KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ミズバショウ属
  • 平成
  • 屋外
  • 初夏
  • 松尾芭蕉
  • 尾瀬国立公園
  • 複数
  • 利根郡
  • 尾瀬ヶ原
  • 日本百景

「バショウ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
399
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
399
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    ミズバショウ

    キーワード:ソフトフォーカス、ミズバショウ、屋外、花、植物、森林、田沢湖、日本、風景、複数、無人、風景メイン写真=撮影日不明、秋田県仙北市、クレジット:HITOSHI KAWAKAMI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300948

  • -
    ミズバショウ

    キーワード:2輪、ミズバショウ、屋外、花、田沢湖、日本、白、無人、動植物メイン写真=撮影日不明、秋田県仙北市、クレジット:HITOSHI KAWAKAMI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122301702

  • -
    ミズバショウ

    キーワード:ミズバショウ、屋外、花、田沢湖、日本、風景、複数、無人、木立、風景メイン写真=撮影日不明、秋田県仙北市、クレジット:HITOSHI KAWAKAMI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122301704

  • -
    ミズバショウ

    キーワード:1輪、ミズバショウ、屋外、花、水面、田沢湖、日本、白、無人、動植物メイン写真=撮影日不明、秋田県仙北市、クレジット:HITOSHI KAWAKAMI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122302448

  • -
    長崎の墓地

    ベアトによる1866年3月6日の書き込み。長崎春徳寺境内の墓地。この寺はトードス・ロス・サントス(諸聖人)と称するキリスト教会が慶長19年に破壊されたあと開創された。芭蕉碑や去来塔などがある。=1866年、長崎、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号17‐7‐0]

    商品コード: 2017080201556

  • -
    Ichikawa Danjūrō VII (1791–1859) in the Role of Konoshita Tokichi from the Scene ‘Mountain Gate‘

    Ichikawa Danjūrō VII (1791–1859) in the Role of Konoshita Tokichi from the Scene ‘Mountain Gate‘ in the Play Yakko Yakko Edo Hanayari, Edo period (1615–1868), 1819, Japan, Polychrome woodblock print (surimono); ink and color on paper, 8 3/16 x 7 7/16 in. (20.8 x 18.9 cm), Prints, Utagawa Kunisada (Japanese, 1786–1865), This print, one sheet of a triptych, depicts Ichikawa Danjūrō VII holding in one hand an umbrella and in the other a duck, shot with an arrow and clasping a letter in its mouth. Danjūrō wears a kimono with a design of gourds, an emblem of his family since the time when Danjūrō II was given a gourd formerly used by the famous haiku poet Matsuo Bashō to store rice.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060408538

  • -
    上野公園韻松亭

    左の韻松亭という茶店の上に見える屋根は寛永寺に属していた「時の鐘」。松尾芭蕉の句「花の雲鐘は上野か浅草か」のモデルとなった鐘である。かつて江戸市中には時の鐘が9箇所あり、一刻(2時間)毎に鐘を撞いた。時計を持たない庶民たちは鐘の音で時を知った。いまでも正午と午前午後の6時に撞かれている。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号53‐37‐0]

    商品コード: 2017081002658

  • -
    挨拶する女性

    黒紋付羽織姿の女性が料理屋と思われる門口まで迎えに出た女性と挨拶を交わしている様子。両人とも髪をきれいに結っており、深くお辞儀をしているところである。中の庭に芭蕉の葉が見られるのは南の国かもしれない。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐21‐0]

    商品コード: 2017080903144

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    日光大日堂

    大谷川畔の大日如来を安置した大日堂は明治35年の洪水で流失した。写真は流失する前の大日堂と庭園である。池辺には芭蕉の句碑があり、傍らに寮が設けられていた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐36‐0]

    商品コード: 2017080902007

  • -
    ミズバショウ

    キーワード:ミズバショウ、屋外、花、田沢湖、日本、白、複数、無人、動植物メイン写真=撮影日不明、秋田県仙北市、クレジット:HITOSHI KAWAKAMI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122301013

  • -
    ミズバショウ

    キーワード:1輪、アップ、ミズバショウ、屋外、花、田沢湖、日本、白、無人、動植物メイン写真=撮影日不明、秋田県仙北市、クレジット:HITOSHI KAWAKAMI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122302205

