KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • バナナ
  • 令和
  • 果物
  • 野菜
  • ドラゴンフルーツ
  • パイナップル
  • 記念
  • ダイ
  • ワオキツネザル
  • 人々

「ナナヤ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
38
( 1 38 件を表示)
  • 1
38
( 1 38 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    ARTE MESOPOTAMICO.

    ARTE MESOPOTAMICO. EPOCA CASITA. KUDURRU (Estela) DE MELI-SHIPAK, REY DE BABILONIA (1186-1172 a. C.) CONMEMORANDO UNA DONACION DE TIERRAS A SU HIJA HUNNUBAT-NANAYA. Piedra calcárea gris. Procede de Susa. Museo del Louvre. París. Francia.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020042900608

  • -
    Naniwaya okita

    Naniwaya okita, Okita of Naniwa-ya., Kitagawa, Utamaro, 1753?-1806, artist, [1793, printed later], 1 print : woodcut, color., Print shows Naniwaya Okita, a teahouse waitress, half-length portrait, turned to the left, carrying a bowl on a tray.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019111302685

  • 1968年05月29日
    CMで人気のチンパンジー母娘が脱走

    「帰っておくれよジャニー」とチンパンジー母娘にバナナやチョコレートを与え、やさしく説得する飼育員ら。ジュースのテレビCMで人気者だった=1968(昭和43)年5月29日、東京・多摩動物園近くの雑木林

    商品コード: 2011040500059

  • 2000年12月26日
    P・セナナヤカさん

    政府開発援助削減に戸惑いを示すプラミーラ・セナナヤカさん

    商品コード: 2000122600057

  • 2016年03月18日
    ナンバー1と7 世界一濃い抹茶ジェラート

    「ななや」の抹茶ジェラート「ナンバー1」(左)と「ナンバー7」=静岡県藤枝市

    商品コード: 2016031800002

  • 2016年03月18日
    ジェラートを選ぶ女性客 世界一濃い抹茶ジェラート

    「ななや」でジェラートを選ぶ女性客=静岡県藤枝市

    商品コード: 2016031800005

  • 2017年11月15日
    How fruit makes its way to Germany

    Stefan Worm (L), leader of Edeka Fruchtkontor Nord, talks to fruit ripening master Patrick Muenzner about the state of maturity of bananas in a ripening chamber from the new banana ripening store of the provision merchant in Borna, Germany, 15 November 2017. The green fruit ripens here under supervision for several days before they hit the shelves. The banana is a decisive economic factor: about 10 percent of Edeka‘s fruit and vegetable sales revenues is generated through bananas and pineapples. The banana is Germany‘s second favourite fruit after apples. The average German household buys an average of 16.64 kilograms of bananas according to the consumer research organization. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062801438

  • 2017年11月15日
    How fruit makes its way to Germany

    A box of bananas stands in the ripening chamber in the new banana ripening store of the provision merchant in Borna, Germany, 15 November 2017. The green fruit ripens here under supervision for several days before they hit the shelves. The banana is a decisive economic factor: about 10 percent of Edeka‘s fruit and vegetable sales revenues is generated through bananas and pineapples. The banana is Germany‘s second favourite fruit after apples. The average German household buys an average of 16.64 kilograms of bananas according to the consumer research organization. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062801424

  • 2018年05月04日
    竹の農業ハウスできた

    竹が醸し出す温かみのあるハウス内の雰囲気を確かめるメンバーら。 竹を使ったユニークな農業用ハウスが、岡山県津山市下高倉東にお目見えした。全国的に注目されている放置竹林解消手法で、高倉地域の活性化を目指す住民団体「たかくらぶ」(9人)が整備。「たかくらバンブーグリーンハウス」と命名し、果樹栽培で活用していく。バナナやマンゴーといった付加価値の高い果物を栽培する予定。=2018(平成30)年5月4日、岡山県津山市下高倉東、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050901011

  • 01:36.19
    2018年08月12日
    「新華社」「フルーツのごちそう」にゾウも大喜び雲南省シーサンパンナ

    中国雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州の野象谷風景区で12日、「世界ゾウの日」記念イベントが開かれた。ゾウのパレードや「フルーツのごちそう」の提供、ゾウの写生大会、救助されたゾウ「羊妞」(ヤンニウ)の誕生パーティーなど、さまざまな催しが行われた。その中で最も注目を集めたのが「フルーツのごちそう」だ。バナナやパイナップル、リンゴ、ドラゴンフルーツなど色とりどりのフルーツが、長さ数十メートルのテーブルいっぱいに並べられ、20頭のゾウがテーブルの前に並んだ。観光客はスタッフの指導や保護の下、安全な範囲内でゾウが好きなフルーツや野菜をあげたり、間近でゾウと記念撮影をしたりして、アジアゾウの食性や食事について学んだ。やんちゃなゾウはテーブルの上のごちそうを味わいながら、長い鼻を使って、慣れた様子で観光客の手の中にあるフルーツを取って口に運んだり、度々頭を上げて耳を振ったり、ぺこぺことおじぎをしたりして、観光客を絶え間なく笑わせていた。(記者/張東強)<映像内容>ゾウがフルーツを食べる様子、撮影日:2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801291

