KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • ちょう
  • 平成
  • りゅう
  • 中国人
  • 吉祥
  • 宮中
  • 平安
  • 獅子舞
  • 研究

「ハツサ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
48
( 1 48 件を表示)
  • 1
48
( 1 48 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1971年02月01日
    安中公害追及の衆院予算委

    衆院予算委で、カドミウム公害の被害を受け自殺した中村登子さんの和歌が読み上げられ、傍聴席で涙にむせぶ両親の義雄さん(右)とはつさん=1971(昭和46)年2月1日

    商品コード: 2010092200180

  • 春の叙勲 安谷屋さんに勲七等瑞宝章
    1972年04月28日
    春の叙勲 安谷屋さんに勲七等瑞宝章

    勲七等瑞宝章受賞のよろこびを語る安谷屋ハツさん=1972(昭和47)年4月27日、糸満市字糸満の自宅(1972年国内十大ニュース3関連、外信38888)

    商品コード: 2009121700177

  • 式場に向かう中田さん 全国戦没者追悼式
    1998年08月15日
    式場に向かう中田さん 全国戦没者追悼式

    全国戦没者追悼式の式場に向かう最高齢参列者の中田はつさん=15日午前10時25分、東京・北の丸公園の日本武道館

    商品コード: 1998081500024

  • 中田はつさん 追悼式に93歳の母2人
    1998年08月15日
    中田はつさん 追悼式に93歳の母2人

    全国戦没者追悼式の最高齢参列者、中田はつさん=静岡県清水市日立町の自宅

    商品コード: 1998081500014

  • 青森県の矢越さん夫婦 元気に長寿、百歳夫婦
    1999年09月07日
    青森県の矢越さん夫婦 元気に長寿、百歳夫婦

    98年3月、100歳の誕生日を迎えた矢越喜一郎さん(右)。左は妻のハツさん=青森県大間町の自宅

    商品コード: 1999090700008

  •  中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技
    2015年10月01日
    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技

    竜の胴体部分の図案を描く張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さん。(2015年10月1日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2015(平成27)年10月1日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005981

  •  中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技
    2015年10月01日
    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技

    竜の体部分の図案を描く張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さん。(2015年10月1日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2015(平成27)年10月1日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005910

  •  中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技
    2015年10月01日
    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技

    手作業で竜の骨組みを作る張家の人たち。(2015年10月1日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2015(平成27)年10月1日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019071005980

  •  中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技
    2017年06月10日
    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技

    瀋陽故宮博物院で竜舞を披露する張氏竜舞隊。(2017年6月10日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2017(平成29)年6月10日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005909

  •  中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技
    2017年06月10日
    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技

    瀋陽故宮博物院で竜舞を披露する張氏竜舞隊。(2017年6月10日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2017(平成29)年6月10日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005907

  •  中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技
    2017年06月10日
    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技

    瀋陽故宮博物院で竜舞を披露する張氏竜舞隊。(2017年6月10日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2017(平成29)年6月10日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071006067

  •  中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技
    2017年06月10日
    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技

    瀋陽故宮博物院で竜舞を披露する張氏竜舞隊。(2017年6月10日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2017(平成29)年6月10日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005979

  •  中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技
    2017年06月10日
    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技

    瀋陽故宮博物院で竜舞を披露する張氏竜舞隊。(2017年6月10日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2017(平成29)年6月10日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071006066

  •  義手で義肢製作「鉄腕の超人」孫吉発さん
    2018年11月01日
    義手で義肢製作「鉄腕の超人」孫吉発さん

    義手にセットした包丁で野菜を切る孫吉発さん。(11月1日撮影)中国吉林省吉林市永吉県に住む孫吉発(そん・きつはつ)さんは、自在に動かせ衰え知らずの力強い「鉄腕」の義手を身に着ける「鉄腕の超人」として、広く知られている。孫さんは両前腕を失ってから約40年の間に、自身で研究し作り上げた鉄製の義肢で実用新案と特許を取得した。全国の千人近くの障害者が孫さんの助けにより、再び「腕」を取り戻した。(長春=新華社記者/張楠)=2018(平成30)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020872

