KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 仮設住宅
  • 建設現場
  • 中国河北省
  • 新型肺炎
  • 急ピッチ
  • 仮設隔離
  • 新型コロナ
  • 濃厚接触者
  • 石家荘市
  • 隔離施設

「プレハブ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,120
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,120
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    仮設出る村上さん 節目を前に、仮設退去

    東日本大震災で被害を受けた岩手県陸前高田市の「滝の里仮設団地」から引っ越す村上勝也さん(78)。転居先の災害公営住宅に冷蔵庫やテレビなど家財道具を運び出し、プレハブ仮設を後にした。津波で自宅は流失。仮設暮らしは9年7カ月に及んだ。ピーク時に同市で53カ所あった仮設団地もここが最後となり、被災者が入居するのはわずか数戸に。村上さんは自宅跡地での再建を目指すも、土地の引き渡しが遅れるなどして断念。「10年を前に引っ越せて安心した。多くの方との出会いと支援は忘れんね」=2月28日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    津波被害の美容室を再開 あの頃を、取り戻したい

    誰か来ないかな…。2年前に再開した美容室で客を待つ道又ミツさん(76)。岩手県大槌町の自宅兼店舗は東日本大震災の津波で流された。内陸の避難先に建てたプレハブで営業を続けたが、かつてのにぎわいを取り戻したいと以前の場所に店を再建した。だが、なじみの客は震災で亡くなったり、すでに町にいなかったり。町並みは変わり、何もかもがちぐはぐになった。それでも38年間美容師を続けてきたプライドは失っていない。切れそうな気持ちを何とか奮い立たせている=1日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    津波被害の美容室を再開 あの頃を、取り戻したい

    誰か来ないかな…。2年前に再開した美容室で客を待つ道又ミツさん(76)。岩手県大槌町の自宅兼店舗は東日本大震災の津波で流された。内陸の避難先に建てたプレハブで営業を続けたが、かつてのにぎわいを取り戻したいと以前の場所に店を再建した。だが、なじみの客は震災で亡くなったり、すでに町にいなかったり。町並みは変わり、何もかもがちぐはぐになった。それでも38年間美容師を続けてきたプライドは失っていない。切れそうな気持ちを何とか奮い立たせている=1日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県石巻市 震災10年、復興の現在地

    2015年3月3日(上)と今年2月14日の宮城県石巻市。仮設住宅が並んでいた場所は更地となり、企業の誘致が行われている。市の複合文化施設(下、中央)で3月11日に追悼式が行われる予定。ピーク時には約1万7千人が生活した市内のプレハブ仮設住宅は昨年1月に解消した(共同通信社ヘリから)

  • 2021年02月26日
    Hong Kong News - February 26, 2021

    February 26, 2021, Hong Kong, China: The prefabricated double-arch steel bridge for the Cross Bay Link, Tseung Kwan O, erected on the bridge piers. 26FEB21 SCMP / May Tse (Credit Image: © May Tse/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©May Tse/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    California News - February 23, 2021

    February 23, 2021, North Hollywood, California, USA: LA Conservation Corpsmembers help assemble Palletââ¬â¢s prefabricated shelters at Alexandria Park Tiny Home Village along the 170 Freeway in North Hollywood on Tuesday, February 23, 2021. The young adults employed by the Conservation Corps will help build 425 of the tiny homes in Los Angeles for residents experiencing homelessness. (Credit Image: © Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out

  • 2021年02月23日
    California News - February 23, 2021

    February 23, 2021, North Hollywood, California, USA: Palletââ¬â¢s prefabricated shelters are assembled at Alexandria Park Tiny Home Village along the 170 Freeway in North Hollywood on Tuesday, February 23, 2021. The tiny homes will house residents experiencing homelessness. (Credit Image: © Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out

  • 2021年02月23日
    Prefabricated Tiny Home Village In North Hollywood

    February 23, 2021, North Hollywood, California, USA: LA Conservation Corpsmembers help assemble Pallet‘s prefabricated shelters at Alexandria Park Tiny Home Village along the 170 Freeway in North Hollywood. The young adults employed by the Conservation Corps will help build 425 of the tiny homes in Los Angeles for residents experiencing homelessness. (Credit Image: © Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out

