KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • ろう
  • 作業
  • 平成
  • 昭和
  • 白竜丸
  • 木々
  • 歴史
  • 沿岸

「ハクリュウ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
95
( 1 95 件を表示)
  • 1
95
( 1 95 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    日光大猷院唐門

    徳川家光公の廟所大猷院の唐門は主殿の入口の門である。 破風の下に雌雄の双鶴、 平桁上に白竜の彫刻がある。 唐門に連らなる透塀は上羽目に松竹梅と鳩の彫刻がある。 金地の門扉が開かれた向うは拝殿である。 端垣の前に御三家、 諸大名の献納した灯籠が並ぶ。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号12‐17‐0]

    商品コード: 2017080201364

  • -
    日光大猷院唐門

    徳川家光公の廟所大猷院の唐門は主殿の入口の門である。破風の下に雌雄の多鶴、平桁上に白竜の彫刻がある。金地の門扉が開くと向いに拝殿がある。唐門に連らなる端垣の前に御三家、諸大名の献納した燈籠が並ぶ。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐37‐0]

    商品コード: 2017080901996

  • -
    日光大猷院唐門

    徳川家光公の廟所大猷院の唐門は主殿の入口の門である。破風の下に雌雄の多鶴、平桁上に白竜の彫刻がある。唐門に連らなる端垣の前には御三家、諸大名の献納した燈籠が並ぶ。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐3‐0]

    商品コード: 2017080400662

  • -
    Wakanaya uchi Shiratsuyu, The courtesan Shiratsuyu of Wakana-ya.

    Wakanaya uchi Shiratsuyu, The courtesan Shiratsuyu of Wakana-ya., Hosoda, Eishi, 1756-1829, artist, [between 1791 and 1795], 1 print : woodcut, color ; 37.4 x 25.4 cm., Print shows the courtesan Shiratsuyu, full-length portrait with many hairpins, sitting, facing left, holding a long pipe.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022010506302

  • 1953年03月09日
    引き揚げ船「白竜丸」

    引き揚げ船「白竜丸」。緑十字も鮮やかに改装され大正ドックより出た大阪商船所属の白竜丸=出稿1953(昭和28)年3月9日(28年内地番号なし)(資料31868参照、中原正志撮影)

    商品コード: 2019051000881

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1953年03月30日
    引揚列車迎える留守家族

    帰国船白山丸や白竜丸からの引き揚げ者を乗せた列車を迎える留守家族ら=1953(昭和28)年3月30日、品川駅

    商品コード: 2006022700387

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1953年08月08日
    マヌス島戦犯帰国者

    白竜丸からサイパン、テニアン海域に眠る戦没者に花束を投下するマヌス島戦犯帰国者=1953(昭和28)年8月8日

    商品コード: 2006022700449

  • 1958年10月08日
    海底油田掘削装置「白竜号」

    秋田県・道川沖2キロで活躍する「白竜号」=1958(昭和33)年10月8日

    商品コード: 2007072400160

  • 1960年10月07日
    土崎沖SK4号井の試掘に成功

    試掘に成功した水平線上の白竜号。手前のやぐらは1・2・3号井をまとめた採油やぐら=1960(昭和35)年10月7日、秋田市土崎沖

    商品コード: 2008051200644

  • 1971年05月08日
    海底油田掘削装置が完成

    完成した海底油田掘削装置「第2白竜号」=1971(昭和46)年5月8日、三菱重工広島造船所

    商品コード: 2010102500232

  • 1979年02月17日
    掘削船「第二白竜」

    海底の油層から出るガスを燃やす掘削船「第二白竜」=1979(昭和54)年2月17日、北海道苫小牧沖約15キロ(54年内地1554)

    商品コード: 2014111000336

  • 1980年01月16日
    五島列島・福江市沖 試掘中の「第五白竜」

    長崎県五島・福江市沖で試掘中の「第五白竜」、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015090200795

  • 1980年04月07日
    信濃川沖で深層油田開発

    信濃川沖で深層油田開発をする海洋掘削装置「第5白竜」=出稿1980(昭和55)年4月7日

    商品コード: 2018032000327

  • 1981年01月20日
    宮古冲の石油試掘順調に進む

    石油試掘作業を続ける海洋掘削装置「第5白竜」=1981(昭和56)年1月20日、沖縄県宮古島東方24キロの海上(56年内地586)

    商品コード: 2020041402261

  • 1981年01月24日
    南海の洋上に“浮かぶ工場”

    洋上に浮かぶ巨大な海洋掘削装置「第5白竜」。20トンアンカー8基で固定されている。国の石油・天然ガス開発第5次5カ年計画の第1号として、1980年12月から海底油田の試掘が続く=出稿1981(昭和56)年1月24日、沖縄県宮古島・平名岬東方24キロの海上(写真グラフ「南海の洋上に“浮かぶ工場”」5枚組の(1))

