KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 農業
  • 専門家
  • 風景
  • 空撮
  • 農家
  • りゅう
  • ドローン
  • 測定

「バントウ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
169
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
169
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Mr. le maris.

    Mr. le maris. d‘Arlande, first aerial navigator, Pujos, André, 1738-1788, artist, Half-length portrait of French balloonist Marquis François Laurent d‘Arlande in uniform.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020071405963

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年05月29日
    国境のウズベク警備隊員 反タリバン勢力が一斉反攻

    28日、ウズべキスタン南部テルメス近くのアフガニスタンとの国境に架かる「友好橋」のたもとで、配置に付く国境警備隊員。両国間の唯一の国境検問所である橋は、アフガン北部での原理主義勢力タリバンとウズベク人も多い反タリバン勢力間での戦闘激化を受けて同日閉鎖された(ロイター=共同)

    商品コード: 1997052900036

  • 2001年09月21日
    支持を訴えるデモ参加者 米中枢に同時テロ

    タリバンとウサマ・ビンラディン氏への支持を訴えるデモ参加者たち=21日、パキスタンのイスラマバード市内(共同)

    商品コード: 2001092100205

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年11月19日
    ビンラディン氏が使用 壁画を指し示す兵士

    18日、アフガニスタン・ジャララバードで、タリバンとウサマ・ビンラディン氏が使用していた要さい内の壁画を銃で指し示す兵士。国民の和解を描いた旧共産体制時代の壁画は破壊されていなかった(ロイター=共同)

    商品コード: 2001111900169

  • 2017年11月23日
    浙江省農村住民の可処分所得が全国トップ34年連続

    晩稲を収穫する浙江省建徳市稲府農業開発有限公司の「農業工人」(もともと農民で、現在は月給制で規定時間勤務をする人)。(2017年11月23日撮影)中国国家統計局浙江調査総隊が発表した最新の統計データによると、同省の農村常住住民の2018年の1人当たり可処分所得は、全国の省と自治区の中で34年連続のトップとなる2万7302元(1元=約16円)だった。(杭州=新華社記者/譚進)=2017(平成29)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124282

  • 2018年10月23日
    「霜降」迎え秋深まる中国美景に酔いしれる

    23日、江西省吉安(きつあん)市永豊県七都郷で、農業機械を使い晩稲を収穫する農民。(小型無人機から)二十四節気の一つ「霜降(そうこう)」の23日、中国各地では秋が深まり、美しい景色に多くの人が酔いしれた。(吉安=新華社配信/劉浩軍)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000120

  • 2018年10月30日
    浙江省農村住民の可処分所得が全国トップ34年連続

    農民を組織して地元穀物生産機能区で晩稲を収穫する義烏(ぎう)市義亭鎮の大規模穀物栽培農家、楼国三(ろう・こくさん、先頭車両の人物)さん。(2018年10月30日撮影)中国国家統計局浙江調査総隊が発表した最新の統計データによると、同省の農村常住住民の2018年の1人当たり可処分所得は、全国の省と自治区の中で34年連続のトップとなる2万7302元(1元=約16円)だった。(杭州=新華社記者/譚進)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013113466

  • 2018年12月20日
    中国民間文化芸術の郷福建省青水ショオ族郷

    20日、青水ショオ族郷滄海(そうかい)村で行われた民俗芸術活動「板凳竜(ばんとうりゅう)」のパフォーマンス。中国福建省三明市永安市(三明市の管轄下にある県級市)青水ショオ族(畲族)郷は「中国民間文化芸術の郷」で、国家級無形文化遺産の大腔戯(伝統劇の一種)、省級文化財保護単位の永寧橋古劇台、その他数多くの古い村落などを有する。青水ショオ族郷はここ数年、ショオ族文化、民俗芸術、伝統村落、福建開閩(かいびん)文化などの保護、継承、発揚に全力を挙げて取り組み、民間伝統芸術を積極的に発掘し、ショオ族文化郷村観光を発展させ、生態青水・文化青水・観光青水という新たなショオ族郷の構築に努めている。ショオ族郷は今年1月からこれまでに、延べ40万人余りの観光客を受け入れた。(永安=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703344

  • 2019年07月16日
    CHIO Aachen

    16 July 2019, North Rhine-Westphalia, Aachen: CHIO, equestrian sports, jumping: The German rider Laura Klaphake on the horse Bantou Balou jumps over an obstacle. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071709123

  • 2019年07月17日
    CHIO Aachen 2019.

    Laura KLAPHAKE, GER, on Bantou Balou, promotion, Turkish Airlines-Preis von Europa, Springprüfung mit Stechen, S4, World Equestrian Festival, CHIO Aachen 2019 from 16.07 - 21.07.2019 in Aachen / Germany; | Usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072204910

  • 2019年07月17日
    CHIO Aachen 2019.

