KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 日本農業新聞
  • 新型肺炎
  • ギリシャ
  • 中国江蘇省
  • 黒竜江省
  • 国際交流
  • ハルビン
  • 日中交流
  • 中国雲南省
  • 江蘇省蘇州市

「ファイルサイズ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,263
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,263
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:19.36
    2020年12月07日
    「新華社」ダイムラーと北汽福田汽車、中国でトラック生産へ

    ドイツ自動車大手ダイムラーはこのほど、傘下で商用車を手掛けるダイムラートラックAGと中国商用車大手の北汽福田汽車が、中国でメルセデスベンツ大型トラックを共同で生産、販売すると発表した。生産にはダイムラーが持つ最先端のトラック技術を採用する。<映像内容>ダイムラーのビル外観、街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい動画です。※画質が良くありません。

  • 2020年12月06日
    四季折々の表情見せる「メタセコイアの王様」湖北省利川市

    夏を迎えた「メタセコイアの王様」。(ビデオ映像のキャプチャー画像)中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州利川市謀道鎮の鳳凰山麓を流れる磨刀渓の岸辺に生えているメタセコイアは、樹齢600年以上、高さ35メートル、幹周り2・4メートル、樹冠幅22メートル。「メタセコイアの王様」と呼ばれており、世界最古で最大の胸高直径を持つメタセコイアの母樹としても知られる。1億4千万年余り前、メタセコイアは恐竜のように全盛期を迎えていたが、第四紀の氷河期になると、恐竜を含む動植物の大部分が絶滅した。メタセコイアはかつて、化石しか発見されておらず、1941年冬に「メタセコイアの王様」が発見されるまで、完全に絶滅したと考えられていた。1948年に中国の植物学者が論文を発表。「メタセコイアは絶滅した」という定説を覆し、世界の植物学界を驚かせた。(恩施=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年12月06日
    四季折々の表情見せる「メタセコイアの王様」湖北省利川市

    夏を迎えた「メタセコイアの王様」。(ビデオ映像のキャプチャー画像)中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州利川市謀道鎮の鳳凰山麓を流れる磨刀渓の岸辺に生えているメタセコイアは、樹齢600年以上、高さ35メートル、幹周り2・4メートル、樹冠幅22メートル。「メタセコイアの王様」と呼ばれており、世界最古で最大の胸高直径を持つメタセコイアの母樹としても知られる。1億4千万年余り前、メタセコイアは恐竜のように全盛期を迎えていたが、第四紀の氷河期になると、恐竜を含む動植物の大部分が絶滅した。メタセコイアはかつて、化石しか発見されておらず、1941年冬に「メタセコイアの王様」が発見されるまで、完全に絶滅したと考えられていた。1948年に中国の植物学者が論文を発表。「メタセコイアは絶滅した」という定説を覆し、世界の植物学界を驚かせた。(恩施=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年12月06日
    四季折々の表情見せる「メタセコイアの王様」湖北省利川市

    秋を迎えた「メタセコイアの王様」。(ビデオ映像のキャプチャー画像)中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州利川市謀道鎮の鳳凰山麓を流れる磨刀渓の岸辺に生えているメタセコイアは、樹齢600年以上、高さ35メートル、幹周り2・4メートル、樹冠幅22メートル。「メタセコイアの王様」と呼ばれており、世界最古で最大の胸高直径を持つメタセコイアの母樹としても知られる。1億4千万年余り前、メタセコイアは恐竜のように全盛期を迎えていたが、第四紀の氷河期になると、恐竜を含む動植物の大部分が絶滅した。メタセコイアはかつて、化石しか発見されておらず、1941年冬に「メタセコイアの王様」が発見されるまで、完全に絶滅したと考えられていた。1948年に中国の植物学者が論文を発表。「メタセコイアは絶滅した」という定説を覆し、世界の植物学界を驚かせた。(恩施=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年12月06日
    四季折々の表情見せる「メタセコイアの王様」湖北省利川市

    冬を迎えた「メタセコイアの王様」。(ビデオ映像のキャプチャー画像)中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州利川市謀道鎮の鳳凰山麓を流れる磨刀渓の岸辺に生えているメタセコイアは、樹齢600年以上、高さ35メートル、幹周り2・4メートル、樹冠幅22メートル。「メタセコイアの王様」と呼ばれており、世界最古で最大の胸高直径を持つメタセコイアの母樹としても知られる。1億4千万年余り前、メタセコイアは恐竜のように全盛期を迎えていたが、第四紀の氷河期になると、恐竜を含む動植物の大部分が絶滅した。メタセコイアはかつて、化石しか発見されておらず、1941年冬に「メタセコイアの王様」が発見されるまで、完全に絶滅したと考えられていた。1948年に中国の植物学者が論文を発表。「メタセコイアは絶滅した」という定説を覆し、世界の植物学界を驚かせた。(恩施=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年12月05日
    浙江省と静岡県、農業の交流促進を強化へ

    テレビ会議形式で行われた浙江省と静岡県の農業交流促進委員会第22回総会と農業学術オンライン交流会。(資料写真)中国浙江省と日本の静岡県による農業交流促進委員会の第22回総会がこのほど、テレビ会議形式で行われた。双方は2021~22年の農業友好交流計画について協議し、合意事項に調印した。農業調査や農民協同組合・農業社会化サービス、農業科学技術、農産品加工、農業観光など多方面で、交流や協力を拡大していく。(杭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年12月01日
    ナムチャバルワ峰の雄大な冬景色チベット自治区

    1日、チベット自治区ニンティ市巴宜区の色季拉山から眺めたナムチャバルワ峰。中国チベット自治区のヒマラヤ山脈東端に位置するナムチャバルワ峰は標高7782メートル。頂上付近は1年中雪で覆われ、大自然が織りなすダイナミックな絶景が広がっている。(ニンティ=新華社記者/田金文)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年12月01日
    ナムチャバルワ峰の雄大な冬景色チベット自治区

    1日、チベット自治区ニンティ市巴宜区の色季拉山から眺めたナムチャバルワ峰。中国チベット自治区のヒマラヤ山脈東端に位置するナムチャバルワ峰は標高7782メートル。頂上付近は1年中雪で覆われ、大自然が織りなすダイナミックな絶景が広がっている。(ニンティ=新華社記者/田金文)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年12月01日
    ナムチャバルワ峰の雄大な冬景色チベット自治区

    1日、チベット自治区ニンティ市巴宜区の色季拉山から眺めたナムチャバルワ峰。中国チベット自治区のヒマラヤ山脈東端に位置するナムチャバルワ峰は標高7782メートル。頂上付近は1年中雪で覆われ、大自然が織りなすダイナミックな絶景が広がっている。(ニンティ=新華社記者/田金文)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年11月12日
    「斉魯号」欧亜班列、44の都市に運行山東省の対外開放をけん引

    順調に発車する「斉魯号」欧亜班列(済南-オランダ・フェンロ)。済南市からオランダ行きの第1便「欧亜班列」となった。(11月12日撮影)中国と欧州や「一帯一路」沿線諸国を結ぶ国際定期貨物列車「欧亜班列」のうち、山東省済南市からオランダのフェンロに向かう「斉魯号」が12日、順調に出発した。これにより、「斉魯号」欧亜班列は同省と世界44の都市を直接結ぶことになった。(済南=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年11月04日
    6千年前の石刻の蚕蛹を発見山西省の師村遺跡

