KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 塔城
  • ムー
  • 地域
  • ウルムチ
  • 人々
  • 拠点
  • 機械化
  • 民族

「バガタ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
143
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
143
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1948年08月10日
    賑わう華厳の滝

    浅草から日光まで満員電車に揺られて片道120円、更に涼を求めて華厳の滝見物としゃれ込めばガタガタ電車にケーブルカーにバス代しめて100円、滝壺までのエレベーターが40円、近所の茶屋でちょっと記念スタンプを捺しても10円はとられる。だが華厳の滝はシャバの苦しさも一向素知らぬ顔、インフレ風も吹かばこそ相変わらずドウドウと快音を上げながら七色の虹の霧を散じつつ、天下の涼味を誇っている。藤村を消し去ったこの滝は、以来150人余りの人名を奪ったそうだが、今年になっても投身は引きも切らず、多い月は4、5人、なかには途中の崖に死体が引っかかってロープ1本の引き揚げ作業などと、とんだスリルの場面が展開するという。暑さを逃れてこんな場面に出くわせばスリルも手伝って涼味満点なことは請け合いだ。写真は賑わう華厳の滝=出稿1948(昭和23)年8月10日、栃木県(23年内地番号なし)

    商品コード: 2016051100419

  • 01:32.03
    2018年10月16日
    「新華社」中国国家人文地理叢書、フランクフルト·ブックフェアに登場

    第70回フランクフルト・ブックフェアが10日、ドイツのフランクフルトで開幕した。同日、「中国の都市の風貌を探る‐中国国家人文地理」叢書の海外発表会および中国都市プロモーションイベントが現地のエキシビションセンターで行われた。中国国家人文地理叢書は中国の各都市ごとに、歴史を手がかりとして、地理をキャリアーに、都市の歴史的文脈、地理的環境、文化的資源、経済・社会の発展の成果を権威的、全面的かつ詳細に示し、自然地理と人文地理、伝統文化と現代文明を一つにまとめている。各分冊ごとに中国都市の色鮮やかで美しい1枚の「名刺」となっており、同時に中国の都市の人文地理の百科事典にもなっている。中国国家人文地理叢書は中国地図出版集団により世界に向けて発行・出版されており、そのうち北京、湖州(こしゅう)、宜春(ぎしゅん)、撫順(ぶじゅん)、遼陽(りょうよう)、莆田(ほでん)、海東(かいとう)、塔城(ダルバガタイ)など30都市の分冊が初めてヨーロッパに登場し、今回のフランクフルト・ブックフェアで1つの独特な中国の風景を見せた。<映像内容>中国国家人文地理叢書の海外発表の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818285

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:27.11
    2018年12月01日
    「新華社」ウルムチ、大雪と砂じんに見舞われる新疆各地で悪天候

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市は1日、強い寒気の影響を受け大雪「黄色」警報が発令された。空を覆う砂じんの影響も相まって市内の視界は100メートルを切り、歩行者や車は砂じんと風雪で前に進むのも困難な状況になった。最低気温は零下15度まで落ち込み、砂じん嵐による大気汚染が深刻だった。自治区内の他地域でも暴風や寒波、大雪、砂じんなど極端な天候に相次ぎ見舞われた。自治区北部では最低気温が零下15~20度まで下がり、中でもタルバガタイ地区北部やアルタイ地区、昌吉(しょうきつ)回族自治州東部は最低気温零下25~33度を記録した。トルファンやハミ、カラマイも程度の異なる低温や降雨降雪を伴う暴風や砂じん嵐に見舞われた。気象当局は、今回の寒波や暴風、降雪によって道路の凍結や局地的な吹雪、砂じん嵐が起こるとしており、交通や旅行、牧畜業、ハウス農業、都市運営、市民生活などに悪影響が及ぶとして、警戒を呼びかけている。(記者/郭燕)<映像内容>大雪と砂じんに見舞われる街の様子、撮影日:2018(平成30)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120431815

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:43.36
    2019年01月11日
    「新華社」新疆·ジュンガル盆地で日産量千立方メートルの原油発見

    中国新疆ウイグル自治区北西部のジュンガル盆地南端に位置するイリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ウス市の試掘井「高深1井」でこのほど、生産量豊富な原油・天然ガスが発見された。同油・ガス井での日産量は原油が1213立方メートル、天然ガスが32万1700立方メートルに達し、中国石油新疆油田公司の同盆地における油・ガス井の中で最多の油・ガス日産量を記録した。今回の発見により、同盆地南端が広く原油・天然ガスが集中するエリアであることが証明された。ジュンガル盆地南端は、石油や地質の専門家が数世代にわたり非常に注目し、調査を続けてきた重要なエリアで、原油・天然ガス資源がとても豊富な場所だ。天山山脈北側で発見された長さ400キロに達する背斜構造帯は、世界でも有数の前縁盆地における大油ガス田を形成する地質的条件を備えている。現地は地表条件が悪く、地下構造も複雑なため、調査では大きな困難があった。しかし、関係者の数世代にわたるたゆまぬ努力によって、ついに同盆地南端で日産量「千立方メートルクラス」の油井を探り当てた。「高深1井」の潜在力は大きく、今後の調査の見通しは非常に明るい。(記者/張嘯誠、顧煜)<映像内容>新疆・ジュンガル盆地で原油発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120783

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月13日
    新疆ウイグル自治区の強風地域「マイタス」を訪ねて

    13日、新疆ウイグル自治区のマイタスで発生した地吹雪。中国新疆ウイグル自治区北西部のタルバガタイ(塔城)地区ドルビルジン(額敏)県に位置するマイタスと呼ばれる地域は、東西の風が交互に吹き、1年のうち秒速17・2メートル以上の強風が吹く日が150日を超える、世界でもまれな暴風雪による災害が多発する地域だ。自治区タルバガタイ道路管理局ドルビルジン支局が同地域の緊急時に備えて設けた拠点「マイタス応急保障基地」はここ数年、除雪車など氷雪災害時の救助設備を続けて投入し、地域の道路交通の安全を確保してきた。(ドルビルジン=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821115

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月13日
    新疆ウイグル自治区の強風地域「マイタス」を訪ねて

    13日、強風でなびく新疆・マイタスの道路わきの草。中国新疆ウイグル自治区北西部のタルバガタイ(塔城)地区ドルビルジン(額敏)県に位置するマイタスと呼ばれる地域は、東西の風が交互に吹き、1年のうち秒速17・2メートル以上の強風が吹く日が150日を超える、世界でもまれな暴風雪による災害が多発する地域だ。自治区タルバガタイ道路管理局ドルビルジン支局が同地域の緊急時に備えて設けた拠点「マイタス応急保障基地」はここ数年、除雪車など氷雪災害時の救助設備を続けて投入し、地域の道路交通の安全を確保してきた。(ドルビルジン=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820222

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月15日
    新疆ウイグル自治区の強風地域「マイタス」を訪ねて

    15日、道路上にたまった雪を取り除くマイタス応急保障基地の除雪車。中国新疆ウイグル自治区北西部のタルバガタイ(塔城)地区ドルビルジン(額敏)県に位置するマイタスと呼ばれる地域は、東西の風が交互に吹き、1年のうち秒速17・2メートル以上の強風が吹く日が150日を超える、世界でもまれな暴風雪による災害が多発する地域だ。自治区タルバガタイ道路管理局ドルビルジン支局が同地域の緊急時に備えて設けた拠点「マイタス応急保障基地」はここ数年、除雪車など氷雪災害時の救助設備を続けて投入し、地域の道路交通の安全を確保してきた。(ドルビルジン=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820241