    Laura KLAPHAKE, GER, on Bantou Balou, promotion, Turkish Airlines-Preis von Europa, Springprüfung mit Stechen, S4, World Equestrian Festival, CHIO Aachen 2019 from 16.07 - 21.07.2019 in Aachen / Germany; | Usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072204854

  • 2019年07月17日
    CHIO Aachen

    17 July 2019, North Rhine-Westphalia, Aachen: CHIO, equestrian sport, jumping, prize of Europe: The rider Laura Klaphake from Germany on the horse Bantou Balou jumps over an obstacle. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071808301

  • 2019年07月17日
    CHIO Aachen

    17 July 2019, North Rhine-Westphalia, Aachen: CHIO, equestrian sport, jumping, prize of Europe: The rider Laura Klaphake from Germany on the horse Bantou Balou jumps over an obstacle. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071808691

  • 2019年07月17日
    CHIO Aachen 2019.

    Laura KLAPHAKE, GER, on Bantou Balou, half figure, half figure, portrait format, Turkish Airlines Prize of Europe, Springprüfung mit Stechen, S4, World Equestrian Festival, CHIO Aachen 2019 from 16.07 - 21.07.2019 in Aachen / Germany; | Usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072204574

  • 2019年07月17日
    CHIO Aachen

    17 July 2019, North Rhine-Westphalia, Aachen: CHIO, equestrian sport, jumping, prize of Europe: The rider Laura Klaphake from Germany on the horse Bantou Balou jumps over an obstacle. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071808655

  • 2019年07月17日
    CHIO Aachen

    17 July 2019, North Rhine-Westphalia, Aachen: CHIO, equestrian sport, jumping, prize of Europe: The rider Laura Klaphake from Germany on the horse Bantou Balou jumps over an obstacle. Photo: Rolf Vennenbernd/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071808282

  • 2019年08月22日
    湖南省懐化市で武術ブーム護身術がスポーツに

    22日、先頭に立って集団武術「板凳拳(ばんとうけん)」を披露する8歳の滕芸揚(とう・げいよう)さん。中国湖南省西部辺鄙の地に位置する懐化市麻陽ミャオ族自治県は、かつて「ミャオ族居住地の前哨」と呼ばれていた。住民は勇猛果敢で領地意識が強く、盗賊や敵の脅威から故郷を守るため、各家庭で武術を学び、さらには宗族(同族集団)や集落単位で武術のさまざまな流派や得意技を生み出した。今日の安定した豊かな暮らしの中で、武術は護身や自衛の色彩が弱まり、一般の人々が身体を鍛え体質を改善するための運動へと変わっていった。麻陽ミャオ族自治県には現在、種目別に八つの武術協会と19の郷・鎮分会がある。一般向けの武術練習場が322カ所に設置され、総人口40万人のうち10万人が武術を学んでいる。(懐化=新華社記者/周勉)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082800236

  • 01:12.92
    2019年09月27日
    「新華社」【新中国成立70周年】大型田んぼアートで祝賀福建省

    中国福建省晋江市九十九渓田園風景プロジェクトグループがこのほど、中華人民共和国成立70周年を祝い、晩稲で描く田んぼアートを特別制作した。「新中国成立70周年」「中国を愛している」「初心を忘れず、使命を心に刻む」「郷村振興」などの力強い作品が、間もなく始まる国慶節に華やかさを添えている。(記者/郭圻)<映像内容>新中国成立70周年を祝う田んぼアート、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206542

  • 01:53.12
    2019年09月30日
    「新華社」晩稲の収穫期を迎えた贛撫平原江西省南昌県

    中国江西省南昌県の贛撫平原かんがい区でこのほど、96万2千ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の晩稲(おくて)が次々と収穫された。同県では環境に配慮した効率の良い水稲生産技術の研修を実施することで、農家による田畑の管理を的確に指導。晩稲の豊作が期待できるようになった。(記者/彭昭之)<映像内容>晩稲の収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206553

  • 2019年10月18日
    晩稲が収穫期湖南省懐化市で豊作

    18日、湖南省懐化市辰渓県安坪鎮桐楡林村で、刈り取り機を使って晩稲を収穫する農民。中国湖南省懐化市辰渓県安坪鎮の桐楡林村では、晩稲(おくて)が豊作となった。農民らは黄金色に染まった田んぼで収穫に追われている。(長沙=新華社配信/楊娟)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304672

  • 2019年10月18日
    晩稲が収穫期湖南省懐化市で豊作

    18日、湖南省懐化市辰渓県安坪鎮桐楡林村で、刈り取り機を使って晩稲を収穫する農民。中国湖南省懐化市辰渓県安坪鎮の桐楡林村では、晩稲(おくて)が豊作となった。農民らは黄金色に染まった田んぼで収穫に追われている。(長沙=新華社配信/楊娟)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304928

