KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平成
  • 使者
  • 日本農業新聞
  • 植物
  • マナヅル
  • 記者
  • 越冬
  • 渡り鳥
  • 国家
  • 世界

「ナベヅル」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
105
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
105
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1951年01月01日
    八代村のナベヅル

    天然記念物のナベヅル=出稿1951(昭和26)年1月1日、山口県熊毛郡八代村(26年内地022・新年原稿)

    商品コード: 2013041600219

  • 1951年01月01日
    八代村のナベヅル

    天然記念物のナベヅル=出稿1951(昭和26)年1月1日、山口県熊毛郡八代村(26年内地024・新年原稿)

    商品コード: 2013041600221

  • 1976年01月01日
    ツルの犠牲もうご免

    “鳥害”に悩む農漁村-冬枯れの田んぼでエサをあさるマナヅル、ナベヅルと上空を乱舞するカモの大群。今冬もシベリアからツル3千羽近くが飛来した。国の特別天然記念物指定で手厚い保護を受け、年ごとにその数が増えている。“ツルの楽園”にはカモなどが群がって作物を荒らし、地元は“鳥害”に悩む=鹿児島県出水市近郊(新年企画用:75年12月撮影)

    商品コード: 2013060500084

  • 1980年05月14日
    ナベヅル

    鹿児島県出水市で越冬するナベヅルの群れ=撮影年月日不明、出稿1980(昭和55)年5月14日(55年内地4366)

    商品コード: 2018051500390

  • 1980年12月18日
    出水市にことしも5千羽… ツルの舞う里

    ナベヅルに交じってひときわ目立つマナヅル、大空に羽ばたく姿は優雅でダイナミック=出稿1980(昭和55)年12月18日、鹿児島県出水市荒崎(写真グラフ「ツルの舞う里」5枚組の②)(55年内地11372)

    商品コード: 2019112901046

  • 1995年02月11日
    パネルディスカッション 山口でナベヅルサミット

    活発な議論が交わされたナベヅルサミットのパネルディスカッション=11日午後、山口県熊毛町八代の鶴いこいの里交流センター

    商品コード: 1995021100063

  • 1996年03月22日
    越冬するナベヅル ツルの生態調査で日韓協力

    鹿児島県出水市で越冬するナベヅル=93年3月(平5国内2551)

    商品コード: 1996032200107

  • 1996年11月21日
    出水のナベズル 国際的に広がる野鳥保護

    )、内政403S、26日付朝刊用、解禁厳守  鹿児島県出水市で密集して越冬するナベヅル。保護のためには国際的な協力が必要

    商品コード: 1996112100105

  • 1997年02月26日
    出水市のナベヅル ツル湿地保護ネットワーク

    鹿児島県・出水平野の水田で越冬するナベヅルの群れ=96(平成8)年12月、鹿児島県出水市荘

    商品コード: 1997022600030

  • 1998年10月15日
    設置されたナベツルの模型 おとりでナベヅル呼び寄せ

    特別天然記念物のナベヅルを呼び寄せるため、本州唯一の越冬地、八代盆地の水田に設置されたデコイ(模型)=15日、山口県熊毛町

    商品コード: 1998101500132

  • 1998年10月20日
    優雅に舞うマナヅル 越冬ヅル第1陣が飛来

    世界でも有数のツルの越冬地、鹿児島県・出水平野に「冬の使者」第1陣のマナヅル8羽が飛来し優雅に舞った。昨年は10月8日に始まり、ナベヅル、マナヅルなど過去最高の1万469羽が確認された=20日午後、鹿児島県高尾野町

