KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • クリック
  • コスト
  • ジャム
  • バラ
  • パッケージ
  • ヘクター
  • マウス
  • ムー
  • 人々

「ハタンキョウ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2
( 1 2 件を表示)
  • 1
2
( 1 2 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:45.43
    2019年04月04日
    「新華社」千年の歴史を持つナン、新時代に突入新疆

    中国新疆ウイグル自治区のさまざまな少数民族の人々に愛されてきたナンは千年の歴史を持つ食べ物で、彼らの食卓に欠かせない。社会の発展に伴い、小さなナンは製造工程がかなり改善され、栄養価が大きく向上した。同自治区のナンは伝統から現代へと向かう過程で新時代に突入し、ナン文化やナン産業を生み出している。かつて、ナン焼き用の窯は地下にあり、構造もシンプルで低コストだった。その後、窯は地下から地上に移り、現在最もよく見られる形となった。ナン産業が盛んになり、今ではナンはさらに新しい時代に突入した。ナンは産業化された作業場で生産され、従来の薪や石炭などの燃料は不要となり、その代わりに電気で加熱するクリーンな環境配慮型のナン焼き窯が登場した。こうして作られたナンは昔ながらの香りを保ちながら、より清潔で衛生的になり、生産効率も向上している。ナンの製造環境が大幅に改善されただけでなく、ナンの種類も日増しに増えている。伝統的なゴマナンやタマネギナン、くぼみがある窩窩ナンに加え、一部の企業では唐辛子やバラのジャム、ハタンキョウ、肉などを使ったナンを開発した。ナンの販売ルートも絶えず拡大しており、パッケージされた各種のナンはスーパーだけでなく、インターネット販売にも進出。遠方の顧客もマウスをクリックするだけで、数日後には新疆のおいしいナン製品が味わえるようになった。(記者/周生斌、符暁波)<映像内容>ナンの調理や販売の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040402038

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.73
    2021年03月04日
    「新華社」春の農作業が本格化新疆ウイグル自治区ヤルカンド県

    中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヤルカンド県の各郷・鎮では、農民らがハタンキョウの剪定や接ぎ木、施肥などで忙しい日々を送っている。春はハタンキョウの休眠覚醒期に当たり、剪定や枝の方向を変える作業に適した時期でもある。同県オダンリク鎮英買里村では技術指導員が農地を訪れ、剪定によって枝の密度を調整し、受光条件を均衡化する技術などを村民らに伝えていた。ヤルカンド県は近年、地域の実情に合わせ、ハタンキョウを主とする特色ある果樹農業に力を入れている。県内ではすでに100万ムー(約6万6700ヘクタール)近くの栽培拠点が建設され、ハタンキョウが地元農民の主要な収入源となっている。(記者/阿曼)=配信日:2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030504736

  • 1