KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • せいか
  • 令和
  • 命名
  • 学術
  • 改善
  • 昆虫分類学
  • 研究員
  • 自然環境
  • 記者
  • 都市

「ヒゲナガハムシ亜科」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
14
( 1 14 件を表示)
  • 1
14
( 1 14 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年10月31日
    (10)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    学術誌「昆虫分類学報」に掲載された研究成果。(スクリーンショット)中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107195

  • 2021年10月31日
    (2)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    25日、発見されたハムシ科の新種の標本。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107186

  • 2021年10月31日
    (11)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    25日、ハムシ科の新種の標本。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107203

  • 2021年10月31日
    (1)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    25日、発見されたハムシ科の新種の標本。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107184

  • 2021年10月31日
    (6)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    25日、採集したハムシ科の新種の標本を分析する楊星科氏(中央)と研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107191

  • 2021年10月31日
    (8)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、ハムシ科の新種が見つかった広州海珠国家湿地公園。(小型無人機から)中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107193

  • 2021年10月31日
    (13)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    25日、広州海珠国家湿地公園で採集した昆虫標本を確認する研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107208

  • 2021年10月31日
    (3)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、広州海珠国家湿地公園で採集した昆虫を確認する研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107190

  • 2021年10月31日
    (4)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、広州海珠国家湿地公園で採集した昆虫を確認する研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107187

  • 2021年10月31日
    (5)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、広州海珠国家湿地公園で昆虫採集の準備をする研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107189

  • 2021年10月31日
    (12)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、広州海珠国家湿地公園で昆虫採集の準備をする研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107204

  • 2021年10月31日
    (9)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、ハムシ科の新種が見つかった広州海珠国家湿地公園。(パノラマ写真、小型無人機から)中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107194

  • 2021年10月31日
    (7)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    25日、ハムシ科の新種の標本を顕微鏡で観察する研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107192

  • 2021年10月31日
    (14)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、ハムシ科の新種が見つかった広州海珠国家湿地公園。(小型無人機から)中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107211

  • 1