KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • バイオテック
  • 新型肺炎
  • 中央
  • 予防接種
  • 南シナ海
  • 南沙諸島
  • 感染対策
  • 大手
  • ニノイ・アキノ国際空港

「フィリピン政府」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
310
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
310
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年03月01日
    太平洋戦争

    フィリピン・マニラで行われた民政移管式典で演説するマッカーサー米極東軍司令官。右端はフィリピン政府のセルヒオ・オスメニャ大統領=1945年2月(ACME)

    商品コード: 2013112000340

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年03月19日
    太平洋戦争

    フィリピン・マニラで、フィリピン政府のセルヒオ・オスメニャ大統領(右)から授与された勲章を胸に付けたマッカーサー米極東軍司令官=1945年3月(ACME)

    商品コード: 2013112000342

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1966年08月10日
    マルコス大統領とキ首相 ベトナム戦争

    1966年8月12日 マニラ発 10日、マニラのマラカニアン宮殿内で、大統領主催の夕食会を前に、マルコス大統領(右端)と談笑する南ベトナムのグエン・カオ・キ首相(左端)夫妻。首相はこの日、専用機でマニラ国際空港に到着。空港では演説しなかったが、フィリピン政府が2000名の部隊をベトナムに派遣する決定をしたことに謝意を表する声明を出した(UPI=共同)

    商品コード: 2008091500034

  • 1994年05月31日
    司教らの搭乗を拒否

    搭乗を拒否され、記者会見する相馬信夫さん(右)とステフアニ・レナトさん=5月31日午後、成田空港(相馬信夫カトリック司教、ステフアニ・レナト・イタリア人神父)(フィリピン政府から入国拒否)

    商品コード: 1994053100056

  • 1995年05月22日
    中比対立の南沙諸島 緊張の最前線を見る

    フィリピン政府が実効支配するパグアサ島。島の端を串刺しにするように滑走路が走る(代表撮影・共同)

    商品コード: 1995052200107

  • 1995年05月22日
    中比対立の南沙諸島 緊張の最前線を見る

    フィリピン政府が実効支配するパグアサ島。島の端をくし刺しにするように滑走路が走る(代表撮影・共同)(アジア・オセアニア特派員4139・カラーネガ)

    商品コード: 1995052200094

  • 1995年12月31日
    比政府がキャンペーン 「銃や爆竹はやめようよ」

    フィリピンでは毎年クリスマスから元旦にかけて、お祝いの景気づけに爆竹を鳴らしたり銃を空に向けて撃ったりするのが習わしとなっている。しかし、中には酒を飲んで辺り構わずこれをやる人もいて、とばっちりを受けてけがをしたり、死亡する人も多い。爆竹でやけどする子供も少なくない。そこでフィリピン政府は今年から「紙のラッパや紙の銃で遊ぼう」というキャンペーンを展開中だ。しかし政府の言うとおりに紙細工で満足しているのは子供たちだけ、犠牲者はなくならない=30日、マニラ(共同)

    商品コード: 1995123100001

  • 1996年04月27日
    返還にらみフィリピン政府 香港から外国企業奪え

    外国企業の誘致活発化に伴い、オフィスビルの建設が急ピッチで進むマニラ首都圏マカティ地区(共同)

    商品コード: 1996042700069

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年08月30日
    手を取り合う交渉参加者 和平合意に仮調印

    30日、ジャカルタでの和平合意仮調印の後、手を取り合う(左から)アラタス・インドネシア外相、ミスアリ・モロ民族解放戦線議長、スハルト・インドネシア大統領、ヤン・フィリピン政府交渉団長(ロイター=共同)

    商品コード: 1996083000078

  • 1997年10月05日
    講師は日本人留学生 マニラに日本語教室を開設

    日本人留学生から日本での生活習慣や日常会話を学ぶフィリピン女性=マニラのフィリピン政府海外移住局(講師はフィリピン大学の日本人留学生)

    商品コード: 1997100500005

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年06月25日
    人質だったマレーシア人 解放の人質を引き渡し