  • 2019年10月18日
    晩稲が収穫期湖南省懐化市で豊作

    18日、空から見た湖南省懐化市辰渓県安坪鎮桐楡林村の田んぼ。(小型無人機から)中国湖南省懐化市辰渓県安坪鎮の桐楡林村では、晩稲(おくて)が豊作となった。農民らは黄金色に染まった田んぼで収穫に追われている。(長沙=新華社配信/楊娟)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304944

  • 2019年10月18日
    晩稲が収穫期湖南省懐化市で豊作

    18日、湖南省懐化市辰渓県安坪鎮桐楡林村で、収穫した晩稲を運搬車に移す農民。中国湖南省懐化市辰渓県安坪鎮の桐楡林村では、晩稲(おくて)が豊作となった。農民らは黄金色に染まった田んぼで収穫に追われている。(長沙=新華社配信/楊娟)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304765

  • 2019年10月18日
    晩稲が収穫期湖南省懐化市で豊作

    18日に撮影した湖南省懐化市辰渓県安坪鎮桐楡林村の田んぼで熟した稲穂。中国湖南省懐化市辰渓県安坪鎮の桐楡林村では、晩稲(おくて)が豊作となった。農民らは黄金色に染まった田んぼで収穫に追われている。(長沙=新華社配信/楊娟)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304559

  • 2019年10月18日
    晩稲が収穫期湖南省懐化市で豊作

    18日、湖南省懐化市辰渓県安坪鎮桐楡林村で行われた脱穀作業。中国湖南省懐化市辰渓県安坪鎮の桐楡林村では、晩稲(おくて)が豊作となった。農民らは黄金色に染まった田んぼで収穫に追われている。(長沙=新華社配信/楊娟)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304760

  • 2019年10月18日
    晩稲が収穫期湖南省懐化市で豊作

    18日、湖南省懐化市辰渓県安坪鎮桐楡林村で刈り取り機を使って晩稲を収穫する農民。(小型無人機から)中国湖南省懐化市辰渓県安坪鎮の桐楡林村では、晩稲(おくて)が豊作となった。農民らは黄金色に染まった田んぼで収穫に追われている。(長沙=新華社配信/楊娟)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304866

  • 2019年10月18日
    晩稲が収穫期湖南省懐化市で豊作

    18日、空から見た湖南省懐化市辰渓県安坪鎮桐楡林村の田んぼ。(小型無人機から)中国湖南省懐化市辰渓県安坪鎮の桐楡林村では、晩稲(おくて)が豊作となった。農民らは黄金色に染まった田んぼで収穫に追われている。(長沙=新華社配信/楊娟)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304691

  • 2019年11月22日
    19年浙江省農村部住民の1人当たり可処分所得は約3万元

    地元の住民と晩稲を刈り取る浙江省義烏市義亭鎮の村民、馮沢宝(ふう・たくほう)さん(右)。(2019年11月22日撮影)中国国家統計局浙江調査総隊の調査データによると、2019年浙江省の農村部住民の1人当たり可処分所得は2万9876元(1元=約16円)で、前年同期比2574元増、名目伸び率は9・4%、価格要因を除いた実質は6・0%だった。(杭州=新華社記者/譚進)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100703

  • 2020年03月21日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM1号墓(北宋)。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700787

  • 2020年04月10日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM6号墓から出土した後漢時代の擊鼓俑(げきこよう)。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700705

  • 2020年04月12日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM10号墓から出土した前漢時代の器物。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700782

  • 2020年05月09日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM52号墓から出土した前漢時代の鉄矛。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700710

  • 2020年05月09日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM29号墓(王莽新王朝)。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700866

  • 00:51.64
    2020年05月10日
    「新華社」シラサギの群れが田んぼに飛来浙江省建徳市

    中国浙江省建徳市欽堂郷蒲田村は、晩稲(おくて)の田植えの時期を迎えた。農機を操作する農家らの近くにシラサギの群れが舞い降りて、のどかな田園風景の中で優雅な姿を見せていた。(記者/鄭夢雨)<映像内容>田植えの様子、シラサギの群れ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051302701

  • 2020年05月19日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM32号墓(戦国後期~秦)。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701041

  • 2020年06月04日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM54号墓(後漢)。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700763

  • 2020年06月04日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM59号墓から出土した後漢時代の六乳六禽鳥鏡(ろくにゅうろくきんちょうきょう)。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700583

  • 2020年06月07日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM72号墓から出土した「長楽未央」銘のある前漢時代の銅鏡。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700741

  • 2020年06月10日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM67号墓から出土した前漢時代の銅銭。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700810

  • 2020年06月16日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM44号墓から出土した後漢時代の器物。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700748

  • 2020年06月25日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM100号墓(三国~両晋)。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700918

  • 2020年06月29日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM124号墓から出土した後漢時代の器物。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700777

  • 2020年06月29日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM124号墓から出土した後漢時代の青銅器「揺銭樹(ようせんじゅ)」の葉部分。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700807

  • 2020年07月02日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM41号墓(前漢)。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700815

  • 2020年07月08日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM125号墓から出土した後漢時代の馬頭。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700721

