KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 高級車ブランド
  • ファッションブランド
  • 自動車ブランド
  • 中国ブランド
  • 国際ブランド
  • 紅旗ブランド
  • ブランド化
  • ブランド構築
  • ブランド価値
  • ブランド力

「ブランド」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
237
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
237
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:15.62
    2021年04月13日
    Electric Car Brand Nio Sales Increase

    A Nio car is seen in Yichang, Hubei province, China, April 12, 2021. In the first quarter of 2021, Nio sold 19,844 units of its three models on sale, ES8, ES6 and EC6, surging 420% year-on-year. Among high-end brands, Nio ranked fourth with an average transaction price of 428,000 yuan in the first quarter.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:16.55
    2021年04月13日
    Electric Car Brand Nio Sales Increase

    A Nio car is seen in Yichang, Hubei province, China, April 12, 2021. In the first quarter of 2021, Nio sold 19,844 units of its three models on sale, ES8, ES6 and EC6, surging 420% year-on-year. Among high-end brands, Nio ranked fourth with an average transaction price of 428,000 yuan in the first quarter.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 01:04.28
    2021年04月01日
    「新華社」柳州タニシビーフンを存分に楽しむツアー広西チワン族自治区

    中国広西チワン族自治区柳州市で3月30日、地元の名物グルメ「柳州螺螄粉(タニシビーフン)」の歴史や文化などを楽しみながら体験できる産業観光コースの発表会が行われた。柳州市にはここ数年、タニシビーフンを目当てに大勢の観光客が訪れ、ニーズも多様化している。「柳州タニシビーフン文化体験ツアー」と名付けられたコースでは、白蓮洞洞窟の科学博物館やタニシビーフンブランド「螺覇王」の産業パーク、古い街並みを再現した観光地「窯埠古鎮」内にある「螺螄(タニシビーフン)街」などの主要観光スポットをくまなく楽しめる。柳州タニシビーフンの歴史や文化に深く触れるとともに、タニシビーフン産業の文化や科学技術による革新の最新成果を体験できる内容となっている。(記者/楊馳、劉嶺逸) =配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:12.23
    2021年03月28日
    「新華社」縉雲焼餅、伝統的な軽食が一大産業へ成長浙江省縉雲県

    中国浙江省麗水市縉雲(しんうん)県の伝統的な軽食、縉雲焼餅(シャオビン、中国のパンの一種)は、多くのグルメから高く評価され、その制作技法は国家級無形文化遺産に指定されている。李秀広(り・しゅうこう)さんは縉雲焼餅制作の代表的な存在で、同県政府が認定した焼餅職人十傑のうちの一人。25歳で業界に足を踏み入れ、以来40年以上を焼餅作りにささげ、初心と匠の心で制作技術を継承している。焼餅という小さな軽食はやがて一大産業へと成長し、2020年、縉雲焼餅の年間生産額は24億元(1元=約17円)を突破した。焼餅職人の平均年収は10万元を超え、焼餅ブランドを掲げたモデル店舗は581店に達し、中国各省・自治区・直轄市や欧米、東南アジアなど16の国と地域に広がっている。(記者/張肇祺) =配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:13.33
    2021年03月25日
    Sacon At The China Home Appliances and Consumer Electronics Expo

    Sacon, the official supplier of the Chinese Gymnastics Team, transformed the exhibition area of the kitchen and bathroom brand into a gymnastics room at the China Home Appliances and Consumer Electronics Expo (AWE). Rhythmic gymnastics world champion Zhao Jingnan and other male and female athletes shared a healthy lifestyle for the audience by performing arts and competitive gymnastics. Shanghai, China, March 23, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 03:58.65
    2021年03月25日
    「オリコン」 粗品、預金残高717円でガチ金欠

    お笑いコンビの霜降り明星が25日、都内で行われたデニムブランドのEDWINの『EDWINJERSEYS新CM発表会』に参加。粗品は預金が717円だったことを明かし、金欠を訴えた。撮影日時:2021(令和3)年03月25日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 02:15.96
    2021年03月18日
    「オリコン」 広瀬すず、ルイ・ヴィトン銀座店オープンに来場

    仏ラグジュアリーブランドのルイ・ヴィトンが17日、新たにオープンする銀座並木通り店の内覧会を開催。オープンを祝して多数のゲストが来場した。感染症予防対策を徹底した中で行なった同イベントには、ブランドアンバサダーの市川海老蔵、岩田剛典、広瀬すずをはじめ、フレンド・オブ・ザ・ハウスのローラ、Koki,、さらにディーン・フジオカ、冨永愛、Nissy、谷まりあ、杉野遥亮、新田真剣佑、NIGO(R)などが来場。華やかにオープニングを彩った。撮影日時:2021(令和3)年03月18日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 01:27.55
    2021年03月18日
    「オリコン」 Koki,、ルイ・ヴィトン銀座店オープンに来場

    仏ラグジュアリーブランドのルイ・ヴィトンが17日、新たにオープンする銀座並木通り店の内覧会を開催。オープンを祝して多数のゲストが来場した。感染症予防対策を徹底した中で行なった同イベントには、ブランドアンバサダーの市川海老蔵、岩田剛典、広瀬すずをはじめ、フレンド・オブ・ザ・ハウスのローラ、Koki,、さらにディーン・フジオカ、冨永愛、Nissy、谷まりあ、杉野遥亮、新田真剣佑、NIGO(R)などが来場。華やかにオープニングを彩った。撮影日時:2021(令和3)年03月18日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 03:32.04
    2021年03月17日
    「オリコン」 プラチナム12人が美の共演

    芸能事務所・プラチナムプロダクションに所属するタレント12人が17日、都内で行われた新ファッションブランド『KOL』発表会に参加した。撮影日時:2021(令和3)年03月17日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 01:34.92
    2021年03月09日
    「オリコン」 河北麻友子、結婚発表後初公の場で幸せオーラ 「新婚さんです!」とのろける

    タレントの河北麻友子(29)が9日、東京・原宿で行われたライフスタイルブランド『UNOHA』のローンチ記者発表会にゲストとして登壇。撮影日時:2021(令和3)年03月09日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 00:12.57
    2021年03月07日
    Zhihu APP IPO

    A mobile phone shows the interface of the APP Zhihu, Beijing, China, March 6, 2021. Zhihu, China‘s largest online question-and-answer community, filed a prospectus with the SEC to list its shares on the New York Stock Exchange under the ticker symbol ZH.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:10.56
    2021年03月07日
    Zhihu APP IPO

    A mobile phone shows the interface of the APP Zhihu, Beijing, China, March 6, 2021. Zhihu, China‘s largest online question-and-answer community, filed a prospectus with the SEC to list its shares on the New York Stock Exchange under the ticker symbol ZH.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:12.57
    2021年03月07日
    Zhihu APP IPO

    A mobile phone shows the interface of the APP Zhihu, Beijing, China, March 6, 2021. Zhihu, China‘s largest online question-and-answer community, filed a prospectus with the SEC to list its shares on the New York Stock Exchange under the ticker symbol ZH.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 04:17.70
    2021年02月24日
    「オリコン」 高橋英樹&真麻、商品にダメ出し

    俳優の高橋英樹(77)、フリーアナウンサーの高橋真麻(39)親子が24日、都内で行われたドン・キホーテプライベートブランド『情熱価格』リニューアル発表会に参加。新商品に対してリアルな“公開ダメ出し”を行った。撮影日時:2021(令和3)年02月24日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:39.60
    2021年02月16日
    「新華社」日本車220台、初の新疆経由専用列車で中央アジアへ

    中国新疆ウイグル自治区のコルガス口岸(通関地)で14日午後6時、輸出用の日本車220台を積んだ国際定期貨物列車が、ゆっくりと国境を通過してカザフスタンに向かった。同便は、新疆の口岸で通関して西方に向かう初めての完成車輸送国際定期貨物列車となった。これらの自動車は、日本から船積みで遼寧省大連市に運ばれ、大連港大窯湾(だいようわん)港区から中国に入国、JSQ型自動車輸送専用列車に積み替えられて、コルガス口岸からカザフスタンに向けて出国した。輸送されたのはトヨタブランドの車が133台(410万ドル相当、1ドル=約105円)、レクサスブランドの車が87台(342万ドル相当)で、3日ほどでカザフスタンなど中央アジアの自動車市場に到着する。これまで日本の完成車を中央アジア地域に運ぶには、海上輸送でインド洋と地中海、黒海を経てロシアに向かい、そこからさらにカザフスタンを目指さなければならず、全行程に80日余りを要した。新たに開通したこの完成車用複合一貫輸送ルートの利用で輸送時間は約30日に短縮、総合物流コストが効果的に削減され、中央アジア市場における日本車の競争力が高まると見込まれている。(記者/周生斌) =配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.58
    2021年02月08日
    「新華社」中国一汽、1月の販売台数18・9%増42万台

    中国の自動車大手、中国第一汽車集団がこのほど発表した1月の完成車生産・販売台数は、生産台数が前年同月比21・6%増の30万9077台、販売台数が18・9%増の42万458台だった。いずれも好調な滑り出しを見せた。二大ブランドの高級セダン「紅旗」とトラック「解放」が引き続き高い伸びを示した。「紅旗」の生産台数は約2・3倍の2万3460台、販売台数は約2・6倍の3万2526台で、「解放」は生産台数が57・0%超増の約4万6千台、販売台数が27・0%増の約7万9千台だった。合弁事業では、独フォルクスワーゲン(VW)との合弁会社、一汽大衆汽車(一汽VW)の生産台数が7・3%増の15万483台、販売台数が16・6%増の21万5286台。トヨタ自動車との合弁会社、一汽トヨタの生産台数が25・6%増の7万5042台、販売台数が8・9%増の8万3062台となった。マツダとの合弁企業、一汽マツダは生産台数が8352台、販売台数が1818台だった。(記者/張建) =配信日: 2021(令和3)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:07.81
    2021年02月07日
    「オリコン」 『制服アワード』男子に酒寄楓太

    中高生に人気の原宿発の人気制服ブランド『CONOMi』が、今年も「今、日本で一番制服が似合う男女」を発掘するコンテスト『第8回全国制服アワード』授賞式が7日、都内で行われ、酒寄楓太(さかより・ふうた/16)さんが男子グランプリに輝いた。撮影日時:2021(令和3)年02月07日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 00:21.72
    2021年02月04日
    「新華社」中国一汽、21年目標販売台数は8%増の400万台

    中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、2021年の完成車目標販売台数を前年比7・9%増の400万台とすることを明らかにした。売上高は10・6%増の7700億元(1元=約16円)を見込んでいる。21年は新エネルギー車の生産と販売に重点を置く方針で、目標販売台数を前年の4倍となる20万台に設定した。高級車ブランド「紅旗」にも引き続き力を入れ、2倍の40万台を売り上げる目標を掲げている。20年の完成車販売台数は7・1%増の370万6千台と、伸び率は業界全体を9ポイント上回った。市場シェアも14・6%と1・2ポイント伸ばした。(記者/張建) =配信日: 2021(令和3)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.89
    2021年02月02日
    「新華社」中国一汽の「紅旗」、1月の販売台数3万2500台超

