KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 日刊工業新聞
  • ハード
  • 事案
  • 人間
  • 作成
  • 信念
  • 刈羽村
  • 原子力規制委員会
  • 品質

「フェイル・セーフ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
24
( 1 24 件を表示)
  • 1
24
( 1 24 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  FAIL SAFE
    1964年12月31日
    FAIL SAFE

    FAIL SAFE HENRY FONDA Date: 1964、クレジット:Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019032700170

  •  FAIL SAFE
    1964年12月31日
    FAIL SAFE

    FAIL SAFE HENRY FONDA Date: 1964、クレジット:Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019032700042

  •  FAIL-SAFE
    1964年12月31日
    FAIL-SAFE

    FAIL-SAFE COLUMBIA PICTURES WALTER MATTHAU addresses a Pentagon briefing Date: 1964、クレジット:Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019032807030

  •  FAIL SAFE
    1964年12月31日
    FAIL SAFE

    FAIL SAFE LARRY HAGMAN, HENRY FONDA Date: 1964、クレジット:Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019032700013

  •  FAIL SAFE
    1964年12月31日
    FAIL SAFE

    FAIL SAFE LARRY HAGMAN, HENRY FONDA Date: 1964、クレジット:Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019032700051

  •  FAIL SAFE
    1964年12月31日
    FAIL SAFE

    FAIL SAFE DAN OHERLIHY Date: 1964、クレジット:Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019032613550

  •  Fail-Safe - film (1964)
    1964年12月31日
    Fail-Safe - film (1964)

    Dan O‘Herlihy Film: Fail-Safe (1960) Director: Sidney Lumet 07 October 1964 Date: 07-Oct-64、クレジット:AF Archive/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020042702533

  •  FAIL SAFE
    1964年12月31日
    FAIL SAFE

    FAIL SAFE WALTER MATTHAU, DAN OHERLIHY Date: 1964、クレジット:Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019032700056

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1978年06月02日
    日航機墜落事故

    墜落したジャンボ機は1978(昭和53)年6月2日、大阪空港で胴体後部を滑走路に接触させ、機体の一部を損傷させる事故を起こしていた(写真)。その際圧力隔壁を修理したボーイング社の修理ミスがこの事故につながり、フェイルセーフ(多重安全設計)も十分ではなかった。

    商品コード: 2003071700034

  • 破壊される先頭車両 フェイルセーフに重大疑念
    2011年07月30日
    破壊される先頭車両 フェイルセーフに重大疑念

    中国浙江省温州市の事故現場で破壊される、追突した高速鉄道車両の先頭部分=24日(共同)

    商品コード: 2011073000473

  • 事故現場通過する高速列車 フェイルセーフに重大疑念
    2011年07月30日
    事故現場通過する高速列車 フェイルセーフに重大疑念

    中国浙江省温州市で高速鉄道事故の現場を通過する列車。右下は落下した事故車両が一時埋められ、柵で囲われた土地=30日(共同)

    商品コード: 2011073000474

  •  福島ロボットテストフィールドでテストしたドローン
    2020年01月26日
    福島ロボットテストフィールドでテストしたドローン

    日本産業用無人航空機工業会(浜松市北区、阪口晃敏会長)は、福島ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)で、産業用飛行ロボット(ドローン)を認証するためのフライトテストを2日間にわたって実施した。マルチロータータイプのドローンのテストを行った。ドローンを含む無人航空機の認定は国レベルの制度がなく、同工業会は独自の認定制度を充実させ、今後国際標準化に対応したモデルとなるような認定制度にしていきたい考え。福島ロボットテストフィールドは広範囲で安全に無人航空機を飛ばすことができ、上空の風速が分かる無人航空機のテストにはうってつけの拠点だという。無人航空機を開発する国内メーカーほぼ全てが加盟する日本産業用無人航空機工業会は、これまで飛行テストはメーカーサイトを使うなどして行ってきた。すでに無人ヘリコプターを5機、固定翼機で1機、マルチロータータイプで1機を認定している。今回、福島ロボットテストフィールドを認定審査の場として初めて活用、自律制御システム研究所が開発したマルチロータータイプのドローンの実証を実施した。書類審査や飛行性能確認などを終え、最後の確認の実証フライトとなった。3キログラムの荷を積める重量9・8キログラムの機体を上空150メートル以上まで上げ、高度での安定移動や横方向への移動、電波が通じなくなったときの安定着陸などのフェールセーフテストなど2日間で18フライトを試みた。同工業会は無人航空機の認定を自主的に進めているが、今後は機体の種類に応じて、国土交通省や第三者機関などが認定するような制度につなげていくことを見込んでいる。同工業会は認定制度のモデルとして、福島ロボットフィールドをその実証拠点として位置付けていく考えだ。2020(令和2)年1月26日、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールド、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020703342

