KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 丁磊
  • ウルムチ
  • マクワウリ
  • 一種
  • 収益
  • 子ども
  • 特産
  • 農業

「ブグル県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
27
( 1 27 件を表示)
  • 1
27
( 1 27 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年09月21日
    新疆「テロとの戦い」社会の長期安定を守る

    2014年にバインゴリン・モンゴル自治州ブグル県で起きた爆弾テロ。同県イェンギサル鎮の派出所や農産物市場、テレクバザル郷の派出所や商店などが被害を受けた。10人が死亡、54人が負傷し、車79台が破壊された。(2014年9月21日撮影)米議会下院は3日、「2019年ウイグル人権政策法案」を可決した。米国は国内法の形で中国新疆ウイグル自治区の人権状況と法に基づく対テロ・脱過激化措置を批判し、勝手な解釈に基づき中傷している。新疆の対テロ・脱過激化闘争は国の法治精神と要求に適っており、国際社会の対テロ闘争の重要構成要素として国連のテロ対策と基本的人権擁護の趣旨と原則にも合致している。写真は2008〜14年に新疆で起きた一連の暴力テロ事件の惨状を示している。(北京=新華社配信)=2014(平成26)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604345

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年09月21日
    新疆「テロとの戦い」社会の長期安定を守る

    2014年にバインゴリン・モンゴル自治州ブグル県で起きた爆弾テロ。同県イェンギサル鎮の派出所や農産物市場、テレクバザル郷の派出所や商店などが被害を受けた。10人が死亡、54人が負傷し、車79台が破壊された。(2014年9月21日撮影)米議会下院は3日、「2019年ウイグル人権政策法案」を可決した。米国は国内法の形で中国新疆ウイグル自治区の人権状況と法に基づく対テロ・脱過激化措置を批判し、勝手な解釈に基づき中傷している。新疆の対テロ・脱過激化闘争は国の法治精神と要求に適っており、国際社会の対テロ闘争の重要構成要素として国連のテロ対策と基本的人権擁護の趣旨と原則にも合致している。写真は2008〜14年に新疆で起きた一連の暴力テロ事件の惨状を示している。(北京=新華社配信)=2014(平成26)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604350

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:35.43
    2019年09月24日
    「新華社」砂漠公路を守る「グリーンベルト」新疆ウイグル自治区

    果てしない砂漠が広がり「死の海」とも呼ばれる中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠を、1本の植樹帯が貫いている。これは「タクラマカン砂漠公路生態防護林プロジェクト」で造られた、中国初の砂漠公路上の「グリーンベルト」だ。タクラマカン砂漠公路は石油・天然ガスの輸送を目的に、中国石油天然気(ペトロチャイナ)が8億元(1元=約15円)を投じて1995年に開通させた全長522キロの砂漠縦断道路。北は輪台県(ブグル県)を起点に南は民豊県(ニヤ県)まで通じており、和田(ホータン)・ウルムチ間の移動距離を500キロに短縮した。「死の海」縦断道は建設当初、砂漠の風と砂塵(さじん)の脅威にさらされた。公路沿線の砂塵被害防止のため、2003年8月から中国石油タリム油田公司や中国科学院新疆生態・地理研究所など10余りの研究機関、施工会社の100人を超える技術者や数千人の建設スタッフが協力し、砂漠で大規模な植樹活動を展開した。それは半塩水(アルカリ水)を利用して、アカザ科のザグやタデ科の「砂拐棗」(サカイソウ)、ギョリュウ科のギョリュウなどの低木を植樹するものだった。2年以上にわたる「砂漠植樹」活動によって、2千万株を超える各種樹木がタクラマカン砂漠公路の両側に植えられ、全長436キロ、幅70メートル余りの緑の回廊を形成した。(記者/宿伝義、顧煜)<映像内容>タクラマカン砂漠のグリーンベルトの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206527

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月25日
    特産の「老漢瓜」、収穫たけなわ新疆ウイグル自治区ブグル県