  •  義手で義肢製作「鉄腕の超人」孫吉発さん
    2018年11月01日
    義手で義肢製作「鉄腕の超人」孫吉発さん

    義手を装着する孫吉発さん。(11月1日撮影)中国吉林省吉林市永吉県に住む孫吉発(そん・きつはつ)さんは、自在に動かせ衰え知らずの力強い「鉄腕」の義手を身に着ける「鉄腕の超人」として、広く知られている。孫さんは両前腕を失ってから約40年の間に、自身で研究し作り上げた鉄製の義肢で実用新案と特許を取得した。全国の千人近くの障害者が孫さんの助けにより、再び「腕」を取り戻した。(長春=新華社記者/張楠)=2018(平成30)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021005

  •  義手で義肢製作「鉄腕の超人」孫吉発さん
    2018年11月01日
    義手で義肢製作「鉄腕の超人」孫吉発さん

    義肢の部品を加工する孫吉発さん。(11月1日撮影)中国吉林省吉林市永吉県に住む孫吉発(そん・きつはつ)さんは、自在に動かせ衰え知らずの力強い「鉄腕」の義手を身に着ける「鉄腕の超人」として、広く知られている。孫さんは両前腕を失ってから約40年の間に、自身で研究し作り上げた鉄製の義肢で実用新案と特許を取得した。全国の千人近くの障害者が孫さんの助けにより、再び「腕」を取り戻した。(長春=新華社記者/張楠)=2018(平成30)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021142

  •  事業の夢を育む「3人のお兄さん」の宅配人生深圳市
    2018年12月13日
    事業の夢を育む「3人のお兄さん」の宅配人生深圳市

    広東省深圳市の香蜜湖美食城(飲食店が集まるエリア)にあるレストランの前で、撮影に応じる王喜発(おう・きはつ)さん。(2018年12月13日撮影)中国では近年、多くの若者がフードデリバリーや宅配便の仕事に就いており、街の至る所で「宅配便のお兄さん」「デリーバリーのお兄さん」を見かけることができる。彼らの中にはバイクで駆けまわる宅配サービスから始めて、苦労を重ねながら物流管理者やパイロット、レストランのオーナーになった人もいる。インターネットと密接なつながりをもつフードデリバリー・宅配便業界は、多くの若者が事業の新たな夢をはぐくむためのプラットフォームになりつつある。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805915

  •  中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技
    2019年02月19日
    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技

    2019年の元宵節(旧暦1月15日)に竜舞を披露する張氏竜舞隊。(2月19日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304602

  •  習近平氏、江西省南部革命老区を視察
    2019年05月20日
    習近平氏、江西省南部革命老区を視察

    20日、中国工農紅軍の革命に命を捧げた烈士の子孫で退役軍人の孫観発(そん・かんはつ)さんの家を訪れた習近平氏(奥中央)。習近平氏は孫さんの家族や地元幹部と同じテーブルに着いて懇談し、革命老区の人々の生産・発展や生活改善の状況について詳しく尋ねた。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は20日、江西省贛州(かんしゅう)市于都県梓山鎮潭頭村を訪れ、革命老区(新中国成立以前の革命根拠地)の人々をねぎらった。(贛州=新華社記者/謝環馳)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400267

  •  習近平氏、江西省南部革命老区を視察
    2019年05月20日
    習近平氏、江西省南部革命老区を視察

    20日、中国工農紅軍の革命に命を捧げた烈士の子孫で退役軍人の孫観発(そん・かんはつ)さんの家を訪れ、家族と親しく言葉を交わす習近平氏(右端)。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は20日、江西省贛州(かんしゅう)市于都県梓山鎮潭頭村を訪れ、革命老区(新中国成立以前の革命根拠地)の人々をねぎらった。(贛州=新華社記者/鞠鵬)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400260

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月04日
    お隣さんは今どこに?日本の元残留孤児が23年ぶりに中国訪問