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月30日
    東京電力HDの原子力改革の進ちょくについて会見

    東京電力ホールディングス(HD)は30日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)での核物質防護など不適切事案の多発を踏まえた原子力改革の進捗(しんちょく)を発表した。4月以降、柏崎市に本社機能の一部を順次移転する。当初は品質・安全と設備診断要員など70人が移転し、最終的には約300人が移転する。外部専門人材の登用するほか、今後3年間で約200億円の設備予算を投入する。外部人材では4月1日付で東電OBで原子力損害賠償・廃炉等支援機構上席執行役員の福田俊彦氏を原子力・立地本部長に、中部電力浜岡原発の経験を持つ水谷良亮氏を所長補佐に充てる。その他、自衛隊や警察、消防など約30人を採用する。設備面では立入制限区域の見直しや監視システムの更新などを行う。小林喜光会長は「人間は誤りを起こすもの。ハードのフェールセーフ(安全制御)も同時に行う」とした。2021年9月に原子力規制委員会に提出した改善措置計画を着実に実行していくとともに、発電所で働く人の一体感を醸成するため、5月をめどに信念を整理した「発電所の志」を作成する。写真は会見冒頭に説明する㊧小林喜光会長、小早川智明社長。=2022(令和4)年3月30日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040511802

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月30日
    東京電力HDの原子力改革の進ちょくについて会見

    東京電力ホールディングス(HD)は30日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)での核物質防護など不適切事案の多発を踏まえた原子力改革の進捗(しんちょく)を発表した。4月以降、柏崎市に本社機能の一部を順次移転する。当初は品質・安全と設備診断要員など70人が移転し、最終的には約300人が移転する。外部専門人材の登用するほか、今後3年間で約200億円の設備予算を投入する。外部人材では4月1日付で東電OBで原子力損害賠償・廃炉等支援機構上席執行役員の福田俊彦氏を原子力・立地本部長に、中部電力浜岡原発の経験を持つ水谷良亮氏を所長補佐に充てる。その他、自衛隊や警察、消防など約30人を採用する。設備面では立入制限区域の見直しや監視システムの更新などを行う。小林喜光会長は「人間は誤りを起こすもの。ハードのフェールセーフ(安全制御)も同時に行う」とした。2021年9月に原子力規制委員会に提出した改善措置計画を着実に実行していくとともに、発電所で働く人の一体感を醸成するため、5月をめどに信念を整理した「発電所の志」を作成する。写真は会見する㊧小林喜光会長、小早川智明社長。=2022(令和4)年3月30日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040511791

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月30日
    東京電力HDの原子力改革の進ちょくについて会見