    商品コード: 2020041402305

  • 1981年01月24日
    南海の洋上に“浮かぶ工場”

    海洋掘削装置「第5白竜」のデッキに並べられたドリルパイプ。3700メートルを試掘するのに200本近くが必要だ。「第5白竜」は、国の石油・天然ガス開発第5次5カ年計画の第1号として、1980年12月から海底油田の試掘作業を続けている=出稿1981(昭和56)年1月24日、沖縄県宮古島・平名岬東方24キロの海上(写真グラフ「南海の洋上に“浮かぶ工場”」5枚組の(2))

    商品コード: 2020041402306

  • 1981年01月24日
    南海の洋上に“浮かぶ工場”

    海洋掘削装置「第5白竜」の掘削やぐら中央のドリル。1分間に60回転する。「第5白竜」は、国の石油・天然ガス開発第5次5カ年計画の第1号として、1980年12月から海底油田の試掘作業を続けている=出稿1981(昭和56)年1月24日、沖縄県宮古島・平名岬東方24キロの海上(写真グラフ「南海の洋上に“浮かぶ工場”」5枚組の(3))

    商品コード: 2020041402307

  • 1981年01月24日
    南海の洋上に“浮かぶ工場”

    海洋掘削装置「第5白竜」のドリル先端部のビット。地層を1日約70メートル突き進む。「第5白竜」は、国の石油・天然ガス開発第5次5カ年計画の第1号として、1980年12月から海底油田の試掘作業を続けている=出稿1981(昭和56)年1月24日、沖縄県宮古島・平名岬東方24キロの海上(写真グラフ「南海の洋上に“浮かぶ工場”」5枚組の(4))

    商品コード: 2020041402308

  • 1981年01月24日
    南海の洋上に“浮かぶ工場”

    海洋掘削装置「第5白竜」の大食堂。昼夜2交代で連続作業に従事する70人の乗員が、一度に30人、食事を取れる。質、量とも豊富なメニューがそろっている。「第5白竜」は、国の石油・天然ガス開発第5次5カ年計画の第1号として、1980年12月から海底油田の試掘作業を続けている=出稿1981(昭和56)年1月24日、沖縄県宮古島・平名岬東方24キロの海上(写真グラフ「南海の洋上に“浮かぶ工場”」5枚組の(5))

    商品コード: 2020041402309

  • 1981年10月02日
    白竜山憲史

    白竜山憲史、大相撲、はくりゅうやま・のりふみ、本名・奥村素久、時津風部屋、四股名・奥村・白竜山憲史、東前頭13枚目=1981(昭和56)年10月2日

    商品コード: 1981112000038

  • 1981年10月23日
    (はくりゅうやま・のりふみ) 白竜山憲史

    大相撲、本名・奥村素久、所属部屋・時津風、四股名・奥村→白竜山=1981(昭和56)年10月2日撮影

    商品コード: 2004073000108

  • 1995年10月07日
    竜(じゃ)踊り 長崎くんちが盛大に開幕

    金色の玉(手前)を追って所狭しと舞い踊る白竜の「竜(じゃ)踊り」=7日午前、長崎市の諏訪神社

    商品コード: 1995100700032

  • 1999年12月14日
    展示されたトピアリー リュウの「トピアリー」

    来年のえと「辰(たつ)」にちなんだ「リュウ」の名前を持つ植物を集め、竜の形にした園芸トピアリーの展示が、東京都江東区の夢の島熱帯植物館で始まった。竜のトピアリーは、ジャノヒゲの園芸品種のコクリュウ、ハクリュウ、タマリュウなど8種類のリュウの名前が付く植物で作られている。直径約50センチ、高さ約150センチの竜頭には、リュウノヒゲ、リュウゼツランの舌が植えられており、見物に来た小学生らの人気を集めていた。展示は来年の1月30日まで。

    商品コード: 1999121400087

  • 2000年11月16日
    訴えられた土産物店 白蛇使った商売違法と提訴

    霞神社参道沿いにある土産物店「白竜神社」=16日午後、宮崎県高原町

    商品コード: 2000111600119

  • 2005年11月28日
    警戒する乗組員 漁業協定破り密漁横行

    取締船「白竜丸」のデッキでは乗組員が24時間態勢で、違法漁船に目を光らせている=長崎県対馬沖

    商品コード: 2005112800268

  • 2006年11月18日
    神田伯龍氏死去

    死去した神田伯龍氏(講釈師)