  • -
    浅草寺五重塔と鐘楼

    弁天池奥から北に向かって五重塔と鐘楼を撮す。整理番号4-10の位置より引いて、右に振ったもの。五重塔の左隣に本堂の屋根、右手前に経蔵が見える。芭蕉の句「花の雲鐘は上野か浅草か」でも有名。=撮影年月日不明、東京、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号4‐11‐0]

    商品コード: 2017080200888

  • -
    日光裏見滝

    大谷川支流の荒沢川にある裏見滝は、華巌滝、裏見滝と並ぶ日光三大名瀑。元禄2(1689)年、この滝を訪れた芭蕉は、「暫時は滝に籠るや夏の初」の句を残した。不動明王が祀られている滝の裏側まで行けたが、写真のように明治35(1902)年の大水害によって崩壊している。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号88‐12‐0]

    商品コード: 2017081400762

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    日光大日堂

    大谷川畔の大日如来を安置した大日堂は明治35年の洪水で流失した。写真は流失する前の大日堂と庭園である。池辺には芭蕉の句碑があり、流失後再建された。石仏の一部は現在もある。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐42‐0]

    商品コード: 2017080902057

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    日光大日堂

    大谷川畔の大日如来を安置した大日堂は明治35年の洪水で流失した。写真は流失する前の大日堂と庭園である。池辺には芭蕉の句碑があり「あろたふと青葉若葉の日の光」と刻まれていた。この句碑は流失後再建された。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐30‐0]

    商品コード: 2017080400590

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    日光裏見滝

    大谷川支流の荒沢川にある裏見滝は、華巌滝、裏見滝と並ぶ日光三大名瀑。写真のように、以前は不動明王が祀られている滝の裏側まで行けたが、明治35(1902)年の大水害で道は崩落した。元禄2(1689)年、この滝を訪れた芭蕉は、「暫時は滝に籠るや夏の初」の句を残した。=撮影年月日不明、日光、撮影者:臼井秀三郎(?)、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号65‐23‐2]

    商品コード: 2017082400192

  • -
    ミズバショウ

    キーワード:ミズバショウ、屋外、花、群生、戸隠、日本、白、風景、無人、木立、風景メイン写真=撮影日不明、長野県、クレジット:JAPACK/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070312258

  • -
    Hiroshige - 53 Stations of the Tokaido - Print 21

    21 Mariko - Two travellers having refreshment at a wayside teahouse, from which another traveller has just departed, and a woman with a child on her back waiting on them. Beside the teahouse grows a plum tree, just bursting into blossom against the rosy sky; behind rises a grey hill tinted with brown. Here, travellers enjoy grated yam broth, the local speciality, while appreciating the green leaves and plum flowers of the early spring. Basho, the most famous haiku poet in Japan, praised the scenery and the broth in one of his haiku poems. Utagawa Hiroshige (1797 - 1858). The Fifty-Three Stations of the Tokaido - Hoeido edition (1831-4) Date: 1831 - 1834、クレジット:Mary Evans Picture Library/ROBERT GILLMOR/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019080211026

  • -
    水芭蕉 奥裾花自然園

    キーワード:アップ、ミズバショウ、奥裾花自然園、屋外、花、自然、日本、白、複数、無人、動植物メイン写真=撮影日不明、長野県、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000678

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    日光裏見滝

    大谷川支流の荒沢川にある裏見滝は、華巌滝、裏見滝と並ぶ日光三大名瀑。写真のように、以前は不動明王が祀られている滝の裏側まで行けたが、明治35(1902)年の大水害で道は崩落した。元禄2(1689)年、この滝を訪れた芭蕉は、「暫時は滝に籠るや夏の初」の句を残した。=撮影年月日不明、日光、撮影者:臼井秀三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号94‐12‐0]

    商品コード: 2017081401052

  • -
    水芭蕉

    キーワード:2輪、アップ、ミズバショウ、屋外、花、春、初夏、素朴な、日本、白、無人、動植物メイン写真=撮影日不明、長野県長野市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122901541

  • -
    ミズバショウ

    キーワード:ソフトフォーカス、ミズバショウ、屋外、花、水辺、田沢湖、日本、白、無人、動植物メイン写真=撮影日不明、秋田県仙北市、クレジット:HITOSHI KAWAKAMI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122302237

  • -
    ミズバショウ

    キーワード:ミズバショウ、屋外、花、水辺、田沢湖、日本、白、複数、無人、動植物メイン写真=撮影日不明、秋田県仙北市、クレジット:HITOSHI KAWAKAMI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122302210

