KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • チョモランマ
  • 世界最高峰
  • キャンプ
  • 標高測量
  • 日本代表
  • 晋美多吉
  • 生物多様性
  • ドローン
  • 小型無人機
  • エベレスト

「ベースキャンプ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
377
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
377
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年11月30日
    Camp Pendleton Fire Department

    November 30, 2020 - Camp Pendleton, California, USA - A firefighter with the Camp Pendleton Fire Department hoses down a fire in the 25 Area on Marine Corps Base Camp Pendleton, California, Nov. 30, 2020. The fire burned approximately five acres and didnt cause any damage to buildings in the area. (Credit Image: © Andrew Cortez/U.S. Marines/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©Andrew Cortez/U.S. Marines/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

  • 2020年11月03日
    Marine Corps Combat Readiness Evaluation

    November 3, 2020 - Camp Pendleton, California, USA - U.S. Marines with Co. B, 1st Battalion, 7th Marine Regiment, 1st Marine Division conduct an amphibious assault with 3rd Assault Amphibian Battalion during their Marine Corps Combat Readiness Evaluation (MCCRE) at Marine Corps Base Camp Pendleton, Calif., Nov. 2, 2020. The purpose of a MCCRE, is to formally evaluate the unit‘s core and/or assigned mission essential tasks in order to ensure service standardization and combat readiness. (Credit Image: © U.S. Marines/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©U.S. Marines/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

  • 2020年11月03日
    Assault Amphibian Battalion

    November 3, 2020 - Camp Pendleton, California, USA - U.S. Marines with Co. B, 1st Battalion, 7th Marine Regiment, 1st Marine Division conduct an amphibious assault with 3rd Assault Amphibian Battalion during their Marine Corps Combat Readiness Evaluation (MCCRE) at Marine Corps Base Camp Pendleton, Calif., Nov. 2, 2020. The purpose of a MCCRE, is to formally evaluate the unit‘s core and/or assigned mission essential tasks in order to ensure service standardization and combat readiness. (Credit Image: © U.S. Marines/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©U.S. Marines/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    Charlie Company Close Quarter Tactical Drills

    September 29, 2020 - Camp Pendleton, California, USA - A U.S. Marine with Charlie Company, 1st Reconnaissance Battalion, 1st Marine Division, fires from an M4A1 carbine during a close quarters tactics nighttime drill at Marine Corps Base Camp Pendleton, Calif., Sept. 29, 2020. Charlie Co. performs nighttime drills to build familiarity with nighttime operations. (Credit Image: © Israel Chincio/U.S. Marines/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©Israel Chincio/U.S. Marines/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    India Company Lights Up Range 706

    September 2, 2020 - Camp Pendleton, California, USA - U.S. Marines with India Company, Marine Combat Training Battalion, School of Infantry - West, sight in down range during a night live-fire exercise at Range 706 on Marine Corps Base Camp Pendleton, California, Septembert. 2, 2020. The mission of MCT is to give non-infantry Marines a foundational understanding of leadership and the basic tenets of maneuver warfare. (Credit Image: © Andrew Cortez/U.S. Marines/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©Andrew Cortez/U.S. Marines/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

  • 2020年08月16日
    Colorado Wildfires 2020: For Firefighters, Camp Life Looks Different During a Pandemic

    August 16, 2020, Glenwood Springs, Colorado, USA: On July 6th ALAN COX returned to his land to make some much needed repairs on the homestead that has been in his family for four generations. When the Grizzly Creek Fire broke out on August 10, he extended his stay and opened up his land for 200 firefighters to make their base camp. COX declined offers of compensation stating that it was an honor to have is property used this way. (Credit Image: © Laurel Smith/ZUMA Wire)、クレジット:©Laurel Smith/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    Marine Corps Combat Readiness Evaluation

