KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 標高
  • ムー
  • 放牧
  • 村民
  • タンラ・ユムツォ
  • ハダカムギ
  • ボン教
  • 合計

「ニマ県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
30
( 1 30 件を表示)
  • 1
30
( 1 30 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2017年09月19日
    中国の湿地面積、5千3百万ヘクタールで世界第4位に

    チベット自治区ナクチュ市ニマ県にある那若塘湿地を飛ぶ1羽のアカツクシガモ(上)とインドガンの群れ。(2017年9月19日撮影)中国貴州省貴陽市でこのほど開催された「生態文明貴陽国際フォーラム2018年年次総会」のテーマ別フォーラム「湿地回復と世界の生態安全」において、現在の中国の湿地面積が8億4百万ムー(約5360万ヘクタール)でアジア第1位、世界第4位となったことが明らかになった。国家林業・草原局の統計によると、中国が保有する国際的に重要な湿地は57カ所、湿地自然保護区は602カ所、国家湿地公園は898カ所で、湿地生態系に生息する植物は4220種、動物は2312種にのぼり、湿地保護率は49・03%に達している。(ナクチュ=新華社記者/張汝鋒)=2017(平成29)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200446

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (15)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村で、ハダカムギを収穫する農家の人々。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092502044

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (2)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村で早朝からハダカムギを収穫する農家の人々。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が約666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501633

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (17)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村で、ハダカムギを収穫する農家の人々。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092502055

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (4)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村でハダカムギを収穫する農家の人。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が約666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501651

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (9)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村に広がるハダカムギの畑とタンラ・ユムツォ。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が約666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501652

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (6)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村でハダカムギを収穫する農家の人。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が約666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501641

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (8)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村でハダカムギを収穫する農家の人。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が約666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501654

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (12)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村で、収穫したカブを見せる農家の人。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092502039

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (20)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村で、早朝からハダカムギを収穫する農家の人。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501963

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (14)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村で、早朝からハダカムギを収穫する農家の人。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092502025

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (11)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村で、早朝からハダカムギを収穫する農家の人。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501965

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (19)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村に広がるハダカムギの畑。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501967

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (3)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村で、早朝からハダカムギを収穫する農家の人々。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が約666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501635

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (1)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村に広がるハダカムギの畑。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501643

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (5)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村でハダカムギを収穫する農家の人々。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が約666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501648

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (7)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村で、早朝からハダカムギを収穫する農家の人。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が約666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501653

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (18)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村に広がるハダカムギの畑。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092502047

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (16)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村で、早朝からハダカムギを収穫する農家の人々。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092502057

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (13)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村で、早朝からハダカムギを収穫する農家の人々。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092502041

  • 2021年11月30日
    (3)西蔵自治区、草原の総合植生被覆率が47%超に

    人工牧草地で飼料の草を刈り取るナクチュ市ニマ県文部郷北村の村民。(2017年9月18日撮影)中国西蔵(シーザン)自治区は、青海チベット高原の主要部分を占め、全国で最大の草原面積を持つ。国の生態系の安全を維持する上で重要な役割を果たしている。同自治区は第13次5カ年規画(2016~20年)期間中、森林と草原の生態保護と整備に202億3千万元(1元=約18円)を投じ、砂漠化の防止と管理▽農地や放牧地の林地や草地への還元▽重要湿地の保護と修復▽自然保護区の建設-など重点生態保護・修復プロジェクトを実施。森林・草原事業を急速に発展させた。596万4800ムー(約39万8千ヘクタール)の森林造営により、森林被覆率は12・1%から12・3%に上昇し、草原の総合植生被覆率も42・3%から47・1%に向上した。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(令和3)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021113011813

  • 2022年03月05日
    (8)移転地でチベット暦の新年を迎える牧畜民西蔵自治区

    2月28日、スマートフォンでパフォーマンスを披露する出演者を撮影する移転者居住区の住民たち。チベット暦の新年を間近に控え、中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区では、移転した牧畜民らが年越し用品を買い求め、歌と踊りで祝日を迎えようとしている。同居住区は同自治区で初の高標高地生態移転プロジェクトに当たる。ナクチュ市ニマ県栄瑪郷に暮らす住民の生活条件を改善し、羌塘(チャンタン)国家級自然保護区の野生動物により多くの生息空間を与えるため、地元政府は2018年6月、千人余りの牧畜民を平均標高5千メートルの高地にある居住地から、それより低い古栄鎮の栄瑪生態移転者居住区へ移転させた。白い壁と赤い屋根をもつ2階建ての民家266軒が彼らの新居となった。その後、移転者の生活レベルが向上し、2021年の同居住区住民1268人の1人当たりの収入は約1万9千元(1元=約18円)余りに達した。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030507405

