KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 秋田県男鹿市
  • 水揚げ
  • 危機
  • 漁師
  • 家庭
  • きりん
  • 企画
  • 作業
  • 大漁
  • 山形県

「ハタハタ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
29
( 1 29 件を表示)
  • 1
29
( 1 29 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Panther grouper (Cromileptes altivelis)

    Panther grouper (Cromileptes altivelis), Lembeh Strait, Sulawesi, Indonesia, Asia、クレジット:imageBROKER.com/FLPA/Colin Marshall/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092601543

  • 1975年12月01日
    スケッチ26285 ハタハタ漁シーズンの秋田

    北浦漁港に水揚げされたハタハタ=1975(昭和50年)12月1日、秋田県男鹿市

    商品コード: 2018020300249

  • 1993年10月09日
    全面禁漁1年のハタハタ 効果は表われ始めたが…

    禁漁支援策の「不用漁具買い上げ」を受けるため網を漁協に運び込む漁民=秋田県男鹿市「列島ライトアップ」

    商品コード: 1993100900053

  • 1994年02月26日
    ハタハタの雄 ハタハタの産卵撮影に成功

    精子をかけるためスギモクの根元に集まるハタハタの雄=秋田県山本郡八森町沖の日本海(生物、魚介類)

    商品コード: 1994022600009

  • 1995年10月01日
    水揚げする乗組員 ハタハタ漁3年ぶり解禁

    3年ぶりのハタハタを水揚げする漁船の乗組員=1日午後5時半、秋田県男鹿市の椿港

    商品コード: 1995100100070

  • 1996年05月05日
    男鹿水族館が飼育 ハタハタの稚魚を展示

    男鹿水族館が飼育に取り組んでいるハタハタの稚魚=秋田県男鹿市

    商品コード: 1996050500002

  • 1996年05月05日
    男鹿水族館が飼育 ハタハタの稚魚を展示

    男鹿水族館が飼育に取り組んでいるハタハタの稚魚=秋田県男鹿市

    商品コード: 1996050500001

  • 1997年01月17日
    網を引き揚げる漁師たち 暗夜に躍る銀色の魚体

    )、企画91、25日付朝刊以降使用  夜明けの海に全長8メートルの木造手こぎ船をこぎだし、「ヤーセー、ヤーセー」の掛け声に合わせ網を引き揚げる岩館地区の漁師たち。手こぎ船のハタハタ漁は他の地区ではほとんど見られなくなった=秋田県八森町の岩館港沖

    商品コード: 1997011700050

  • 1997年01月17日
    番屋で語り合う漁師たち 暗夜に躍る銀色の魚体

    )、企画91、25日付朝刊以降使用 「番屋」と呼ばれるプレハブ小屋で、ハタハタを酒のさかなに語り合う漁師たち。天然資源としてのハタハタの量を確保し、いかに漁獲量を管理するか…=秋田県八森町の岩館港

    商品コード: 1997011700055

  • 1997年02月02日
    鉛が混入したハタハタ 鉛混入でハタハタがピンチ

    鉛片(魚の腹の左下に置いてある小さな黒片)が混入していた朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)産のハタハタ=96(平成8)年11月、秋田市内の水産工場

