KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 箜篌
  • 令和
  • 記者
  • 古楽器
  • 莫高窟
  • 音色
  • 千年
  • 舞踊
  • 再現
  • シーン

「ハイショウ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
43
( 1 43 件を表示)
  • 1
43
( 1 43 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年04月28日
    宮廷楽器が奏でる千年の音色、杭州で正倉院復元楽器の音楽会

    28日、螺鈿紫檀五絃琵琶を手にする邵容さん。中国と日本、韓国の演奏家十数人による「シルクロードの夢響楽師の旅-天平楽府正倉院復元楽器音楽会」が28日夜、浙江省杭州市の浙江音楽学院音楽ホールで開催された。琵琶(びわ)や箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、篳篥(ひちりき)など1200年前の中国唐代の宮廷楽器10点余りが登場し、現代人にいにしえの音色を届けた。(杭州=新華社記者/許舜達)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703156

  • 2019年04月28日
    宮廷楽器が奏でる千年の音色、杭州で正倉院復元楽器の音楽会

    28日、楽曲「飛天舞韻」で中国唐代の宮廷舞踊を披露する新疆芸術劇院歌舞団と浙江省歌舞劇院の団員。中国と日本、韓国の演奏家十数人による「シルクロードの夢響楽師の旅-天平楽府正倉院復元楽器音楽会」が28日夜、浙江省杭州市の浙江音楽学院音楽ホールで開催された。琵琶(びわ)や箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、篳篥(ひちりき)など1200年前の中国唐代の宮廷楽器10点余りが登場し、現代人にいにしえの音色を届けた。(杭州=新華社記者/許舜達)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703159

  • 2019年04月28日
    宮廷楽器が奏でる千年の音色、杭州で正倉院復元楽器の音楽会

    28日、「新羅物語」を奏でる韓国の伽倻琴(かやきん)演奏家、金奥露(キム・ウクロ)さん。中国と日本、韓国の演奏家十数人による「シルクロードの夢響楽師の旅-天平楽府正倉院復元楽器音楽会」が28日夜、浙江省杭州市の浙江音楽学院音楽ホールで開催された。琵琶(びわ)や箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、篳篥(ひちりき)など1200年前の中国唐代の宮廷楽器10点余りが登場し、現代人にいにしえの音色を届けた。(杭州=新華社記者/許舜達)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703176

  • 2019年04月28日
    宮廷楽器が奏でる千年の音色、杭州で正倉院復元楽器の音楽会

    28日、太鼓を打つ中国の打楽器演奏家、馬平(ば・へい)さん。中国と日本、韓国の演奏家十数人による「シルクロードの夢響楽師の旅-天平楽府正倉院復元楽器音楽会」が28日夜、浙江省杭州市の浙江音楽学院音楽ホールで開催された。琵琶(びわ)や箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、篳篥(ひちりき)など1200年前の中国唐代の宮廷楽器10点余りが登場し、現代人にいにしえの音色を届けた。(杭州=新華社記者/許舜達)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703225

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101760

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101719

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101736

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101738

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101740

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101726

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101763

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101769

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101747

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101722

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101730

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101723

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101750

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101729

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101735

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101742

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101724

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101739

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101728

  • 2019年10月08日
    敦煌壁画の古楽器、現代技術で「音色」を再現

    8日、「楽動敦煌」を熱演する出演者。中国甘粛省蘭州市でこのほど、大型没入型公演「楽動敦煌」の上演が正式に始まった。同公演で流れる音楽は、長い歴史を持つ同省敦煌市の芸術文化から生まれた。敦煌の世界遺産「莫高窟」にある735の洞窟のうち、壁画や彩色の塑像を持つ洞窟は492。さらにそのうち、音楽の題材と関連する洞窟は約200ある。「楽動敦煌」の音楽は、莫高窟の壁画に描かれた五弦琵琶や瑟(しつ)、箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、笙(しょう)などの楽器を復元し使用している。映像や照明、機械、装置、舞台道具など複数のテクノロジーと組み合わせ、敦煌の音楽、舞踊、詩歌、壁画などのシーンを再現し、敦煌の千年の歴史を持つ古楽器をよみがえらせた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101840