    運城市夏県の師村遺跡から出土した石刻の蚕蛹。(資料写真)中国山西省運城市夏県の文化・観光局は10月27日、同県の師村遺跡で6千年前の石刻の蚕蛹(さんよう、カイコのさなぎ)が出土したと明らかにした。考古学者らの野外調査時に発見した。中国でこれまで見つかった石刻蚕蛹の中でも年代が最も古いものの一つだという。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年11月04日
    中国、商標登録までの所要期間を大幅に短縮

    4日、重慶両江新区で開催された2020年度商標登録円滑化改革集中説明会の様子。中国重慶市で4日、2020年度商標登録円滑化改革集中説明会が行われ、中国では商標登録までにかかる期間が8~9カ月と、2016年の13~14カ月から5カ月短縮され、商標登録の円滑化が進んでいることが分かった。この説明会は3、4日の両日に西部(重慶)科学城と重慶両江新区で開催され、重慶市や四川省などから延べ54万人以上がオンラインや会場で参加した。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年11月04日
    6千年前の石刻の蚕蛹を発見山西省の師村遺跡

    運城市夏県の師村遺跡から出土した石刻の蚕蛹。(資料写真)中国山西省運城市夏県の文化・観光局は10月27日、同県の師村遺跡で6千年前の石刻の蚕蛹(さんよう、カイコのさなぎ)が出土したと明らかにした。考古学者らの野外調査時に発見した。中国でこれまで見つかった石刻蚕蛹の中でも年代が最も古いものの一つだという。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年11月03日
    中国、商標登録までの所要期間を大幅に短縮

    3日、西部(重慶)科学城で開催された2020年度商標登録円滑化改革集中説明会の様子。中国重慶市で4日、2020年度商標登録円滑化改革集中説明会が行われ、中国では商標登録までにかかる期間が8~9カ月と、2016年の13~14カ月から5カ月短縮され、商標登録の円滑化が進んでいることが分かった。この説明会は3、4日の両日に西部(重慶)科学城と重慶両江新区で開催され、重慶市や四川省などから延べ54万人以上がオンラインや会場で参加した。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年10月26日
    竜門石窟研究院、六大考古学成果を発表河南省洛陽市

    擂鼓台3号窟前遺跡の発掘現場。(資料写真)中国河南省洛陽市の石窟群「竜門石窟」でこのほど、同石窟の保護研究成果発表会と世界遺産登録20周年を記念する学術交流会が開かれ、竜門石窟研究院がこの20年の六大考古学成果を発表した。同石窟および周辺にある奉先寺遺跡、擂鼓台(らいこだい)3号窟前遺跡、香山寺遺跡、万仏溝1号窟前建築遺跡、西山石窟北側斜面の唐代僧侶墓地の発掘調査と、瘞窟(えいくつ、墓として使われた石窟)の整理調査が含まれる。(洛陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年10月23日
    常熟港が対外開放25周年長江と海洋の時代へまい進

    23日、常熟港に停泊する船舶。中国江蘇省常熟市で23日、常熟港の国家1類対外開放港指定25周年を祝う式典が開かれ、投資総額161億元(1元=約16円)を超えるプロジェクト16件の契約が調印された。これらの契約は、同港の構造転換と高度化を進め、長江デルタ(上海市、江蘇省、浙江省、安徽省)地域の物流・貿易の集積エリア、江蘇省の海洋経済発展先行エリア、地域産業の高度化に向けた中心機能エリアを構築するのが目的。同港が開放と融合の中で発展し「長江と海洋の時代」へ向かうのを後押しする。(常熟=新華社配信)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年10月23日
    常熟港が対外開放25周年長江と海洋の時代へまい進

    23日、空からみた常熟港。中国江蘇省常熟市で23日、常熟港の国家1類対外開放港指定25周年を祝う式典が開かれ、投資総額161億元(1元=約16円)を超えるプロジェクト16件の契約が調印された。これらの契約は、同港の構造転換と高度化を進め、長江デルタ(上海市、江蘇省、浙江省、安徽省)地域の物流・貿易の集積エリア、江蘇省の海洋経済発展先行エリア、地域産業の高度化に向けた中心機能エリアを構築するのが目的。同港が開放と融合の中で発展し「長江と海洋の時代」へ向かうのを後押しする。(常熟=新華社配信)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年10月23日
    常熟港が対外開放25周年長江と海洋の時代へまい進

    23日、常熟港で開かれた国家1類対外開放港指定25周年を祝う式典。中国江蘇省常熟市で23日、常熟港の国家1類対外開放港指定25周年を祝う式典が開かれ、投資総額161億元(1元=約16円)を超えるプロジェクト16件の契約が調印された。これらの契約は、同港の構造転換と高度化を進め、長江デルタ(上海市、江蘇省、浙江省、安徽省)地域の物流・貿易の集積エリア、江蘇省の海洋経済発展先行エリア、地域産業の高度化に向けた中心機能エリアを構築するのが目的。同港が開放と融合の中で発展し「長江と海洋の時代」へ向かうのを後押しする。(常熟=新華社配信)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年10月14日
    アディダス、蘇州で新オペレーションセンターを起工

    14日、蘇州工業園区で行われたアディダス・インテリジェント・オペレーションセンターの起工式。独アディダスはこのほど、中国江蘇省の蘇州工業園区でインテリジェント・オペレーションセンターを起工した。同園区管理委員会が16日明らかにした。先端科学技術と自動化設備を全面的に採用し、同社の大中華圏(グレーター・チャイナ)事業を長期にわたり支援する。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年10月01日
    探査機「天問1号」、深宇宙での「自撮り」画像を初公開

    1日、探査機「天問1号」が撮影した画像。中国の国慶節と中秋節が重なった1日、国家航天局は中国初の火星探査ミッションを行っている探査機「天問1号」の飛行中の画像を公開した。画像では鮮やかな「中国紅(チャイナレッド)」に輝く五星紅旗がひときわ目を引いている。今回の画像は「天問1号」が初めて深宇宙で「自撮り」したもので、広大な宇宙で銀色の着陸機と探査車、金色の周回機が輝く姿は、「天問1号」が無事を知らせ、祖国の誕生日を祝福しているように見える。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年10月01日
    探査機「天問1号」、深宇宙での「自撮り」画像を初公開

    1日、探査機「天問1号」が撮影した画像。中国の国慶節と中秋節が重なった1日、国家航天局は中国初の火星探査ミッションを行っている探査機「天問1号」の飛行中の画像を公開した。画像では鮮やかな「中国紅(チャイナレッド)」に輝く五星紅旗がひときわ目を引いている。今回の画像は「天問1号」が初めて深宇宙で「自撮り」したもので、広大な宇宙で銀色の着陸機と探査車、金色の周回機が輝く姿は、「天問1号」が無事を知らせ、祖国の誕生日を祝福しているように見える。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年09月29日
    中国の研究者、ウキクサがエネルギー植物になることを発見

    従属栄養条件下のウキクサ。(資料写真)中国科学院水生生物研究所の水生植物生理学チームは、ウキクサが光合成により生育に必要な栄養源を全てまかなう独立栄養生物でありながら、複数の有機炭素源を利用した従属栄養や混合栄養としての働きもあることを発見した。ウキクサはバイオマスエネルギーや汚水処理、食品・飼料、バイオリアクターなどの分野で高い利用価値がある。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年09月29日
    中国の研究者、ウキクサがエネルギー植物になることを発見