    4日、吉林省延辺朝鮮族自治州汪清県の天橋嶺森林公安局青松派出所で、史おじいさんの奥さん(左端)と握手する丁修発さん(左から2人目)。日本国籍の丁修発(てい・しゅうはつ)さんはこのほど、元残留孤児の83歳の母親を連れて中国を訪れた。中国にいた時に何かと母たちを助けてくれた「お隣さん」に会うためだ。丁さんの母・美智子(仮名)さんは日本の中国侵略時代、母方の両親とともに中国の東北地方にやってきた。一家は吉林省延辺朝鮮族自治州汪清県の天橋嶺四方山で農業に従事しており、美智子さんは当時3歳だった。日本の敗戦後、現地に住んでいた日本人は本国への引き揚げを余儀なくされたが、多くの日本人女性や子どもが現地に取り残された。「隣に住んでいた史おじいさんと尹さんは、母たちのことを敵として憎むことなく、いつも何かと助けてくれたそうです」と、丁さんは母親が語ってくれた当時の状況をこう振り返る。90年代に美智子さんは日本の肉親に呼び寄せられ、家族とともに日本に定住するようになってから、23年になる。年を取ればとるほど、当時の中国の隣人のことを懐かしむようになり、子どもたちに何度も「会いに行きたい」と漏らしていた。その後、現地の派出所の協力が功を奏し、丁さんはついに当時のお隣さんだった史国庄(し・こくしょう)さんを探し出すことができた。(長春=新華社配信)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019091105058

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月04日
    お隣さんは今どこに?日本の元残留孤児が23年ぶりに中国訪問

    4日、吉林省延辺朝鮮族自治州汪清県の天橋嶺森林公安局青松派出所で、史おじいさん(右)と語り合う丁修発さん。日本国籍の丁修発(てい・しゅうはつ)さんはこのほど、元残留孤児の83歳の母親を連れて中国を訪れた。中国にいた時に何かと母たちを助けてくれた「お隣さん」に会うためだ。丁さんの母・美智子(仮名)さんは日本の中国侵略時代、母方の両親とともに中国の東北地方にやってきた。一家は吉林省延辺朝鮮族自治州汪清県の天橋嶺四方山で農業に従事しており、美智子さんは当時3歳だった。日本の敗戦後、現地に住んでいた日本人は本国への引き揚げを余儀なくされたが、多くの日本人女性や子どもが現地に取り残された。「隣に住んでいた史おじいさんと尹さんは、母たちのことを敵として憎むことなく、いつも何かと助けてくれたそうです」と、丁さんは母親が語ってくれた当時の状況をこう振り返る。90年代に美智子さんは日本の肉親に呼び寄せられ、家族とともに日本に定住するようになってから、23年になる。年を取ればとるほど、当時の中国の隣人のことを懐かしむようになり、子どもたちに何度も「会いに行きたい」と漏らしていた。その後、現地の派出所の協力が功を奏し、丁さんはついに当時のお隣さんだった史国庄(し・こくしょう)さんを探し出すことができた。(長春=新華社配信)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019091105020

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    神山村村民の左秀発(さ・しゅうはつ)さんの家で餅つきを体験する観光客。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906294

  •  「新華社」農家の親子、希望の畑で農作業に励む江西省南昌県
    00:38.78
    2022年03月08日
    「新華社」農家の親子、希望の畑で農作業に励む江西省南昌県

    春の耕作シーズンを迎えた中国江西省南昌県岡上鎮晋安村の農地では、農家の辜道朋(こ・どうほう)さん(47)が耕運機を操作し、耕作の準備に取り組んでいる。農業に従事して30年になる道朋さんは、今年大学を卒業したばかりの息子の秉発(へいはつ)さんが農業に携わることになったのを、ことのほか喜んでいる。1992年に農業を始めた道朋さんは、数ムー(1ムー=0・067ヘクタール)の痩せた耕地を耕す農民から、数十台の農業機械と2700ムー(180ヘクタール)余りの農地を持つ農業合作社(協同組合)の責任者となった。道朋さんは「息子が故郷に戻って農業をしてくれて嬉しい」と語る。数十年前まで、農業はとても辛い仕事だったため、息子を都会で生活させようと、その教育に情熱を注いできた。今では農業の機械化が進んだことから、専業合作社(協同組合)を作り、レジャー農場を建設し、特色ある観光農業を発展させるには、秉発さんのような技術を習得した若者が必要になる。秉発さんは「国が農村振興を全面的に進めている今、私のような若者にとって、農村、つまり故郷が仕事の場所になる」と述べている。秉発さんは今、父の今春の耕作準備を手伝いながら、自身が学んだ環境設計の専門知識を生かして、レジャー農場に関するプロジェクトの計画を進めている。父と子は、希望に満ちた畑で農作業に励んでいる。(記者/彭昭之) =配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030807542

