KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 商品
  • 令和
  • アプリケーション
  • オフライン
  • スーパーマーケット
  • リビン
  • 個人
  • 利用可能
  • 基盤
  • 子会社

「ネットスーパー」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
29
( 1 29 件を表示)
  • 1
29
( 1 29 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2009年08月27日
    ネットスーパー8割増

    ネットスーパーの仕組み

    商品コード: 2009082700189

  • 2009年08月27日
    ネットスーパー8割増

    ネットスーパーの仕組み

    商品コード: 2009082700190

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年08月04日
    カード情報1万2千件盗む

    ネットスーパー顧客情報流出の構図

    商品コード: 2010080400484

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年08月04日
    カード情報1万2千件盗む

    ネットスーパー顧客情報流出の構図

    商品コード: 2010080400485

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年08月13日
    ハッカーが不正操作

    ネットスーパー情報流出の流れ

    商品コード: 2010081300246

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年08月13日
    ハッカーが不正操作

    ネットスーパー情報流出の流れ

    商品コード: 2010081300247

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月02日
    ネットスーパーの画面 タブレットで家族の絆を

    イオンがタブレット端末で提供するネットスーパーの画面

    商品コード: 2012070200226

  • 2015年03月05日
    セブンのネット専用店舗 セブンがネット専用店舗

    セブン&アイ・ホールディングスが運用を始めるネットスーパー専用店舗=5日、東京都荒川区

    商品コード: 2015030500585

  • 2018年01月26日
    ネットスーパー競争幕開け

    各社のネットスーパーの取り組み

    商品コード: 2018012601188

  • 2018年01月26日
    ネットスーパー競争幕開け

    各社のネットスーパーの取り組み

    商品コード: 2018012601191

  • 2018年10月25日
    開始イベント ネットスーパー本格始動

    「楽天西友ネットスーパー」の開始イベントで、商品を手にするタレントの辻希美さん=25日午後、東京都渋谷区

    商品コード: 2018102519974

  • 2019年05月30日
    ネットと小売りの融合加速

    ネットスーパーの競争の構図

    商品コード: 2019053006045

  • 2019年05月30日
    ネットと小売りの融合加速

    ネットスーパーの競争の構図

    商品コード: 2019053006047

  • 2019年05月30日
    ネットと小売りの融合加速

    ネットスーパーの競争の構図

    商品コード: 2019053006052

  • 2019年05月30日
    ネットと小売りの融合加速

    ネットスーパーの競争の構図

    商品コード: 2019053006054

  • 2020年03月11日
    大量の商品を運ぶ配達員 新型コロナ、中国の動き

    大量の商品をバイクで運ぶ配達員。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ネットスーパーの需要が増えている=10日、北京(共同)

    商品コード: 2020031102810

  • 02:45.04
    2020年03月19日
    「新華社」非接触消費が安全と「宅経済」を後押し江西省

    中国では新型コロナウイルス感染の流行によって多くの住民が外出を控える中、生鮮食品の宅配など在宅者向けビジネス「宅経済」の人気が高まっている。この変化に対応しようと各企業は積極的に「非接触型消費」の展開を図っている。江西省南昌県の大型スーパー大潤発(RTマート)蓮塘店では、店員が客の注文に基づいて品物をそろえ、計量して袋詰めし、梱包した商品を客の家まで配送している。これは感染のリスク低減のためにスーパーが打ち出したネットスーパー配送サービスで、サービス開始直後から多くの住民の支持を集め、売上高が爆発的に増加した。一部のスーパーでは、住民が家から一歩も出ずに新鮮な食材や日用品が入手できるように、オンラインストアの注文に対応する専任のスタッフを配置したほか、あらかじめ物流プラットフォームとドッキングするなど準備を進めた。南昌県商務局は感染状況によりよく対応するため、各大型スーパーの「非接触型消費」を積極的に推進しただけでなく、チームを組織し、各スーパーや商業施設の感染予防対策の最前線にまで入り込み、さまざまな方法で感染予防を呼び掛け、確実に予防対策を行うよう監督・指導している。(記者/劉彬)<映像内容>ネットスーパー配送サービスの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032303264

