KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • パラリンピック
  • 組織委員会
  • 東京五輪
  • 橋本聖子
  • 事務総長
  • 武藤敏郎
  • 聖火リレー
  • 森喜朗会長
  • 橋本会長
  • コロナ対策

「パラリンピック組織委員会」の写真・映像

絞り込み
  • 1年以内
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
23
( 1 23 件を表示)
  • 1
23
( 1 23 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 02:06.76
    2021年04月30日
    五輪組織委がコロナ専門家会合 対策の妥当性議論

    東京五輪・パラリンピック組織委員会が30日、新型コロナ対策の助言を求める専門家会議の初会合を開催した。計4回の会合で対策の妥当性などを議論していく見通し。<映像内容> 専門家会議の初会合の冒頭部分。登壇者は、組織委の橋本聖子会長、組織委の武藤敏郎事務総長、岡部信彦・川崎市健康安全研究所長(オンライン参加)ら専門家メンバー。専門家メンバーと橋本会長のあいさつなど、撮影日:2021(令和3)年4月30日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2021(令和3)年4月30日

  • 02:05.42
    2021年04月20日
    3団体合同アスリート委員会 高橋尚子さんら参加

    東京五輪・パラリンピック組織委員会が20日、JOC、JPCと3団体合同のアスリート委員会を東京都内で開催した。組織委員会の橋本聖子会長と高橋尚子アスリート委員会委員長のほか、リーモートで日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長、日本パラリンピック委員会(JPC)の鳥原光憲会長、JOCアスリート委員会の沢野大地委員長、JPCのアスリート委員会の大日方邦子委員長が参加した。<映像内容>東京都内で行われた3団体合同のアスリート委員会の冒頭撮影と記者会見、撮影日:2021(令和3)年4月20日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年4月20日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:22.51
    2021年04月15日
    公式商品、47都道府県達成 東京五輪、303の工芸品

    東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、全国の伝統工芸品と組んで大会公式商品を製作するプロジェクトで、全47都道府県の商品化を達成したと発表した。五輪のエンブレムをあしらった商品数は303点に上る。価格が最も高いものは輪島塗の宝石箱(約36万円)で、中間価格帯は8千~9千円程度だという。プロジェクトは大会を通じて日本文化を広く発信する狙い。第1弾として、東日本大震災で被災した東北3県(岩手、宮城、福島)の商品を2019年3月に発売。その後順次追加し、今年2月に全国の商品が出そろった。<映像内容>東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長らが出席したPRイベントの様子。通常の三味線の3分の2の大きさにデザインし、飛行機の客室にも手荷物として持ち込めるようにした東京三味線の実演。代表的な伝統工芸品の物撮りなど、撮影日:2021(令和3)年4月15日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年4月15日

  • 01:54.58
    2021年04月09日
    水泳大会、開催へ準備 五輪組織委の橋本会長記者会見

    東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は9日の記者会見で、国際水泳連盟がいったん中止の意向を示したテスト大会を兼ねる東京五輪最終予選大会について、開催に向けて準備を進めていることを明らかにした。「五輪本番に向けて準備ができているとの実感を持ってもらうためにも、できるだけ開催したい」と述べた。 <映像内容>橋本会長の記者会見、撮影日:2021(令和3)年4月9日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2021(令和3)年4月9日

  • 01:04.16
    2021年04月07日
    空撮 大阪聖火リレーは万博公園で代替実施 通天閣は赤色に

    東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、大阪府で13、14両日に実施予定だった公道での五輪聖火リレーを中止すると発表した。代替措置として聖火ランナーは同府吹田市の万博記念公園で走る。一方大阪府は7日の新型コロナウイルス感染者数が878人と発表、2日連続で過去最多を更新した。大阪市に出していた不要不急の外出自粛要請を府全域に拡大したため、全域での中止決定を迫られた。府は同日対策本部会議を開き、医療非常事態宣言を出した。これに伴い大阪市浪速区の観光名所・通天閣は赤色にライトアップされた。<映像内容> 大阪府吹田市、万博記念公園の「太陽の塔」と、大阪市浪速区の通天閣の空撮映像、撮影日:2021(令和3)年4月7日、撮影場所:大阪府