    中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、傘下の高級車ブランド「紅旗」の1月の販売台数が3万2500台を超え、前年同期比2・6倍になったと発表した。同ブランドは現在、各種セダンやスポーツタイプ多目的車(SUV)のほか、600万元(1元=約16円)を超えるカスタマイズモデルの紅旗L5、紅旗H9+、紅旗HS7+などを販売しており、ブランド規模は拡大を続けている。統計データによると、同ブランドの2020年度の生産・販売台数はいずれも20万台を超え、前年比2倍となった。販売台数は2018年の3万台超え、2019年の10万台超えに続き、またも歴史的飛躍を遂げた。(記者/張建)=配信日:2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.63
    2021年01月23日
    「新華社」内モンゴル自治区シリンゴル盟産「白い食べ物」、GI製品に登録

    中国内モンゴル自治区農牧庁はこのほど、中国農業農村部による審査を経て、同自治区シリンゴル盟産の乳製品が中国の地理的表示(GI)製品に登録されたと発表した。同自治区の中部に位置するシリンゴル草原は、国内でも保存状態の良い温帯草原で、良質な乳製品が多く生産されている。モンゴル語で「ツァガーン・イデー(白い食べ物)」と呼ばれる乳製品は、牛乳を固めて発酵させた食べ物を指し、その製造技術は2014年8月に中国国家級無形文化遺産リストに登録されている。同盟の畜産農家の55%以上と乳製品加工企業・町工場の80%以上が、同表示の対象地域に該当しており、同盟はGI登録の可否が決定されてから、一定の条件を満たしたブランド価値の高い企業を選び、GIの使用許可を付与するという。同盟では乳製品産業が既に一定の規模を有し、同製品の年間生産量は約2万トン。中小企業をメインとする農牧民合作社(協同組合)や町工場をサブとした産業配置が形成されている。(記者/李雲平) =配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:03.29
    2021年01月20日
    「オリコン」 田中みな実、「胸までが顔」美バストの秘けつを告白

    フリーアナウンサー・女優の田中みな実(34)が20日、都内で行われた『PEACHJOHN2021年新ブランドミューズ発表会』に参加。同ブランドの新ミューズに就任し、美バストの秘けつを語った。撮影日時:2021(令和3)年01月20日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 03:34.73
    2021年01月19日
    「オリコン」 米倉涼子 コロナ禍は「学べる1年」

    女優の米倉涼子(45)が、FENDIジャパンのブランドアンバサダーに就任し19日、都内で行われた記者会見に出席。撮影日時:2021(令和3)年01月19日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 00:59.30
    2021年01月17日
    「新華社」中国一汽の新型高級セダン「紅旗H9」、韓国ソウルに到着

    中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、韓国向けに出荷した傘下の自主ブランド「紅旗」の新型高級セダン「H9」2台が同国の首都ソウルに到着したことを明らかにした。「H9」モデルは2020年下半期の発売で、中国での販売価格は30万9800元~53万9800元(1元=約16円)。韓国では自動車型式認証の取得手続き完了後、正式に市場に参入する。紅旗ブランドは1958年の創設で、紅旗セダンが中国国内の重要式典で観閲用の車両として使われるなど、中国独自の高級自動車ブランドの代表格として知られる。国内展開を加速させる一方、海外進出にも力を入れ、中東や欧州、東南アジアなどにも販売網を広げている。2020年、紅旗ブランド全体の年間生産・販売台数はいずれも20万台を超え、前年の2倍に上った。販売台数は18年に3万台、19年には10万台を超えるペースで増えている。(記者/張建) =配信日: 2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.72
    2021年01月16日
    「新華社」一汽大衆、20年の新車販売・生産台数ともに200万台突破

    中国の自動車大手、中国第一汽車集団とドイツのフォルクスワーゲン(VW)の合弁会社、一汽大衆汽車(一汽VW)は7日、2020年の中国での新車販売・生産台数がともに200万台を超えたと明らかにした。アウディブランドの輸入車を含めた新車販売台数は、前年比1・5%増の216万1888台だった。生産と物流をデジタル化して、サプライチェーンの最適化や生産効率の向上、生産コストの低減を図るとともに、「アウディe-tron」などの高級新エネルギー車(NEV)を相次いで打ち出し、生産と販売の拡大につなげた。中国国内で年間の新車販売・生産台数がともに200万台の大台を超えたのは、同社のみとなる。(記者/張建) =配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.68
    2021年01月12日
    「新華社」中国のアウディ販売台数、20年は過去最高の72万台超に

    中国の自動車大手、中国第一汽車集団とドイツのフォルクスワーゲン(VW)の合弁会社、一汽大衆汽車(一汽VW)は9日、傘下のアウディブランドにおける2020年の中国での新車販売台数が前年比5・4%増の72万6288台で、年間販売台数の最高記録を再び更新し、アウディの中国での累計販売台数が660万台を超えたと明らかにした。20年のアウディ新車販売台数のうち国産車種は、前年比7%増の67万4700台で、そのうち「A6L」は前年比34・4%増の17万6334台だった。輸入車種は5万1588台で、「A8L」の販売台数は前年比13・9%増の1万4150台だった。アウディは1988年、中国市場に正式に参入した。(記者/張建、姜明明) =配信日: 2021(令和3)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:02.41
    2021年01月09日
    「新華社」食用キノコ産業の発展で収入増河北省平泉市

    「中国の食用キノコの里」と呼ばれる河北省平泉市では現在、栽培農家が早期収穫や高値での販売を目指し、資材の準備や原木作りを進めている。同市は食用キノコの生産や加工を農家の収入増につながる中核的な産業に定め、研究開発やハイテク栽培、高度加工、市場流通、ブランド構築を網羅する産業チェーンを形成してきた。2020年にシイタケの栽培規模が原木6億8千万本分、生産量が60万トンに達し、産業チェーン全体の生産高は62億元(1元=約16円)に上った。これにより8千戸余り、1万6千人以上が貧困状態から脱却し、1戸当たり年間2万5千元以上の収入増を実現した。(記者/駱学峰) =配信日: 2021(令和3)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.94
    2021年01月02日
    「新華社」中国一汽集団の「紅旗」、サウジ向け400台が天津港を出港

    中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、傘下の高級車ブランド「紅旗」のスポーツ用多目的車(SUV)など400台が2020年12月30日に天津港で船積みされ、サウジアラビアに向かったことを明らかにした。1回当たりの輸出台数としては過去最大規模。紅旗ブランドにとって、アラブ首長国連邦(UAE)、ノルウェーに次ぐ新たな海外市場となる。今回輸出されたのは、新型高級セダン「H9」、新型C級SUV「HS7」、中型SUV「HS5」、B級セダン「H5」の4車種で、到着まで1カ月程度かかる見込み。同社海外事業部の楊大勇(よう・だいゆう)総経理はサウジアラビアについて、経済が発展し自動車のエコシステムも成熟しており、消費者の目も肥えていると指摘。自動車市場では以前から激しいシェア争奪戦が展開されており、紅旗ブランドの海外戦略にとっても重要な市場との見方を示した。今後の展望については、パートナーとなる販売代理店と緊密に協力し、ニーズに合わせた質の高いカーライフを現地消費者に提供していきたいと語った。紅旗は中国独自の高級自動車ブランドの代表格で、1958年の創設以来、紅旗セダンが国内の重要式典で観閲用車両として使われてきた。現在はブランド復興を加速させる市場化改革を進めており、新戦略や製品の多様化による市場開拓にも取り組んでいる。国内展開を加速させる一方、海外進出にも力を入れ、中東や欧州、東南アジアなどに販売網を拡大。2020年の年間生産・販売台数は先月25日時点でともに20万台を超え、前年の2倍に上っている。(記者/張建) =配信日: 2021(令和3)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.97
    2020年12月29日
    「新華社」高級車「紅旗」、年間生産・販売台数それぞれ20万台超前年の2倍に

    中国自動車大手の中国第一汽車集団は、傘下の高級車ブランド「紅旗」の今年の生産・販売台数が25日にいずれも20万台を超え、前年同期の2倍になったと発表した。紅旗の販売台数は2018年の3万台超え、2019年の10万台超えに続き、またも歴史的飛躍を遂げた。同社は今月、紅旗ブランドの新エネルギー車(NEV)市場に向けた重要な布石となるハイエンド仕様の大型電気SUV(スポーツタイプ多目的車)「E-HS9」を発売した。各種セダンやSUVのほかにも600万元(1元=約16円)以上するカスタマイズモデルのL5、H9+、HS7+などを販売しており、ブランドの拡大が続いている。紅旗は2021年にレベル4(L4)の自動運転車の量産開始を予定しており、23年に従来型燃料車モデルを電動化し、25年に純電気自動車が販売台数全体に占める割合を25%以上にするとしている。紅旗セダンは1958年のブランド創立以降、中国の重要式典の場で観閲車両として使われるなど、中国国産高級車を代表するブランドの一つとなっている。現在は復興プロセスの加速に向けた市場化改革に着手しており、新たな戦略を発表し、車種の多角化に取り組んでいる。(記者/張建) =配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.74
    2020年12月28日
    「新華社」湖北省からモンゴルへ寄贈される茶葉、引き渡しへ

    中国湖北省人民政府がモンゴルに寄贈する宜紅茶と長盛川青磚(せいたん)茶7千個、赤壁青磚茶3万個が23日午前、それぞれ同省宜昌(ぎしょう)市と赤壁市からトラック輸送された。25日に内モンゴル自治区のエレンホト口岸(通関地)に到着し、モンゴルに引き渡された。モンゴルの人々には青磚茶を煮出してミルクティーを作る習慣があり、湖北省の青磚茶は長年、モンゴルに輸出されてきた。双方の青磚茶取引はすでに数百年の歴史がある。今回、寄贈された3万個の赤壁青磚茶には、中国茶の老舗として中国・モンゴル両国民から愛されている趙李橋製茶工場の「川」ブランドが選ばれた。製品の形状とパッケージも新たに工夫され、形状は板チョコ風の軽量れんが型を採用、パッケージデザインにはモンゴルの移動式住居、ゲルの要素が取り入れられた。今年2月、訪中したモンゴルの大統領は、新型コロナウイルス感染症と闘う中国を支援するモンゴル国民の気持ちとして、中国に羊3万匹を寄贈すると表明した。これを受けて、モンゴルの温かい好意に対する感謝の印として、湖北省人民政府は今月8日、PCR検査装置や核酸検出キットの他、湖北省特産の青磚茶、宜紅茶などの医療・生活物資を同国に寄贈することを決定した。(記者/王斯班、李思遠) =配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.10
    2020年12月07日
    「新華社」新疆ウイグル自治区、主食のナンが有望産業に

    小麦粉を練って焼く「ナン」は、中国新疆ウイグル自治区の少数民族の主食であり、近年は輸出品として地元住民の収入増加にも貢献している。カシュガル地区に今年5月に設立されたカシュガルナン文化産業パークは、敷地面積約1万平方メートル余りで、2千人以上の雇用を生み出した。パーク内では、観光客が生地作りから焼き上げまでのナン製造の全工程を体験できる。ナン作りは同自治区で貧困削減に向けた有望産業になりつつある。同パークも積極的に輸出を拡大しており、電子商取引(EC)にも参入している。顧客はオンラインで数十種類のナンを注文でき、1日当たりの注文件数は、店頭とオンラインを合わせると最大50万件に上るという。同自治区の多くの地域は、郷土料理のブランド化を進めており、雇用創出や貧困削減に取り組んでいる。(記者/宿伝義)<映像内容>カシュガルナン文化産業パーク、ナン製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.93
    2020年12月06日
    「新華社」吉利集団、最新のコア技術で影響力拡大

