KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • フルンボイル
  • ハルビン
  • スポーツ大会
  • メインスタジアム
  • 全国冬季
  • 大会開幕
  • 建築スタイル
  • 氷上競技
  • 森林地帯
  • グレードアップ

「ハイラル」の写真・映像

絞り込み
  • 日付指定なし
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
47
( 1 47 件を表示)
  • 1
47
( 1 47 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:11.80
    2021年03月03日
    「新華社」オオカミの島を訪ねて内モンゴル自治区フルンボイル市

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗巴彦庫仁鎮を流れるハイラル川の中州「狼島」では、バートルさんと息子のフーチュンさんが14年にわたり、昼夜を問わずオオカミ200頭余りを見守ってきた。ハイラル川はモンゴル語で「雪水の川」を意味する。狼島は長年にわたる川の浸食により形成された。同島には地元政府の支援で設立されたオオカミ文化テーマパークや、同旗の林業公安局との協力により設置された野生動物救助ステーションがある。バートルさん親子は野生動物の救助に取り組む一方、同自治区の草原に伝わるオオカミ文化を観光客に紹介する活動も行っている。(記者/張晟、鄒倹朴、達日罕) =配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:05.04
    2021年01月14日
    「新華社」鉄道の安定運行を守るため凍結と闘う「特別部隊」内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区ヤクシ(牙克石)市の博林鉄道は、大興安嶺山脈の森林地帯を貫いて走る地元住民の重要な交通手段。この鉄道に沿って流れる河川は冬になると下流域が凍結し、上流域に位置する線路はあふれた水で浸水のリスクにさらされる。中国鉄路ハルビン局集団のハイラル工務段(保線区)新綽源線路作業場の職員は、24時間態勢で線路を点検、数時間おきに除氷作業を行い、線路の潜在的なリスクを取り除き、極寒の中での安定的な運行を確保している。(記者/王君宝)=配信日:2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.12
    2021年01月14日
    「新華社」極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    厳冬期の中国黒竜江省で、K7093列車が夜の森林地帯や雪原を走っている。同省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(記者/王建威) =配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (9)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、K7093列車の普通車両でくつろぐ乗客。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (8)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、K7093列車の車内で商品を販売する乗務員。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (1)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、黒竜江省ハルビン駅で、プラットホームに停車中のK7093列車に次々と乗り込む乗客たち。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (2)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、黒竜江省ハルビン駅で、プラットホームに停車中のK7093列車に次々と乗り込む乗客たち。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (4)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、黒竜江省ハルビン駅で、K7093列車の乗車案内をする乗務員。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (6)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、黒竜江省ハルビン駅のプラットホームに停車中のK7093列車。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (7)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、K7093列車の車内でパンを食べる子ども。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (3)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、黒竜江省ハルビン駅で、K7093列車の乗車案内をする乗務員。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (10)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、K7093列車の車内で床を清掃する乗務員。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、黒竜江省ハルビン駅で、K7093列車に乗り込む乗客。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    フルンボイル市で光の輪「日暈」が出現内モンゴル自治区

    8日、内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の上空に出現した日暈。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区で8日早朝、太陽を囲む巨大な光の輪「日暈(にちうん)」が現れた。日暈は「白虹(はっこう)」ともいい、大気光学現象の一種。太陽の光が巻層雲を通り抜ける際、氷晶により屈折または反射することで発生する。今回の日暈は20分余り続いた。(フルンボイル=新華社記者/哈麗娜)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    フルンボイル市で光の輪「日暈」が出現内モンゴル自治区

    8日、内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の上空に出現した日暈。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区で8日早朝、太陽を囲む巨大な光の輪「日暈(にちうん)」が現れた。日暈は「白虹(はっこう)」ともいい、大気光学現象の一種。太陽の光が巻層雲を通り抜ける際、氷晶により屈折または反射することで発生する。今回の日暈は20分余り続いた。(フルンボイル=新華社記者/哈麗娜)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    フルンボイル市で光の輪「日暈」が出現内モンゴル自治区

    8日、内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の上空に出現した日暈。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区で8日早朝、太陽を囲む巨大な光の輪「日暈(にちうん)」が現れた。日暈は「白虹(はっこう)」ともいい、大気光学現象の一種。太陽の光が巻層雲を通り抜ける際、氷晶により屈折または反射することで発生する。今回の日暈は20分余り続いた。(フルンボイル=新華社記者/哈麗娜)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    豊かな生命にあふれる夏の草原内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル(海拉爾)で、子馬を見守る母馬。(7月6日撮影)盛夏を迎えた中国内モンゴル自治区に広がる広大な草原では、子羊に乳を飲ませる母羊や、子馬と共に走る母馬などの姿があちこちで見られ、生命の輝きと活力にあふれている。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    4日、ハイラル駅に停車する観光特別列車。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    4日、観光特別列車内で、おもちゃで遊ぶ子ども。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    4日、ハイラル駅に停車する観光特別列車。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    4日、観光特別列車内で、おもちゃで遊ぶ子ども。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    4日、観光特別列車内の食堂車。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:22.32
    2020年07月04日
    「新華社」ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。特別列車はビジネス車、文化サロン車、売店車などさまざまな車両を連結している。また車内には観光、レジャー、娯楽各エリアもあるため、乗客は道中の景色を十分に堪能しながら、それ以外の過ごし方も楽しめる。新型コロナウイルスの感染予防・抑制対策を強化するため、中国鉄路ハルビン局集団ハイラル区間は、事前に列車の換気や消毒、清掃などを徹底し、観光客が安全に草原の風景を満喫できる乗車環境を提供している。(記者/馬知遥)<映像内容>観光特別列車「フルンボイル号」、乗客の様子など、撮影日:2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:13.12
    2020年01月12日
    「新華社」フルンボイル市で珍しい自然現象「幻日」内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区で12日午前、約3時間にわたり珍しい自然現象「幻日(げんじつ)」が現れた。幻日は太陽の横に明るい光が見える大気光学現象の一種。六角板状の氷晶が半透明の薄雲の中に多く存在し、大気中で偶然垂直に整列した際に、太陽光が六角板に当たり規則的に屈折することで出現する。(記者/哈麗娜)<映像内容>自然現象「幻日」の様子、撮影日:2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    11日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会のメインスタジアム外観。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    11日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会のメインスタジアム外観。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    11日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会のメインスタジアム外観。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのアイスホッケー会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    10日、第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート・ショートトラック会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのアイスホッケー会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのアイスホッケー会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    10日、第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート・ショートトラック会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのアイスホッケー会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート・ショートトラック会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月27日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    8月27日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会のメインスタジアム外観。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月27日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    第14回全国冬季スポーツ大会のメインスタジアム。(8月27日撮影)中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日あまりとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月27日
    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区