    商品コード: 1997020200014

  • 1997年12月25日
    捕獲されたハタハタ 白いハタハタ見つかる

    秋田県象潟町の沿岸で捕獲された全身が白いハタハタ=25日、秋田県男鹿市の県水産振興センター

    商品コード: 1997122500049

  • 1998年02月06日
    水揚げされるハタハタ ハタハタの資源回復順調

    大漁のハタハタを水揚げする漁師=97(平成9)年12月13日、秋田県八森町岩館の岩館港

    商品コード: 1998020600103

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年12月24日
    箱詰め作業 ハタハタの漁獲好調

    大漁のハタハタの箱詰めに忙しい漁師ら=18日午前、秋田県象潟町

    商品コード: 1998122400071

  • 1999年01月02日
    箱詰めのハタハタ 4県でハタハタを資源管理

    水揚げ後、箱詰めされたハタハタ=秋田県象潟町の秋田県南部漁協

    商品コード: 1999010200038

  • 1999年03月29日
    調印後に関係者が握手 4県がハタハタ管理協定

    「北部日本海海域ハタハタ資源管理協定」に調印後、握手する関係4県の漁協会長ら。左から、青森県深浦漁協の森長保組合長、秋田県漁連の佐藤孫一会長、中須勇雄水産庁長官、新潟県漁連の守屋義秀専務理事、山形県機船底引き網漁協の志田啓会長=29日午後、水産庁

    商品コード: 1999032900102

  • 1999年03月29日
    調印する4県関係者ら 4県がハタハタ管理協定

    中須勇雄水産庁長官(中央)の立ち会いで「北部日本海海域ハタハタ資源管理協定」に調印する関係4県の漁協会長ら。左から秋田県漁連の佐藤孫一会長、青森県深浦漁協の森長保組合長、新潟県漁連の守屋義秀専務理事、山形県機船底引き網漁協の志田啓会長=29日午後、水産庁

    商品コード: 1999032900101

  • 2000年10月20日
    ハタハタの水揚げ 伸び悩む秋田のハタハタ

    ハタハタを水揚げする人たち=秋田県金浦町の金浦漁港

    商品コード: 2000102000085

  • 2003年02月20日
    ハタハタの卵 緑、紫の玉、これ何?

    色とりどりのハタハタの卵塊=北海道室蘭市の道立函館水産試験場室蘭支場

    商品コード: 2003022000005

  • 2004年12月06日
    ハタハタを買う人たち 資源回復から消費拡大へ

    水揚げされたばかりのハタハタを箱ごと買い求める人たち=1日午後、秋田県男鹿市

    商品コード: 2004120600004

  • 2006年11月28日
    家庭に伝わる多様な味

    ハタハタのしょっつる鍋(奥)とハタハタずし=秋田県男鹿市の「きりん亭」

    商品コード: 2006112800091

  • 2006年11月28日
    家庭に伝わる多様な味

    漁船から水揚げされたハタハタ=秋田県男鹿市の椿漁港

    商品コード: 2006112800095

  • 2006年11月28日
    家庭に伝わる多様な味

    ハタハタなどを調理する松橋敏美さん=秋田県男鹿市の「きりん亭」

    商品コード: 2006112800093

  • 2013年12月24日
    メスは特に人気 今年は男鹿半島に異変

    秋田市民市場に並んだ地元男鹿半島産のハタハタ。ブリコ(卵)を持ったメスは特に人気がある=12月12日

    商品コード: 2013122400513

  • 2013年12月24日
    ハタハタの仕分け 今年は男鹿半島に異変

    今年は例年より遅れてやってきたハタハタ。雌雄、大きさで分ける作業に熱がこもる=12月12日、秋田県男鹿市の北浦漁港

    商品コード: 2013122400564

  • 2015年04月18日
    水揚げされるハタハタ 秋田ハタハタ、危機の影

    水揚げされるハタハタ=2014年12月、秋田県男鹿市

    商品コード: 2015041800005

  • 2015年04月18日
    仕分けられるハタハタ 秋田ハタハタ、危機の影

    雄と雌に仕分けられるハタハタ=2014年12月、秋田県男鹿市

    商品コード: 2015041800012

  • 2015年04月18日
    秋田ハタハタ、危機の影

    秋田県のハタハタ漁獲量の推移

    商品コード: 2015041800015

  • 2015年04月18日
    秋田ハタハタ、危機の影

    秋田県のハタハタ漁獲量の推移

    商品コード: 2015041800016

  • 2016年02月23日
    料理店の軒先 監獄知るため「志願囚」に

    民家ではなく、東京は新橋の料理店の軒先。キンキ、ハタハタ、シシャモ。つい入りたくなる、おいしそうな「看板」です(出久根達郎)

    商品コード: 2016022300320

  • 1