KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ビニールハウス
  • 貧困脱却
  • 協同組合
  • メシマコブ
  • 中国吉林省
  • 延辺朝鮮族自治州
  • ターゲット
  • 太行山脈
  • 家庭農場
  • 支援河北省

「ビニールハウス栽培」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
47
( 1 47 件を表示)
  • 1
47
( 1 47 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、チャムド市ゾガン県亜中村に建設されたビニールハウス。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    メシマコブ栽培で豊かな暮らし実現河北省灤州市

    19日、育てたメシマコブを見せる河北省灤州市小馬荘鎮南趙各荘村の農家の人。中国河北省灤州(らんしゅう)市ではここ数年、農業の構造調整を進める中で、森林に自生する桑黄(メシマコブ)をビニールハウス栽培へ転換させてきた。メシマコブは真菌類の一種で、高い薬効があるとされる。同市は郊外の小馬荘鎮に栽培拠点を設け、専用ビニールハウスを30棟余り建設した。今、菌床は10万段以上に達し、メシマコブ栽培農家を営む100人以上の暮らしが豊かになった。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    メシマコブ栽培で豊かな暮らし実現河北省灤州市

    19日、河北省灤州市小馬荘鎮南趙各荘村のメシマコブ栽培用ビニールハウス。(小型無人機から)中国河北省灤州(らんしゅう)市ではここ数年、農業の構造調整を進める中で、森林に自生する桑黄(メシマコブ)をビニールハウス栽培へ転換させてきた。メシマコブは真菌類の一種で、高い薬効があるとされる。同市は郊外の小馬荘鎮に栽培拠点を設け、専用ビニールハウスを30棟余り建設した。今、菌床は10万段以上に達し、メシマコブ栽培農家を営む100人以上の暮らしが豊かになった。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    メシマコブ栽培で豊かな暮らし実現河北省灤州市

    19日、河北省灤州市小馬荘鎮南趙各荘村のメシマコブ栽培用ビニールハウスで作業する農家の人々。中国河北省灤州(らんしゅう)市ではここ数年、農業の構造調整を進める中で、森林に自生する桑黄(メシマコブ)をビニールハウス栽培へ転換させてきた。メシマコブは真菌類の一種で、高い薬効があるとされる。同市は郊外の小馬荘鎮に栽培拠点を設け、専用ビニールハウスを30棟余り建設した。今、菌床は10万段以上に達し、メシマコブ栽培農家を営む100人以上の暮らしが豊かになった。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    メシマコブ栽培で豊かな暮らし実現河北省灤州市

    19日、河北省灤州市小馬荘鎮南趙各荘村のメシマコブ栽培用ビニールハウスで作業する農家の人。中国河北省灤州(らんしゅう)市ではここ数年、農業の構造調整を進める中で、森林に自生する桑黄(メシマコブ)をビニールハウス栽培へ転換させてきた。メシマコブは真菌類の一種で、高い薬効があるとされる。同市は郊外の小馬荘鎮に栽培拠点を設け、専用ビニールハウスを30棟余り建設した。今、菌床は10万段以上に達し、メシマコブ栽培農家を営む100人以上の暮らしが豊かになった。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    メシマコブ栽培で豊かな暮らし実現河北省灤州市

    19日、河北省灤州市小馬荘鎮南趙各荘村のメシマコブ栽培用ビニールハウス。(小型無人機から)中国河北省灤州(らんしゅう)市ではここ数年、農業の構造調整を進める中で、森林に自生する桑黄(メシマコブ)をビニールハウス栽培へ転換させてきた。メシマコブは真菌類の一種で、高い薬効があるとされる。同市は郊外の小馬荘鎮に栽培拠点を設け、専用ビニールハウスを30棟余り建設した。今、菌床は10万段以上に達し、メシマコブ栽培農家を営む100人以上の暮らしが豊かになった。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    メシマコブ栽培で豊かな暮らし実現河北省灤州市

    19日、河北省灤州市小馬荘鎮南趙各荘村のメシマコブ栽培用ビニールハウスで作業する農家の人。中国河北省灤州(らんしゅう)市ではここ数年、農業の構造調整を進める中で、森林に自生する桑黄(メシマコブ)をビニールハウス栽培へ転換させてきた。メシマコブは真菌類の一種で、高い薬効があるとされる。同市は郊外の小馬荘鎮に栽培拠点を設け、専用ビニールハウスを30棟余り建設した。今、菌床は10万段以上に達し、メシマコブ栽培農家を営む100人以上の暮らしが豊かになった。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月11日
    長白山の「菌」を「金」に変える人々吉林省