    混合栄養と従属栄養を組み合わせた2段階培養戦略のモデル図。(資料写真)中国科学院水生生物研究所の水生植物生理学チームは、ウキクサが光合成により生育に必要な栄養源を全てまかなう独立栄養生物でありながら、複数の有機炭素源を利用した従属栄養や混合栄養としての働きもあることを発見した。ウキクサはバイオマスエネルギーや汚水処理、食品・飼料、バイオリアクターなどの分野で高い利用価値がある。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年09月29日
    中国の研究者、ウキクサがエネルギー植物になることを発見

    混合栄養条件下(左、光照射+有機炭素源)、従属栄養条件下(中央、暗所+有機炭素源)、独立栄養条件下(右)のウキクサの生育特性を示したモデル図。(資料写真)中国科学院水生生物研究所の水生植物生理学チームは、ウキクサが光合成により生育に必要な栄養源を全てまかなう独立栄養生物でありながら、複数の有機炭素源を利用した従属栄養や混合栄養としての働きもあることを発見した。ウキクサはバイオマスエネルギーや汚水処理、食品・飼料、バイオリアクターなどの分野で高い利用価値がある。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年09月28日
    日系持ち株会社で初、中国A株メインボードに上場昆山市

    28日、上場記念の打鐘式。中国江蘇省昆山市の昆山経済技術開発区は29日、同開発区に本社のある偉時電子が28日に上海証券取引所のメインボードに上場し、日系持ち株会社として初めて中国A株メインボード上場企業となったことを明らかにした。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年09月28日
    日系持ち株会社で初、中国A株メインボードに上場昆山市

    28日、偉時電子の外観。中国江蘇省昆山市の昆山経済技術開発区は29日、同開発区に本社のある偉時電子が28日に上海証券取引所のメインボードに上場し、日系持ち株会社として初めて中国A株メインボード上場企業となったことを明らかにした。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年09月28日
    日系持ち株会社で初、中国A株メインボードに上場昆山市

    28日、上場記念の打鐘式。中国江蘇省昆山市の昆山経済技術開発区は29日、同開発区に本社のある偉時電子が28日に上海証券取引所のメインボードに上場し、日系持ち株会社として初めて中国A株メインボード上場企業となったことを明らかにした。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年09月28日
    日系持ち株会社で初、中国A株メインボードに上場昆山市

    28日、偉時電子の工場。中国江蘇省昆山市の昆山経済技術開発区は29日、同開発区に本社のある偉時電子が28日に上海証券取引所のメインボードに上場し、日系持ち株会社として初めて中国A株メインボード上場企業となったことを明らかにした。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 00:14.82
    2020年09月25日
    「新華社」野生のアムールトラ、道路に出現吉林省琿春市

    中国吉林省延辺朝鮮族自治州琿春(こんしゅん)市でこのほど、車で市内に戻る途中の市民が1頭の野生の東北虎(アムールトラ)に遭遇した。同市の市民が路上で野生のアムールトラを確認したのは今年これが2度目。同市は近年、野生のアムールトラと東北ヒョウの保護活動を大きく進展させており、アムールトラと東北ヒョウの生息環境は日ごとに改善されている。個体群は健康で安定しており、活動範囲も拡大し続けている。(記者/邵美琦、顔麟蘊)<映像内容>道路に出現した野生のアムールトラ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい動画です。

  • 2020年09月21日
    陽澄湖で「上海ガニ」漁解禁、水揚げ量1万トン超見込む江蘇省

    21日、陽澄湖で先を争って出漁する漁船。中国江蘇省蘇州市相城区の陽澄湖で21日、「大閘蟹」(上海ガニ)の漁が解禁された。同市農業農村局の陸志栄(りく・しえい)副局長によると、同湖の水質は改善を続け、上海ガニは順調に成長しており、今年の水揚げ量は約1万260トンに達する見込み。うち、湖での囲い網養殖では約1500トン、陽澄湖周辺の規格化した養殖池では約8760トンの水揚げ量になるという。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年09月21日
    陽澄湖で「上海ガニ」漁解禁、水揚げ量1万トン超見込む江蘇省

    21日、陽澄湖で上海ガニを水揚げする漁師。中国江蘇省蘇州市相城区の陽澄湖で21日、「大閘蟹」(上海ガニ)の漁が解禁された。同市農業農村局の陸志栄(りく・しえい)副局長によると、同湖の水質は改善を続け、上海ガニは順調に成長しており、今年の水揚げ量は約1万260トンに達する見込み。うち、湖での囲い網養殖では約1500トン、陽澄湖周辺の規格化した養殖池では約8760トンの水揚げ量になるという。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 01:09.98
    2020年09月21日
    「新華社」内モンゴル自治区バヤンノール市で雪やひょう

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市でこのほど、強風やひょうなどを伴う雷雨が発生した。市内の五原県は降水量が最も多く、14・1ミリに達した。またウラト中旗海流図鎮や五原県栄豊鎮、隆興昌鎮では雪やひょうが降り、市民が雪だるまを作る様子も見られた。(記者/李雲平)<映像内容>内モンゴル自治区バヤンノール市で強風やひょうなどを伴う雷雨が発生、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい動画です。

  • 2020年09月21日
    陽澄湖で「上海ガニ」漁解禁、水揚げ量1万トン超見込む江蘇省

    21日、陽澄湖産の上海ガニ。中国江蘇省蘇州市相城区の陽澄湖で21日、「大閘蟹」(上海ガニ)の漁が解禁された。同市農業農村局の陸志栄(りく・しえい)副局長によると、同湖の水質は改善を続け、上海ガニは順調に成長しており、今年の水揚げ量は約1万260トンに達する見込み。うち、湖での囲い網養殖では約1500トン、陽澄湖周辺の規格化した養殖池では約8760トンの水揚げ量になるという。(蘇州=新華社配信) =2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年09月21日
    陽澄湖で「上海ガニ」漁解禁、水揚げ量1万トン超見込む江蘇省

    21日、陽澄湖で水揚げしたばかりの上海ガニを手にする漁師。中国江蘇省蘇州市相城区の陽澄湖で21日、「大閘蟹」(上海ガニ)の漁が解禁された。同市農業農村局の陸志栄(りく・しえい)副局長によると、同湖の水質は改善を続け、上海ガニは順調に成長しており、今年の水揚げ量は約1万260トンに達する見込み。うち、湖での囲い網養殖では約1500トン、陽澄湖周辺の規格化した養殖池では約8760トンの水揚げ量になるという。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年09月21日
    陽澄湖で「上海ガニ」漁解禁、水揚げ量1万トン超見込む江蘇省

    21日、陽澄湖で先を争って出漁する漁船。中国江蘇省蘇州市相城区の陽澄湖で21日、「大閘蟹」(上海ガニ)の漁が解禁された。同市農業農村局の陸志栄(りく・しえい)副局長によると、同湖の水質は改善を続け、上海ガニは順調に成長しており、今年の水揚げ量は約1万260トンに達する見込み。うち、湖での囲い網養殖では約1500トン、陽澄湖周辺の規格化した養殖池では約8760トンの水揚げ量になるという。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年09月19日
    野生の華北ヒョウ、河北省のかつての生息地に姿戻る