  • 2020年07月13日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM124号墓(後漢)。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700792

  • 2020年07月20日
    雨上がりの農作業湖南省常徳市

    20日、湖南省澧県蓋天村で、田植えをする村人たち。中国湖南省常徳市澧(れい)県では、米の二期作が行われており、大雨が上がった後、村民が早稲(わせ)の刈り取りと晩稲(おくて)の田植えを実施した。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700398

  • 2020年07月20日
    雨上がりの農作業湖南省常徳市

    20日、湖南省澧県蓋天村で、田植えをする村人たち。中国湖南省常徳市澧(れい)県では、米の二期作が行われており、大雨が上がった後、村民が早稲(わせ)の刈り取りと晩稲(おくて)の田植えを実施した。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700402

  • 2020年07月20日
    雨上がりの農作業湖南省常徳市

    20日、湖南省澧県熊家湾村で、田植えをする村人たち。(小型無人機から)中国湖南省常徳市澧(れい)県では、米の二期作が行われており、大雨が上がった後、村民が早稲(わせ)の刈り取りと晩稲(おくて)の田植えを実施した。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700413

  • 2020年07月20日
    雨上がりの農作業湖南省常徳市

    20日、湖南省澧県熊家湾村で、田植えをする村人たち。(小型無人機から)中国湖南省常徳市澧(れい)県では、米の二期作が行われており、大雨が上がった後、村民が早稲(わせ)の刈り取りと晩稲(おくて)の田植えを実施した。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700409

  • 2020年07月20日
    雨上がりの農作業湖南省常徳市

    20日、湖南省澧県蓋天村で、田植えをする村人たち。(小型無人機から)中国湖南省常徳市澧(れい)県では、米の二期作が行われており、大雨が上がった後、村民が早稲(わせ)の刈り取りと晩稲(おくて)の田植えを実施した。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700374

  • 2020年07月20日
    雨上がりの農作業湖南省常徳市

    20日、湖南省澧県熊家湾村で、田植えをする村人たち。(小型無人機から)中国湖南省常徳市澧(れい)県では、米の二期作が行われており、大雨が上がった後、村民が早稲(わせ)の刈り取りと晩稲(おくて)の田植えを実施した。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700380

  • 2020年07月20日
    雨上がりの農作業湖南省常徳市

    20日、湖南省澧県蓋天村で、田植えをする村人たち。(小型無人機から)中国湖南省常徳市澧(れい)県では、米の二期作が行われており、大雨が上がった後、村民が早稲(わせ)の刈り取りと晩稲(おくて)の田植えを実施した。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700543

  • 2020年07月24日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM42号墓から出土したとんぼ玉の装飾品。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700793

  • 2020年07月24日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    空から見た大墳包墓地の発掘現場。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700783

  • 2020年07月24日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM12号墓のレンガに施されていた装飾文様の拓本。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700805

  • 2020年08月06日
    「早翻秋」の推進で生産回復を後押し江西省南昌県

    6日、江西省南昌市南昌県塔城郷北洲村で、排水を終えたばかりの水田をすき起こし、「早翻秋」の準備をする農家の人。(小型無人機から)中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)の水位が徐々に低下するのに伴い、南昌市南昌県はこのところ、湖沿いの郷や鎮の農業生産自力救済活動に力を入れており、「早翻秋」の推進を通じて災害の損失を可能な限り補うよう取り組んでいる。「早翻秋」とは、中稲や晩稲の収穫に損害が出た、あるいは晩稲の田植え時期を逃したなどの状況下で、早稲種を晩稲に代えて栽培することで、「早翻秋」の実施により稲作農家の損失が大幅に減少することが見込まれる。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204442

  • 2020年08月06日
    「早翻秋」の推進で生産回復を後押し江西省南昌県

    6日、江西省南昌市南昌県塔城郷北洲村で、排水を終えたばかりの水田をすき起こし、「早翻秋」の準備をする農家の人。(小型無人機から)中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)の水位が徐々に低下するのに伴い、南昌市南昌県はこのところ、湖沿いの郷や鎮の農業生産自力救済活動に力を入れており、「早翻秋」の推進を通じて災害の損失を可能な限り補うよう取り組んでいる。「早翻秋」とは、中稲や晩稲の収穫に損害が出た、あるいは晩稲の田植え時期を逃したなどの状況下で、早稲種を晩稲に代えて栽培することで、「早翻秋」の実施により稲作農家の損失が大幅に減少することが見込まれる。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204623

  • 2020年08月06日
    「早翻秋」の推進で生産回復を後押し江西省南昌県

    6日、江西省南昌市南昌県塔城郷北洲村で、排水を終えたばかりの水田をすき起こし、「早翻秋」の準備をする農家の人。中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)の水位が徐々に低下するのに伴い、南昌市南昌県はこのところ、湖沿いの郷や鎮の農業生産自力救済活動に力を入れており、「早翻秋」の推進を通じて災害の損失を可能な限り補うよう取り組んでいる。「早翻秋」とは、中稲や晩稲の収穫に損害が出た、あるいは晩稲の田植え時期を逃したなどの状況下で、早稲種を晩稲に代えて栽培することで、「早翻秋」の実施により稲作農家の損失が大幅に減少することが見込まれる。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204297