    25日、「老漢瓜」を収穫するバインゴリン・モンゴル自治州ブグル県の農家。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ブグル(輪台)県は盛夏を迎え、特産のマクワウリの一種「老漢瓜」の収穫シーズンに入っている。老漢瓜は正式には「歇克甜瓜」といい、高齢者や子どもが食べるのに適していることから老漢瓜の名がある。同県はここ数年、産業支援や技術指導、販売サービスなどによって、特産の老漢瓜の産業としての発展に尽力している。県内では現在、老漢瓜の栽培面積が約2千ムー(約133ヘクタール)に達しており、1ムー当たり2千~3千元(1元=約15円)の収益をもたらしている。(ブグル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072909363

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月25日
    特産の「老漢瓜」、収穫たけなわ新疆ウイグル自治区ブグル県

    25日、「老漢瓜」を収穫するバインゴリン・モンゴル自治州ブグル県の農家。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ブグル(輪台)県は盛夏を迎え、特産のマクワウリの一種「老漢瓜」の収穫シーズンに入っている。老漢瓜は正式には「歇克甜瓜」といい、高齢者や子どもが食べるのに適していることから老漢瓜の名がある。同県はここ数年、産業支援や技術指導、販売サービスなどによって、特産の老漢瓜の産業としての発展に尽力している。県内では現在、老漢瓜の栽培面積が約2千ムー(約133ヘクタール)に達しており、1ムー当たり2千~3千元(1元=約15円)の収益をもたらしている。(ブグル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072909325

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月25日
    特産の「老漢瓜」、収穫たけなわ新疆ウイグル自治区ブグル県

    25日、バインゴリン・モンゴル自治州ブグル県ブグル鎮で、「老漢瓜」を買い求める地元住民。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ブグル(輪台)県は盛夏を迎え、特産のマクワウリの一種「老漢瓜」の収穫シーズンに入っている。老漢瓜は正式には「歇克甜瓜」といい、高齢者や子どもが食べるのに適していることから老漢瓜の名がある。同県はここ数年、産業支援や技術指導、販売サービスなどによって、特産の老漢瓜の産業としての発展に尽力している。県内では現在、老漢瓜の栽培面積が約2千ムー(約133ヘクタール)に達しており、1ムー当たり2千~3千元(1元=約15円)の収益をもたらしている。(ブグル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072909357

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月25日
    特産の「老漢瓜」、収穫たけなわ新疆ウイグル自治区ブグル県

    25日、収穫した「老漢瓜」を運ぶバインゴリン・モンゴル自治州ブグル県の農家。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ブグル(輪台)県は盛夏を迎え、特産のマクワウリの一種「老漢瓜」の収穫シーズンに入っている。老漢瓜は正式には「歇克甜瓜」といい、高齢者や子どもが食べるのに適していることから老漢瓜の名がある。同県はここ数年、産業支援や技術指導、販売サービスなどによって、特産の老漢瓜の産業としての発展に尽力している。県内では現在、老漢瓜の栽培面積が約2千ムー(約133ヘクタール)に達しており、1ムー当たり2千~3千元(1元=約15円)の収益をもたらしている。(ブグル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072909368

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月25日
    特産の「老漢瓜」、収穫たけなわ新疆ウイグル自治区ブグル県

    25日、収穫した「老漢瓜」を運ぶバインゴリン・モンゴル自治州ブグル県の農家。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ブグル(輪台)県は盛夏を迎え、特産のマクワウリの一種「老漢瓜」の収穫シーズンに入っている。老漢瓜は正式には「歇克甜瓜」といい、高齢者や子どもが食べるのに適していることから老漢瓜の名がある。同県はここ数年、産業支援や技術指導、販売サービスなどによって、特産の老漢瓜の産業としての発展に尽力している。県内では現在、老漢瓜の栽培面積が約2千ムー(約133ヘクタール)に達しており、1ムー当たり2千~3千元(1元=約15円)の収益をもたらしている。(ブグル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072909380

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月25日
    特産の「老漢瓜」、収穫たけなわ新疆ウイグル自治区ブグル県