  •  (1)河北省青県の張氏一族、先祖の墓誌5基を博物館に寄贈
    2022年06月16日
    (1)河北省青県の張氏一族、先祖の墓誌5基を博物館に寄贈

    張氏一族が青県博物館に寄贈した先祖の墓誌。(4月29日撮影)中国河北省滄州市青県でこのほど、同県木門店鎮半截河村に住む張氏一族の張寿発(ちょう・じゅはつ)さんらが、一族の墓から出土した明代の先祖の墓誌5基を県の博物館に寄贈した。(石家荘=新華社記者/王民)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061611146

  •  (3)河北省青県の張氏一族、先祖の墓誌5基を博物館に寄贈
    2022年06月16日
    (3)河北省青県の張氏一族、先祖の墓誌5基を博物館に寄贈

    張氏一族が青県博物館に寄贈した先祖の墓誌。(4月29日撮影)中国河北省滄州市青県でこのほど、同県木門店鎮半截河村に住む張氏一族の張寿発(ちょう・じゅはつ)さんらが、一族の墓から出土した明代の先祖の墓誌5基を県の博物館に寄贈した。(石家荘=新華社記者/王民)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061611152

  •  (4)河北省青県の張氏一族、先祖の墓誌5基を博物館に寄贈
    2022年06月16日
    (4)河北省青県の張氏一族、先祖の墓誌5基を博物館に寄贈

    張氏一族が青県博物館に寄贈した先祖の墓誌。(4月29日撮影)中国河北省滄州市青県でこのほど、同県木門店鎮半截河村に住む張氏一族の張寿発(ちょう・じゅはつ)さんらが、一族の墓から出土した明代の先祖の墓誌5基を県の博物館に寄贈した。(石家荘=新華社記者/王民)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061611153

  •  (2)河北省青県の張氏一族、先祖の墓誌5基を博物館に寄贈
    2022年06月16日
    (2)河北省青県の張氏一族、先祖の墓誌5基を博物館に寄贈

    張氏一族が青県博物館に寄贈した先祖の墓誌。(4月29日撮影)中国河北省滄州市青県でこのほど、同県木門店鎮半截河村に住む張氏一族の張寿発(ちょう・じゅはつ)さんらが、一族の墓から出土した明代の先祖の墓誌5基を県の博物館に寄贈した。(石家荘=新華社記者/王民)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061611154

  •  (5)河北省青県の張氏一族、先祖の墓誌5基を博物館に寄贈
    2022年06月16日
    (5)河北省青県の張氏一族、先祖の墓誌5基を博物館に寄贈

    張氏一族が青県博物館に寄贈した先祖の墓誌。(4月29日撮影)中国河北省滄州市青県でこのほど、同県木門店鎮半截河村に住む張氏一族の張寿発(ちょう・じゅはつ)さんらが、一族の墓から出土した明代の先祖の墓誌5基を県の博物館に寄贈した。(石家荘=新華社記者/王民)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061611155

  • 表彰台のアルゼンチン アルゼンチン、3度目優勝
    2022年12月21日
    表彰台のアルゼンチン アルゼンチン、3度目優勝

    36年ぶり3度目の優勝を決め、よろこびを爆発(ばくはつ)させるアルゼンチン代表=18日、カタール(共同)

    商品コード: 2022122109715

  •  (4)伝統の製茶技法に最新技術を導入福建省武夷山市
    2023年06月18日
    (4)伝統の製茶技法に最新技術を導入福建省武夷山市

    茶葉の萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおれさせる)作業をする葉以発さん。(2020年5月5日撮影)中国福建省武夷山市の葉以発(よう・いはつ)さんは、40年以上にわたり茶の生産と研究に携わる上級茶師で、古式にのっとった製茶技法と最新技術を融合させ、伝統ある武夷岩茶を世に知らしめている。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)= 配信日: 2023(令和5)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061807235