    25日、フィリピン政府から身柄を引き渡された後、マレーシア政府の代表に付き添われる、監禁事件の人質だったマレーシア人男性(中央)(ロイター=共同)

    商品コード: 2000062500071

  • 2000年10月19日
    人形を燃やして抗議 エストラダ政権窮地に

    16日、マニラの大統領府近くで、エストラダ大統領の人形を燃やしてフィリピン政府に抗議する市民ら(ロイター=共同)

    商品コード: 2000101900122

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年06月02日
    中国の海洋調査船 中国、南沙で石油探査か

    5月21日、南沙諸島周辺で確認された中国の海洋調査船(フィリピン政府提供・共同)

    商品コード: 2011060200370

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年10月07日
    文書交わす関係者 ミンダナオ和平で合意

    7日、クアラルンプールでの和平交渉で文書を交わすフィリピン政府代表(左)と反政府武装勢力モロ・イスラム解放戦線代表(右)。中央は仲介のマレーシアの調停者(フィリピン政府提供・共同)

    商品コード: 2012100700386

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年10月18日
    電動トライシクル 庶民の足、エコ車にお任せ

    アジア開発銀行(ADB)とフィリピン政府の支援で試作された電動トライシクル(三輪バイクタクシー)の充電をする運転手ら=9月、マニラ首都圏(共同)

    商品コード: 2012101800249

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年07月12日
    イスラム教徒のグループ 人口増でコメ輸入

    フィリピン政府と長い間戦ったイスラム教徒のグループ、モロ・イスラム解放戦線の兵士ら=2012年10月、ミンダナオ島(共同)

    商品コード: 2013071200284

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年11月11日
    お見舞い伝える日本代表団 涙で交渉進展訴え

    COP19の会場で、フィリピン政府代表団(左)に台風被害のお見舞いを伝える日本政府代表団の南博・外務省参事官=11日、ワルシャワ(共同)

    商品コード: 2013111100815

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年11月12日
    乗艦の準備をする隊員ら 要請あればフィリピンへ

    沖縄県南方の沖大東島周辺などで実施される統合演習へ向け、12日午後、離島防衛が専門の陸上自衛隊西部方面普通科連隊の約100人が海自輸送艦おおすみに乗艦した。同演習は、陸海空3自衛隊の隊員約3万4千人を動員し、九州・沖縄を中心に行われている事実上の離島奪還訓練。輸送艦おおすみは、近日中に出港する予定だが、フィリピン政府からの要請があれば、台風30号で多数の死傷者が出た被災地へ向かう可能性もあるという。写真は、海自輸送艦おおすみへの乗艦を前に、打ち合わせをする陸自西部方面普通科連隊=12日午後、長崎県・佐世保港

    商品コード: 2013111200588

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年11月12日
    海自輸送艦「おおすみ」 要請あればフィリピンへ

    沖縄県南方の沖大東島周辺などで実施される統合演習へ向け、12日午後、離島防衛が専門の陸上自衛隊西部方面普通科連隊の約100人が海自輸送艦おおすみに乗艦した。同演習は、陸海空3自衛隊の隊員約3万4千人を動員し、九州・沖縄を中心に行われている事実上の離島奪還訓練。輸送艦おおすみは、近日中に出港する予定だが、フィリピン政府からの要請があれば、台風30号で多数の死傷者が出た被災地へ向かう可能性もあるという。写真は、出港準備が進む海自輸送艦おおすみ=12日午前、長崎県・佐世保港

    商品コード: 2013111200589

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年11月20日
    会見するサニョ交渉官 損失補償で溝深く

    19日、COP19開会中のワルシャワで記者会見に臨むフィリピン政府代表団のサニョ交渉官(右)(共同)

    商品コード: 2013112000529

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年11月20日
    会見するサニョ交渉官 損失補償で溝深く

    19日、COP19が開かれているワルシャワで記者会見するフィリピン政府代表団のサニョ交渉官(共同)

    商品コード: 2013112000530

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年11月22日
    会見するサニョ交渉官 日本の削減目標に「失望」