    8月27日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会のメインスタジアム外観。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 04:14.68
    2018年12月27日
    「新華社」迫力の雪上オートバイレース内モンゴル·フルンボイル

    「2018フルンボイル(ハイラル)冬季英雄会」の主要レース、全国雪上オートバイ・オフロード・チャレンジ・レースが25日、閉幕した。今回のレースは、中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の蒼狼白鹿ウィンター・スポーツ基地で開催された。選手たちの運転するオートバイが、果てしなく広がる起伏ある雪面を入り乱れて走り、白い「波しぶき」を巻き起こした。蒼狼白鹿チームの張靖波(ちょう・せいは)選手が2分03秒86の記録でプロAクラスの優勝を飾り、雲南省から出場した許健豪(きょ・けんごう)選手が2分06秒81でプロBクラスのチャンピオンとなった。女子クラスのチャンピオンは、広西チワン族自治区の若手・鐘盛珍(しょう・せいちん)選手で、タイムは2分21秒52だった。2018フルンボイル(ハイラル)冬季英雄会は、2019年3月まで開催。オフロード・レース以外にも、国際自動車連盟(FIA)のF4フォーミュラ車による雪上デモンストレーションや2019全国寒中水泳デー(ハイラル)・国際寒中水泳招待レースなどの競技活動が行われる。(記者/鄒倹朴、逹日罕、葉紫嫣、虞東昇)<映像内容>雪上オートバイレースの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月25日
    氷と雪のホテル内モンゴル自治区

    25日に撮影した「氷と雪のホテル」の内部。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の発達広場には、8千トン近い氷と雪を使って建てられた「氷と雪のホテル」がある。同ホテルはテーマの異なる7つの客室のほか、レストランやバー、映画館、教室、子どもの遊び場、雪でできた大きな滑り台などの施設を備え、多くの観光客を楽しませている。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月25日
    氷と雪のホテル内モンゴル自治区

    25日に撮影した「氷と雪のホテル」の内部。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の発達広場には、8千トン近い氷と雪を使って建てられた「氷と雪のホテル」がある。同ホテルはテーマの異なる7つの客室のほか、レストランやバー、映画館、教室、子どもの遊び場、雪でできた大きな滑り台などの施設を備え、多くの観光客を楽しませている。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月25日
    氷と雪のホテル内モンゴル自治区

    25日に撮影した「氷と雪のホテル」の内部。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の発達広場には、8千トン近い氷と雪を使って建てられた「氷と雪のホテル」がある。同ホテルはテーマの異なる7つの客室のほか、レストランやバー、映画館、教室、子どもの遊び場、雪でできた大きな滑り台などの施設を備え、多くの観光客を楽しませている。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月25日
    氷と雪のホテル内モンゴル自治区

    25日、「氷と雪のホテル」を見学する観光客。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の発達広場には、8千トン近い氷と雪を使って建てられた「氷と雪のホテル」がある。同ホテルはテーマの異なる7つの客室のほか、レストランやバー、映画館、教室、子どもの遊び場、雪でできた大きな滑り台などの施設を備え、多くの観光客を楽しませている。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月25日
    氷と雪のホテル内モンゴル自治区

    25日、「氷と雪のホテル」で記念撮影する観光客。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の発達広場には、8千トン近い氷と雪を使って建てられた「氷と雪のホテル」がある。同ホテルはテーマの異なる7つの客室のほか、レストランやバー、映画館、教室、子どもの遊び場、雪でできた大きな滑り台などの施設を備え、多くの観光客を楽しませている。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月25日
    氷と雪のホテル内モンゴル自治区

    25日に撮影した「氷と雪のホテル」の外観。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の発達広場には、8千トン近い氷と雪を使って建てられた「氷と雪のホテル」がある。同ホテルはテーマの異なる7つの客室のほか、レストランやバー、映画館、教室、子どもの遊び場、雪でできた大きな滑り台などの施設を備え、多くの観光客を楽しませている。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月25日
    氷と雪のホテル内モンゴル自治区

    25日、「氷と雪のホテル」にある雪の滑り台を滑る観光客。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の発達広場には、8千トン近い氷と雪を使って建てられた「氷と雪のホテル」がある。同ホテルはテーマの異なる7つの客室のほか、レストランやバー、映画館、教室、子どもの遊び場、雪でできた大きな滑り台などの施設を備え、多くの観光客を楽しませている。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1