    商品コード: 2006111800052

  • 2010年11月11日
    講座を企画した佐伯さん 富山から「恋物語」

    「映画制作講座」を企画した佐伯龍蔵さん=富山市のミニシアター「フォルツァ総曲輪」

    商品コード: 2010111100007

  • 2014年12月04日
    掘削を開始した「白竜号」 海底油田掘削装置

    石油資源開発株式会社の海底油田掘削装置「白竜号」が完工し、秋田・道川沖で掘削を開始した=昭和33年10月8日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第3巻使用画像(P154)

    商品コード: 2014120400070

  • 2016年04月15日
    潜水艦はくりゅう 海自潜水艦、豪に初寄港

    15日、シドニーのクッタバル基地に入港する海上自衛隊の潜水艦「はくりゅう」(共同)

    商品コード: 2016041500324

  • 2016年04月19日
    潜水艦はくりゅう 日豪関係発展で初寄港

    15日、シドニーのクッタバル基地に入港する海上自衛隊の潜水艦「はくりゅう」(共同)

    商品コード: 2016041901028

  • 2018年05月14日
    数百点もの新たな岩絵を発見青海省玉樹チベット族自治州

    14日、青海省称多県称文鎮白竜村にある科哇岩絵の遺跡を調査する調査員。中国青海省玉樹チベット族自治州の称多県文学芸術界連合会の調査員がこのほど、県内の異なる地点で新たな岩絵数百点を発見した。これらの岩絵は内容が異なっており、山や台地の斜面の岩石に、鹿やヤクなどの動物や人物、記号などが描かれているのがかすかに見て取れる。中国岩絵学会副会長で中国人民大学歴史学院の魏堅教授は、これらの岩絵が描かれた時代は幅広く、いくつかは2千年前までさかのぼることができると説明。通天河(長江上流)流域の古代民族が残した貴重な文化遺跡だと語った。(北京=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800746

  • 2018年05月14日
    数百点もの新たな岩絵を発見青海省玉樹チベット族自治州

    14日、青海省称多県称文鎮白竜村にある科哇岩絵の遺跡を調査する調査員。中国青海省玉樹チベット族自治州の称多県文学芸術界連合会の調査員がこのほど、県内の異なる地点で新たな岩絵数百点を発見した。これらの岩絵は内容が異なっており、山や台地の斜面の岩石に、鹿やヤクなどの動物や人物、記号などが描かれているのがかすかに見て取れる。中国岩絵学会副会長で中国人民大学歴史学院の魏堅教授は、これらの岩絵が描かれた時代は幅広く、いくつかは2千年前までさかのぼることができると説明。通天河(長江上流)流域の古代民族が残した貴重な文化遺跡だと語った。(北京=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800709

  • 2018年05月14日
    数百点もの新たな岩絵を発見青海省玉樹チベット族自治州

    14日、青海省称多県称文鎮白竜村にある科哇岩絵の遺跡を調査する調査員。中国青海省玉樹チベット族自治州の称多県文学芸術界連合会の調査員がこのほど、県内の異なる地点で新たな岩絵数百点を発見した。これらの岩絵は内容が異なっており、山や台地の斜面の岩石に、鹿やヤクなどの動物や人物、記号などが描かれているのがかすかに見て取れる。中国岩絵学会副会長で中国人民大学歴史学院の魏堅教授は、これらの岩絵が描かれた時代は幅広く、いくつかは2千年前までさかのぼることができると説明。通天河(長江上流)流域の古代民族が残した貴重な文化遺跡だと語った。(北京=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800647

  • 2018年05月14日
    数百点もの新たな岩絵を発見青海省玉樹チベット族自治州

    14日、青海省称多県称文鎮白竜村にある科哇岩絵の遺跡を調査する調査員。中国青海省玉樹チベット族自治州の称多県文学芸術界連合会の調査員がこのほど、県内の異なる地点で新たな岩絵数百点を発見した。これらの岩絵は内容が異なっており、山や台地の斜面の岩石に、鹿やヤクなどの動物や人物、記号などが描かれているのがかすかに見て取れる。中国岩絵学会副会長で中国人民大学歴史学院の魏堅教授は、これらの岩絵が描かれた時代は幅広く、いくつかは2千年前までさかのぼることができると説明。通天河(長江上流)流域の古代民族が残した貴重な文化遺跡だと語った。(北京=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800641

  • 2018年05月29日
    長江源流の通天河流域で約2千年前の壁画など多数発見

    5月29日、称多県称文鎮白竜村で発見された洞窟壁画。中国青海省玉樹チベット族自治州称多県の文学芸術界聯合会のスタッフがこのほど、長江源流の通天河流域の同県称文鎮白竜村で143点の洞窟壁画を発見した。その中で最古の壁画は約2千年前のものとなっている。(玉樹=新華社記者/田文傑)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101230

