンシャン族に伝わる羊の「割り勘」料理中国甘粛省

    3日、煮込んだ羊肉を皿に分ける農家民宿の経営者、馬如祥(ば・にょしょう)さん。中国甘粛省臨夏回族自治州のトンシャン(東郷)族には古来、1匹の羊を大勢で均等に分けて食べる「吃平伙」と呼ばれる独特の風習がある。費用は参加者が頭割りで負担するため、昔ながらの「割り勘」料理とも呼ばれている。かつてこの地では羊肉は貴重なごちそうだったため、吃平伙は「ぜいたくな宴」とされていた。今では政府の貧困扶助政策により人々の生活が大きな変貌を遂げ、親戚や友人たちと日常的に楽しむ「食事会」へと様変わりしている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300510

  • 2020年12月15日
    (15)トンシャン族に伝わる羊の「割り勘」料理中国甘粛省

    3日、煮込んだ羊肉を鍋から取り出す農家民宿の経営者、馬如祥(ば・にょしょう)さん。中国甘粛省臨夏回族自治州のトンシャン(東郷)族には古来、1匹の羊を大勢で均等に分けて食べる「吃平伙」と呼ばれる独特の風習がある。費用は参加者が頭割りで負担するため、昔ながらの「割り勘」料理とも呼ばれている。かつてこの地では羊肉は貴重なごちそうだったため、吃平伙は「ぜいたくな宴」とされていた。今では政府の貧困扶助政策により人々の生活が大きな変貌を遂げ、親戚や友人たちと日常的に楽しむ「食事会」へと様変わりしている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300463

  • 2020年12月15日
    (13)トンシャン族に伝わる羊の「割り勘」料理中国甘粛省

    3日、肉を煮込んでいる間に羊の腸内の残留物を取り除く農家民宿の経営者、馬如祥(ば・にょしょう)さん。中国甘粛省臨夏回族自治州のトンシャン(東郷)族には古来、1匹の羊を大勢で均等に分けて食べる「吃平伙」と呼ばれる独特の風習がある。費用は参加者が頭割りで負担するため、昔ながらの「割り勘」料理とも呼ばれている。かつてこの地では羊肉は貴重なごちそうだったため、吃平伙は「ぜいたくな宴」とされていた。今では政府の貧困扶助政策により人々の生活が大きな変貌を遂げ、親戚や友人たちと日常的に楽しむ「食事会」へと様変わりしている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300423

  • 2020年12月15日
    (12)トンシャン族に伝わる羊の「割り勘」料理中国甘粛省

    3日、皿に盛り付けられた羊の肉。中国甘粛省臨夏回族自治州のトンシャン(東郷)族には古来、1匹の羊を大勢で均等に分けて食べる「吃平伙」と呼ばれる独特の風習がある。費用は参加者が頭割りで負担するため、昔ながらの「割り勘」料理とも呼ばれている。かつてこの地では羊肉は貴重なごちそうだったため、吃平伙は「ぜいたくな宴」とされていた。今では政府の貧困扶助政策により人々の生活が大きな変貌を遂げ、親戚や友人たちと日常的に楽しむ「食事会」へと様変わりしている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300396

  • 2020年12月15日
    (16)トンシャン族に伝わる羊の「割り勘」料理中国甘粛省

    3日、塩やさんしょうなどの調味料を鍋に入れる農家民宿の経営者、馬如祥(ば・にょしょう)さん。中国甘粛省臨夏回族自治州のトンシャン(東郷)族には古来、1匹の羊を大勢で均等に分けて食べる「吃平伙」と呼ばれる独特の風習がある。費用は参加者が頭割りで負担するため、昔ながらの「割り勘」料理とも呼ばれている。かつてこの地では羊肉は貴重なごちそうだったため、吃平伙は「ぜいたくな宴」とされていた。今では政府の貧困扶助政策により人々の生活が大きな変貌を遂げ、親戚や友人たちと日常的に楽しむ「食事会」へと様変わりしている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300400

  • 2020年12月15日
    (8)トンシャン族に伝わる羊の「割り勘」料理中国甘粛省

    3日、厨房のまな板で羊肉を切り分ける農家民宿の経営者、馬如祥(ば・にょしょう)さん。中国甘粛省臨夏回族自治州のトンシャン(東郷)族には古来、1匹の羊を大勢で均等に分けて食べる「吃平伙」と呼ばれる独特の風習がある。費用は参加者が頭割りで負担するため、昔ながらの「割り勘」料理とも呼ばれている。かつてこの地では羊肉は貴重なごちそうだったため、吃平伙は「ぜいたくな宴」とされていた。今では政府の貧困扶助政策により人々の生活が大きな変貌を遂げ、親戚や友人たちと日常的に楽しむ「食事会」へと様変わりしている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300384

  • 2020年12月15日
    (11)トンシャン族に伝わる羊の「割り勘」料理中国甘粛省

    3日、切り分けた羊の肉を洗う農家民宿の経営者、馬如祥(ば・にょしょう)さん。中国甘粛省臨夏回族自治州のトンシャン(東郷)族には古来、1匹の羊を大勢で均等に分けて食べる「吃平伙」と呼ばれる独特の習慣がある。費用は参加者が頭割りで負担するため、昔ながらの「割り勘」料理とも呼ばれている。かつてこの地では羊肉は貴重なごちそうだったため、吃平伙は「ぜいたくな宴」とされていた。今では政府の貧困扶助政策により人々の生活が大きな変貌を遂げ、親戚や友人たちと日常的に楽しむ「食事会」へと様変わりしている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300393

