KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 民族文化
  • 陳バルグ旗
  • ハイラル
  • スポーツ大会
  • ハルビン
  • フフホト
  • 小型無人機
  • ナーダム
  • 大興安嶺
  • ドローン

「フルンボイル」の写真・映像

絞り込み
  • 日付指定なし
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
337
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
337
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:29.12
    2021年04月23日
    「新華社」衛星ニュース丨青い星を守る

    地球温暖化や氷河の融解、異常気象、熱帯雨林の濫伐、海洋汚染、猛威を振るう山火事、生態系の破壊などが、地球に無数の傷跡を残している。人間の活動により世界の陸地の75%が著しく改変され、海洋の66%は累積的な影響下にあり、湿地の85%以上が消失した。動物と植物の種群のうち平均約25%が絶滅の危機にあり、地球の表面の5分の1近くが植物や動物の侵略の危機にさらされ、われわれの地球はかつてない深刻な脅威に直面している。【画面字幕】「地球はわれわれの共通のふるさとであり、われわれは人類運命共同体の理念を堅持し、気候や環境分野の試練に手を携えて対応し、この青い星をしっかり守らなければならない」--習近平氏。中国は常にわれわれの地球を回復させることに取り組んでいる。高原のゴビから広大な海岸まで、一筋の緑の帯が鮮やかに延びている。中国西北、華北、東北地域にまたがる「緑の万里の長城」は、中国の北方を蛇行しつつ延々と伸び、総面積406万平方キロにわたって広がっている。過去40年余りの間、西北、華北、東北各地域で実施されてきた「三北防護林システム建設プロジェクト」の造林・保護面積は累計3014万ヘクタールに達し、実施地域の森林率は5・05%から13・57%に上昇した。砂漠化が深刻なムウス(毛烏素)、ホルチン(科爾沁)、フルンボイル(呼倫貝爾)の三つの地域でも砂漠化に歯止めがかかり、砂漠化した土地の面積は実質的に減少を続けている。「海の守護者」と呼ばれるマングローブは、その密集し発達した支柱根が海岸線を守っている。近年、世界的にマングローブ林面積の減少が続く中、広東省にある湛江マングローブ国家級自然保護区のマングローブ林面積は年々増加している。この保護区は、陸地から海へと伸びる雷州半島の海岸線に沿って広がり、見渡す限り一面の緑にあふれている。河北省遷安(せんあん)市はかつて鉄鋼の街として、鉱山で発展し、鉄鋼業で栄えたが、鉱物資源の開発は生態系の破壊ももたらした。深刻な土壌の砂漠化が地滑りや土砂崩れなどの地質災害の隠れたリスクを生み出した。同市はここ数年、鉱山の生態環境の回復と整備を生態文明建設の重点に据え、地域の実情に応じて適切な施策を選定、鉱山の環境回復と整備を進めてきた。かつての「生態に刻まれた傷跡」は緑の装いを取り戻し、燕山山脈の麓に美しい山河がよみがえった。鉱山の環境回 =配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジッ...

  • 01:11.80
    2021年03月03日
    「新華社」オオカミの島を訪ねて内モンゴル自治区フルンボイル市

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗巴彦庫仁鎮を流れるハイラル川の中州「狼島」では、バートルさんと息子のフーチュンさんが14年にわたり、昼夜を問わずオオカミ200頭余りを見守ってきた。ハイラル川はモンゴル語で「雪水の川」を意味する。狼島は長年にわたる川の浸食により形成された。同島には地元政府の支援で設立されたオオカミ文化テーマパークや、同旗の林業公安局との協力により設置された野生動物救助ステーションがある。バートルさん親子は野生動物の救助に取り組む一方、同自治区の草原に伝わるオオカミ文化を観光客に紹介する活動も行っている。(記者/張晟、鄒倹朴、達日罕) =配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (2)大雪で多くの車が立往生氷点下20度の救助作業内モンゴル自治区

    2月27日、立ち往生した車をロープでパトカーにつなぐ警察。中国内モンゴル自治区アルグン市エンヘ・オロス族郷では、先月26日から27日にかけて大雪に見舞われた。積雪は多い所で50センチに達し、各地の道路で多くの車が立ち往生する事態となった。救助要請を受けた地元のフルンボイル辺境管理支隊エンヘ辺境派出所は直ちに緊急対応策を発動、全警察を動員して、シャベルや救助ロープなどを持たせ救助に向かわせた。警察は氷点下20度余りの極寒の中、3時間近くかけて救助作業に当たった。27日昼までに、この区間に進入しようとした車30台余りをUターンさせるとともに、立ち往生した車5台を救助し、20人余りを安全な場所に移動させた。(フルンボイル=新華社記者/葉紫嫣)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (1)大雪で多くの車が立往生氷点下20度の救助作業内モンゴル自治区