  • 2018年05月29日
    長江源流の通天河流域で約2千年前の壁画など多数発見

    5月29日、称多県称文鎮白竜村で発見された洞窟壁画。中国青海省玉樹チベット族自治州称多県の文学芸術界聯合会のスタッフがこのほど、長江源流の通天河流域の同県称文鎮白竜村で143点の洞窟壁画を発見した。その中で最古の壁画は約2千年前のものとなっている。(玉樹=新華社記者/田文傑)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101287

  • 2018年05月29日
    長江源流の通天河流域で約2千年前の壁画など多数発見

    29日、称多県称文鎮白竜村で発見された洞窟壁画。中国青海省玉樹チベット族自治州称多県の文学芸術界聯合会のスタッフがこのほど、長江源流の通天河流域の同県称文鎮白竜村で143点の洞窟壁画を発見した。その中で最古の壁画は約2千年前のものとなっている。(玉樹=新華社記者/田文傑)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101252

  • 2018年07月12日
    豪雨に見舞われた甘粛省文県

    12日、甘粛省隴南市文県の碧口鎮で、建物内の土砂を片付ける住民。中国甘粛省では激しい雨が降り続いた影響により、長江上流の白水江と白竜江の水位が急激に上昇し、同省隴南市文県の一部地域が浸水した。現地ではインフラの応急作業が行われ、復旧に向けた自助努力が続いている。(文県=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700607

  • 2018年07月12日
    豪雨に見舞われた甘粛省文県

    12日、甘粛省隴南市文県の碧口鎮で、路上の土砂を片付ける消防隊員。中国甘粛省では激しい雨が降り続いた影響により、長江上流の白水江と白竜江の水位が急激に上昇し、同省隴南市文県の一部地域が浸水した。現地ではインフラの応急作業が行われ、復旧に向けた自助努力が続いている。(文県=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700531

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月12日
    豪雨に見舞われた甘粛省文県

    12日、洪水で壊れた甘粛省隴南市文県碧口鎮の吊り橋。中国甘粛省では激しい雨が降り続いた影響により、長江上流の白水江と白竜江の水位が急激に上昇し、同省隴南市文県の一部地域が浸水した。現地ではインフラの応急作業が行われ、復旧に向けた自助努力が続いている。(文県=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700611

  • 2018年07月12日
    豪雨に見舞われた甘粛省文県

    12日、甘粛省隴南市文県の碧口鎮で、水位が下がるのを待つ住民。中国甘粛省では激しい雨が降り続いた影響により、長江上流の白水江と白竜江の水位が急激に上昇し、同省隴南市文県の一部地域が浸水した。現地ではインフラの応急作業が行われ、復旧に向けた自助努力が続いている。(文県=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700569

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月12日
    豪雨に見舞われた甘粛省文県

    12日、甘粛省隴南市文県の中廟鎮で、土砂崩れによって寸断された国道212号線。(小型無人機から)中国甘粛省では激しい雨が降り続いた影響により、長江上流の白水江と白竜江の水位が急激に上昇し、同省隴南市文県の一部地域が浸水した。現地ではインフラの応急作業が行われ、復旧に向けた自助努力が続いている。(文県=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700622

  • 2018年08月26日
    白竜湖 茂吉詠んだ湖、消滅の恐れ

    高台から望む白竜湖。湖面の大半を水草のヒシが覆っている=10日、山形県南陽市

    商品コード: 2018082600278

  • 2018年08月26日
    湖指さす平光敏さん 茂吉詠んだ湖、消滅の恐れ

    高台から白竜湖を指さす平光敏さん=10日、山形県南陽市

    商品コード: 2018082600279

  • 2018年08月26日
    茂吉詠んだ湖、消滅の恐れ

    白竜湖「消滅」のイメージ

    商品コード: 2018082600332

  • 2018年08月26日
    茂吉詠んだ湖、消滅の恐れ

    白竜湖「消滅」のイメージ

    商品コード: 2018082600330

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、福鼎市にある福鼎白茶無形文化遺産展示室で、「国家無形文化遺産の代表的継承者」と記された胸章(きょうしょう)を掲げて見せる梅相靖さん。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902208

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、福鼎市にある福鼎白茶無形文化遺産展示室で、祖父の自伝的エッセイ「篠渓陳情書」を掲げて見せる梅相靖さん。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902204

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、白茶工房の庭で、茶葉の萎凋プロセスの状況をチェックする梅相靖さん。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902284

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、白茶工房で息子の梅伝鑾(ばい・でんらん)さんに炭火を用いた焙煎技術について説明する梅相靖さん(右)。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902279

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、点頭鎮柏柳村にある白茶工房の庭で、茶葉を天日干しする梅相靖さん。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902277