    中国の自動車大手、浙江吉利控股集団傘下のブランド「Lynk&Co(リンク・アンド・コー)」の浙江省余姚工場では、溶接ラインのロボットアームが正確に指示を遂行し、熟練の動きを見せている。完全自動化された同工場ではロボット500台が生産を担い、現場には管理担当者が20人前後いればよいという。スマート化生産をいち早く進めていたため、新型コロナウイルスの流行下でも生産や部品調達の影響が少なく、早期に操業を再開することができた。同社の広報責任者も務める楊学良(よう・がくりょう)副総裁は、吉利の世界累計販売台数が10月末に1千万台を超え、中国の自動車メーカーとして初めて乗用車生産・販売台数が1千万の大台を突破したと説明した。巨額の研究開発費と人材誘致により、同社の研究・開発体制も日増しに整いつつある。研究開発費の総額はこの10年で1千億元(1元=約16円)を超え、昨年は売上高の6・3%に当たる207億3千万元を投じた。投資額の多さは中国企業トップ500社の6位にランクし、自動車業界ではトップを占める。また、資産再編と部品外注により国内外で五大エンジニアリング研究・開発センターと五大モデリングデザインセンターを設立。同社の新車開発を担う最強の「頭脳」となっている。同社は現在、CMAやBMA、SPA、SEAなど世界最先端のモジュラーアーキテクチャを備える。純電動車(EV)から燃料電池車(FCV)、コンパクトカーから中・大型車という全面的な製品ラインアップを実現するとともに、インターネットや安全、新エネルギー、自動運転などの分野でも十分な支援を行っている。(記者/屈凌燕、李濤)<映像内容>浙江省余姚工場、溶接ラインのロボットアームの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:57.64
    2020年12月03日
    ドコモ新プラン、20ギガで月2980円 井伊社長記者会見

    NTTドコモは3日、容量20ギガバイトで月2980円(税別)の新たな携帯電話料金プラン「ahamo(アハモ)」を来年3月から提供すると発表した。契約などの手続きはオンラインで行い、店舗では扱わない。同じ20ギガバイトの比較ではKDDI(au)、ソフトバンクの格安ブランドより安く、携帯大手3社では最安値の水準となる。東京都内で記者会見したNTTドコモの井伊基之社長は、現行の料金プランの値下げは月内に追加で発表すると明らかにした。<映像内容>NTTドコモの井伊社長の記者会見、プレゼンテーション、新プラン発表のアンベール演出、フォトセッションなど、撮影日:2020(令和2)年12月3日、撮影場所:東京都渋谷区

    撮影: 2020(令和2)年12月3日

  • 00:58.00
    2020年12月02日
    「新華社」科学技術を使った循環農業が新たな原動力に山西省晋中市

    中国山西省晋中市楡次区の「農業創客(メイカー、起業家)」周磊(しゅう・らい)さん(33)が手掛ける「アクアポニックス」循環農業プロジェクトが、多くの人の注目を集めている。「アクアポニックス」は水産養殖と水耕栽培を組み合わせた次世代型農業モデルで、同プロジェクトでは養魚池の水をろ過して「栄養液」として野菜に送り、野菜に吸収された後の水を再び養魚池へ戻して魚の成長に利用する。周さんは2009年に西安科技大学を卒業した後、故郷の楡次区に戻った。さまざまな研究の末、16年には大学で学んだ化学を生かし、同プロジェクトを整備することを決意。19年にプロジェクトは暫定的な成功を収めた。プロジェクトの現場を見ると、温室内には高密度の養殖池があり、池のそばではレタスやセロリ、トマトなどの野菜が無土壌栽培され、栄養分が養魚池の水から供給されている。中国北部の内陸地域では珍しい種類の魚が養殖されており、昨年、1回の養殖サイクルで、養殖池1面当たりの売上高が約70万元(1元=約16円)に達した。周さんは次のステップとして、新たな魚の品種を増やし、自身の農業ブランドを作るとともに、コスト削減にも努め、新しい農業プロジェクトをさらに拡大させたいと考えている。(記者/徐偉)<映像内容>「アクアポニックス」循環農業プロジェクトの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:24.20
    2020年11月30日
    東証の宮原社長辞任 日本取引所の清田CEO記者会見

    日本取引所グループ(JPX)傘下の東京証券取引所で発生したシステム障害を巡り、JPXは30日、東証の宮原幸一郎社長(62)の同日付での辞任を発表した。前例のない株式全銘柄の終日売買停止を招いた責任を取る。金融庁は30日、JPXと東証に対し、金融商品取引法に基づく業務改善命令を出し、責任の明確化を求めた。<映像内容>JPXの清田CEO記者会見、撮影日:2020(令和2)年11月30日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年11月30日

  • 00:29.52
    2020年11月27日
    「新華社」デザイン重視で「かばんの町」の発展を後押し河北省保定市

    「中国のかばんの町」と称される河北省保定市の白溝新城では、年間8億個余りのかばんが生産され、130余りの国や地域に出荷されている。白溝新城管理委員会はここ数年、かばん産業の質の高い発展を推進するため、デザイン向上により製品の競争力を高めるとともに、専用資金を確保して世界トップレベルのデザイン機関を誘致。世界の最新デザイン理念に合った製品を作れるようにすることで、地元企業のブランド化や国際化を後押ししている。(記者/趙鴻宇)<映像内容>かばんの生産の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:46.97
    2020年11月20日
    北海道で南国バナナ生産 皮ごと食べられ高糖度

    南国フルーツを北国で―。北海道釧路市の農業法人「946Skyファーム」が同市でバナナの生産に成功し、初めて収穫を迎えた。農薬や化学肥料を使わずに栽培しているため皮ごと食べることも可能で、糖度は通常の約1・5倍。1月下旬ごろから1本税別千円の高級品としてインターネットで販売する。5千平方メートルの広大な敷地に建てられたビニールハウス12棟に、高級バナナの一種グロス・ミシェルの茎計約900本が1・5メートル間隔で並ぶ。真冬は気温がマイナス10度を下回ることも珍しくないが、ハウスは常時17度以上を保っている。種をマイナス60度まで冷却することで耐寒性や耐病性を高めた苗を、岡山県の業者から1本3万円で仕入れた。ブランド名は産地の釧路にちなんで「946バナナ」とし、年間約15万本を出荷する計画だ。<映像内容>実ったバナナの様子、話をしているのは右が「946Skyファーム」の担当の山口大樹(やまぐち・だいき)さん、左が同ファームの菊池利治(きくち・としはる)社長、撮影日:2020(令和2)年11月20日、撮影場所:北海道釧路市

    撮影: 2020(令和2)年11月20日

  • 00:58.22
    2020年11月20日
    「新華社」農業博、ライブコマースで地元の名産PR浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市で20日、地元の農産物などを紹介する農業博覧会が開幕した。インターネットで生中継しながら商品を販売するライブコマースの流行を受け、今回は初の試みとして100人余りの「農業ライバー」による農村振興活動が展開される。会期は5日間で、オンラインと会場を一体化させる方法を採用。農業や農村の発展成果を紹介するほか、地元の良質な農産物の展示即売やブランド農産品のPR活動なども行う。(記者/許舜達、宋立峰)<映像内容>浙江省杭州市開催の農業博覧会の様子、撮影日:2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:38.02
    2020年11月19日
    「AFP」K-pop: BTS pop-up store ahead of album launch

    More than 10,000 K-pop fans have passed through the BTS pop-up store in Seoul since it opened in October. The BTS army have had to book online to attend in small groups due to Covid-19 restrictions, with group allotments booked out well in advance. Fans on Thursday took the opportunity to browse through clothing, tumblers and even BTS branded water, on the eve of the launch of the supergroup‘s latest album. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年11月19日、撮影場所:韓国・ソウル、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 00:36.40
    2020年11月11日
    「新華社」天猫の「双11」取引額、11日午前0時半までに3723億元超

    中国国内最大級のネット通販セール、2020年「双11(ダブルイレブン)」の天猫(Tモール)の取引額は、11月1日から11日午前0時30分までに3723億元(1元=約16円)を突破した。11日午前0時0分26秒、天猫双11サーバーは1秒当たりの取引件数58万3千件を表示し、ピーク時の取引件数の最高記録を更新。2009年の第1回「双11」の1457倍となった。同社によると、今年の「双11」は消費者8億人以上、ブランド25万種、販売業者500万店が参加し、カバー範囲と参加は共に過去最高という。今回、220以上の国・地域から3万を超える海外ブランドが参加。輸出では、スマートフォンの小米(シャオミ)、華為科技(ファーウェイ)、家電の美的(マイディア)、海爾(ハイアール)、インナーウエアの南極人などの中国ブランドが人気を集めている。輸出先上位5位は上から米国、ロシア、フランス、シンガポール、マレーシアとなっている。シンクタンク九鼎公共事務研究所の翁一(おう・いつ)研究員によると、今年の「双11」は国内・海外の「双循環」促進のための重要な試行になる。新型コロナウイルス感染症により海外市場が収縮したため、「双11」は消費者が海外の商品を購入する絶好のチャンスとなり、世界中のブランドや販売業者にも重要な成長の機会をもたらしたという。(記者/殷暁聖、王懌文、夏亮、李濤)<映像内容>天猫の双11取引額が3723億元を突破、撮影日:2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.96
    2020年11月04日
    「新華社」中国第一汽車の「紅旗」、1~10月の販売台数15万台を突破

    中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、高級車ブランド「紅旗」の1~10月の累計販売台数が前年同期比約2倍の15万3千台を超えたと発表した。自動車市場全体が低迷する中、好調を維持した。10月単月では前年同月比93%増の2万3千台だった。紅旗ブランドは複数のセダンやスポーツ用多目的車(SUV)モデルのほか、600万元(1元=約16円)超のカスタマイズモデル「L5」を展開するなど、ラインアップを拡大している。今後5年間で四大シリーズ、21モデルをそろえる計画。20年の生産・販売目標は前年実績の2倍となる20万台に設定しており、25年には60万台、30年には80~100万台に増やす方針も示している。(記者/張建)<映像内容>中国第一汽車の「紅旗」、製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:22.47
    2020年11月02日
    Biden slams Trump for comments about COVID, Fauci

    Joe Biden slammed president Donald Trump over Trump‘s recent comments about COVID-19 and the nation‘s leading infectious disease expert, Dr. Anthony Fauci, as he makes a late play for Ohio. At a drive-in rally Monday at an airplane hangar in Cleveland, Biden called Trump “a disgrace“ over Trump‘s accusation that doctors across the country are inflating the toll of the disease because, by doing so, they are paid more money.“He had the gall to suggest that American doctors, the people who have been on the frontlines of this crisis for nine months, along with nurses, and so many others, many of whom have died, to suggest that doctors are falsely inflating deaths due to covered because they want to make more money.“、クレジット:AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.97
    2020年10月24日
    「新華社」ブランド羊肉の生産で増収目指す新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス県は、1989年にオーストラリアから世界的に有名なブランド羊、サフォーク種を導入して以来、同種の選抜育種と風土順化に取り組んでいる。地元の良質な資源を統合し、企業、合作社(協同組合)、農家、養殖基地を組み合わせた「四位一体」の連動メカニズムを構築。羊の飼育管理の経験を積み上げ、羊の肉質を効果的に向上させてきた。同県は近年、電子商取引(EC)を活用し、ブランド羊肉製品を北京や上海などの市場に出荷して、農牧民の収入増を促している。(記者/丁磊、孫哲)<映像内容>ブランド羊の飼育の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:30.35
    2020年10月22日
    ボージョレ、羽田に到着 11月19日解禁

    フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が日航機で羽田空港に到着した。例年より早め。新型コロナの流行で航空会社が大幅に減便しているため、前倒しで出荷された。11月19日に解禁予定。<映像内容>ボージョレ・ヌーボーを積んだ日航機の到着風景、貨物取り降ろしの様子。税関職員による検査、フォトセッション。サントリーワインインターナショナルの綾木徹(あやき・とおる)輸入ブランド部長の話など、撮影日:2020(令和2)年10月22日、撮影場所:東京都大田区の羽田空港

    撮影: 2020(令和2)年10月22日

  • 00:49.66
    2020年10月22日
    「新華社」マカオ三大展示会、予定通り開催

    中国マカオ特別行政区で22日、第25回マカオ国際貿易投資展覧会(MIF)、マカオ国際ブランドフランチャイズ展2020(MFE)、2020年ポルトガル語国家製品・サービス展(マカオ)(PLPEX)の三大展示会が同時に開幕した。開幕式には同特別行政区の賀一誠(が・いつせい)行政長官や中央政府駐マカオ連絡弁公室の傳自応(ふ・じおう)主任、中国国際貿易促進委員会の高燕(こう・えん)会長、外交部駐マカオ特派員公署の王冬(おう・とう)署理特派員らが出席した。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたが、今年のマカオ三大展示会は数々の困難を克服し、予定通りに開かれた。9月23日に中国本土居住者に対するマカオへの観光査証発行手続きが再開された後、マカオ貿易投資促進局が主催する初の大型展示イベントで、感染状況下でマカオのコンベンション業界の自信を深めることを目指している。会期はいずれも3日間で、総展示面積は2万5千平方メートルとなっている。(記者/王晨曦、郭鑫)<映像内容>マカオ三大展示会の様子、撮影日:2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.28
    2020年10月19日
    「新華社」天津税関、輸入貨物ルートから初めて知的財産権侵害品を押収

    中国の天津税関が管轄する新港税関はこのほど、サウジアラビアから輸入された自動車部品の中から商標権侵害の疑いのあるトヨタの高級車ブランド「レクサス」のエンブレム277点、2万1千元(1元=約16円)相当を発見、押収した。天津税関が輸入貨物ルートで知的財産権侵害物品を押収するのはこれが初めて。自動車のエンブレムは税関で登録され、知的財産権保護を受ける。しかし、着荷主および代理人はトヨタ自動車からの授権委託書などの資料を提出できなかった。税関は同エンブレムが同社の知的財産権を侵害していると確認の上、既に知的財産権税関保護の措置を発動、通関を差し止め、処理を行うため後続部門に引き渡している。(記者/李帥)<映像内容>天津税関が輸入貨物ルートで知的財産権侵害物品を押収、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.72
    2020年10月17日
    「新華社」北京服装学院で「科学・芸術・ファッション」フェスが開幕

    中国北京市の北京服装学院で17日、第16回「科学・芸術・ファッション」フェスティバルが開幕した。今年は同学院の卒業生によるオリジナルブランド作品のファッションショーや、服飾文化フォーラムなどを開催する。(記者/馬暁冬)<映像内容>第16回「科学・芸術・ファッション」フェスティバルの様子、撮影日:2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.08
    2020年10月14日
    「新華社」アジアソーシャルデザイン展、遼寧省瀋陽市で開催

    中国遼寧省瀋陽市の魯迅美術学院美術館では現在、2020アジアソーシャルデザイン展が開かれている。同美術館とレッド・ドット・デザインミュージアムの共催で、20の国と地域のデザイナーやブランド、ソーシャルデザインに関する世界の実例100以上、各種作品400件以上を集めた。会期は10月9日から19日まで。(記者/姜兆臣)<映像内容>2020アジアソーシャルデザイン展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.92
    2020年10月14日
    「新華社」アント・グループ、グローバル本社を杭州市に設置へ

    中国浙江省杭州市政府は14日、中国電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下で電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」などを運営する螞蟻科技集団(アント・グループ)と戦略協力枠組み協定を締結した。アント・グループはグローバル本社を正式に同市に設置し、杭州市が全国でデジタル経済が最も発展した都市になるよう後押しする。双方は合意に基づき、産業発展と技術革新、ビジネスアプリケーション、スペース拡張、ブランド構築の五つの重点分野に焦点を当て、全方位的かつ多分野で重層的な協力の枠組みを構築する。同市は全国に先駆けデジタル経済を導入した。統計によると、今年上半期(1~6月)の杭州デジタル経済の付加価値生産額は、中心的産業だけを見ても前年同期比10・5%増の1833億元(1元=約16円)と同市の域内総生産(GDP)の24・8%を占める。アント・グループは、杭州市が進める人材誘致政策を活用し、世界のトップレベル人材の誘致に向けた取り組みを強化する。双方はフィンテックの基幹技術を巡る研究開発とイノベーションへの投資を引き続き拡大し、科学技術インフラとイノベーション・プラットフォームの構築を加速させる。国内外のハイエンド人材の誘致と育成を拡大し、杭州を世界で重要なフィンテック・イノベーションの発信地、人材の集積地とする。(記者/殷暁聖)<映像内容>アント・グループの会社の外観、仕事の様子など、撮影日:2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.22
    2020年10月11日
    「新華社」中国第一汽車の「紅旗」、1~9月の販売台数13万台超

    中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、傘下の高級車ブランド「紅旗」の今年1~9月の累計販売台数が前年同期比2倍強(104%増)となり、13万台を超えたと発表した。9月単月では前年同月比86%増の2万1500台強。自動車市場が低迷する中、好調を維持した。紅旗は8月、新型高級セダン「H9」を市場に投入。国内外の高級車市場で戦える有力商品がまた一つ増えた。現在はセダンとスポーツタイプ多目的車(SUV)で複数車種を展開するほか、価格が600万元(1元=約16円)を超える高級カスタムモデル「L5」を世界の市場で販売しており、ラインアップの強化を図っている。同社は今後5年間で、紅旗のラインアップを4シリーズ21車種に拡大する。2019年の販売台数が10万台を超えたことを受け、20年の販売目標を20万台に設定。25年に60万台、30年に80万~100万台達成を目指す。<映像内容>中国第一汽車の「紅旗」、工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:24.12
    2020年10月03日
    「新華社」国際陶磁器産業博覧会開催、日本企業も出展湖南省醴陵市

    中国の磁器の主要産地の一つである湖南省醴陵(れいりょう)市で9月28日から10月3日まで、国際陶磁器産業博覧会が開催されており、数十カ国からの素晴らしい陶磁器芸術品が展示されている。日本から出展している弘道の担当者は日本の磁器について、九州のものが有名であり、特に九州の中でも「有田焼」が最も特色を持つと紹介。今回出展された「有田焼」は、白磁に日本の伝統的な紋様を青で手書きした典型的なものであり、品質に優れ、細やかな仕事が施されているという。このほか、「ナルミボーンチャイナ」や九谷地方発祥の「九谷焼」や愛知県産の「常滑焼」なども展示されている。英国の著名な陶磁器ブランド、ウェッジウッドは良質なボーンチャイナや半貴石の磁器シリーズを展示した。トルコの出展企業アルスは、さまざまな色彩を持つ鮮やかで異国情緒に富んだ陶磁器の芸術品を持ち込んだ。今回の博覧会では、多種多様な磁器の他に陶磁器生産設備も展示されている。日本の新栄機工は中国の技術協力企業と共同で日用セラミック延圧成形分野の自動化設備を展示した。包装機械と陶磁器設備の大手、イタリアのサクミも博覧会に参加した。会期中には、一連の国際文化交流活動も開かれている。日本の陶芸界の大家である川添智宏氏は日本の陶磁器や職人気質について説明し、韓国の陶磁器専門家は現場で陶磁器芸術展示品の設計、制作過程などのデモンストレーションを行った。(記者/阮周囲、張格)<映像内容>国際陶磁器産業博覧会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:05.19
    2020年10月02日
    東証、全株式の売買再開 システム障害原因調査

    東京証券取引所は2日、システム障害で1日に終日停止した株式全銘柄の売買を再開した。東証のシステムを使う札幌、名古屋、福岡の証取も取引を実施。障害の原因である故障した機器は交換しており、システムを開発した富士通に持ち込み原因究明を進めている。   <映像内容>東京都内の東京証券取引所の外観と株価が表示されたボードなどの雑観、撮影日:2020(令和2)年10月2日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年10月2日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:15.10
    2020年10月01日
    東証社長、記者会見で謝罪 終日停止を説明

    日本取引所グループ(JPX)傘下の東京証券取引所は1日、システム障害の発生を受け、株式全銘柄の売買を終日停止した。午前9時の取引開始から全ての売買ができなかった。東証が取引を終日停止するのは初めてで、世界的にも極めて異例。東京証券取引所の宮原幸一郎社長は記者会見で「投資家の皆さまに多大な迷惑をかけたことを深くおわびする」と述べて陳謝した。 <映像内容>東証の宮原幸一郎社長(向かって左から2人目)らの謝罪、日本取引所グループの横山隆介CIC(同3人目)の説明、会場雑観など、撮影日:2020(令和2)年10月1日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2020(令和2)年10月1日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:19.34
    2020年10月01日
    東証、全株式の売買停止 システム障害、復旧急ぐ

    日本取引所グループ(JPX)傘下の東京証券取引所は1日、システム障害が発生したことから株式全銘柄の売買を停止した。注文の受け付けも取りやめた。午前9時の取引開始前から相場情報の配信が滞ったという。原因の究明と復旧を急いでいる。東証のシステムを利用する札幌証券取引所、名古屋証券取引所、福岡証券取引所も1日、株式全銘柄の売買を停止した。全銘柄が取引できなくなる大規模な障害は極めて異例。 <映像内容>東証内部の消えたボード、東証外観、JR東京駅前八重洲の証券会社のボード、撮影日:2020(令和2)年10月1日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2020(令和2)年10月1日

  • 02:14.83
    2020年09月23日
    世界最小のルービック登場 40周年で24日から企画展

    六面立体パズル「ルービックキューブ」の日本発売40周年を記念した企画展が今月24日から東京都内で開催されるのを前に、報道機関向け発表会が23日に開かれ、公式商品として世界最小のルービックキューブがお披露目された。 各辺の長さが9・9ミリのアルミニウム製、重さ約2グラム。バンダイ子会社メガハウスが金属加工メーカー「入曽精密」(埼玉県入間市)と協力して開発した。23日からメガハウス販売サイトで予約受け付けを始め国内販売価格は19万8千円。企画展では発売当時のものや、1600個でモザイクアートにした開発者の肖像画も展示。11月9日まで <映像内容>メガハウスの榊原博社長あいさつ、世界大会2011片手部門チャンピオン・伏見有史さんとのフォトセッション、世界最小のルービックキューブと実演、雑観、※使用の際には、クレジットの明記が必須です。ⓒ1974 Rubik’s(R)Used under licence Rubiks Brand Ltd.All rights reserved 撮影日:2020(令和2)年9月23日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年9月23日

  • 01:33.70
    2020年09月16日
    「AFP」Luxury French grocer Fauchon to close two shops in Paris