    22日、ワルシャワで記者会見する、COP19に参加しているフィリピン政府代表団のサニョ交渉官(左)(共同)

    商品コード: 2013112200842

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年11月23日
    会見するサニョ交渉官 注目集めたフィリピン

    22日、ワルシャワで記者会見するフィリピン政府代表団のサニョ交渉官(共同)

    商品コード: 2013112300155

  • 2014年01月19日
    MRT3号線 MRT経営権を年内に買収

    フィリピン政府が年内の買収を計画するMRT(高架鉄道)3号線=2014(平成26)年1月19日、フィリピン・ケソン市(NNA=共同)

    商品コード: 2014012800222

  • 2014年02月08日
    渋谷にフィリピン政府の支援感謝のメッセージ

    東京・渋谷駅近くのビルに掲げられたフィリピン政府からの台風被害支援の感謝メッセージ。2014年2月8日撮影。(英文記事併用写真)

    商品コード: 2014020800336

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年03月27日
    調印見守るアキノ大統領ら ミンダナオ包括和平に調印

    27日、フィリピン政府とモロ・イスラム解放戦線の包括和平合意書調印を見守るアキノ大統領(後方右から2人目)、仲介役のマレーシア・ナジブ首相(同3人目)。後方左端はエブラヒムMILF議長=マニラ(共同)

    商品コード: 2014032700950

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年04月10日
    涙を流す女性 紛争から「一国二制度」へ

    マニラで3月27日、フィリピン政府とモロ・イスラム解放戦線の包括和平合意に立ち会い、涙を流す女性(ゲッティ=共同)

    商品コード: 2014041000506

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年04月10日
    喜ぶイスラム教徒女性 紛争から「一国二制度」へ

    マニラで3月27日、フィリピン政府とモロ・イスラム解放戦線の包括和平合意を受け、歓声を上げるイスラム教徒ら(ゲッティ=共同)

    商品コード: 2014041000507

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年05月13日
    ジョンソン南礁 中国、南沙で暗礁埋め立て

    2013年2月に撮影された南沙諸島のジョンソン南礁(上)と14年2月に撮影された同礁周辺(下)。大量の砂で埋め立てられている(フィリピン政府提供)

    商品コード: 2014051300578

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年05月13日
    14年のジョンソン南礁 中国、南沙で暗礁埋め立て

    大量の砂が運び込まれ、埋め立てられた南沙諸島のジョンソン南礁。左下には中国軍の基地が設置されている=2014年2月(フィリピン政府提供)

    商品コード: 2014051300579

  • 2014年05月14日
    ジョンソン南礁 比、「滑走路建設」に抗議

    2013年2月に撮影された南沙諸島のジョンソン南礁(上)と14年2月に撮影された同礁周辺(下)。大量の砂で埋め立てられている(フィリピン政府提供)

    商品コード: 2014051400749

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年06月23日
    壇上の田中理事長ら 広島でミンダナオ和平会議

    ミンダナオ和平の国際会議で、壇上に並んだ(左から)田中明彦JICA理事長、モロ・イスラム解放戦線のムラド・エブラヒム議長、フィリピン政府のデレス和平プロセス大統領顧問室長官=23日午前、広島市中区

    商品コード: 2014062300525

  • 2014年08月28日
    ガベン礁 埋め立て作業、急速進展

    7月29日に撮影されたガベン礁の様子。埋め立てられた陸地の周りに護岸が設置され、右の作業台船の周囲の岩礁は長方形に削られ水深が深まっているのが分かる(フィリピン政府当局者提供・共同)

    商品コード: 2014082800568

  • 2014年08月28日
    ジョンソン南礁 埋め立て作業、急速進展

    上は2月、下は7月29日撮影のジョンソン南礁。7月の写真では、中央にコンテナ型宿泊施設や数列のヤシの木、左側には桟橋が見える(フィリピン政府当局者提供・共同)