  • 00:50.39
    2018年12月12日
    「新華社」北回帰線上の大果樹園中国広西チワン族自治区の特産フルーツ

    中国広西チワン族自治区は10日、設立60周年を迎えた。中国南部に位置する同自治区は、独特な地理的条件と気候風土により、非常に多くの種類の果物が栽培されている。バナナやドラゴンフルーツ、みかん、きんかん、ライチ、マンゴー、ブドウ、ユズなど1年を通じて四季おりおりの果物が市場に出回る。美しい広西でどのような果物が作られているか、みんなで見てみよう。(記者/農冠斌、馬原馳、陸波岸、周華、黄孝邦)<映像内容>広西チワン族自治区のフルーツの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121314271

  • 2019年01月23日
    動物たちの「ホームシック」対策は熱帯の果物雲南省

    23日、バナナやマンゴーなどの盛り合わせを食べる雲南野生動物園のワオキツネザル。中国雲南省昆明市にある雲南野生動物園では、熱帯の動物たちの「ホームシック対策」として、職員が元々の生息地の果物を用意した。(昆明=新華社記者/何春好)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820841

  • 2020年06月24日
    北京動物園、ジャイアントパンダたちに特製ちまきを用意

    24日、オランウータン用に、バナナやパイナップルを餡にしたちまきを作る北京動物園の飼育員。旧暦5月5日の端午節(今年は6月25日)は中国の伝統的な節句で、ちまきを食べる習慣が現在まで続いている。北京動物園では飼育員らが、オランウータンやジャイアントパンダ、シロサイなどに、それぞれの好みに合わせた「特製ちまき」を制作して振る舞った。同園は25~27日の端午節連休期間中、新型コロナウイルス感染症対策として来園者の入場制限を行ったが、SNS(交流サイト)の微信(ウィーチャット)や微博(ウェイボー)、短編動画共有アプリ抖音(ドウイン)の公式アカウントにスペシャルコンテンツ「端午節オンライン旅行」を開設した。これにより視聴者は、飼育員らが特製ちまきを作って動物たちに与えるまでの全過程を、写真や動画で楽しめる。(北京=新華社配信/王漢琦)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002396

  • 2021年01月21日
    (2)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、小動物に野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたち。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012101869

  • 2021年01月21日
    (1)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、臘八(ろうはち)がゆを味わうワオキツネザル。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012101870

  • 2021年01月21日
    (4)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、臘八(ろうはち)がゆの食材を準備する子どもたち。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012101872

  • 2021年01月21日
    (5)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、子どもたちが作った野菜と果物の盛り合わせを食べるワオキツネザル。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012101873

  • 2021年01月21日
    (3)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、臘八(ろうはち)がゆを味わうワオキツネザル。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)月を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012101871

  • 2021年03月20日
    (2)中国3都市がスリランカ・コロンボに感染症対策物資を寄贈

    17日、感染症対策物資の寄贈について戚振宏大使(右)に感謝の意を述べるコロンボのセナナヤケ市長。中国北京、上海、成都の3都市がスリランカのコロンボに寄贈した新型コロナウイルス感染症対策物資の引き渡し式が17日、コロンボ市庁舎で行われた。戚振宏(せき・しんこう)駐スリランカ中国大使が代表して、コロンボのセナナヤケ市長に物資を引き渡した。(コロンボ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003069

  • 2021年03月20日
    (3)中国3都市がスリランカ・コロンボに感染症対策物資を寄贈

    17日、スリランカ・コロンボ市庁舎に置かれた、中国が寄贈した感染症対策物資。中国北京、上海、成都の3都市がスリランカのコロンボに寄贈した新型コロナウイルス感染症対策物資の引き渡し式が17日、コロンボ市庁舎で行われた。戚振宏(せき・しんこう)駐スリランカ中国大使が代表して、コロンボのセナナヤケ市長に物資を引き渡した。(コロンボ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003070