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、白茶工房で茶葉の萎凋プロセスの状況をチェックする梅相靖さん。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902293

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、白茶の工房で息子の梅伝鑾(ばい・でんらん)さんに炭火を用いた焙煎技術について説明する梅相靖さん(右)。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902214

  • 2019年05月22日
    山形県南陽市の白竜湖

    キーワード:屋外、空撮、あぜ道、湖、田舎、田んぼ、日本、白竜湖、風景、民家、無人、風景メイン写真=2019(令和元)年5月22日、山形県南陽市、クレジット:DAISUKE_SATO/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033103864

  • 2019年10月27日
    ダイナミックな景観が魅力壮大な迫竜溝特大橋チベット自治区

    27日、川蔵高速道路の通麦路区間に架かる迫竜溝特大橋。(小型無人機から)迫竜溝(はくりゅうこう)特大橋は、中国チベット自治区林芝(ニンティ)市波密(ポメ)県にある同自治区最大の独立2本柱形の斜張橋で、四川省成都とチベット自治区首府ラサを結ぶ「川蔵高速道路」の通麦路区間は、その険しい地形からかつては「通麦天険」と呼ばれていた。近年、帕隆1、2号トンネル、小老虎嘴トンネル、飛石崖(ひせきがい)トンネルおよび迫竜溝特大橋、通麦特大橋の「4トンネル2橋」の完成に伴い、かつては見るだけで足がすくむ「通麦天険」は、今ではありふれた大橋となっている。(ラサ=新華社記者/孫非)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501003

  • 2019年10月27日
    ダイナミックな景観が魅力壮大な迫竜溝特大橋チベット自治区

    27日、川蔵高速道路の通麦路区間に架かる迫竜溝特大橋。(小型無人機から)迫竜溝(はくりゅうこう)特大橋は、中国チベット自治区林芝(ニンティ)市波密(ポメ)県にある同自治区最大の独立2本柱形の斜張橋で、四川省成都とチベット自治区首府ラサを結ぶ「川蔵高速道路」の通麦路区間は、その険しい地形からかつては「通麦天険」と呼ばれていた。近年、帕隆1、2号トンネル、小老虎嘴トンネル、飛石崖(ひせきがい)トンネルおよび迫竜溝特大橋、通麦特大橋の「4トンネル2橋」の完成に伴い、かつては見るだけで足がすくむ「通麦天険」は、今ではありふれた大橋となっている。(ラサ=新華社記者/孫非)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501033

  • 2019年10月27日
    ダイナミックな景観が魅力壮大な迫竜溝特大橋チベット自治区

    27日、川蔵高速道路の通麦路区間に架かる迫竜溝特大橋。迫竜溝(はくりゅうこう)特大橋は、中国チベット自治区林芝(ニンティ)市波密(ポメ)県にある同自治区最大の独立2本柱形の斜張橋で、四川省成都とチベット自治区首府ラサを結ぶ「川蔵高速道路」の通麦路区間は、その険しい地形からかつては「通麦天険」と呼ばれていた。近年、帕隆1、2号トンネル、小老虎嘴トンネル、飛石崖(ひせきがい)トンネルおよび迫竜溝特大橋、通麦特大橋の「4トンネル2橋」の完成に伴い、かつては見るだけで足がすくむ「通麦天険」は、今ではありふれた大橋となっている。(ラサ=新華社記者/孫非)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501059

  • 2019年10月27日
    ダイナミックな景観が魅力壮大な迫竜溝特大橋チベット自治区

    27日、川蔵高速道路の通麦路区間に架かる迫竜溝特大橋。(小型無人機から)迫竜溝(はくりゅうこう)特大橋は、中国チベット自治区林芝(ニンティ)市波密(ポメ)県にある同自治区最大の独立2本柱形の斜張橋で、四川省成都とチベット自治区首府ラサを結ぶ「川蔵高速道路」の通麦路区間は、その険しい地形からかつては「通麦天険」と呼ばれていた。近年、帕隆1、2号トンネル、小老虎嘴トンネル、飛石崖(ひせきがい)トンネルおよび迫竜溝特大橋、通麦特大橋の「4トンネル2橋」の完成に伴い、かつては見るだけで足がすくむ「通麦天険」は、今ではありふれた大橋となっている。(ラサ=新華社記者/孫非)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501034