  • 2021年02月23日
    California News - February 23, 2021

    February 23, 2021, North Hollywood, California, USA: LA Conservation Corpsmembers help assemble Palletââ¬â¢s prefabricated shelters at Alexandria Park Tiny Home Village along the 170 Freeway in North Hollywood on Tuesday, February 23, 2021. The young adults employed by the Conservation Corps will help build 425 of the tiny homes in Los Angeles for residents experiencing homelessness. (Credit Image: © Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out

  • 2021年02月23日
    Prefabricated Tiny Home Village In North Hollywood

    February 23, 2021, North Hollywood, California, USA: Pallet‘s prefabricated shelters are assembled at Alexandria Park Tiny Home Village along the 170 Freeway in North Hollywood on Tuesday, February 23, 2021. The tiny homes will house residents experiencing homelessness. (Credit Image: © Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out

  • 2021年02月23日
    California News - February 23, 2021

    February 23, 2021, North Hollywood, California, USA: LA Conservation Corpsmembers help assemble Palletââ¬â¢s prefabricated shelters at Alexandria Park Tiny Home Village along the 170 Freeway in North Hollywood on Tuesday, February 23, 2021. The young adults employed by the Conservation Corps will help build 425 of the tiny homes in Los Angeles for residents experiencing homelessness. (Credit Image: © Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out

  • 2021年02月23日
    California News - February 23, 2021

    February 23, 2021, North Hollywood, California, USA: LA Conservation Corpsmembers help assemble Palletââ¬â¢s prefabricated shelters at Alexandria Park Tiny Home Village along the 170 Freeway in North Hollywood on Tuesday, February 23, 2021. The young adults employed by the Conservation Corps will help build 425 of the tiny homes in Los Angeles for residents experiencing homelessness. (Credit Image: © Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out

  • 2021年02月23日
    California News - February 23, 2021

    February 23, 2021, North Hollywood, California, USA: LA Conservation Corpsmembers help assemble Palletââ¬â¢s prefabricated shelters at Alexandria Park Tiny Home Village along the 170 Freeway in North Hollywood on Tuesday, February 23, 2021. The young adults employed by the Conservation Corps will help build 425 of the tiny homes in Los Angeles for residents experiencing homelessness. (Credit Image: © Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out

  • 2021年02月23日
    California News - February 23, 2021

    February 23, 2021, North Hollywood, California, USA: Anthony Vargas, 18, of Lincoln Heights, who join the LA Conservation Corps in October after he said Target would not hire him without work experience, helps assemble Palletââ¬â¢s prefabricated shelters at Alexandria Park Tiny Home Village along the 170 Freeway in North Hollywood on Tuesday, February 23, 2021. The young adults employed by the Conservation Corps will help build 425 of the tiny homes in Los Angeles for residents experiencing homelessness. (Credit Image: © Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out

  • 2021年02月23日
    California News - February 23, 2021

    February 23, 2021, North Hollywood, California, USA: LA Conservation Corpsmembers help assemble Palletââ¬â¢s prefabricated shelters at Alexandria Park Tiny Home Village along the 170 Freeway in North Hollywood on Tuesday, February 23, 2021. The young adults employed by the Conservation Corps will help build 425 of the tiny homes in Los Angeles for residents experiencing homelessness. (Credit Image: © Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Sarah Reingewirtz/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out

  • 2021年02月19日
    Phone

    19 February 2021, Saxony-Anhalt, Halle (Saale): A telephone is standing in front of a prefabricated building in Halle/Saale. Public telephones, formerly also called pay phones, are slowly dying out in the age of smartphones. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月19日
    Phone

    19 February 2021, Saxony-Anhalt, Halle (Saale): A telephone is standing in front of a prefabricated building in Halle/Saale. Public telephones, formerly also called pay phones, are slowly dying out in the age of smartphones. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月19日
    Phone