    商品コード: 1998102000208

  • 1999年10月15日
    水田に設置されたデコイ 「デコイ」でツル来い

    ナベヅルをおびき寄せるため水田に設置されたツルの「デコイ」=15日午前11時50分、山口県熊毛町

    商品コード: 1999101500037

  • 2000年06月01日
    大阪市の天王寺動物園 ナベヅルの赤ちゃん誕生

    大阪市の天王寺動物園で一般公開されている「ナベヅル」のひな=1日午後

    商品コード: 2000060100193

  • 2001年05月29日
    ナベヅルのひな誕生

    ふ化したナベヅルのひなと親代わりのタンチョウヅル=29日午後、大阪・天王寺動物園

    商品コード: 2001052900167

  • 2002年07月10日
    ツルの餌場と電線 ナベヅル守れと電線地下へ

    ナベヅル保護のため地中に電線(奥)を埋設することが決まった餌場(手前は模型のツル)=01年10月、山口県熊毛町

    商品コード: 2002071000157

  • 2007年03月03日
    飛び立つナベヅル ナベヅル3羽を放鳥

    放鳥され飛び立つ、治療を受け回復したナベヅル=3日午後、山口県周南市

    商品コード: 2007030300068

  • 01:08.06
    2007年03月03日
    ナベヅル3羽を放鳥 けが回復、山口・八代盆地

    国の特別天然記念物ナベヅルが本州で唯一越冬する山口県周南市は、羽を傷めるなどして昨年2月に鹿児島県の出水平野から移送、越冬地の八代盆地(周南市)で治療し回復したナベヅル3羽を3日、放鳥した。3羽は雄1羽と雌2羽。個体識別用の足輪を付けたほか、うち雄雌各1羽には生存確認とシベリア方面への北帰行ルート解明のため発信機を装着、人工衛星を利用して居場所を確認する。事前に登録されたボランティアから目撃情報を募る<映像内容>担当者が3羽を放鳥する様子、飛び立つナベヅル、撮影日:2007(平成19)年3月3日、撮影場所:山口県周南市

    商品コード: 2019120407153

  • 2007年03月03日
    放鳥されるナベヅル ナベヅル3羽を放鳥

    鹿児島県の出水平野から移送され、山口県周南市で治療・回復し放鳥されるナベヅル=3日正午、山口県周南市

    商品コード: 2007030300067

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200390

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200399

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200380

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200398

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200375

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200412

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200423

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200377

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200389

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200406

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200411

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200391

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200392

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200401

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200414

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200387

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200402

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200417

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200407

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200384

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200386

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200420

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200374

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200410

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200425

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200395

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200383

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200373

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200408

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200418

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200419

  • 2007年11月21日
    ナベヅル 動・植物(ナベヅル)

    冬の使者・ナベヅル=2007(平成19)年11月21日、鹿児島県出水市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [474a2caa]

    商品コード: 2017121200400

  • 2007年12月21日
    放鳥されたナベヅル ナベヅル2羽を放鳥

    放鳥された2羽のナベヅル=21日、山口県周南市

    商品コード: 2007122100133

  • 2008年11月13日
    デコイ設置する子どもたち デコイ設置でツル呼び込め

    「え、本物?」―佐賀県伊万里市の長浜干拓で13日、ナベヅルとマナヅル各3体のデコイ(模型)が地元の小学生らにより設置された。ツルの越冬は、毎年1万羽以上が飛来する鹿児島県の出水平野などが有名だが、鳥インフルエンザなどの伝染病にかかった場合を想定し、越冬地を分散させようとする取り組み。えさのくず米をまくなどした子どもたちは「同じくらいの背や」「本物みたい」と楽しげに話していた。

    商品コード: 2008111300313

  • 2008年11月13日
    子どもたちがデコイ設置 デコイ設置でツル呼び込め

    「え、本物?」―佐賀県伊万里市の長浜干拓で13日、ナベヅルとマナヅル各3体のデコイ(模型)が地元の小学生らにより設置された。ツルの越冬は、毎年1万羽以上が飛来する鹿児島県の出水平野などが有名だが、鳥インフルエンザなどの伝染病にかかった場合を想定し、越冬地を分散させようとする取り組み。えさのくず米をまくなどした子どもたちは「同じくらいの背や」「本物みたい」と楽しげに話していた。