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月15日
    新疆ウイグル自治区の強風地域「マイタス」を訪ねて

    15日、道路上にたまった雪を取り除くマイタス応急保障基地の除雪車。中国新疆ウイグル自治区北西部のタルバガタイ(塔城)地区ドルビルジン(額敏)県に位置するマイタスと呼ばれる地域は、東西の風が交互に吹き、1年のうち秒速17・2メートル以上の強風が吹く日が150日を超える、世界でもまれな暴風雪による災害が多発する地域だ。自治区タルバガタイ道路管理局ドルビルジン支局が同地域の緊急時に備えて設けた拠点「マイタス応急保障基地」はここ数年、除雪車など氷雪災害時の救助設備を続けて投入し、地域の道路交通の安全を確保してきた。(ドルビルジン=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820563

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月15日
    新疆ウイグル自治区の強風地域「マイタス」を訪ねて

    15日、新疆ウイグル自治区のマイタスで発生した地吹雪。中国新疆ウイグル自治区北西部のタルバガタイ(塔城)地区ドルビルジン(額敏)県に位置するマイタスと呼ばれる地域は、東西の風が交互に吹き、1年のうち秒速17・2メートル以上の強風が吹く日が150日を超える、世界でもまれな暴風雪による災害が多発する地域だ。自治区タルバガタイ道路管理局ドルビルジン支局が同地域の緊急時に備えて設けた拠点「マイタス応急保障基地」はここ数年、除雪車など氷雪災害時の救助設備を続けて投入し、地域の道路交通の安全を確保してきた。(ドルビルジン=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820535

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月15日
    新疆ウイグル自治区の強風地域「マイタス」を訪ねて

    15日、新疆ウイグル自治区のマイタスの道路に地吹雪で積もった雪。中国新疆ウイグル自治区北西部のタルバガタイ(塔城)地区ドルビルジン(額敏)県に位置するマイタスと呼ばれる地域は、東西の風が交互に吹き、1年のうち秒速17・2メートル以上の強風が吹く日が150日を超える、世界でもまれな暴風雪による災害が多発する地域だ。自治区タルバガタイ道路管理局ドルビルジン支局が同地域の緊急時に備えて設けた拠点「マイタス応急保障基地」はここ数年、除雪車など氷雪災害時の救助設備を続けて投入し、地域の道路交通の安全を確保してきた。(ドルビルジン=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820248

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月15日
    新疆ウイグル自治区の強風地域「マイタス」を訪ねて

    15日、新疆ウイグル自治区のマイタスで発生した地吹雪。中国新疆ウイグル自治区北西部のタルバガタイ(塔城)地区ドルビルジン(額敏)県に位置するマイタスと呼ばれる地域は、東西の風が交互に吹き、1年のうち秒速17・2メートル以上の強風が吹く日が150日を超える、世界でもまれな暴風雪による災害が多発する地域だ。自治区タルバガタイ道路管理局ドルビルジン支局が同地域の緊急時に備えて設けた拠点「マイタス応急保障基地」はここ数年、除雪車など氷雪災害時の救助設備を続けて投入し、地域の道路交通の安全を確保してきた。(ドルビルジン=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820593

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月24日
    瀋陽鉄道「新疆支援号」観光特別列車、新疆タルバガタイ到着

    5月24日、出発に際し記念写真を撮る「新疆支援号」に乗車する観光客。中国鉄路瀋陽局集団によると、同社運行の2019年度最初の「新疆支援号」観光特別列車が5月30日、新疆ウイグル自治区のタルバガタイ(塔城)駅に到着した。列車には600人近い観光客が乗車しており、同自治区の広大な風景を体感する。(瀋陽=新華社配信/中国鉄路瀋陽局集団有限公司提供)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:中国鉄路瀋陽局集団有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060402953

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月24日
    瀋陽鉄道「新疆支援号」観光特別列車、新疆タルバガタイ到着

    5月24日、出発を前に「新疆支援号」の前で記念写真を撮る観光客。中国鉄路瀋陽局集団によると、同社運行の2019年度最初の「新疆支援号」観光特別列車が5月30日、新疆ウイグル自治区のタルバガタイ(塔城)駅に到着した。列車には600人近い観光客が乗車しており、同自治区の広大な風景を体感する。(瀋陽=新華社配信/中国鉄路瀋陽局集団有限公司提供)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:中国鉄路瀋陽局集団有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060402923

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月24日
    瀋陽鉄道「新疆支援号」観光特別列車、新疆タルバガタイ到着

    5月24日、ホームに停車し観光客の乗車を待つ「新疆支援号」観光特別列車。中国鉄路瀋陽局集団によると、同社運行の2019年度最初の「新疆支援号」観光特別列車が5月30日、新疆ウイグル自治区のタルバガタイ(塔城)駅に到着した。列車には600人近い観光客が乗車しており、同自治区の広大な風景を体感する。(瀋陽=新華社配信/中国鉄路瀋陽局集団)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:中国鉄路瀋陽局/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060402994

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月15日
    辺境都市のアコーディオン博物館を訪ねて新疆ウイグル自治区

    15日、アコーディオン博物館を見学する親子連れ。中国西部の辺境に位置する新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区に、アコーディオン博物館がある。展示面積は500平方メートルで、中国、ロシア、ドイツ、イタリア、ウクライナなど10カ国から集められた、さまざまなブランドのアコーディオン945台を収蔵している。タルバガタイ地区は多民族が集まる地域で、各民族の文化が融合し、アコーディオン愛好者が多い。重要な祝日や友人の集まりごとに、人々はアコーディオンを奏で、思う存分に歌い踊る。観光業の発展に伴い、アコーディオンも観光客を魅了する特色の一つとなっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100732

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月15日
    辺境都市のアコーディオン博物館を訪ねて新疆ウイグル自治区

    15日、博物館に展示されたロシア製のアコーディオン。中国西部の辺境に位置する新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区に、アコーディオン博物館がある。展示面積は500平方メートルで、中国、ロシア、ドイツ、イタリア、ウクライナなど10カ国から集められた、さまざまなブランドのアコーディオン945台を収蔵している。タルバガタイ地区は多民族が集まる地域で、各民族の文化が融合し、アコーディオン愛好者が多い。重要な祝日や友人の集まりごとに、人々はアコーディオンを奏で、思う存分に歌い踊る。観光業の発展に伴い、アコーディオンも観光客を魅了する特色の一つとなっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100694

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月15日
    辺境都市のアコーディオン博物館を訪ねて新疆ウイグル自治区

    15日、博物館に展示された1950年代のイタリア製のアコーディオン。中国西部の辺境に位置する新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区に、アコーディオン博物館がある。展示面積は500平方メートルで、中国、ロシア、ドイツ、イタリア、ウクライナなど10カ国から集められた、さまざまなブランドのアコーディオン945台を収蔵している。タルバガタイ地区は多民族が集まる地域で、各民族の文化が融合し、アコーディオン愛好者が多い。重要な祝日や友人の集まりごとに、人々はアコーディオンを奏で、思う存分に歌い踊る。観光業の発展に伴い、アコーディオンも観光客を魅了する特色の一つとなっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100753

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月15日
    辺境都市のアコーディオン博物館を訪ねて新疆ウイグル自治区