  • 2020年08月06日
    「早翻秋」の推進で生産回復を後押し江西省南昌県

    6日、江西省南昌市南昌県塔城郷北洲村で、自作の道具を使い排水を終えたばかりの水田に種もみをまく農家の人。中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)の水位が徐々に低下するのに伴い、南昌市南昌県はこのところ、湖沿いの郷や鎮の農業生産自力救済活動に力を入れており、「早翻秋」の推進を通じて災害の損失を可能な限り補うよう取り組んでいる。「早翻秋」とは、中稲や晩稲の収穫に損害が出た、あるいは晩稲の田植え時期を逃したなどの状況下で、早稲種を晩稲に代えて栽培することで、「早翻秋」の実施により稲作農家の損失が大幅に減少することが見込まれる。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204429

  • 2020年08月06日
    「早翻秋」の推進で生産回復を後押し江西省南昌県

    6日、江西省南昌市南昌県塔城郷北洲村で、自作の道具を使い排水を終えたばかりの水田に種もみをまく農家の人。中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)の水位が徐々に低下するのに伴い、南昌市南昌県はこのところ、湖沿いの郷や鎮の農業生産自力救済活動に力を入れており、「早翻秋」の推進を通じて災害の損失を可能な限り補うよう取り組んでいる。「早翻秋」とは、中稲や晩稲の収穫に損害が出た、あるいは晩稲の田植え時期を逃したなどの状況下で、早稲種を晩稲に代えて栽培することで、「早翻秋」の実施により稲作農家の損失が大幅に減少することが見込まれる。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204577

  • 2020年08月06日
    「早翻秋」の推進で生産回復を後押し江西省南昌県

    6日、江西省南昌市南昌県塔城郷北洲村で、排水を終えたばかりの水田をすき起こし、「早翻秋」の準備をする農家の人。中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)の水位が徐々に低下するのに伴い、南昌市南昌県はこのところ、湖沿いの郷や鎮の農業生産自力救済活動に力を入れており、「早翻秋」の推進を通じて災害の損失を可能な限り補うよう取り組んでいる。「早翻秋」とは、中稲や晩稲の収穫に損害が出た、あるいは晩稲の田植え時期を逃したなどの状況下で、早稲種を晩稲に代えて栽培することで、「早翻秋」の実施により稲作農家の損失が大幅に減少することが見込まれる。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204627

  • 2020年08月24日
    Press conference of the Landesbauernverband

    24 August 2020, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: Joachim Rukwied, President of the German Farmers‘ Association and the State Farmers‘ Association in Baden-Württemberg (LBV), speaks at a press conference on the current harvest. A wet autumn and late winter, an extremely dry spring and now a hot summer have presented the farmers in the state with great challenges, according to the Farmers‘ Association. Photo: Christoph Schmidt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082502824

  • 2020年08月24日
    Press conference of the Landesbauernverband

    24 August 2020, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: Joachim Rukwied, President of the German Farmers‘ Association and the State Farmers‘ Association in Baden-Württemberg (LBV), speaks at a press conference on the current harvest. A wet autumn and late winter, an extremely dry spring and now a hot summer have presented the farmers in the state with great challenges, according to the Farmers‘ Association. Photo: Christoph Schmidt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082503121

  • 2020年08月24日
    Press conference of the Landesbauernverband

    24 August 2020, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: Apples of the “Gala“ variety hang in an apple tree. A wet autumn and late winter, an extremely dry spring and now a hot summer have presented the farmers in the country with great challenges, according to the farmers‘ association. Photo: Christoph Schmidt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082503163

  • 2020年08月24日
    Press conference of the Landesbauernverband

    24 August 2020, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: Grapes hang in vines. According to the association, a wet autumn and late winter, an extremely dry spring and now a hot summer have presented the farmers in the country with great challenges. Photo: Christoph Schmidt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082503167

  • 2020年08月24日
    Press conference of the Landesbauernverband

    24 August 2020, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: Representatives of the press sit in the “Apple Paradise Farmer“ and follow the press conference of the Landesbauernverband Baden-Württemberg (LBV). A wet autumn and late winter, an extremely dry spring and now a hot summer have presented the farmers in the state with great challenges, according to the Farmers‘ Association. Photo: Christoph Schmidt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082503038

  • 2020年08月24日
    Press conference of the Landesbauernverband

    24 August 2020, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: Apples of the variety “Elstar“ hang in an apple tree. According to the association, a wet autumn and late winter, an extremely dry spring and now a hot summer have presented the farmers in the country with great challenges. Photo: Christoph Schmidt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082503139