    商品コード: 2008111300314

  • 2010年12月21日
    出水平野のツルの群れ 出水のツルが感染か

    鹿児島県の出水平野に飛来したナベヅルの群れ=21日午後

    商品コード: 2010122100510

  • 2010年12月21日
    出水平野のナベヅル 出水のナベヅルが感染か

    鹿児島県の出水平野に飛来したナベヅル=21日午後

    商品コード: 2010122100511

  • 2010年12月21日
    群れるナベヅル 出水のナベヅルが感染か

    鹿児島県の出水平野に飛来したナベヅル=21日午後

    商品コード: 2010122100512

  • 2010年12月21日
    消毒用のマットと注意書き 出水のナベヅルが感染か

    鹿児島県出水市のツル観察センター付近に設置された消毒用のマットと注意書き=21日午後

    商品コード: 2010122100540

  • 2010年12月21日
    死んだツル写真と関係者 出水のナベヅルが感染か

    記者会見する鹿児島県出水市の渋谷俊彦市長(左から2人目)ら関係者。手前は鳥インフルエンザの簡易検査で陽性反応が出たナベヅルの写真=21日午後、鹿児島県出水市

    商品コード: 2010122100562

  • 2010年12月21日
    群れをなして飛ぶツル 出水のナベヅルが感染か

    夕暮れ時に、出水平野で群れをなして飛ぶツル=21日午後、鹿児島県

    商品コード: 2010122100569

  • 2010年12月21日
    鹿児島県の対策会議 「強毒性だったら…」

    鹿児島県出水平野のナベヅルの鳥インフルエンザ感染を受けて開かれた同県の対策会議=21日夜、鹿児島県庁

    商品コード: 2010122100602

  • 2010年12月21日
    感染発表する市長 「強毒性だったら…」

    ナベヅルの鳥インフルエンザ感染が確認され、記者会見する鹿児島県出水市の渋谷俊彦市長=21日夜、同市役所

    商品コード: 2010122100608

  • 2010年12月21日
    感染発表する市長 出水のナベヅル感染確認

    ナベヅルの鳥インフルエンザ感染が確認され、記者会見する鹿児島県出水市の渋谷俊彦市長(中央)ら=21日夜、同市役所

    商品コード: 2010122100623

  • 2010年12月22日
    夕日バックに飛ぶツル 鹿児島県出水平野のツル

    夕日をバックに飛ぶ鹿児島県出水平野に飛来したツル=2010年12月21日(ナベヅルかマナヅルかは確認できません)

    商品コード: 2010122200053

  • 2010年12月22日
    防護服で餌まく関係者 周辺の養鶏場に立ち入り

    ナベヅルの高病原性鳥インフルエンザ感染が判明した鹿児島県・出水平野で、防護服を着て餌をまく県ツル保護会の関係者=22日早朝

    商品コード: 2010122200082

  • 2010年12月22日
    鳥の死骸回収する関係者 周辺の養鶏場に立ち入り

    ナベヅルの高病原性鳥インフルエンザ感染が判明した鹿児島県出水市で、野鳥の死骸を回収する関係者=22日早朝

    商品コード: 2010122200089

  • 2010年12月22日
    消毒液など準備する関係者 防疫徹底「冷静に対応」

    ナベヅルの鳥インフルエンザ感染が判明した鹿児島県出水市で、養鶏場への立ち入り検査のため防護服や消毒液を準備する関係者=22日午前

    商品コード: 2010122200097

  • 2010年12月22日
    防護服で餌まく関係者 周辺養鶏場を立ち入り検査

    ナベヅルの高病原性鳥インフルエンザ感染が判明した鹿児島県・出水平野で、防護服を着て餌をまく県ツル保護会の関係者=22日早朝

    商品コード: 2010122200228

  • 2010年12月22日
    消毒液など準備する関係者 周辺養鶏場を立ち入り検査

    ナベヅルの鳥インフルエンザ感染が判明した鹿児島県出水市で、養鶏場への立ち入り検査のため防護服や消毒液を準備する関係者=22日午前

    商品コード: 2010122200230

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年12月22日
    記者会見する渋谷市長 野鳥の感染に「法整備を」

    ナベヅルの高病原性鳥インフルエンザ感染で、ウイルスが強毒性と判明し、記者会見する鹿児島県出水市の渋谷俊彦市長(右)=22日夜、同市役所

    商品コード: 2010122200638

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年12月26日
    現地視察する環境副大臣 環境副大臣が出水を視察