    15日、博物館に展示されたイタリア製のアコーディオン。中国西部の辺境に位置する新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区に、アコーディオン博物館がある。展示面積は500平方メートルで、中国、ロシア、ドイツ、イタリア、ウクライナなど10カ国から集められた、さまざまなブランドのアコーディオン945台を収蔵している。タルバガタイ地区は多民族が集まる地域で、各民族の文化が融合し、アコーディオン愛好者が多い。重要な祝日や友人の集まりごとに、人々はアコーディオンを奏で、思う存分に歌い踊る。観光業の発展に伴い、アコーディオンも観光客を魅了する特色の一つとなっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100717

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月15日
    辺境都市のアコーディオン博物館を訪ねて新疆ウイグル自治区

    15日、博物館に展示されたロシア製のアコーディオン。中国西部の辺境に位置する新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区に、アコーディオン博物館がある。展示面積は500平方メートルで、中国、ロシア、ドイツ、イタリア、ウクライナなど10カ国から集められた、さまざまなブランドのアコーディオン945台を収蔵している。タルバガタイ地区は多民族が集まる地域で、各民族の文化が融合し、アコーディオン愛好者が多い。重要な祝日や友人の集まりごとに、人々はアコーディオンを奏で、思う存分に歌い踊る。観光業の発展に伴い、アコーディオンも観光客を魅了する特色の一つとなっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100755

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月04日
    中国最古の森林、3億年以上前に出現年代測定で判明

    新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区の野外の風景。(資料写真)中国で最も古い森林はどれほど前から存在したか。中国と米国の研究者がこの謎に答えた。最新の研究成果では3億7100万年の昔には中国の大地に森林が存在していたという。研究を率いた中国科学院南京地質古生物研究所の徐洪河(じょ・こうか)研究員によると、中国最古の森林があったのは新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区。2015年に研究者がここで直径70センチの植物化石を発見した。古生物研究では、この植物がこれまでに知られた最古の樹木の一つであることが分かった。最高4メートルに成長する。この樹木によって構成されていた森林が、中国でこれまでに知られた最古の森林となる。(塔城=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020061604395

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月04日
    中国最古の森林、3億年以上前に出現年代測定で判明

    中国で知られている最古の森から発見された代表的な植物の化石。(資料写真)中国で最も古い森林はどれほど前から存在したか。中国と米国の研究者がこの謎に答えた。最新の研究成果では3億7100万年の昔には中国の大地に森林が存在していたという。研究を率いた中国科学院南京地質古生物研究所の徐洪河(じょ・こうか)研究員によると、中国最古の森林があったのは新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区。2015年に研究者がここで直径70センチの植物化石を発見した。古生物研究では、この植物がこれまでに知られた最古の樹木の一つであることが分かった。最高4メートルに成長する。この樹木によって構成されていた森林が、中国でこれまでに知られた最古の森林となる。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061604399

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月04日
    中国最古の森林、3億年以上前に出現年代測定で判明

    中国で知られている最古の森から発見された代表的な植物の化石。(資料写真)中国で最も古い森林はどれほど前から存在したか。中国と米国の研究者がこの謎に答えた。最新の研究成果では3億7100万年の昔には中国の大地に森林が存在していたという。研究を率いた中国科学院南京地質古生物研究所の徐洪河(じょ・こうか)研究員によると、中国最古の森林があったのは新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区。2015年に研究者がここで直径70センチの植物化石を発見した。古生物研究では、この植物がこれまでに知られた最古の樹木の一つであることが分かった。最高4メートルに成長する。この樹木によって構成されていた森林が、中国でこれまでに知られた最古の森林となる。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020061604400

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月04日
    中国最古の森林、3億年以上前に出現年代測定で判明

    中国で知られている最古の森から発見された代表的な植物の化石。(資料写真)中国で最も古い森林はどれほど前から存在したか。中国と米国の研究者がこの謎に答えた。最新の研究成果では3億7100万年の昔には中国の大地に森林が存在していたという。研究を率いた中国科学院南京地質古生物研究所の徐洪河(じょ・こうか)研究員によると、中国最古の森林があったのは新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区。2015年に研究者がここで直径70センチの植物化石を発見した。古生物研究では、この植物がこれまでに知られた最古の樹木の一つであることが分かった。最高4メートルに成長する。この樹木によって構成されていた森林が、中国でこれまでに知られた最古の森林となる。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061604409

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月04日
    中国最古の森林、3億年以上前に出現年代測定で判明

    中国で知られている最古の森から発見された代表的な植物の化石。(資料写真)中国で最も古い森林はどれほど前から存在したか。中国と米国の研究者がこの謎に答えた。最新の研究成果では3億7100万年の昔には中国の大地に森林が存在していたという。研究を率いた中国科学院南京地質古生物研究所の徐洪河(じょ・こうか)研究員によると、中国最古の森林があったのは新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区。2015年に研究者がここで直径70センチの植物化石を発見した。古生物研究では、この植物がこれまでに知られた最古の樹木の一つであることが分かった。最高4メートルに成長する。この樹木によって構成されていた森林が、中国でこれまでに知られた最古の森林となる。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061604466

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月04日
    中国最古の森林、3億年以上前に出現年代測定で判明

    中国で知られている最古の森から発見された代表的な植物の化石。(資料写真)中国で最も古い森林はどれほど前から存在したか。中国と米国の研究者がこの謎に答えた。最新の研究成果では3億7100万年の昔には中国の大地に森林が存在していたという。研究を率いた中国科学院南京地質古生物研究所の徐洪河(じょ・こうか)研究員によると、中国最古の森林があったのは新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区。2015年に研究者がここで直径70センチの植物化石を発見した。古生物研究では、この植物がこれまでに知られた最古の樹木の一つであることが分かった。最高4メートルに成長する。この樹木によって構成されていた森林が、中国でこれまでに知られた最古の森林となる。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061604405

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月04日
    中国最古の森林、3億年以上前に出現年代測定で判明

    中国で知られている最古の森から発見された代表的な植物の化石。(資料写真)中国で最も古い森林はどれほど前から存在したか。中国と米国の研究者がこの謎に答えた。最新の研究成果では3億7100万年の昔には中国の大地に森林が存在していたという。研究を率いた中国科学院南京地質古生物研究所の徐洪河(じょ・こうか)研究員によると、中国最古の森林があったのは新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区。2015年に研究者がここで直径70センチの植物化石を発見した。古生物研究では、この植物がこれまでに知られた最古の樹木の一つであることが分かった。最高4メートルに成長する。この樹木によって構成されていた森林が、中国でこれまでに知られた最古の森林となる。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061604410

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月04日
    中国最古の森林、3億年以上前に出現年代測定で判明

    中国で知られている最古の森から発見された代表的な植物の化石。(資料写真)中国で最も古い森林はどれほど前から存在したか。中国と米国の研究者がこの謎に答えた。最新の研究成果では3億7100万年の昔には中国の大地に森林が存在していたという。研究を率いた中国科学院南京地質古生物研究所の徐洪河(じょ・こうか)研究員によると、中国最古の森林があったのは新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区。2015年に研究者がここで直径70センチの植物化石を発見した。古生物研究では、この植物がこれまでに知られた最古の樹木の一つであることが分かった。最高4メートルに成長する。この樹木によって構成されていた森林が、中国でこれまでに知られた最古の森林となる。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020061604444

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月04日
    中国最古の森林、3億年以上前に出現年代測定で判明

