KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 景観
  • 木々
  • 空撮
  • ムー
  • カンポウフウ
  • ドローン
  • 北側
  • 南側

「ハグマノキ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
39
( 1 39 件を表示)
  • 1
39
( 1 39 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 01:12.66
    2019年10月28日
    「新華社」山いっぱいに紅葉広がる秋山西省運城市

    中国山西省運城市平陸県にある中条山では10月中旬から気温が下がり始め、ハグマノキの葉が徐々に赤くなり、1万ムー(約667ヘクタール)以上の紅葉が約半月にわたる見ごろを迎えている。地元では紅葉を生かした農村観光を大いに発展させており、人々の貧困脱却と増収をけん引している。(記者/徐偉)<映像内容>山西省運城市の紅葉の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102801028

  • 02:22.13
    2019年10月30日
    「新華社」山一面を染め上げる紅葉河北省仙台山

    中国河北省井陘(せいけい)県にある仙台山は、華北地域最大の紅葉観賞エリアの一つ。66平方キロ近くにわたって紅葉が広がり、全国十大紅葉景勝地の一つに数えられている。主にハグマノキやカエデ、カキノキ、ルスティフィナなどの落葉樹が標高千メートル以下の山域に分布し、見事な紅葉を見せている。仙台山の主峰は標高1195メートルで、上層、中層、下層でそれぞれ景観が異なる。毎年秋になると、仙台山の山野を覆うハグマノキやカエデが次々に紅葉を迎えて山全体を炎のような色に染め上げ、山全体が夕映えに包まれたような鮮やかな光景が広がる。(記者/張碩)<映像内容>河北省仙台山の紅葉の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608586

  • 2019年11月04日
    「半分赤い」秋景色山東省済南市

    4日、赤と緑が見事なコントラストを成す済南市の蝎子山。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市の市街地にある蝎子(けっし)山では、尾根が境界線となって「一つの山が二色に分かれる」不思議な景色が広がっている。蝎子山の南側には2万平方メートル余りのハグマノキが植えられ、山の北側は松林となっているため、毎年秋から冬に変わる頃、山の半分は緑で半分は赤くなる現象が発生する。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111104211

  • 2019年11月04日
    「半分赤い」秋景色山東省済南市

    4日、山の尾根に沿って分かれた済南市蝎子山の赤いハグマノキの林と緑の松林。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市の市街地にある蝎子(けっし)山では、尾根が境界線となって「一つの山が二色に分かれる」不思議な景色が広がっている。蝎子山の南側には2万平方メートル余りのハグマノキが植えられ、山の北側は松林となっているため、毎年秋から冬に変わる頃、山の半分は緑で半分は赤くなる現象が発生する。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111104094

  • 2019年11月04日
    「半分赤い」秋景色山東省済南市

    4日、赤く色づいた済南市蝎子山のハグマノキの林。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市の市街地にある蝎子(けっし)山では、尾根が境界線となって「一つの山が二色に分かれる」不思議な景色が広がっている。蝎子山の南側には2万平方メートル余りのハグマノキが植えられ、山の北側は松林となっているため、毎年秋から冬に変わる頃、山の半分は緑で半分は赤くなる現象が発生する。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111104098

  • 2019年11月04日
    「半分赤い」秋景色山東省済南市

    4日、山の尾根に沿って分かれた済南市蝎子山の赤いハグマノキの林と緑の松林。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市の市街地にある蝎子(けっし)山では、尾根が境界線となって「一つの山が二色に分かれる」不思議な景色が広がっている。蝎子山の南側には2万平方メートル余りのハグマノキが植えられ、山の北側は松林となっているため、毎年秋から冬に変わる頃、山の半分は緑で半分は赤くなる現象が発生する。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111104129