    赤外線カメラが捉えた、子どもをくわえて移動する雌の華北ヒョウ。(資料写真)中国固有種で、国家1級保護動物に指定されている華北ヒョウ(学名Pantherapardusfontanierii)がこのほど、約20年ぶりに河北省の従来の生息地に姿を現した。華北ヒョウは現在、野生の個体数が回復傾向にある。(晋中=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年09月19日
    四川省でアルビノの野生レッサーパンダを確認国内初

    四川省美姑大風頂国家級自然保護区で赤外線カメラが撮影した一般的な赤茶色のレッサーパンダ。(資料写真)中国四川省涼山イ族自治州の美姑大風頂国家級自然保護区でこのほど、アルビノの野生レッサーパンダの姿が確認された。(美姑=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年09月19日
    四川省でアルビノの野生レッサーパンダを確認国内初

    四川省美姑大風頂国家級自然保護区で確認されたアルビノの野生レッサーパンダ。(資料写真)中国四川省涼山イ族自治州の美姑大風頂国家級自然保護区でこのほど、アルビノの野生レッサーパンダの姿が確認された。(美姑=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月18日
    中国初の付加製造製品品質監督検査センター、検収を通過江蘇省

    国家付加製造製品品質監督検査センター(江蘇省)の工業用コンピューター断層撮影(CT)装置。(資料写真)中国の国家市場監督管理総局が組織した専門家グループが15日、国家付加製造製品品質監督検査センター(江蘇省)に対する現地検収を実施した。2日間の検査を経て、同センターは「中国国内トップ」の審査結果で検収を通過し、中国初の検収を通過した国家級付加製造製品品質監督検査センターとなった。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月18日
    中国初の付加製造製品品質監督検査センター、検収を通過江蘇省

    国家付加製造製品品質監督検査センター(江蘇省)の外観。(資料写真)中国の国家市場監督管理総局が組織した専門家グループが15日、国家付加製造製品品質監督検査センター(江蘇省)に対する現地検収を実施した。2日間の検査を経て、同センターは「中国国内トップ」の審査結果で検収を通過し、中国初の検収を通過した国家級付加製造製品品質監督検査センターとなった。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年09月16日
    蘇州で千年続く民俗行事「軋蓮花」江蘇省

    16日、蓮華寺の「軋蓮花」で上演された歌と踊りのショー。中国江蘇省の太湖湖畔にある蘇州ハイテク産業開発区(蘇州高新区)通安鎮の蓮華寺で16日、「軋蓮花(あつれんげ)」と呼ばれる民俗行事が開かれた。毎年旧暦7月30日に行われており、近隣住民や観光客が香をたき、幸福を祈願した。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年09月15日
    天津に響く「中国三大テノール」の歌声

    15日、コンサートを楽しむ観客。中国天津市の天津大劇院・屋外親水舞台劇場で15日、「中国三大テノール」と呼ばれる戴玉強(ダイ・ユーチャン)、莫華倫(ウォーレン・モク)、魏松(ウェイ・ソン)3氏が保利天歌節日交響楽団と「中国三大テノールワールドツアー天津コンサート」を開催した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月15日
    平和のために戦争文化財を収集企業家が作った博物館

    元日本軍兵士の小林寛澄さん(右)の自宅を訪れた樊建川氏。(資料写真)中国四川省成都市大邑県の安仁鎮に、中国最大の民間博物館「建川博物館」がある。抗日戦争、民俗、紅色年代、汶川大地震(四川大地震)の四大テーマに基づき複数の分館が設けられており、抗日戦争関連では16の分館がある。国や地方政府に登録された文化財3600点余りを含む戦争文化財80万点余りを所蔵している。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月15日
    中国初の付加製造製品品質監督検査センター、検収を通過江蘇省

    15日、国家付加製造製品品質監督検査センター(江蘇省)に対する現地検収を実施する国家市場監督管理総局が組織した専門家グループ。中国の国家市場監督管理総局が組織した専門家グループが15日、国家付加製造製品品質監督検査センター(江蘇省)に対する現地検収を実施した。2日間の検査を経て、同センターは「中国国内トップ」の審査結果で検収を通過し、中国初の検収を通過した国家級付加製造製品品質監督検査センターとなった。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月15日
    悪質な闇金融事件を摘発、1千万元超を凍結広西チワン族自治区

    現場検証で事件現場を指差す容疑者。(資料写真)中国広西チワン族自治区桂平市公安局はこのほど、利用者をだます悪質な闇金融の「トラップローン」事件を摘発、容疑者16人を逮捕し、百枚以上の銀行カードを押収、1千万元(1元=約16円)余りの関連資産を差し押さえ凍結した。(桂平=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年09月11日
    武田薬品、患者の交流促進で中国の希少疾患対策事業を支援

    11日、四川省成都市で開かれた武田薬品(中国)主催の第1回希少疾患患者交流サミット。武田薬品工業の中国法人、武田薬品(中国)が主催する第1回希少疾患患者交流サミットがこのほど、四川省成都市で開かれた。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年09月09日
    村民に増収もたらすラズベリー栽培山西省武郷県

    梱包されたラズベリー製品。(9月9日撮影)中国山西省長治市武郷県寨上村のラズベリー栽培拠点では10月に入り、赤い果実が枝いっぱいに実り、8月から熟し始めたラズベリーの収穫期を迎えている。同村は2017年から、村民の増収と富裕化を加速させるため、ラズベリー栽培事業を導入。農家が栽培技術を習得するのを支援してきた。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年09月09日
    村民に増収もたらすラズベリー栽培山西省武郷県

    ラズベリーの実やワイン、チョコレートなどの製品。(9月9日撮影)中国山西省長治市武郷県寨上村のラズベリー栽培拠点では10月に入り、赤い果実が枝いっぱいに実り、8月から熟し始めたラズベリーの収穫期を迎えている。同村は2017年から、村民の増収と富裕化を加速させるため、ラズベリー栽培事業を導入。農家が栽培技術を習得するのを支援してきた。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年09月09日
    村民に増収もたらすラズベリー栽培山西省武郷県

    枝に実ったラズベリーの果実。(9月9日撮影)中国山西省長治市武郷県寨上村のラズベリー栽培拠点では10月に入り、赤い果実が枝いっぱいに実り、8月から熟し始めたラズベリーの収穫期を迎えている。同村は2017年から、村民の増収と富裕化を加速させるため、ラズベリー栽培事業を導入。農家が栽培技術を習得するのを支援してきた。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年09月04日
    中日(蘇州)地方発展協力モデル区に長江デルタ中日センター設立へ

    4日、長江デルタ中日センターの調印式。中国江蘇省蘇州市相城区の中日(蘇州)地方発展協力モデル区と東京とのマッチング商談会がこのほど開催された。双方はオンラインやオフラインの方式で、スマート製造や医療・ヘルスケア産業などについて交流を進め、長江デルタ中日センターと中日友好天文台を同市相城区に設立する契約に調印した。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年09月04日
    中日(蘇州)地方発展協力モデル区に長江デルタ中日センター設立へ

    4日、マッチング商談会の会場。中国江蘇省蘇州市相城区の中日(蘇州)地方発展協力モデル区と東京とのマッチング商談会がこのほど開催された。双方はオンラインやオフラインの方式で、スマート製造や医療・ヘルスケア産業などについて交流を進め、長江デルタ中日センターと中日友好天文台を同市相城区に設立する契約に調印した。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年09月04日
    中日(蘇州)地方発展協力モデル区に長江デルタ中日センター設立へ