  • 00:30.36
    2021年03月20日
    「新華社」中国3都市がスリランカ・コロンボに感染症対策物資を寄贈

    中国北京、上海、成都の3都市がスリランカのコロンボに寄贈した新型コロナウイルス感染症対策物資の引き渡し式が17日、コロンボ市庁舎で行われた。戚振宏(せき・しんこう)駐スリランカ中国大使が代表して、コロンボのセナナヤケ市長に物資を引き渡した。(記者/唐璐) =配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003167

  • 2021年03月20日
    (1)中国3都市がスリランカ・コロンボに感染症対策物資を寄贈

    17日、スリランカ・コロンボ市庁舎で、中国が寄贈した感染症対策物資を確認する同市のセナナヤケ市長(右)。中国北京、上海、成都の3都市がスリランカのコロンボに寄贈した新型コロナウイルス感染症対策物資の引き渡し式が17日、コロンボ市庁舎で行われた。戚振宏(せき・しんこう)駐スリランカ中国大使が代表して、コロンボのセナナヤケ市長に物資を引き渡した。(コロンボ=新華社記者/唐璐)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003071

  • 2021年03月24日
    (2)中国企業が請け負ったスリランカの給水施設竣工

    22日、中国企業が請け負ったスリランカのカタナ地区給水プロジェクトのプレート除幕を行う同国のナナヤッカラ上水相。中国航空技術国際工程(中航国際工程)が請け負ったスリランカのカタナ地区給水プロジェクトが22日、コロンボの北にある都市ネゴンボで竣工した。(コロンボ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032413107

  • 2021年08月13日
    (1)世界ゾウの日、ごちそう楽しむ野象谷のアジアゾウ雲南省

    12日、野象谷風景区で記念日のごちそうを食べるアジアゾウ。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区では、アジアゾウ18頭がバナナやパイナップル、ドラゴンフルーツなど10種類以上の果物と野菜を使った重さ3トンのごちそうを楽しんだ。同風景区とシーサンパンナ・アジアゾウ保護協会は「世界ゾウの日」を記念する公益イベントを共同で実施し、人々の環境保護意識の向上を図るとともに、ゾウと共生する地域づくりを呼びかけた。(シーサンパンナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081402835

  • 2021年08月13日
    (5)世界ゾウの日、ごちそう楽しむ野象谷のアジアゾウ雲南省

    12日、野象谷風景区でごちそうを食べるアジアゾウ。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区では、アジアゾウ18頭がバナナやパイナップル、ドラゴンフルーツなど10種類以上の果物と野菜を使った重さ3トンのごちそうを楽しんだ。同風景区とシーサンパンナ・アジアゾウ保護協会は「世界ゾウの日」を記念する公益イベントを共同で実施し、人々の環境保護意識の向上を図るとともに、ゾウと共生する地域づくりを呼びかけた。(シーサンパンナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081402841

  • 2021年08月13日
    (4)世界ゾウの日、ごちそう楽しむ野象谷のアジアゾウ雲南省

    12日、野象谷風景区でごちそうを食べるアジアゾウ。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区では、アジアゾウ18頭がバナナやパイナップル、ドラゴンフルーツなど10種類以上の果物と野菜を使った重さ3トンのごちそうを楽しんだ。同風景区とシーサンパンナ・アジアゾウ保護協会は「世界ゾウの日」を記念する公益イベントを共同で実施し、人々の環境保護意識の向上を図るとともに、ゾウと共生する地域づくりを呼びかけた。(シーサンパンナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081402856

  • 2021年08月13日
    (2)世界ゾウの日、ごちそう楽しむ野象谷のアジアゾウ雲南省

    12日、野象谷風景区でごちそうを食べるアジアゾウ。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区では、アジアゾウ18頭がバナナやパイナップル、ドラゴンフルーツなど10種類以上の果物と野菜を使った重さ3トンのごちそうを楽しんだ。同風景区とシーサンパンナ・アジアゾウ保護協会は「世界ゾウの日」を記念する公益イベントを共同で実施し、人々の環境保護意識の向上を図るとともに、ゾウと共生する地域づくりを呼びかけた。(シーサンパンナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081402833

  • 2021年08月13日
    (3)世界ゾウの日、ごちそう楽しむ野象谷のアジアゾウ雲南省

    12日、野象谷風景区でごちそうを食べるアジアゾウ。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区では、アジアゾウ18頭がバナナやパイナップル、ドラゴンフルーツなど10種類以上の果物と野菜を使った重さ3トンのごちそうを楽しんだ。同風景区とシーサンパンナ・アジアゾウ保護協会は「世界ゾウの日」を記念する公益イベントを共同で実施し、人々の環境保護意識の向上を図るとともに、ゾウと共生する地域づくりを呼びかけた。(シーサンパンナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081402840