    France luxury grocer Fauchon, famous for exquisite chocolates and fine teas, is to close two of its three shops on Place de la Madeleine in Paris, causing 77 layoffs. A commercial court in Bobigny approved a “continuation plan“ for the centenary company, severely hit by the coronavirus crisis. IMAGES、作成日:2020(令和2)年9月16日、撮影場所:PARIS, FRANCE、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 00:57.90
    2020年09月10日
    「新華社」天猫、千の新ブランドが年間売上高1億元を実現するよう支援

    中国の電子商取引(EC)大手、アリババグループの通販サイト「天猫(Tモール)」は10日、「超級新秀計画(スーパー新鋭計画)」の開始を発表した。今後3年間で新ブランド千社の年間売上高1億元(1元=約15円)達成と新ブランド100社の年間販売高10億元達成を支援する。天猫は同計画を通じ、新ブランドの発展のためにトラフィック、データ、マーケティングなど多方面での支援を提供する。新ブランドが消費者ニーズをよりしっかりと把握できるようサポートし、新ブランドのためにカスタマイズされた専門のマーケティング活動を行い、全面的で立体的、ローカライズされたマーケティングの道筋を形成していく。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>天猫が「超級新秀計画(スーパー新鋭計画)」の開始を発表、撮影日:2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.59
    2020年09月08日
    「新華社」アモイ市で「シルクロード海運」国際協力フォーラム開催

    中国福建省アモイ市で8日、2020「シルクロード海運」国際協力フォーラムが開催された。同フォーラムでは、中国海運大手の中国遠洋海運集団(コスコ・グループ)などが運行するインド・パキスタン(PMX)航路、福建省-日本間の海上輸送を手掛ける吉舟船務の日本(JP)航路、デンマークの海運大手APモラー・マースクが運行する東南アジア(IA3)航路など快速航路6路線が発表された。福建省交通運輸庁は同日、新たなに「シルクロード海運」連盟に加盟した山東省港口集団やポーランドのグダニスク港務局など8社(機関)にプレートを授与した。同連盟加盟企業は183社になった。「シルクロード海運」連盟は、中国と「一帯一路」沿線国・地域を対象に創設されたブランドとプラットフォームで、海運業を中心に中国の港湾と「海上シルクロード」沿線国・地域の港湾との貿易をつなぎ合わせることを目的にしている。(記者/陳旺、宓盈婷)<映像内容>2020「シルクロード海運」国際協力フォーラムの様子、コンテナふ頭の風景、撮影日:2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.84
    2020年09月02日
    「新華社」康師傅、宇宙食ラーメンで中国航天基金会と提携

    中国食品大手の康師傅(カンシーフ)控股は2日、航空・宇宙関連の公益事業を行う中国航天基金会と中国初の宇宙食ラーメンブランドの立ち上げに関する協力パートナーシップ契約を締結した。中国航天基金会の呉志堅(ご・しけん)理事長は調印式で、基金会が過去3年間の提携で康師傅の発展に航空宇宙分野の要素を注いできたと表明。双方は将来の提携空間の拡大に努め、中国の宇宙事業の発展に共同で貢献していくと述べた。<映像内容>宇宙食ラーメンブランドの立ち上げに関する契約の調印式、撮影日:2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 01:28.08
    2020年08月28日
    空飛ぶカボチャ、丸々と 北海道長沼町で収穫間近

    北海道長沼町で、ビニールハウスの骨組みにつるをはわせて空中で育てる「空飛ぶカボチャ」が丸々と大きく実り、収穫を待っている。同町の農場では28日、2棟のハウスに4種類計約1200個がちょうちんのようにぶら下がっていた。岩見沢市の肥料・青果物販売会社「新生商事」がブランド化を目指して栽培技術を開発。露地栽培と比べ、日光が満遍なく当たることで、品質や大きさが一定に保たれるのに加え、収穫時期も判断しやすいという。<映像内容>北海道長沼町で、ビニールハウスの骨組みにつるをはわせて空中で育てる「空飛ぶカボチャ」が丸々と大きく実り、収穫を待っている様子、栽培担当の生田昇さん(いくた・のぼる)(40)のインタビューなど、撮影日:2020(令和2)年8月28日、撮影場所:北海道長沼町

    撮影: 2020(令和2)年8月28日

  • 00:55.18
    2020年08月28日
    「新華社」ヨモギ産業が貧困脱却を後押し湖北省黄岡市

    中国湖北省黄岡市蘄春(きしゅん)県は、「蘄艾」として中国で有名なヨモギの産地で、ヨモギ産業は同県域の経済発展と農民の貧困脱却・増収の重要な基幹産業にもなっている。中医薬(中国伝統の医薬)分野の発展の勢いを受け、同県のヨモギ栽培面積は約30万ムー(約2万ヘクタール)、登録済みのヨモギ企業は1850社に達しており、貧困世帯3万余りがヨモギ産業により増収を実現した。2019年の同県のヨモギ生産高は50億元(1元=約15円)余りで、ブランド価値は100億元を上回っている。同県のヨモギ産業は、全産業チェーンで10万人の雇用を創出すると同時に、栽培、加工、灸(きゅう)の研修などさまざまな分野で貧困者を支援し、同県全体で3万人余りの貧困脱却を後押ししている。(記者/方亜東、潘志偉)<映像内容>ヨモギ産業、畑の空撮、加工の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.78
    2020年08月25日
    「新華社」中国の免税市場が国内消費をけん引高級ブランド品の販売好調

    新型コロナウイルスの世界的な流行で各国の観光・小売業が大きな打撃を受ける中、中国では政策の後押しで免税消費が好調に推移している。中国の関連部門は市場への参入をさらに緩和するため、免税販売の免許を複数の小売業者に新たに付与した。中国では今年、10社以上の上場企業が免許を申請しているという。中国の証券会社、中信建投証券はリポートで、2025年には国内の免税売上高が年間1500億元(1元=約15円)を超えるとの予測を示している。(記者/孫青、有之炘、周旋、郭良川)<映像内容>中国の免税消費が好調、買い物客の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.52
    2020年08月17日
    「新華社」華中国際モーターショー、武漢経済のけん引役に湖北省武漢市

    中国湖北省武漢市の武漢国際博覧センターで5日間開催された第18回華中国際モーターショーが17日閉幕した。展示面積は約7万平方メートルで、六つの大型パビリオンと屋外展示エリアが設けられ、国内外の有名自動車ブランド60余りが出展した。同市の都市封鎖解除後初の大型展示会となった。会場には新型のガソリン車や新エネルギー車(NEV)のほか、モノのインターネット(IoT)やIoI(InternetofIntelligences)などの技術を使って製造されたスマートカーやコンセプトカーも展示され、多くの人が各ブランドの体験イベントに参加した。中にはその場で新車購入を検討する家族連れの姿もあった。自動車産業は武漢経済の重要なけん引役となっている。5月以降、市内の多くの地区で相次いで政策が打ち出されており、地元で生産された自動車の購入者には最高で1万5千元(1元=約15円)の補助金が支給される。(記者/馮国棟)<映像内容>第18回華中国際モーターショーの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.50
    2020年08月12日
    「新華社」中国一汽の販売台数、7月は23%増の32万台

    中国の自動車大手、中国第一汽車集団(中国一汽)がこのほど発表したデータによると、同社の7月の完成車販売台数は前年同期比23・2%増の32万2471台で、今年上半期(1~6月)の逆境の中で見せた成長の勢いが続いていることが明らかになった。データによると、自社事業部門と合弁事業部門が共に比較的高い成長率を維持している。自社部門では、高級車ブランド「紅旗」が増加基調を維持し、販売台数は98・8%増の1万7508台だった。合弁部門では、一汽大衆(一汽VW)が6・9%増の16万8492台、一汽トヨタは40%増の7万8086台だった。同社は現在、紅旗のブランド確立に精力を集中して取り組み、新たな戦略を打ち出し、多様な製品で市場を切り開いており、これらによって紅旗の急速な成長が続いている。計画によると、紅旗は昨年の生産販売台数10万台の大台突破を踏まえ、今年の販売目標を20万台に設定、2025年には60万台突破を目指し、2030年には80万~100万台を視野に入れている。(記者/張建)<映像内容>中国一汽の自動車の製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:35.80
    2020年08月03日
    「新華社」無人店にロボットシェフ、気鋭のブランドが挑む弁当革命

    中国料理の規格化に取り組む弁当ブランド店「熙香」(シーシャン)を展開する上海熙香投資管理はこのほど、上海市長寧区で無人店舗を開業した。店内で調理を担当するのはロボットだという。同社でメニュー開発を担当する沈毅(しん・き)さんは「ロボットはレシピを覚えれば同じ味つけを保つことができるが、私にはできない」とロボットシェフの利点を語る。沈さんは開発中のメニューを指さして「ロボットには人のように「ひとつまみ」「適量」「とろ火」などの概念がない。食材を何ミリに切る、何分漬ける、調味料は何グラム、スチームオーブンレンジの設定は何度と具体的なデータを示す必要がある。私はレシピの規格化を通じ絶えず最高の味付けを模索している」と語った。沈さんによると「熙香」には現在、千を超えるメニューがある。「無人キッチン」は従来の料理人の在り方に転換圧力をもたらすかもしれないが、同時に更なる創造力を発揮するチャンスも秘めているという。(記者/王黙玲、何曦悦)<映像内容>無人店のロボットシェフ、調理の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.20
    2020年08月02日
    「新華社」中国第一汽車「紅旗」、1~7月の販売台数が2倍に

    中国第一汽車集団はこのほど、高級車ブランド「紅旗」の2020年7月の販売台数が1万7500台を超えたと明らかにした。前年同期に比べ99%増加した。1~7月の累計では8万7500台超え、約2倍(108%増)となった。同ブランドは、新型コロナウイルスの影響でディーラーの新規開店や来客人数が落ち込む中、実店舗やオンラインで積極的な販促活動を展開している。(記者/張建)<映像内容>中国第一汽車「紅旗」の製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.36
    2020年07月25日
    「新華社」ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、中国北部ならではの民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(記者/王建威、姜賀軒、王鶴)<映像内容>ホーチョ族の村の空撮、歌う様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:26.44
    2020年07月24日
    「新華社」手織りじゅうたんで世界に羽ばたくチベット族の女性たち

    中国チベット自治区ラサ市では、チベット族の女性たちが手織りじゅうたんを制作する公益プロジェクトに参加することで、貧困からの脱却を実現している。こうした取り組みは「ママの手作り」プロジェクトと呼ばれている。市内の民家に十数人が集まり、色とりどりの美しいじゅうたんを編んでいく。婦人組織を母体とする合作社(協同組合)を設立し、手作りの工芸品を制作することで、貧困女性の就業や起業につなげている。合作社は現在、米飲料大手ペプシコなど著名ブランドと提携し、若者向けの製品開発に取り組んでいる。伝統技術を現代風にアレンジすることで、若い世代の取り込みを狙う。「ママの手作り」プロジェクトはチベット族の女性たちにとって、新たな収入源となっている。(記者/唐弢、王炳坤)<映像内容>手織りじゅうたんの制作の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:21.80
    2020年07月14日
    「新華社」豪快で繊細な「烏魚刺しゅう」の魅力黒竜江省北安市