  • 2019年10月20日
    海南省海口市で正倉院復元楽器の音楽会中日韓の音楽家が共演

    20日、復元された箜篌を奏でる音楽家。中国と日本、韓国の演奏家十数人による伝統楽器演奏会「シルクロードの夢響楽師の旅」がこのほど、海南省海口市の海南国際コンベンション・アンド・エキシビション・センター(海南国際会議展覧中心)で開催された。琵琶(びわ)や箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、篳篥(ひちりき)など1200年前の中国唐代の宮廷楽器10点余りが登場し、現代人にいにしえの音色を届けた。演奏を行った「天平楽府(てんぴょうがくふ)」は、日本国籍を持つ中国出身の音楽家、劉宏軍(りゅう・こうぐん)氏が創設した楽団で、中日韓3カ国の音楽家を中心に構成されており、これまでにもシルクロードの伝統音楽や舞踊文化の継承・普及活動を行ってきた。今回の音楽会で使用された楽器は、1200年前に遣唐使が日本に持ち帰り、奈良の正倉院で大切に保管されてきた天皇家ゆかりの宝物を劉氏が復元した中国唐代の宮廷楽器で、箜篌や古琴(こきん)、鳳笙(ほうしょう)、筝(そう)などが含まれる。(海口=新華社配信)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800781

  • 2019年10月20日
    海南省海口市で正倉院復元楽器の音楽会中日韓の音楽家が共演

    20日、演奏中の楽団「天平楽府」。中国と日本、韓国の演奏家十数人による伝統楽器演奏会「シルクロードの夢響楽師の旅」がこのほど、海南省海口市の海南国際コンベンション・アンド・エキシビション・センター(海南国際会議展覧中心)で開催された。琵琶(びわ)や箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、篳篥(ひちりき)など1200年前の中国唐代の宮廷楽器10点余りが登場し、現代人にいにしえの音色を届けた。演奏を行った「天平楽府(てんぴょうがくふ)」は、日本国籍を持つ中国出身の音楽家、劉宏軍(りゅう・こうぐん)氏が創設した楽団で、中日韓3カ国の音楽家を中心に構成されており、これまでにもシルクロードの伝統音楽や舞踊文化の継承・普及活動を行ってきた。今回の音楽会で使用された楽器は、1200年前に遣唐使が日本に持ち帰り、奈良の正倉院で大切に保管されてきた天皇家ゆかりの宝物を劉氏が復元した中国唐代の宮廷楽器で、箜篌や古琴(こきん)、鳳笙(ほうしょう)、筝(そう)などが含まれる。(海口=新華社配信)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800831

  • 2019年10月20日
    海南省海口市で正倉院復元楽器の音楽会中日韓の音楽家が共演

    20日、演奏中の中国出身の音楽家、劉宏軍氏。中国と日本、韓国の演奏家十数人による伝統楽器演奏会「シルクロードの夢響楽師の旅」がこのほど、海南省海口市の海南国際コンベンション・アンド・エキシビション・センター(海南国際会議展覧中心)で開催された。琵琶(びわ)や箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、篳篥(ひちりき)など1200年前の中国唐代の宮廷楽器10点余りが登場し、現代人にいにしえの音色を届けた。演奏を行った「天平楽府(てんぴょうがくふ)」は、日本国籍を持つ中国出身の音楽家、劉宏軍(りゅう・こうぐん)氏が創設した楽団で、中日韓3カ国の音楽家を中心に構成されており、これまでにもシルクロードの伝統音楽や舞踊文化の継承・普及活動を行ってきた。今回の音楽会で使用された楽器は、1200年前に遣唐使が日本に持ち帰り、奈良の正倉院で大切に保管されてきた天皇家ゆかりの宝物を劉氏が復元した中国唐代の宮廷楽器で、箜篌や古琴(こきん)、鳳笙(ほうしょう)、筝(そう)などが含まれる。(海口=新華社配信)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800876