  •  (2)伝統の製茶技法に最新技術を導入福建省武夷山市
    2023年06月18日
    (2)伝統の製茶技法に最新技術を導入福建省武夷山市

    弟子たちと茶葉の天日干しを行う葉以発さん(手前)。(2020年5月5日撮影)中国福建省武夷山市の葉以発(よう・いはつ)さんは、40年以上にわたり茶の生産と研究に携わる上級茶師で、古式にのっとった製茶技法と最新技術を融合させ、伝統ある武夷岩茶を世に知らしめている。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)= 配信日: 2023(令和5)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061807227

  •  (6)伝統の製茶技法に最新技術を導入福建省武夷山市
    2023年06月18日
    (6)伝統の製茶技法に最新技術を導入福建省武夷山市

    パソコンで製茶の機械を遠隔操作する葉以発さん。(2020年5月5日撮影)中国福建省武夷山市の葉以発(よう・いはつ)さんは、40年以上にわたり茶の生産と研究に携わる上級茶師で、古式にのっとった製茶技法と最新技術を融合させ、伝統ある武夷岩茶を世に知らしめている。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)= 配信日: 2023(令和5)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061807229

  •  (1)伝統の製茶技法に最新技術を導入福建省武夷山市
    2023年06月18日
    (1)伝統の製茶技法に最新技術を導入福建省武夷山市

    茶葉を揺する葉以発さん(左)。(2020年5月5日撮影)中国福建省武夷山市の葉以発(よう・いはつ)さんは、40年以上にわたり茶の生産と研究に携わる上級茶師で、古式にのっとった製茶技法と最新技術を融合させ、伝統ある武夷岩茶を世に知らしめている。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)= 配信日: 2023(令和5)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061807228

  •  (3)伝統の製茶技法に最新技術を導入福建省武夷山市
    2023年06月18日
    (3)伝統の製茶技法に最新技術を導入福建省武夷山市

    茶葉の萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおれさせる)作業をする葉以発さん(右)。(2020年5月5日撮影)中国福建省武夷山市の葉以発(よう・いはつ)さんは、40年以上にわたり茶の生産と研究に携わる上級茶師で、古式にのっとった製茶技法と最新技術を融合させ、伝統ある武夷岩茶を世に知らしめている。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)= 配信日: 2023(令和5)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061807237

  •  (5)伝統の製茶技法に最新技術を導入福建省武夷山市
    2023年06月18日
    (5)伝統の製茶技法に最新技術を導入福建省武夷山市

    揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)作業をする葉以発さん(右)親子。(2020年5月5日撮影)中国福建省武夷山市の葉以発(よう・いはつ)さんは、40年以上にわたり茶の生産と研究に携わる上級茶師で、古式にのっとった製茶技法と最新技術を融合させ、伝統ある武夷岩茶を世に知らしめている。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)= 配信日: 2023(令和5)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061807230

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年08月16日
    (4)南京大虐殺の歴史を後世に伝える行事開催江蘇省南京市

    15日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館にある南京大虐殺生存者の写真を展示した壁。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で15日、南京大虐殺の歴史を後世に伝える行事が行われ、南京大虐殺生存者の子孫代表が平和の鐘を鳴らし、平和を祈願した。紀念館は南京大虐殺の生存者で最近亡くなった阮秀英(げん・しゅうえい)さん、楊静秋(よう・せいしゅう)さん、高恒発(こう・こうはつ)さんの追悼式を行った。また、生存者の子孫10人に証書を授与し、第2陣の「南京大虐殺歴史記憶伝承人」に認定した。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2023(令和5)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023081607305

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年08月16日
    (1)南京大虐殺の歴史を後世に伝える行事開催江蘇省南京市

    15日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で展示を見学する来場者。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で15日、南京大虐殺の歴史を後世に伝える行事が行われ、南京大虐殺生存者の子孫代表が平和の鐘を鳴らし、平和を祈願した。紀念館は南京大虐殺の生存者で最近亡くなった阮秀英(げん・しゅうえい)さん、楊静秋(よう・せいしゅう)さん、高恒発(こう・こうはつ)さんの追悼式を行った。また、生存者の子孫10人に証書を授与し、第2陣の「南京大虐殺歴史記憶伝承人」に認定した。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2023(令和5)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023081607295

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年08月16日
    (3)南京大虐殺の歴史を後世に伝える行事開催江蘇省南京市