    August 12, 2020 - Marine Corps Base Camp Pendleton, California, USA - U.S. Marine Lance Cpl. James Esquibel, a rifleman with 3rd Battalion, 4th Marine Regiment, 1st Marine Division scans a road for notional enemies during a Marine Corps Combat Readiness Evaluation (MCCRE) on Marine Corps Base Camp Pendleton, Calif., August. 12, 2020. A MCCRE is conducted to ensure unit standardization and combat readiness in preparation for operational deployments. (Credit Image: © Benjamin Aulick/U.S. Marines/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©Benjamin Aulick/U.S. Marines/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    BaseCamp Young Hostel Bonn

    A part of the BaseCamp Young Hostel Bonn is seen on July 13, 2020, in Bonn, Germany. (CTK Photo/Martin Weiser)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    BaseCamp Young Hostel Bonn

    The BaseCamp Young Hostel Bonn is seen on July 13, 2020, in Bonn, Germany. (CTK Photo/Martin Weiser)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    BaseCamp Young Hostel Bonn

    A part of the BaseCamp Young Hostel Bonn is seen on July 13, 2020, in Bonn, Germany. (CTK Photo/Martin Weiser)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    BaseCamp Young Hostel Bonn

    A part of the BaseCamp Young Hostel Bonn is seen on July 13, 2020, in Bonn, Germany. (CTK Photo/Martin Weiser)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    BaseCamp Young Hostel Bonn, Volkswagen Transporter T2

    A part of the BaseCamp Young Hostel Bonn is seen on July 13, 2020, in Bonn, Germany. (CTK Photo/Martin Weiser)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    BaseCamp Young Hostel Bonn

    A part of the BaseCamp Young Hostel Bonn is seen on July 13, 2020, in Bonn, Germany. (CTK Photo/Martin Weiser)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    BaseCamp Young Hostel Bonn

    The BaseCamp Young Hostel Bonn is seen on July 13, 2020, in Bonn, Germany. (CTK Photo/Martin Weiser)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    BaseCamp Young Hostel Bonn

    A part of the BaseCamp Young Hostel Bonn is seen on July 13, 2020, in Bonn, Germany. (CTK Photo/Martin Weiser)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    BaseCamp Young Hostel Bonn

    A part of the BaseCamp Young Hostel Bonn is seen on July 13, 2020, in Bonn, Germany. (CTK Photo/Martin Weiser)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2020年06月04日
    EOTG Aids In Raid 1 Training Exercise

    June 4, 2020 - Washington, District of Columbia, USA - U.S. Marine Corps Sgt. Matthew Crane, a radio operator with Expeditionary Operations Training Group (EOTG) I Marine Expeditionary Force, programs radios for communication across the training area for Raid 1 at Marine Corps Air Ground Combat Center Twentynine Palms, California, June 4, 2020. EOTG utilizes radio communication during Raid 1 to keep in constant contact with training personnel and range control to safely and effectively facilitate the training exercise. (Credit Image: © Garrett Kiger/U.S. Marines/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©Garrett Kiger/U.S. Marines/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

  • 2020年06月02日
    Camp Lejeune Marksmanship Training

    June 2, 2020 - Camp Lejeune, North Carolina, USA - U.S. Marine Corps Cpl Sean T. Devine, a forward observer with 1st Battalion, 10th Marine Regiment, 2d Marine Division, marks a target on Bravo Range at Stone Bay on Marine Corps Base Camp Lejeune, North Carolina, June 2, 2020. Weapons Training Battalion has incorporated social distancing and the use of protective masks in range operations in order to sustain combat proficiency for mission readiness during the COVID-19 outbreak. (Credit Image: © U.S. Marines/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©U.S. Marines/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    空から見たチョモランマチベット自治区

    チョモランマベースキャンプに向かうつづら折りの道。(5月29日、小型無人機から)中国チベット自治区に位置するチョモランマ北稜では、生命の息を感じさせる麓の高原湿地、つづら折りの道、静かな村落、壮麗な絨布氷河、雪や氷の世界のようなべースキャンプなど、他にはない特別な風景を見ることができる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    空から見たチョモランマチベット自治区