    19 February 2021, Saxony-Anhalt, Halle (Saale): A telephone is standing in front of a prefabricated building in Halle/Saale. Public telephones, formerly also called pay phones, are slowly dying out in the age of smartphones. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月19日
    Sunny Potsdam

    19 February 2021, Brandenburg, Potsdam: The morning sun shines on the Nikolaikirche and the obelisk at the Alter Markt. On the left in the background is the prefabricated building Staudenhof. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月19日
    Phone

    19 February 2021, Saxony-Anhalt, Halle (Saale): A telephone is standing in front of a prefabricated building in Halle/Saale. Public telephones, formerly also called pay phones, are slowly dying out in the age of smartphones. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:51.75
    2021年02月17日
    空撮と地上撮 土木建築会社の関連会社などを家宅捜索

    大阪府茨木市千提寺の土木建築会社「乾開発工業」の資材置き場で昨年10月、ブロック壁が崩れ、積み上げていた土砂とともに近くにあったプレハブの建物を押しつぶし、中にいた男性1人が死亡、3人がけがをした事故で、府警が17日、宅地造成等規制法違反の疑いで同社と茨木市にある関連会社を家宅捜索したことが捜査関係者への取材で分かった。<映像内容>「乾開発工業」関連会社に家宅捜索に入る大阪府警の捜査員、撮影日:2021(令和3)年2月17日、撮影場所:大阪府茨木市

    撮影: 2021(令和3)年2月17日

  • 2021年02月13日
    Coronavirus - Vaccination in Germany‘s longest prefabricated building

    13 February 2021, Saxony, Leipzig: In Germany‘s longest prefabricated housing complex, around 300 over-80s are receiving their corona vaccination from Johanniter-Unfall-Hilfe employees on behalf of the German Red Cross. A good 200 over 80-year-olds from Germany‘s longest prefabricated building in Leipzig will be vaccinated in their apartment complex on Saturday. This is a test run in a complex where many elderly people live, according to the German Red Cross (DRK). Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    Coronavirus - Vaccination in Germany‘s longest prefabricated building

    13 February 2021, Saxony, Leipzig: Men and women over 80 years old come for their corona vaccination in Germany‘s longest prefabricated building. A good 200 over-80-year-olds from Germany‘s longest prefab building in Leipzig will be vaccinated in their apartment complex on Saturday. This is a test run in a complex where many elderly people live, according to the German Red Cross (DRK). Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    Coronavirus - Vaccination in Germany‘s longest prefabricated building

    13 February 2021, Saxony, Leipzig: In the presence of his 85-year-old wife Helga, 93-year-old Heinz Frieß receives his corona vaccination from an employee of Johanniter-Unfall-Hilfe in Germany‘s longest prefabricated housing complex, in the south-east of the city. A good 200 over 80-year-olds from Germany‘s longest prefab building in Leipzig will be vaccinated in their apartment complex on Saturday. It is a test run in a complex where many elderly people live, according to the German Red Cross (DRK). Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    Coronavirus - Vaccination in Germany‘s longest prefabricated building

    13 February 2021, Saxony, Leipzig: In the presence of his wife Brigitte, 85-year-old Rudolf Ernstberger receives his corona vaccination from an employee of Johanniter-Unfall-Hilfe in Germany‘s longest prefabricated housing complex, in the south-east of the city. A good 200 over 80-year-olds from Germany‘s longest prefabricated building in Leipzig will be vaccinated in their apartment complex on Saturday. It is a test run in a complex where many elderly people live, according to the German Red Cross (DRK). Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    Coronavirus - Vaccination in Germany‘s longest prefabricated building

    13 February 2021, Saxony, Leipzig: 86-year-old Anita Dutschke receives her corona vaccination from an employee of Johanniter-Unfall-Hilfe in Germany‘s longest prefabricated housing complex in the southeast of the city. A good 200 over 80-year-olds from Germany‘s longest prefabricated building in Leipzig will be vaccinated in her apartment complex on Saturday. It is a test run in a complex where many elderly people live, according to the German Red Cross (DRK). Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    Coronavirus - Vaccination in Germany‘s longest prefabricated building