    商品コード: 2014082800571

  • 2014年11月23日
    式典の小坂参院議員ら 日本の中古消防車を寄贈

    フィリピン政府消防局への中古消防車の引き渡し式典に出席した(左から)小坂憲次参院議員、フランクリン・ドリロン上院議長、アリエル・バラユガ消防局長=23日、マニラ(共同)

    商品コード: 2014112300176

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年01月17日
    草地に突っ込んだ航空機 比政府機、離陸に失敗

    17日、フィリピン中部レイテ島のタクロバン空港からの離陸に失敗し、草地に突っ込んだフィリピン政府関係者らを乗せた航空機(ロイター=共同)

    商品コード: 2015011700434

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年03月18日
    ミスチーフ礁の埋め立て 比、仲裁裁判所に追加資料

    南シナ海のミスチーフ礁で中国が進めている埋め立て作業=2月(フィリピン政府当局者提供・共同)

    商品コード: 2015031801015

  • 2015年04月23日
    ミスチーフ礁の埋め立て 中国埋め立てに言及なし

    南シナ海のミスチーフ礁で中国が進めている埋め立て作業=2月(フィリピン政府当局者提供・共同)

    商品コード: 2015042300963

  • 2015年04月27日
    ミスチーフ礁の埋め立て 止まらぬ埋め立てに絶望感

    南シナ海のミスチーフ礁で中国が進めている埋め立て作業=2月(フィリピン政府当局者提供・共同)

    商品コード: 2015042700873

  • 2015年08月01日
    ミスチーフ礁の埋め立て 緊張高まる南シナ海を討議

    南シナ海のミスチーフ礁で中国が進めている埋め立て作業=2月(フィリピン政府当局者提供・共同)

    商品コード: 2015080100387

  • 2016年01月13日
    完成した超小型衛星 比初の人工衛星が完成

    北海道大と東北大がフィリピン政府と共同で開発した超小型衛星=13日午後、茨城県つくば市

    商品コード: 2016011300725

  • 2016年01月28日
    研修施設に到着した両陛下 苦難の日系2世ら慰める

    フィリピン政府の語学研修センターに到着し、関係者の出迎えを受けられる天皇、皇后両陛下=28日、マニラ(代表撮影・共同)

    商品コード: 2016012800648

  • 2016年06月11日
    ミスチーフ礁の埋め立て 中国主張の是非、初判断

    2015年2月、南シナ海のミスチーフ礁で中国が進めている埋め立て作業(フィリピン政府当局者提供・共同)

    商品コード: 2016061100220

  • 2016年07月07日
    中国大使と比大統領 比大統領、中国大使と会談

    中国の趙鑑華・駐フィリピン大使(中央)と会談するフィリピンのドゥテルテ大統領(左)=7日、マニラ(フィリピン政府提供・共同)

    商品コード: 2016070700764

  • 2016年07月13日
    比外相と中国大使 「完敗」中国、反転攻勢

    マニラのマラカニアン宮殿でヤサイ外相(右)と談笑する中国の趙鑑華・駐フィリピン大使=7日(フィリピン政府提供・共同)

    商品コード: 2016071301043

  • 2016年07月27日
    比大統領と米国務長官 米比、対中国で同盟強化

    ケリー米国務長官(左)と握手するフィリピンのドゥテルテ大統領=27日、マニラ(フィリピン政府提供・共同)

    商品コード: 2016072700712

  • 2016年07月27日
    談笑する比大統領 米比、対中国で同盟強化

    ケリー米国務長官(手前)と会談するフィリピンのドゥテルテ大統領=27日、マニラ(フィリピン政府提供・共同)

    商品コード: 2016072700730

  • 2016年07月27日
    ドゥテルテ氏と元大統領 元大統領4人招き会議

    フィリピンのドゥテルテ大統領(中央)が国家安全保障会議に招いた大統領経験者ら。左からエストラダ、アロヨ、(1人おいて)ラモス、アキノの各氏=27日、マニラのマラカニアン宮殿(フィリピン政府提供・共同)

    商品コード: 2016072701206

  • 2016年08月11日
    会談する岸田外相 対中国「法の順守」で連携

    フィリピンのドゥテルテ大統領(右)と会談する岸田外相(左から3人目)ら=11日、ダバオ(フィリピン政府提供・共同)