    チョモランマベースキャンプに向かうつづら折りの道。(5月29日、小型無人機から)中国チベット自治区に位置するチョモランマ北稜では、生命の息を感じさせる麓の高原湿地、つづら折りの道、静かな村落、壮麗な絨布氷河、雪や氷の世界のようなべースキャンプなど、他にはない特別な風景を見ることができる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月28日
    チョモランマ標高測量登山隊、ベースキャンプに無事帰還

    28日、陝西省測量・製図地理情報局の楊宏山(よう・こうざん)局長(右)は登山隊のツェノール隊長に、哈達(カタ、敬意を表す帯状の布)を捧げ、測量の成功を祝った。世界最高峰チョモランマで標高の測量を行った中国登山隊の隊員8人が28日午後8時45分、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプに無事帰還し、今回の測量任務を円満に終えた。登山隊員8人は27日午前11時に登頂に成功し、測量を行った。全員体調は良好だという。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月28日
    チョモランマ標高測量登山隊、ベースキャンプに無事帰還

    28日、ベースキャンプに帰還し記念撮影をする登山隊員。世界最高峰チョモランマで標高の測量を行った中国登山隊の隊員8人が28日午後8時45分、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプに無事帰還し、今回の測量任務を円満に終えた。登山隊員8人は27日午前11時に登頂に成功し、測量を行った。全員体調は良好だという。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月28日
    チョモランマ標高測量登山隊、ベースキャンプに無事帰還

    28日、ベースキャンプに帰還する登山隊員。世界最高峰チョモランマで標高の測量を行った中国登山隊の隊員8人が28日午後8時45分、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプに無事帰還し、今回の測量任務を円満に終えた。登山隊員8人は27日午前11時に登頂に成功し、測量を行った。全員体調は良好だという。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月28日
    チョモランマ標高測量登山隊、ベースキャンプに無事帰還

    28日、ベースキャンプに帰還する登山隊員。世界最高峰チョモランマで標高の測量を行った中国登山隊の隊員8人が28日午後8時45分、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプに無事帰還し、今回の測量任務を円満に終えた。登山隊員8人は27日午前11時に登頂に成功し、測量を行った。全員体調は良好だという。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月28日
    チョモランマ標高測量登山隊、ベースキャンプに無事帰還

    28日、ベースキャンプに帰還する登山隊員。世界最高峰チョモランマで標高の測量を行った中国登山隊の隊員8人が28日午後8時45分、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプに無事帰還し、今回の測量任務を円満に終えた。登山隊員8人は27日午前11時に登頂に成功し、測量を行った。全員体調は良好だという。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月28日
    チョモランマ標高測量登山隊、ベースキャンプに無事帰還

    28日、ベースキャンプに帰還し歓迎を受ける登山隊員。世界最高峰チョモランマで標高の測量を行った中国登山隊の隊員8人が28日午後8時45分、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプに無事帰還し、今回の測量任務を円満に終えた。登山隊員8人は27日午前11時に登頂に成功し、測量を行った。全員体調は良好だという。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月28日
    チョモランマ標高測量登山隊、ベースキャンプに無事帰還

    28日、ベースキャンプに帰還する登山隊員。世界最高峰チョモランマで標高の測量を行った中国登山隊の隊員8人が28日午後8時45分、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプに無事帰還し、今回の測量任務を円満に終えた。登山隊員8人は27日午前11時に登頂に成功し、測量を行った。全員体調は良好だという。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月28日
    チョモランマ標高測量登山隊、ベースキャンプに無事帰還

    28日、ベースキャンプに帰還する登山隊員。世界最高峰チョモランマで標高の測量を行った中国登山隊の隊員8人が28日午後8時45分、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプに無事帰還し、今回の測量任務を円満に終えた。登山隊員8人は27日午前11時に登頂に成功し、測量を行った。全員体調は良好だという。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月28日
    チョモランマ標高測量登山隊、ベースキャンプに無事帰還