  • 2020年11月16日
    西友ネットスーパー強化へ

    西友への今後の出資比率

    商品コード: 2020111602790

  • 2020年11月16日
    西友ネットスーパー強化へ

    西友への今後の出資比率

    商品コード: 2020111602794

  • 2020年11月16日
    西友ネットスーパー強化へ

    西友への今後の出資比率

    商品コード: 2020111602793

  • 2020年11月16日
    西友ネットスーパー強化へ

    西友への今後の出資比率

    商品コード: 2020111602797

  • 2021年02月15日
    (2)「今いる場所で過ごす」が春節の新しいスタイルに

    4日、ネットスーパー興盛優選の湖南生鮮倉庫で野菜を仕分けする従業員。中国では今年の春節(旧正月)に1億人近くが家族の元に帰省せず、1年で最も重要な祝日を現在の居住地で過ごすことを選んだ。新型コロナウイルス感染症流行情勢の緊張が続く中、各地の政府が「今いる場所」で年越しをするよう呼び掛けた結果、人々の新年の祝い方にもさまざまな変化が表れている。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021600880

  • 2021年12月15日
    (5)物資の供給確保で感染症対策を後押し浙江省

    13日、自宅隔離者が注文した野菜の配送準備をする浙江省寧波市鎮海区にあるネットスーパーのスタッフ。中国浙江省の各地ではここ数日、新型コロナウイルス感染症対策を徹底するため、医療・生活物資の保障を強化し、輸送効率を高めることで、物資の供給を確保している。(寧波=新華社配信/胡学軍)= 配信日: 2021(令和3)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121504689

  • 2022年03月10日
    西友と楽天グループによるOMO事業戦略発表会

    西友と楽天グループは10日、西友などのスーパーマーケットで「楽天ポイント」などを用いたデジタルマーケティングを4月から本格展開すると発表した。実店舗とネットスーパーの顧客IDを統合し、実店舗でも個人に最適な商品を提案できる。新規顧客の取り込みと既存顧客の利用拡大を目指す。4月26日から西友、リヴィンなど全店で楽天ポイントを利用可能にする。また、「楽天西友ネットスーパー」のアプリケーション(応用ソフト)上に実店舗で使える決済機能などを追加する。2022年中に西友店舗で500万人超の楽天ポイント利用を見込む。西友の大久保恒夫社長は「西友実店舗の顧客は50―70代がメーン。楽天経済圏には若い顧客が多く、顧客層の拡大が期待できる」と協業の狙いを説明。楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は「このOMO(オンラインとオフラインの融合)基盤を全国の中小スーパーでも使えるようにしたい」と述べた。両社は18年にネットスーパーの共同運営を開始。楽天グループは21年、子会社を通じて西友に20%出資した。写真は会見する三木谷浩史 楽天グループ代表取締役会長兼社長。=2022(令和4)年3月10日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031110019

  • 2022年03月10日
    西友と楽天グループによるOMO事業戦略発表会

    西友と楽天グループは10日、西友などのスーパーマーケットで「楽天ポイント」などを用いたデジタルマーケティングを4月から本格展開すると発表した。実店舗とネットスーパーの顧客IDを統合し、実店舗でも個人に最適な商品を提案できる。新規顧客の取り込みと既存顧客の利用拡大を目指す。4月26日から西友、リヴィンなど全店で楽天ポイントを利用可能にする。また、「楽天西友ネットスーパー」のアプリケーション(応用ソフト)上に実店舗で使える決済機能などを追加する。2022年中に西友店舗で500万人超の楽天ポイント利用を見込む。西友の大久保恒夫社長は「西友実店舗の顧客は50―70代がメーン。楽天経済圏には若い顧客が多く、顧客層の拡大が期待できる」と協業の狙いを説明。楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は「このOMO(オンラインとオフラインの融合)基盤を全国の中小スーパーでも使えるようにしたい」と述べた。両社は18年にネットスーパーの共同運営を開始。楽天グループは21年、子会社を通じて西友に20%出資した。写真は会見する三木谷浩史 楽天グループ代表取締役会長兼社長。=2022(令和4)年3月10日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031109995

  • 2022年03月10日
    西友と楽天グループによるOMO事業戦略発表会

    西友と楽天グループは10日、西友などのスーパーマーケットで「楽天ポイント」などを用いたデジタルマーケティングを4月から本格展開すると発表した。実店舗とネットスーパーの顧客IDを統合し、実店舗でも個人に最適な商品を提案できる。新規顧客の取り込みと既存顧客の利用拡大を目指す。4月26日から西友、リヴィンなど全店で楽天ポイントを利用可能にする。また、「楽天西友ネットスーパー」のアプリケーション(応用ソフト)上に実店舗で使える決済機能などを追加する。2022年中に西友店舗で500万人超の楽天ポイント利用を見込む。西友の大久保恒夫社長は「西友実店舗の顧客は50―70代がメーン。楽天経済圏には若い顧客が多く、顧客層の拡大が期待できる」と協業の狙いを説明。楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は「このOMO(オンラインとオフラインの融合)基盤を全国の中小スーパーでも使えるようにしたい」と述べた。両社は18年にネットスーパーの共同運営を開始。楽天グループは21年、子会社を通じて西友に20%出資した。写真は会見する大久保恒夫 西友社長。=2022(令和4)年3月10日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031109981