    商品コード: 2016081101308

  • 2016年08月11日
    握手する岸田氏 対中国「法の順守」で連携

    フィリピンのドゥテルテ大統領(左)と握手する岸田外相=11日、ダバオ(フィリピン政府提供・共同)

    商品コード: 2016081101307

  • 2017年02月20日
    加盟国の政府高官ら ASEAN外相会議開幕

    記念撮影に臨む東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国の政府高官ら=20日、フィリピン中部ボラカイ島(フィリピン政府提供・共同)

    商品コード: 2017022000502

  • 2017年02月27日
    除幕式 三菱自動車が初の優遇車お披露目

    三菱自動車がフィリピン政府が税優遇を付与する「包括的自動車産業振興戦略(CARS)」プログラムの認定車「ミラージュG4」の生産開始を記念し行った式典で、除幕式に臨んだドゥテルテ比大統領(中央左)と三菱自動車の益子修社長(同右)=2017(平成29)年2月27日、フィリピン・マニラのマラカニアン宮殿(大統領府)(NNA=共同)

    商品コード: 2017031000558

  • 2017年02月27日
    試乗する比大統領ら 三菱自動車が初の優遇車お披露目

    三菱自動車がフィリピン政府が税優遇を付与する「包括的自動車産業振興戦略(CARS)」プログラムの認定車「ミラージュG4」の生産開始を記念し行った式典で、車に試乗するドゥテルテ比大統領(中央)と三菱自動車の益子修社長(左)=2017(平成29)年2月27日、フィリピン・マニラのマラカニアン宮殿(大統領府)(NNA=共同)

    商品コード: 2017031000564

  • 2017年03月09日
    研修受ける比政府関係者 中小企業が途上国支援

    インフォマティクスの防災サービスの運用について研修を受けるフィリピン政府関係者ら=2016年11月、静岡県庁

    商品コード: 2017030900040

  • 2017年03月09日
    比政府関係者ら 中小企業が途上国支援

    インフォマティクスの防災サービスの運用について研修を受けるフィリピン政府関係者ら=2016年11月、静岡県庁

    商品コード: 2017030900042

  • 2017年04月29日
    記念撮影に臨む首脳ら 「対中改善」盛り込み検討

    記念撮影に臨むASEAN加盟国の首脳ら=29日、マニラ(フィリピン政府提供・共同)

    商品コード: 2017042900693

  • 2017年08月03日
    記念撮影に臨む首脳ら 課題山積、存在感示せるか

    記念撮影に臨むASEAN加盟国の首脳ら=4月、マニラ(フィリピン政府提供・共同)

    商品コード: 2017080300776

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年08月07日
    ARFの各国外相ら 核・ミサイル開発継続表明

    7日、マニラで開かれたASEAN地域フォーラム閣僚会議に参加した各国外相ら(フィリピン政府提供・共同)

    商品コード: 2017080700883

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年10月08日
    黒煙が上がるマラウイ 比南部の戦闘が大詰め

    フィリピン政府軍とイスラム過激派の戦闘で黒煙が上がるマラウイ=7月29日(共同)

    商品コード: 2017100800182

  • 2017年11月13日
    歌うドゥテルテ大統領 比大統領がラブソング披露

    12日、ASEAN首脳会議関連会合の夕食会で、ラブソングを披露するフィリピンのドゥテルテ大統領(中央)。左はトランプ米大統領=マニラ(フィリピン政府提供・共同)

    商品コード: 2017111301020

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年12月13日
    フィリピン政府軍の訓練 比軍、シンガポールで訓練

    13日、シンガポールの軍事施設で訓練するフィリピン政府軍兵士ら(共同)

    商品コード: 2017121301055

  • 2018年08月22日
    王毅氏、フィリピン政府代表団と会見

    中国の王毅国務委員兼外交部長は22日、北京でフィリピンのカルロス・ドミンゲス財務相を団長とする同国政府代表団と会見した。(北京=新華社記者/翟健嵐)=2018(平成30)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082417077