  • -
    ミズバショウ

    キーワード:ミズバショウ、屋外、花、森林、田沢湖、日本、風景、複数、無人、風景メイン写真=撮影日不明、秋田県仙北市、クレジット:HITOSHI KAWAKAMI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122302483

  • -
    ミズバショウ

    キーワード:ボードウォーク、ミズバショウ、屋外、花、森林、田沢湖、道、日本、風景、複数、無人、テーマメイン写真=撮影日不明、秋田県仙北市、クレジット:HITOSHI KAWAKAMI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300782

  • -
    ミズバショウ

    キーワード:ソフトフォーカス、ミズバショウ、屋外、花、田沢湖、日本、風景、複数、無人、木立、風景メイン写真=撮影日不明、秋田県仙北市、クレジット:HITOSHI KAWAKAMI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300705

  • -
    堅田の浮見堂

    大津市堅田、満月寺の浮御堂である。長徳年間(995~99)、恵心僧都が湖上安全と衆生済度のため造立したのが起こりとされる。古くから俳句・浮世絵の題材となっており、芭蕉の句「鎖あけて 月をさし入れよ 浮御堂」がある。現在の浮御堂は昭和12年に建て直されたもので、写真のものとは細部において異なっている。=撮影年月日不明、滋賀、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号30‐7‐0]

    商品コード: 2017080902105

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    日光大日堂

    大谷川畔の大日如来を安置した大日堂は明治35年の洪水で流失した。写真は流失する前の大日堂と庭園である。池辺には芭蕉の句碑があり、傍らに寮が設けられていた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号29‐9‐0]

    商品コード: 2017080902092

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    日光大日堂

    大谷川畔の大日如来を安置した大日堂は明治35年の洪水で流失した。写真は流失する前の大日堂と庭園である。池辺には芭蕉の句碑があり、傍らに寮が設けられていた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐38‐0]

    商品コード: 2017080902051

  • -
    ミズバショウ

    キーワード:ミズバショウ、屋外、花、田沢湖、日本、白、無人、動植物メイン写真=撮影日不明、秋田県仙北市、クレジット:HITOSHI KAWAKAMI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122302452

  • -
    ミズバショウ

    キーワード:ミズバショウ、屋外、花、水辺、田沢湖、日本、複数、無人、動植物メイン写真=撮影日不明、秋田県仙北市、クレジット:HITOSHI KAWAKAMI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300930

  • -
    ミズバショウ

    キーワード:2輪、ミズバショウ、屋外、花、田沢湖、日本、白、無人、動植物メイン写真=撮影日不明、秋田県仙北市、クレジット:HITOSHI KAWAKAMI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122301908

  • -
    ミズバショウ

    キーワード:ミズバショウ、屋外、花、水辺、田沢湖、日本、白、無人、動植物メイン写真=撮影日不明、秋田県仙北市、クレジット:HITOSHI KAWAKAMI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122302455

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    日光大日堂

    大谷川畔の大日如来を安置した大日堂は明治35年の洪水で流失した。写真は流失する前の大日堂と庭園である。池辺には芭蕉の句碑があり「あろたふと青葉若葉の日の光」と刻まれていた。この句碑は流失後再建された。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐58‐0]

    商品コード: 2017080400635

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1902年12月31日
    日光大日堂

    大谷川畔の大日如来を安置した大日堂は明治35年の洪水で流失した。 写真は流失する前の朱塗りの大日堂と庭園である。 池辺には芭蕉の句碑があり、 「あらたふと青葉若葉の日の光」 と刻まれていた。 この句碑も流失し、 明治42年に再建された。=明治35年以前、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐17‐0]

    商品コード: 2017080201141

  • 1948年09月22日
    上野市

    松尾芭蕉をまつる俳聖殿=整理1948(昭和23)年9月、三重県上野市(23年内地番号なし)

    商品コード: 2016021700472

  • 1948年09月22日
    上野市

    松尾芭蕉をまつる俳聖殿=整理1948(昭和23)年9月、三重県上野市(23年内地番号なし)

    商品コード: 2016021700474

  • 1948年09月22日
    上野市

    松尾芭蕉の菩提寺、愛染院=整理1948(昭和23)年9月、三重県上野市(23年内地番号なし)