    28日、ベースキャンプに帰還する登山隊員。世界最高峰チョモランマで標高の測量を行った中国登山隊の隊員8人が28日午後8時45分、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプに無事帰還し、今回の測量任務を円満に終えた。登山隊員8人は27日午前11時に登頂に成功し、測量を行った。全員体調は良好だという。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月28日
    チョモランマ標高測量登山隊、ベースキャンプに無事帰還

    28日、ベースキャンプに帰還する登山隊員。世界最高峰チョモランマで標高の測量を行った中国登山隊の隊員8人が28日午後8時45分、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプに無事帰還し、今回の測量任務を円満に終えた。登山隊員8人は27日午前11時に登頂に成功し、測量を行った。全員体調は良好だという。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、登頂成功を祝う

    27日、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプでシャンパンを開け、登頂成功を祝うスタッフ。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日午前、登頂に成功した。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、アタックキャンプ出発

    27日、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプで、標高8300メートルのアタックキャンプにいる登頂隊員と通話するチョモランマ高度測量登山隊総指揮、国家体育総局登山管理センター副主任の王勇峰(おう・ゆうほう)氏。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊8人は27日午前2時10分(日本時間同3時10分)ごろ、標高8300メートルのアタックキャンプ(アドバンスキャンプ)を出発し、頂上に向かった。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、アタックキャンプ出発

    27日、世界最高峰チョモランマの頂上へ向かう登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊8人は27日午前2時10分(日本時間同3時10分)ごろ、標高8300メートルのアタックキャンプ(アドバンスキャンプ)を出発し、頂上に向かった。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、頂上で測量作業を開始

    27日、チョモランマの頂上で測量作業を行う登山隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日、登頂に成功した。隊員らは頂上に測量標識を立て、GNSS(全世界測位衛星システム)用アンテナを取り付け、各測量作業を開始した。45年前の5月27日、中国人が初めてチョモランマの頂上に測量標識を設置した。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、登頂成功を祝う

    27日、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプでシャンパンを開け、登頂成功を祝うスタッフ。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日午前、登頂に成功した。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、頂上で測量作業を開始

    27日、チョモランマの頂上で測量作業を行う登山隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日、登頂に成功した。隊員らは頂上に測量標識を立て、GNSS(全世界測位衛星システム)用アンテナを取り付け、各測量作業を開始した。45年前の5月27日、中国人が初めてチョモランマの頂上に測量標識を設置した。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    超望遠レンズが捉えたチョモランマ頂上の登山隊

    27日、超望遠レンズで撮影したチョモランマ標高測量登山隊の姿。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日午前、登頂に成功した。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、頂上へ向かう

    27日、世界最高峰チョモランマの頂上へ向かう登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊8人は27日午前2時10分(日本時間同3時10分)ごろ、標高8300メートルのアタックキャンプ(アドバンスキャンプ)を出発し、頂上に向かった。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、頂上へ向かう

    27日、世界最高峰チョモランマの頂上へ向かう登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊8人は27日午前2時10分(日本時間同3時10分)ごろ、標高8300メートルのアタックキャンプ(アドバンスキャンプ)を出発し、頂上に向かった。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、登頂に成功

    27日、頂上に到達した登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日午前、登頂に成功した。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/辺巴)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、頂上で測量作業を開始

    27日、チョモランマの頂上で測量作業を行う登山隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日、登頂に成功した。隊員らは頂上に測量標識を立て、GNSS(全世界測位衛星システム)用アンテナを取り付け、各測量作業を開始した。45年前の5月27日、中国人が初めてチョモランマの頂上に測量標識を設置した。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    超望遠レンズが捉えたチョモランマ頂上の登山隊