    東京電力ホールディングス(HD)は30日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)での核物質防護など不適切事案の多発を踏まえた原子力改革の進捗(しんちょく)を発表した。4月以降、柏崎市に本社機能の一部を順次移転する。当初は品質・安全と設備診断要員など70人が移転し、最終的には約300人が移転する。外部専門人材の登用するほか、今後3年間で約200億円の設備予算を投入する。外部人材では4月1日付で東電OBで原子力損害賠償・廃炉等支援機構上席執行役員の福田俊彦氏を原子力・立地本部長に、中部電力浜岡原発の経験を持つ水谷良亮氏を所長補佐に充てる。その他、自衛隊や警察、消防など約30人を採用する。設備面では立入制限区域の見直しや監視システムの更新などを行う。小林喜光会長は「人間は誤りを起こすもの。ハードのフェールセーフ(安全制御)も同時に行う」とした。2021年9月に原子力規制委員会に提出した改善措置計画を着実に実行していくとともに、発電所で働く人の一体感を醸成するため、5月をめどに信念を整理した「発電所の志」を作成する。写真は会見する小林喜光会長。=2022(令和4)年3月30日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040511822

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月30日
    東京電力HDの原子力改革の進ちょくについて会見

    東京電力ホールディングス(HD)は30日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)での核物質防護など不適切事案の多発を踏まえた原子力改革の進捗(しんちょく)を発表した。4月以降、柏崎市に本社機能の一部を順次移転する。当初は品質・安全と設備診断要員など70人が移転し、最終的には約300人が移転する。外部専門人材の登用するほか、今後3年間で約200億円の設備予算を投入する。外部人材では4月1日付で東電OBで原子力損害賠償・廃炉等支援機構上席執行役員の福田俊彦氏を原子力・立地本部長に、中部電力浜岡原発の経験を持つ水谷良亮氏を所長補佐に充てる。その他、自衛隊や警察、消防など約30人を採用する。設備面では立入制限区域の見直しや監視システムの更新などを行う。小林喜光会長は「人間は誤りを起こすもの。ハードのフェールセーフ(安全制御)も同時に行う」とした。2021年9月に原子力規制委員会に提出した改善措置計画を着実に実行していくとともに、発電所で働く人の一体感を醸成するため、5月をめどに信念を整理した「発電所の志」を作成する。写真は会見する小林喜光会長。=2022(令和4)年3月30日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040511771

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月30日
    東京電力HDの原子力改革の進ちょくについて会見

    東京電力ホールディングス(HD)は30日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)での核物質防護など不適切事案の多発を踏まえた原子力改革の進捗(しんちょく)を発表した。4月以降、柏崎市に本社機能の一部を順次移転する。当初は品質・安全と設備診断要員など70人が移転し、最終的には約300人が移転する。外部専門人材の登用するほか、今後3年間で約200億円の設備予算を投入する。外部人材では4月1日付で東電OBで原子力損害賠償・廃炉等支援機構上席執行役員の福田俊彦氏を原子力・立地本部長に、中部電力浜岡原発の経験を持つ水谷良亮氏を所長補佐に充てる。その他、自衛隊や警察、消防など約30人を採用する。設備面では立入制限区域の見直しや監視システムの更新などを行う。小林喜光会長は「人間は誤りを起こすもの。ハードのフェールセーフ(安全制御)も同時に行う」とした。2021年9月に原子力規制委員会に提出した改善措置計画を着実に実行していくとともに、発電所で働く人の一体感を醸成するため、5月をめどに信念を整理した「発電所の志」を作成する。写真は会見する㊧小林喜光会長、小早川智明社長。=2022(令和4)年3月30日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040511794

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月30日
    東京電力HDの原子力改革の進ちょくについて会見

    東京電力ホールディングス(HD)は30日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)での核物質防護など不適切事案の多発を踏まえた原子力改革の進捗(しんちょく)を発表した。4月以降、柏崎市に本社機能の一部を順次移転する。当初は品質・安全と設備診断要員など70人が移転し、最終的には約300人が移転する。外部専門人材の登用するほか、今後3年間で約200億円の設備予算を投入する。外部人材では4月1日付で東電OBで原子力損害賠償・廃炉等支援機構上席執行役員の福田俊彦氏を原子力・立地本部長に、中部電力浜岡原発の経験を持つ水谷良亮氏を所長補佐に充てる。その他、自衛隊や警察、消防など約30人を採用する。設備面では立入制限区域の見直しや監視システムの更新などを行う。小林喜光会長は「人間は誤りを起こすもの。ハードのフェールセーフ(安全制御)も同時に行う」とした。2021年9月に原子力規制委員会に提出した改善措置計画を着実に実行していくとともに、発電所で働く人の一体感を醸成するため、5月をめどに信念を整理した「発電所の志」を作成する。写真は会見する㊧小林喜光会長、小早川智明社長。=2022(令和4)年3月30日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040511770