    商品コード: 2016021700476

  • 1950年09月12日
    米の日本研究者が来日

    P・ウィルソン号で来日したリチャート・ケーン氏(西鶴研究者 右)とロバート・アトキン氏(芭蕉研究者 左)(横浜)=1950(昭和25)年9月12日(25年内地番号なし 旧連5184)

    商品コード: 2014022400357

  • 1951年06月13日
    スケッチ7164 八甲田山のミズバショウ花盛り

    八甲田山のミズバショウ花盛り=1951(昭和26)年6月13日、青森県・八甲田山

    商品コード: 2016122100059

  • 1971年03月21日
    スケッチ企画6005A−4

    上野城跡がある上野公園の一角にある松尾芭蕉記念館=1971(昭和46)年3月21日、伊賀市上野丸之内

    商品コード: 2018040100317

  • 1971年03月21日
    スケッチ企画6005A−13 芭蕉の座像がある俳聖殿

    松尾芭蕉生誕300年を記念して建造された俳聖殿。芭蕉の旅姿を模して造られ、中には芭蕉の座像がある=1971(昭和46)年3月21日、伊賀市上野丸之内

    商品コード: 2018040100319

  • 1975年12月18日
    (きんげんてい・ばしょう) 金原亭馬生(10代目)

    落語家=1975(昭和50)年10月4日撮影

    商品コード: 2005042000069

  • 1977年05月23日
    芭蕉の“頭陀袋”見つかる

    金沢市内の旧家で見つかった俳人・松尾芭蕉の“頭陀(ずだ)袋”。旅の途中に金沢に住む弟子の家に置いていったものという。縦31センチ、横26センチの麻製

    商品コード: 2014090100365

  • 1989年06月07日
    多くの行楽客でにぎわう松島湾 みちのくは芭蕉ブーム

    観光船も「芭蕉丸」、松島湾は多くの行楽客でにぎわう=宮城県松島町

    商品コード: 2019112102482

  • 1989年06月07日
    陸地となった象潟湾 みちのくは芭蕉ブーム

    陸地となった象潟湾は、静かな松林とたんぼが続く=秋田県象潟町

    商品コード: 2019112102484

  • 1989年07月13日
    平泉から奥羽越え

    (3)封人の家「蚤虱馬の尿する枕もと」—芭蕉が雨にたたられて2泊した山形県・最上町の封人。昔ながらのいろりが残り、親子連れが珍しそうに取り囲む

    商品コード: 2020020300424

  • 1989年07月13日
    平泉から奥羽越え

    (4)山刀伐峠 尾花沢に住む紅花商人鈴木清風を訪ねるために芭蕉は山刀伐(なたぎり)峠を越えた。300年前に芭蕉が通ったちょうどその日(7月3日)、峠ではふもとの小学生たちが短冊を手に俳句作りを楽しんでいた

    商品コード: 2020020300435

  • 1989年07月13日
    平泉から奥羽越え

    (5)最上川「五月雨を集めて早し最上川」—最上川の舟下りは「芭蕉ライン」と称して約12キロ、1時間。梅雨時で水量を増した川は両側に険しい山々を眺めながらゆったりと流れる

    商品コード: 2020020300456

  • 1989年09月14日
    独り舞台で芭蕉に迫る

    三味線片手に熱演する池田生二さん=仙台市・電力ホール

    商品コード: 2020033102445

  • 1989年09月30日
    ヘリコニア・ロストラータ

    バショウ科ヘリコニア属の熱帯植物

    商品コード: 2009012900583

  • 1992年05月01日
    ミズバショウ 動・植物(ミズバショウ)

    ミズバショウの群生地=1992(平成4)年5月1日、群馬県大清水、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [92-555-8A]

    商品コード: 2017111501001

  • 1992年05月01日
    ミズバショウ 動・植物(ミズバショウ)

    ミズバショウの群生地=1992(平成4)年5月1日、群馬県大清水、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [92-555-11A]

    商品コード: 2017111501002

  • 1994年07月23日
    平成芭蕉の句碑完成

    完成したオブジェを満足そうに見上げる篠原勝之さん=山形県最上郡戸沢村の最上川・リバーポート(彫刻家)