    25日、収穫した「老漢瓜」を車に積むバインゴリン・モンゴル自治州ブグル県の農家。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ブグル(輪台)県は盛夏を迎え、特産のマクワウリの一種「老漢瓜」の収穫シーズンに入っている。老漢瓜は正式には「歇克甜瓜」といい、高齢者や子どもが食べるのに適していることから老漢瓜の名がある。同県はここ数年、産業支援や技術指導、販売サービスなどによって、特産の老漢瓜の産業としての発展に尽力している。県内では現在、老漢瓜の栽培面積が約2千ムー(約133ヘクタール)に達しており、1ムー当たり2千~3千元(1元=約15円)の収益をもたらしている。(ブグル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072909445

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月25日
    特産の「老漢瓜」、収穫たけなわ新疆ウイグル自治区ブグル県

    25日、収穫したての「老漢瓜」を味見するバインゴリン・モンゴル自治州ブグル県の農家。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ブグル(輪台)県は盛夏を迎え、特産のマクワウリの一種「老漢瓜」の収穫シーズンに入っている。老漢瓜は正式には「歇克甜瓜」といい、高齢者や子どもが食べるのに適していることから老漢瓜の名がある。同県はここ数年、産業支援や技術指導、販売サービスなどによって、特産の老漢瓜の産業としての発展に尽力している。県内では現在、老漢瓜の栽培面積が約2千ムー(約133ヘクタール)に達しており、1ムー当たり2千~3千元(1元=約15円)の収益をもたらしている。(ブグル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072909354

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月25日
    特産の「老漢瓜」、収穫たけなわ新疆ウイグル自治区ブグル県

    25日、熟した「老漢瓜」を収穫するバインゴリン・モンゴル自治州ブグル県の農家。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ブグル(輪台)県は盛夏を迎え、特産のマクワウリの一種「老漢瓜」の収穫シーズンに入っている。老漢瓜は正式には「歇克甜瓜」といい、高齢者や子どもが食べるのに適していることから老漢瓜の名がある。同県はここ数年、産業支援や技術指導、販売サービスなどによって、特産の老漢瓜の産業としての発展に尽力している。県内では現在、老漢瓜の栽培面積が約2千ムー(約133ヘクタール)に達しており、1ムー当たり2千~3千元(1元=約15円)の収益をもたらしている。(ブグル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072909388

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月25日
    特産の「老漢瓜」、収穫たけなわ新疆ウイグル自治区ブグル県

    25日、熟した「老漢瓜」を収穫するバインゴリン・モンゴル自治州ブグル県の農家。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ブグル(輪台)県は盛夏を迎え、特産のマクワウリの一種「老漢瓜」の収穫シーズンに入っている。老漢瓜は正式には「歇克甜瓜」といい、高齢者や子どもが食べるのに適していることから老漢瓜の名がある。同県はここ数年、産業支援や技術指導、販売サービスなどによって、特産の老漢瓜の産業としての発展に尽力している。県内では現在、老漢瓜の栽培面積が約2千ムー(約133ヘクタール)に達しており、1ムー当たり2千~3千元(1元=約15円)の収益をもたらしている。(ブグル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072909376

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月25日
    特産の「老漢瓜」、収穫たけなわ新疆ウイグル自治区ブグル県

    25日、収穫した「老漢瓜」を運ぶバインゴリン・モンゴル自治州ブグル県の農家。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ブグル(輪台)県は盛夏を迎え、特産のマクワウリの一種「老漢瓜」の収穫シーズンに入っている。老漢瓜は正式には「歇克甜瓜」といい、高齢者や子どもが食べるのに適していることから老漢瓜の名がある。同県はここ数年、産業支援や技術指導、販売サービスなどによって、特産の老漢瓜の産業としての発展に尽力している。県内では現在、老漢瓜の栽培面積が約2千ムー(約133ヘクタール)に達しており、1ムー当たり2千~3千元(1元=約15円)の収益をもたらしている。(ブグル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072909496

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    タクラマカン砂漠を縦断する3本目の道路が路盤工事完了新疆ウイグル自治区

    24日、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ砂漠道路。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール県とチャルチャン県を南北に結ぶ砂漠道路が24日、千日余りにわたる連日の工事を経て路盤工事を完了した。タクラマカン砂漠を縦断する道路は、ブグル県とニヤ県、アラル市とホータン地区を結ぶ2本の砂漠道路に続き3本目で、来年の全面開通に向けた基礎が固まった。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807068

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    タクラマカン砂漠を縦断する3本目の道路が路盤工事完了新疆ウイグル自治区

