KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • れいな
  • ムー
  • 作業員
  • 協同組合
  • 変化
  • 専門職
  • 将来性
  • 現代

「フジマメ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年08月09日
    (4)「フジマメのお姫さま」、農業の将来性に期待上海市浦東新区

    生産基地で実を付けたフジマメ。(6月28日撮影)中国上海市浦東新区にある上海紅剛青扁豆生産専業合作社(協同組合)の王黎娜(おう・れいな)総経理が7日、作業員と一緒にフジマメのせんてい作業に汗を流している。王さんは栽培面積9千ムー(約600ヘクタール)、年間生産額1億8千万元(1元=約17円)を超える合作社の経営者で、周りから「フジマメのお姫さま」と呼ばれている。王さんは、この30年間浦東地区農民の最も大きな変化は次第に専門職化・現代化になり、職業意識が向上し続けていることだと指摘。自らも農民として、同区の農業の将来性に大きな期待を寄せていると語った。(上海=新華社記者/趙逸赫)= 配信日: 2021(令和3)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081002278

  • 2021年08月09日
    (8)「フジマメのお姫さま」、農業の将来性に期待上海市浦東新区

    生産基地で実を付けたフジマメ。(6月28日撮影)中国上海市浦東新区にある上海紅剛青扁豆生産専業合作社(協同組合)の王黎娜(おう・れいな)総経理が7日、作業員と一緒にフジマメのせんてい作業に汗を流している。王さんは栽培面積9千ムー(約600ヘクタール)、年間生産額1億8千万元(1元=約17円)を超える合作社の経営者で、周りから「フジマメのお姫さま」と呼ばれている。王さんは、この30年間浦東地区農民の最も大きな変化は次第に専門職化・現代化になり、職業意識が向上し続けていることだと指摘。自らも農民として、同区の農業の将来性に大きな期待を寄せていると語った。(上海=新華社記者/趙逸赫)= 配信日: 2021(令和3)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081002217

  • 2021年08月09日
    (3)「フジマメのお姫さま」、農業の将来性に期待上海市浦東新区

    生産基地の一角。(6月28日撮影)中国上海市浦東新区にある上海紅剛青扁豆生産専業合作社(協同組合)の王黎娜(おう・れいな)総経理が7日、作業員と一緒にフジマメのせんてい作業に汗を流している。王さんは栽培面積9千ムー(約600ヘクタール)、年間生産額1億8千万元(1元=約17円)を超える合作社の経営者で、周りから「フジマメのお姫さま」と呼ばれている。王さんは、この30年間浦東地区農民の最も大きな変化は次第に専門職化・現代化になり、職業意識が向上し続けていることだと指摘。自らも農民として、同区の農業の将来性に大きな期待を寄せていると語った。(上海=新華社記者/趙逸赫)= 配信日: 2021(令和3)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081002268

  • 2021年08月09日
    (5)「フジマメのお姫さま」、農業の将来性に期待上海市浦東新区

    生産基地でフジマメの成長をチェックする王黎娜さん。(6月28日撮影)中国上海市浦東新区にある上海紅剛青扁豆生産専業合作社(協同組合)の王黎娜(おう・れいな)総経理が7日、作業員と一緒にフジマメのせんてい作業に汗を流している。王さんは栽培面積9千ムー(約600ヘクタール)、年間生産額1億8千万元(1元=約17円)を超える合作社の経営者で、周りから「フジマメのお姫さま」と呼ばれている。王さんは、この30年間浦東地区農民の最も大きな変化は次第に専門職化・現代化になり、職業意識が向上し続けていることだと指摘。自らも農民として、同区の農業の将来性に大きな期待を寄せていると語った。(上海=新華社記者/趙逸赫)= 配信日: 2021(令和3)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081002269

  • 2021年08月09日
    (1)「フジマメのお姫さま」、農業の将来性に期待上海市浦東新区

    生産基地でとれたフジマメの種。(6月28日撮影)中国上海市浦東新区にある上海紅剛青扁豆生産専業合作社(協同組合)の王黎娜(おう・れいな)総経理が7日、作業員と一緒にフジマメのせんてい作業に汗を流している。王さんは栽培面積9千ムー(約600ヘクタール)、年間生産額1億8千万元(1元=約17円)を超える合作社の経営者で、周りから「フジマメのお姫さま」と呼ばれている。王さんは、この30年間浦東地区農民の最も大きな変化は次第に専門職化・現代化になり、職業意識が向上し続けていることだと指摘。自らも農民として、同区の農業の将来性に大きな期待を寄せていると語った。(上海=新華社記者/趙逸赫)= 配信日: 2021(令和3)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081002256