    中国で知られている最古の森から発見された代表的な植物の化石。(資料写真)中国で最も古い森林はどれほど前から存在したか。中国と米国の研究者がこの謎に答えた。最新の研究成果では3億7100万年の昔には中国の大地に森林が存在していたという。研究を率いた中国科学院南京地質古生物研究所の徐洪河(じょ・こうか)研究員によると、中国最古の森林があったのは新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区。2015年に研究者がここで直径70センチの植物化石を発見した。古生物研究では、この植物がこれまでに知られた最古の樹木の一つであることが分かった。最高4メートルに成長する。この樹木によって構成されていた森林が、中国でこれまでに知られた最古の森林となる。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061604465

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月04日
    中国最古の森林、3億年以上前に出現年代測定で判明

    中国で知られている最古の森から発見された代表的な植物の化石。(資料写真)中国で最も古い森林はどれほど前から存在したか。中国と米国の研究者がこの謎に答えた。最新の研究成果では3億7100万年の昔には中国の大地に森林が存在していたという。研究を率いた中国科学院南京地質古生物研究所の徐洪河(じょ・こうか)研究員によると、中国最古の森林があったのは新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区。2015年に研究者がここで直径70センチの植物化石を発見した。古生物研究では、この植物がこれまでに知られた最古の樹木の一つであることが分かった。最高4メートルに成長する。この樹木によって構成されていた森林が、中国でこれまでに知られた最古の森林となる。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所徐洪河研究員/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061604382

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月04日
    中国最古の森林、3億年以上前に出現年代測定で判明

    中国で知られている最古の森から発見された代表的な植物の化石。(資料写真)中国で最も古い森林はどれほど前から存在したか。中国と米国の研究者がこの謎に答えた。最新の研究成果では3億7100万年の昔には中国の大地に森林が存在していたという。研究を率いた中国科学院南京地質古生物研究所の徐洪河(じょ・こうか)研究員によると、中国最古の森林があったのは新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区。2015年に研究者がここで直径70センチの植物化石を発見した。古生物研究では、この植物がこれまでに知られた最古の樹木の一つであることが分かった。最高4メートルに成長する。この樹木によって構成されていた森林が、中国でこれまでに知られた最古の森林となる。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所研究員徐洪河氏提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所研究員徐洪河氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061604397

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月19日
    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県

    19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司の工場で、ひよこ豆のパンを作る従業員。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508488

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月19日
    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県

    19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司の工場で、ひよこ豆のパンを作る従業員。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508487

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月19日
    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県

    19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司の工場で、ひよこ豆のパンをオーブンに入れる従業員。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508531

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月19日
    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県

    19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司で、包装されたひよこ豆を運搬箱に入れる従業員。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508534

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月19日
    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県

    19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司の工場で、ひよこ豆の皮の除去作業をする従業員。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508515

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月19日
    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県

    19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司の工場で、忙しく働く貧困家庭の女性。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508496

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月19日
    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県

    19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司の工場で、忙しく働く貧困家庭の女性。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508527

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月19日
    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県

    19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司で、ひよこ豆粉の包装作業をする従業員。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508526

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.73
    2020年09月27日
    「新華社」「トウガラシの里」一面染める実りの赤新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区に位置する沙湾県安集海鎮では現在、トウガラシが収穫期を迎え、刈り取り機の音が鳴り響いている。「トウガラシの里」の呼び名を持つ同鎮では、トウガラシの栽培面積が新疆ウイグル自治区全体の10分の1に当たる3万8千ムー(約2500ヘクタール)に上っており、トウガラシは地元農家の収入の半分を支える重要な作物となっている。安集海産のトウガラシは毎年、陝西、湖南、雲南、貴州、四川などの加工・集散地を経由して中国各地に流通するとともに、韓国や日本、東南アジアなどに輸出されている。(記者/阿曼)<映像内容>トウガラシの収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020093008749

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.68
    2020年10月14日
    「新華社」新疆でのインフラ建設を強化750キロボルト送電網が完成

    中国新疆ウイグル自治区のアルタイ(阿勒泰)地区とタルバガタイ(塔城)地区を高圧送電線で結ぶ阿勒泰-准北750キロボルト送変電プロジェクトが14日、正式に電力供給を開始した。同自治区は域内をカバーする750キロボルト送電網の整備を終え、インフラレベルがさらに向上した。同プロジェクトは、アルタイ地区カナスとタルバガタイ地区准北にある750キロボルト変電所を結び、途中両地区の多くの県や市を通過する。全長は341キロで、鉄塔725基が設置されている。プロジェクトの送電開始により、アルタイ地区から外部への送電能力は200万キロワットに増強された。送電大手、国家電網傘下の国網新疆電力によると、自治区のインフラ建設は強化され続けており、これまでにウルムチ市を中心に東はハミ(哈密)市、西はイリ・カザフ自治州、南はカシュガル(喀什)地区とホータン(和田)地区、北はアルタイ地区に至る750キロボルト基幹送電網が完成。新疆の社会の安定と経済の発展をエネルギー面から支えている。(記者/張嘯誠、杜剛)<映像内容>新疆のインフラ建設、750キロボルト送電網の様子、撮影日:2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704693

  • 2020年10月14日
    England U21 v Turkey U21 - UEFA Euro U21 Qualifying - Group 3 - Molineux

    October 13, 2020, Wolverhampton, United Kingdom: Halil Dervisoglu of Turkey tackled by Oliver Skipp and Josh Dasilva of England during the UEFA Euro U21 Qualifying match at Molineux, Wolverhampton. Picture date: 13th October 2020. Picture credit should read: Andrew Yates/Sportimage(Credit Image: © Andrew Yates/CSM via ZUMA Wire)、クレジット:© Andrew Yates/CSM via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101407165

  • 2020年11月30日
    Beximco Dhaka Vs Gemcon Khulna in Dhaka, Bangladesh - 30 Nov 2020

    November 30, 2020, Dhaka, Bangladesh: Gemcon Khulna cricket player, Shuvagata Hom celebrates in action during the Bangabandhu T20 Cup 2020 between Beximco Dhaka and Gemcon Khulna at Sher e Bangla National Cricket Stadium..Gemcon Khulna won by 37 runs. (Credit Image: © Zabed Hasnain Chowdhury/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Zabed Hasnain Chowdhury/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120105042

  • 2020年11月30日
    Beximco Dhaka Vs Gemcon Khulna in Dhaka, Bangladesh - 30 Nov 2020

    November 30, 2020, Dhaka, Bangladesh: Gemcon Khulna cricket player, Shuvagata Hom celebrates during the Bangabandhu T20 Cup 2020 between Beximco Dhaka and Gemcon Khulna at Sher e Bangla National Cricket Stadium..Gemcon Khulna won by 37 runs. (Credit Image: © Zabed Hasnain Chowdhury/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Zabed Hasnain Chowdhury/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120105127

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (7)氷雪災害の多発地域に安全を確保する人々新疆ウイグル自治区

    除雪車に積もった雪を取り除くマイタス防風雪応急基地の隊員。(1月19日撮影)中国新疆ウイグル自治区北西部のタルバガタイ(塔城)地区ドルビルジン(額敏)県のマイタス(瑪依塔斯)は、地元交通の要衝となる一方、世界でもまれな暴風雪の災害多発地域としても知られる。8級(風速17・2~20・7メートル)以上の風が吹く日は年間180日に上り、猛吹雪により視界が遮られることで、冬季の道路交通に大きな影響を与えている。2002年以降は暴風雪被害を防ぐための拠点「マイタス防風雪応急基地」が設けられ、主要幹線道路の除雪や救難活動を担っている。同基地が過去5年間に出動させた除雪車などの機材は累計5千台に上り、除雪した雪の量は9900万立方メートル余りに及ぶ。5300人余りを救助し、凍傷患者や死者は1人も出ていないという。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020203601