    24日、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ砂漠道路。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール県とチャルチャン県を南北に結ぶ砂漠道路が24日、千日余りにわたる連日の工事を経て路盤工事を完了した。タクラマカン砂漠を縦断する道路は、ブグル県とニヤ県、アラル市とホータン地区を結ぶ2本の砂漠道路に続き3本目で、来年の全面開通に向けた基礎が固まった。(ウルムチ=新華社記者/李志浩)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806793

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:53.20
    2020年09月24日
    「新華社」タクラマカン砂漠を縦断する3本目の道路が路盤工事完了新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール県とチャルチャン県を南北に結ぶ砂漠道路が24日、千日余りにわたる連日の工事を経て路盤工事を完了した。タクラマカン砂漠を縦断する道路は、ブグル県とニヤ県、アラル市とホータン地区を結ぶ2本の砂漠道路に続き3本目で、来年の全面開通に向けた基礎が固まった。全長約330キロの同道路は、中国交通建設が請け負い、2017年10月に着工。来年の開通後にはチャルチャン県からコルラ市までの距離が350キロ短縮される。(記者/宿伝義)<映像内容>タクラマカン砂漠を縦断する道路の建設の様子、撮影日:2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092809186

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    タクラマカン砂漠を縦断する3本目の道路が路盤工事完了新疆ウイグル自治区

    24日、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ砂漠道路。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール県とチャルチャン県を南北に結ぶ砂漠道路が24日、千日余りにわたる連日の工事を経て路盤工事を完了した。タクラマカン砂漠を縦断する道路は、ブグル県とニヤ県、アラル市とホータン地区を結ぶ2本の砂漠道路に続き3本目で、来年の全面開通に向けた基礎が固まった。(ウルムチ=新華社配信/舒金培)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806748

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    タクラマカン砂漠を縦断する3本目の道路が路盤工事完了新疆ウイグル自治区

    24日、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ砂漠道路。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール県とチャルチャン県を南北に結ぶ砂漠道路が24日、千日余りにわたる連日の工事を経て路盤工事を完了した。タクラマカン砂漠を縦断する道路は、ブグル県とニヤ県、アラル市とホータン地区を結ぶ2本の砂漠道路に続き3本目で、来年の全面開通に向けた基礎が固まった。(ウルムチ=新華社記者/李志浩)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807069

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    タクラマカン砂漠を縦断する3本目の道路が路盤工事完了新疆ウイグル自治区

    24日、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ砂漠道路。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール県とチャルチャン県を南北に結ぶ砂漠道路が24日、千日余りにわたる連日の工事を経て路盤工事を完了した。タクラマカン砂漠を縦断する道路は、ブグル県とニヤ県、アラル市とホータン地区を結ぶ2本の砂漠道路に続き3本目で、来年の全面開通に向けた基礎が固まった。(ウルムチ=新華社配信/舒金培)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807108

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月24日
    タクラマカン砂漠を縦断する3本目の道路が路盤工事完了新疆ウイグル自治区

    24日、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ砂漠道路。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール県とチャルチャン県を南北に結ぶ砂漠道路が24日、千日余りにわたる連日の工事を経て路盤工事を完了した。タクラマカン砂漠を縦断する道路は、ブグル県とニヤ県、アラル市とホータン地区を結ぶ2本の砂漠道路に続き3本目で、来年の全面開通に向けた基礎が固まった。(ウルムチ=新華社配信/舒金培)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807109

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.37
    2021年02月15日
    「新華社」春節期間も砂漠で送電線の巡回点検新疆ウイグル自治区

    中国送電大手、国家電網傘下の国網バインゴリン・モンゴル自治州供電(新疆ウイグル自治区)は春節(旧正月)期間中、保守作業員がタクラマカン砂漠の奥地で220キロボルト台塔送電線(ブグル県台遠-チャルチャン県塔中)の巡回点検を実施している。タクラマカン砂漠は世界で2番目に大きい流動砂漠で、中国最大の砂漠でもある。全長331キロの220キロボルト台塔送電線は2010年10月に運用を開始。国網バインゴリン・モンゴル自治州供電の西南地区への送電の大動脈として、塔中地区の石油基地の石油・天然ガス開発とチャルチャン県住民の生活のための電力供給を担っている。今年の春節は、送電保守点検第5班の18人が持ち場を守り、保守チームを多数編成して送電線の巡回点検を実施。同自治州の送電網の安全かつ安定した運用を支えている。(記者/阿曼) =配信日: 2021(令和3)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021600776