  • 2019年10月27日
    ダイナミックな景観が魅力壮大な迫竜溝特大橋チベット自治区

    27日、川蔵高速道路の通麦路区間に架かる迫竜溝特大橋。(小型無人機から)迫竜溝(はくりゅうこう)特大橋は、中国チベット自治区林芝(ニンティ)市波密(ポメ)県にある同自治区最大の独立2本柱形の斜張橋で、四川省成都とチベット自治区首府ラサを結ぶ「川蔵高速道路」の通麦路区間は、その険しい地形からかつては「通麦天険」と呼ばれていた。近年、帕隆1、2号トンネル、小老虎嘴トンネル、飛石崖(ひせきがい)トンネルおよび迫竜溝特大橋、通麦特大橋の「4トンネル2橋」の完成に伴い、かつては見るだけで足がすくむ「通麦天険」は、今ではありふれた大橋となっている。(ラサ=新華社記者/孫非)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501030

  • 2019年10月27日
    ダイナミックな景観が魅力壮大な迫竜溝特大橋チベット自治区

    27日、川蔵高速道路の通麦路区間に架かる迫竜溝特大橋。迫竜溝(はくりゅうこう)特大橋は、中国チベット自治区林芝(ニンティ)市波密(ポメ)県にある同自治区最大の独立2本柱形の斜張橋で、四川省成都とチベット自治区首府ラサを結ぶ「川蔵高速道路」の通麦路区間は、その険しい地形からかつては「通麦天険」と呼ばれていた。近年、帕隆1、2号トンネル、小老虎嘴トンネル、飛石崖(ひせきがい)トンネルおよび迫竜溝特大橋、通麦特大橋の「4トンネル2橋」の完成に伴い、かつては見るだけで足がすくむ「通麦天険」は、今ではありふれた大橋となっている。(ラサ=新華社記者/孫非)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501035

  • 02:43.20
    2020年03月03日
    「新華社」春告げる菜の花甘粛省隴南市

    中国甘粛省隴南市文県を流れる白竜江のほとりでは、立春を過ぎると菜の花が見頃を迎える。黄金色の菜の花畑は、青い空や白い雲、緑がかった水の色と鮮やかなコントラストを見せ、春らしい風景を織り成している。(記者/多蕾)<映像内容>白竜江のほとりの空撮、菜の花畑の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030402574

  • 00:57.15
    2020年03月08日
    「新華社」国家級海洋牧場、操業全面再開浙江省温州市

    浙江省温州市洞頭区鹿西郷にある国家級海洋牧場モデル区、白竜嶼海洋牧場には、海域面積650ムー(約43ヘクタール)のフウセイ(大黄魚)の養殖場がある。同施設はここ数日、新型コロナウイルスによる肺炎の影響で遅れていた春節明けの従業員の職場復帰が進んだことで、感染対策に万全を期しながら操業を全面再開させた。各地の水産市場への商品供給も正常化した。同施設では操業再開後、人が密集する機会を減らし、従業員の感染リスクを低減するため、交代制で勤務を行っている。従業員は必ず検温し、体温が正常であることを確認した上で持ち場に就くようにしている。養殖魚の供給が再開した今、新型肺炎の打撃を受けた卸売市場の回復が待たれる。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>操業を再開した白竜嶼海洋牧場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901092

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月17日
    豪雨の甘粛省隴南市で緊急災害救援活動続く

    17日、甘粛省隴南市文県碧口鎮で、白竜江の水位上昇により水没した自動車。中国甘粛省隴南(ろうなん)市で豪雨が続き、多くの県や区で地すべりや土石流などの土砂災害が発生した。市内各地で道路が寸断され、一部の農村で家屋の倒壊、農地の冠水被害があったほか、電気や水道、通信が止まった地域もある。市内の主要河川では水位が上昇している。同市は水害防止緊急対応レベル1級(最高レベル)を発動し、17日午後5時時点で住民3万8千人以上を緊急避難させるとともに、人員を増強して緊急救助活動を実施。危険性のある箇所を漏れなく点検し、人員の安全を確保した上で、全力で応急措置を実施している。(隴南=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081902109

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    水害被災地で住民らが炊き出し甘粛省文県

    19日、甘粛省隴南市文県碧口鎮で炊き出しの準備をする住民ら。中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県では連日大雨が続き、白竜江沿いの碧口鎮が深刻な浸水被害を受けている。道路は寸断され、大部分の街道で電気と水道が止まった。住民らは自宅の庭で近所の人に食事を振る舞うなど、協力して災害を乗り越えようとしている。(隴南=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400952

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    水害被災地で住民らが炊き出し甘粛省文県

    19日、甘粛省隴南市文県碧口鎮で炊き出しの準備をする住民ら。中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県では連日大雨が続き、白竜江沿いの碧口鎮が深刻な浸水被害を受けている。道路は寸断され、大部分の街道で電気と水道が止まった。住民らは自宅の庭で近所の人に食事を振る舞うなど、協力して災害を乗り越えようとしている。(隴南=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400871