  • 2019年11月04日
    「半分赤い」秋景色山東省済南市

    4日、赤く色づいた済南市蝎子山のハグマノキの林。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市の市街地にある蝎子(けっし)山では、尾根が境界線となって「一つの山が二色に分かれる」不思議な景色が広がっている。蝎子山の南側には2万平方メートル余りのハグマノキが植えられ、山の北側は松林となっているため、毎年秋から冬に変わる頃、山の半分は緑で半分は赤くなる現象が発生する。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111104160

  • 2019年11月04日
    「半分赤い」秋景色山東省済南市

    4日、山の尾根に沿って分かれた済南市蝎子山の赤いハグマノキの林と緑の松林。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市の市街地にある蝎子(けっし)山では、尾根が境界線となって「一つの山が二色に分かれる」不思議な景色が広がっている。蝎子山の南側には2万平方メートル余りのハグマノキが植えられ、山の北側は松林となっているため、毎年秋から冬に変わる頃、山の半分は緑で半分は赤くなる現象が発生する。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104219

  • 2019年11月04日
    「半分赤い」秋景色山東省済南市

    4日、赤と緑が見事なコントラストを成す済南市の蝎子山。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市の市街地にある蝎子(けっし)山では、尾根が境界線となって「一つの山が二色に分かれる」不思議な景色が広がっている。蝎子山の南側には2万平方メートル余りのハグマノキが植えられ、山の北側は松林となっているため、毎年秋から冬に変わる頃、山の半分は緑で半分は赤くなる現象が発生する。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111104152

  • 2019年11月04日
    「半分赤い」秋景色山東省済南市

    4日、山の尾根に沿って分かれた済南市蝎子山の赤いハグマノキの林と緑の松林。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市の市街地にある蝎子(けっし)山では、尾根が境界線となって「一つの山が二色に分かれる」不思議な景色が広がっている。蝎子山の南側には2万平方メートル余りのハグマノキが植えられ、山の北側は松林となっているため、毎年秋から冬に変わる頃、山の半分は緑で半分は赤くなる現象が発生する。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111104154

  • 2019年11月04日
    「半分赤い」秋景色山東省済南市

    4日、赤と緑が見事なコントラストを成す済南市の蝎子山。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市の市街地にある蝎子(けっし)山では、尾根が境界線となって「一つの山が二色に分かれる」不思議な景色が広がっている。蝎子山の南側には2万平方メートル余りのハグマノキが植えられ、山の北側は松林となっているため、毎年秋から冬に変わる頃、山の半分は緑で半分は赤くなる現象が発生する。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111104287

  • 2019年11月04日
    「半分赤い」秋景色山東省済南市

    4日、赤と緑が見事なコントラストを成す済南市の蝎子山。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市の市街地にある蝎子(けっし)山では、尾根が境界線となって「一つの山が二色に分かれる」不思議な景色が広がっている。蝎子山の南側には2万平方メートル余りのハグマノキが植えられ、山の北側は松林となっているため、毎年秋から冬に変わる頃、山の半分は緑で半分は赤くなる現象が発生する。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111104226

  • 2019年11月04日
    「半分赤い」秋景色山東省済南市

    4日、山の尾根に沿って分かれた済南市蝎子山の赤いハグマノキの林と緑の松林。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市の市街地にある蝎子(けっし)山では、尾根が境界線となって「一つの山が二色に分かれる」不思議な景色が広がっている。蝎子山の南側には2万平方メートル余りのハグマノキが植えられ、山の北側は松林となっているため、毎年秋から冬に変わる頃、山の半分は緑で半分は赤くなる現象が発生する。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111104198

  • 2019年11月04日
    「半分赤い」秋景色山東省済南市

    4日、山の尾根に沿って分かれた済南市蝎子山の赤いハグマノキの林と緑の松林。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市の市街地にある蝎子(けっし)山では、尾根が境界線となって「一つの山が二色に分かれる」不思議な景色が広がっている。蝎子山の南側には2万平方メートル余りのハグマノキが植えられ、山の北側は松林となっているため、毎年秋から冬に変わる頃、山の半分は緑で半分は赤くなる現象が発生する。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111104124

