KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 完了
  • 確認
  • 市民
  • 医療従事者
  • かん
  • ちょう
  • コミュニティー
  • 中止

「ハルビン理工大学」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年12月11日
    (4)黒竜江省ハルビン市、中心部で5回目の全員核酸検査を実施

    8日、ハルビン市香坊区安楽街道のハルビン理工大学にある核酸検査拠点で、検体採取を受ける市民。中国黒竜江省ハルビン市で、市中心部の4回目の全員核酸検査が完了した。過去3回の核酸検査では陽性者4人を確認しており、同市では11日午前8時から、5回目の全員核酸検査が実施された。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121106724

  • 2021年12月11日
    (5)黒竜江省ハルビン市、中心部で5回目の全員核酸検査を実施

    11日、ハルビン市香坊区安楽街道のハルビン理工大学にある核酸検査拠点で、検体採取を受ける市民。中国黒竜江省ハルビン市で、市中心部の4回目の全員核酸検査が完了した。過去3回の核酸検査では陽性者4人を確認しており、同市では11日午前8時から、5回目の全員核酸検査が実施された。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121106726

  • 2021年12月11日
    (6)黒竜江省ハルビン市、中心部で5回目の全員核酸検査を実施

    11日、ハルビン市香坊区安楽街道のハルビン理工大学にある核酸検査拠点で、検体採取を受ける市民。中国黒竜江省ハルビン市で、市中心部の4回目の全員核酸検査が完了した。過去3回の核酸検査では陽性者4人を確認しており、同市では11日午前8時から、5回目の全員核酸検査が実施された。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121106731

  • 2021年12月11日
    (1)黒竜江省ハルビン市、中心部で5回目の全員核酸検査を実施

    8日、ハルビン市香坊区安楽街道のハルビン理工大学にある核酸検査拠点で、検体採取を受ける子供。中国黒竜江省ハルビン市で、市中心部の4回目の全員核酸検査が完了した。過去3回の核酸検査では陽性者4人を確認しており、同市では11日午前8時から、5回目の全員核酸検査が実施された。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121106620

  • 2021年12月11日
    (3)黒竜江省ハルビン市、中心部で5回目の全員核酸検査を実施

    11日、ハルビン市香坊区安楽街道のハルビン理工大学にある核酸検査拠点で、市民の情報を登録する医療従事者。中国黒竜江省ハルビン市で、市中心部の4回目の全員核酸検査が完了した。過去3回の核酸検査では陽性者4人を確認しており、同市では11日午前8時から、5回目の全員核酸検査が実施された。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121106728

  • 2021年12月11日
    (2)黒竜江省ハルビン市、中心部で5回目の全員核酸検査を実施

    11日、ハルビン市香坊区安楽街道のハルビン理工大学にある核酸検査拠点で、検体採取を受ける市民。中国黒竜江省ハルビン市で、市中心部の4回目の全員核酸検査が完了した。過去3回の核酸検査では陽性者4人を確認しており、同市では11日午前8時から、5回目の全員核酸検査が実施された。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121106730

  • 2021年12月14日
    (2)心を一つにコロナと闘う「親子ボランティア」黒竜江省ハルビン市

    11日、ハルビン市香坊区のハルビン理工大学に設けられた核酸検査拠点で住民を案内する関超さん。中国黒竜江省ハルビン市香坊区の安楽街道弁事処防疫チームに、周りから一目置かれる「親子ボランティア」がいる。今年27歳の関超(かん・ちょう)さんはダンス講師で、2020年に新型コロナウイルス感染症が拡大してから、社区(コミュニティー)のボランティアを始めた。今回同市の感染拡大によって、関さんは対面レッスンを中止し、ボランティア活動に取り組んでいる。関さんの母親、王濤(おう・とう)さんはコミュニティーの職員や医療従事者の苦労に思いをはせ、息子と一緒にボランティア活動をすることにした。二人は時には協力し合い、ボランティアとしての役目を果たしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121404565

  • 1