    商品コード: 1994072300017

  • 1994年10月08日
    芭蕉列車「はるか」 芭蕉記念イベント多彩に

    お座敷列車「はるか」でくつろぐ芭蕉列車の旅の参加者ら=8日午前9時10分、JR東海道線大津駅―草津間

    商品コード: 1994100800016

  • 1994年10月22日
    ガイドブック 芭蕉訪ね歩きのガイド

    )、企画25S、24日付朝刊以降使用  大津市が作成した芭蕉訪ね歩きのガイドブック「松尾芭蕉俳句遊歩地図」

    商品コード: 1994102200077

  • 1996年04月13日
    ミズバショウ 花木(ミズバショウ)

    休耕田のミズバショウ満開=1996(平成8)年4月13日、栃木県黒羽町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [96-412-17-A]

    商品コード: 2017092000493

  • 1996年04月13日
    ミズバショウ 花木(ミズバショウ)

    休耕田のミズバショウ満開=1996(平成8)年4月13日、栃木県黒羽町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [96-412-22-A]

    商品コード: 2017092000495

  • 1996年04月13日
    ミズバショウ 農村風景

    休耕田のミズバショウ満開=1996(平成8)年4月13日、栃木県那須郡黒羽町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [96-412-5-B]

    商品コード: 2017100200553

  • 1996年04月13日
    ミズバショウ 農村風景

    休耕田のミズバショウ満開=1996(平成8)年4月13日、栃木県那須郡黒羽町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [96-412-22-B]

    商品コード: 2017100200558

  • 1996年04月13日
    ミズバショウ 花木(ミズバショウ)

    休耕田のミズバショウ満開=1996(平成8)年4月13日、栃木県黒羽町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [96-412-5-A]

    商品コード: 2017092000497

  • 1996年04月13日
    ミズバショウ 農村風景

    休耕田のミズバショウ満開=1996(平成8)年4月13日、栃木県那須郡黒羽町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [96-411-13-B]

    商品コード: 2017100200554

  • 1996年04月13日
    ミズバショウ 農村風景

    休耕田のミズバショウ満開=1996(平成8)年4月13日、栃木県那須郡黒羽町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [96-412-17-B]

    商品コード: 2017100200560

  • 1996年04月13日
    ミズバショウ 花木(ミズバショウ)

    休耕田のミズバショウ満開=1996(平成8)年4月13日、栃木県黒羽町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [96-411-13-A]

    商品コード: 2017092000489

  • 1996年07月04日
    山形市の記念館が展示中止 芭蕉の短冊、贋作の疑い

    贋作の疑いが強まり、展示を取りやめた「鴬を」(右)と「おもしろうて」の2作品(山寺芭蕉記念館の「芭蕉と『おくのほそ道』展図録」)

    商品コード: 1996070400052

  • 1996年11月25日
    「奥の細道」の巻頭部 「奥の細道」の原本発見

    見つかった松尾芭蕉自筆とみられる「月日は百代の過客にして…」で始まる「奥の細道」の巻頭部分=25日午後、大阪市内のホテル

    商品コード: 1996112500079

  • 1996年11月25日
    原本の表紙 「奥の細道」の原本発見

    見つかった松尾芭蕉自筆とみられる「奥の細道」原本の表紙=25日午後、大阪市内のホテル

    商品コード: 1996112500078

  • 1996年11月25日
    推敲個所の張り紙 「奥の細道」の原本発見

    松尾芭蕉が「奥の細道」の推敲(すいこう)個所に紙を張って書き直したとみられる部分=25日午後、大阪市内のホテル

    商品コード: 1996112500084

  • 1996年11月25日
    「奥の細道」の巻頭部 「奥の細道」の原本発見

    大阪で見つかった松尾芭蕉自筆とみられる「月日は百代の過客にして…」で始まる「奥の細道」の巻頭部分=1996(平成9)年11月25日、大阪市内のホテル 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第11巻使用画像(P184)

    商品コード: 2015070900342

  • 1996年11月26日
    「奥の細道」の張り紙部分 西行を意識、狂歌も

    松尾芭蕉の自筆原本「奥の細道」の中で、張り紙をして推敲(すいこう)された部分=25日、大阪市内のホテル

    商品コード: 1996112600005

  • 1996年12月04日
    中尾堅一郎さん

    所蔵本が松尾芭蕉の代表作「奥の細道」の自筆本と鑑定された古書店社長、中尾堅一郎(なかお・けんいちろう)さん

    商品コード: 1996120400029

  • 1997年01月24日
    江戸時代の住宅地図 芭蕉の高弟の屋敷詳細に

    大津市の民家から見つかった「升屋町」の町並みを絵図にした江戸時代の住宅地図。館員の指さす部分が江左尚白(えさ・しょうはく)邸の敷地=24日午後、大津市の大津市歴史博物館