  • 2022年03月05日
    (4)移転地でチベット暦の新年を迎える牧畜民西蔵自治区

    2月28日、栄瑪高標高地生態移転者居住区で自転車に乗る子ども。チベット暦の新年を間近に控え、中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区では、移転した牧畜民らが年越し用品を買い求め、歌と踊りで祝日を迎えようとしている。同居住区は同自治区で初の高標高地生態移転プロジェクトに当たる。ナクチュ市ニマ県栄瑪郷に暮らす住民の生活条件を改善し、羌塘(チャンタン)国家級自然保護区の野生動物により多くの生息空間を与えるため、地元政府は2018年6月、千人余りの牧畜民を平均標高5千メートルの高地にある居住地から古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区へ移転させた。白い壁と赤い屋根をもつ2階建ての民家266軒が彼らの新居となった。その後、移転者の生活レベルが向上し、2021年の同居住区住民1268人の1人当たりの収入は約1万9千元(1元=約18円)余りに達した。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2022(令和4)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030507250

  • 2022年03月05日
    (2)移転地でチベット暦の新年を迎える牧畜民西蔵自治区

    2月28日、栄瑪高標高地生態移転者居住区で民族舞踊を披露する住民。チベット暦の新年を間近に控え、中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区では、移転した牧畜民らが年越し用品を買い求め、歌と踊りで祝日を迎えようとしている。同居住区は同自治区で初の高標高地生態移転プロジェクトに当たる。ナクチュ市ニマ県栄瑪郷に暮らす住民の生活条件を改善し、羌塘(チャンタン)国家級自然保護区の野生動物により多くの生息空間を与えるため、地元政府は2018年6月、千人余りの牧畜民を平均標高5千メートルの高地にある居住地から古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区へ移転させた。白い壁と赤い屋根をもつ2階建ての民家266軒が彼らの新居となった。その後、移転者の生活レベルが向上し、2021年の同居住区住民1268人の1人当たりの収入は約1万9千元(1元=約18円)余りに達した。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030507195

  • 2022年03月05日
    (3)移転地でチベット暦の新年を迎える牧畜民西蔵自治区

    2月28日、栄瑪高標高地生態移転者居住区で遊ぶ子ども。チベット暦の新年を間近に控え、中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区では、移転した牧畜民らが年越し用品を買い求め、歌と踊りで祝日を迎えようとしている。同居住区は同自治区で初の高標高地生態移転プロジェクトに当たる。ナクチュ市ニマ県栄瑪郷に暮らす住民の生活条件を改善し、羌塘(チャンタン)国家級自然保護区の野生動物により多くの生息空間を与えるため、地元政府は2018年6月、千人余りの牧畜民を平均標高5千メートルの高地にある居住地から古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区へ移転させた。白い壁と赤い屋根をもつ2階建ての民家266軒が彼らの新居となった。その後、移転者の生活レベルが向上し、2021年の同居住区住民1268人の1人当たりの収入は約1万9千元(1元=約18円)余りに達した。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2022(令和4)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030507203

  • 2022年03月05日
    (7)移転地でチベット暦の新年を迎える牧畜民西蔵自治区

    2月28日、栄瑪高標高地生態移転者居住区の自宅で写真に納まる住民たち。チベット暦の新年を間近に控え、中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区では、移転した牧畜民らが年越し用品を買い求め、歌と踊りで祝日を迎えようとしている。同居住区は同自治区で初の高標高地生態移転プロジェクトに当たる。ナクチュ市ニマ県栄瑪郷に暮らす住民の生活条件を改善し、羌塘(チャンタン)国家級自然保護区の野生動物により多くの生息空間を与えるため、地元政府は2018年6月、千人余りの牧畜民を平均標高5千メートルの高地にある居住地から古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区へ移転させた。白い壁と赤い屋根をもつ2階建ての民家266軒が彼らの新居となった。その後、移転者の生活レベルが向上し、2021年の同居住区住民1268人の1人当たりの収入は約1万9千元(1元=約18円)余りに達した。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030507164