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    水害被災地で住民らが炊き出し甘粛省文県

    19日、甘粛省隴南市文県碧口鎮で、近所の人と共に食卓を囲む住民ら。中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県では連日大雨が続き、白竜江沿いの碧口鎮が深刻な浸水被害を受けている。道路は寸断され、大部分の街道で電気と水道が止まった。住民らは自宅の庭で近所の人に食事を振る舞うなど、協力して災害を乗り越えようとしている。(隴南=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400955

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    水害被災地で住民らが炊き出し甘粛省文県

    19日、甘粛省隴南市文県碧口鎮で炊き出しの料理を運ぶ住民。中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県では連日大雨が続き、白竜江沿いの碧口鎮が深刻な浸水被害を受けている。道路は寸断され、大部分の街道で電気と水道が止まった。住民らは自宅の庭で近所の人に食事を振る舞うなど、協力して災害を乗り越えようとしている。(隴南=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400754

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    水害被災地で住民らが炊き出し甘粛省文県

    19日、甘粛省隴南市文県碧口鎮で炊き出しの準備をする住民ら。中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県では連日大雨が続き、白竜江沿いの碧口鎮が深刻な浸水被害を受けている。道路は寸断され、大部分の街道で電気と水道が止まった。住民らは自宅の庭で近所の人に食事を振る舞うなど、協力して災害を乗り越えようとしている。(隴南=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400829

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    水害被災地で住民らが炊き出し甘粛省文県

    19日、甘粛省隴南市文県碧口鎮で近所の人と共に食卓を囲む住民ら。中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県では連日大雨が続き、白竜江沿いの碧口鎮が深刻な浸水被害を受けている。道路は寸断され、大部分の街道で電気と水道が止まった。住民らは自宅の庭で近所の人に食事を振る舞うなど、協力して災害を乗り越えようとしている。(隴南=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082401084

  • 2020年10月23日
    視察の野上農相 「日本漁船の安全確保」

    水産庁の漁業取締船「白竜丸」を視察する野上農相(手前右)=23日午後、東京・晴海ふ頭

    商品コード: 2020102302447

  • 2020年10月23日
    「日本漁船の安全確保」

    商品コード: 2020102302448-7

  • 2020年10月23日
    視察する野上農相 「日本漁船の安全確保」

    水産庁の漁業取締船「白竜丸」を視察する野上農相(手前右)=23日午後、東京・晴海ふ頭

    商品コード: 2020102302448

  • 2020年10月23日
    「日本漁船の安全確保」

    商品コード: 2020102302448-6

  • 2020年10月23日
    「日本漁船の安全確保」

    商品コード: 2020102302448-3

  • 2020年10月23日
    「日本漁船の安全確保」

    商品コード: 2020102302448-4

  • 2020年10月23日
    「日本漁船の安全確保」

    商品コード: 2020102302448-5

  • 2020年10月23日
    「日本漁船の安全確保」

    商品コード: 2020102302448-1

  • 2020年10月23日
    「日本漁船の安全確保」

    商品コード: 2020102302448-2

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (3)白竜江で治水対策、泥の除去作業開始甘粛省文県

    2月26日、甘粛省隴南市文県碧口鎮で、重機を使って行われる泥の除去作業。(小型無人機から)中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県はこのほど、県内を流れる白竜江に堆積した泥の除去作業を開始した。増水期前に完成する予定。同県では過去3年間に深刻な洪水災害が2度発生、白竜江に砂利や土砂が堆積し、川底が高くなり洪水の危険性が高まっていた。(隴南=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030310563

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (2)白竜江で治水対策、泥の除去作業開始甘粛省文県

    2月26日、甘粛省隴南市文県碧口鎮で、重機を使って行われる泥の除去作業。(小型無人機から)中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県はこのほど、県内を流れる白竜江に堆積した泥の除去作業を開始した。増水期前に完成する予定。同県では過去3年間に深刻な洪水災害が2度発生、白竜江に砂利や土砂が堆積し、川底が高くなり洪水の危険性が高まっていた。(隴南=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030310561

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (1)白竜江で治水対策、泥の除去作業開始甘粛省文県

    2月26日、甘粛省隴南市文県碧口鎮で、重機を使って行われる泥の除去作業。(小型無人機から)中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県はこのほど、県内を流れる白竜江に堆積した泥の除去作業を開始した。増水期前に完成する予定。同県では過去3年間に深刻な洪水災害が2度発生、白竜江に砂利や土砂が堆積し、川底が高くなり洪水の危険性が高まっていた。(隴南=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030310562

  • 2022年02月13日
    (10)白竜江に春の訪れ甘粛省

    11日、空から見た甘粛省隴南市文県碧口鎮の碧口水力発電所ダム。(小型無人機から)中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県を流れる白竜江に春の風情が漂い始めた。沿岸では木々が芽吹き、水力発電所のダムには穏やかな波が立っている。(隴南=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2022(令和4)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021307427

