KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • イタリア
  • スポーツ医学
  • 両国
  • 個人
  • 共有
  • 国際交流
  • 専門知識
  • 感染症対策

「ハルビン医科大学」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年09月19日
    中日韓の専門家、寒冷地のスポーツ外傷を討論ハルビン市

    19日、ハルビン市で開かれたフォーラムの参加者。中国黒竜江省ハルビン市で19日、2019ハルビン医科大学博士課程生フォーラムおよび中日韓寒冷地スポーツ外傷フォーラムが開かれた。フォーラムはハルビン医科大学が主催。中国、日本、韓国のスポーツ医学や関節鏡外科の専門家を招き、学術交流を行った。(ハルビン=新華社配信/ハルビン医科大学付属第一医院徐旭氏提供)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:ハルビン医科大学付属第一医院徐旭氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708701

  • 2019年09月19日
    中日韓の専門家、寒冷地のスポーツ外傷を討論ハルビン市

    19日、ハルビン市で開かれたフォーラムの参加者。中国黒竜江省ハルビン市で19日、2019ハルビン医科大学博士課程生フォーラムおよび中日韓寒冷地スポーツ外傷フォーラムが開かれた。フォーラムはハルビン医科大学が主催。中国、日本、韓国のスポーツ医学や関節鏡外科の専門家を招き、学術交流を行った。(ハルビン=新華社配信/ハルビン医科大学付属第一医院徐旭氏提供)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:ハルビン医科大学付属第一医院徐旭氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708698

  • 2019年09月19日
    中日韓の専門家、寒冷地のスポーツ外傷を討論ハルビン市

    19日、フォーラムで発言する日本の整形外科専門医、小笹泰宏氏。中国黒竜江省ハルビン市で19日、2019ハルビン医科大学博士課程生フォーラムおよび中日韓寒冷地スポーツ外傷フォーラムが開かれた。フォーラムはハルビン医科大学が主催。中国、日本、韓国のスポーツ医学や関節鏡外科の専門家を招き、学術交流を行った。(ハルビン=新華社配信/ハルビン医科大学付属第一医院徐旭氏提供)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:ハルビン医科大学付属第一医院徐旭氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708784

  • 2019年09月19日
    中日韓の専門家、寒冷地のスポーツ外傷を討論ハルビン市

    19日、フォーラムで発言する日本の整形外科専門医、岡村健司氏。中国黒竜江省ハルビン市で19日、2019ハルビン医科大学博士課程生フォーラムおよび中日韓寒冷地スポーツ外傷フォーラムが開かれた。フォーラムはハルビン医科大学が主催。中国、日本、韓国のスポーツ医学や関節鏡外科の専門家を招き、学術交流を行った。(ハルビン=新華社配信/ハルビン医科大学付属第一医院徐旭氏提供)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:ハルビン医科大学付属第一医院徐旭氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708776

  • 2020年07月09日
    中伊の専門家、オンライン交流会で感染症対策を共有

    9日、オンライン交流会の中国側会場。中国黒竜江省のハルビン医科大学附属第一医院は9日、イタリア・ビエッラ公共医療センターと新型コロナウイルス感染症の予防・対策経験交流会をオンライン形式で開いた。両国の専門家が、重症呼吸不全患者の診察や気管切開、投薬治療管理などについて討論した。(ハルビン=新華社記者/閆叡)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304173

  • 01:19.86
    2020年07月09日
    「新華社」中伊の専門家、オンライン交流会で感染症対策を共有

    中国黒竜江省のハルビン医科大学附属第一医院は9日、イタリア・ビエッラ公共医療センターと新型コロナウイルス感染症の予防・対策経験交流会をオンライン形式で開いた。両国の専門家が、重症呼吸不全患者の診察や気管切開、投薬治療管理などについて討論した。今回のオンライン交流会は、両国の専門家が新型コロナ感染症の対策・治療について経験を話し合い、臨床分野の交流を促すことで、共に感染症に立ち向かうことを目的としている。(記者/閆叡)<映像内容>中伊の専門家が新型コロナの予防・対策経験交流会をオンライン形式で実施、撮影日:2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072300443

  • 2020年07月09日
    中伊の専門家、オンライン交流会で感染症対策を共有

    9日、感染予防・対策の経験について語る中国の医療専門家。中国黒竜江省のハルビン医科大学附属第一医院は9日、イタリア・ビエッラ公共医療センターと新型コロナウイルス感染症の予防・対策経験交流会をオンライン形式で開いた。両国の専門家が、重症呼吸不全患者の診察や気管切開、投薬治療管理などについて討論した。(ハルビン=新華社記者/閆叡)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304149