    中国黒竜江省北安市の伝統的な刺しゅう技法「烏魚刺しゅう」は省無形文化遺産に指定されている。同市は省内を流れる烏裕爾川の源流部にあたり、烏魚刺しゅう発祥の地の一つに数えられている。烏魚刺しゅうは金代(12~13世紀)の伝統的な技法に烏裕爾川流域の各民族の技法が融合して形成された。豪快でざっくりとしたステッチを多用した躍動感が特徴的。4代目伝承者の王春艶(おう・しゅんえん)さんによると、大胆さときめ細やかさを兼ね備えた古典的な趣があり、中国北方人の性格の特徴が表れている。伝承者としての王さんの道のりは決して順風満帆ではなかった。烏魚刺しゅうが注目されるようになったのはここ数年で、それまでは生活費を稼ぐために各地を奔走する日々だった。「烏魚刺しゅうは全く知られていなかったので、どんなに高価な材料を使って心を込めて縫っても、いい値段では売れなかった」と振り返る。作品の質には自信があったもののブランド化する必要があると感じた王さんは、各地で展示会を開いたり、さまざまな大会に参加して知名度を上げていった。北安市政府も優れた文化の伝承と発展を支援する取り組みを行っており、烏魚刺しゅうを省無形文化遺産プロジェクトに推薦。王さんが作品を展示できるよう広さ300平方メートルのスペースも無償で提供した。こうして烏魚刺しゅうは徐々にファンを増やしていった。王さんはその後、訓練学校を設立し、これまで3千人余りに無償で技法を伝授してきた。生徒の中には学んだ技を生かして低所得から脱却した人もいるという。(記者/劉赫垚)<映像内容>烏魚刺しゅうの作品、制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:41.29
    2020年07月13日
    「下野新聞」ザ・リッツ・カールトン日光で内覧会 中禅寺湖畔に15日開業 (1/2)

    15日開業の「ザ・リッツ・カールトン日光」は13日、「奥日光の自然と調和する邸宅」をコンセプトとしたホテル内部を初公開した。 中禅寺湖畔に立地するホテルは4階建て1棟、5階建て2棟。家具は国産木材や大谷石を使い、鹿沼組子をモチーフにした装飾や日光彫など地元の伝統工芸も取り入れた。 全94室。バルコニーと室内の間に「縁側」に見立てた空間を設けた。ホテル最大のスイート(277平方メートル)からは中禅寺湖が眺望できる。同ホテルブランド初の温泉大浴場は、日光湯元温泉から源泉を引く。この日の内覧会は、地元食材を使った朝食を木箱や益子焼の食器で提供。細谷真規(ほそやまさのり)総支配人は「食材や香り、五感を満たすものを栃木の良さに結び付けて提供したい」と話した。 新型コロナウイルス対策で、当面は客室の稼働率を半分に抑える。県内外から9月頃までの予約が入っており、宿泊客以外でもレストランなどは利用できる。宿泊料金は非公表<映像内容>「ザ・リッツ・カールトン日光」の内観、外観など、撮影日:2020(令和2)年7月13日、撮影場所:栃木県日光市、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020(令和2)年7月13日、栃木県日光市

  • 02:01.52
    2020年07月13日
    「下野新聞」ザ・リッツ・カールトン日光で内覧会 中禅寺湖畔に15日開業 (2/2)

    15日開業の「ザ・リッツ・カールトン日光」は13日、「奥日光の自然と調和する邸宅」をコンセプトとしたホテル内部を初公開した。 中禅寺湖畔に立地するホテルは4階建て1棟、5階建て2棟。家具は国産木材や大谷石を使い、鹿沼組子をモチーフにした装飾や日光彫など地元の伝統工芸も取り入れた。全94室。バルコニーと室内の間に「縁側」に見立てた空間を設けた。ホテル最大のスイート(277平方メートル)からは中禅寺湖が眺望できる。同ホテルブランド初の温泉大浴場は、日光湯元温泉から源泉を引く。 この日の内覧会は、地元食材を使った朝食を木箱や益子焼の食器で提供。細谷真規(ほそやまさのり)総支配人は「食材や香り、五感を満たすものを栃木の良さに結び付けて提供したい」と話した。新型コロナウイルス対策で、当面は客室の稼働率を半分に抑える。県内外から9月頃までの予約が入っており、宿泊客以外でもレストランなどは利用できる。宿泊料金は非公表<映像内容>「ザ・リッツ・カールトン日光」の内観、外観など、撮影日:2020(令和2)年7月13日、撮影場所:栃木県日光市、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020(令和2)年7月13日、栃木県日光市

  • 00:22.24
    2020年07月03日
    「新華社」中国第一汽車の「紅旗」、1~6月の販売台数7万台を突破

    中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、高級車ブランド「紅旗」の2020年1~6月の累計販売台数が前年同期比2・1倍となる7万台を超えたと発表した。自動車市場全体が低迷する中、好調を維持した。6月単月では、前年同月比92%増の1万5400台だった。紅旗ブランドは、19年の生産・販売台数がともに10万台を超えたことを踏まえ、今年の販売目標を20万台に設定した。25年には60万台、30年には80万~100万台に増やすとしている。(記者/張建)<映像内容>中国第一汽車の工場の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.90
    2020年06月17日
    STOCKSHOTS US brand Aunt Jemima to change amid protests

    Images show “Aunt Jemima“ products displayed in a Miami supermarket, after the major US food company announced it would change the brand, which feature African American mascots, amid nationwide protests against racism. STOCKSHOTS、作成日:2020(令和2)年6月17日、撮影場所:米マイアミ州、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 00:53.68
    2020年06月07日
    「新華社」一汽VW、5月の新車販売台数は22%増

    中国の自動車大手、中国第一汽車集団とドイツのフォルクスワーゲン(VW)の合弁会社、一汽大衆汽車(一汽VW)が5日発表した5月の新車販売台数は、前年同月比22・0%増の18万6777台だった。前月比では12・7%増えた。ブランド別では、フォルクスワーゲンが前月比10・4%増の10万6368台、アウディ(輸入車を含む)が16・3%増の6万5008台、ジェッタが14・0%増の1万5401台。年初から新型コロナウイルスの影響が続く中、実店舗とオンラインを融合させた販売戦略で市場開拓を進めたことが大幅増につながった。一汽大衆は中国主要合弁メーカーの一角で、1991年に設立された。吉林省長春市、広東省仏山市、四川省成都市、山東省青島市、天津市の5カ所に生産拠点を構え、累計の生産・販売台数はともに2千万台を超える。(記者/張建、姜明明)<映像内容>一汽大衆の自動車工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.51
    2020年06月04日
    「新華社」中国一汽「紅旗」、1~5月の販売台数5万4600台超

    国自動車大手の中国第一汽車集団は、高級車ブランド「紅旗」の1~5月の販売台数が前年同期比約2・2倍の5万4600台超だったと明らかにした。5月単月では前年同月比約2・3倍の1万5100台超と、停滞する市場に逆行する好調の勢いを維持している。(記者/張建)<映像内容>中国一汽の高級車ブランド「紅旗」の販売好調、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:09.59
    2020年05月25日
    「新華社」のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化

    中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(記者/王建威)<映像内容>田植え作業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:13.92
    2020年05月25日
    「新華社」上汽通用五菱、2200万台突破全世界向け新エンブレム発表

    中国の自動車大手、上汽通用五菱汽車は25日、累計2200万台目となる完成車のラインオフを記念する式典を開き、全世界向けの新たな銀色のエンブレムを初披露した。新エンブレムを使用した新車種「Victory」も同時に発表した。同社傘下の販売会社、上汽通用五菱銷售の周鈃(しゅう・けん)マーケティングディレクターによると、五菱ブランド車は今後、従来の赤い色のエンブレムと新エンブレムを販売市場ごとに使い分け、世界中のさまざまなユーザーのニーズに応えていく。上汽通用五菱は、上海汽車と米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)、広西汽車集団(旧社名・柳州五菱汽車)の合弁会社で、広西チワン族自治区柳州市に本拠を置く。年間売上高は2002年の設立以降、平均25%超のペースで伸び続け、16年から4年連続で千億元(1元=約15円)を超えている。(記者/黄耀滕)<映像内容>上汽通用五菱汽車が累計2200万台突破、ラインオフ式の様子、銀色のエンブレムを披露、撮影日:2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.25
    2020年05月21日
    「新華社」電子商取引の積極活用で貧困脱却、新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区に住む孫亮(そん・りょう)さんは、新鮮な農産品を専門に取り扱うEC(電子商取引)企業の責任者を務めている。孫さんはこのほど、20~30代の若者20人余りを集め、各農家の特色ある農産品の包装を統一し、インターネットを活用した販促プロモーションを行った。孫さんの会社では、2019年に他地域のインフルエンサーを起用したライブコマースの売上高が約1200万元(1元=約15円)に達し、今年は2千万元を突破する見込みだという。貧困脱却への多元的な取り組みを図る同自治区のコルラ市は16年、農村へのEC普及を図るモデル県に登録されてから、貧困対策にECを有効活用している。ECによるネットワークは、市場の消費者と生産地の農家を直接つないでいる。同市はすでに、市レベルの農村EC公共サービスセンターやO2O(オンライン・ツー・オフライン)体験センター、農産品ECブランドマーケティングサービスなど、ECネットワークの発展に必要な七大システムを構築しており、現在、ECサービスセンターは市レベルが1カ所、郷鎮レベルが17カ所、村レベルが32カ所設けられている。同市の1~4月のECによる取引金額は1億6550万1600元、EC売上高は4563万1300元だった。19年以来、地元のEC事業は貧困世帯21人の雇用を生み出し、15万元以上の増収をもたらしている。(記者/阿曼)<映像内容>農産品のEC、出荷、収穫の様子、商品の物撮り、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:13.47
    2020年04月30日
    「新華社」「村播学院」農民に動画配信の無料研修浙江省衢州市

    中国浙江省衢州(くしゅう)市柯城区でこのほど、中国電子商取引(EC)大手のアリババグループによる全国初の動画配信人材育成・支援機関「村播学院」が正式にスタートした。農民が動画配信主となり、農具の代わりにスマートフォンを持ち、農作業の代わりにライブ配信をすることが、豊かになる新たな流れとなっている。同学院は、授業料無料で、6つのライブ配信ルームで実践訓練を行い、動画配信のインフラ支援と人材育成から、地域のブランドデザインや配信商品の産業計画、経営指導、資源協力まで全面的に支援する。村とアリババによる「村播計画」は、昨年7月から始まり、半年で計3千人以上の農民に訓練を行い、動画配信人材を育成している。(記者/張璇、李濤)<映像内容>農民に動画配信の無料研修を行う様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.19
    2020年04月24日
    「新華社」「飾りひも」が中国西部農村女性の貧困脱却を後押し重慶市

    中国重慶市涪陵(ふうりょう)区では、色とりどりのひもを編んでさまざまな模様や造形を作る「飾りひも」が農村の女性らの貧困脱却と富をもたらす新たな手段となっている。女性らは編んだ長さや難易度に応じ、1本につき3~5元(1元=約15円)の報酬を得る。中国で新型コロナウイルス感染症が流行していた期間も手を休めることなく、注文を受けた12万本の飾りひもを編み、18万9千元の報酬を得た。女性らが編む飾りひもは現在、市場で人気が高く、北京市の故宮や上海市の静安寺など、中国各地の有名な観光地で売られている。また、一部は地元のブランド「結縄小鎮」で、イタリアやアメリカ、カナダなど欧米諸国で販売されている。(記者/楊仕彦)<映像内容>飾りひもを作る様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.60
    2020年04月18日
    「新華社」「共同縫製工場」設立で中小アパレル企業に活路福建省石獅市