    15日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館の公祭広場で平和の鐘を鳴らす南京大虐殺生存者の子孫代表。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で15日、南京大虐殺の歴史を後世に伝える行事が行われ、南京大虐殺生存者の子孫代表が平和の鐘を鳴らし、平和を祈願した。紀念館は南京大虐殺の生存者で最近亡くなった阮秀英(げん・しゅうえい)さん、楊静秋(よう・せいしゅう)さん、高恒発(こう・こうはつ)さんの追悼式を行った。また、生存者の子孫10人に証書を授与し、第2陣の「南京大虐殺歴史記憶伝承人」に認定した。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2023(令和5)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023081607292

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年08月16日
    (5)南京大虐殺の歴史を後世に伝える行事開催江蘇省南京市

    15日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館内の壁に掲げられた(左から)阮秀英さん、楊静秋さん、高恒発さんの遺影。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で15日、南京大虐殺の歴史を後世に伝える行事が行われ、南京大虐殺生存者の子孫代表が平和の鐘を鳴らし、平和を祈願した。紀念館は南京大虐殺の生存者で最近亡くなった阮秀英(げん・しゅうえい)さん、楊静秋(よう・せいしゅう)さん、高恒発(こう・こうはつ)さんの追悼式を行った。また、生存者の子孫10人に証書を授与し、第2陣の「南京大虐殺歴史記憶伝承人」に認定した。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2023(令和5)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023081607307

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年08月16日
    (8)南京大虐殺の歴史を後世に伝える行事開催江蘇省南京市

    15日、イベントで発言する南京大虐殺生存者代表で南京大虐殺歴史記憶伝承人の曹玉莉(そう・ぎょくり)さん。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で15日、南京大虐殺の歴史を後世に伝える行事が行われ、南京大虐殺生存者の子孫代表が平和の鐘を鳴らし、平和を祈願した。紀念館は南京大虐殺の生存者で最近亡くなった阮秀英(げん・しゅうえい)さん、楊静秋(よう・せいしゅう)さん、高恒発(こう・こうはつ)さんの追悼式を行った。また、生存者の子孫10人に証書を授与し、第2陣の「南京大虐殺歴史記憶伝承人」に認定した。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2023(令和5)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023081607310

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年08月16日
    (2)南京大虐殺の歴史を後世に伝える行事開催江蘇省南京市

    15日、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた人々。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で15日、南京大虐殺の歴史を後世に伝える行事が行われ、南京大虐殺生存者の子孫代表が平和の鐘を鳴らし、平和を祈願した。紀念館は南京大虐殺の生存者で最近亡くなった阮秀英(げん・しゅうえい)さん、楊静秋(よう・せいしゅう)さん、高恒発(こう・こうはつ)さんの追悼式を行った。また、生存者の子孫10人に証書を授与し、第2陣の「南京大虐殺歴史記憶伝承人」に認定した。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2023(令和5)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023081607299

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年08月16日
    (7)南京大虐殺の歴史を後世に伝える行事開催江蘇省南京市

    15日、南京大虐殺歴史記憶伝承人に認定された周柏選(しゅう・はくせん)さん(左から2人目)、曹玉莉(そう・ぎょくり)さん(左から3人目)、徐開鍇(じょ・かいかい)さん(右から3人目)、関若欣(かん・じゃくきん)さん(右から2人目)に証書を授与する南京大虐殺生存者代表の方素霞(ほう・そか)さん(左)と劉民生(りゅう・みんせい)さん(右)。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で15日、南京大虐殺の歴史を後世に伝える行事が行われ、南京大虐殺生存者の子孫代表が平和の鐘を鳴らし、平和を祈願した。紀念館は南京大虐殺の生存者で最近亡くなった阮秀英(げん・しゅうえい)さん、楊静秋(よう・せいしゅう)さん、高恒発(こう・こうはつ)さんの追悼式を行った。また、生存者の子孫10人に証書を授与し、第2陣の「南京大虐殺歴史記憶伝承人」に認定した。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2023(令和5)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023081607308

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年08月16日
    (6)南京大虐殺の歴史を後世に伝える行事開催江蘇省南京市