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (1)氷雪災害の多発地域で安全を確保する人々新疆ウイグル自治区

    暴風雪に見舞われた車の情報を登録し、交通警察部門に報告するマイタス防風雪応急基地の隊員。(1月24日撮影)中国新疆ウイグル自治区北西部のタルバガタイ(塔城)地区ドルビルジン(額敏)県のマイタス(瑪依塔斯)は、地元交通の要衝となる一方、世界でもまれな暴風雪の災害多発地域としても知られる。8級(風速17・2~20・7メートル)以上の風が吹く日は年間180日に上り、猛吹雪により視界が遮られることで、冬季の道路交通に大きな影響を与えている。2002年以降は暴風雪被害を防ぐための拠点「マイタス防風雪応急基地」が設けられ、主要幹線道路の除雪や救難活動を担っている。同基地が過去5年間に出動させた除雪車などの機材は累計5千台に上り、除雪した雪の量は9900万立方メートル余りに及ぶ。5300人余りを救助し、凍傷患者や死者は1人も出ていないという。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020203595

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (6)氷雪災害の多発地域に安全を確保する人々新疆ウイグル自治区

    暴風雪の中、立ち往生した車を探すマイタス防風雪応急基地の隊員。(1月23日撮影)中国新疆ウイグル自治区北西部のタルバガタイ(塔城)地区ドルビルジン(額敏)県のマイタス(瑪依塔斯)は、地元交通の要衝となる一方、世界でもまれな暴風雪の災害多発地域としても知られる。8級(風速17・2~20・7メートル)以上の風が吹く日は年間180日に上り、猛吹雪により視界が遮られることで、冬季の道路交通に大きな影響を与えている。2002年以降は暴風雪被害を防ぐための拠点「マイタス防風雪応急基地」が設けられ、主要幹線道路の除雪や救難活動を担っている。同基地が過去5年間に出動させた除雪車などの機材は累計5千台に上り、除雪した雪の量は9900万立方メートル余りに及ぶ。5300人余りを救助し、凍傷患者や死者は1人も出ていないという。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020203600

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (4)氷雪災害の多発地域に安全を確保する人々新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区塔城地区額敏県のマイタス地域。(1月23日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区北西部のタルバガタイ(塔城)地区ドルビルジン(額敏)県のマイタス(瑪依塔斯)は、地元交通の要衝となる一方、世界でもまれな暴風雪の災害多発地域としても知られる。8級(風速17・2~20・7メートル)以上の風が吹く日は年間180日に上り、猛吹雪により視界が遮られることで、冬季の道路交通に大きな影響を与えている。2002年以降は暴風雪被害を防ぐための拠点「マイタス防風雪応急基地」が設けられ、主要幹線道路の除雪や救難活動を担っている。同基地が過去5年間に出動させた除雪車などの機材は累計5千台に上り、除雪した雪の量は9900万立方メートル余りに及ぶ。5300人余りを救助し、凍傷患者や死者は1人も出ていないという。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020203604

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (5)氷雪災害の多発地域に安全を確保する人々新疆ウイグル自治区

    暴風雪被害を防ぐために設けられたマイタス防風雪応急基地。(1月23日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区北西部のタルバガタイ(塔城)地区ドルビルジン(額敏)県のマイタス(瑪依塔斯)は、地元交通の要衝となる一方、世界でもまれな暴風雪の災害多発地域としても知られる。8級(風速17・2~20・7メートル)以上の風が吹く日は年間180日に上り、猛吹雪により視界が遮られることで、冬季の道路交通に大きな影響を与えている。2002年以降は暴風雪被害を防ぐための拠点「マイタス防風雪応急基地」が設けられ、主要幹線道路の除雪や救難活動を担っている。同基地が過去5年間に出動させた除雪車などの機材は累計5千台に上り、除雪した雪の量は9900万立方メートル余りに及ぶ。5300人余りを救助し、凍傷患者や死者は1人も出ていないという。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020203603

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (10)氷雪災害の多発地域に安全を確保する人々新疆ウイグル自治区

    道路の除雪作業をするマイタス防風雪応急基地の除雪車両。(1月24日撮影)中国新疆ウイグル自治区北西部のタルバガタイ(塔城)地区ドルビルジン(額敏)県のマイタス(瑪依塔斯)は、地元交通の要衝となる一方、世界でもまれな暴風雪の災害多発地域としても知られる。8級(風速17・2~20・7メートル)以上の風が吹く日は年間180日に上り、猛吹雪により視界が遮られることで、冬季の道路交通に大きな影響を与えている。2002年以降は暴風雪被害を防ぐための拠点「マイタス防風雪応急基地」が設けられ、主要幹線道路の除雪や救難活動を担っている。同基地が過去5年間に出動させた除雪車などの機材は累計5千台に上り、除雪した雪の量は9900万立方メートル余りに及ぶ。5300人余りを救助し、凍傷患者や死者は1人も出ていないという。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020203605

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (9)氷雪災害の多発地域に安全を確保する人々新疆ウイグル自治区

    暴風雪の中、立ち往生した車を探すマイタス防風雪応急基地の隊員。(1月23日撮影)中国新疆ウイグル自治区北西部のタルバガタイ(塔城)地区ドルビルジン(額敏)県のマイタス(瑪依塔斯)は、地元交通の要衝となる一方、世界でもまれな暴風雪の災害多発地域としても知られる。8級(風速17・2~20・7メートル)以上の風が吹く日は年間180日に上り、猛吹雪により視界が遮られることで、冬季の道路交通に大きな影響を与えている。2002年以降は暴風雪被害を防ぐための拠点「マイタス防風雪応急基地」が設けられ、主要幹線道路の除雪や救難活動を担っている。同基地が過去5年間に出動させた除雪車などの機材は累計5千台に上り、除雪した雪の量は9900万立方メートル余りに及ぶ。5300人余りを救助し、凍傷患者や死者は1人も出ていないという。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020203606

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (3)氷雪災害の多発地域に安全を確保する人々新疆ウイグル自治区

    マイタス防風雪応急基地の隊員(右)に救助され、感謝の意を示すドライバー。(1月24日撮影)中国新疆ウイグル自治区北西部のタルバガタイ(塔城)地区ドルビルジン(額敏)県のマイタス(瑪依塔斯)は、地元交通の要衝となる一方、世界でもまれな暴風雪の災害多発地域としても知られる。8級(風速17・2~20・7メートル)以上の風が吹く日は年間180日に上り、猛吹雪により視界が遮られることで、冬季の道路交通に大きな影響を与えている。2002年以降は暴風雪被害を防ぐための拠点「マイタス防風雪応急基地」が設けられ、主要幹線道路の除雪や救難活動を担っている。同基地が過去5年間に出動させた除雪車などの機材は累計5千台に上り、除雪した雪の量は9900万立方メートル余りに及ぶ。5300人余りを救助し、凍傷患者や死者は1人も出ていないという。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020203599

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (8)氷雪災害の多発地域に安全を確保する人々新疆ウイグル自治区

    暴風雪で立ち往生したトラックを移動させる準備をするマイタス防風雪応急基地の隊員。(1月24日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区北西部のタルバガタイ(塔城)地区ドルビルジン(額敏)県のマイタス(瑪依塔斯)は、地元交通の要衝となる一方、世界でもまれな暴風雪の災害多発地域としても知られる。8級(風速17・2~20・7メートル)以上の風が吹く日は年間180日に上り、猛吹雪により視界が遮られることで、冬季の道路交通に大きな影響を与えている。2002年以降は暴風雪被害を防ぐための拠点「マイタス防風雪応急基地」が設けられ、主要幹線道路の除雪や救難活動を担っている。同基地が過去5年間に出動させた除雪車などの機材は累計5千台に上り、除雪した雪の量は9900万立方メートル余りに及ぶ。5300人余りを救助し、凍傷患者や死者は1人も出ていないという。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020203602