    中国福建省石獅市(泉州市の管轄下にある県級市)はアパレル産業の重要な拠点で、市内には8千社を超える川上・川下企業が存在する。新型コロナウイルス感染症の世界的なまん延により、海外に顧客を持つ中小アパレル企業の多くは取引中止に追い込まれ、厳しい状況が続いている。これに対応するため、同市では関連企業が団結して共に苦境を乗り越えようとしている。3月末、同市初の「共同縫製工場」が誕生した。第1陣の設備と従業員はすでに準備が整い、海外からの注文12万件の生産が次々と始まっている。同工場が従来のOEM(相手先ブランド名製造)モデルと異なるのは、生産能力や注文、データを共有することで、各企業の生産ラインの閑散期を合理的に計画、運営して「バーチャル共同工場」を打ち立て、一括受注した上で、各企業に注文を振り分ける点にある。これにより受注が困難な企業に注文を回し、操業再開が困難な企業の生産能力を回復させ、資金繰りが困難な企業のサプライチェーンにおける決済問題を解決している。(記者/宓盈婷、林凱、章博寧)<映像内容>縫製工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.44
    2020年04月12日
    「新華社」緑一面の茶園貴州省

    中国貴州省貴安新区の羊艾茶園はこのところ、一面の緑に染まり、春の大地を鮮やかに彩っている。1952年に建設され、55年に茶葉生産を開始した同茶園は6千ムー(400ヘクタール)近い面積を有する。茶園では現在、羊艾毛峰、貴安翠芽、貴安紅茶など複数のブランドの茶葉を生産し、マカオや日本、米国など10余りの国や地域に輸出している。(記者/劉勤兵、欧東衢)<映像内容>茶畑の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.04
    2020年04月03日
    「新華社」茶畑でライブ配信春茶のオンライン販売を後押し江西省銅鼓県

    中国江西省宜春市銅鼓県大塅(たいだん)鎮公益村の茶畑でこのほど、春茶のライブ配信が行われた。村に駐在する第一書記の李長春(り・ちょうしゅん)さん、茶芸師の鍾雅婷(しょう・がてい)さん、地元インフルエンサーの呉琴(ご・きん)さんらが、村内の貧困脱却産業基地で栽培されている春茶をカメラの前で売り込んだ。銅鼓茶の成長や茶摘み、製造の全過程を紹介するため、ライブ配信チームは機材や道具を山の上にある茶畑に運び、屋外での撮影を決行した。これにより視聴者は、銅鼓茶が生産される自然環境や客家の茶に関する習慣などの魅力を身近に体験できる。4時間にわたるライブ配信では、累計延べ1万人近くのネットユーザーがオンライン視聴し、50キロ以上の春茶が販売された。一部のブランド茶は、500グラム当たり1500元(1元=約15円)で取引された。(記者/閔尊濤、孫楠)<映像内容>春茶のライブ配信の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:12.36
    2020年03月19日
    「新華社」西湖竜井、オンライン販売に商機浙江省杭州市

    中国浙江省では3月中下旬、西湖竜井(ロンジン)の新茶が摘み取りの時期を迎える。例年多くの観光客でにぎわう同省杭州市の梅家塢村も、今年は新型コロナウイルスによる肺炎の影響でひっそりとしている。茶を扱う企業は実店舗での販売が影響を受けたが、オンライン販売が急増。一部企業ではオンライン販売が70%を占めるまでになった。梅家塢村は西湖竜井茶原産地1級保護区に位置する。村内の茶問屋、盧正浩茶荘は1300ムー(約87ヘクタール)以上の茶畑を所有する有名企業で、今回最も早く営業を再開した会社の一つでもある。同茶荘は2010年の電子商取引(EC)参入から昨年までにオンラインで1億5千万元(1元=約15円)を売り上げた。胡壁如(こ・へきじょ)総経理の主導の下、盧正浩ブランドは競争の激しい西湖竜井市場で新天地を切り開いた。今年は多くの企業がインターネットを用いたライブ配信で販路の問題を解決し、茶葉の成長状況を消費者に伝えて注文につなげている。盧正浩茶荘も例外ではなく、胡さんはライブ配信界のインフルエンサーになった。今年の新型肺炎の流行により、オンラインでの新茶販売が主流になっている。データによると、ECサイト「天猫(Tモール)」での今年の西湖竜井の予約販売は前年同期比約4割増となった。今後はより多くの茶葉が市場に出るため、一層の販売増が見込まれる。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>西湖竜井の茶畑の風景、ライブ配信の撮影の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:09.57
    2020年03月18日
    「新華社」江西省、企業の新ビジネスモデル構築を後押しピンチをチャンスに

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国江西省では新たなビジネスモデルの構築を後押しし、企業の「免疫力」を向上させている。同省南昌市の化粧品メーカー「江西魅絲蔻化粧用品」は、単なる商品のオンライン販売とは異なる「電子商取引(EC)+生産・製造」モデルを採用。インターネットに軸足を置いた研究開発とマーケティングが奏功し、新型肺炎の流行で業界全体が低迷する中、受注を伸ばしている。2月3日にオンラインで営業を再開してから、平均して1日おきに新商品を発売。この1カ月で5件の意匠権を申請した。企業にとって、新たなビジネスモデルの構築が発展の新たな方向性になりつつある。江西省では支援策を打ち出して、企業が引き続きコアビジネスに集中し、品質やブランドの構築に力を入れ、新たなビジネスモデルを構築するよう後押ししている。オンライン販売やライブコマースを活用することで、ピンチをチャンスに変え、新たな活力としている企業もある。ゲーム開発やインターネット広告、人工知能(AI)を手掛ける企業は、自宅で過ごす人々の娯楽に照準を合わせ、急速に売上高を伸ばした。江西省の一部企業は、新型肺炎に直面しながらも、新たなビジネスモデルを構築して収益を増やし、新たなビジネスシーンを開拓して、新たな市場を獲得している。(記者/余賢紅、黄浩然、郭傑文)<映像内容>新型肺炎感染拡大を受けてオンライン販売やライブコマースを活用する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:58.60
    2020年03月17日
    「新華社」春摘みの季節到来、西湖竜井茶の摘採が一部開始浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市の西湖竜井(ロンジン)茶原産地1級保護区では3月に入り、気温が上昇し続けるのに伴って春摘み茶の成熟が進み、すでに少量の竜井茶の摘採が散発的に始まっている。竜井茶は、摘採期が清明節(今年は4月4日)の前後に当たることと、茶葉そのものも品質に基づき、「明前茶」と「明後茶」に区別される。清明節前の気温は通常比較的低く、茶樹から発芽する葉の数も限られる上、成長速度も比較的遅いため、摘採基準に達する茶葉の生産量は非常に少ない。このことから「明前茶は金のように貴い」と言われてきた。同市には現在、56万ムー(約3万7千ヘクタール)の茶畑があり、うち49万6千ムー(約3万3千ヘクタール)で春摘みが行われている。昨年冬以降の気象条件は茶樹が安全に越冬するのに適していた。3月の気温は全体的に高めで、茶の発芽と成長に有利になるとみられている。今年は、市全体で春摘み茶の生産量が合計1万3千トンに達し、うち有名で高品質な茶が6割を占め、最高級ブランドとして知られる西湖竜井茶の生産量は約550トンになる見込み。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>浙江省杭州市の茶畑の風景、撮影日:2020(令和2)年3月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:36.28
    2020年03月17日
    「新華社」西湖竜井の新茶、間もなく出荷ライブコマースが後押し

    中国では茶葉の販売は主に実店舗で行われており、浙江省で栽培されている有名な西湖竜井(ロンジン)も、以前は80%が実店舗で販売され、電子商取引(EC)は20%にすぎなかった。今年は新型コロナウイルス感染流行の影響により店舗販売が厳しい状況に直面したことから、一部の茶農家はオンラインに方向転換し、新たな販売ルートを開拓している。データによると、電子商取引(EC)サイト「天猫(Tモール)」での今年の西湖竜井の予約販売は前年同期比約4割増となった。うち主要生産地と重要ブランドは伸びがより大きく、前年同期比60%から70%増となっている。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>茶畑の風景、オンライン販売の撮影の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.23
    2020年03月06日
    「新華社」360度除菌、音声操作できるスマート便座も生産を再開

    中国福建省南安市にある衛生陶器メーカー、九牧厨衛のスマート便座製造工場の生産ラインでは6日、従業員らが整然と操業を再開していた。同社の母体となる九牧集団は15億6千万元(1元=約15円)を投資し、工場の全面的な自動化を進め、5大スマート製造プロジェクトを始動。スマート便座だけでも100件以上の特許を取得している。スマート便座の展示ホールでは、従業員が360度除菌や音声操作ができる最新型のスマート便座の実演を行っている。同集団は現在、研究開発スタッフ2千人超からなる設計チームを抱え、世界中に16の実験室と8つの研究所を設置している。今後さらに「一帯一路」の勢いを借り、フィリピンとインドネシアに工場を開設して、福建産自主ブランドであるスマート衛生設備機器を日本へ販売し、中国国内のスマート製造業の発展を後押しするという。(記者/魏培全)<映像内容>スマート便座の生産の様子、撮影日:2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.06
    2020年02月15日
    酒好き左党たちでにぎわう 「西日本新聞」久留米市で酒蔵びらき

    国内有数の酒どころとして知られる久留米市の城島町、三潴町を中心とした8酒蔵の新酒が味わえる「第26回城島酒蔵びらき」(実行委員会主催)が15日、城島町の町民の森をメイン会場として始まった。この日を待ちに待った酒好きの左党たちで大いににぎわった。16日まで。天候が心配されたが、開会式が終わったころから雨も上がり、続々と来場者が押し寄せた。会場では、各銘柄の飲み比べや豊前海一粒かきが味わえる「Kaki×SakeBAR」などで楽しめるほか、おつまみの品ぞろえも充実。会場と西鉄三潴駅、JR荒木駅、各酒蔵を結ぶ無料のシャトルバスを運行している。メイン会場で知人らと杯を交わしていた同市大善寺町の自営業東谷孝徳さん(63)は「朝はあいにくの天気でしたが、新酒を飲んで心も晴れ晴れします」と笑顔だった、撮影日:2020(令和2)年2月15日、撮影場所:福岡県久留米市城島町、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020(令和2)年2月15日、福岡県久留米市城島町

  • 01:19.17
    2020年02月13日
    音や光でレース演出 東京・渋谷にミニ四駆サーキット

    音や光の演出と組み合わせてミニ四駆のレースが楽しめるイベントが13日、東京・渋谷で始まりました。これは、ソニーが模型メーカーのタミヤの協力で立ち上げた「High Speed Colors―ソニーとつくる、新感覚サーキット―」です。 東京都渋谷区にあるソニーの情報発信拠点「ソニースクエア渋谷プロジェクト」にサーキット場を設置。参加者はミニ四駆の車体の色や演出を選び、2人一組で車を走行させます。車体には、選んだデザインが投影され、走行中も音と光の演出がコースを彩って、レースを盛り上げます。このサーキットは、4月下旬まで楽しめるということです。<映像内容>レース雑観、車体へのデザイン投影の様子、走行前にデザインを選ぶ様子、担当者インタビュー(左=ソニーのブランド戦略部ロケーションブランディング課・梶尾桂三統括課長、右=ソニーセミコンダクタソリューションズのシステムソリューション事業部・大山田光夫さん)など。13日午前10時~午後1時ごろ、東京都渋谷区の渋谷モディで撮影<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年2月13日、撮影場所:東京都渋谷区