    2月27日、シャベルで雪を掘る警察と立ち往生した車の使用者。中国内モンゴル自治区アルグン市エンヘ・オロス族郷では、先月26日から27日にかけて大雪に見舞われた。積雪は多い所で50センチに達し、各地の道路で多くの車が立ち往生する事態となった。救助要請を受けた地元のフルンボイル辺境管理支隊エンヘ辺境派出所は直ちに緊急対応策を発動、全警察を動員して、シャベルや救助ロープなどを持たせ救助に向かわせた。警察は氷点下20度余りの極寒の中、3時間近くかけて救助作業に当たった。27日昼までに、この区間に進入しようとした車30台余りをUターンさせるとともに、立ち往生した車5台を救助し、20人余りを安全な場所に移動させた。(フルンボイル=新華社記者/葉紫嫣)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:39.38
    2021年03月02日
    「新華社」大雪で多くの車が立往生氷点下20度の救助作業内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区アルグン市エンヘ・オロス族郷では、先月26日から27日にかけて大雪に見舞われた。積雪は多い所で50センチに達し、各地の道路で多くの車が立ち往生する事態となった。救助要請を受けた地元のフルンボイル辺境管理支隊エンヘ辺境派出所は直ちに緊急対応策を発動、全警察を動員して、シャベルや救助ロープなどを持たせ救助に向かわせた。警察は氷点下20度余りの極寒の中、3時間近くかけて救助作業に当たった。27日昼までに、この区間に進入しようとした車30台余りをUターンさせるとともに、立ち往生した車5台を救助し、20人余りを安全な場所に移動させた。(記者/葉紫嫣) =配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (3)大雪で多くの車が立往生氷点下20度の救助作業内モンゴル自治区