  • 2022年02月13日
    (3)白竜江に春の訪れ甘粛省

    11日、甘粛省隴南市文県中廟鎮を流れる白竜江。(小型無人機から)中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県を流れる白竜江に春の風情が漂い始めた。沿岸では木々が芽吹き、水力発電所のダムには穏やかな波が立っている。(隴南=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2022(令和4)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021307383

  • 2022年02月13日
    (5)白竜江に春の訪れ甘粛省

    11日、空から見た甘粛省隴南市文県中廟鎮の麒麟寺水力発電所ダム。(小型無人機から)中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県を流れる白竜江に春の風情が漂い始めた。沿岸では木々が芽吹き、水力発電所のダムには穏やかな波が立っている。(隴南=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2022(令和4)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021307384

  • 2022年02月13日
    (4)白竜江に春の訪れ甘粛省

    11日、甘粛省隴南市文県中廟鎮を流れる白竜江。(小型無人機から)中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県を流れる白竜江に春の風情が漂い始めた。沿岸では木々が芽吹き、水力発電所のダムには穏やかな波が立っている。(隴南=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2022(令和4)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021307385

  • 2022年02月13日
    (6)白竜江に春の訪れ甘粛省

    11日、空から見た甘粛省隴南市文県碧口鎮の碧口水力発電所ダム。(小型無人機から)中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県を流れる白竜江に春の風情が漂い始めた。沿岸では木々が芽吹き、水力発電所のダムには穏やかな波が立っている。(隴南=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2022(令和4)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021307422

  • 2022年02月13日
    (7)白竜江に春の訪れ甘粛省

    11日、空から見た甘粛省隴南市文県碧口鎮の碧口水力発電所ダム。(小型無人機から)中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県を流れる白竜江に春の風情が漂い始めた。沿岸では木々が芽吹き、水力発電所のダムには穏やかな波が立っている。(隴南=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2022(令和4)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021307415

  • 2022年02月13日
    (9)白竜江に春の訪れ甘粛省

    11日、空から見た甘粛省隴南市文県碧口鎮の碧口水力発電所ダム。(小型無人機から)中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県を流れる白竜江に春の風情が漂い始めた。沿岸では木々が芽吹き、水力発電所のダムには穏やかな波が立っている。(隴南=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2022(令和4)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021307424

  • 00:31.14
    2022年02月13日
    「新華社」白竜江に春の訪れ甘粛省

    中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県を流れる白竜江に春の風情が漂い始めた。沿岸では木々が芽吹き、水力発電所のダムには穏やかな波が立っている。(記者/馬希平) =配信日: 2022(令和4)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021307426

  • 2022年02月13日
    (1)白竜江に春の訪れ甘粛省

    11日、空から見た甘粛省隴南市文県中廟鎮の麒麟寺水力発電所ダム。(小型無人機から)中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県を流れる白竜江に春の風情が漂い始めた。沿岸では木々が芽吹き、水力発電所のダムには穏やかな波が立っている。(隴南=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2022(令和4)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021307380

  • 2022年02月13日
    (2)白竜江に春の訪れ甘粛省

    11日、空から見た甘粛省隴南市文県中廟鎮の麒麟寺水力発電所ダム。(小型無人機から)中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県を流れる白竜江に春の風情が漂い始めた。沿岸では木々が芽吹き、水力発電所のダムには穏やかな波が立っている。(隴南=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2022(令和4)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021307379

  • 2022年02月13日
    (8)白竜江に春の訪れ甘粛省

    11日、空から見た甘粛省隴南市文県碧口鎮の碧口水力発電所ダム。(小型無人機から)中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県を流れる白竜江に春の風情が漂い始めた。沿岸では木々が芽吹き、水力発電所のダムには穏やかな波が立っている。(隴南=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2022(令和4)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021307420

  • 2022年02月13日
    出でよ白竜!

    スノーパークに白竜が登場しました。一夜にして雪像を作り上げたのはゲレンデの整備スタッフ。天空をかける竜のように、選手たちは豪快なエアを繰り出しています=張家口(共同)

    商品コード: 2022021301863

  • 2022年05月27日
    川柳作家の渋谷伯龍さん 津軽弁の色紙に思い込め

    津軽弁の自作色紙でウクライナ支援の取り組みを始めた渋谷伯龍さん=19日、青森県弘前市

    商品コード: 2022052709870

  • 2022年05月27日
    色紙手にする渋谷さん 津軽弁の色紙に思い込め

    津軽弁の自作色紙でウクライナ支援の取り組みを始めた渋谷伯龍さん=19日、青森県弘前市

    商品コード: 2022052709868

  • 1