    27日、超望遠レンズで撮影したチョモランマ標高測量登山隊の姿。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日午前、登頂に成功した。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、アタックキャンプ出発

    27日、登山装備を着用する登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊8人は27日午前2時10分(日本時間同3時10分)ごろ、標高8300メートルのアタックキャンプ(アドバンスキャンプ)を出発し、頂上に向かった。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、登頂成功を祝う

    27日、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプでシャンパンを開け、登頂成功を祝うスタッフ。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日午前、登頂に成功した。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、頂上へ向かう

    27日、世界最高峰チョモランマの頂上へ向かう登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊8人は27日午前2時10分(日本時間同3時10分)ごろ、標高8300メートルのアタックキャンプ(アドバンスキャンプ)を出発し、頂上に向かった。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、頂上で測量作業を開始

    27日、チョモランマの頂上で測量作業を行う登山隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日、登頂に成功した。隊員らは頂上に測量標識を立て、GNSS(全世界測位衛星システム)用アンテナを取り付け、各測量作業を開始した。45年前の5月27日、中国人が初めてチョモランマの頂上に測量標識を設置した。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、頂上で測量作業を開始

    27日、チョモランマの頂上で測量作業を行う登山隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日、登頂に成功した。隊員らは頂上に測量標識を立て、GNSS(全世界測位衛星システム)用アンテナを取り付け、各測量作業を開始した。45年前の5月27日、中国人が初めてチョモランマの頂上に測量標識を設置した。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、登頂成功を祝う

    27日、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプでシャンパンを開け、登頂成功を祝うスタッフ。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日午前、登頂に成功した。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、登頂成功を祝う

    27日、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプに設置された指揮テント内のスタッフら。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日午前、登頂に成功した。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、アタックキャンプ出発

    27日、世界最高峰チョモランマの頂上へ向かう登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊8人は27日午前2時10分(日本時間同3時10分)ごろ、標高8300メートルのアタックキャンプ(アドバンスキャンプ)を出発し、頂上に向かった。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/辺巴)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、登頂成功を祝う

    27日、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプでシャンパンを開け、登頂成功を祝うスタッフ。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日午前、登頂に成功した。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、アタックキャンプ出発

    27日、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプ。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊8人は27日午前2時10分(日本時間同3時10分)ごろ、標高8300メートルのアタックキャンプ(アドバンスキャンプ)を出発し、頂上に向かった。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、頂上へ向かう

    27日、世界最高峰チョモランマの頂上へ向かう登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊8人は27日午前2時10分(日本時間同3時10分)ごろ、標高8300メートルのアタックキャンプ(アドバンスキャンプ)を出発し、頂上に向かった。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    超望遠レンズが捉えたチョモランマ頂上の登山隊

    27日、超望遠レンズで撮影したチョモランマ標高測量登山隊の姿。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日午前、登頂に成功した。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、頂上へ向かう

    27日、世界最高峰チョモランマの頂上へ向かう登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊8人は27日午前2時10分(日本時間同3時10分)ごろ、標高8300メートルのアタックキャンプ(アドバンスキャンプ)を出発し、頂上に向かった。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、頂上へ向かう

    27日、世界最高峰チョモランマの頂上へ向かう登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊8人は27日午前2時10分(日本時間同3時10分)ごろ、標高8300メートルのアタックキャンプ(アドバンスキャンプ)を出発し、頂上に向かった。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、登頂成功を祝う

    27日、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプでシャンパンを開け、登頂成功を祝うスタッフ。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日午前、登頂に成功した。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、頂上で測量作業を開始

    27日、チョモランマの頂上で測量作業を行う登山隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日、登頂に成功した。隊員らは頂上に測量標識を立て、GNSS(全世界測位衛星システム)用アンテナを取り付け、各測量作業を開始した。45年前の5月27日、中国人が初めてチョモランマの頂上に測量標識を設置した。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、アタックキャンプ出発