  • 2020年08月24日
    Press conference of the Landesbauernverband

    24 August 2020, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: Joachim Rukwied, President of the German Farmers‘ Association and the State Farmers‘ Association in Baden-Württemberg (LBV), speaks at a press conference on the current harvest. A wet autumn and late winter, an extremely dry spring and now a hot summer have presented the farmers in the state with great challenges, according to the Farmers‘ Association. Photo: Christoph Schmidt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082502728

  • 2020年08月24日
    Press conference of the Landesbauernverband

    24 August 2020, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: Red grapes hang in vines. A wet autumn and late winter, an extremely dry spring and now a hot summer have posed great challenges for the farmers in the country, according to the farmers‘ association. Photo: Christoph Schmidt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082503115

  • 2020年08月24日
    Press conference of the Landesbauernverband

    24 August 2020, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: Joachim Rukwied, President of the German Farmers‘ Association and the State Farmers‘ Association in Baden-Württemberg (LBV), is standing in a field of apple trees after a press conference on the current harvest. A wet autumn and late winter, an extremely dry spring and now a hot summer have presented the farmers in the state with great challenges, according to the Farmers‘ Association. Photo: Christoph Schmidt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082503029

  • 2020年10月28日
    晩稲の収穫期を迎えた黄金色の田んぼ広東省広州市

    10月28日、広州市従化区光聯村の田んぼで記念撮影する観光客。中国広東省広州市従化区光聯村では晩稲(おくて)の収穫期を迎え、黄金色に実った稲穂が頭を垂れている。計9万7千ムー(約6470ヘクタール)の田んぼで収穫が始まっており、生産量は3万4千トンに達する見込み。(広州=新華社配信/鄺健華)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605034

  • 2020年10月28日
    晩稲の収穫期を迎えた黄金色の田んぼ広東省広州市

    10月28日、広州市従化区光聯村の田んぼで稲刈りをする農家の人。中国広東省広州市従化区光聯村では晩稲(おくて)の収穫期を迎え、黄金色に実った稲穂が頭を垂れている。計9万7千ムー(約6470ヘクタール)の田んぼで収穫が始まっており、生産量は3万4千トンに達する見込み。(広州=新華社配信/鄺健華)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605090

  • 2020年10月28日
    晩稲の収穫期を迎えた黄金色の田んぼ広東省広州市

    10月28日、広州市従化区光聯村の田んぼで記念撮影する観光客。中国広東省広州市従化区光聯村では晩稲(おくて)の収穫期を迎え、黄金色に実った稲穂が頭を垂れている。計9万7千ムー(約6470ヘクタール)の田んぼで収穫が始まっており、生産量は3万4千トンに達する見込み。(広州=新華社配信/鄺健華)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110604876

  • 2020年10月28日
    晩稲の収穫期を迎えた黄金色の田んぼ広東省広州市

    10月28日、収穫期を迎えた広州市従化区光聯村の田んぼ。(小型無人機から)中国広東省広州市従化区光聯村では晩稲(おくて)の収穫期を迎え、黄金色に実った稲穂が頭を垂れている。計9万7千ムー(約6470ヘクタール)の田んぼで収穫が始まっており、生産量は3万4千トンに達する見込み。(広州=新華社配信/鄺健華)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605089

  • 2020年10月28日
    晩稲の収穫期を迎えた黄金色の田んぼ広東省広州市

    10月28日、収穫期を迎えた広州市従化区光聯村の田んぼ。(小型無人機から)中国広東省広州市従化区光聯村では晩稲(おくて)の収穫期を迎え、黄金色に実った稲穂が頭を垂れている。計9万7千ムー(約6470ヘクタール)の田んぼで収穫が始まっており、生産量は3万4千トンに達する見込み。(広州=新華社配信/鄺健華)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110604785

  • 2020年10月28日
    晩稲の収穫期を迎えた黄金色の田んぼ広東省広州市

    10月28日、収穫期を迎えた広州市従化区光聯村の田んぼ。(小型無人機から)中国広東省広州市従化区光聯村では晩稲(おくて)の収穫期を迎え、黄金色に実った稲穂が頭を垂れている。計9万7千ムー(約6470ヘクタール)の田んぼで収穫が始まっており、生産量は3万4千トンに達する見込み。(広州=新華社配信/鄺健華)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110604953

  • 2020年10月28日
    晩稲の収穫期を迎えた黄金色の田んぼ広東省広州市

    10月28日、頭を垂れる稲穂。中国広東省広州市従化区光聯村では晩稲(おくて)の収穫期を迎え、黄金色に実った稲穂が頭を垂れている。計9万7千ムー(約6470ヘクタール)の田んぼで収穫が始まっており、生産量は3万4千トンに達する見込み。(広州=新華社配信/鄺健華)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605035