    撮影: 2021(令和3)年4月7日

  • 01:18.14
    2021年04月02日
    聖火リレー中止で協議へ 橋本会長、大阪側と

    東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は2日の記者会見で、中止の方向となった大阪市の聖火リレーについて「実施の在り方を地元自治体と協議し、速やかに公表したい」と述べ、大阪府などと対処方針の検討を急ぐ考えを示した。<映像内容>記者会見する橋本会長、撮影日:2021(令和3)年4月2日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2021(令和3)年4月2日

  • 02:32.21
    2021年03月25日
    「大きな問題なく実施」 聖火リレー初日で組織委

    東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は25日の記者会見で、福島県でスタートした初日の聖火リレーについて「大きな問題なく予定通りに実施することができた。密状態の観覧自粛に協力いただき、感謝申し上げる」と述べた。沿道の状況について「いわき駅前に観覧の人が集まっていたが、重なるような状況はなかった」と強調。100人の走者が聖火をつなぎ、運営には予定通り計460人のスタッフが関わったと明らかにした。 途中でトーチの火が消えたケースがあったことについては、原因は究明中だと説明した。<映像内容>東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長の記者会見、撮影日:2021(令和3)年3月25日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年3月25日

  • 02:26.04
    2021年03月24日
    澤さん聖火リレー断念 佐々木元監督、組織委で記者会見

    東京五輪の聖火リレーで第1走者を務めるサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」のワールドカップ(W杯)優勝メンバーのうち、澤穂希さんが参加を断念したことが24日、分かった。当時の監督を務めた佐々木則夫氏が記者会見で明らかにした。同監督を含め16人がグループで第1走者を務める。東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は、五輪聖火リレーについて「安全最優先で進める。万全の態勢で運営する」と述べた。<映像内容>入り、佐々木氏・橋本会長・武藤敏郎事務総長らの記者会見、撮影日:2021(令和3)年3月24日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2021(令和3)年3月24日

  • 02:26.68
    2021年03月03日
    海外観客、3月中に判断五輪5者協議後の橋本会長会見

    東京五輪・パラリンピックの開催に向け、大会組織委員会の橋本聖子会長、東京都の小池百合子知事、丸川珠代五輪相、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長、国際パラリンピック委員会(IPC)のパーソンズ会長による5者協議が3日開催され、海外からの観客の受け入れ可否は3月中に判断することで一致した。観客数の上限は、新型コロナウイルスの感染状況を見極めながら、4月中に判断することになった。橋本会長は「聖火リレーがスタートする25日までに決めたい」と話した。<映像内容>5者協議後に開かれた東京五輪・パラリンピック組織委員会・橋本聖子会長の記者会見、撮影日:2021(令和3)年3月3日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年3月3日

  • 02:11.03
    2021年03月02日
    高橋尚子さんら12人理事へ 五輪組織委、女性42%に

    東京五輪・パラリンピック組織委員会は2日、東京都内で理事会を開き、「男女平等」の取り組みとして、五輪マラソン金メダリストの高橋尚子(たかはし・なおこ)さん、パラリンピックのアルペンスキー金メダリスト大日方邦子(おびなた・くにこ)さんら新たに12人の女性理事候補を選出した。関係者が明らかにした。理事数上限を35人から45人に引き上げる定款の変更と合わせ、3日の評議員会で承認される見通し。<映像内容>理事会終了後の武藤敏郎事務総長の記者会見、撮影日:2021(令和3)年3月2日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年3月2日

  • 02:20.20
    2021年02月19日
    「期待応えられるよう頑張る」 橋本氏と丸川氏が引き継ぎ式五輪相引継ぎ式

    東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は19日午後、内閣府で行われた引き継ぎ式で、丸川珠代五輪相に大会開催に向けたコロナ対策の推進などの重点課題を伝えてバトンタッチした。「期待に応えられるようにしっかりと頑張ってまいります」と、職員に別れを告げて庁舎を後にした。約4年ぶりの再登板となった丸川氏も五輪開催に向け「国民の理解が得られるよう感染症対策に万全を期す」と、職員を前にあいさつした。<映像内容>橋本氏と丸川氏の五輪相引き継ぎ式、、撮影日:2021(令和3)年2月19日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年2月19日