  • 2022年03月10日
    西友と楽天グループによるOMO事業戦略発表会

    西友と楽天グループは10日、西友などのスーパーマーケットで「楽天ポイント」などを用いたデジタルマーケティングを4月から本格展開すると発表した。実店舗とネットスーパーの顧客IDを統合し、実店舗でも個人に最適な商品を提案できる。新規顧客の取り込みと既存顧客の利用拡大を目指す。4月26日から西友、リヴィンなど全店で楽天ポイントを利用可能にする。また、「楽天西友ネットスーパー」のアプリケーション(応用ソフト)上に実店舗で使える決済機能などを追加する。2022年中に西友店舗で500万人超の楽天ポイント利用を見込む。西友の大久保恒夫社長は「西友実店舗の顧客は50―70代がメーン。楽天経済圏には若い顧客が多く、顧客層の拡大が期待できる」と協業の狙いを説明。楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は「このOMO(オンラインとオフラインの融合)基盤を全国の中小スーパーでも使えるようにしたい」と述べた。両社は18年にネットスーパーの共同運営を開始。楽天グループは21年、子会社を通じて西友に20%出資した。写真は会見する大久保恒夫 西友社長。=2022(令和4)年3月10日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031109993

  • 2022年03月10日
    西友と楽天グループによるOMO事業戦略発表会

    西友と楽天グループは10日、西友などのスーパーマーケットで「楽天ポイント」などを用いたデジタルマーケティングを4月から本格展開すると発表した。実店舗とネットスーパーの顧客IDを統合し、実店舗でも個人に最適な商品を提案できる。新規顧客の取り込みと既存顧客の利用拡大を目指す。4月26日から西友、リヴィンなど全店で楽天ポイントを利用可能にする。また、「楽天西友ネットスーパー」のアプリケーション(応用ソフト)上に実店舗で使える決済機能などを追加する。2022年中に西友店舗で500万人超の楽天ポイント利用を見込む。西友の大久保恒夫社長は「西友実店舗の顧客は50―70代がメーン。楽天経済圏には若い顧客が多く、顧客層の拡大が期待できる」と協業の狙いを説明。楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は「このOMO(オンラインとオフラインの融合)基盤を全国の中小スーパーでも使えるようにしたい」と述べた。両社は18年にネットスーパーの共同運営を開始。楽天グループは21年、子会社を通じて西友に20%出資した。写真はフォトセッションの様子(左から)三木谷浩史 楽天グループ代表取締役会長兼社長と大久保恒夫 西友社長。=2022(令和4)年3月10日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031109992

  • 2022年03月10日
    西友と楽天グループによるOMO事業戦略発表会

    西友と楽天グループは10日、西友などのスーパーマーケットで「楽天ポイント」などを用いたデジタルマーケティングを4月から本格展開すると発表した。実店舗とネットスーパーの顧客IDを統合し、実店舗でも個人に最適な商品を提案できる。新規顧客の取り込みと既存顧客の利用拡大を目指す。4月26日から西友、リヴィンなど全店で楽天ポイントを利用可能にする。また、「楽天西友ネットスーパー」のアプリケーション(応用ソフト)上に実店舗で使える決済機能などを追加する。2022年中に西友店舗で500万人超の楽天ポイント利用を見込む。西友の大久保恒夫社長は「西友実店舗の顧客は50―70代がメーン。楽天経済圏には若い顧客が多く、顧客層の拡大が期待できる」と協業の狙いを説明。楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は「このOMO(オンラインとオフラインの融合)基盤を全国の中小スーパーでも使えるようにしたい」と述べた。両社は18年にネットスーパーの共同運営を開始。楽天グループは21年、子会社を通じて西友に20%出資した。写真はフォトセッションの様子(左から)三木谷浩史 楽天グループ代表取締役会長兼社長と大久保恒夫 西友社長。=2022(令和4)年3月10日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031110017

  • 1