    商品コード: 1997012400105

  • 1997年04月27日
    雪面を蛇行する小川 雪解け待つ尾瀬ケ原

    大型連休を迎えても尾瀬ケ原はまだ一面の銀世界、明るい日差しを受けミズバショウの咲く雪解けを待つ。後方は燧ケ岳=26日午後、群馬県片品村で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1997042700024

  • 1997年05月03日
    ミズバショウ 動・植物(ミズバショウ)

    奥裾花自然公園のミズバショウ=1997(平成9)年5月3日、長野県鬼無里村、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [支9-863-6]

    商品コード: 2017102600853

  • 1997年05月03日
    ミズバショウ 動・植物(ミズバショウ)

    奥裾花自然公園のミズバショウ=1997(平成9)年5月3日、長野県鬼無里村、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [支9-863-8]

    商品コード: 2017111500944

  • 1997年05月23日
    木道を歩くハイカー 尾瀬で山開き

    山開きが行われた尾瀬で、ミズバショウを眺めながら木道を歩くハイカー=23日午前、福島県桧枝岐村

    商品コード: 1997052300115

  • 1997年06月01日
    ミズバショウ 農村風景(ミズバショウ)

    ミズバショウ=1997(平成9)年6月1日、福島県尾瀬、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [14-A-24-16]

    商品コード: 2017092000871

  • 1998年04月01日
    水芭蕉の花

    キーワード:ミズバショウ、屋外、花、湿原、春、日本、白、飯綱高原、複数、無人、動植物メイン写真=1998(平成10)年4月1日、長野県、クレジット:KEITA SAWAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060101640

  • 1998年04月08日
    ミズバショウ 花木(ミズバショウ)

    ミズバショウ満開=1998(平成10)年4月8日、栃木県黒羽町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [支10-528-1]

    商品コード: 2017092000313

  • 1998年04月08日
    ミズバショウ 花木(ミズバショウ)

    ミズバショウ満開=1998(平成10)年4月8日、栃木県黒羽町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [支10-528-5]

    商品コード: 2017092000300

  • 1998年04月08日
    ミズバショウ 動・植物(ミズバショウ)

    ミズバショウの群生=1998(平成10)年4月8日、栃木県黒羽町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [支10-528-9]

    商品コード: 2017102600855

  • 1998年04月08日
    ミズバショウ 花木(ミズバショウ)

    ミズバショウ満開=1998(平成10)年4月8日、栃木県黒羽町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [支10-528-10]

    商品コード: 2017092000311

  • 1998年04月22日
    尾瀬湿原のふもと片品村 ミズバショウが満開

    ミズバショウの群生で知られる群馬県・尾瀬ケ原のふもとでは、連日のポカポカ陽気でミズバショウの花が満開になっている。片品村越本の「ミズバショウの森」の約5000株は例年より10日も早く咲き始め、純白のかれんな花が訪れたハイカーの目を楽しませている。雪で閉鎖された尾瀬への車の通行止めは28日午前10時に解除されるが、尾瀬ケ原での見ごろは5月21日の山開きごろになる

    商品コード: 1998042200105

  • 1999年01月06日
    散策する観光客 尾瀬にシカの食害じわじわ

    ミズバショウが咲く尾瀬の湿原を散策する観光客=96(平成8)年5月、群馬県片品村の大清水登山口付近

    商品コード: 1999010600005

  • 1999年05月25日
    木道を歩くハイカー 尾瀬で山開き

    山開きが行われた尾瀬で、ミズバショウを眺めながら木道を歩くハイカー=25日午前9時20分、福島県桧枝岐村

    商品コード: 1999052500019

  • 1999年05月26日
    弟子にあてた手紙 芭蕉の怒りの手紙発見

    山形市教育委員会が公開した、松尾芭蕉が弟子の洒堂(しゃどう)にあてた手紙=26日午後、山形市役所

    商品コード: 1999052600124

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年10月15日
    松尾芭蕉のブロンズ像 芭蕉像壊され、つえ消える