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月14日
    歌と踊りで春節を祝う「おばあちゃん芸術団」新疆ウイグル自治区

    14日、カザフ族のゲルの中で、春節を祝う芸術団のメンバー。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区トリ(托里)県にあるカザフ民宿の趣を持つドライブ旅行の拠点に14日、民間団体の「小天鵝(コハクチョウ)芸術団」が訪れた。団員の平均年齢は約70歳、さまざまな民族から成る。歌と踊りに長け公益活動を愛することから、地元の人々から「愛心奶奶(思いやりおばあちゃん)芸術団」と呼ばれている。おばあちゃんたちはカザフ族の移動式住居「ゲル」に集まり、歌と踊りで新しい年に対する祝福と期待を表した。(托里=新華社記者/沙達提)=配信日:2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021800284

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月14日
    歌と踊りで春節を祝う「おばあちゃん芸術団」新疆ウイグル自治区

    14日、カザフ族のゲルの中で、春節を祝う芸術団のメンバー。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区トリ(托里)県にあるカザフ民宿の趣を持つドライブ旅行の拠点に14日、民間団体の「小天鵝(コハクチョウ)芸術団」が訪れた。団員の平均年齢は約70歳、さまざまな民族から成る。歌と踊りに長け公益活動を愛することから、地元の人々から「愛心奶奶(思いやりおばあちゃん)芸術団」と呼ばれている。おばあちゃんたちはカザフ族の移動式住居「ゲル」に集まり、歌と踊りで新しい年に対する祝福と期待を表した。(托里=新華社記者/沙達提)=配信日:2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021800275

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月16日
    (5)歌声で祝福、モンゴル族の新年迎える風習新疆ウイグル自治区

    11日、査干阿徳爾格村の住民、哈爾次克(ハルツク)さん宅を年始のあいさつに訪れ、歌で祝福を伝える友人。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県鉄布肯烏散郷査干阿徳爾格村の旧暦大みそかの夜は、新年を祝う歌声の中で過ぎていった。同村では11日午後、県の芸術団体「烏蘭牧騎」が美しい歌と踊りの公演を行い、歌声は村の隅々まで響き渡った。夜には各家庭で年越しの食事が楽しまれたが、そこでも美しい歌声は欠かせないものだった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700134

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月16日
    (4)歌声で祝福、モンゴル族の新年迎える風習新疆ウイグル自治区

    11日、査干阿徳爾格村の西鳳苑広場で、歌や踊りを披露する芸術団体「烏蘭牧騎」の出演者。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県鉄布肯烏散郷査干阿徳爾格村の旧暦大みそかの夜は、新年を祝う歌声の中で過ぎていった。同村では11日午後、県の芸術団体「烏蘭牧騎」が美しい歌と踊りの公演を行い、歌声は村の隅々まで響き渡った。夜には各家庭で年越しの食事が楽しまれたが、そこでも美しい歌声は欠かせないものだった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700135

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月16日
    (1)歌声で祝福、モンゴル族の新年迎える風習新疆ウイグル自治区

    11日、査干阿徳爾格村で年始のあいさつのため自宅を訪れた親友をもてなす村民の哈爾次克(ハルツク)さん。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県鉄布肯烏散郷査干阿徳爾格村の旧暦大みそかの夜は、新年を祝う歌声の中で過ぎていった。同村では11日午後、県の芸術団体「烏蘭牧騎」が美しい歌と踊りの公演を行い、歌声は村の隅々まで響き渡った。夜には各家庭で年越しの食事が楽しまれたが、そこでも美しい歌声は欠かせないものだった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700132

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月16日
    (2)歌声で祝福、モンゴル族の新年迎える風習新疆ウイグル自治区

    11日、査干阿徳爾格村で年始のあいさつのため自宅を訪れた親友に酒を勧め、歌を送る哈爾次克(ハルツク)さん夫妻。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県鉄布肯烏散郷査干阿徳爾格村の旧暦大みそかの夜は、新年を祝う歌声の中で過ぎていった。同村では11日午後、県の芸術団体「烏蘭牧騎」が美しい歌と踊りの公演を行い、歌声は村の隅々まで響き渡った。夜には各家庭で年越しの食事が楽しまれたが、そこでも美しい歌声は欠かせないものだった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700131

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月16日
    (6)歌声で祝福、モンゴル族の新年迎える風習新疆ウイグル自治区

    11日、査干阿徳爾格村でギョーザを作る哈爾次克(ハルツク)さん夫妻。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県鉄布肯烏散郷査干阿徳爾格村の旧暦大みそかの夜は、新年を祝う歌声の中で過ぎていった。同村では11日午後、県の芸術団体「烏蘭牧騎」が美しい歌と踊りの公演を行い、歌声は村の隅々まで響き渡った。夜には各家庭で年越しの食事が楽しまれたが、そこでも美しい歌声は欠かせないものだった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700136

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月16日
    (3)歌声で祝福、モンゴル族の新年迎える風習新疆ウイグル自治区

    11日、査干阿徳爾格村の西鳳苑広場で、歌を披露する芸術団体、「烏蘭牧騎」の出演者。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県鉄布肯烏散郷査干阿徳爾格村の旧暦大みそかの夜は、新年を祝う歌声の中で過ぎていった。同村では11日午後、県の芸術団体「烏蘭牧騎」が美しい歌と踊りの公演を行い、歌声は村の隅々まで響き渡った。夜には各家庭で年越しの食事が楽しまれたが、そこでも美しい歌声は欠かせないものだった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700133

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    (1)歌と踊りで春節を祝う「おばあちゃん芸術団」新疆ウイグル自治区

    14日、カザフ族のゲルの中で、踊りながら春節を祝う芸術団のメンバー。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区トリ(托里)県にあるカザフ民宿の趣を持つドライブ旅行の拠点に14日、民間団体の「小天鵝(コハクチョウ)芸術団」が訪れた。団員の平均年齢は約70歳、さまざまな民族から成る。歌と踊りに長け公益活動を愛することから、地元の人々から「愛心奶奶(思いやりおばあちゃん)芸術団」と呼ばれている。おばあちゃんたちはカザフ族の移動式住居「ゲル」に集まり、歌と踊りで新しい年に対する祝福と期待を表した。(托里=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801476

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    (5)歌と踊りで春節を祝う「おばあちゃん芸術団」新疆ウイグル自治区

    14日、カザフ族のゲルの中で、春節を祝う芸術団のメンバー。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区トリ(托里)県にあるカザフ民宿の趣を持つドライブ旅行の拠点に14日、民間団体の「小天鵝(コハクチョウ)芸術団」が訪れた。団員の平均年齢は約70歳、さまざまな民族から成る。歌と踊りに長け公益活動を愛することから、地元の人々から「愛心奶奶(思いやりおばあちゃん)芸術団」と呼ばれている。おばあちゃんたちはカザフ族の移動式住居「ゲル」に集まり、歌と踊りで新しい年に対する祝福と期待を表した。(托里=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801518

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    (9)歌と踊りで春節を祝う「おばあちゃん芸術団」新疆ウイグル自治区