    4日、マッチング商談会の会場。中国江蘇省蘇州市相城区の中日(蘇州)地方発展協力モデル区と東京とのマッチング商談会がこのほど開催された。双方はオンラインやオフラインの方式で、スマート製造や医療・ヘルスケア産業などについて交流を進め、長江デルタ中日センターと中日友好天文台を同市相城区に設立する契約に調印した。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年09月04日
    中日(蘇州)地方発展協力モデル区に長江デルタ中日センター設立へ

    4日、ビデオ通話で参加した群馬県の山本一太知事(群馬県庁サブ会場)。中国江蘇省蘇州市相城区の中日(蘇州)地方発展協力モデル区と東京とのマッチング商談会がこのほど開催された。双方はオンラインやオフラインの方式で、スマート製造や医療・ヘルスケア産業などについて交流を進め、長江デルタ中日センターと中日友好天文台を同市相城区に設立する契約に調印した。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    有毒ダイエット商品の製造販売者に懲役10年広西チワン族自治区

    押収された有害ダイエット商品。(資料写真)中国広西チワン族自治区来賓市中級人民法院(裁判所)はこのほど、有毒・有害ダイエット商品の製造、販売事件で、羅(ら)被告に対し懲役10年、罰金145万元(1元=約15円)の判決を言い渡した。羅被告は以前、ダイエット関連企業で事務員として勤務していたが、2018年1月、故郷の来賓市忻城(きんじょう)県思練鎮に戻り、インターネット上で原料と包装材料を購入し、自宅地下室でダイエット商品の製造を開始。オンラインと実店舗を通じ、商品を中国各地に販売していた。捜査に当たった警察によると、これら商品はいずれも白砂糖や小麦粉などにロルカセリンやシブトラミンなどを加えて製造されたもので、服用すると食欲がなくなり、健康に深刻な影響を与えるという。(忻城=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年09月02日
    康師傅、宇宙食ラーメンで中国航天基金会と提携

    2日、康師傅と中国航天基金会の協力パートナーシップ契約式の会場。中国食品大手の康師傅(カンシーフ)控股は2日、航空・宇宙関連の公益事業を行う中国航天基金会と中国初の宇宙食ラーメンブランドの立ち上げに関する協力パートナーシップ契約を締結した。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年09月02日
    天生城遺跡で宋代遺構と多数の礌石を発見重慶市

    万州天生城遺跡で見つかった南宋期の住居跡。(9月2日撮影)中国の重慶市文化遺産研究院はこのほど、市内にある万州天生城遺跡の第3期(2019~20年)発掘調査が完了したと明らかにした。遺跡からは、南宋期の住居跡や排水溝などが新たに見つかったほか、礌石(らいせき)と呼ばれる城の防衛戦で城壁などから落とす石も多数出土した。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    有毒ダイエット商品の製造販売者に懲役10年広西チワン族自治区

    押収された有害ダイエット商品。(資料写真)中国広西チワン族自治区来賓市中級人民法院(裁判所)はこのほど、有毒・有害ダイエット商品の製造、販売事件で、羅(ら)被告に対し懲役10年、罰金145万元(1元=約15円)の判決を言い渡した。羅被告は以前、ダイエット関連企業で事務員として勤務していたが、2018年1月、故郷の来賓市忻城(きんじょう)県思練鎮に戻り、インターネット上で原料と包装材料を購入し、自宅地下室でダイエット商品の製造を開始。オンラインと実店舗を通じ、商品を中国各地に販売していた。捜査に当たった警察によると、これら商品はいずれも白砂糖や小麦粉などにロルカセリンやシブトラミンなどを加えて製造されたもので、服用すると食欲がなくなり、健康に深刻な影響を与えるという。(忻城=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年09月02日
    天生城遺跡で宋代遺構と多数の礌石を発見重慶市

    万州天生城遺跡で見つかった南宋期の井戸。(9月2日撮影)中国の重慶市文化遺産研究院はこのほど、市内にある万州天生城遺跡の第3期(2019~20年)発掘調査が完了したと明らかにした。遺跡からは、南宋期の住居跡や排水溝などが新たに見つかったほか、礌石(らいせき)と呼ばれる城の防衛戦で城壁などから落とす石も多数出土した。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    有毒ダイエット商品の製造販売者に懲役10年広西チワン族自治区

    押収された有害ダイエット商品。(資料写真)中国広西チワン族自治区来賓市中級人民法院(裁判所)はこのほど、有毒・有害ダイエット商品の製造、販売事件で、羅(ら)被告に対し懲役10年、罰金145万元(1元=約15円)の判決を言い渡した。羅被告は以前、ダイエット関連企業で事務員として勤務していたが、2018年1月、故郷の来賓市忻城(きんじょう)県思練鎮に戻り、インターネット上で原料と包装材料を購入し、自宅地下室でダイエット商品の製造を開始。オンラインと実店舗を通じ、商品を中国各地に販売していた。捜査に当たった警察によると、これら商品はいずれも白砂糖や小麦粉などにロルカセリンやシブトラミンなどを加えて製造されたもので、服用すると食欲がなくなり、健康に深刻な影響を与えるという。(忻城=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年09月02日
    康師傅、宇宙食ラーメンで中国航天基金会と提携

    2日、康師傅と中国航天基金会の協力パートナーシップ契約式で、宇宙の夢を描いた絵を関係者に説明する子ども。中国食品大手の康師傅(カンシーフ)控股は2日、航空・宇宙関連の公益事業を行う中国航天基金会と中国初の宇宙食ラーメンブランドの立ち上げに関する協力パートナーシップ契約を締結した。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年09月02日
    天生城遺跡で宋代遺構と多数の礌石を発見重慶市

    万州天生城遺跡で見つかった南宋期の排水溝と礌石。(9月2日撮影)中国の重慶市文化遺産研究院はこのほど、市内にある万州天生城遺跡の第3期(2019~20年)発掘調査が完了したと明らかにした。遺跡からは、南宋期の住居跡や排水溝などが新たに見つかったほか、礌石(らいせき)と呼ばれる城の防衛戦で城壁などから落とす石も多数出土した。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年09月02日
    康師傅、宇宙食ラーメンで中国航天基金会と提携

    2日、康師傅との協力パートナーシップ契約式であいさつする中国航天基金会の呉志堅(ご・しけん)理事長。中国食品大手の康師傅(カンシーフ)控股は2日、航空・宇宙関連の公益事業を行う中国航天基金会と中国初の宇宙食ラーメンブランドの立ち上げに関する協力パートナーシップ契約を締結した。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    有毒ダイエット商品の製造販売者に懲役10年広西チワン族自治区

    押収された商品を示す羅被告。(資料写真)中国広西チワン族自治区来賓市中級人民法院(裁判所)はこのほど、有毒・有害ダイエット商品の製造、販売事件で、羅(ら)被告に対し懲役10年、罰金145万元(1元=約15円)の判決を言い渡した。羅被告は以前、ダイエット関連企業で事務員として勤務していたが、2018年1月、故郷の来賓市忻城(きんじょう)県思練鎮に戻り、インターネット上で原料と包装材料を購入し、自宅地下室でダイエット商品の製造を開始。オンラインと実店舗を通じ、商品を中国各地に販売していた。捜査に当たった警察によると、これら商品はいずれも白砂糖や小麦粉などにロルカセリンやシブトラミンなどを加えて製造されたもので、服用すると食欲がなくなり、健康に深刻な影響を与えるという。(忻城=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年09月01日
    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の臨界状態に