  • 2019年11月04日
    「半分赤い」秋景色山東省済南市

    4日、赤と緑が見事なコントラストを成す済南市の蝎子山。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市の市街地にある蝎子(けっし)山では、尾根が境界線となって「一つの山が二色に分かれる」不思議な景色が広がっている。蝎子山の南側には2万平方メートル余りのハグマノキが植えられ、山の北側は松林となっているため、毎年秋から冬に変わる頃、山の半分は緑で半分は赤くなる現象が発生する。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111104280

  • 01:47.28
    2019年11月11日
    「新華社」ロマンティックな九如山の秋山東省済南市

    中国山東省済南市西営鎮に位置する九如(きゅうじょ)山は、美しい水が流れる「泉城(済南市の別称)七十二名泉」発祥地の一つと言われている。秋が深まると、峡谷在来の樹木、ハグマノキやイタヤカエデなどが美しく色づき人々を魅了している。(記者/呉飛座)<映像内容>秋の九如山の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111302949

  • 2020年10月18日
    坡峰嶺で紅葉が見頃に北京市

    18日、北京市房山区の坡峰嶺風景区で鮮やかに色づいた木々。中国北京市では10月も半ばを過ぎ、紅葉が見頃を迎えている。同市房山区にある総面積約2千ムー(約133ヘクタール)の坡峰嶺(はほうれい)風景区では、カンポウフウやハグマノキ、ルスティフィナなどがとりどりに色づき、多くの観光客を引きつけた。(北京=新華社記者/呂帥)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102105019

  • 2020年10月18日
    坡峰嶺で紅葉が見頃に北京市

    18日、北京市房山区の坡峰嶺風景区で鮮やかに色づいた木々。中国北京市では10月も半ばを過ぎ、紅葉が見頃を迎えている。同市房山区にある総面積約2千ムー(約133ヘクタール)の坡峰嶺(はほうれい)風景区では、カンポウフウやハグマノキ、ルスティフィナなどがとりどりに色づき、多くの観光客を引きつけた。(北京=新華社記者/呂帥)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102104924

  • 2020年10月18日
    坡峰嶺で紅葉が見頃に北京市

    18日、北京市房山区の坡峰嶺風景区で鮮やかに色づいた木々を観賞する観光客。中国北京市では10月も半ばを過ぎ、紅葉が見頃を迎えている。同市房山区にある総面積約2千ムー(約133ヘクタール)の坡峰嶺(はほうれい)風景区では、カンポウフウやハグマノキ、ルスティフィナなどがとりどりに色づき、多くの観光客を引きつけた。(北京=新華社記者/呂帥)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102105101

  • 2020年10月18日
    坡峰嶺で紅葉が見頃に北京市

    18日、北京市房山区の坡峰嶺風景区を散策する観光客。中国北京市では10月も半ばを過ぎ、紅葉が見頃を迎えている。同市房山区にある総面積約2千ムー(約133ヘクタール)の坡峰嶺(はほうれい)風景区では、カンポウフウやハグマノキ、ルスティフィナなどがとりどりに色づき、多くの観光客を引きつけた。(北京=新華社記者/呂帥)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102105023

  • 2020年10月18日
    坡峰嶺で紅葉が見頃に北京市

    18日、北京市房山区の坡峰嶺風景区で鮮やかに色づいた木々を撮影する観光客。中国北京市では10月も半ばを過ぎ、紅葉が見頃を迎えている。同市房山区にある総面積約2千ムー(約133ヘクタール)の坡峰嶺(はほうれい)風景区では、カンポウフウやハグマノキ、ルスティフィナなどがとりどりに色づき、多くの観光客を引きつけた。(北京=新華社記者/呂帥)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102104958