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:35.52
    2021年04月09日
    「新華社」「アンズの郷」に春の足音新疆ウイグル自治区ブグル県

    古くから「アンズの郷」と呼ばれる中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ブグル(輪台)県では春真っ盛りの時期を迎え、8万ムー(約5333ヘクタール)にわたってアンズの花が咲き誇っている。(記者/阿曼) =配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040911375

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月22日
    (1)「中国基準」の国産綿花、初の審査承認段階へ

    16日、ブグル県タルラク(塔爾拉克)郷の「中国綿花」持続可能な発展プロジェクトの試験畑で撮影した綿花。中国新疆ウイグル自治区で16日、「中国綿花」持続可能な発展プロジェクト(以下、「中国綿花プロジェクト」)の管理基準に基づいて生産された綿花が、国内で初めて審査承認段階に入った。中国綿花協会は同日、北京中合金諾認証中心(COIC)と共同で、同自治区バインゴリン・モンゴル自治州のブグル(輪台)県やロプノール(尉犁)県などで審査承認作業を開始した。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092201312

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月22日
    (4)「中国基準」の国産綿花、初の審査承認段階へ

    16日、ブグル県タルラク(塔爾拉克)郷の「中国綿花」持続可能な発展プロジェクトの試験畑で、綿花の品質を確認する綿花産業従事者。中国新疆ウイグル自治区で16日、「中国綿花」持続可能な発展プロジェクト(以下、「中国綿花プロジェクト」)の管理基準に基づいて生産された綿花が、国内で初めて審査承認段階に入った。中国綿花協会は同日、北京中合金諾認証中心(COIC)と共同で、同自治区バインゴリン・モンゴル自治州のブグル(輪台)県やロプノール(尉犁)県などで審査承認作業を開始した。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092201317

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月22日
    (2)「中国基準」の国産綿花、初の審査承認段階へ

    16日、ブグル県タルラク(塔爾拉克)郷の「中国綿花」持続可能な発展プロジェクトの試験畑で、綿花の品質を確認する綿花産業従事者。中国新疆ウイグル自治区で16日、「中国綿花」持続可能な発展プロジェクト(以下、「中国綿花プロジェクト」)の管理基準に基づいて生産された綿花が、国内で初めて審査承認段階に入った。中国綿花協会は同日、北京中合金諾認証中心(COIC)と共同で、同自治区バインゴリン・モンゴル自治州のブグル(輪台)県やロプノール(尉犁)県などで審査承認作業を開始した。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092201314

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月22日
    (3)「中国基準」の国産綿花、初の審査承認段階へ

    16日、ブグル県タルラク(塔爾拉克)郷の「中国綿花」持続可能な発展プロジェクトの試験畑で作業する植物保護無人機。中国新疆ウイグル自治区で16日、「中国綿花」持続可能な発展プロジェクト(以下、「中国綿花プロジェクト」)の管理基準に基づいて生産された綿花が、国内で初めて審査承認段階に入った。中国綿花協会は同日、北京中合金諾認証中心(COIC)と共同で、同自治区バインゴリン・モンゴル自治州のブグル(輪台)県やロプノール(尉犁)県などで審査承認作業を開始した。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092201311

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月22日
    (5)「中国基準」の国産綿花、初の審査承認段階へ

    16日、ブグル県タルラク(塔爾拉克)郷に広がる「中国綿花」持続可能な発展プロジェクトの試験畑。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区で16日、「中国綿花」持続可能な発展プロジェクト(以下、「中国綿花プロジェクト」)の管理基準に基づいて生産された綿花が、国内で初めて審査承認段階に入った。中国綿花協会は同日、北京中合金諾認証中心(COIC)と共同で、同自治区バインゴリン・モンゴル自治州のブグル(輪台)県やロプノール(尉犁)県などで審査承認作業を開始した。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092201318

  • 1