  • 2021年08月09日
    (2)「フジマメのお姫さま」、農業の将来性に期待上海市浦東新区

    生産基地の一角。(6月28日撮影)中国上海市浦東新区にある上海紅剛青扁豆生産専業合作社(協同組合)の王黎娜(おう・れいな)総経理が7日、作業員と一緒にフジマメのせんてい作業に汗を流している。王さんは栽培面積9千ムー(約600ヘクタール)、年間生産額1億8千万元(1元=約17円)を超える合作社の経営者で、周りから「フジマメのお姫さま」と呼ばれている。王さんは、この30年間浦東地区農民の最も大きな変化は次第に専門職化・現代化になり、職業意識が向上し続けていることだと指摘。自らも農民として、同区の農業の将来性に大きな期待を寄せていると語った。(上海=新華社記者/趙逸赫)= 配信日: 2021(令和3)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081006005

  • 2021年08月09日
    (9)「フジマメのお姫さま」、農業の将来性に期待上海市浦東新区

    生産基地でフジマメの実を見せる王黎娜さん。(6月28日撮影)中国上海市浦東新区にある上海紅剛青扁豆生産専業合作社(協同組合)の王黎娜(おう・れいな)総経理が7日、作業員と一緒にフジマメのせんてい作業に汗を流している。王さんは栽培面積9千ムー(約600ヘクタール)、年間生産額1億8千万元(1元=約17円)を超える合作社の経営者で、周りから「フジマメのお姫さま」と呼ばれている。王さんは、この30年間浦東地区農民の最も大きな変化は次第に専門職化・現代化になり、職業意識が向上し続けていることだと指摘。自らも農民として、同区の農業の将来性に大きな期待を寄せていると語った。(上海=新華社記者/趙逸赫)= 配信日: 2021(令和3)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081002227

  • 2021年08月09日
    (6)「フジマメのお姫さま」、農業の将来性に期待上海市浦東新区

    生産基地に設置された防虫技術。(6月28日撮影)中国上海市浦東新区にある上海紅剛青扁豆生産専業合作社(協同組合)の王黎娜(おう・れいな)総経理が7日、作業員と一緒にフジマメのせんてい作業に汗を流している。王さんは栽培面積9千ムー(約600ヘクタール)、年間生産額1億8千万元(1元=約17円)を超える合作社の経営者で、周りから「フジマメのお姫さま」と呼ばれている。王さんは、この30年間浦東地区農民の最も大きな変化は次第に専門職化・現代化になり、職業意識が向上し続けていることだと指摘。自らも農民として、同区の農業の将来性に大きな期待を寄せていると語った。(上海=新華社記者/趙逸赫)= 配信日: 2021(令和3)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081002283

  • 2021年08月09日
    (7)「フジマメのお姫さま」、農業の将来性に期待上海市浦東新区

    生産基地でフジマメの成長をチェックする王黎娜さん。(6月28日撮影)中国上海市浦東新区にある上海紅剛青扁豆生産専業合作社(協同組合)の王黎娜(おう・れいな)総経理が7日、作業員と一緒にフジマメのせんてい作業に汗を流している。王さんは栽培面積9千ムー(約600ヘクタール)、年間生産額1億8千万元(1元=約17円)を超える合作社の経営者で、周りから「フジマメのお姫さま」と呼ばれている。王さんは、この30年間浦東地区農民の最も大きな変化は次第に専門職化・現代化になり、職業意識が向上し続けていることだと指摘。自らも農民として、同区の農業の将来性に大きな期待を寄せていると語った。(上海=新華社記者/趙逸赫)= 配信日: 2021(令和3)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081002287

  • 2021年11月24日
    (12)中国各地で冬から春の野菜供給を確保

    15日、雲南省楚雄イ族自治州元謀県の卸売市場でフジマメを仕分ける従業員。中国で秋冬野菜の生産地として知られる雲南省の金沙江沿いや広西チワン族自治区百色市を流れる右江の河谷一帯、海南省三亜市などでは二十四節気の「小雪」を過ぎても暖かい日が続いている。冬から春にかけての供給を確保するため、各地でさまざまな措置が講じられ、野菜は種類豊富で価格も安定した状況となっている。(昆明=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(令和3)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112407447

  • 1