KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • ドイツ
  • フライト
  • 令和
  • 北京
  • 国際空港
  • 大陸
  • 導入
  • 最大積載量
  • 欧州
  • 無錫市

「フランクフルト・ハーン空港」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  Ryanair
    2013年09月18日
    Ryanair

    ARCHIVE?- Boeing 737-800 airplanes of the Irish budget airline Ryanair can be seen at the airport Frankfurt-Hahn near Lautzenhausen, Germany, 18 September 2013. Photo: Thomas Frey/dpa クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017080901735

  •  Ryanair‘s pilots strike
    2017年12月22日
    Ryanair‘s pilots strike

    Passengers stand in the Ryanair check-in line of airport Frankfurt Hahn, Germany, 22 December 2017. The German Cockpit Association organized a four hour strike of the permanent employees at all ten German bases (5 am until 9 am). Photo: Bernd Settnik/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018011900090

  •  Airport Hahn
    2019年04月13日
    Airport Hahn

    13 April 2019, Rhineland-Palatinate, Lautzenhausen: There‘s a gangway on the tarmac from Hahn Airport. Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041811641

  •  Airport Hahn
    2019年04月13日
    Airport Hahn

    13 April 2019, Rhineland-Palatinate, Lautzenhausen: The lettering “frankfurt hahn airport“ stands on an airport building. Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041811554

  •  順豊航空、江蘇省無錫市と欧州を結ぶ大陸間貨物路線を就航
    2019年09月15日
    順豊航空、江蘇省無錫市と欧州を結ぶ大陸間貨物路線を就航

    15日、ドイツ・ハーンまでの貨物路線が就航した無錫市の蘇南碩放国際空港。中国江蘇省の無錫税関は17日、無錫市とドイツ・ハーンを結ぶ順豊航空初の大陸間貨物路線がこのほど就航したことを明らかにした。同社のボーイング747-400ERF貨物機は15日午前0時半に無錫市の蘇南碩放国際空港を離陸。重慶市を経由し、北京時間同日午後4時半ごろ、ドイツのフランクフルト・ハーン空港に無事着陸した。今回就航した「無錫-重慶-ハーン-無錫」線は順豊航空が運営する最も長い航空路線で、飛行距離は9540キロ。ボーイング747貨物機を導入し、各フライトの最大積載量は110トンとなっており、無錫、重慶、ハーンの3カ所全てで貨物の積み込みができる。(無錫=新華社配信/李宇峰)=2019(令和元)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091901229

  •  順豊航空、江蘇省無錫市と欧州を結ぶ大陸間貨物路線を就航
    2019年09月15日
    順豊航空、江蘇省無錫市と欧州を結ぶ大陸間貨物路線を就航

    15日、無錫とハーンを結ぶ路線の貨物の検査をする税関スタッフ。中国江蘇省の無錫税関は17日、無錫市とドイツ・ハーンを結ぶ順豊航空初の大陸間貨物路線がこのほど就航したことを明らかにした。同社のボーイング747-400ERF貨物機は15日午前0時半に無錫市の蘇南碩放国際空港を離陸。重慶市を経由し、北京時間同日午後4時半ごろ、ドイツのフランクフルト・ハーン空港に無事着陸した。今回就航した「無錫-重慶-ハーン-無錫」線は、順豊航空が運営する最も長い航空路線で、飛行距離は9540キロ。ボーイング747貨物機を導入し、各フライトの最大積載量は110トンとなっており、無錫、重慶、ハーンの3カ所全てで貨物の積み込みができる。(無錫=新華社配信/李宇峰)=2019(令和元)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091901214

  • 1