KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 産業
  • 中小企業
  • 令和
  • 場所
  • 日刊工業新聞
  • 部品
  • アピール
  • エラー
  • キャッチ
  • シート

「プレス加工」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1978年10月02日
    新型グラブ「ジーワン」 エラーの出にくいグラブ

    近く発売されるエラーの出にくい新型グラブ「ジーワン」。スポーツ製品の総合メーカー佐々木の製作。捕球部分にプレス加工、ゴルフボールについているようなくぼみや溝をつけ、捕球した瞬間、ボールの回転を止めてキャッチしやすいように工夫した。標準小売価格は、6千〜1万円(軟式用)、1万5千〜2万円(硬式用)

    商品コード: 2015071500193

  • 1996年09月21日
    タケダの中国工場 海外移転に活路

    )、産業403S、27日付朝刊以降使用 タケダの中国・深〓工場(大手家電メーカー下請けで、精密プレス加工のタケダ(大阪市))☆土ヘンに川

    商品コード: 1996092100038

  • 2006年01月18日
    説明を受ける小泉首相 中小企業の競争力アピール

    ガスこんろ用温度センサーケースのプレス加工について説明を受ける小泉首相=18日午後、東京都墨田区東向島の岡野工業(代表撮影)

    商品コード: 2006011800179

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年03月25日
    企業が製造する部品 法施行に「助かった」

    返済猶予法を利用している金属プレス加工業者が製造している部品=3月、東京都内

    商品コード: 2013032500515

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年03月25日
    中小企業の工場と社長 法施行に「助かった」

    返済猶予法を活用している金属プレス加工の工場と社長=3月、東京都内

    商品コード: 2013032500514

  • 2014年04月19日
    プレス加工した容器 特産の織物、容器に変身

    「蔵前産業」が開発中の、布をプレス加工した容器=9日、前橋市

    商品コード: 2014041900023

  • 2019年07月10日
    フタバの四角すい状で開口部が円形の角丸構造物

    フタバ(兵庫県播磨町)は、四角すい状で開口部が円形の角丸構造物(写真)の溶接箇所を従来の2辺から1辺に減らせる加工技術を開発した。プレス加工の金型の工夫などで、1枚の鋼板に曲線加工、平板加工を組み合わせる。溶接作業の省力化につなげられる。厚さ6ミリメートル以下の金属板であれば角丸構造物を加工できる。角丸構造物は換気扇ダクトやホッパーなどとして用いられる。接合部が2辺から1辺になれば、溶接の手間、時間が省けるとともに、溶接による素材の熱変性も小さくなる。同社は2018年、開口部が円形の円すい構造物の溶接部を1辺にできるプレス加工技術を開発した。今回、角丸構造物でも同加工法を応用し、溶接部を1辺にできるようにした。=2019(令和元)年7月10日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080903378

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月27日
    関口産業が年末までにIoTシステムを導入するNC旋盤

    関口産業(埼玉県東松山市)は、人手不足への対応などを目的に生産現場の自動化を加速する。2019年末までに数値制御(NC)旋盤30台の稼働状況を監視するIoT(モノのインターネット)システムを導入するほか、品質管理部門では測定記録を無線で自動入力する装置を3セット採用する。いずれも20年初頭に稼働する予定。総投資額は約1500万円を見込む。機械加工部門では現在90台のNC旋盤が稼働中。まずは自動車部品など量産品を加工する30台をIoTで一括管理する。生産品目や数量などの基本データから、装置の通電・運転・切削時間なども細かく把握。モーターの絶縁抵抗値や主軸総回転数、ファン回転数など予防保全データも詳細に収集する。例えば、モーターの過負荷の監視により「部材の削りすぎが分かるし、もっとスピードを上げられることも分かる。同じ部品をつくっているのに数値に違いが出ていれば、不具合を早めに見つけられる」(堀井社長)といった効果を見込んでいる。品質管理にはノギスなどで計測した数値を無線LAN経由で自動的に記録するシステムを入れる。主にコアメタルやピニオンなどの長さや厚みの測定に使う。「今は手作業で測ってシートに手書きしている。値の読み間違いも多い。新システムの導入で、連続的に計測する作業が非常に楽になる」(同)と見ている。同社は人手不足が深刻で、約10年前から海外の技能実習生を受け入れるなど人材の多様化も進めている。17年末にはプレス加工部門に2次元コードやRFID(無線識別)タグで一括管理するシステムを導入。一定の成果を上げており、IoTなど今回のシステム導入の費用対効果を検証しながら、さらに横展開を進めていく。=2019(令和元)年8月27日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100304844

  • 1