    2月27日、シャベルで雪を掘る警察と立ち往生した車の使用者。中国内モンゴル自治区アルグン市エンヘ・オロス族郷では、先月26日から27日にかけて大雪に見舞われた。積雪は多い所で50センチに達し、各地の道路で多くの車が立ち往生する事態となった。救助要請を受けた地元のフルンボイル辺境管理支隊エンヘ辺境派出所は直ちに緊急対応策を発動、全警察を動員して、シャベルや救助ロープなどを持たせ救助に向かわせた。警察は氷点下20度余りの極寒の中、3時間近くかけて救助作業に当たった。27日昼までに、この区間に進入しようとした車30台余りをUターンさせるとともに、立ち往生した車5台を救助し、20人余りを安全な場所に移動させた。(フルンボイル=新華社記者/葉紫嫣)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.36
    2021年02月28日
    「新華社」極寒の草原でナーダム気分内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市はここ数年、「国際観光都市」「中国優秀観光都市」「氷雪観光十大都市」などの称号を相次ぎ獲得している。今冬も新型コロナウイルス対策の常態化を前提に、特色ある四大氷雪観光コースを発表。寒冷地の氷雪経済の質の高い発展を引き続き後押しする。市内の観光拠点では、モンゴル族の夏の祭典「ナーダム」にちなんだ催しが観光客を楽しませている。伝統衣装で着飾った各民族が参加するレスリングや競馬、アーチェリーなどの民族伝統種目は、草原観光の華やかな代名詞といえる。ナーダムは中国の国家級無形文化遺産であり、2006年の第1次リストに登録された。(記者/張晟、鄒倹朴、達日罕)=配信日:2021(令和3)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (8)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、凍った川を掘って作ったプールで泳ぐ閆相斌さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (2)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、寒中水泳の前に準備運動をする閆相斌さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (7)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、凍った川を掘って作ったプールに飛び込む閆相斌さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (1)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、凍った川を掘って作ったプールで泳ぐ閆相斌さん。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (6)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、凍った伊敏河の上を歩く閆相斌さん。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (3)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、凍った川を掘って作ったプールに向かう閆相斌さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (5)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、寒中水泳の前に準備運動をする閆相斌さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (4)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、寒中水泳の前に水泳帽をかぶる閆相斌さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.12
    2021年01月14日
    「新華社」極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    厳冬期の中国黒竜江省で、K7093列車が夜の森林地帯や雪原を走っている。同省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(記者/王建威) =配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (9)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、K7093列車の普通車両でくつろぐ乗客。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (8)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、K7093列車の車内で商品を販売する乗務員。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (1)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、黒竜江省ハルビン駅で、プラットホームに停車中のK7093列車に次々と乗り込む乗客たち。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (2)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、黒竜江省ハルビン駅で、プラットホームに停車中のK7093列車に次々と乗り込む乗客たち。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (4)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、黒竜江省ハルビン駅で、K7093列車の乗車案内をする乗務員。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (6)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、黒竜江省ハルビン駅のプラットホームに停車中のK7093列車。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (7)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、K7093列車の車内でパンを食べる子ども。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (3)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、黒竜江省ハルビン駅で、K7093列車の乗車案内をする乗務員。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (10)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、K7093列車の車内で床を清掃する乗務員。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、黒竜江省ハルビン駅で、K7093列車に乗り込む乗客。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    錦秋の奥克里堆山を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、奥克里堆山麓を流れる川。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区根河市に位置する標高1520メートルの奥克里堆山はこのところ、山肌が一雨ごとに秋の色を深めている。(フルンボイル=新華社記者/趙沢輝)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    錦秋の奥克里堆山を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、奥克里堆山麓を流れる川。中国内モンゴル自治区根河市に位置する標高1520メートルの奥克里堆山はこのところ、山肌が一雨ごとに秋の色を深めている。(フルンボイル=新華社記者/趙沢輝)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    錦秋の奥克里堆山を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、奥克里堆山に広がる森。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区根河市に位置する標高1520メートルの奥克里堆山はこのところ、山肌が一雨ごとに秋の色を深めている。(フルンボイル=新華社記者/趙沢輝)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    錦秋の奥克里堆山を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、奥克里堆山に広がる森。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区根河市に位置する標高1520メートルの奥克里堆山はこのところ、山肌が一雨ごとに秋の色を深めている。(フルンボイル=新華社記者/趙沢輝)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    錦秋の奥克里堆山を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、霧が立ち込める奥克里堆山の森。中国内モンゴル自治区根河市に位置する標高1520メートルの奥克里堆山はこのところ、山肌が一雨ごとに秋の色を深めている。(フルンボイル=新華社記者/趙沢輝)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    錦秋の奥克里堆山を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、奥克里堆山のカラマツ。中国内モンゴル自治区根河市に位置する標高1520メートルの奥克里堆山はこのところ、山肌が一雨ごとに秋の色を深めている。(フルンボイル=新華社記者/趙沢輝)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    錦秋の奥克里堆山を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、霧が立ち込める奥克里堆山の森。中国内モンゴル自治区根河市に位置する標高1520メートルの奥克里堆山はこのところ、山肌が一雨ごとに秋の色を深めている。(フルンボイル=新華社記者/趙沢輝)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    錦秋の奥克里堆山を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、奥克里堆山麓を流れる川。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区根河市に位置する標高1520メートルの奥克里堆山はこのところ、山肌が一雨ごとに秋の色を深めている。(フルンボイル=新華社記者/趙沢輝)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    錦秋の奥克里堆山を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、奥克里堆山のカラマツ。中国内モンゴル自治区根河市に位置する標高1520メートルの奥克里堆山はこのところ、山肌が一雨ごとに秋の色を深めている。(フルンボイル=新華社記者/趙沢輝)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    錦秋の奥克里堆山を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、奥克里堆山麓に架かる橋。中国内モンゴル自治区根河市に位置する標高1520メートルの奥克里堆山はこのところ、山肌が一雨ごとに秋の色を深めている。(フルンボイル=新華社記者/趙沢輝)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    錦秋の奥克里堆山を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、奥克里堆山のカラマツ。中国内モンゴル自治区根河市に位置する標高1520メートルの奥克里堆山はこのところ、山肌が一雨ごとに秋の色を深めている。(フルンボイル=新華社記者/趙沢輝)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    錦秋の奥克里堆山を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、奥克里堆山麓に架かる橋。中国内モンゴル自治区根河市に位置する標高1520メートルの奥克里堆山はこのところ、山肌が一雨ごとに秋の色を深めている。(フルンボイル=新華社記者/趙沢輝)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.42
    2020年09月12日
    「新華社」内モンゴル自治区、乳業産業クラスター形成へ