    ナベヅルの鳥インフルエンザ感染が確認された鹿児島県・出水平野で、えさやり場などを視察する近藤昭一環境副大臣=26日午後

    商品コード: 2010122600184

  • 2010年12月26日
    現地視察する環境副大臣 環境副大臣が出水を視察

    ナベヅルの鳥インフルエンザ感染が確認された鹿児島県・出水平野で、えさやり場などを視察する近藤昭一環境副大臣=26日午後

    商品コード: 2010122600234

  • 2010年12月27日
    視察する小林事務次官 ナベヅル3羽の感染を確認

    ナベヅルの鳥インフルエンザ感染が確認された鹿児島県・出水平野で、地図を手にツルの生息状況を視察する環境省の小林光事務次官=27日午後

    商品コード: 2010122700677

  • 2010年12月27日
    鳥インフル対策本部会議 ナベヅル3羽の感染を確認

    鹿児島県出水市役所で開かれた鳥インフルエンザの対策本部会議=27日午後

    商品コード: 2010122700678

  • 2011年01月25日
    出水市上空のツルの群れ 鹿児島県で鳥インフル陽性

    ナベヅルの高病原性鳥インフルエンザ感染が判明し、防護服を着て餌まきをする鹿児島県ツル保護会の関係者=2010年12月22日、鹿児島県出水市

    商品コード: 2011012500399

  • 2014年07月29日
    歩き回るナベヅルのひな よちよち元気に成長中

    よちよちと歩き回るナベヅルのひな=29日午後、大阪・天王寺動物園

    商品コード: 2014072900682

  • 2014年07月29日
    ナベヅルの親鳥とひな よちよち元気に成長中

    順調に成長している大阪・天王寺動物園のナベヅルのひな。左は親鳥=29日午後

    商品コード: 2014072900683

  • 2016年01月26日
    「中国の鶴の湖」で渡り鳥を見守る安徽省昇金湖

    昇金湖に飛来した珍しいナベヅル。(2016年1月26日撮影)中国安徽省池州(ちしゅう)市の昇金湖国家級自然保護区は、珍しい渡り鳥の越冬地の一つとなっており、「中国の鶴の湖」として知られている。同市東至県大渡口鎮林業所の汪歓喜(おう・かんき)所長(49)は、面積132・8平方キロのこの湖で約30年間、鳥類保護に従事している。(池州=新華社配信/汪歓喜氏提供)=2016(平成28)年1月26日、クレジット:汪歓喜氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301138

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格国家級自然保護区で保護されたアネハヅル。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800689

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地に飛来し群れをなすソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800636

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地のソデグロヅルの群れ(小型無人機で撮影)。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800680

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地に戯れるソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800633

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、保護された一羽のマナヅルのケージを掃除する莫莫格国家級自然保護区の作業スタッフ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800737

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格国家級自然保護区の人工繁殖区でふ化した11日経ったタンチョウヅルのひな。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800677

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地に飛来し群れをなすソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800637

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地の上空を飛ぶソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800732

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地の上空を飛ぶソデグロヅル。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800736

  • 2020年03月16日
    Hooded cranes Hooded cranes

    キーワード:韓国、洪城、洪城郡、チョンス湾、天水湾、忠清南道、ナベヅル、ツル、群れ、餌、天然記念物、絶滅危惧種、渡り鳥、越冬、Hooded cranes A flock of hooded cranes search for food at Cheonsu Bay in Hongseong, a town in South Korea‘s central province of South Chungcheong, on March 16, 2020. The endangered migratory birds, designated as the natural monument No. 228, are in South Korea on their way to Russia after wintering in Japan. (Yonhap)/2020-03-16 09:06:17/ < 1980-2020 YONHAPNEWS AGENCY. .> (Newscom TagID: yonphotos164396) [Photo via Newscom]、クレジット:Yonhapnews/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031924047

  • 2020年10月29日
    四万十市と宿毛市 9羽確認 ナベヅル 今年も幡多路に

    今年も幡多路に冬の使者―。四万十市と宿毛市で28、29の両日、ナベヅルの飛来が確認された。成鳥6羽と幼鳥3羽で、関係者は「静かに越冬を見守って」と呼び掛けている。写真は秋空に舞うナベヅル=2020(令和2)年10月29日、高知県宿毛市山奈町山田、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601946

  • 2020年11月07日
    ナベヅル 香長平野に

    冬の訪れを告げるナベヅルの群れが、香長平野にも飛来した。越冬のための旅立ちに備え、田園地帯や河川敷でのんびりと翼を休めている。サギ=右=を追うように上空を優雅に舞うナベヅル=2020(令和2)年11月7日、高知県香南市内、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601955

  • 00:59.77
    2021年01月16日
    「新華社」冬空を舞うタンチョウ黒竜江省扎竜国家級自然保護区

    中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区では厳しい寒さの中、タンチョウの舞い飛ぶ姿が多くの観光客を楽しませている。同保護区は国際的な重要性が認められ、中国で初めてラムサール条約に登録された湿地の一つ。これまで、野生のタンチョウやソデグロヅル、ナベヅルなど希少鳥類の保護に積極的に取り組んできた。タンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点としては国内最大規模で、これまでに350羽が野生復帰したという。人工飼育と半自然状態のタンチョウは計500羽、うち半自然状態のつがいは15組に達している。(記者/唐鉄富) =配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800126