  • 2020年07月09日
    中伊の専門家、オンライン交流会で感染症対策を共有

    9日、感染予防・対策の経験について語る中国の医療専門家。中国黒竜江省のハルビン医科大学附属第一医院は9日、イタリア・ビエッラ公共医療センターと新型コロナウイルス感染症の予防・対策経験交流会をオンライン形式で開いた。両国の専門家が、重症呼吸不全患者の診察や気管切開、投薬治療管理などについて討論した。(ハルビン=新華社記者/閆叡)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071303964

  • 2021年02月01日
    (2)臨時核酸検査施設「火眼」方艙実験室を設置黒竜江省ハルビン市

    1月30日、「火眼」核酸検査方艙実験室の物資備蓄エリアで、医療物資の数を確認するハルビン医科大学付属第四医院の検査スタッフ。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」方艙実験室がこのほど検収に合格し、間もなく運用が開始される。実験室は2次元バーコード読み取りと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担い、運用開始後は同省の核酸検査能力の質と効率・効果をさらに向上させていく。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020309136

  • 2021年02月01日
    (1)臨時核酸検査施設「火眼」方艙実験室を設置黒竜江省ハルビン市

    1月30日、「火眼」核酸検査方艙実験室の物資備蓄エリアで、医療物資の数を確認するハルビン医科大学付属第四医院の検査スタッフ。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」方艙実験室がこのほど検収に合格し、間もなく運用が開始される。実験室は2次元バーコード読み取りと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担い、運用開始後は同省の核酸検査能力の質と効率・効果をさらに向上させていく。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020309147

  • 2021年02月02日
    (4)ロシア人留学生が見た中国の新型コロナとの闘い黒竜江省

    ハルビン医科大学の実験室で実験データを確認するロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさん。(2020年11月24日)中国黒竜江省のハルビン医科大学神経外科の博士課程で学ぶロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさんは新型コロナウイルスの流行発生直後から、個人の損得を考えず患者のために尽力する中国人医師の姿を見てきた。「中国留学では医療の専門知識だけでなく、医師としての精神も学ぶことができた」と語っている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020303078

  • 2021年02月02日
    (1)ロシア人留学生が見た中国の新型コロナとの闘い黒竜江省

    ハルビン医科大学の実験室で実験するロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさん。(2020年11月24日)中国黒竜江省のハルビン医科大学神経外科の博士課程で学ぶロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさんは新型コロナウイルスの流行発生直後から、個人の損得を考えず患者のために尽力する中国人医師の姿を見てきた。「中国留学では医療の専門知識だけでなく、医師としての精神も学ぶことができた」と語っている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020303077

  • 2021年02月02日
    (3)ロシア人留学生が見た中国の新型コロナとの闘い黒竜江省

    昨年の中ロ大学生ビデオ交流会で「私の見た中国とロシア」をテーマに講演するロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさん。(2020年12月15日)中国黒竜江省のハルビン医科大学神経外科の博士課程で学ぶロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさんは新型コロナウイルスの流行発生直後から、個人の損得を考えず患者のために尽力する中国人医師の姿を見てきた。「中国留学では医療の専門知識だけでなく、医師としての精神も学ぶことができた」と語っている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020303082

  • 2021年02月02日
    (2)ロシア人留学生が見た中国の新型コロナとの闘い黒竜江省

    ハルビン医科大学の実験室で実験するロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさん。(2020年11月24日)中国黒竜江省のハルビン医科大学神経外科の博士課程で学ぶロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさんは新型コロナウイルスの流行発生直後から、個人の損得を考えず患者のために尽力する中国人医師の姿を見てきた。「中国留学では医療の専門知識だけでなく、医師としての精神も学ぶことができた」と語っている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020303086

  • 01:25.01
    2022年04月11日
    Hard-won gains against COVID-19 resurgence achieved in China‘s Jilin

    STORY: Hard-won gains against COVID-19 resurgence achieved in China‘s JilinDATELINE: April 11, 2022LENGTH: 00:05:12LOCATION: JILIN, ChinaCATEGORY: HEALTHSHOTLIST:1. various of the people fighting against the COVID-192. SOUNDBITE 1 (Chinese): YU LEI, Head of Infectious Disease Department, Fourth Affiliated Hospital of Harbin Medical University3. SOUNDBITE 2 (Chinese): SONG RAN, Community worker in Jilin City4. SOUNDBITE 3 (Chinese): ZHANG JINLING, Volunteer in Jilin CitySTORYLINE:Northeast China‘s Jilin City has cut off all COVID-19 transmission chains in communities, based on the results of its latest citywide nucleic acid testing. The city, which has been hit hard by COVID-19 resurgence, reported its first locally transmitted case of this outbreak on March 2. It had registered more than 13,700 confirmed cases by the end of Sunday...= 配信日: 2022(令和4)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041702054

  • 1