    中国内モンゴル自治区の農牧庁などの部門はこのほど、生乳供給基地建設遅れなどの問題を解決するため、複数の乳業産業クラスターを形成し、2025年をめどに乳業産業チェーンの生産額3千億元(1元=約16円)を目指すことを明らかにした。農牧庁の劉永志(りゅう・えいし)副庁長によると、今年は特別資金4億元、契約ベースの融資216億元を投入し、内蒙古伊利実業集団や蒙牛乳業などの乳業大手に、黄河や嫩江、西遼河流域、フルンボイル、シリンゴル草原の五つの生乳供給基地での事業展開を働き掛ける。同自治区は乳業の優位性により、フフホト市やフルンボイル市、バヤンノール市などで大規模牧場を相次いで設立しており、牧草栽培や乳牛飼育、乳製品加工の一体化発展を推進、今後3~5年以内に乳牛100万頭増加、乳製品加工力倍増を目指す。劉副庁長は、同自治区の乳牛飼育頭数は現在120万頭、牛乳生産量は年間570万トン余りで、乳業が年間生産額1千億元以上の優位産業となり、牛乳生産量や牛乳加工産業規模、乳製品市場シェアでいずれも全国の首位に立っていると述べた。(記者/李雲平)<映像内容>内モンゴル自治区の乳業産業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    フルンボイル市で光の輪「日暈」が出現内モンゴル自治区

    8日、内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の上空に出現した日暈。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区で8日早朝、太陽を囲む巨大な光の輪「日暈(にちうん)」が現れた。日暈は「白虹(はっこう)」ともいい、大気光学現象の一種。太陽の光が巻層雲を通り抜ける際、氷晶により屈折または反射することで発生する。今回の日暈は20分余り続いた。(フルンボイル=新華社記者/哈麗娜)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    フルンボイル市で光の輪「日暈」が出現内モンゴル自治区

    8日、内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の上空に出現した日暈。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区で8日早朝、太陽を囲む巨大な光の輪「日暈(にちうん)」が現れた。日暈は「白虹(はっこう)」ともいい、大気光学現象の一種。太陽の光が巻層雲を通り抜ける際、氷晶により屈折または反射することで発生する。今回の日暈は20分余り続いた。(フルンボイル=新華社記者/哈麗娜)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    フルンボイル市で光の輪「日暈」が出現内モンゴル自治区

    8日、内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の上空に出現した日暈。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区で8日早朝、太陽を囲む巨大な光の輪「日暈(にちうん)」が現れた。日暈は「白虹(はっこう)」ともいい、大気光学現象の一種。太陽の光が巻層雲を通り抜ける際、氷晶により屈折または反射することで発生する。今回の日暈は20分余り続いた。(フルンボイル=新華社記者/哈麗娜)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    4日、フルンボイル市新バルグ左旗のバルグモンゴル集落にある民俗観光リゾート区で馬に乗る観光客。中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    4日、フルンボイル市新バルグ左旗のバルグモンゴル集落にある民俗観光リゾート区で観光客に馬術を披露する騎手ら。中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    4日、フルンボイル市新バルグ左旗のバルグモンゴル集落にある民俗観光リゾート区で自撮りを楽しむ観光客。中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    4日、観光客を乗せてフルンボイル市のフルン湖を航行する船。中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    4日、フルンボイル市新バルグ左旗のバルグモンゴル集落にある民俗観光リゾート区で地面に落ちている哈達(カタ、モンゴル族とチベット族が敬意を表すために用いる帯状の布)を馬上から拾う「拾哈達」を披露する騎手。中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    4日、フルンボイル市新バルグ左旗のバルグモンゴル集落にある民俗観光リゾート区の風景。中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    4日、フルンボイル市新バルグ左旗のバルグモンゴル集落にある民俗観光リゾート区で観光客に馬術を披露する騎手。中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    4日、フルンボイル市新バルグ左旗のバルグモンゴル集落にある民俗観光リゾート区で観光客に曲芸乗馬を披露する騎手ら。中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    4日、フルンボイル市にあるフルン湖の風景。中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    3日、フルンボイル市陳バルグ旗にある天下草原の遊牧集落。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    3日、フルンボイル市陳バルグ旗の牧雲山頂を訪れた観光客。中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    3日、フルンボイル市陳バルグ旗にある天下草原の遊牧集落で馬に乗る観光客。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    3日、フルンボイル市陳バルグ旗の牧雲山頂から見た莫日格勒河。中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    3日、フルンボイル市陳バルグ旗にある天下草原の遊牧集落を散策する観光客。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    3日、フルンボイル市陳バルグ旗にある天下草原の遊牧集落から見た莫日格勒河。(無人小型機から)中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月09日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    9日、フルンボイル市新バルグ左旗に広がる草原で草を食べる牛や羊。中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月09日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    9日、フルンボイル市新バルグ左旗の草原を流れる川辺に群れる牛や羊。中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区