  • 2020年12月15日
    (18)トンシャン族に伝わる羊の「割り勘」料理中国甘粛省

    3日、煮込んだ羊肉を切り分ける農家民宿の経営者、馬如祥(ば・にょしょう)さん。中国甘粛省臨夏回族自治州のトンシャン(東郷)族には古来、1匹の羊を大勢で均等に分けて食べる「吃平伙」と呼ばれる独特の風習がある。費用は参加者が頭割りで負担するため、昔ながらの「割り勘」料理とも呼ばれている。かつてこの地では羊肉は貴重なごちそうだったため、吃平伙は「ぜいたくな宴」とされていた。今では政府の貧困扶助政策により人々の生活が大きな変貌を遂げ、親戚や友人たちと日常的に楽しむ「食事会」へと様変わりしている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300514

  • 2020年12月15日
    (4)トンシャン族に伝わる羊の「割り勘」料理中国甘粛省

    3日、洗った羊肉を鍋に入れて煮込む農家民宿の経営者、馬如祥(ば・にょしょう)さん。中国甘粛省臨夏回族自治州のトンシャン(東郷)族には古来、1匹の羊を大勢で均等に分けて食べる「吃平伙」と呼ばれる独特の風習がある。費用は参加者が頭割りで負担するため、昔ながらの「割り勘」料理とも呼ばれている。かつてこの地では羊肉は貴重なごちそうだったため、吃平伙は「ぜいたくな宴」とされていた。今では政府の貧困扶助政策により人々の生活が大きな変貌を遂げ、親戚や友人たちと日常的に楽しむ「食事会」へと様変わりしている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300478

  • 2020年12月15日
    (5)トンシャン族に伝わる羊の「割り勘」料理中国甘粛省

    3日、農家民宿で、客と羊を選ぶ経営者の馬如祥(ば・にょしょう)さん(左)。中国甘粛省臨夏回族自治州のトンシャン(東郷)族には古来、1匹の羊を大勢で均等に分けて食べる「吃平伙」と呼ばれる独特の風習がある。費用は参加者が頭割りで負担するため、昔ながらの「割り勘」料理とも呼ばれている。かつてこの地では羊肉は貴重なごちそうだったため、吃平伙は「ぜいたくな宴」とされていた。今では政府の貧困扶助政策により人々の生活が大きな変貌を遂げ、親戚や友人たちと日常的に楽しむ「食事会」へと様変わりしている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300487

  • 2020年12月15日
    (3)トンシャン族に伝わる羊の「割り勘」料理中国甘粛省

    3日、「発子」と呼ばれる羊の内臓料理を盛り付ける農家民宿の経営者、馬如祥(ば・にょしょう)さん。中国甘粛省臨夏回族自治州のトンシャン(東郷)族には古来、1匹の羊を大勢で均等に分けて食べる「吃平伙」と呼ばれる独特の風習がある。費用は参加者が頭割りで負担するため、昔ながらの「割り勘」料理とも呼ばれている。かつてこの地では羊肉は貴重なごちそうだったため、吃平伙は「ぜいたくな宴」とされていた。今では政府の貧困扶助政策により人々の生活が大きな変貌を遂げ、親戚や友人たちと日常的に楽しむ「食事会」へと様変わりしている。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300477

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    パオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    積石山県パオアン族族民間服飾刺繡加工で、完成した衣装を試着する馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「バオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「バオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031004566

  • 2021年02月27日
    (1)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、保安腰刀技術を代表する折花刀。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100725

  • 2021年02月27日
    (2)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮にある無形文化遺産貧困者支援工房で、保安腰刀の製法を学ぶ男性。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/張百慧)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100367

  • 2021年02月27日
    (5)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、研磨前の保安腰刀。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100411

  • 2021年02月27日
    (4)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮にある無形文化遺産貧困者支援工房で、刀を製造する国家級無形文化遺産代表項目「保安腰刀鍛造技術」の伝承者の馬尕主麻(ばがしゅま)さん。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100388

  • 01:04.96
    2021年02月27日
    「新華社」無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(記者/馬莎、張百慧) =配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100781

  • 2021年02月27日
    (6)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、さまざまな種類の保安腰刀。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030103527

  • 2021年02月27日
    (3)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮にある無形文化遺産貧困者支援工房で、妻と共に保安腰刀を製作する国家級無形文化遺産代表項目「保安腰刀鍛造技術」の伝承者の馬尕主麻(ばがしゅま)さん(左)。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100370

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (3)バオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    自宅の古民家に飾り付けをする馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「バオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「バオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030907856

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (2)バオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    積石山県バオアン族民間服飾刺繡加工で、刺しゅう作品を制作中の馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「バオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「バオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030907857

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (7)パオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    刺しゅう作品の展示コーナーに地元の工芸品「保安腰刀」を飾る馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「パオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「パオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030908090

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (6)パオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    台所で食事の準備をする馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「バオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「バオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030908091

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.38
    2021年03月09日
    「新華社」バオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「バオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「バオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(記者/馬莎、張百慧) =配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030906272

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (4)バオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    積石山県バオアン族民間服飾刺繡加工で、完成した帽子を従業員に試着させる馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「バオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「バオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030907858

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (11)パオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    孫と遊ぶ馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「パオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「パオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030908341

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (12)パオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工で従業員の制作した刺しゅう作品を見せる馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「パオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「パオアン三荘」で暮らす。甘河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030908370

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (8)パオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    自宅を片付ける馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「パオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「パオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030908113

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (9)パオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工で、退勤する従業員を送る馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「パオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「パオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030908193

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (1)バオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    積石山県バオアン族民間服飾刺繡加工で、従業員と一緒に刺しゅう作品を制作する馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「バオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「バオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030907855

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (10)パオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    孫と記念撮影をする馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「パオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「パオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030908226

  • 1