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月30日
    東京電力HDの原子力改革の進ちょくについて会見

    東京電力ホールディングス(HD)は30日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)での核物質防護など不適切事案の多発を踏まえた原子力改革の進捗(しんちょく)を発表した。4月以降、柏崎市に本社機能の一部を順次移転する。当初は品質・安全と設備診断要員など70人が移転し、最終的には約300人が移転する。外部専門人材の登用するほか、今後3年間で約200億円の設備予算を投入する。外部人材では4月1日付で東電OBで原子力損害賠償・廃炉等支援機構上席執行役員の福田俊彦氏を原子力・立地本部長に、中部電力浜岡原発の経験を持つ水谷良亮氏を所長補佐に充てる。その他、自衛隊や警察、消防など約30人を採用する。設備面では立入制限区域の見直しや監視システムの更新などを行う。小林喜光会長は「人間は誤りを起こすもの。ハードのフェールセーフ(安全制御)も同時に行う」とした。2021年9月に原子力規制委員会に提出した改善措置計画を着実に実行していくとともに、発電所で働く人の一体感を醸成するため、5月をめどに信念を整理した「発電所の志」を作成する。写真は会見する小早川智明社長。=2022(令和4)年3月30日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040511825

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月30日
    東京電力HDの原子力改革の進ちょくについて会見

    東京電力ホールディングス(HD)は30日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)での核物質防護など不適切事案の多発を踏まえた原子力改革の進捗(しんちょく)を発表した。4月以降、柏崎市に本社機能の一部を順次移転する。当初は品質・安全と設備診断要員など70人が移転し、最終的には約300人が移転する。外部専門人材の登用するほか、今後3年間で約200億円の設備予算を投入する。外部人材では4月1日付で東電OBで原子力損害賠償・廃炉等支援機構上席執行役員の福田俊彦氏を原子力・立地本部長に、中部電力浜岡原発の経験を持つ水谷良亮氏を所長補佐に充てる。その他、自衛隊や警察、消防など約30人を採用する。設備面では立入制限区域の見直しや監視システムの更新などを行う。小林喜光会長は「人間は誤りを起こすもの。ハードのフェールセーフ(安全制御)も同時に行う」とした。2021年9月に原子力規制委員会に提出した改善措置計画を着実に実行していくとともに、発電所で働く人の一体感を醸成するため、5月をめどに信念を整理した「発電所の志」を作成する。写真は会見する小早川智明社長。=2022(令和4)年3月30日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040511793

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月30日
    東京電力HDの原子力改革の進ちょくについて会見

    東京電力ホールディングス(HD)は30日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)での核物質防護など不適切事案の多発を踏まえた原子力改革の進捗(しんちょく)を発表した。4月以降、柏崎市に本社機能の一部を順次移転する。当初は品質・安全と設備診断要員など70人が移転し、最終的には約300人が移転する。外部専門人材の登用するほか、今後3年間で約200億円の設備予算を投入する。外部人材では4月1日付で東電OBで原子力損害賠償・廃炉等支援機構上席執行役員の福田俊彦氏を原子力・立地本部長に、中部電力浜岡原発の経験を持つ水谷良亮氏を所長補佐に充てる。その他、自衛隊や警察、消防など約30人を採用する。設備面では立入制限区域の見直しや監視システムの更新などを行う。小林喜光会長は「人間は誤りを起こすもの。ハードのフェールセーフ(安全制御)も同時に行う」とした。2021年9月に原子力規制委員会に提出した改善措置計画を着実に実行していくとともに、発電所で働く人の一体感を醸成するため、5月をめどに信念を整理した「発電所の志」を作成する。写真は会見する㊨小早川智明社長、小林喜光会長。=2022(令和4)年3月30日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040511788