    6日、特別列車K5117便の外で受験生の乗車を待つ鉄道スタッフ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    豊かな生命にあふれる夏の草原内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル(海拉爾)で、子馬を見守る母馬。(7月6日撮影)盛夏を迎えた中国内モンゴル自治区に広がる広大な草原では、子羊に乳を飲ませる母羊や、子馬と共に走る母馬などの姿があちこちで見られ、生命の輝きと活力にあふれている。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区

    6日、特別列車K5117便の車内から記念乗車券を見せる受験生。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区

    6日、特別列車K5117便の記念乗車券。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区

    6日、特別列車K5117便の車内でポーズを取る受験生。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.72
    2020年07月06日
    「新華社」受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。大楊樹鎮は大興安嶺の南麓に位置し、オロチョン族、ダウール族、エベンキ族などの少数民族が集中して住んでいる。入試会場が同自治旗政府の所在地に指定されているため、同鎮の受験生は毎年100キロ以上離れた阿里河鎮の入試会場まで行かなければならない。元ハルビン鉄路局は2003年、少数民族地区に住む受験生の移動困難、移動コスト高の問題を解決するため、大学入試前に大楊樹鎮から阿里河鎮への特別列車運行を決定。今年18年目となる同列車はこれまでに延べ3万4千人の受験生を送迎しており、7千人以上の受験生が大学入学の夢をかなえた。(記者/王君宝)<映像内容>「高考」受験生を乗せる特別列車の様子、撮影日:2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月05日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    5日、ヒンガン盟ホルチン右翼前旗の草原。中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    4日、ハイラル駅に停車する観光特別列車。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    4日、観光特別列車内で、おもちゃで遊ぶ子ども。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    4日、ハイラル駅に停車する観光特別列車。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    4日、観光特別列車内で、おもちゃで遊ぶ子ども。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    4日、観光特別列車内の食堂車。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:22.32
    2020年07月04日
    「新華社」ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。特別列車はビジネス車、文化サロン車、売店車などさまざまな車両を連結している。また車内には観光、レジャー、娯楽各エリアもあるため、乗客は道中の景色を十分に堪能しながら、それ以外の過ごし方も楽しめる。新型コロナウイルスの感染予防・抑制対策を強化するため、中国鉄路ハルビン局集団ハイラル区間は、事前に列車の換気や消毒、清掃などを徹底し、観光客が安全に草原の風景を満喫できる乗車環境を提供している。(記者/馬知遥)<映像内容>観光特別列車「フルンボイル号」、乗客の様子など、撮影日:2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月03日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    3日、シリンゴル盟ウラガイ管理区を蛇行しながら流れるウルゲン川の名所「九曲弯」を撮影する観光客。中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月03日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    3日、シリンゴル盟ウラガイ管理区の草原に咲く野の花。中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月02日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    2日、シリンゴル盟ウラガイ管理区で羊を放牧する牧畜民。中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月28日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    シリンゴル盟西ウジムチン旗の草原。(6月28日撮影)中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月28日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    シリンゴル盟西ウジムチン旗の草原にある民家。(6月28日撮影)中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    シリンゴル盟シリンホト市の草原で、夕暮れの中、厩舎(きゅうしゃ)に戻る途中の馬の群れ。(6月26日撮影)中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    シリンゴル盟シリンホト市にある鳳凰馬場で乗馬する女性。(6月26日撮影)中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    シリンゴル盟西部のソニド左旗にある草原を馬で駆ける牧畜民。(6月23日撮影)中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    ウランチャブ市四子王(ししおう)旗の乾いた草原で、草を探す馬の群れ。(6月23日撮影)中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    シリンゴル盟ソニド右旗の荒漠化草原(砂漠ステップ)で休む羊の群れ。(6月23日撮影)中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(左)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、制作技術について話し合うオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(左)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、制作技術について話し合うオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品加工用の糸を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、オロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さんが制作した作品。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元の作業場でサケツバタケを加工する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスで栽培されているサケツバタケ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元の加工工場に積まれたサケツバタケ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4