    世界で初めて「華竜1号」を採用した原子炉のある福清原子力発電所。(9月1日撮影、小型無人機から)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉が21日、初めて臨界状態に達した。これにより、5号機は正式に運転状態に入った。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉設計技術。同発電所5号機は2015年5月に着工し、今年9月には燃料集合体177体の装荷を完了している。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:11.45
    2020年09月01日
    「新華社」内モンゴル自治区アルシャー盟で強い砂嵐

    中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗吉蘭泰地区で1日午後6時50分ごろ、強い砂嵐が発生した。最大瞬間風速は毎秒20・8メートルに達し、有効視界は239メートルまで低下した。アルシャー盟気象局によると、同地区で9月に砂嵐が発生したのは1982年以来だという。(記者/哈麗娜)<映像内容>内モンゴル自治区アルシャー盟で発生した強い砂嵐の様子、撮影日:2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい動画です。

  • 2020年09月01日
    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の臨界状態に

    世界で初めて「華竜1号」を採用した原子炉のある福清原子力発電所。(9月1日撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉が21日、初めて臨界状態に達した。これにより、5号機は正式に運転状態に入った。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉設計技術。同発電所5号機は2015年5月に着工し、今年9月には燃料集合体177体の装荷を完了している。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年08月31日
    遼寧省発綏芬河口岸経由の「中欧列車」、第1便が出発

    8月31日、リーチスタッカーでトラックからコンテナを移動させる作業員。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の75057便が1日、遼寧省の瀋陽東物流基地からロシアのモスクワにあるベールイラスト物流基地に向けて出発した。これは、同省から黒竜江省の綏芬河(すいふんが)口岸(通関地)を経由して出国する中欧班列の第1便となる。各企業が相次いで生産を再開する中で、同省から出発する中欧班列の運行本数は前年同期と比べ大幅に増加しており、現在は1日1本のベースで運行されている。(瀋陽=新華社配信)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月31日
    遼寧省発綏芬河口岸経由の「中欧列車」、第1便が出発

    8月31日、出発準備中の遼寧省発綏芬河口岸経由ロシア行き中欧班列。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の75057便が1日、遼寧省の瀋陽東物流基地からロシアのモスクワにあるベールイラスト物流基地に向けて出発した。これは、同省から黒竜江省の綏芬河(すいふんが)口岸(通関地)を経由して出国する中欧班列の第1便となる。各企業が相次いで生産を再開する中で、同省から出発する中欧班列の運行本数は前年同期と比べ大幅に増加しており、現在は1日1本のベースで運行されている。(瀋陽=新華社配信)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月30日
    江蘇省初の「区港連動」中欧班列運行建設機械積みカザフスタンへ

    8月30日、「徐州号」の貨物を検査する徐州税関職員。中国江蘇省の徐州税関はこのほど、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の「徐州号」が1日午前6時31分、大手建設機械メーカー徐州工程機械集団(徐工集団、XCMG)が製造した建設機械を積載し、欧州方面に向けて出発したことを明らかにした。この列車は同省初の「区港連動(保税区と港湾の連動)」型中欧班列となる。(徐州=新華社配信)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年08月27日
    蘇州高新区、日系企業の日本人職場復帰を支援チャーター機で

    27日、集中隔離施設に用意された利用案内などの品々。中国の長江デルタ地域(上海市、江蘇省、浙江省、安徽省)で日系企業が集中的に進出する江蘇省の蘇州ハイテク産業開発区(高新区)は29日、同開発区の日系企業に勤務する日本人管理職と技術者のために手配したチャーター機が27日に成田空港から無錫市の蘇南碩放国際空港に到着したと明らかにした。日系企業の日本人職員の職場復帰を後押しすることで、これらの企業の生産発展を支援する。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年08月27日
    蘇州高新区、日系企業の日本人職場復帰を支援チャーター機で

    27日、蘇南碩放国際空港に到着した日本人職員の家族。中国の長江デルタ地域(上海市、江蘇省、浙江省、安徽省)で日系企業が集中的に進出する江蘇省の蘇州ハイテク産業開発区(高新区)は29日、同開発区の日系企業に勤務する日本人管理職と技術者のために手配したチャーター機が27日に成田空港から無錫市の蘇南碩放国際空港に到着したと明らかにした。日系企業の日本人職員の職場復帰を後押しすることで、これらの企業の生産発展を支援する。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月25日
    江蘇省初の「区港連動」中欧班列運行建設機械積みカザフスタンへ

    8月25日、「徐州号」で運ばれるコンテナを乗せ、徐州総合保税区を出発して徐州銅山鉄道貨運駅に向かうトラック。中国江蘇省の徐州税関はこのほど、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の「徐州号」が1日午前6時31分、大手建設機械メーカー徐州工程機械集団(徐工集団、XCMG)が製造した建設機械を積載し、欧州方面に向けて出発したことを明らかにした。この列車は同省初の「区港連動(保税区と港湾の連動)」型中欧班列となる。(徐州=新華社配信)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年08月22日
    キリバスで中国グルメ交流会開催

    22日、キリバスの首都タラワで、中国グルメのイベントに参加した地元の人々。キリバスの首都タラワにある居住区「ラーニングガーデン」で22日、中鉄一局集団のキリバス事務所と、現地の団体「キリバスホームガーデン」が共同でグルメ交流会を開催した。イベントでは主に、中国陝西省の麻食(マーシー、一口サイズの麺料理)や肉夾饃(ロウジャーモー、中国風のハンバーガー)、河南省の滷麺(ルーミエン、あんかけ麺)や包子(バオズ、肉や野菜のあんを包んだ蒸しまんじゅう)など、中国の代表的な小麦粉料理が紹介された。中国の伝統的な料理法と地元の新鮮な食材で、参加者は中国・キリバス折衷グルメを楽しんだ。(シドニー=新華社配信/王剛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月22日
    伝統の黒陶製作、新たな形で伝承黒竜江省綏棱県

    技術指導をする黒陶製造企業「綏棱現代黒陶文化芸術」の経営者、劉興印さん。(資料写真)中国黒竜江省綏化(すいか)市の綏棱(すいりょう)県でここ数年、伝統的な黒陶産業が一時の低迷を経て再び注目を集めている。幾つかの黒陶創作・製造企業が地元政府の支援の下で設立され、転職していた職人の多くも復帰。多くの人を黒陶芸術の道に導いている。(ハルビン=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年08月22日
    キリバスで中国グルメ交流会開催

    22日、キリバスの首都タラワで、中国グルメのイベントに参加した地元の人々。キリバスの首都タラワにある居住区「ラーニングガーデン」で22日、中鉄一局集団のキリバス事務所と、現地の団体「キリバスホームガーデン」が共同でグルメ交流会を開催した。イベントでは主に、中国陝西省の麻食(マーシー、一口サイズの麺料理)や肉夾饃(ロウジャーモー、中国風のハンバーガー)、河南省の滷麺(ルーミエン、あんかけ麺)や包子(バオズ、肉や野菜のあんを包んだ蒸しまんじゅう)など、中国の代表的な小麦粉料理が紹介された。中国の伝統的な料理法と地元の新鮮な食材で、参加者は中国・キリバス折衷グルメを楽しんだ。(シドニー=新華社配信/王剛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月22日
    キリバスで中国グルメ交流会開催