  • 02:01.85
    2021年02月19日
    「信頼される東京大会に」 橋本会長が就任あいさつ

    東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は19日、オンラインで職員に就任のあいさつを行い、国内外で新型コロナウイルスの厳しい感染状況が続く中、残り5カ月余りに迫った五輪本番へ向けて「コロナ対策を講じて国民に信頼される東京大会にすることが私の使命」と決意を示した。<映像内容>拍手の中登壇し、花束を受け取ったあと組織委の職員たちにあいさつする橋本会長、武藤敏郎事務総長のあいさつ、撮影日:2021(令和3)年2月19日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年2月19日

  • 02:00.57
    2021年02月12日
    Committee will decide new Olympics chief says Tokyo 2020 CEO

    A candidate selection committee will be established to choose the next Tokyo Olympics chief says Tokyo 2020 CEO Toshiro Muto. Mori bowed to mounting pressure and resigned Friday over sexist remarks, leaving a leadership vacuum after opposition emerged to his favoured successor. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2021(令和3)年2月12日、撮影場所:日本・東京、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 02:48.36
    2021年02月11日
    川淵氏、森会長からの要請受諾 川淵氏の取材対応

    日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏(84)が11日、千葉市内で取材に応じ、女性蔑視発言で辞意を固めた東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の後任を引き受ける意向を明かし「残る人生のベストを尽くしたい。(五輪、パラを)何としても開催できるように持っていくのが一番大きな使命だ」と述べた。 前日10日に森会長サイドから連絡が入り、この日に会談して就任を要請されたという。家族からは反対されたが「とても断る状況でなかった。名誉なこと。森さんのご尽力を無にしないためにも引き受けて、何とか力になれれば」と話した。 <映像内容>記者の取材に対応する川淵氏、質疑応答など、撮影日:2021(令和3)年2月11日、撮影場所:千葉県千葉市

    撮影: 2021(令和3)年2月11日

  • 02:12.53
    2021年02月05日
    小池都知事の記者会見 森会長が謝罪の電話

    東京都の小池百合子知事は5日の定例記者会見で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長から女性蔑視発言について「本当に申し訳ない。心底撤回する」との電話があったことを明らかにした。小池氏は、森氏の発言に関連し、国会中継で背広姿の男性が目立つことを挙げ「日本全体の問題ではないか。女性もチャンスをつかみとっていかないとさまざまな競争に勝ち抜けない」と述べた。<映像内容>小池都知事の記者会見、撮影日:2021(令和3)年2月5日、撮影場所:東京都新宿区

    撮影: 2021(令和3)年2月5日

  • 02:29.68
    2021年02月05日
    加藤官房長官会見 森氏発言「あってはならない」

    東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長による女性蔑視発言について、加藤勝信官房長官は5日の記者会見で、「あってはならない発言だ」などと見解を述べた。<映像内容>5日午前の加藤官房長官の記者会見、撮影日:2021(令和3)年2月5日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年2月5日

  • 01:55.71
    2021年01月28日
    五輪開催へ2月に4者会談 森氏が会見

    東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は28日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長とテレビ電話形式での会談後、橋本聖子五輪相、小池百合子東京都知事らを含めた会議を2月に開催することで一致したと記者団に明らかにした。<映像内容>東京都内で行われた東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長と武藤敏郎事務総長の囲み取材、撮影日:2021(令和3)年1月28日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2021(令和3)年1月28日