    13 February 2021, Saxony, Leipzig: Over 80-year-old residents are waiting for their corona vaccination in Germany‘s longest prefabricated housing complex, in the southeast of the city. A good 200 over 80-year-olds from Germany‘s longest prefabricated concrete slab building in Leipzig will be vaccinated in their apartment complex on Saturday. It is a test run in a complex where many elderly people live, according to the German Red Cross (DRK). Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    Coronavirus - Vaccination in Germany‘s longest prefabricated building

    13 February 2021, Saxony, Leipzig: A woman over 80 years old in Germany‘s longest prefabricated housing complex, in the south-east of the city, receives her documents from Johanniter-Unfall-Hilfe staff before her corona vaccination. A good 200 over-80-year-olds from Germany‘s longest prefab building in Leipzig will be vaccinated in their apartment complex on Saturday. It is a test run in a complex where many elderly people live, according to the German Red Cross (DRK). Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    Coronavirus - Vaccination in Germany‘s longest prefabricated building

    13 February 2021, Saxony, Leipzig: 86-year-old Anita Dutschke (2nd from right) is informed about the vaccination by a doctor before her corona vaccination in Germany‘s longest prefabricated building in the southeast of the city. A good 200 over 80-year-olds from Germany‘s longest prefab building in Leipzig will be vaccinated in their apartment complex on Saturday. This is a test run in a complex where many elderly people live, according to the German Red Cross (DRK). Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    Operation to remove makeshift bridge Operation to remove makeshift bridge

    Operation to remove makeshift bridge Engineering soldiers take part in an operation to remove a makeshift bridge on a flood-damaged bridge over a stream in Inje, a town in South Korea‘s northeast province of Gangwon, on Feb. 5, 2021. The portable, pre-fabricated, truss bridge was built in August last year, when residents living across the stream were stranded for a week following heavy rain in the region. (Yonhap)/2021-02-05 12:37:50/<Copyright ⓒ 1980-2021 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>=クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    Operation to remove makeshift bridge Operation to remove makeshift bridge

    Operation to remove makeshift bridge Engineering soldiers take part in an operation to remove a makeshift bridge on a flood-damaged bridge over a stream in Inje, a town in South Korea‘s northeast province of Gangwon, on Feb. 5, 2021. The portable, pre-fabricated, truss bridge was built in August last year, when residents living across the stream were stranded for a week following heavy rain in the region. (Yonhap)/2021-02-05 12:37:41/<Copyright ⓒ 1980-2021 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>=クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月03日
    大熊中の生徒 原発事故が奪った古里通学

    福島県会津若松市にある大熊中学校のプレハブ校舎で学校生活を送る長谷川心音さん(中央)ら3人の生徒

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月03日
    大熊中の生徒 原発事故が奪った古里通学

    福島県会津若松市にある大熊中学校のプレハブ校舎で学校生活を送る長谷川心音さん(中央)ら3人の生徒

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月03日
    大熊中の教室 原発事故が奪った古里通学

    福島県会津若松市にある大熊中学校のプレハブ校舎。現在は3年生の女子3人のみが在籍している

  • 00:58.56
    2021年02月02日
    「新華社」最先端の中国高速鉄道用箱桁製作工程福建省

    中国の高速鉄道には多くの橋が架かっており、全線の9割を橋が占める路線もある。橋を多用することで列車の安全性や快適性を効果的に向上させ、土地資源を節約し、建設スピードを加速させることができる。また、プレハブ式箱桁を導入して線路を支えている。中国高速鉄道に使用されている最先端の箱桁は長さ40メートル、重さ約千トンで、風や水による浸食、高温、酷寒などの過酷な自然条件に耐えることができる。モジュール化されたプリセット技術と体系化された付帯設備は、世界の高速鉄道で最高レベル、最高効率を代表するものとなっている。中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十一局集団が新たに建設した、福建省莆田(ほでん)市に位置する福廈(同省福州市-アモイ市)鉄道霊川橋梁製作場でこのほど、長さ40メートル、重さ約千トンのプレストレスト・コンクリート箱桁の製作工程を動画に収めた。 =配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.56
    2021年02月02日
    「新華社」最先端の中国高速鉄道用箱桁製作工程福建省