    11日、吉林省延辺朝鮮族自治州和竜市八家子鎮南溝村にある桑黄栽培基地で、桑黄の生育状況を観察する村民。森の中で育つキノコの一種、桑黄(メシマコブ)は、朽ちかけたクワの木に寄生することから名付けられた。高い薬効があるとして古くから珍重され、いわば森の中の「黄金」ともいうべき存在となっている。中国吉林省東部の長白山一帯の樹海にここ数年、「黄金」を追い求める人々が現れた。その中には森林伐採が禁止された後、どう産業転換を図るかに頭を悩ませる林業労働者のほか、地元の農家もいた。彼らはやがて、桑黄を森林からビニールハウス栽培へ転換することを試みた。何度も試験をくり返し、ついに「森林の黄金」を栽培することに成功、豊かさへの道を切り開いた。同省延辺朝鮮族自治州和竜市八家子鎮の桑黄栽培基地には現在、245棟のビニールハウスが建ち並び、合計100万段以上の菌床で桑黄を栽培している。また、地元の村民100人以上の雇用を創出した。(長春=新華社記者/許暢)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月11日
    長白山の「菌」を「金」に変える人々吉林省

    11日、吉林省延辺朝鮮族自治州和竜市八家子鎮南溝村にある桑黄栽培基地のビニールハウスで桑黄の世話をする村民。森の中で育つキノコの一種、桑黄(メシマコブ)は、朽ちかけたクワの木に寄生することから名付けられた。高い薬効があるとして古くから珍重され、いわば森の中の「黄金」ともいうべき存在となっている。中国吉林省東部の長白山一帯の樹海にここ数年、「黄金」を追い求める人々が現れた。その中には森林伐採が禁止された後、どう産業転換を図るかに頭を悩ませる林業労働者のほか、地元の農家もいた。彼らはやがて、桑黄を森林からビニールハウス栽培へ転換することを試みた。何度も試験をくり返し、ついに「森林の黄金」を栽培することに成功、豊かさへの道を切り開いた。同省延辺朝鮮族自治州和竜市八家子鎮の桑黄栽培基地には現在、245棟のビニールハウスが建ち並び、合計100万段以上の菌床で桑黄を栽培している。また、地元の村民100人以上の雇用を創出した。(長春=新華社記者/許暢)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月11日
    長白山の「菌」を「金」に変える人々吉林省

    11日、吉林省延辺朝鮮族自治州和竜市八家子鎮南溝村にある桑黄栽培基地のビニールハウスで桑黄の世話をする村民。森の中で育つキノコの一種、桑黄(メシマコブ)は、朽ちかけたクワの木に寄生することから名付けられた。高い薬効があるとして古くから珍重され、いわば森の中の「黄金」ともいうべき存在となっている。中国吉林省東部の長白山一帯の樹海にここ数年、「黄金」を追い求める人々が現れた。その中には森林伐採が禁止された後、どう産業転換を図るかに頭を悩ませる林業労働者のほか、地元の農家もいた。彼らはやがて、桑黄を森林からビニールハウス栽培へ転換することを試みた。何度も試験をくり返し、ついに「森林の黄金」を栽培することに成功、豊かさへの道を切り開いた。同省延辺朝鮮族自治州和竜市八家子鎮の桑黄栽培基地には現在、245棟のビニールハウスが建ち並び、合計100万段以上の菌床で桑黄を栽培している。また、地元の村民100人以上の雇用を創出した。(長春=新華社記者/許暢)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月11日
    長白山の「菌」を「金」に変える人々吉林省

    11日、吉林省延辺朝鮮族自治州和竜市八家子鎮南溝村にある桑黄栽培基地内で撮影した桑黄。森の中で育つキノコの一種、桑黄(メシマコブ)は、朽ちかけたクワの木に寄生することから名付けられた。高い薬効があるとして古くから珍重され、いわば森の中の「黄金」ともいうべき存在となっている。中国吉林省東部の長白山一帯の樹海にここ数年、「黄金」を追い求める人々が現れた。その中には森林伐採が禁止された後、どう産業転換を図るかに頭を悩ませる林業労働者のほか、地元の農家もいた。彼らはやがて、桑黄を森林からビニールハウス栽培へ転換することを試みた。何度も試験をくり返し、ついに「森林の黄金」を栽培することに成功、豊かさへの道を切り開いた。同省延辺朝鮮族自治州和竜市八家子鎮の桑黄栽培基地には現在、245棟のビニールハウスが建ち並び、合計100万段以上の菌床で桑黄を栽培している。また、地元の村民100人以上の雇用を創出した。(長春=新華社記者/許暢)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月11日
    長白山の「菌」を「金」に変える人々吉林省