    14日、カザフ族のゲルの中で、春節を祝う芸術団のメンバー。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区トリ(托里)県にあるカザフ民宿の趣を持つドライブ旅行の拠点に14日、民間団体の「小天鵝(コハクチョウ)芸術団」が訪れた。団員の平均年齢は約70歳、さまざまな民族から成る。歌と踊りに長け公益活動を愛することから、地元の人々から「愛心奶奶(思いやりおばあちゃん)芸術団」と呼ばれている。おばあちゃんたちはカザフ族の移動式住居「ゲル」に集まり、歌と踊りで新しい年に対する祝福と期待を表した。(托里=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801520

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    (11)歌と踊りで春節を祝う「おばあちゃん芸術団」新疆ウイグル自治区

    14日、カザフ族のゲルの中で、料理を作る芸術団のメンバー。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区トリ(托里)県にあるカザフ民宿の趣を持つドライブ旅行の拠点に14日、民間団体の「小天鵝(コハクチョウ)芸術団」が訪れた。団員の平均年齢は約70歳、さまざまな民族から成る。歌と踊りに長け公益活動を愛することから、地元の人々から「愛心奶奶(思いやりおばあちゃん)芸術団」と呼ばれている。おばあちゃんたちはカザフ族の移動式住居「ゲル」に集まり、歌と踊りで新しい年に対する祝福と期待を表した。(托里=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801457

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    (7)歌と踊りで春節を祝う「おばあちゃん芸術団」新疆ウイグル自治区

    14日、カザフ族のゲルの中で、餃子を作る芸術団のメンバー。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区トリ(托里)県にあるカザフ民宿の趣を持つドライブ旅行の拠点に14日、民間団体の「小天鵝(コハクチョウ)芸術団」が訪れた。団員の平均年齢は約70歳、さまざまな民族から成る。歌と踊りに長け公益活動を愛することから、地元の人々から「愛心奶奶(思いやりおばあちゃん)芸術団」と呼ばれている。おばあちゃんたちはカザフ族の移動式住居「ゲル」に集まり、歌と踊りで新しい年に対する祝福と期待を表した。(托里=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801491

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    (4)歌と踊りで春節を祝う「おばあちゃん芸術団」新疆ウイグル自治区

    14日、カザフ族のゲルの中で、踊りながら春節を祝う芸術団のメンバー。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区トリ(托里)県にあるカザフ民宿の趣を持つドライブ旅行の拠点に14日、民間団体の「小天鵝(コハクチョウ)芸術団」が訪れた。団員の平均年齢は約70歳、さまざまな民族から成る。歌と踊りに長け公益活動を愛することから、地元の人々から「愛心奶奶(思いやりおばあちゃん)芸術団」と呼ばれている。おばあちゃんたちはカザフ族の移動式住居「ゲル」に集まり、歌と踊りで新しい年に対する祝福と期待を表した。(托里=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801460

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    (2)歌と踊りで春節を祝う「おばあちゃん芸術団」新疆ウイグル自治区

    14日、カザフ族のゲルの中で、踊りながら春節を祝う芸術団のメンバー。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区トリ(托里)県にあるカザフ民宿の趣を持つドライブ旅行の拠点に14日、民間団体の「小天鵝(コハクチョウ)芸術団」が訪れた。団員の平均年齢は約70歳、さまざまな民族から成る。歌と踊りに長け公益活動を愛することから、地元の人々から「愛心奶奶(思いやりおばあちゃん)芸術団」と呼ばれている。おばあちゃんたちはカザフ族の移動式住居「ゲル」に集まり、歌と踊りで新しい年に対する祝福と期待を表した。(托里=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801475

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    (8)歌と踊りで春節を祝う「おばあちゃん芸術団」新疆ウイグル自治区

    14日、カザフ族のゲルの中で、お祝いの日の料理を作る芸術団のメンバー。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区トリ(托里)県にあるカザフ民宿の趣を持つドライブ旅行の拠点に14日、民間団体の「小天鵝(コハクチョウ)芸術団」が訪れた。団員の平均年齢は約70歳、さまざまな民族から成る。歌と踊りに長け公益活動を愛することから、地元の人々から「愛心奶奶(思いやりおばあちゃん)芸術団」と呼ばれている。おばあちゃんたちはカザフ族の移動式住居「ゲル」に集まり、歌と踊りで新しい年に対する祝福と期待を表した。(托里=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801487

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:16.67
    2021年02月17日
    「新華社」歌と踊りで春節を祝う「おばあちゃん芸術団」新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区トリ(托里)県にあるカザフ民宿の趣を持つドライブ旅行の拠点に14日、民間団体の「小天鵝(コハクチョウ)芸術団」が訪れた。団員の平均年齢は約70歳、さまざまな民族から成る。歌と踊りに長け公益活動を愛することから、地元の人々から「愛心奶奶(思いやりおばあちゃん)芸術団」と呼ばれている。おばあちゃんたちはカザフ族の移動式住居「ゲル」に集まり、歌と踊りで新しい年に対する祝福と期待を表した。(記者/沙達提、朱翃、侯昭康) =配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801479

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    (12)歌と踊りで春節を祝う「おばあちゃん芸術団」新疆ウイグル自治区

    14日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県にあるカザフ民宿の趣を持つドライブ旅行の拠点。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区トリ(托里)県にあるカザフ民宿の趣を持つドライブ旅行の拠点に14日、民間団体の「小天鵝(コハクチョウ)芸術団」が訪れた。団員の平均年齢は約70歳、さまざまな民族から成る。歌と踊りに長け公益活動を愛することから、地元の人々から「愛心奶奶(思いやりおばあちゃん)芸術団」と呼ばれている。おばあちゃんたちはカザフ族の移動式住居「ゲル」に集まり、歌と踊りで新しい年に対する祝福と期待を表した。(托里=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801478

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    (3)歌と踊りで春節を祝う「おばあちゃん芸術団」新疆ウイグル自治区

    14日、カザフ族のゲルの中で、春節を祝う芸術団のメンバー。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区トリ(托里)県にあるカザフ民宿の趣を持つドライブ旅行の拠点に14日、民間団体の「小天鵝(コハクチョウ)芸術団」が訪れた。団員の平均年齢は約70歳、さまざまな民族から成る。歌と踊りに長け公益活動を愛することから、地元の人々から「愛心奶奶(思いやりおばあちゃん)芸術団」と呼ばれている。おばあちゃんたちはカザフ族の移動式住居「ゲル」に集まり、歌と踊りで新しい年に対する祝福と期待を表した。(托里=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801459

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:24.07
    2021年03月13日
    「新華社」天山の丹霞地形に映える銀雪新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区で降雪があり、赤い堆積岩からなる丹霞地形と真っ白な雪が見事なコントラストを描き出した。「天山の地形ギャラリー」と呼ばれる省級道路S101号線からは、まるで油絵のような幻想的な景色が見られた。S101号線は、東のウルムチ市と西のイリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ウス(烏蘇)市巴音溝を結ぶ全長301・6キロの道路で、沿線では丹霞地形やゴビ砂漠、河谷などの自然景観が楽しめる。(記者/丁磊) =配信日: 2021(令和3)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031503621

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月27日
    (6)機械化が加速する綿花栽培新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区沙湾市と、新疆生産建設兵団第八師団の綿花栽培エリアの生育状況をとらえた衛星リモートセンシング画像。(2020年8月1日製作)中国新疆ウイグル自治区は、国内の主要綿花生産地で、綿花畑が集中しており、栽培規模も大きい。北斗ナビゲーションシステムや高解像度衛星観測システム、気象衛星「風雲」などにより、農業の自動化やスマート化が進展したのに伴い、同自治区の綿花生産も高度な機械化が行われてきた。(ウルムチ=新華社配信/疆天綿図提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:疆天綿図/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032707101