  • 2021年05月01日
    (4)「地球の腎臓」湿地を守る中国の取り組み

    雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ(香格里拉)市に位置するラムサール条約湿地、ナパ(納帕)海に生息する鳥類。2016年以降、ナパ海の6300ムー(420ヘクタール)で湿地が回復し、現在では毎年冬になるとオグロヅルやナベヅルなどの希少種を含む約5万羽の渡り鳥が飛来するようになった。(2018年3月11日撮影)中国は第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、中央財政だけで98億7千万元(1元=約17円)を投じ、湿地生態系がもたらす便益に対する補償・補助や、農地を湿地に戻す活動など2千件以上のプロジェクトを実施した。これにより保護・修復の水準が全面的に向上し、湿地面積は20万2600ヘクタール増加。全国の湿地保護率は5割を超えた。湿地は生物多様性に富んだ生態系と人類にとって重要な生存環境を備え、水源の保持や水質浄化、生物多様性の維持に重要な役割を果たしていることから「地球の腎臓」と呼ばれている。(昆明=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050200096

  • 2021年12月11日
    (14)鄱陽湖に多くの渡り鳥が飛来江西省

    8日、鄱陽湖畔に位置する五星白鶴保護小区の湿地で餌を探すソデグロヅル。中国江西省の鄱陽(はよう)湖湿地ではこのところ、冬の渡り鳥が相次いで確認されている。観察データによると、11月28日までにソデグロヅルやナベヅル、ナベコウ、アカハジロなど国家1級保護動物7種を含む63万7千羽余りが飛来した。同湖はラムサール条約登録湿地で、アジア最大の渡り鳥の越冬地でもある。毎年秋から冬にかけて、世界に生息するソデグロヅルの98%以上、コウノトリの95%以上、マナヅルの70%以上、サカツラガンの60%以上が各地から飛来し、60~70万羽が越冬する。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121103959

  • 2021年12月11日
    (8)鄱陽湖に多くの渡り鳥が飛来江西省

    8日、鄱陽湖畔に位置する五星白鶴保護小区の湿地で羽を休めるソデグロヅル。中国江西省の鄱陽(はよう)湖湿地ではこのところ、冬の渡り鳥が相次いで確認されている。観察データによると、11月28日までにソデグロヅルやナベヅル、ナベコウ、アカハジロなど国家1級保護動物7種を含む63万7千羽余りが飛来した。同湖はラムサール条約登録湿地で、アジア最大の渡り鳥の越冬地でもある。毎年秋から冬にかけて、世界に生息するソデグロヅルの98%以上、コウノトリの95%以上、マナヅルの70%以上、サカツラガンの60%以上が各地から飛来し、60~70万羽が越冬する。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121103956

  • 2021年12月11日
    (2)鄱陽湖に多くの渡り鳥が飛来江西省

    8日、鄱陽湖畔に位置する五星白鶴保護小区の湿地で鳴き声を上げるソデグロヅル。中国江西省の鄱陽(はよう)湖湿地ではこのところ、冬の渡り鳥が相次いで確認されている。観察データによると、11月28日までにソデグロヅルやナベヅル、ナベコウ、アカハジロなど国家1級保護動物7種を含む63万7千羽余りが飛来した。同湖はラムサール条約登録湿地で、アジア最大の渡り鳥の越冬地でもある。毎年秋から冬にかけて、世界に生息するソデグロヅルの98%以上、コウノトリの95%以上、マナヅルの70%以上、サカツラガンの60%以上が各地から飛来し、60~70万羽が越冬する。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121103935

  • 2021年12月11日
    (11)鄱陽湖に多くの渡り鳥が飛来江西省

    8日、鄱陽湖畔に位置する五星白鶴保護小区の湿地を飛ぶソデグロヅル。中国江西省の鄱陽(はよう)湖湿地ではこのところ、冬の渡り鳥が相次いで確認されている。観察データによると、11月28日までにソデグロヅルやナベヅル、ナベコウ、アカハジロなど国家1級保護動物7種を含む63万7千羽余りが飛来した。同湖はラムサール条約登録湿地で、アジア最大の渡り鳥の越冬地でもある。毎年秋から冬にかけて、世界に生息するソデグロヅルの98%以上、コウノトリの95%以上、マナヅルの70%以上、サカツラガンの60%以上が各地から飛来し、60~70万羽が越冬する。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121103954