    11日、吉林省延辺朝鮮族自治州和竜市八家子鎮南溝村にある桑黄栽培基地で、桑黄の生育状況を観察する村民。森の中で育つキノコの一種、桑黄(メシマコブ)は、朽ちかけたクワの木に寄生することから名付けられた。高い薬効があるとして古くから珍重され、いわば森の中の「黄金」ともいうべき存在となっている。中国吉林省東部の長白山一帯の樹海にここ数年、「黄金」を追い求める人々が現れた。その中には森林伐採が禁止された後、どう産業転換を図るかに頭を悩ませる林業労働者のほか、地元の農家もいた。彼らはやがて、桑黄を森林からビニールハウス栽培へ転換することを試みた。何度も試験をくり返し、ついに「森林の黄金」を栽培することに成功、豊かさへの道を切り開いた。同省延辺朝鮮族自治州和竜市八家子鎮の桑黄栽培基地には現在、245棟のビニールハウスが建ち並び、合計100万段以上の菌床で桑黄を栽培している。また、地元の村民100人以上の雇用を創出した。(長春=新華社記者/許暢)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月11日
    長白山の「菌」を「金」に変える人々吉林省

    11日、吉林省延辺朝鮮族自治州和竜市八家子鎮南溝村にある桑黄栽培基地のビニールハウスで桑黄の世話をする村民。森の中で育つキノコの一種、桑黄(メシマコブ)は、朽ちかけたクワの木に寄生することから名付けられた。高い薬効があるとして古くから珍重され、いわば森の中の「黄金」ともいうべき存在となっている。中国吉林省東部の長白山一帯の樹海にここ数年、「黄金」を追い求める人々が現れた。その中には森林伐採が禁止された後、どう産業転換を図るかに頭を悩ませる林業労働者のほか、地元の農家もいた。彼らはやがて、桑黄を森林からビニールハウス栽培へ転換することを試みた。何度も試験をくり返し、ついに「森林の黄金」を栽培することに成功、豊かさへの道を切り開いた。同省延辺朝鮮族自治州和竜市八家子鎮の桑黄栽培基地には現在、245棟のビニールハウスが建ち並び、合計100万段以上の菌床で桑黄を栽培している。また、地元の村民100人以上の雇用を創出した。(長春=新華社記者/許暢)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月11日
    長白山の「菌」を「金」に変える人々吉林省

    11日、吉林省延辺朝鮮族自治州和竜市八家子鎮南溝村に広がる桑黄栽培基地のビニールハウス。(小型無人機から)森の中で育つキノコの一種、桑黄(メシマコブ)は、朽ちかけたクワの木に寄生することから名付けられた。高い薬効があるとして古くから珍重され、いわば森の中の「黄金」ともいうべき存在となっている。中国吉林省東部の長白山一帯の樹海にここ数年、「黄金」を追い求める人々が現れた。その中には森林伐採が禁止された後、どう産業転換を図るかに頭を悩ませる林業労働者のほか、地元の農家もいた。彼らはやがて、桑黄を森林からビニールハウス栽培へ転換することを試みた。何度も試験をくり返し、ついに「森林の黄金」を栽培することに成功、豊かさへの道を切り開いた。同省延辺朝鮮族自治州和竜市八家子鎮の桑黄栽培基地には現在、245棟のビニールハウスが建ち並び、合計100万段以上の菌床で桑黄を栽培している。また、地元の村民100人以上の雇用を創出した。(長春=新華社記者/許暢)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月11日
    長白山の「菌」を「金」に変える人々吉林省

    11日、吉林省延辺朝鮮族自治州和竜市八家子鎮南溝村にある桑黄栽培基地の貯蔵室で、桑黄の菌床を並べる村民。森の中で育つキノコの一種、桑黄(メシマコブ)は、朽ちかけたクワの木に寄生することから名付けられた。高い薬効があるとして古くから珍重され、いわば森の中の「黄金」ともいうべき存在となっている。中国吉林省東部の長白山一帯の樹海にここ数年、「黄金」を追い求める人々が現れた。その中には森林伐採が禁止された後、どう産業転換を図るかに頭を悩ませる林業労働者のほか、地元の農家もいた。彼らはやがて、桑黄を森林からビニールハウス栽培へ転換することを試みた。何度も試験をくり返し、ついに「森林の黄金」を栽培することに成功、豊かさへの道を切り開いた。同省延辺朝鮮族自治州和竜市八家子鎮の桑黄栽培基地には現在、245棟のビニールハウスが建ち並び、合計100万段以上の菌床で桑黄を栽培している。また、地元の村民100人以上の雇用を創出した。(長春=新華社記者/許暢)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月08日
    山菜の栽培で農家の増収を後押し吉林省安図県