  • 2021年08月13日
    (6)世界ゾウの日、ごちそう楽しむ野象谷のアジアゾウ雲南省

    12日、一列になって、野象谷風景区内を歩くアジアゾウ。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区では、アジアゾウ18頭がバナナやパイナップル、ドラゴンフルーツなど10種類以上の果物と野菜を使った重さ3トンのごちそうを楽しんだ。同風景区とシーサンパンナ・アジアゾウ保護協会は「世界ゾウの日」を記念する公益イベントを共同で実施し、人々の環境保護意識の向上を図るとともに、ゾウと共生する地域づくりを呼びかけた。(シーサンパンナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081404897

  • 2021年10月24日
    Cleaning D.S Senanayaka school building in Colombo

    October 24, 2021, Colombo, Western Province, Sri Lanka: Parents wash classroom floors at D.S Senanayaka school building in Colombo for the reopening of school. (Credit Image: © Krishan Kariyawasam/Pacific Press via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Krishan Kariyawasam/Pacific Press via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102500471

  • 2021年10月24日
    Cleaning D.S Senanayaka school building in Colombo

    October 24, 2021, Colombo, Western Province, Sri Lanka: Parents wash classroom floors at D.S Senanayaka school building in Colombo for the reopening of school. (Credit Image: © Krishan Kariyawasam/Pacific Press via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Krishan Kariyawasam/Pacific Press via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102408883

  • 2021年10月24日
    Cleaning D.S Senanayaka school building in Colombo

    October 24, 2021, Colombo, Western Province, Sri Lanka: Parents wash classroom floors at D.S Senanayaka school building in Colombo for the reopening of school. (Credit Image: © Krishan Kariyawasam/Pacific Press via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Krishan Kariyawasam/Pacific Press via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102500459

  • 2021年10月24日
    Cleaning D.S Senanayaka school building in Colombo

    October 24, 2021, Colombo, Western Province, Sri Lanka: Parents wash classroom floors at D.S Senanayaka school building in Colombo for the reopening of school. (Credit Image: © Krishan Kariyawasam/Pacific Press via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Krishan Kariyawasam/Pacific Press via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102500473

  • 2021年10月24日
    Cleaning D.S Senanayaka school building in Colombo

    October 24, 2021, Colombo, Western Province, Sri Lanka: Parents wash classroom floors at D.S Senanayaka school building in Colombo for the reopening of school. (Credit Image: © Krishan Kariyawasam/Pacific Press via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Krishan Kariyawasam/Pacific Press via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102500530

  • 2021年10月24日
    Cleaning D.S Senanayaka school building in Colombo

    October 24, 2021, Colombo, Western Province, Sri Lanka: Parents wash classroom floors at D.S Senanayaka school building in Colombo for the reopening of school. (Credit Image: © Krishan Kariyawasam/Pacific Press via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Krishan Kariyawasam/Pacific Press via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102500539

  • 2022年01月27日
    Canada News - January 28, 2022

    January 28, 2022, Halifax, NS, CANADA: Bananas and other fruits are seen in the produce section at an Atlantic Superstore grocery in Halifax, Friday, Jan. 28, 2022. (Credit Image: © Kelly Clark/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Kelly Clark/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

    商品コード: 2022012906459

  • 2022年04月05日
    Florida News - April 5, 2022

    April 5, 2022, St. Petersburg, Florida, USA: Albert McAfee, Pinellas County Utilities Senior Chemist, talks with Bina Nayak, Pinellas County Utilities Water Research Project Manager, while on the roof of the head works building at the South Cross Bayou Water Reclamation Facility, 7401 54th Ave N, on Tuesday, April 5, 2022 in St. Petersburg. Experts have identified wastewater analysis as a powerful tool for detecting the next COVID outbreak. But it‘s underutilized in the Tampa Bay area and poorly understood by state epidemiologists. (Credit Image: © Dirk Shadd/Tampa Bay Times via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Dirk Shadd/Tampa Bay Times via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041106448

  • 2022年04月05日
    Florida News - April 5, 2022

    April 5, 2022, St. Petersburg, Florida, USA: Albert McAfee, Pinellas County Utilities Senior Chemist, talks with Bina Nayak, Pinellas County Utilities Water Research Project Manager, while on the roof of the head works building at the South Cross Bayou Water Reclamation Facility, 7401 54th Ave N, on Tuesday, April 5, 2022 in St. Petersburg. Experts have identified wastewater analysis as a powerful tool for detecting the next COVID outbreak. But it‘s underutilized in the Tampa Bay area and poorly understood by state epidemiologists. (Credit Image: © Dirk Shadd/Tampa Bay Times via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Dirk Shadd/Tampa Bay Times via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041106492

  • 1