    中国の高速鉄道には多くの橋が架かっており、全線の9割を橋が占める路線もある。橋を多用することで列車の安全性や快適性を効果的に向上させ、土地資源を節約し、建設スピードを加速させることができる。また、プレハブ式箱桁を導入して線路を支えている。中国高速鉄道に使用されている最先端の箱桁は長さ40メートル、重さ約千トンで、風や水による浸食、高温、酷寒などの過酷な自然条件に耐えることができる。モジュール化されたプリセット技術と体系化された付帯設備は、世界の高速鉄道で最高レベル、最高効率を代表するものとなっている。中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十一局集団が新たに建設した、福建省莆田(ほでん)市に位置する福廈(同省福州市-アモイ市)鉄道霊川橋梁製作場でこのほど、長さ40メートル、重さ約千トンのプレストレスト・コンクリート箱桁の製作工程を動画に収めた。(記者/宋為偉) =配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    オープンした仮設商店街 復興支えたプレハブ商店街

    大槌北小の校庭にオープンした仮設商店街「福幸きらり商店街」=2011年12月、岩手県大槌町

    撮影: 2011年12月、岩手県大槌町

  • 2021年02月01日
    石巻市の仮設商店街 復興支えたプレハブ商店街

    宮城県石巻市の「石巻立町復興ふれあい商店街」=2012年1月

    撮影: 2012年1月

  • 2021年02月01日
    にぎわう仮設商店街 復興支えたプレハブ商店街

    大勢の買い物客らでにぎわう仮設商店街「福幸きらり商店街」=2011年12月、岩手県大槌町

    撮影: 2011年12月、岩手県大槌町

  • 2021年01月24日
    (3)河北省石家荘市の新型コロナ隔離施設を建設する人々

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場で働く作業員。中国河北省石家荘市で13日から建設工事が始まった新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者や二次接触者を収容する仮設隔離施設では、4千人以上の作業員が昼夜を問わず建設作業に取り組んでいる。同施設では19日までにプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。現場では関連作業が順次、急ピッチで進められている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (7)河北省石家荘市の新型コロナ隔離施設を建設する人々

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。中国河北省石家荘市で13日から建設工事が始まった新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者や二次接触者を収容する仮設隔離施設では、4千人以上の作業員が昼夜を問わず建設作業に取り組んでいる。同施設では19日までにプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。現場では関連作業が順次、急ピッチで進められている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (9)河北省石家荘市の新型コロナ隔離施設を建設する人々

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場で天井板を取り付ける作業員。中国河北省石家荘市で13日から建設工事が始まった新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者や二次接触者を収容する仮設隔離施設では、4千人以上の作業員が昼夜を問わず建設作業に取り組んでいる。同施設では19日までにプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。現場では関連作業が順次、急ピッチで進められている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (6)河北省石家荘市の新型コロナ隔離施設を建設する人々

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で13日から建設工事が始まった新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者や二次接触者を収容する仮設隔離施設では、4千人以上の作業員が昼夜を問わず建設作業に取り組んでいる。同施設では19日までにプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。現場では関連作業が順次、急ピッチで進められている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (11)河北省石家荘市の新型コロナ隔離施設を建設する人々

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。中国河北省石家荘市で13日から建設工事が始まった新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者や二次接触者を収容する仮設隔離施設では、4千人以上の作業員が昼夜を問わず建設作業に取り組んでいる。同施設では19日までにプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。現場では関連作業が順次、急ピッチで進められている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (12)河北省石家荘市の新型コロナ隔離施設を建設する人々

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場で天井板を取り付ける作業員。中国河北省石家荘市で13日から建設工事が始まった新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者や二次接触者を収容する仮設隔離施設では、4千人以上の作業員が昼夜を問わず建設作業に取り組んでいる。同施設では19日までにプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。現場では関連作業が順次、急ピッチで進められている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (5)河北省石家荘市の新型コロナ隔離施設を建設する人々