    8日、吉林省延辺朝鮮族自治州安図県明月鎮の福林村にある山菜栽培のビニールハウス。(小型無人機から)中国吉林省延辺朝鮮族自治州安図県はここ数年、農家に栽培する農産物の種類調整を積極的に指導し、バテイソウ(馬蹄草)、セリ、ハクコウ(白蒿)など季節外れの山菜のビニールハウス栽培を発展させることで、農家の増収を後押ししている。(安図=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月08日
    山菜の栽培で農家の増収を後押し吉林省安図県

    8日、バテイソウを摘む吉林省延辺朝鮮族自治州安図県明月鎮福林村の農家。中国吉林省延辺朝鮮族自治州安図県はここ数年、農家に栽培する農産物の種類調整を積極的に指導し、バテイソウ(馬蹄草)、セリ、ハクコウ(白蒿)など季節外れの山菜のビニールハウス栽培を発展させることで、農家の増収を後押ししている。(安図=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月08日
    山菜の栽培で農家の増収を後押し吉林省安図県

    8日、吉林省延辺朝鮮族自治州安図県明月鎮福林村の山菜「専業合作社」(日本の農業協同組合に相当)が栽培しているバテイソウを見せる農家。中国吉林省延辺朝鮮族自治州安図県はここ数年、農家に栽培する農産物の種類調整を積極的に指導し、バテイソウ(馬蹄草)、セリ、ハクコウ(白蒿)など季節外れの山菜のビニールハウス栽培を発展させることで、農家の増収を後押ししている。(安図=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月08日
    山菜の栽培で農家の増収を後押し吉林省安図県

    8日、吉林省延辺朝鮮族自治州安図県明月鎮福林村の山菜「専業合作社」(日本の農業協同組合に相当)が栽培しているバテイソウ。中国吉林省延辺朝鮮族自治州安図県はここ数年、農家に栽培する農産物の種類調整を積極的に指導し、バテイソウ(馬蹄草)、セリ、ハクコウ(白蒿)など季節外れの山菜のビニールハウス栽培を発展させることで、農家の増収を後押ししている。(安図=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月08日
    山菜の栽培で農家の増収を後押し吉林省安図県

    8日、バテイソウを摘む吉林省延辺朝鮮族自治州安図県明月鎮福林村の農家。中国吉林省延辺朝鮮族自治州安図県はここ数年、農家に栽培する農産物の種類調整を積極的に指導し、バテイソウ(馬蹄草)、セリ、ハクコウ(白蒿)など季節外れの山菜のビニールハウス栽培を発展させることで、農家の増収を後押ししている。(安図=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月08日
    山菜の栽培で農家の増収を後押し吉林省安図県