  • 2021年12月11日
    (3)鄱陽湖に多くの渡り鳥が飛来江西省

    8日、鄱陽湖畔に位置する五星白鶴保護小区の湿地を舞うソデグロヅル。中国江西省の鄱陽(はよう)湖湿地ではこのところ、冬の渡り鳥が相次いで確認されている。観察データによると、11月28日までにソデグロヅルやナベヅル、ナベコウ、アカハジロなど国家1級保護動物7種を含む63万7千羽余りが飛来した。同湖はラムサール条約登録湿地で、アジア最大の渡り鳥の越冬地でもある。毎年秋から冬にかけて、世界に生息するソデグロヅルの98%以上、コウノトリの95%以上、マナヅルの70%以上、サカツラガンの60%以上が各地から飛来し、60~70万羽が越冬する。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121103943

  • 2021年12月11日
    (12)鄱陽湖に多くの渡り鳥が飛来江西省

    8日、鄱陽湖畔に位置する五星白鶴保護小区の湿地上空を飛ぶハクチョウ。中国江西省の鄱陽(はよう)湖湿地ではこのところ、冬の渡り鳥が相次いで確認されている。観察データによると、11月28日までにソデグロヅルやナベヅル、ナベコウ、アカハジロなど国家1級保護動物7種を含む63万7千羽余りが飛来した。同湖はラムサール条約登録湿地で、アジア最大の渡り鳥の越冬地でもある。毎年秋から冬にかけて、世界に生息するソデグロヅルの98%以上、コウノトリの95%以上、マナヅルの70%以上、サカツラガンの60%以上が各地から飛来し、60~70万羽が越冬する。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121103955

  • 2021年12月11日
    (10)鄱陽湖に多くの渡り鳥が飛来江西省

    8日、鄱陽湖畔に位置する五星白鶴保護小区の湿地で鳴き声を上げるソデグロヅル。中国江西省の鄱陽(はよう)湖湿地ではこのところ、冬の渡り鳥が相次いで確認されている。観察データによると、11月28日までにソデグロヅルやナベヅル、ナベコウ、アカハジロなど国家1級保護動物7種を含む63万7千羽余りが飛来した。同湖はラムサール条約登録湿地で、アジア最大の渡り鳥の越冬地でもある。毎年秋から冬にかけて、世界に生息するソデグロヅルの98%以上、コウノトリの95%以上、マナヅルの70%以上、サカツラガンの60%以上が各地から飛来し、60~70万羽が越冬する。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121103957

  • 2021年12月11日
    (5)鄱陽湖に多くの渡り鳥が飛来江西省

    8日、鄱陽湖畔に位置する五星白鶴保護小区の湿地で餌を探すソデグロヅル。中国江西省の鄱陽(はよう)湖湿地ではこのところ、冬の渡り鳥が相次いで確認されている。観察データによると、11月28日までにソデグロヅルやナベヅル、ナベコウ、アカハジロなど国家1級保護動物7種を含む63万7千羽余りが飛来した。同湖はラムサール条約登録湿地で、アジア最大の渡り鳥の越冬地でもある。毎年秋から冬にかけて、世界に生息するソデグロヅルの98%以上、コウノトリの95%以上、マナヅルの70%以上、サカツラガンの60%以上が各地から飛来し、60~70万羽が越冬する。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121103950

  • 2021年12月11日
    (13)鄱陽湖に多くの渡り鳥が飛来江西省

    8日、鄱陽湖畔に位置する五星白鶴保護小区の湿地にたたずむソデグロヅル。中国江西省の鄱陽(はよう)湖湿地ではこのところ、冬の渡り鳥が相次いで確認されている。観察データによると、11月28日までにソデグロヅルやナベヅル、ナベコウ、アカハジロなど国家1級保護動物7種を含む63万7千羽余りが飛来した。同湖はラムサール条約登録湿地で、アジア最大の渡り鳥の越冬地でもある。毎年秋から冬にかけて、世界に生息するソデグロヅルの98%以上、コウノトリの95%以上、マナヅルの70%以上、サカツラガンの60%以上が各地から飛来し、60~70万羽が越冬する。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121103958

  • 1
  • 2