  • 2018年11月20日
    習近平主席、フィリピン到着公式訪問開始

    20日、空港でフィリピン政府高官による熱烈な出迎えを受ける習近平主席(中央左)。中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席は20日、マニラに到着し、フィリピン公式訪問を開始した。(マニラ=新華社記者/謝環馳)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119292

  • 2018年11月20日
    習近平主席、フィリピン到着公式訪問開始

    20日、空港でフィリピン政府高官による熱烈な出迎えを受ける習近平主席(中央)。中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席は20日、マニラに到着し、フィリピン公式訪問を開始した。(マニラ=新華社記者/黄敬文)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119272

  • 2018年11月20日
    習近平主席、フィリピン到着公式訪問開始

    20日、空港でフィリピン政府高官による熱烈な出迎えを受ける習近平主席(手前右)。中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席は20日、マニラに到着し、フィリピン公式訪問を開始した。(マニラ=新華社記者/謝環馳)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119664

  • 2018年11月21日
    羽田大使とロクシン外相 日本政府、比・南北鉄道延伸に1700億円借款

    日本政府とフィリピン政府が合意したフィリピンの南北通勤鉄道の延伸事業への円借款に関する交換公文に署名後握手する羽田浩二・駐フィリピン日本大使(中央右)とフィリピンのテオドロ・ロクシン外相(同左)=2018(平成30)年11月21日、フィリピン・首都圏パサイ市、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112935622

  • 2018年11月30日
    Pollution in Manila

    30 November 2018, Philippines, Manila: A man in Manila Bay is looking for scraps of recyclable materials. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123346

  • 2018年11月30日
    Pollution in Manila

    30 November 2018, Philippines, Manila: A boy is looking for used batteries in the garbage that has accumulated on the shore of Manila Bay. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123577

  • 2019年01月24日
    Pollution in Manila

    24 January 2019, Philippines, Manila: Two children are playing in the garbage that has accumulated on the shore of Manila Bay. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123447

  • 2019年01月24日
    Pollution in Manila

    24 January 2019, Philippines, Manila: Several children are playing in the garbage that has accumulated on the shore of Manila Bay. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123511

  • 2019年01月24日
    Pollution in Manila

    24 January 2019, Philippines, Manila: Several children are looking for recyclable materials in the garbage of a truck in Manila Bay. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123635

  • 2019年01月24日
    Pollution in Manila

    24 January 2019, Philippines, Manila: Several children walk along the heavily polluted shore in Manila Bay. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123545

  • 2019年01月24日
    Pollution in Manila

    24 January 2019, Philippines, Manila: A woman is looking for recyclable materials in Manila Bay. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123581

  • 2019年01月24日
    Pollution in Manila

    24 January 2019, Philippines, Manila: Cabins were built out of garbage on a dock in Manila Bay. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123541

  • 2019年01月24日
    Pollution in Manila

    24 January 2019, Philippines, Manila: A woman is looking for items that can be recycled in the garbage in Manila Bay. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123440

  • 2019年01月24日
    Pollution in Manila

    24 January 2019, Philippines, Manila: A man walks on a pier where hundreds of small huts have been built. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123234

  • 2019年01月24日
    Pollution in Manila

    24 January 2019, Philippines, Manila: An old woman and her grandchildren search Manila Bay for plastic remains. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123382

  • 2019年01月24日
    Pollution in Manila

    24 January 2019, Philippines, Manila: Several children are looking for recyclable materials in the garbage of a truck in Manila Bay. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123540

  • 2019年01月24日
    Pollution in Manila

    24 January 2019, Philippines, Manila: A fisherman comes to his house, which was built on a dock in Manila Bay. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123406

  • 2019年01月24日
    Pollution in Manila

    24 January 2019, Philippines, Manila: Cabins were built out of garbage on a dock in Manila Bay. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123474

  • 2019年01月25日
    Pollution in Manila

    25 January 2019, Philippines, Manila: Three children run on the mud and garbage in Manila Bay. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123358