    8日、吉林省延辺朝鮮族自治州安図県明月鎮福林村の山菜「専業合作社」(日本の農業協同組合に相当)が栽培しているバテイソウ。中国吉林省延辺朝鮮族自治州安図県はここ数年、農家に栽培する農産物の種類調整を積極的に指導し、バテイソウ(馬蹄草)、セリ、ハクコウ(白蒿)など季節外れの山菜のビニールハウス栽培を発展させることで、農家の増収を後押ししている。(安図=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.64
    2020年04月25日
    「新華社」地元の「貧困脱却パートナー」が人々をけん引新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区の新疆生産建設兵団第三師トムシュク市51団は同兵団最大の極度貧困団場で、人口5万人余りのうち、登録貧困世帯が1272世帯、5352人に上る。この地に現れた「貧困脱却パートナー」は、外部企業でも富裕層でもなく、かつて自らが地元の登録貧困世帯で育った人たちだ。今では人々から富裕層と見られている彼らは、地元の人たちをリードして貧困脱却に取り組んでいる。かつて貧困家庭で育ったユスアリ・マフムートさんは兄と2人で地元に不凍液ポンプ工場を設立し、兄が研究開発とマーケティングを、マフムートさんが生産を担当している。2人が生産する不凍液ポンプは製造の難易度が低く、地元の人たちは少し訓練すれば仕事ができるようになる。同工場では現在、貧困層22人を含む従業員26人が働いており、毎日8時間の労働で毎月1800元(1元=約15円)の給与を得ている。ムサアリ・エイサさんもかつては村の貧困層だった。数年前から野菜のビニールハウス栽培を学び、村で最初となる野菜栽培用ビニールハウスを建てた。現在その数は12棟にまで増えている。マフムートさんやエイサさんのような「貧困脱却パートナー」は、地元の状況をよく理解し、村人のことをよく知っている。彼らが設立したのは零細企業や小さな工場にすぎないが、地元政府の支援の下、貧困脱却面で少なからぬ成果を生み出すことができる。51団は昨年末、貧困脱却を実現した。(記者/張嘯誠、潘瑩)<映像内容>不凍液ポンプ工場の様子、農業の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    8日、収穫したシイタケの選別作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    8日、栽培ハウスでシイタケの収穫作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    8日、栽培ハウスで収穫したシイタケが入った容器を運ぶ河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    8日、栽培ハウスでシイタケの収穫作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県にある「南孟村股份経済合作社」のビニールハウスで、イチゴの手入れをする農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県西竪鎮のアスパラガス栽培ハウスで農作業に励む「潤遠農作物栽培専業合作社」の職員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県にある「南孟村股份経済合作社」のビニールハウスで、サクランボの花の間引き作業をする農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、クルミの袋詰め作業をする河北省臨城県の「貧困支援企業」、河北緑嶺康維食品の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、クルミの袋詰め作業をする河北省臨城県の「貧困支援企業」、河北緑嶺康維食品の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県西竪(せいしゅ)鎮にある小菊家庭農場のビニールハウスで、ズッキーニの収穫作業をする農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県臨城鎮のパセリ栽培ハウスで農作業をする茁越農業開発の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県西竪(せいしゅ)鎮にある小菊家庭農場のビニールハウスで、ズッキーニの収穫作業をする農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月06日
    移転で貧困脱却を実現甘粛省古浪県

    上:2018年2月6日に撮影した古浪県黄羊川鎮石城村の住民、胥存(しょ・そん)さんの自宅内部。下:2020年3月10日に撮影した古浪県黄花灘生態移民区の緑洲生態移民小鎮にある胥存さんの自宅内部。(組み合わせ写真)中国甘粛省武威市古浪県は、祁連山脈の麓に位置し、国が指定した六盤山広域特殊困難地区に含まれている。県南部の貧困地区である新堡、干城、横梁などの郷・鎮と数十の行政村は2013年以降、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)の実施により、郷・鎮と村全体が同県黄花灘生態移民区に移転。19年末まで累計1万5300世帯、6万2400人の移住が完了した。移転後の地域では牛や羊の飼育、ビニールハウスでの野菜・果物栽培を中心とした貧困脱却産業の発展に注力し、住民が自宅前でビニールハウス栽培や家畜飼育を行うことで増収につながるよう後押ししている。長年にわたる努力と一連の貧困脱却支援策により、古浪県の貧困発生率は13年末の39・9%から、19年末には0・1%まで減少。今年初めに貧困県の返上を実現した。(武威=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月06日
    移転で貧困脱却を実現甘粛省古浪県

    上:2018年2月6日に撮影した古浪県黄羊川鎮石城村。下:2020年3月10日に撮影した古浪県黄花灘生態移民区。(組み合わせ写真、いずれも小型無人機から)中国甘粛省武威市古浪県は、祁連山脈の麓に位置し、国が指定した六盤山広域特殊困難地区に含まれている。県南部の貧困地区である新堡、干城、横梁などの郷・鎮と数十の行政村は2013年以降、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)の実施により、郷・鎮と村全体が同県黄花灘生態移民区に移転。19年末まで累計1万5300世帯、6万2400人の移住が完了した。移転後の地域では牛や羊の飼育、ビニールハウスでの野菜・果物栽培を中心とした貧困脱却産業の発展に注力し、住民が自宅前でビニールハウス栽培や家畜飼育を行うことで増収につながるよう後押ししている。長年にわたる努力と一連の貧困脱却支援策により、古浪県の貧困発生率は13年末の39・9%から、19年末には0・1%まで減少。今年初めに貧困県の返上を実現した。(武威=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月06日
    移転で貧困脱却を実現甘粛省古浪県