    27日、出発前の準備作業をする登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊8人は27日午前2時10分(日本時間同3時10分)ごろ、標高8300メートルのアタックキャンプ(アドバンスキャンプ)を出発し、頂上に向かった。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、アタックキャンプ出発

    27日、世界最高峰チョモランマの頂上へ向かう登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊8人は27日午前2時10分(日本時間同3時10分)ごろ、標高8300メートルのアタックキャンプ(アドバンスキャンプ)を出発し、頂上に向かった。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、頂上で測量作業を開始

    27日、チョモランマの頂上で測量作業を行う登山隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日、登頂に成功した。隊員らは頂上に測量標識を立て、GNSS(全世界測位衛星システム)用アンテナを取り付け、各測量作業を開始した。45年前の5月27日、中国人が初めてチョモランマの頂上に測量標識を設置した。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、アタックキャンプ出発

    27日、世界最高峰チョモランマの頂上へ向かう登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊8人は27日午前2時10分(日本時間同3時10分)ごろ、標高8300メートルのアタックキャンプ(アドバンスキャンプ)を出発し、頂上に向かった。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、頂上で測量作業を開始

    27日、チョモランマの頂上で測量作業を行う登山隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日、登頂に成功した。隊員らは頂上に測量標識を立て、GNSS(全世界測位衛星システム)用アンテナを取り付け、各測量作業を開始した。45年前の5月27日、中国人が初めてチョモランマの頂上に測量標識を設置した。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、アタックキャンプ出発

    27日、世界最高峰チョモランマの頂上へ向かう登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊8人は27日午前2時10分(日本時間同3時10分)ごろ、標高8300メートルのアタックキャンプ(アドバンスキャンプ)を出発し、頂上に向かった。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/辺巴)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、登頂に成功

    27日、頂上に到達した登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日午前、登頂に成功した。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、頂上で測量作業を開始

    27日、チョモランマの頂上で測量作業を行う登山隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日、登頂に成功した。隊員らは頂上に測量標識を立て、GNSS(全世界測位衛星システム)用アンテナを取り付け、各測量作業を開始した。45年前の5月27日、中国人が初めてチョモランマの頂上に測量標識を設置した。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、アタックキャンプ出発

    27日、標高8300メートルのアタックキャンプを出発する登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊8人は27日午前2時10分(日本時間同3時10分)ごろ、標高8300メートルのアタックキャンプ(アドバンスキャンプ)を出発し、頂上に向かった。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、アタックキャンプ出発

    27日、世界最高峰チョモランマの頂上へ向かう登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊8人は27日午前2時10分(日本時間同3時10分)ごろ、標高8300メートルのアタックキャンプ(アドバンスキャンプ)を出発し、頂上に向かった。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、登頂成功を祝う

    27日、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプでシャンパンを開け、登頂成功を祝うスタッフ。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日午前、登頂に成功した。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    チョモランマ標高測量登山隊、登頂成功を祝う

    27日、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプで登山隊員と通話するチョモランマ高度測量登山隊総指揮、国家体育総局登山運動管理センター副主任の王勇峰(おう・ゆうほう)氏(右端)。世界最高峰チョモランマの標高を測量する中国の登山隊は27日午前、登頂に成功した。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    15th MEU Recon Marines Jump Into Action

    May 26, 2020 - Camp Pendleton, California, USA - U.S. Marines with All-Domain Reconnaissance Detachment, 15th Marine Expeditionary Unit, descend during freefall parachute operations at Marine Corps Base Camp Pendleton, California, May 26, 2020. The parachute training honed participantsâ tactical readiness for insertion into locations where other methods may not be viable in preparation for an upcoming deployment. (Credit Image: © U.S. Marine/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©U.S. Marine/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    中国の測量チーム、標高8300メートル地点に向け出発