  • 2020年10月18日
    坡峰嶺で紅葉が見頃に北京市

    18日、北京市房山区の坡峰嶺風景区を散策する観光客。中国北京市では10月も半ばを過ぎ、紅葉が見頃を迎えている。同市房山区にある総面積約2千ムー(約133ヘクタール)の坡峰嶺(はほうれい)風景区では、カンポウフウやハグマノキ、ルスティフィナなどがとりどりに色づき、多くの観光客を引きつけた。(北京=新華社記者/呂帥)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102104938

  • 2020年10月18日
    坡峰嶺で紅葉が見頃に北京市

    18日、北京市房山区にある坡峰嶺風景区で鮮やかに色づいた木々。(小型無人機から)中国北京市では10月も半ばを過ぎ、紅葉が見頃を迎えている。同市房山区にある総面積約2千ムー(約133ヘクタール)の坡峰嶺(はほうれい)風景区では、カンポウフウやハグマノキ、ルスティフィナなどがとりどりに色づき、多くの観光客を引きつけた。(北京=新華社記者/呂帥)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102104957

  • 2020年10月18日
    坡峰嶺で紅葉が見頃に北京市

    18日、北京市房山区の坡峰嶺風景区で鮮やかに色づいた木々。中国北京市では10月も半ばを過ぎ、紅葉が見頃を迎えている。同市房山区にある総面積約2千ムー(約133ヘクタール)の坡峰嶺(はほうれい)風景区では、カンポウフウやハグマノキ、ルスティフィナなどがとりどりに色づき、多くの観光客を引きつけた。(北京=新華社記者/呂帥)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102105114

  • 01:06.60
    2020年11月04日
    「新華社」秋色に染まる秦巴山区、紅葉が見頃に湖北省十堰市

    中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山区に位置する湖北省十堰市鄖陽区では、大柳や城関、譚家湾などの多くの町や村で紅葉が見頃を迎えている。高い所から山野を見渡すと、まるで夕日に照らされているかのように赤く、幾重にも染められている。同区の紅葉はナンキンハゼやハグマノキなどが中心で、面積は10万ムー(約6600ヘクタール)を超える。毎年秋になると多くの観光客が観賞に訪れるという。(記者/李偉)<映像内容>湖北省十堰市の紅葉の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110508124

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (5)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、ハグマノキと霊光寺仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606280

  • 2021年10月28日
    (4)金海湖風景区で紅葉が見頃に北京市平谷区

    23日、北京市平谷区にある金海湖風景区。中国北京市平谷区の金海湖風景区でこのほど、「金海湖第4回紅葉観賞シーズン」が始まった。エリア内ではハグマノキやカンポウフウ、ルスティフィナ、コガネエンジュなど10種余りの木々が計2万ムー(約1333ヘクタール)にわたり色づいている。同シーズンは11月中旬まで開催される。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102810094

  • 2021年10月28日
    (6)金海湖風景区で紅葉が見頃に北京市平谷区

    23日、北京市平谷区にある金海湖風景区。中国北京市平谷区の金海湖風景区でこのほど、「金海湖第4回紅葉観賞シーズン」が始まった。エリア内ではハグマノキやカンポウフウ、ルスティフィナ、コガネエンジュなど10種余りの木々が計2万ムー(約1333ヘクタール)にわたり色づいている。同シーズンは11月中旬まで開催される。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102810114

  • 2021年10月28日
    (3)金海湖風景区で紅葉が見頃に北京市平谷区

    23日、北京市平谷区にある金海湖風景区。(小型無人機から)中国北京市平谷区の金海湖風景区でこのほど、「金海湖第4回紅葉観賞シーズン」が始まった。エリア内ではハグマノキやカンポウフウ、ルスティフィナ、コガネエンジュなど10種余りの木々が計2万ムー(約1333ヘクタール)にわたり色づいている。同シーズンは11月中旬まで開催される。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102810116

  • 2021年10月28日
    (1)金海湖風景区で紅葉が見頃に北京市平谷区

    23日、北京市平谷区にある金海湖風景区。(小型無人機から)中国北京市平谷区の金海湖風景区でこのほど、「金海湖第4回紅葉観賞シーズン」が始まった。エリア内ではハグマノキやカンポウフウ、ルスティフィナ、コガネエンジュなど10種余りの木々が計2万ムー(約1333ヘクタール)にわたり色づいている。同シーズンは11月中旬まで開催される。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102810085