  • 2020年11月02日
    ハイブリッドもみ米、1ムー当たりの収穫量が1500キロ超に湖南省衡陽市

    2日、第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で、収穫量調査用試験水田の面積を測るスタッフ。中国湖南省衡陽(こうよう)市衡南県清竹村の第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で2日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが開発したハイブリッドもみ米の収穫量測定が完了した。専門家による評価の結果、晩稲(おくて)品種「叁優1号」の収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり911・7キロだった。すでに測定が完了している同基地の早稲(わせ)品種は619・06キロで、両品種合わせて1530・76キロに上った。(衡陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110604866

  • 2020年11月02日
    ハイブリッドもみ米、1ムー当たりの収穫量が1500キロ超に湖南省衡陽市

    2日、第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地の収穫量調査用試験水田で、機械による刈り取りと収穫量の測定を行うスタッフ。中国湖南省衡陽(こうよう)市衡南県清竹村の第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で2日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが開発したハイブリッドもみ米の収穫量測定が完了した。専門家による評価の結果、晩稲(おくて)品種「叁優1号」の収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり911・7キロだった。すでに測定が完了している同基地の早稲(わせ)品種は619・06キロで、両品種合わせて1530・76キロに上った。(衡陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110604964

  • 2020年11月02日
    ハイブリッドもみ米、1ムー当たりの収穫量が1500キロ超に湖南省衡陽市

    2日、第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で、イネの生育状況を確認する専門家。中国湖南省衡陽(こうよう)市衡南県清竹村の第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で2日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが開発したハイブリッドもみ米の収穫量測定が完了した。専門家による評価の結果、晩稲(おくて)品種「叁優1号」の収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり911・7キロだった。すでに測定が完了している同基地の早稲(わせ)品種は619・06キロで、両品種合わせて1530・76キロに上った。(衡陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605064

  • 2020年11月02日
    ハイブリッドもみ米、1ムー当たりの収穫量が1500キロ超に湖南省衡陽市

    2日、第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で、もみの重さを測るスタッフ。中国湖南省衡陽(こうよう)市衡南県清竹村の第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で2日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが開発したハイブリッドもみ米の収穫量測定が完了した。専門家による評価の結果、晩稲(おくて)品種「叁優1号」の収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり911・7キロだった。すでに測定が完了している同基地の早稲(わせ)品種は619・06キロで、両品種合わせて1530・76キロに上った。(衡陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605000

  • 2020年11月02日
    ハイブリッドもみ米、1ムー当たりの収穫量が1500キロ超に湖南省衡陽市

    2日、長沙市の湖南ハイブリッド水稲研究センターと衡陽市の測定現場をつなぎ、ビデオ会議を行う袁隆平氏。中国湖南省衡陽(こうよう)市衡南県清竹村の第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で2日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが開発したハイブリッドもみ米の収穫量測定が完了した。専門家による評価の結果、晩稲(おくて)品種「叁優1号」の収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり911・7キロだった。すでに測定が完了している同基地の早稲(わせ)品種は619・06キロで、両品種合わせて1530・76キロに上った。(衡陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110604990

  • 2020年11月02日
    ハイブリッドもみ米、1ムー当たりの収穫量が1500キロ超に湖南省衡陽市

    2日、第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地の収穫量調査用試験水田で、機械による刈り取りと収穫量の測定を行うスタッフ。中国湖南省衡陽(こうよう)市衡南県清竹村の第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で2日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが開発したハイブリッドもみ米の収穫量測定が完了した。専門家による評価の結果、晩稲(おくて)品種「叁優1号」の収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり911・7キロだった。すでに測定が完了している同基地の早稲(わせ)品種は619・06キロで、両品種合わせて1530・76キロに上った。(衡陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110604908

  • 2020年11月02日
    ハイブリッドもみ米、1ムー当たりの収穫量が1500キロ超に湖南省衡陽市

    2日、第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地の収穫量調査用試験水田で、機械による刈り取りと収穫量の測定を行うスタッフ。中国湖南省衡陽(こうよう)市衡南県清竹村の第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で2日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが開発したハイブリッドもみ米の収穫量測定が完了した。専門家による評価の結果、晩稲(おくて)品種「叁優1号」の収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり911・7キロだった。すでに測定が完了している同基地の早稲(わせ)品種は619・06キロで、両品種合わせて1530・76キロに上った。(衡陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110604959

  • 2020年11月02日
    ハイブリッドもみ米、1ムー当たりの収穫量が1500キロ超に湖南省衡陽市

    2日、第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地の収穫量測定現場で栽培された刈り取り前のイネ。中国湖南省衡陽(こうよう)市衡南県清竹村の第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で2日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが開発したハイブリッドもみ米の収穫量測定が完了した。専門家による評価の結果、晩稲(おくて)品種「叁優1号」の収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり911・7キロだった。すでに測定が完了している同基地の早稲(わせ)品種は619・06キロで、両品種合わせて1530・76キロに上った。(衡陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605108