    22日、キリバスの首都タラワで、中国グルメのイベントに参加した地元の人々。キリバスの首都タラワにある居住区「ラーニングガーデン」で22日、中鉄一局集団のキリバス事務所と、現地の団体「キリバスホームガーデン」が共同でグルメ交流会を開催した。イベントでは主に、中国陝西省の麻食(マーシー、一口サイズの麺料理)や肉夾饃(ロウジャーモー、中国風のハンバーガー)、河南省の滷麺(ルーミエン、あんかけ麺)や包子(バオズ、肉や野菜のあんを包んだ蒸しまんじゅう)など、中国の代表的な小麦粉料理が紹介された。中国の伝統的な料理法と地元の新鮮な食材で、参加者は中国・キリバス折衷グルメを楽しんだ。(シドニー=新華社配信/王剛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月22日
    キリバスで中国グルメ交流会開催

    22日、キリバスの首都タラワで、中国グルメのイベントに参加した地元の人々。キリバスの首都タラワにある居住区「ラーニングガーデン」で22日、中鉄一局集団のキリバス事務所と、現地の団体「キリバスホームガーデン」が共同でグルメ交流会を開催した。イベントでは主に、中国陝西省の麻食(マーシー、一口サイズの麺料理)や肉夾饃(ロウジャーモー、中国風のハンバーガー)、河南省の滷麺(ルーミエン、あんかけ麺)や包子(バオズ、肉や野菜のあんを包んだ蒸しまんじゅう)など、中国の代表的な小麦粉料理が紹介された。中国の伝統的な料理法と地元の新鮮な食材で、参加者は中国・キリバス折衷グルメを楽しんだ。(シドニー=新華社配信/王剛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月22日
    キリバスで中国グルメ交流会開催

    22日、キリバスの首都タラワで、中国グルメのイベントに参加し交流する地元の人々。キリバスの首都タラワにある居住区「ラーニングガーデン」で22日、中鉄一局集団のキリバス事務所と、現地の団体「キリバスホームガーデン」が共同でグルメ交流会を開催した。イベントでは主に、中国陝西省の麻食(マーシー、一口サイズの麺料理)や肉夾饃(ロウジャーモー、中国風のハンバーガー)、河南省の滷麺(ルーミエン、あんかけ麺)や包子(バオズ、肉や野菜のあんを包んだ蒸しまんじゅう)など、中国の代表的な小麦粉料理が紹介された。中国の伝統的な料理法と地元の新鮮な食材で、参加者は中国・キリバス折衷グルメを楽しんだ。(シドニー=新華社配信/王剛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月22日
    キリバスで中国グルメ交流会開催

    22日、キリバスの首都タラワで、中国グルメのイベントで小麦粉料理をほおばる子ども。キリバスの首都タラワにある居住区「ラーニングガーデン」で22日、中鉄一局集団のキリバス事務所と、現地の団体「キリバスホームガーデン」が共同でグルメ交流会を開催した。イベントでは主に、中国陝西省の麻食(マーシー、一口サイズの麺料理)や肉夾饃(ロウジャーモー、中国風のハンバーガー)、河南省の滷麺(ルーミエン、あんかけ麺)や包子(バオズ、肉や野菜のあんを包んだ蒸しまんじゅう)など、中国の代表的な小麦粉料理が紹介された。中国の伝統的な料理法と地元の新鮮な食材で、参加者は中国・キリバス折衷グルメを楽しんだ。(シドニー=新華社配信/王剛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月22日
    キリバスで中国グルメ交流会開催

    22日、キリバスの首都タラワで、中国グルメのイベントに参加した地元の人々。キリバスの首都タラワにある居住区「ラーニングガーデン」で22日、中鉄一局集団のキリバス事務所と、現地の団体「キリバスホームガーデン」が共同でグルメ交流会を開催した。イベントでは主に、中国陝西省の麻食(マーシー、一口サイズの麺料理)や肉夾饃(ロウジャーモー、中国風のハンバーガー)、河南省の滷麺(ルーミエン、あんかけ麺)や包子(バオズ、肉や野菜のあんを包んだ蒸しまんじゅう)など、中国の代表的な小麦粉料理が紹介された。中国の伝統的な料理法と地元の新鮮な食材で、参加者は中国・キリバス折衷グルメを楽しんだ。(シドニー=新華社配信/王剛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月22日
    伝統の黒陶製作、新たな形で伝承黒竜江省綏棱県

    黒陶を製作する綏棱県古韻陶器製造廠の趙銀環(ちょう・ぎんかん)工場長。(資料写真)中国黒竜江省綏化(すいか)市の綏棱(すいりょう)県でここ数年、伝統的な黒陶産業が一時の低迷を経て再び注目を集めている。幾つかの黒陶創作・製造企業が地元政府の支援の下で設立され、転職していた職人の多くも復帰。多くの人を黒陶芸術の道に導いている。(ハルビン=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年08月22日
    伝統の黒陶製作、新たな形で伝承黒竜江省綏棱県

    綏棱県で黒陶製造企業「綏棱現代黒陶文化芸術」を経営する劉興印(りゅう・こういん)さんが製作した黒陶作品。(資料写真)中国黒竜江省綏化(すいか)市の綏棱(すいりょう)県でここ数年、伝統的な黒陶産業が一時の低迷を経て再び注目を集めている。幾つかの黒陶創作・製造企業が地元政府の支援の下で設立され、転職していた職人の多くも復帰。多くの人を黒陶芸術の道に導いている。(ハルビン=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年08月22日
    伝統の黒陶製作、新たな形で伝承黒竜江省綏棱県

    綏棱県で黒陶製造企業「綏棱現代黒陶文化芸術」を経営する劉興印(りゅう・こういん)さんが製作した黒陶作品。(資料写真)中国黒竜江省綏化(すいか)市の綏棱(すいりょう)県でここ数年、伝統的な黒陶産業が一時の低迷を経て再び注目を集めている。幾つかの黒陶創作・製造企業が地元政府の支援の下で設立され、転職していた職人の多くも復帰。多くの人を黒陶芸術の道に導いている。(ハルビン=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年08月22日
    伝統の黒陶製作、新たな形で伝承黒竜江省綏棱県

    綏棱県古韻陶器製造廠の工場で乾燥中の陶器の生地。(資料写真)中国黒竜江省綏化(すいか)市の綏棱(すいりょう)県でここ数年、伝統的な黒陶産業が一時の低迷を経て再び注目を集めている。幾つかの黒陶創作・製造企業が地元政府の支援の下で設立され、転職していた職人の多くも復帰。多くの人を黒陶芸術の道に導いている。(ハルビン=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年08月18日
    長風薬業、蘇州市に国際研究開発センターを建設

    18日、長風薬業が投資した国際研究開発センターと大規模生産拠点のプロジェクト調印式。中国江蘇省の蘇州工業パーク蘇相協力区は24日、長風薬業が13億元(1元=約15円)を投資して同区に国際研究開発センターと吸入医薬品製剤の大規模生産拠点を建設すると明らかにした。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月17日
    ヤンコ踊り、村に元気届ける黒竜江省富裕県