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月30日
    東京電力HDの原子力改革の進ちょくについて会見

    東京電力ホールディングス(HD)は30日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)での核物質防護など不適切事案の多発を踏まえた原子力改革の進捗(しんちょく)を発表した。4月以降、柏崎市に本社機能の一部を順次移転する。当初は品質・安全と設備診断要員など70人が移転し、最終的には約300人が移転する。外部専門人材の登用するほか、今後3年間で約200億円の設備予算を投入する。外部人材では4月1日付で東電OBで原子力損害賠償・廃炉等支援機構上席執行役員の福田俊彦氏を原子力・立地本部長に、中部電力浜岡原発の経験を持つ水谷良亮氏を所長補佐に充てる。その他、自衛隊や警察、消防など約30人を採用する。設備面では立入制限区域の見直しや監視システムの更新などを行う。小林喜光会長は「人間は誤りを起こすもの。ハードのフェールセーフ(安全制御)も同時に行う」とした。2021年9月に原子力規制委員会に提出した改善措置計画を着実に実行していくとともに、発電所で働く人の一体感を醸成するため、5月をめどに信念を整理した「発電所の志」を作成する。写真は会見する小林喜光会長。=2022(令和4)年3月30日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040511809

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月30日
    東京電力HDの原子力改革の進ちょくについて会見

    東京電力ホールディングス(HD)は30日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)での核物質防護など不適切事案の多発を踏まえた原子力改革の進捗(しんちょく)を発表した。4月以降、柏崎市に本社機能の一部を順次移転する。当初は品質・安全と設備診断要員など70人が移転し、最終的には約300人が移転する。外部専門人材の登用するほか、今後3年間で約200億円の設備予算を投入する。外部人材では4月1日付で東電OBで原子力損害賠償・廃炉等支援機構上席執行役員の福田俊彦氏を原子力・立地本部長に、中部電力浜岡原発の経験を持つ水谷良亮氏を所長補佐に充てる。その他、自衛隊や警察、消防など約30人を採用する。設備面では立入制限区域の見直しや監視システムの更新などを行う。小林喜光会長は「人間は誤りを起こすもの。ハードのフェールセーフ(安全制御)も同時に行う」とした。2021年9月に原子力規制委員会に提出した改善措置計画を着実に実行していくとともに、発電所で働く人の一体感を醸成するため、5月をめどに信念を整理した「発電所の志」を作成する。写真は会見する小林喜光会長。=2022(令和4)年3月30日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040511841

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月30日
    東京電力HDの原子力改革の進ちょくについて会見

    東京電力ホールディングス(HD)は30日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)での核物質防護など不適切事案の多発を踏まえた原子力改革の進捗(しんちょく)を発表した。4月以降、柏崎市に本社機能の一部を順次移転する。当初は品質・安全と設備診断要員など70人が移転し、最終的には約300人が移転する。外部専門人材の登用するほか、今後3年間で約200億円の設備予算を投入する。外部人材では4月1日付で東電OBで原子力損害賠償・廃炉等支援機構上席執行役員の福田俊彦氏を原子力・立地本部長に、中部電力浜岡原発の経験を持つ水谷良亮氏を所長補佐に充てる。その他、自衛隊や警察、消防など約30人を採用する。設備面では立入制限区域の見直しや監視システムの更新などを行う。小林喜光会長は「人間は誤りを起こすもの。ハードのフェールセーフ(安全制御)も同時に行う」とした。2021年9月に原子力規制委員会に提出した改善措置計画を着実に実行していくとともに、発電所で働く人の一体感を醸成するため、5月をめどに信念を整理した「発電所の志」を作成する。写真は会見する㊧小林喜光会長、小早川智明社長。=2022(令和4)年3月30日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040511792

  • 1