KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ベージュ
  • 一世
  • 中国
  • 令和
  • 伝統
  • 内容
  • 北側
  • 場所
  • 庶民
  • 推測

「ベージュ色」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Study of a man with long, curly hair.

    Study of a man with long, curly hair. Silver nib hightened with white on beige-coloured paper. 12 x 12 cm INV 1784 B recto. Author: LORENZO DI CREDI. Location: Louvre, Dpt. des Arts Graphiques, Paris, France.、クレジット:Erich Lessing/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020071312110

  • 1976年03月27日
    皇居に「蓮池参集所」完成

    宮内庁舎北側に完成、29日に落成式が行われる「蓮池参集所」。叙勲者が集合する“控所”として使用される。鉄骨造りの平屋で屋根は濃いグリーン、壁面は淡いベージュ色、窓が大きく明るいイメージ=1976(昭和51)年3月27日、皇居

    商品コード: 2013080600443

  • 1978年02月13日
    ロングコートにスカーフ 古都に映える プリンセス・ファッション

    ベージュ色のスエードのロングコートにスカーフでパラつく雨対策は万全。関西地方をご旅行中のノルウェーのハラルド皇太子夫妻。日本が初めてのソニア妃は、大学での専攻が「美術」といわれるだけあって、関西旅行を強く希望されたとか=奈良・東大寺(写真ニュース「古都に映える プリンセス・ファッション」3枚組の2)

    商品コード: 2015041500209

  • 03:16.29
    2016年01月13日
    JR東の豪華寝台・四季島 制服モチーフは東北の伝統

    JR東日本は13日、2017年春から運行を始める豪華寝台列車「トランスイート四季島(しきしま)」の車内で接客を担当するスタッフの制服を発表した。植物から作った糸で織る東北伝統の「からむし布」をイメージしたベージュ色のジャケットに、深緑色のズボン・スカートとネクタイという装い。伝統の組みひもで作った襟章も付ける。四季島は、東北や北海道を周遊するルートで運行される。〈映像内容〉接客を担当するスタッフの制服など、撮影日:2016(平成28)年1月13日、撮影場所:不明

    商品コード: 2019110707105

  • 2018年05月31日
    早稲田大学・資料

    早稲田大学の早稲田キャンパス(右奥に大隈講堂)=東京都新宿区

    商品コード: 2018053100678

  • 02:24.00
    2018年10月25日
    「新華社」800年前のレリーフと木製像発見ペルー·チャンチャン遺跡

    南米ペルーの文化省はこのほど、同国の考古学者が7月に世界遺産として知られるチャンチャン古代都市遺跡で、800年前のものとみられるレリーフが施された壁や20体の木製人物像を発見したと発表した。チャンチャン遺跡はペルー北西部の都市トルヒーリョから北西に4キロほどの場所にあり、12世紀に建設された世界最大の日干しレンガ造りの古代都市。今回発見されたレリーフの壁や木製像は遺跡北側の区画にあり、これまで泥と日干しレンガのかけらに埋もれていた。発掘修復プロジェクト責任者のエンリケ・ガヨソ氏によると、チャンチャン遺跡はトルヒーリョ近郊の海岸沿いの砂漠地帯にあり、壁に施された正方形と波模様のレリーフはそれぞれ、魚を捕る網と海の波を象徴している。また、土壁の中に規則正しく並べられた20体の木製人物像は、1100~1300年の間に作られた可能性があり、像のうち1体がひどく破損しているほかは、保存状態が良好だという。像はいずれも直立した状態で高さ約70センチ。顔は粘土と砕いた貝殻か骨を混ぜて作ったベージュ色の仮面に覆われ、両手にそれぞれつえと盾を持っている。同国の考古学者は、手にしているつえはこれらの人物の地位と階層を表し、盾は防御と保護を意味すると考えている。古代都市チャンチャンは「アメリカ大陸の建築上の傑作」とされる。この日干しレンガの建造物は、自然による浸食や盗掘者による破壊で脆弱になっていることから、1986年の遺産登録と同時に危機遺産リストにも登録されている。(記者/張国英)<映像内容>チャンチャン古代都市遺跡の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925478

  • 00:30.39
    2021年08月13日
    「新華社」中国版ゴルフ?900年前の人気スポーツ「捶丸」とは

    ゴルフは世界の人気スポーツだが、中国では約900年前の宋代に中国版ゴルフともいえる「捶丸(すいがん)」が一世を風靡し、皇帝から庶民までが親しんだ。江西省博物館の収蔵品に、同省吉安市の吉州窯跡から出土した宋代褐彩磁器の捶丸がある。素地はベージュ色で、表面には顔料で褐色の渦巻き模様が描かれている。同館で陶磁器を管理する陳之川(ちん・しせん)さんは、中が詰まっており、大きさはゴルフボールとほぼ同じだと説明。「宋代吉州窯の生産規模や商業化の程度を考え合わせると、捶丸は当時の人気商品だったと推測できる」と語った。陳さんによると、捶丸の起源は唐代の「歩打球」で、宋から金、元にかけて成熟して広まり、盛んとなった。元の世祖フビライの至元19(1282)年には捶丸に関する専門書「丸経」も編さんされた。同書の記載によると、捶丸は杖で球を打つとあり、競技場所の選定やホールの設置など驚くほどゴルフに似ているという。丸経には「宋の徽宗と金の章宗が捶丸を好んだ」と書かれており、捶丸が当時既に普及していたことが分かる。宋~元代の壁画や宮廷画、磁器枕にも捶丸に関する絵を多く目にすることができる。(記者/袁慧晶) =配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304708

  • 2021年08月13日
    中国版ゴルフ?900年前の人気スポーツ「捶丸」とは

    吉州窯跡から出土した宋代褐彩磁器の捶丸。(江西省博物館蔵、資料写真)ゴルフは世界の人気スポーツだが、中国では約900年前の宋代に中国版ゴルフともいえる「捶丸(すいがん)」が一世を風靡し、皇帝から庶民までが親しんだ。江西省博物館の収蔵品に、同省吉安市の吉州窯跡から出土した宋代褐彩磁器の捶丸がある。素地はベージュ色で、表面には顔料で褐色の渦巻き模様が描かれている。同館で陶磁器を管理する陳之川(ちん・しせん)さんは、中が詰まっており、大きさはゴルフボールとほぼ同じだと説明。「宋代吉州窯の生産規模や商業化の程度を考え合わせると、捶丸は当時の人気商品だったと推測できる」と語った。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304648

  • 1