    15日、南京大虐殺生存者で亡くなった人々に献花する各界の人々。中国江蘇省南京市の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館で15日、南京大虐殺の歴史を後世に伝える行事が行われ、南京大虐殺生存者の子孫代表が平和の鐘を鳴らし、平和を祈願した。紀念館は南京大虐殺の生存者で最近亡くなった阮秀英(げん・しゅうえい)さん、楊静秋(よう・せいしゅう)さん、高恒発(こう・こうはつ)さんの追悼式を行った。また、生存者の子孫10人に証書を授与し、第2陣の「南京大虐殺歴史記憶伝承人」に認定した。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2023(令和5)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023081607306

  •  【第6回輸入博】(6)無形文化遺産展示ブースで中国の伝統技法を体験
    2023年11月04日
    【第6回輸入博】(6)無形文化遺産展示ブースで中国の伝統技法を体験

    4日、「ほぞ継ぎ」を実演する上海市奉賢区の無形文化遺産伝承者、彭俊発(ほう・しゅんはつ)さん。中国上海市で5日から開催される第6回中国国際輸入博覧会のメディアセンターが4日、会場となる国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)でオープンした。センター内に設けられた無形文化遺産展示ブースでは、中国の伝統技法「ほぞ継ぎ」が内外記者の注目を集めている。くぎなどを使わず木材部品を接合する継ぎ手の一種で、「ほぞ」と呼ばれる突起を「ほぞ穴」に差し込む。上海市奉賢区の無形文化遺産の代表的な項目にも指定されている。(上海=新華社記者/彭純)= 配信日: 2023(令和5)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023110412973

  •  【第6回輸入博】(1)無形文化遺産展示ブースで中国の伝統技法を体験
    2023年11月04日
    【第6回輸入博】(1)無形文化遺産展示ブースで中国の伝統技法を体験

    4日、「ほぞ継ぎ」を実演する上海市奉賢区の無形文化遺産伝承者、彭俊発(ほう・しゅんはつ)さん。中国上海市で5日から開催される第6回中国国際輸入博覧会のメディアセンターが4日、会場となる国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)でオープンした。センター内に設けられた無形文化遺産展示ブースでは、中国の伝統技法「ほぞ継ぎ」が内外記者の注目を集めている。くぎなどを使わず木材部品を接合する継ぎ手の一種で、「ほぞ」と呼ばれる突起を「ほぞ穴」に差し込む。上海市奉賢区の無形文化遺産の代表的な項目にも指定されている。(上海=新華社記者/彭純)= 配信日: 2023(令和5)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023110412962

  •  【第6回輸入博】(2)無形文化遺産展示ブースで中国の伝統技法を体験
    2023年11月04日
    【第6回輸入博】(2)無形文化遺産展示ブースで中国の伝統技法を体験

    4日、「ほぞ継ぎ」を実演する上海市奉賢区の無形文化遺産伝承者、彭俊発(ほう・しゅんはつ)さん。中国上海市で5日から開催される第6回中国国際輸入博覧会のメディアセンターが4日、会場となる国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)でオープンした。センター内に設けられた無形文化遺産展示ブースでは、中国の伝統技法「ほぞ継ぎ」が内外記者の注目を集めている。くぎなどを使わず木材部品を接合する継ぎ手の一種で、「ほぞ」と呼ばれる突起を「ほぞ穴」に差し込む。上海市奉賢区の無形文化遺産の代表的な項目にも指定されている。(上海=新華社記者/楊珏)= 配信日: 2023(令和5)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023110412963

  •  【第6回輸入博】(3)無形文化遺産展示ブースで中国の伝統技法を体験
    2023年11月04日
    【第6回輸入博】(3)無形文化遺産展示ブースで中国の伝統技法を体験

    4日、「ほぞ継ぎ」を実演する上海市奉賢区の無形文化遺産伝承者、彭俊発(ほう・しゅんはつ)さん。中国上海市で5日から開催される第6回中国国際輸入博覧会のメディアセンターが4日、会場となる国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)でオープンした。センター内に設けられた無形文化遺産展示ブースでは、中国の伝統技法「ほぞ継ぎ」が内外記者の注目を集めている。くぎなどを使わず木材部品を接合する継ぎ手の一種で、「ほぞ」と呼ばれる突起を「ほぞ穴」に差し込む。上海市奉賢区の無形文化遺産の代表的な項目にも指定されている。(上海=新華社記者/楊珏)= 配信日: 2023(令和5)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023110412965

  • 1