    17日、小河東村でヤンコ踊りを熱演する富裕県の文芸ボランティア。中国黒竜江省チチハル市富裕県の小河東村でこのほど、同県の劇団と文化館の文芸ボランティア30人余りが、村人たちと秧歌(ヤンコ踊り)を熱演。見物に訪れた地元住民らに元気と笑顔を届けた。(チチハル=新華社配信)=2020(令和2)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月17日
    ヤンコ踊り、村に元気届ける黒竜江省富裕県

    17日、ヤンコ踊りを鑑賞する村民ら。中国黒竜江省チチハル市富裕県の小河東村でこのほど、同県の劇団と文化館の文芸ボランティア30人余りが、村人たちと秧歌(ヤンコ踊り)を熱演。見物に訪れた地元住民らに元気と笑顔を届けた。(チチハル=新華社配信)=2020(令和2)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年08月14日
    清代の古書「古今図書集成」の修復作業が完了陝西省図書館

    14日、古籍の修復状況を確認する専門家。中国の清代に編さんされた「古今図書集成(ここんとしょしゅうせい)」は、現存する最大の類書(百科事典形式の書物)で、図書史や類書史、印刷史の一里塚ともいえる大著。近代以前の「中国百科全書」とも称される。陝西省西安市の陝西省図書館はこのほど、同館が所蔵する雍正年間の銅活字本「古今図書集成」の修復作業が完了したと明らかにした。(西安=新華社配信/敬沢昊)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年08月14日
    清代の古書「古今図書集成」の修復作業が完了陝西省図書館

    14日、修復作業が完了した「古今図書集成」。中国の清代に編さんされた「古今図書集成(ここんとしょしゅうせい)」は、現存する最大の類書(百科事典形式の書物)で、図書史や類書史、印刷史の一里塚ともいえる大著。近代以前の「中国百科全書」とも称される。陝西省西安市の陝西省図書館はこのほど、同館が所蔵する雍正年間の銅活字本「古今図書集成」の修復作業が完了したと明らかにした。(西安=新華社配信/敬沢昊)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年08月14日
    清代の古書「古今図書集成」の修復作業が完了陝西省図書館

    14日、修復作業が完了した「古今図書集成」。中国の清代に編さんされた「古今図書集成(ここんとしょしゅうせい)」は、現存する最大の類書(百科事典形式の書物)で、図書史や類書史、印刷史の一里塚ともいえる大著。近代以前の「中国百科全書」とも称される。陝西省西安市の陝西省図書館はこのほど、同館が所蔵する雍正年間の銅活字本「古今図書集成」の修復作業が完了したと明らかにした。(西安=新華社配信/敬沢昊)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年08月14日
    清代の古書「古今図書集成」の修復作業が完了陝西省図書館

    14日、修復作業が完了した「古今図書集成」。中国の清代に編さんされた「古今図書集成(ここんとしょしゅうせい)」は、現存する最大の類書(百科事典形式の書物)で、図書史や類書史、印刷史の一里塚ともいえる大著。近代以前の「中国百科全書」とも称される。陝西省西安市の陝西省図書館はこのほど、同館が所蔵する雍正年間の銅活字本「古今図書集成」の修復作業が完了したと明らかにした。(西安=新華社配信/敬沢昊)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年08月14日
    清代の古書「古今図書集成」の修復作業が完了陝西省図書館

    14日、修復作業が完了した「古今図書集成」。中国の清代に編さんされた「古今図書集成(ここんとしょしゅうせい)」は、現存する最大の類書(百科事典形式の書物)で、図書史や類書史、印刷史の一里塚ともいえる大著。近代以前の「中国百科全書」とも称される。陝西省西安市の陝西省図書館はこのほど、同館が所蔵する雍正年間の銅活字本「古今図書集成」の修復作業が完了したと明らかにした。(西安=新華社配信/敬沢昊)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年08月12日
    絶滅危惧種の巴東モクレン、初めて結実中国科学院武漢植物園

    中国科学院武漢植物園の巴東モクレンの実。(資料写真)中国湖北省武漢市の中国科学院武漢植物園は11日、園内で栽培していた絶滅危惧種の植物、巴東モクレン(学名:ManglietiapatungensisHu)が初めて実を付けたと明らかにした。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年08月12日
    絶滅危惧種の巴東モクレン、初めて結実中国科学院武漢植物園

    巴東モクレンに人工授粉を行う中国科学院武漢植物園の研究員。(資料写真)中国湖北省武漢市の中国科学院武漢植物園は11日、園内で栽培していた絶滅危惧種の植物、巴東モクレン(学名:ManglietiapatungensisHu)が初めて実を付けたと明らかにした。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月12日
    絶滅危惧種の巴東モクレン、初めて結実中国科学院武漢植物園

    巴東モクレンの花。(資料写真)中国湖北省武漢市の中国科学院武漢植物園は11日、園内で栽培していた絶滅危惧種の植物、巴東モクレン(学名:ManglietiapatungensisHu)が初めて実を付けたと明らかにした。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月10日
    米シカゴで大規模な暴動・略奪、2人重体100人以上逮捕

    10日、暴動で窓を割られたシカゴ中心部の店舗。米シカゴ中心部で10日早朝、大規模な暴動と略奪があり、2人が銃で撃たれ重体となり、警察官13人が負傷した。この騒ぎで100人以上が逮捕された。(シカゴ=新華社配信)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月10日
    米シカゴで大規模な暴動・略奪、2人重体100人以上逮捕

    10日、暴動で窓を割られたシカゴ中心部の店舗。米シカゴ中心部で10日早朝、大規模な暴動と略奪があり、2人が銃で撃たれ重体となり、警察官13人が負傷した。この騒ぎで100人以上が逮捕された。(シカゴ=新華社配信)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月10日
    米シカゴで大規模な暴動・略奪、2人重体100人以上逮捕

    10日、暴動で窓を割られたシカゴ中心部の店舗。米シカゴ中心部で10日早朝、大規模な暴動と略奪があり、2人が銃で撃たれ重体となり、警察官13人が負傷した。この騒ぎで100人以上が逮捕された。(シカゴ=新華社配信)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 00:11.72
    2020年08月10日
    「新華社」旅行者が路上で争うマーモットに遭遇四川省巴塘県

    中国四川省カンゼ・チベット族自治州巴塘県にある措普溝国家森林公園に向かう路上で10日、旅行者がマーモットのけんかに遭遇した。マーモットは中国の草原や高原などに生息する大型のげっ歯類。ふくよかな体と穏やかな気質を持つ草食動物で、日中に活動することが多い。巴塘県を含む四川省西部高原の牧畜民には「雪豚」と呼ばれている。同県は四川省とチベット自治区を結ぶ交通の要衝で、温暖で風光明媚な地であることから、長江以南の地区になぞらえ「高原江南」とも称される。措普溝国家森林公園には雪に覆われた峰、広大な原生林や草原、聖なる湖として知られる措普湖のほか、水温が年間を通じて90度前後に保たれる措普溝温泉群もある。(記者/李倩薇)<映像内容>路上で争うマーモットの様子、撮影日:2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい動画です。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月10日
    米シカゴで大規模な暴動・略奪、2人重体100人以上逮捕

    10日、暴動で窓を割られたシカゴ中心部の店舗。米シカゴ中心部で10日早朝、大規模な暴動と略奪があり、2人が銃で撃たれ重体となり、警察官13人が負傷した。この騒ぎで100人以上が逮捕された。(シカゴ=新華社配信)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...