    右手に握ったつえの下の部分が折れ、背後のガラスも割られていた松尾芭蕉のブロンズ像=15日午後、東京・深川の「採茶庵」

    商品コード: 1999101500155

  • 2000年05月06日
    片品村で見ごろ ミズバショウが開花

    湿原を訪れるハイカーに人気の高いミズバショウが尾瀬の玄関口、群馬県片品村で見ごろを迎えている。約1万株が群生する湿地には、駐車場から近い手軽さと早い開花が受け、大勢の観光客が訪れている=6日午後、群馬県片品村越本

    商品コード: 2000050600022

  • 2000年05月17日
    車いすで散策 シーズン前に尾瀬で山開き

    尾瀬の大清水湿原でミズバショウを車いすで見る人たち=17日午前、群馬県片品村

    商品コード: 2000051700067

  • 2000年06月01日

    「カラー」「人物通信」 ◎11代目 金原亭馬生(きんげんてい・ばしょう)、落語家、撮影日 2000.03.18、出稿日 2000.06.15(カラー通信24155)

    商品コード: 2000060100099

  • 2000年06月06日
    バショウ科のオルキダンタ ランにそっくりの花が開花

    ランによく似た花をつける珍しい植物「オルキダンタ・マクシラリオイデス」が東京の夢の島熱帯植物館で開花した。同館によると「日本では初めて」。バナナと同じバショウ科の常緑多年草で、原産地はマレー半島の熱帯雨林。98年秋にインドネシアから入ってきたという。「オルキダンタ」はラテン語で「ランの花」という意味。高さ30センチ程の葉の根元に直径約6・5センチの花が開き、訪れた人は興味深げにのぞき込んでいた。十数個つぼみをつけており、今月半ばまで楽しめそうだ=6日午後、東京都江東区夢の島

    商品コード: 2000060600157

  • 2000年10月19日
    松尾芭蕉の句 「七部集」解釈本の版木

    京都の古書店で発見された、松尾芭蕉の句などが記された「俳諧七部集」の解釈本の版木(はんぎ・左)=19日、奈良市山陵町の奈良大学

    商品コード: 2000101900105

  • 2000年12月31日
    ミズバショウ

    キーワード:ミズバショウ、屋外、夏、花、水辺、日本、白、複数、無人、大沼郡、動植物メイン写真=2000(平成12)年、福島県昭和村、クレジット:ION/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010402552

  • 2001年04月13日
    ミズバショウ

    キーワード:ミズバショウ、屋外、花、春、神奈川県、日本、白、箱根、箱根湿生花園、複数、無人、動植物メイン写真=2001(平成13)年4月13日、神奈川県、クレジット:HITOSHI KAWAKAMI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300694

  • 2001年04月13日
    ミズバショウ

    キーワード:ミズバショウ、屋外、花、春、神奈川県、水辺、日本、白、箱根、箱根湿生花園、無人、動植物メイン写真=2001(平成13)年4月13日、神奈川県、クレジット:HITOSHI KAWAKAMI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300645

  • 2001年04月30日
    観光用にライトアップ ミズバショウ輝く片品村

    尾瀬の玄関口、群馬県片品村で、見ごろを迎えたミズバショウがライトアップされ観光客らを楽しませている。雨上がりの四月三十日夕方、白く輝くミズバショウが浮かび上がり、幻想的な光景が広がった。ライトアップは六日まで。

    商品コード: 2001043000072

  • 2001年04月30日
    ヒメバショウ

    キーワード:アップ、ヒメバショウ、屋外、植物、神奈川県、赤、日本、無人、動植物メイン写真=2001(平成13)年4月、神奈川県、クレジット:ASO FUJITA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060507538

  • 2001年05月21日
    雪が消えた尾瀬ケ原 尾瀬きょう山開き

    雪がほとんど消え、小川沿いにミズバショウが見られる尾瀬ケ原=21日午後、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2001052100149

  • 2001年10月10日
    俳句を詠む議員 芭蕉姿で市長、議員が一句

    芭蕉の姿で俳句を詠む三重県上野市議会の議員=10日午前

    商品コード: 2001101000048

  • 2002年03月29日
    雪に覆われた尾瀬沼 春を待つ尾瀬沼

    例年より一足早い桜の開花で全国各地はにぎわっている。ミズバショウで有名な群馬県と福島県にまたがる尾瀬沼はまだ深い雪に覆われ、ひっそりと春の訪れを待っている。後方は燧ケ岳。=28日

    商品コード: 2002032900116

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4