  • 2020年11月02日
    ハイブリッドもみ米、1ムー当たりの収穫量が1500キロ超に湖南省衡陽市

    2日、第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で、刈り取ったイネを袋詰めするスタッフ。中国湖南省衡陽(こうよう)市衡南県清竹村の第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で2日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが開発したハイブリッドもみ米の収穫量測定が完了した。専門家による評価の結果、晩稲(おくて)品種「叁優1号」の収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり911・7キロだった。すでに測定が完了している同基地の早稲(わせ)品種は619・06キロで、両品種合わせて1530・76キロに上った。(衡陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605143

  • 2020年11月03日
    秋空の下輝く稲穂、晩稲の収穫がピークに江西省南昌市

    3日、江西省南昌県蒋巷鎮の田んぼで、晩稲の収穫作業に励む農家の人。中国江西省南昌県に広がる83万ムー(約5万5千ヘクタール)余りの田んぼでは、晩稲の収穫がピークを迎えている。秋晴れの空の下、農家の人たちが収穫と天日干しの作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904499

  • 2020年11月03日
    秋空の下輝く稲穂、晩稲の収穫がピークに江西省南昌市

    3日、江西省南昌県蒋巷鎮の田んぼで、晩稲の収穫作業に励む農家の人。中国江西省南昌県に広がる83万ムー(約5万5千ヘクタール)余りの田んぼでは、晩稲の収穫がピークを迎えている。秋晴れの空の下、農家の人たちが収穫と天日干しの作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904632

  • 2020年11月03日
    秋空の下輝く稲穂、晩稲の収穫がピークに江西省南昌市

    3日、黄金色に彩られた南昌県蒋巷鎮の田園風景。(小型無人機から)中国江西省南昌県に広がる83万ムー(約5万5千ヘクタール)余りの田んぼでは、晩稲の収穫がピークを迎えている。秋晴れの空の下、農家の人たちが収穫と天日干しの作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904635

  • 2020年11月03日
    秋空の下輝く稲穂、晩稲の収穫がピークに江西省南昌市

    3日、江西省南昌県蒋巷鎮の田んぼで、晩稲の収穫作業に励む農家の人。(小型無人機から)中国江西省南昌県に広がる83万ムー(約5万5千ヘクタール)余りの田んぼでは、晩稲の収穫がピークを迎えている。秋晴れの空の下、農家の人たちが収穫と天日干しの作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904344

  • 2020年11月03日
    秋空の下輝く稲穂、晩稲の収穫がピークに江西省南昌市

    3日、江西省南昌県の蒋巷鎮で、刈り取ったもみ米をトラックに積み込む農家の人。(小型無人機から)中国江西省南昌県に広がる83万ムー(約5万5千ヘクタール)余りの田んぼでは、晩稲の収穫がピークを迎えている。秋晴れの空の下、農家の人たちが収穫と天日干しの作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904323

  • 2020年11月03日
    秋空の下輝く稲穂、晩稲の収穫がピークに江西省南昌市

    3日、江西省南昌県の蒋巷鎮で、刈り取った稲穂をトラックに積み込む農家の人。(小型無人機から)中国江西省南昌県に広がる83万ムー(約5万5千ヘクタール)余りの田んぼでは、晩稲の収穫がピークを迎えている。秋晴れの空の下、農家の人たちが収穫と天日干しの作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904631

  • 2020年11月03日
    秋空の下輝く稲穂、晩稲の収穫がピークに江西省南昌市

    3日、江西省南昌県蒋巷鎮の田んぼで、晩稲の収穫作業を行うコンバイン。(小型無人機から)中国江西省南昌県に広がる83万ムー(約5万5千ヘクタール)余りの田んぼでは、晩稲の収穫がピークを迎えている。秋晴れの空の下、農家の人たちが収穫と天日干しの作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904621

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、保護者と一緒に広州市の海珠湿地の水田を訪れ、晩稲(おくて)の刈り取りを体験する子どもたち。(小型無人機から)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902509

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、保護者と広州市の海珠湿地の水田を訪れ、晩稲(おくて)の刈り取りを体験する子ども。(小型無人機から)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902522

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、広州市の海珠湿地の水田で、刈り取った二束の晩稲(おくて)を担いであぜ道を歩く子ども。中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902535

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、稲田で子どもたちに晩稲(おくて)の刈り取りを指導する広州市海珠湿地自然教室の講師。中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902558

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、保護者と広州市の海珠湿地の水田を訪れ、晩稲(おくて)の刈り取りを体験する子どもたち。(小型無人機から)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902580

  • 2020年11月29日
    CZECH REPUBLIC CYCLOCROSS WORLD CUP TABOR MEN

    L-R, second Belgian Eli Iserbyt, winner Belgian Michael Vanthourenhout and third Belgian Wout Van Aert celebrate on the podium of the men elite race at the cyclocross cycling event in Tabor, Czech Republic, the first stage of the World Cup cyclocross competition, Sunday 29 November 2020.BELGA PHOTO DAVID STOCKMAN、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020113000225

  • 1
  • 2