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場にある「加油(頑張れ)」と書かれたプレハブハウス。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で13日から建設工事が始まった新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者や二次接触者を収容する仮設隔離施設では、4千人以上の作業員が昼夜を問わず建設作業に取り組んでいる。同施設では19日までにプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。現場では関連作業が順次、急ピッチで進められている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (4)河北省石家荘市の新型コロナ隔離施設を建設する人々

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場で、窓を取り付ける作業員。中国河北省石家荘市で13日から建設工事が始まった新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者や二次接触者を収容する仮設隔離施設では、4千人以上の作業員が昼夜を問わず建設作業に取り組んでいる。同施設では19日までにプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。現場では関連作業が順次、急ピッチで進められている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (8)河北省石家荘市の新型コロナ隔離施設を建設する人々

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場で食事する作業員。中国河北省石家荘市で13日から建設工事が始まった新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者や二次接触者を収容する仮設隔離施設では、4千人以上の作業員が昼夜を問わず建設作業に取り組んでいる。同施設では19日までにプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。現場では関連作業が順次、急ピッチで進められている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (10)河北省石家荘市の新型コロナ隔離施設を建設する人々

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場で資材を運ぶ作業員。中国河北省石家荘市で13日から建設工事が始まった新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者や二次接触者を収容する仮設隔離施設では、4千人以上の作業員が昼夜を問わず建設作業に取り組んでいる。同施設では19日までにプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。現場では関連作業が順次、急ピッチで進められている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (1)河北省石家荘市の新型コロナ隔離施設を建設する人々

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場で資材を運ぶ作業員。中国河北省石家荘市で13日から建設工事が始まった新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者や二次接触者を収容する仮設隔離施設では、4千人以上の作業員が昼夜を問わず建設作業に取り組んでいる。同施設では19日までにプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。現場では関連作業が順次、急ピッチで進められている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (2)河北省石家荘市の新型コロナ隔離施設を建設する人々

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で13日から建設工事が始まった新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者や二次接触者を収容する仮設隔離施設では、4千人以上の作業員が昼夜を問わず建設作業に取り組んでいる。同施設では19日までにプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。現場では関連作業が順次、急ピッチで進められている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (13)河北省石家荘市の新型コロナ隔離施設を建設する人々

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場で資材を運ぶ作業員。中国河北省石家荘市で13日から建設工事が始まった新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者や二次接触者を収容する仮設隔離施設では、4千人以上の作業員が昼夜を問わず建設作業に取り組んでいる。同施設では19日までにプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。現場では関連作業が順次、急ピッチで進められている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」で、ベッドを組み立てる作業員。中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」で、プレハブハウス周囲の地面にシートを張る作業員。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (9)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (11)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」で、完成したプレハブハウスを清掃する作業員。中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (10)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」で、プレハブハウス周囲の地面にシートを張る作業員。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」で、廊下の清掃をする作業員。中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (1)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスを設置する作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (9)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスの施工に当たる作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (11)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、排水管を敷設する作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (4)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスを組み立てる作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (2)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (5)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスの配電工事をする作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (12)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、排水管を敷設する作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (3)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスを組み立てる作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (8)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスに給湯器を設置する作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (7)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスに扉を設置する作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (6)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスに扉を設置する作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (10)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (13)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.76
    2021年01月11日
    「新華社」路面凍結から鴨池河大橋の安全を守る貴州省

    中国貴州省の大部分の地域では6日以降、強い寒気の影響で気温が急激に低下し、冷たい雨が降り続いたことで路面が凍結、多くの高速道路と一部の幹線道路で一時的な交通規制が実施されている。同省貴陽市と畢節(ひっせつ)市の境を流れる鴨池河(おうちが)に架かる鴨池河大橋は山間部にあり、冬場は路面が凍結しやすいことから、交通警察の重点監視地点となっている。24時間橋の状態を監視するため、橋の欄干外にある作業用通路に監視業務用のプレハブ小屋を設置し、路面凍結などを発見した場合には直ちに対応する態勢を整えた。8人の警察官が四つの班に分かれ、各班が6時間ずつ監視業務に当たる。路上の凍結を発見した場合、速やかに状況を報告するとともに、凍結防止剤をまいて通行の安全を確保する。(記者/崔暁強、劉勤兵、呉斯洋)=配信日:2021(令和3)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    陸前高田の仮設住宅 岩手・宮城の仮設、解消へ