  • 2022年03月05日
    (1)移転地でチベット暦の新年を迎える牧畜民西蔵自治区

    2月28日、栄瑪高標高地生態移転者居住区で民族舞踊を披露する住民。チベット暦の新年を間近に控え、中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区では、移転した牧畜民らが年越し用品を買い求め、歌と踊りで祝日を迎えようとしている。同居住区は同自治区で初の高標高地生態移転プロジェクトに当たる。ナクチュ市ニマ県栄瑪郷に暮らす住民の生活条件を改善し、羌塘(チャンタン)国家級自然保護区の野生動物により多くの生息空間を与えるため、地元政府は2018年6月、千人余りの牧畜民を平均標高5千メートルの高地にある居住地から古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区へ移転させた。白い壁と赤い屋根をもつ2階建ての民家266軒が彼らの新居となった。その後、移転者の生活レベルが向上し、2021年の同居住区住民1268人の1人当たりの収入は約1万9千元(1元=約18円)余りに達した。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2022(令和4)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030507184

  • 2022年03月05日
    (6)移転地でチベット暦の新年を迎える牧畜民西蔵自治区

    2月28日、栄瑪高標高地生態移転者居住区の広場で写真に納まる子どもたち。チベット暦の新年を間近に控え、中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区では、移転した牧畜民らが年越し用品を買い求め、歌と踊りで祝日を迎えようとしている。同居住区は同自治区で初の高標高地生態移転プロジェクトに当たる。ナクチュ市ニマ県栄瑪郷に暮らす住民の生活条件を改善し、羌塘(チャンタン)国家級自然保護区の野生動物により多くの生息空間を与えるため、地元政府は2018年6月、千人余りの牧畜民を平均標高5千メートルの高地にある居住地から古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区へ移転させた。白い壁と赤い屋根をもつ2階建ての民家266軒が彼らの新居となった。その後、移転者の生活レベルが向上し、2021年の同居住区住民1268人の1人当たりの収入は約1万9千元(1元=約18円)余りに達した。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030507185

  • 2022年03月05日
    (5)移転地でチベット暦の新年を迎える牧畜民西蔵自治区

    2月28日、栄瑪高標高地生態移転者居住区の一角。チベット暦の新年を間近に控え、中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区では、移転した牧畜民らが年越し用品を買い求め、歌と踊りで祝日を迎えようとしている。同居住区は同自治区で初の高標高地生態移転プロジェクトに当たる。ナクチュ市ニマ県栄瑪郷に暮らす住民の生活条件を改善し、羌塘(チャンタン)国家級自然保護区の野生動物により多くの生息空間を与えるため、地元政府は2018年6月、千人余りの牧畜民を平均標高5千メートルの高地にある居住地から古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区へ移転させた。白い壁と赤い屋根をもつ2階建ての民家266軒が彼らの新居となった。その後、移転者の生活レベルが向上し、2021年の同居住区住民1268人の1人当たりの収入は約1万9千元(1元=約18円)余りに達した。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2022(令和4)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030507213

  • 2022年03月05日
    (9)移転地でチベット暦の新年を迎える牧畜民西蔵自治区

    2月28日、購入したばかりの車を運転する栄瑪高標高地生態移転者居住区の住民。チベット暦の新年を間近に控え、中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区では、移転した牧畜民らが年越し用品を買い求め、歌と踊りで祝日を迎えようとしている。同居住区は同自治区で初の高標高地生態移転プロジェクトに当たる。ナクチュ市ニマ県栄瑪郷に暮らす住民の生活条件を改善し、羌塘(チャンタン)国家級自然保護区の野生動物により多くの生息空間を与えるため、地元政府は2018年6月、千人余りの牧畜民を平均標高5千メートルの高地にある居住地から、それより低い古栄鎮の栄瑪生態移転者居住区へ移転させた。白い壁と赤い屋根をもつ2階建ての民家266軒が彼らの新居となった。その後、移転者の生活レベルが向上し、2021年の同居住区住民1268人の1人当たりの収入は約1万9千元(1元=約18円)余りに達した。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030507507

  • 1