    撮影: 2020(令和2)年2月13日

  • 01:15.92
    2020年01月10日
    「新華社」吉利汽車傘下のLEVC、東京で新型タクシー専用車を発表

    中国自動車大手、吉利汽車(GEELY)傘下のLondonEVCompany(LEVC)は10日、東京で発表会を開き、日本で発売する新型車「TX」をメディアにお披露目した。LEVCの前身は百年以上の歴史を誇るロンドン・タクシー・カンパニー(LTC)で、2006年に吉利汽車が株式の19・97%を取得。2013年に残りの株式を取得して完全子会社化した。LEVCの日本法人「LEVCジャパン」の小原学社長は会見で、ロンドンタクシーにはディーゼルエンジンやクラシックデザインのような「英国的」なイメージが強いが、今回日本市場に投入する「TX」は全く新しいデザインのタクシー専用車だと紹介。LEVCが今後、化石燃料車の生産を完全にやめ、電気自動車(EV)やレンジエクステンダー式EVタクシーの専門メーカーになると表明した。英国から来日したLEVCのヨーグ・ホフマン最高経営責任者(CEO)は、同社にとって日本は重要な市場だと指摘。日本国内のタクシー台数は約24万台で、うち約5万台が東京にあると述べ、ドイツ最大の都市ベルリンが2万台であることを考えると、東京のマーケットは非常に大きいと日本市場参入への期待を示した。日本市場に参入する新型「TX」はレンジエクステンダー式EVで、バッテリーのみでの走行距離は約130キロ、ガソリン発電の最大航続距離は600キロとなる。環境にやさしいだけでなく、広々とした車内も特徴的で、運転手を除いて最大で6人が乗車できるほか、スロープや回転スペースも確保されており、車いすでも乗り降りしやすい設計になっている。会見に合わせ東京を訪れた吉利汽車の高坡(こう・は)ブランド&PRディレクターは、新華社の取材に対し、今年後半には同車種の中国での生産を開始し、中国市場にも本格的に投入していく考えを示した。(記者/華義、鄧敏)<映像内容>東京でLEVCの新型タクシー専用車発表、撮影日:2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.51
    2020年01月07日
    ひこにゃんに年賀状続々 1万3千通超、国内外から

    滋賀県彦根市は7日、市のゆるキャラ「ひこにゃん」宛てに1万3189通(6日現在)の年賀状が届いたと発表した。年賀状は47都道府県と、米国など5つの国・地域から送られ、最終的には昨年の1万5905通並みになる見通し。過去最多は2018年の1万7473通。ひこにゃんは机に並べられたファンからのたくさんの年賀状やグッズを前に、鈴を鳴らし喜びを表現。「今年もモチっとゆるさに磨きをかけて頑張っていきます!」と市の担当者を通じ抱負を発表した。<映像内容>ひこにゃんに届いた年賀状の物撮り、年賀状を前にしたひこにゃんのフォトセッション、彦根市ひこにゃんブランド推進室の疋田元伯室長のインタビュー、撮影日:2020(令和2)年1月7日、撮影場所:滋賀県彦根市

    撮影: 2020(令和2)年1月7日

  • 01:21.44
    2019年12月27日
    「新華社」河北省平郷自転車博物館で知る巨大産業の発展

    中国河北省中南部に位置する河北省邢台市平郷県は、子ども用自転車やミニカーなどの中国最大の生産地だ。平郷自転車博物館を訪れると、思い出深い「永久」「飛鴿」「鳳凰」などのブランドの自転車が次々と目の前に現れ、まるでタイムマシンに乗って五十数年前に戻ったかのような気分を味わえる。同博物館は自転車の収蔵、展示、研究、教育に一体的に取り組んでおり、中国と世界の自転車の発展史と自転車工業文明を紹介している。館内は収蔵品エリア、新製品展示エリアに分かれ、異なる時代や国の自転車数百台や写真300点余り、千種類以上の自転車部品などを展示している。(記者/白明山)<映像内容>平郷自転車博物館の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:21.01
    2019年12月25日
    バスケ部員が聖火ランナー 日本コカ・コーラ

    日本コカ・コーラは25日、2020年東京五輪の聖火リレーのグループランナーに、東京都立桜修館中等教育学校(東京都目黒区)の女子バスケットボール部員の有志10人を起用すると発表した。走るコースの詳細は未定で今後伝えるという。日本コカ・コーラのスポーツ飲料ブランド「アクエリアス」のCM曲を歌うロックバンド、[ALEXANDROS](アレキサンドロス)が同校を訪れ、サプライズで聖火ランナーに選ばれたことを伝えた。<映像内容>[ALEXANDROS]の会場入り、聖火ランナー発表、雑観、フォトセッション、選ばれた生徒の感想など、撮影日:2019(令和元)年12月25日、撮影場所:東京都目黒区 東京都立桜修館中等教育学校

    撮影: 2019(令和元)年12月25日

  • 02:57.45
    2019年12月09日
    「新華社」中国企業シャオミ、日本市場に本格参入

    スマートフォン出荷台数世界4位の中国企業、小米集団(シャオミ)が9日、同社製品の日本進出発表会を東京で開催した。発表会では、同社国際部東アジア地域担当の王士豪(スティーブン・ワン)総経理が日本市場に進出する製品を詳しく紹介。1億画素と5眼レンズのカメラを搭載したスマホ「MiNote10」、リストバンド型ウェアラブル端末「Miband4」、容量1万ミリアンペア時(mAh)のモバイルバッテリー「Mi18W急速充電パワーバンク3」、遠距離操作ができるスマートIH炊飯器、スーツケースの計5種類をアマゾンジャパンを通じて販売することを明らかにした。世界90以上の国・地域で事業を展開しているシャオミは、スマホ出荷台数でサムスン、華為技術(ファーウェイ)、アップルに次ぐ世界4位となっており、IoTプラットフォームに接続するスマートデバイス数(スマホやノートパソコンを除く)は2億1300万台に上っている。王氏は「誠実な価格で素晴らしい製品」とのモットーの下、中国の新しい技術と高品質の「メードインチャイナ」製品を日本の消費者に届け、シャオミのブランドを認めてもらいたいと、日本進出への思いを語った。プレゼンテーション後の質疑応答で王氏は、ハードウエア事業全体の純利益を5%以内に抑えるという同社のガイドラインについて、「ハードウエアではなく、インターネットサービスで利益を出したい」と理由を説明。今後のIoT関連製品の日本進出について、「どんどん投入していく」と日本市場への期待を示した。会場には今回進出した製品の展示スペースが設けられ、多くの人々がシャオミ製品を手に取って体験していた。また、日本の主要メディアなど200人余りの記者が詰め掛け、スタッフにしきりに質問する場面も見られた。(記者/華義、鄧敏)<映像内容>シャオミが日本市場に本格参入、日本進出発表会の様子、撮影日:2019(令和元)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:56.41
    2019年11月28日
    スケボー平野歩が意欲 住友ゴムの新チーム記者発表会

    夏冬両五輪出場を目指して東京五輪の追加種目スケートボード・パークに挑戦している平野歩夢(木下グループ)が28日、住友ゴム工業が展開するブランド「TEAM FALKEN(ファルケン)」の新チーム発足記者会見に出席し「残り少ない時間だが、今できるベストを突き詰めて頑張りたい」と意気込みを口にした。<映像内容>BMXパーク男子の中村輪夢選手とスノーボード(ハーフパイプ)の松本遥奈選手と平野選手の登場、トーク、質疑応答、フォトセッション、撮影日:2019(令和元)年11月28日、撮影場所:東京都渋谷区神宮前5丁目

    撮影: 2019(令和元)年11月28日

  • 00:55.61
    2019年11月27日
    「新華社」家が建てられるほど大きな氷の塊、見たことある?黒竜江省

    中国の最北端に位置する黒竜江省漠河(ばくが)市は、11月に入ると、あたり一面雪と氷で覆われる。気温が下がり出すと、寒冷地に暮らす人々はますます忙しくなるという。大興安嶺の国有林区の伐採の停止に伴い、同市が観光業を国有林区のモデル転換の中心に据え、「中国の北極」ブランドを打ち出してから、寒冷地の寒さを体験し、独特な東北の雰囲気を味わいに訪れる観光客がますます増えている。同林区では観光シーズンを前に、結氷した湖から氷を切り出して氷灯ろうを作ったり、雪の家を作ったりして、各地からの観光客を迎える準備で忙しい。(記者/馬暁成)<映像内容>結氷した湖から氷を切り出す様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:31.15
    2019年11月20日
    ミズノが競泳水着を発表 大橋悠依ら着用

    スポーツ用品王手のミズノは20日、選手が来年が着用する新しい競泳用水着を発表した。発表会には、大橋悠依選手や渡辺一平選手が新しい水着を着用し感想を述べた。<映像内容>発表会の模様、新水着の物撮り、旧水着の物撮り、ミズノブランドアンバサダーの渡辺一平、大橋悠依、塩浦慎理、ミズノスイムチームの青木玲緒樹、小堀勇気らが参加。フォトセッション、5人の囲みなど、撮影日:2019(令和元)年11月20日、撮影場所:東京都港区

    撮影: 2019(令和元)年11月20日

  • 00:16.42
    2019年11月06日
    「新華社」外国人も中国でスマホ決済可能に!

    中国の電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を運営する螞蟻金服(アントフィナンシャル)は6日、中国国内の外国人観光客向けにアリペイ海外版のサービスを開始したと発表した。アプリをダウンロードして海外の携帯電話番号で登録し、ミニプログラムを開いて身分認証をするだけでサービスの利用が可能になる。海外の銀行カードと紐づけてチャージすれば、中国全域の店舗でアリペイを使った決済ができる。上海市では、多くの外国人観光客がモバイル決済の利用を始めている。外出する際は、モバイル決済可能な携帯電話さえあれば、財布を持たずに街で飲食や遊びを楽しむことができる。中国IT大手、騰訊控股(テンセント)も同日、クレジットカードの世界5大ブランドと提携し、中国香港・マカオ・台湾や外国籍のユーザーが中国大陸でモバイル決済サービス「微信支付(ウィーチャットペイ)」を使えるようにすると発表した。(記者/殷曉聖)<映像内容>中国国内の外国人観光客向けにアリペイ海外版のサービス開始、撮影日:2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:23.35
    2019年11月06日
    サッカー日本代表ユニホーム発表 デザインは「日本晴れ」

    日本サッカー協会は6日、11月の代表戦から着用する新ユニホームを発表した。コンセプトは「日本晴れ」で、濃さの違う五つの青色でさまざまな空を表現したという。<映像内容>アディダスジャパンの担当者西脇大樹氏による説明、遠藤渓太選手が着用した状態でのユニホーム紹介、遠藤選手の感想、フォトセッション、ユニホーム物撮りなど、撮影日:2019(令和元)年11月6日、撮影場所:東京都文京区

    撮影: 2019(令和元)年11月6日

  • 01:04.11
    2019年11月05日
    「新華社」【輸入博】2年連続で出展カネボウがハイエンド新製品を展示

    第2回中国国際輸入博覧会が5日、上海で開幕した。日本の大手化学メーカー花王傘下のカネボウ化粧品は、昨年の積極的な出展に続き、今年も多くの化粧品ブランドの製品を出展した。カネボウは今年、昨年を上回る面積で出展し、花王のファインファイバーを重点的に紹介した。(記者/呉寒氷、陳雨寧)<映像内容>花王のファインファイバー使用の様子、撮影日:2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 1
  • 2
  • 3