    岩手県陸前高田市のプレハブ仮設住宅=24日

    撮影: 24日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    陸前高田の仮設住宅 岩手・宮城の仮設、解消へ

    岩手県陸前高田市のプレハブ仮設住宅。集会所はイルミネーションに彩られていたが、明かりがともる部屋は少なかった=24日

    撮影: 24日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    陸前高田の仮設住宅 岩手・宮城の仮設、解消へ

    夕闇が迫る岩手県陸前高田市のプレハブ仮設住宅。集会所はイルミネーションに彩られていたが、明かりがともる部屋は少なかった=24日

    撮影: 24日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    陸前高田市の仮設住宅 岩手・宮城の仮設、解消へ

    夕闇が迫る岩手県陸前高田市のプレハブ仮設住宅。明かりがともる部屋は少なかった=27日

    撮影: 27日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    陸前高田市の仮設住宅 岩手・宮城の仮設、解消へ

    夕闇が迫る岩手県陸前高田市のプレハブ仮設住宅。集会所はイルミネーションに彩られていたが、明かりがともる部屋は少なかった=27日

    撮影: 27日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    陸前高田市の仮設住宅 岩手・宮城の仮設、解消へ

    岩手県陸前高田市のプレハブ仮設住宅。大半はすでに退去している=27日

    撮影: 27日

  • 03:08.45
    2020年12月22日
    五輪経費1兆6440億円 組織委が会見

    新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京五輪・パラリンピックの開催経費について、大会組織委員会と東京都は22日、総額1兆6440億円とした予算計画第5版を公表した。会場の仮設設備などについてはプレハブの一時撤去や再設置の費用730億円を上乗せして3890億円、運営に関わるオペレーションは選手村の維持管理や競技備品の保管費540億円を加えて1930億円と、多額の追加費用を計上した。コロナ対策には960億円を充てる。<映像内容>東京都内で行われた東京五輪・パラリンピック組織員会の記者会見、撮影日:2020(令和2)年12月22日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月22日

  • 2020年12月02日
    Urban redevelopment east in Tutow

    02 December 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Tutow: An excavator demolishes a prefabricated concrete slab building in a residential area, each with 44 residential units from GDR times. Since 1990, over 300 apartments have been rebuilt in the community. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月02日
    Urban redevelopment east in Tutow

    02 December 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Tutow: An excavator demolishes a prefabricated concrete slab building in a residential area, each with 44 residential units from GDR times. Since 1990, over 300 apartments have been rebuilt in the community. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月02日
    Urban redevelopment east in Tutow

    02 December 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Tutow: An excavator demolishes a prefabricated concrete slab building in a residential area, each with 44 residential units from GDR times. Since 1990, over 300 apartments have been rebuilt in the community. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月02日
    Urban redevelopment east in Tutow

    02 December 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Tutow: An excavator demolishes a prefabricated concrete slab building in a residential area, each with 44 residential units from GDR times. Since 1990, over 300 apartments have been rebuilt in the community. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月02日
    Urban redevelopment east in Tutow

    02 December 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Tutow: An excavator demolishes a prefabricated concrete slab building in a residential area, each with 44 residential units from GDR times. Since 1990, over 300 apartments have been rebuilt in the community. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月02日
    Urban redevelopment east in Tutow

    02 December 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Tutow: An excavator demolishes a prefabricated concrete slab building in a residential area, each with 44 residential units from GDR times. Since 1990, over 300 apartments have been rebuilt in the community. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月02日
    Urban redevelopment east in Tutow

    02 December 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Tutow: An excavator demolishes a prefabricated concrete slab building in a residential area, each with 44 residential units from GDR times. Since 1990, over 300 apartments have been rebuilt in the community. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:17.23
    2020年10月30日
    首里城、王朝絵巻を投影 31日で火災1年