  • 2020年08月16日
    成都永陵「二十四伎楽」が復活、復元楽器が奏でる唐代の音色

    16日、「唐音鏗鏘(こうそう)-永陵『二十四伎楽』音楽文化展」で展示された唐代の楽器「排簫(はいしょう)」のレプリカ。中国の成都永陵博物館と重慶三峡移民紀念館が共催する「唐音鏗鏘(こうそう)-永陵『二十四伎楽』音楽文化展」が14日、重慶三峡移民紀念館で開幕した。唐代の楽器のレプリカ20点余りのほか、舞踏衣装や中国画、詩稿などを展示する。鏗鏘は琴などの楽器が鳴り響くさまを表す言葉で、同展は成都永陵の棺床(ひつぎの台座)に施された「二十四伎楽」のレリーフが伝える唐~五代十国時代の音楽文化を通じ、繁栄を謳歌(おうか)した唐王朝の美しい調べを再現する。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700981

  • 2020年10月28日
    成長続く中国の音楽市場、主要楽器生産量は世界の過半

    28日、2020年中国(上海)国際楽器展覧会の会場で排簫(はいしょう、中国の伝統楽器)を演奏してライブ配信する楽器メーカーの出展者。中国上海市で28日に開幕した2020年中国(上海)国際楽器展覧会(ミュージックチャイナ2020)で、主催団体の一つ、中国楽器協会の統計データが公表された。それによると、中国の主要な楽器製品の生産量は、ピアノ約40万台、電子ピアノ90万台余り、バイオリン類約100万丁、西洋管楽器約100万本、ギター約320万台で、いずれも世界の総生産量の半分かそれ以上に達しているという。データによると、2019年に中国の一定規模(年商2千万元以上、1元=約16円)以上の楽器メーカー240社余りの主力事業売上高は、前年比5・45%増の412億元となった。世界の200近い国・地域への輸出額は前年比6・7%増の17億3900万ドル(1ドル=約104円)、輸入額は同8・2%増の5億2800万ドルだった。中国は何年にもわたり世界最大の楽器輸出国としての地位を維持している。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201811

  • 2021年09月29日
    (5)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    23日、会場で展示された鼓(つづみ)。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/張玉潔)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003314

  • 2021年09月29日
    (6)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    23日、会場で展示された小型の箜篌。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/張百慧)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003315

  • 2021年09月29日
    (3)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    23日、会場で展示された小型の曲項琵琶。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/張玉潔)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003313

  • 2021年09月29日
    (4)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    23日、展示会場の一角。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/何問)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003324

  • 2021年09月29日
    (10)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    25日、会場で展示された胡琴(こきん)。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/張百慧)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003330

  • 2021年09月29日
    (15)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    25日、会場で展示された、円形の胴を持つ小阮に施された文様。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/張百慧)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003340

  • 2021年09月29日
    (9)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    25日、会場で展示された中国の古楽器、花辺阮(荷葉阮)に施された文様。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/張百慧)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003331

  • 2021年09月29日
    (1)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    23日、会場で展示された縦笛の篳篥(ひちりき)。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/何問)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003310

  • 2021年09月29日
    (12)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    25日、会場で展示された小型の箜篌に施された文様。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/張百慧)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003338

  • 2021年09月29日
    (2)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    23日、展示会場の一角。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/何問)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003312

  • 2021年09月29日
    (13)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    23日、会場で展示された排簫(左)と塤(けん)。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/何問)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003334

  • 2021年09月29日
    (16)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    25日、会場で展示された竜鳳笛。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/張玉潔)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003336

  • 2021年09月29日
    (7)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    24日、会場で伝統舞踊を披露するダンサー。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003328

  • 2021年09月29日
    (14)敦煌壁画に描かれた古楽器、文化博覧会に登場

    23日、会場で展示された中国の古楽器、花辺阮(荷葉阮)。中国甘粛省敦煌市で24~26日、新型コロナウイルス感染拡大で1年延期された第5回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会と第10回敦煌行・シルクロード国際観光フェスティバルが開催された。会場には、敦煌文化伝承の担い手である、円形の胴を持つ小阮(しょうげん、小型の阮咸)や排簫(はいしょう)、竜鳳笛、小型の箜篌(くご)など、よく知られた楽器の復元品の一部が会場に展示された。専門家の統計によると、同市近郊にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)の南区の石窟400余りのうち、半数以上に音楽を表現した壁画が残されており、6千点余りの楽器が描かれているという。敦煌研究院の学者が1980年代から、これらを復元する取り組みを開始した。(蘭州=新華社記者/張玉潔)= 配信日: 2021(令和3)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093003335

  • 1