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月27日
    (1)機械化が加速する綿花栽培新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区タルバガタイ地区沙湾市の綿花畑。衛星ナビゲーションにより、綿花が等間隔で一直線に植えられている。(資料写真)中国新疆ウイグル自治区は、国内の主要綿花生産地で、綿花畑が集中しており、栽培規模も大きい。北斗ナビゲーションシステムや高解像度衛星観測システム、気象衛星「風雲」などにより、農業の自動化やスマート化が進展したのに伴い、同自治区の綿花生産も高度な機械化が行われてきた。(ウルムチ=新華社配信/天地図提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:天地図/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032912737

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:08.26
    2021年04月01日
    「新華社」天山山脈に春の雪新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区北部の山間部では、北西からの寒気の影響で春の雪が降った。同自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾市南部の天山山脈は一面雪で覆われ、うっそうとした森と漂う雲や霧が壮大な景色を形作っている。(記者/張嘯誠、胡虎虎) =配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040113226

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.05
    2021年04月07日
    「新華社」練習に励む小学生女子サッカーチーム新疆沙湾市

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市は、南に天山山脈がそびえ、北はジュンガル盆地に面し、各民族の人々が暮らしている。同市第二小学校では午後になると、スポーツサークルに参加する子どもたちの歓声が聞こえてくる。夏松豪(か・しょうごう)コーチ率いる同校女子サッカーチームは、これまでに全新疆ウイグル自治区の大会で準優勝し、中国サッカー協会の全国12歳女子エリート戦で5位に入賞している。新学期開始後には、3、4年生の各民族の女子児童22人を募集し、新チームを結成するという。(記者/張嘯誠、胡虎虎) =配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040800062

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (4)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    21日、ホボクサル・モンゴル自治県のマナス湖にある中塩宏達塩業の塩採取エリア。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304982

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (5)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    21日、ホボクサル・モンゴル自治県のマナス湖で、塩を採取するショベルカー。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304988

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (1)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    21日、ホボクサル・モンゴル自治県のマナス湖にある中塩宏達塩業の塩採取エリア。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304991

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (8)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    21日、ボクサル・モンゴル自治県のマナス湖にある中塩宏達塩業の生産基地で撮影した塩田。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304979

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (10)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    20日、ホボクサル・モンゴル自治県のマナス湖で、機械を操作して粗塩を洗浄する中塩宏達塩業の作業員。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304983

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (7)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    21日、ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖の一角。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304987

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (11)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    20日、ホボクサル・モンゴル自治県のマナス湖で、塩を採取するショベルカー。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304984

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (2)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    21日、ホボクサル・モンゴル自治県のマナス湖で、粗塩を運ぶトラック。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304990

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (6)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    20日、ホボクサル・モンゴル自治県のマナス湖で作業するショベルカー。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304985

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (9)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    21日、ホボクサル・モンゴル自治県のマナス湖で、粗塩を運ぶトラック。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304981

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月23日
    (3)夏のマナス湖で塩生産が最盛期新疆ウイグル自治区

    20日、ホボクサル・モンゴル自治県のマナス湖にある中塩宏達塩業の生産基地で撮影した塩田。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区ホボクサル・モンゴル自治県にあるマナス湖は、豊富な塩資源を有する重要な塩の生産基地として知られる。地元企業はここ数年、技術的な改善や特色ある塩製品の開発を重ね、販売市場を同自治区から国内の他の地域へと広げている。マナス湖では、毎年4~10月にかけて塩の生産の最盛期を迎える。この時期になると、湖では機械音が鳴り響き、作業車両が行き交う慌ただしい光景が見られる。(ホボクサル=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304986

  • 2021年06月27日
    Italy v Austria - UEFA European Championships - Round of 16 - Wembley Stadium

    June 26, 2021, London, United Kingdom: London, England, 26th June 2021. Domenico Berardi of Italy tackled by David Alaba of Austria during the UEFA European Championships match at Wembley Stadium, London. Picture credit should read: David Klein / Sportimage(Credit Image: © David Klein/CSM via ZUMA Wire)、クレジット:© David Klein/CSM via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062703943

  • 2021年06月27日
    Italy v Austria - UEFA European Championships - Round of 16 - Wembley Stadium

    June 26, 2021, London, United Kingdom: London, England, 26th June 2021. Domenico Berardi of Italy tackled by David Alaba of Austria during the UEFA European Championships match at Wembley Stadium, London. Picture credit should read: David Klein / Sportimage(Credit Image: © David Klein/CSM via ZUMA Wire)、クレジット:© David Klein/CSM via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062704014

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.21
    2021年08月13日
    「新華社」新疆ウイグル自治区に豊かな実り大地を彩る農作物

    中国新疆ウイグル自治区の天山山脈の麓では8月に入り、農作物が収穫期を迎え、大地を鮮やかに彩っている。同自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾市では、8千ムー(約533ヘクタール)の畑でトマトが実った。沙湾市は新疆を代表する農業都市で、主要作物栽培の総合機械化率は97・5%に達した。トマト収穫機を搭載したスマートシステムは実の成熟度を自動的に識別でき、正確な摘み取りを実現している。バインゴリン・モンゴル自治州のブグル(輪台)県では各郷・鎮に8カ所の小麦販売所が設置されており、穀物を販売する農民はいつでも利用できる。トルファン市は7月下旬からブドウの収穫期を迎えている。同市は中国で最も有名なブドウ産地で、栽培面積は計57万ムー(3万8千ヘクタール)、年間生産量は120万トンに達している。新疆では強い日差しが照り付ける高温下での作業を避けるため、一般に明け方からハミウリの収穫を開始し、畑で包装してトラックに積み込み、コールドチェーン(低温物流)で中国各地に出荷している。(記者/阿曼、李志浩) =配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081402933

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (3)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市の綿花買い付け工場で、買い付けた綿花を整理する作業員。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611623

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (5)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市の買い付け工場に入るのを待つ、綿花を満載したトラックの列。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611627

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (12)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市の綿花畑に積まれた綿俵。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611634

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (11)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市で綿花の買い付けが行われる場所に積まれた綿俵。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611635

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (2)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)沙湾市の綿花買い付け工場で、買い付けた綿花を積む作業員。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611611

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (4)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市の綿花買い付け工場で、買い付けた綿花を整理する作業員。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611624

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (6)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市の綿花買い付け工場の前で、列を作って買い付けを待つ農家。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611629

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (9)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市の綿花買い付け工場の前で、機械を操作して加工したばかりの原綿を運ぶ作業員。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611633

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (1)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市の綿花買い付け工場で、機械を操作して綿花を運ぶ作業員。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んでいる。(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611585

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月26日
    (8)新疆の綿花、収穫・買い付けシーズン迎える

    20日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガタイ地区沙湾(さわん)市の綿花買い付け工場の前で、列を作って買い付けを待つ綿花を満載したトラック。同市では、綿花栽培面積が176万6200ムー(約1177平方キロ)を上回った。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区でこのほど、綿花の収穫・買い付けのシーズンが到来した。中国最大の綿花生産地である同自治区は、近代化農業技術の幅広い応用で、綿花の生産レベルが効果的に向上している。広大な綿花畑では、大型綿摘み機が自動で綿花を巻き、農家の願いを込めたこれらの綿俵を、長いトラックの列が次々と加工工場へと運んで(沙湾=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102611631

  • 1
  • 2