    首里城(那覇市)の火災から31日で1年となるのを前に、琉球王朝時代をイメージした映像を門や城壁に投影するプロジェクションマッピングが30日、首里城公園で始まった。復興への機運を高めようと沖縄県が主催。11月1日までだが、事前予約制で既に定員に達した。  <映像内容>那覇市の首里城の火災の跡地の様子、新設したプレハブ小屋の「復興展示室」を玉城デニー知事が視察する様子、知事のコメント、プロジェクションマッピング、撮影日:2020(令和2)年10月30日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2020(令和2)年10月30日

  • 2020年10月23日
    見学できる補修作業 首里城の大龍柱、補修開始

    プレハブ小屋の窓越しに見学できる首里城の大龍柱の補修作業=23日午前、那覇市

    撮影: 23日午前、那覇市

  • 2020年10月22日
    Capital of Culture Jury looks to Chemnitz

    22 October 2020, Saxony, Chemnitz: Ulrike Schell (2nd from right) and Norbert Engst are accompanied by a camera team on their tour through the “Fritz-Heckert“ prefabricated concrete slab area on the occasion of the city‘s application for the title of Capital of Culture 2025. The “Chemnitz 2025“ team will take a digital tour of the city with the live broadcast and present Chemnitz to the European jury. On the way through Chemnitz and during discussions with project partners, the jury is to get an impression of the plans on site. On 28 October, the decision will then be made as to which of the five applicant cities will be the Capital of Culture 2025. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    Capital of Culture Jury looks to Chemnitz

    22 October 2020, Saxony, Chemnitz: Ulrike Schell and Norbert Engst (r) are accompanied by a camera team on their tour through the “Fritz-Heckert“ prefabricated concrete slab area on the occasion of the city‘s application for the title of Capital of Culture 2025. The “Chemnitz 2025“ team will take a digital tour of the city with the live broadcast and present Chemnitz to the European jury. On the way through Chemnitz and during discussions with project partners, the jury is to get an on-site impression of the plans. On 28 October, the decision will then be made as to which of the five applicant cities will be the Capital of Culture 2025. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    Capital of Culture Jury looks to Chemnitz

    22 October 2020, Saxony, Chemnitz: Ulrike Schell and Norbert Engst (r) are accompanied by a camera team on their tour through the “Fritz-Heckert“ prefabricated concrete slab area on the occasion of the city‘s application for the title of Capital of Culture 2025. The “Chemnitz 2025“ team will take a digital tour of the city with the live broadcast and present Chemnitz to the European jury. On the way through Chemnitz and during discussions with project partners, the jury is to get an impression of the plans on site. On 28 October, the decision will then be made as to which of the five applicant cities will be the Capital of Culture 2025. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    Chemnitz wants to be the Capital of Culture

    20 October 2020, Saxony, Chemnitz: Pedestrians stand at a traffic light in front of prefabricated buildings in the centre of Chemnitz. Everyday culture is the keyword of Chemnitz‘s application to become the cultural capital of Chemnitz, with which Saxony‘s third largest city wants to prevail over its competitors at the end of the month. In 2025, Germany will be allowed to be one of the two cities alongside Slovenia. On 28.10.2020, the jury will announce who will be the German Capital of Culture in 2025. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    Derelict residential buildings in Hohenschönhausen

    08 October 2020, Berlin: Behind a fence you can see dilapidated prefabricated buildings on Gehrenseestraße, Wartenberger- and Wollenberger Straße. The former hostels for Vietnamese contract workers from the GDR have been empty and dilapidated since the mid-1990s. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    Derelict residential buildings in Hohenschönhausen

    08 October 2020, Berlin: Derelict prefabricated concrete slab buildings on Gehrenseestraße, Wartenberger- and Wollenberger Straße. The former hostels for Vietnamese contract workers from the GDR have been empty and dilapidated since the mid-1990s. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    Derelict residential buildings in Hohenschönhausen

    08 October 2020, Berlin: Behind a fence you can see dilapidated prefabricated buildings on Gehrenseestraße, Wartenberger- and Wollenberger Straße. The former hostels for Vietnamese contract workers from the GDR have been empty and dilapidated since the mid-1990s. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...