    26日、2号キャンプを出発し、標高8300メートルのキャンプへ向かう登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を再測定する中国測量チームによると、登頂隊員8人が26日午前11時、標高7790メートル地点にある2号キャンプを出発した。同日中に標高8300メートルのキャンプに到着し、翌未明に頂上へのアタックを開始する予定。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    中国の測量チーム、標高8300メートル地点に向け出発

    26日、2号キャンプを出発し、標高8300メートルのキャンプへ向かう登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を再測定する中国測量チームによると、登頂隊員8人が26日午前11時、標高7790メートル地点にある2号キャンプを出発した。同日中に標高8300メートルのキャンプに到着し、翌未明に頂上へのアタックを開始する予定。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    中国の測量チーム、標高8300メートル地点に向け出発

    26日、2号キャンプを出発し、標高8300メートルのキャンプへ向かう登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を再測定する中国測量チームによると、登頂隊員8人が26日午前11時、標高7790メートル地点にある2号キャンプを出発した。同日中に標高8300メートルのキャンプに到着し、翌未明に頂上へのアタックを開始する予定。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    中国の測量チーム、標高8300メートル地点に向け出発

    26日、2号キャンプを出発し、標高8300メートルのキャンプへ向かう登頂隊員。世界最高峰チョモランマの標高を再測定する中国測量チームによると、登頂隊員8人が26日午前11時、標高7790メートル地点にある2号キャンプを出発した。同日中に標高8300メートルのキャンプに到着し、翌未明に頂上へのアタックを開始する予定。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/扎西次仁)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月25日
    空から見たチョモランマチベット自治区

    チョモランマの景色。(5月25日、小型無人機から)中国チベット自治区に位置するチョモランマ北稜では、生命の息を感じさせる麓の高原湿地、つづら折りの道、静かな村落、壮麗な絨布氷河、雪や氷の世界のようなべースキャンプなど、他にはない特別な風景を見ることができる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月25日
    最高峰に挑む人々チョモランマ登攀60年の記録

    左:2005年の春の登山シーズンに測量や登山、科学研究などのチームを支えるため、地元の人々がチョモランマベースキャンプに設営したテント。(資料写真)右:2020チョモランマ高度測量作業中、ごみの集中保管場所に転用されたテント。かつては登山隊で最も上等なテントとされていた。(ラサ=新華社記者/普布扎西)1960年5月25日午前4時20分、平均年齢24歳の王富洲(おう・ふしゅう)、貢布(ガンプ)、屈銀華(くつ・ぎんか)という勇敢な3氏が、中国人を代表して初めて世界最高峰チョモランマの頂上に立った。60年後の2020年5月25日、チョモランマ高度測量登山隊が度重なる困難を克服し、3回目の山頂アタックを開始した。現在、登山装備や気象サービス、キャンプ施設などは見違えるほどの変化と向上を遂げた。新たな世代の登山者は、より安全で科学的かつ環境に配慮した登山という理念に沿って中国の登山精神を継承・発展させている。(組み合わせ写真、ラサ=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月25日
    空から見たチョモランマチベット自治区

    標高5200メートルのチョモランマベースキャンプ。(5月25日、小型無人機から)中国チベット自治区に位置するチョモランマ北稜では、生命の息を感じさせる麓の高原湿地、つづら折りの道、静かな村落、壮麗な絨布氷河、雪や氷の世界のようなべースキャンプなど、他にはない特別な風景を見ることができる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月25日
    最高峰に挑む人々チョモランマ登攀60年の記録

    左:1975年6月9日、チョモランマの麓にある測候所で気象データを収集する中国の気象研究者。(ラサ=新華社記者/程至善)右:2020年5月25日に撮影したチョモランマベースキャンプの気象応急保障車両。チベット自治区気象局の気象専門家がミーティングの際に使用する。(ラサ=新華社記者/普布扎西)1960年5月25日午前4時20分、平均年齢24歳の王富洲(おう・ふしゅう)、貢布(ガンプ)、屈銀華(くつ・ぎんか)という勇敢な3氏が、中国人を代表して初めて世界最高峰チョモランマの頂上に立った。60年後の2020年5月25日、チョモランマ高度測量登山隊が度重なる困難を克服し、3回目の山頂アタックを開始した。現在、登山装備や気象サービス、キャンプ施設などは見違えるほどの変化と向上を遂げた。新たな世代の登山者は、より安全で科学的かつ環境に配慮した登山という理念に沿って中国の登山精神を継承・発展させている。(組み合わせ写真、ラサ=新華社配信)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月24日
    空から見たチョモランマチベット自治区