  • 2019年01月25日
    Pollution in Manila

    25 January 2019, Philippines, Manila: Several children are playing in the garbage that has accumulated on the shore of Manila Bay. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123492

  • 2019年01月25日
    Pollution in Manila

    25 January 2019, Philippines, Manila: A man in Manila Bay is looking for scraps of recyclable materials. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123583

  • 2019年01月25日
    Pollution in Manila

    25 January 2019, Philippines, Manila: A man in Manila Bay is looking for scraps of recyclable materials. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123387

  • 2019年01月25日
    Pollution in Manila

    25 January 2019, Philippines, Manila: A worker picks up the garbage in the Bay of Manila and burns it. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123398

  • 2019年01月25日
    Pollution in Manila

    25 January 2019, Philippines, Manila: A man sits between garbage in Manila Bay. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123580

  • 2019年01月25日
    Pollution in Manila

    25 January 2019, Philippines, Manila: In Manila Bay, three children cycle along the beach. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123582

  • 2019年01月25日
    Pollution in Manila

    25 January 2019, Philippines, Manila: Three girls are playing in the garbage that has accumulated on the shores of Manila Bay. The Philippine government will begin remediation work on 27 January in Manila Bay, the country‘s most polluted water. Around 200,000 families live along the bay, most of them collecting and selling plastics and recyclables. Photo: Alejandro Ernesto/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020123549

  • 2019年07月16日
    九州経済機構とフィリピン政府が覚書

    16日、経済交流促進(経済協力)に関する覚書を交わした九州経済国際化推進機構とフィリピン貿易産業省傘下の投資委員会(BOI)。ロペス貿易産業相と九州経済国際化推進機構の麻生泰会長が調印した=2019(令和元)年7月16日、フィリピン・首都圏マカティ市、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073102548

  • 2020年04月02日
    閑散としたマカティ市内

    人通りや車が少なく、閑散としたフィリピンのマカティ市内。フィリピン政府はマニラ首都圏があるルソン島全域で外出制限措置の2週間延長を検討している=2020(令和2)年4月2日、フィリピン・マニラ首都圏マカティ市、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041404201

  • 2020年06月24日
    Ph: P355 billion spent so far for COVID19 response

    June 24, 2020, Pasig, Metro Manila, Philippines: Healthcare worker seen on Personal Protective Equipment (PPE) while giving discharge instruction to confirmed COVID-19 recoveries from a quarantine facility. The Philippine government has so far spent P355 billion for its response to the coronavirus disease (COVID-19) pandemic, the Department of Budget and Management (DBM) said Wednesday on a televised briefing by DBM secretary Wendel Avisado. (Credit Image: © Herman Lumanog/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Herman Lumanog/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062605642

  • 2020年06月24日
    Ph: P355 billion spent so far for COVID19 response

    June 24, 2020, Pasig, Metro Manila, Philippines: Healthcare worker seen on Personal Protective Equipment (PPE) while giving discharge instruction to confirmed COVID-19 recoveries from a quarantine facility. The Philippine government has so far spent P355 billion for its response to the coronavirus disease (COVID-19) pandemic, the Department of Budget and Management (DBM) said Wednesday on a televised briefing by DBM secretary Wendel Avisado. (Credit Image: © Herman Lumanog/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Herman Lumanog/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062606160

  • 2020年06月24日
    Ph: P355 billion spent so far for COVID19 response

    June 24, 2020, Pasig, Metro Manila, Philippines: Healthcare worker seen on Personal Protective Equipment (PPE) while giving discharge instruction to confirmed COVID-19 recoveries from a quarantine facility. The Philippine government has so far spent P355 billion for its response to the coronavirus disease (COVID-19) pandemic, the Department of Budget and Management (DBM) said Wednesday on a televised briefing by DBM secretary Wendel Avisado. (Credit Image: © Herman Lumanog/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Herman Lumanog/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062606206