    上:2018年2月6日に撮影した古浪県黄羊川鎮石城村。下:2020年3月10日に撮影した古浪県黄花灘生態移民区。(組み合わせ写真、いずれも小型無人機から)中国甘粛省武威市古浪県は、祁連山脈の麓に位置し、国が指定した六盤山広域特殊困難地区に含まれている。県南部の貧困地区である新堡、干城、横梁などの郷・鎮と数十の行政村は2013年以降、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)の実施により、郷・鎮と村全体が同県黄花灘生態移民区に移転。19年末まで累計1万5300世帯、6万2400人の移住が完了した。移転後の地域では牛や羊の飼育、ビニールハウスでの野菜・果物栽培を中心とした貧困脱却産業の発展に注力し、住民が自宅前でビニールハウス栽培や家畜飼育を行うことで増収につながるよう後押ししている。長年にわたる努力と一連の貧困脱却支援策により、古浪県の貧困発生率は13年末の39・9%から、19年末には0・1%まで減少。今年初めに貧困県の返上を実現した。(武威=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月06日
    移転で貧困脱却を実現甘粛省古浪県

    上:2018年2月6日に撮影した古浪県黄羊川鎮石城村の住民、胥存(しょ・そん)さんの家。下:2020年3月10日に撮影した古浪県黄花灘生態移民区の緑洲生態移民小鎮にある胥存さんが暮らす住宅。(組み合わせ写真)中国甘粛省武威市古浪県は、祁連山脈の麓に位置し、国が指定した六盤山広域特殊困難地区に含まれている。県南部の貧困地区である新堡、干城、横梁などの郷・鎮と数十の行政村は2013年以降、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)の実施により、郷・鎮と村全体が同県黄花灘生態移民区に移転。19年末まで累計1万5300世帯、6万2400人の移住が完了した。移転後の地域では牛や羊の飼育、ビニールハウスでの野菜・果物栽培を中心とした貧困脱却産業の発展に注力し、住民が自宅前でビニールハウス栽培や家畜飼育を行うことで増収につながるよう後押ししている。長年にわたる努力と一連の貧困脱却支援策により、古浪県の貧困発生率は13年末の39・9%から、19年末には0・1%まで減少。今年初めに貧困県の返上を実現した。(武威=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年02月18日
    移転で貧困脱却を実現甘粛省古浪県

    上:2017年2月18日に撮影した古浪県十八里堡郷中団村。下:2020年3月10日に撮影した中団村の移転地、黄花灘生態移民区感恩新村。(組み合わせ写真、いずれも小型無人機から)中国甘粛省武威市古浪県は、祁連山脈の麓に位置し、国が指定した六盤山広域特殊困難地区に含まれている。県南部の貧困地区である新堡、干城、横梁などの郷・鎮と数十の行政村は2013年以降、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)の実施により、郷・鎮と村全体が同県黄花灘生態移民区に移転。19年末まで累計1万5300世帯、6万2400人の移住が完了した。移転後の地域では牛や羊の飼育、ビニールハウスでの野菜・果物栽培を中心とした貧困脱却産業の発展に注力し、住民が自宅前でビニールハウス栽培や家畜飼育を行うことで増収につながるよう後押ししている。長年にわたる努力と一連の貧困脱却支援策により、古浪県の貧困発生率は13年末の39・9%から、19年末には0・1%まで減少。今年初めに貧困県の返上を実現した。(武威=新華社記者/范培珅)=2017(平成29)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年02月18日
    移転で貧困脱却を実現甘粛省古浪県

    上:2017年2月18日に撮影した古浪県十八里堡郷中団村。下:2020年3月10日に撮影した中団村の移転地、黄花灘生態移民区感恩新村。(組み合わせ写真)中国甘粛省武威市古浪県は、祁連山脈の麓に位置し、国が指定した六盤山広域特殊困難地区に含まれている。県南部の貧困地区である新堡、干城、横梁などの郷・鎮と数十の行政村は2013年以降、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)の実施により、郷・鎮と村全体が同県黄花灘生態移民区に移転。19年末まで累計1万5300世帯、6万2400人の移住が完了した。移転後の地域では牛や羊の飼育、ビニールハウスでの野菜・果物栽培を中心とした貧困脱却産業の発展に注力し、住民が自宅前でビニールハウス栽培や家畜飼育を行うことで増収につながるよう後押ししている。長年にわたる努力と一連の貧困脱却支援策により、古浪県の貧困発生率は13年末の39・9%から、19年末には0・1%まで減少。今年初めに貧困県の返上を実現した。(武威=新華社記者/范培珅)=2017(平成29)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1