  • 2021年10月28日
    (2)金海湖風景区で紅葉が見頃に北京市平谷区

    23日、見頃を迎えた北京市平谷区にある金海湖風景区の紅葉。(小型無人機から)中国北京市平谷区の金海湖風景区でこのほど、「金海湖第4回紅葉観賞シーズン」が始まった。エリア内ではハグマノキやカンポウフウ、ルスティフィナ、コガネエンジュなど10種余りの木々が計2万ムー(約1333ヘクタール)にわたり色づいている。同シーズンは11月中旬まで開催される。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102810110

  • 2021年10月28日
    (5)金海湖風景区で紅葉が見頃に北京市平谷区

    23日、見頃を迎えた北京市平谷区にある金海湖風景区の紅葉。中国北京市平谷区の金海湖風景区でこのほど、「金海湖第4回紅葉観賞シーズン」が始まった。エリア内ではハグマノキやカンポウフウ、ルスティフィナ、コガネエンジュなど10種余りの木々が計2万ムー(約1333ヘクタール)にわたり色づいている。同シーズンは11月中旬まで開催される。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102810075

  • 2021年10月28日
    (7)金海湖風景区で紅葉が見頃に北京市平谷区

    23日、空から見た北京市平谷区の金海湖風景区。(小型無人機から)中国北京市平谷区の金海湖風景区でこのほど、「金海湖第4回紅葉観賞シーズン」が始まった。エリア内ではハグマノキやカンポウフウ、ルスティフィナ、コガネエンジュなど10種余りの木々が計2万ムー(約1333ヘクタール)にわたり色づいている。同シーズンは11月中旬まで開催される。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102810091

  • 2021年11月10日
    (2)崛囲山を染める紅葉山西省太原市

    4日、空から見た崛囲山の紅葉。(小型無人機から)中国山西省太原市に位置する崛囲山では木々の紅葉が進み、多くの行楽客が訪れている。ハグマノキを主とした同山の紅葉は、古くから絶景とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111004516

  • 2021年11月10日
    (3)崛囲山を染める紅葉山西省太原市

    4日、崛囲山で紅葉狩りを楽しむ観光客。(小型無人機から)中国山西省太原市に位置する崛囲山では木々の紅葉が進み、多くの行楽客が訪れている。ハグマノキを主とした同山の紅葉は、古くから絶景とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111004525

  • 2021年11月10日
    (1)崛囲山を染める紅葉山西省太原市

    4日、空から見た崛囲山の紅葉。(小型無人機から)中国山西省太原市に位置する崛囲山では木々の紅葉が進み、多くの行楽客が訪れている。ハグマノキを主とした同山の紅葉は、古くから絶景とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111004517

  • 2021年11月10日
    (6)崛囲山を染める紅葉山西省太原市

    4日、空から見た崛囲山の紅葉。(小型無人機から)中国山西省太原市に位置する崛囲山では木々の紅葉が進み、多くの行楽客が訪れている。ハグマノキを主とした同山の紅葉は、古くから絶景とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111004540

  • 2021年11月10日
    (4)崛囲山を染める紅葉山西省太原市

    4日、空から見た崛囲山の紅葉。(小型無人機から)中国山西省太原市に位置する崛囲山では木々の紅葉が進み、多くの行楽客が訪れている。ハグマノキを主とした同山の紅葉は、古くから絶景とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111004544

  • 2021年11月10日
    (5)崛囲山を染める紅葉山西省太原市

    4日、崛囲山で紅葉狩りを楽しむ観光客。(小型無人機から)中国山西省太原市に位置する崛囲山では木々の紅葉が進み、多くの行楽客が訪れている。ハグマノキを主とした同山の紅葉は、古くから絶景とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111004543

  • 1