KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • モデル
  • 効果
  • 目標
  • 記憶力
  • がん
  • ケース
  • ラット
  • 世界初
  • 主体
  • 京大病院

「ドーパミン」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • ラットの脳 脳の難病に遺伝子治療の道
    1995年06月26日
    ラットの脳 脳の難病に遺伝子治療の道

    )、科学04S  D2R(矢印)が発生したラットの脳(神経伝達物質ドーパミンの受容体)

    商品コード: 1995062600030

  •  臨床応用のモデルに
    2012年10月27日
    臨床応用のモデルに

    iPS細胞研究の主な目標

    商品コード: 2012102700005

  •  臨床応用のモデルに
    2012年10月27日
    臨床応用のモデルに

    iPS細胞研究の主な目標

    商品コード: 2012102700006

  •  記憶力にもドーパミン
    2013年08月08日
    記憶力にもドーパミン

    ドーパミンの効果

    商品コード: 2013080800787

  •  記憶力にもドーパミン
    2013年08月08日
    記憶力にもドーパミン

    ドーパミンの効果

    商品コード: 2013080800788

  •  パーキンソンにiPS 世界初、脳に神経移植 京大
    03:09.95
    2018年11月09日
    パーキンソンにiPS 世界初、脳に神経移植 京大

    京都大は9日、人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経細胞を作り、パーキンソン病患者の脳内に移植する治験の1例目を50代の男性患者に実施したと発表した。iPS細胞を使った再生医療はさまざまな疾患で計画され、京大によると、パーキンソン病での治験は世界初。iPS細胞の患者への利用は、目の難病患者の網膜を再生する理化学研究所の世界初のケースに次ぐ。治験は京大病院が京大iPS細胞研究所と連携して実施。現場の医師が主体となって安全性や有効性を検証する医師主導治験として進めている。計画では、京大が備蓄する、拒絶反応が起きにくい型の他人のiPS細胞から作った神経細胞を脳に移植し、ドーパミンを出す神経細胞を補う。観察期間は2年間を想定。拒絶反応を抑えるため免疫抑制剤も投与する。〈映像内容〉京大病院の外観、京大病院の高橋良輔脳神経内科長、京大iPS細胞研究所の高橋淳教授らによる記者会見の様子、撮影日:2018(平成30)年11月9日、撮影場所:京都大学病院

    商品コード: 2018111213984

  •  中国の科学者、腫瘍マーカーの新検出方法を開発
    2019年06月12日
    中国の科学者、腫瘍マーカーの新検出方法を開発

    信号を低減するポリドーパミン粒子(A、B)と蛍光発色する銀ナノクラスター(C、D)。(資料写真)中国科学院の蘇州生物医学工程技術研究所は、複数の悪性腫瘍を同時に発見できる腫瘍マーカーの検出方法を開発したことを明らかにした。新たな方法は、2種類の腫瘍マーカーを簡易的、安定的、高感度で同時に検出することができ、がんの早期発見と診断に重要な意義を持つ。(蘇州=新華社配信/中国科学院蘇州医工所提供)=撮影日不明、クレジット:中国科学院蘇州医工所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403731

  •  The neuroscience of Methamphetamine
    2021年06月13日
    The neuroscience of Methamphetamine

    June 13, 2021, San Diego, California, USA: The neuroscience of meth or Methamphetamine, from pleasure to paranoia, drug‘s effects explained through brain chemistry in this graphic diagram. Dopamine is a chemical that acts as a neurotransmitter, which relays nerve impulses to muscles, glands or other nerves. It also is called the brain‘s primary pleasure chemical because of its role in the reward center, a part of the brain that awards pleasant feelings for certain behaviors, such as eating or sex, which are necessary for survival and procreation. Meth triggers a huge release of dopamine in the brain, magnifying about 10 times the pleasure it would normally deliver. (Credit Image: © The San Diego Union-Tribune)、クレジット:©The San Diego Union-Tribune/共同通信イメージズ ※U.S. Tabloids Rights OUT

    商品コード: 2021061810603

  •  Dopamine neurons
    2021年08月12日
    Dopamine neurons

    Synapse of dopamine neurons that causes the effect of most drugs.、クレジット:AMANDINE WANERT / BSIP/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082511810

  •  Dopamine neurons
    2021年08月12日
    Dopamine neurons

    Synapse of dopamine neurons that causes the effect of most drugs.、クレジット:AMANDINE WANERT / BSIP/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082511742

  • 1