  • 2020年06月24日
    Ph: P355 billion spent so far for COVID19 response

    June 24, 2020, Pasig, Metro Manila, Philippines: Healthcare worker seen on Personal Protective Equipment (PPE) while giving discharge instruction to confirmed COVID-19 recoveries from a quarantine facility. The Philippine government has so far spent P355 billion for its response to the coronavirus disease (COVID-19) pandemic, the Department of Budget and Management (DBM) said Wednesday on a televised briefing by DBM secretary Wendel Avisado. (Credit Image: © Herman Lumanog/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Herman Lumanog/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062606309

  • 2020年10月28日
    Philippine Government Regulates the Visiting Hours in All Cemeteries & Memorial Parks in Navotas - 28 Oct 2020

    October 29, 2020, Navotas, Philippines: A man seen painting his departed relatives tomb..The Coronavirus Task Force has allowed people to visit Cemeteries and Memorial Parks at the general community quarantine (GCQ) areas before the observance of All Saints Day. It will be closed from October 29 to November 4 to avoid gathering of large crowds due to Covid-19 pandemic. (Credit Image: © Josefiel Rivera/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Josefiel Rivera/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020103000193

  • 2020年10月28日
    Philippine Government Regulates the Visiting Hours in All Cemeteries & Memorial Parks in Navotas - 28 Oct 2020

    October 29, 2020, Navotas, Philippines: A woman wearing a face mask places a lit candle at her deceased relative tomb..The Coronavirus Task Force has allowed people to visit Cemeteries and Memorial Parks at the general community quarantine (GCQ) areas before the observance of All Saints Day. It will be closed from October 29 to November 4 to avoid gathering of large crowds due to Covid-19 pandemic. (Credit Image: © Josefiel Rivera/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Josefiel Rivera/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020103000408

  • 2020年10月28日
    Philippine Government Regulates the Visiting Hours in All Cemeteries & Memorial Parks in Navotas - 28 Oct 2020

    October 29, 2020, Navotas, Philippines: A view of a deserted apartment-type tombs..The Coronavirus Task Force has allowed people to visit Cemeteries and Memorial Parks at the general community quarantine (GCQ) areas before the observance of All Saints Day. It will be closed from October 29 to November 4 to avoid gathering of large crowds due to Covid-19 pandemic. (Credit Image: © Josefiel Rivera/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Josefiel Rivera/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020103000361

  • 2020年10月28日
    Philippine Government Regulates the Visiting Hours in All Cemeteries & Memorial Parks in Navotas - 28 Oct 2020

    October 29, 2020, Navotas, Philippines: A man wearing a face mask and glove retouches his departed relative‘s gravestone..The Coronavirus Task Force has allowed people to visit Cemeteries and Memorial Parks at the general community quarantine (GCQ) areas before the observance of All Saints Day. It will be closed from October 29 to November 4 to avoid gathering of large crowds due to Covid-19 pandemic. (Credit Image: © Josefiel Rivera/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Josefiel Rivera/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020103000121

  • 2020年10月28日
    Philippine Government Regulates the Visiting Hours in All Cemeteries & Memorial Parks in Navotas - 28 Oct 2020

    October 29, 2020, Navotas, Philippines: A cat seen sleeping near a tombstone..The Coronavirus Task Force has allowed people to visit Cemeteries and Memorial Parks at the general community quarantine (GCQ) areas before the observance of All Saints Day. It will be closed from October 29 to November 4 to avoid gathering of large crowds due to Covid-19 pandemic. (Credit Image: © Josefiel Rivera/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Josefiel Rivera/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020103000365

  • 2020年10月28日
    Philippine Government Regulates the Visiting Hours in All Cemeteries & Memorial Parks in Navotas - 28 Oct 2020

    October 29, 2020, Navotas, Philippines: A lady wearing a face mask places candles at a tomb..The Coronavirus Task Force has allowed people to visit Cemeteries and Memorial Parks at the general community quarantine (GCQ) areas before the observance of All Saints Day. It will be closed from October 29 to November 4 to avoid gathering of large crowds due to Covid-19 pandemic. (Credit Image: © Josefiel Rivera/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Josefiel Rivera/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020103000410

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4