  • 01:49.84
    2021年01月12日
    五輪、森会長が年頭あいさつ 「最大の難関、突破を」

    東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が12日、職員に年頭のあいさつを行った。新型コロナウイルスは国内外で厳しい感染状況が続くが、延期された大会の開催に向けて「たじろいだり、心の中に多少でも迷いがあれば、全てに影響してくる。淡々と予定通り進めていく」と改めて決意を表明。「長い夜も必ず朝は来る。一丸となってこの最大の難関を突破するよう頑張りましょう」と呼びかけた。<映像内容>森喜朗会長の年頭あいさつ、雑観など、撮影日:2021(令和3)年1月12日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2021(令和3)年1月12日

  • 01:10.87
    2020年12月15日
    スカイツリーが桜ゴールドに点灯 聖火リレーまで100日

    新型コロナウイルスの感染拡大で延期となった東京五輪の聖火リレー開始まで100日となった15日、東京スカイツリー(東京都墨田区)が、聖火を運ぶトーチと同色の「桜ゴールド」にライトアップされた。東京五輪・パラリンピック組織委員会が実施した。午後5時半に点灯され、東京の夜景に鮮やかに浮かび上がった。五輪の聖火リレーは来年3月25日に福島県をスタートする。 <映像内容>ライトアップが通常の点灯から、桜ゴールドに切り替わる瞬間や、ライトアップの雑観、撮影日:2020(令和2)年12月15日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月15日

  • 02:10.53
    2020年12月15日
    聖火の通過自治体変更なし 東京五輪組織委会見

    東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期された五輪の聖火リレーについて、延期前と同じ47都道府県の859市区町村を121日間かけて回るルートの概要を発表した。通過する自治体は変わらず、効率的な運営や警備などのため一部で順番を変更した。<映像内容>東京都内で行われた東京五輪・パラリンピック組織委員会の聖火リレーについての記者会見、布村幸彦組織委副事務総長、福島、岩手、宮城、東京の各県都の代表の話など、撮影日:2020(令和2)年12月15日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月15日

  • 00:45.83
    2020年12月05日
    「新華社」北京冬季五輪・パラのボランティア応募者96万人超に

    中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会ボランティア部の滕盛萍(とう・せいへい)部長は5日、大会ボランティアに世界168の国と地域から96万人を超える応募があったと明らかにした。これまでに応募した人の96%が35歳以下で、85%が学生、障害者は約2千人だった。組織委員会は五輪を担当する2万7千人とパラリンピックを担当する1万2千人のボランティア募集を予定しているという。(記者/夏子麟)<映像内容>北京冬季五輪・パラリンピックのボランティア応募、撮影日:2020(令和2)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:45.35
    2020年11月18日
    森会長「共感得る大会に」 選手と関係者は距離2メートルを

    国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)と東京五輪・パラリンピック組織委員会などによる合同事務折衝は18日、最終日の会議を開いた。終了後、組織委の森喜朗会長は記者会見で「安全、安心な大会を開催するため、議論を尽くし、多くの人の理解と共感を得たい。関係機関と緊密に連携し、準備に尽力する」と述べた。 <映像内容>合同事務折衝最終日の会議後の記者会見(向かって左からコーツ、森、武藤)、撮影日:2020(令和2)年11月18日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年11月18日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:07.72
    2020年10月21日
    コロナ対策、実験で検証 五輪、手荷物検査エリア-

    東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、観客らが競技会場に入る際に通る手荷物検査エリア運営の実証実験を東京都内で報道陣に公開した。新型コロナウイルス対策として、入場時の検温では、サーモグラフィーや非接触型の検温計のほか、手首に貼るだけで発熱しているかが分かる「検温シール」の三つの方法をテスト。待機列は1~1・5㍍の間隔を空けて並んでもらう形を試し、検査を行う警備員はマスクやフェースシールドなどを着用して臨んだ。3日間行われた実証実験には、民間警備会社で構成する共同企業体(JV)から16人の警備員が参加。本番用のゲート式金属探知機やX線検査装置などを使って検査手順の訓練を積んだ。<映像内容>東京都内で行われた手荷物検査エリア運営の実証実験の様子、組織委員会の岩下剛警備局長と参加した警備員の丹野こずえさんの囲み取材、撮影日:2020(令和2)年10月21日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年10月21日

  • 1