    チョモランマの麓の村落。(5月24日、小型無人機から)中国チベット自治区に位置するチョモランマ北稜では、生命の息を感じさせる麓の高原湿地、つづら折りの道、静かな村落、壮麗な絨布氷河、雪や氷の世界のようなべースキャンプなど、他にはない特別な風景を見ることができる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月22日
    標高6500メートル、チョモランマのキャンプを訪ねて

    22日、東絨布氷河に隣接するチョモランマの標高6500メートル地点にあるキャンプ。(小型無人機から)世界最高峰チョモランマの標高6500メートル地点に位置するキャンプは、絨布氷河に隣接し、登山者が氷雪面に到達する前に最後に訪れるキャンプであると同時に、物資を運ぶヤクが登ることのできる最終キャンプ地でもある。山々に囲まれ、空気の流れが滞りがちになるため、チョモランマに何度も登頂した経験を持つプロのガイドでも高山病にかかることがあり、「悪魔のキャンプ」と呼ばれている。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月22日
    標高6500メートル、チョモランマのキャンプを訪ねて

    22日、チョモランマの標高6500メートル地点にあるキャンプ。世界最高峰チョモランマの標高6500メートル地点に位置するキャンプは、絨布氷河に隣接し、登山者が氷雪面に到達する前に最後に訪れるキャンプであると同時に、物資を運ぶヤクが登ることのできる最終キャンプ地でもある。山々に囲まれ、空気の流れが滞りがちになるため、チョモランマに何度も登頂した経験を持つプロのガイドでも高山病にかかることがあり、「悪魔のキャンプ」と呼ばれている。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月22日
    標高6500メートル、チョモランマのキャンプを訪ねて

    22日、チョモランマの標高6500メートル地点にあるキャンプ。世界最高峰チョモランマの標高6500メートル地点に位置するキャンプは、絨布氷河に隣接し、登山者が氷雪面に到達する前に最後に訪れるキャンプであると同時に、物資を運ぶヤクが登ることのできる最終キャンプ地でもある。山々に囲まれ、空気の流れが滞りがちになるため、チョモランマに何度も登頂した経験を持つプロのガイドでも高山病にかかることがあり、「悪魔のキャンプ」と呼ばれている。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月22日
    標高6500メートル、チョモランマのキャンプを訪ねて

    22日、東絨布氷河に隣接するチョモランマの標高6500メートル地点にあるキャンプ。(小型無人機から)世界最高峰チョモランマの標高6500メートル地点に位置するキャンプは、絨布氷河に隣接し、登山者が氷雪面に到達する前に最後に訪れるキャンプであると同時に、物資を運ぶヤクが登ることのできる最終キャンプ地でもある。山々に囲まれ、空気の流れが滞りがちになるため、チョモランマに何度も登頂した経験を持つプロのガイドでも高山病にかかることがあり、「悪魔のキャンプ」と呼ばれている。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月22日
    標高6500メートル、チョモランマのキャンプを訪ねて

    22日、チョモランマの標高6500メートル地点にあるキャンプ。世界最高峰チョモランマの標高6500メートル地点に位置するキャンプは、絨布氷河に隣接し、登山者が氷雪面に到達する前に最後に訪れるキャンプであると同時に、物資を運ぶヤクが登ることのできる最終キャンプ地でもある。山々に囲まれ、空気の流れが滞りがちになるため、チョモランマに何度も登頂した経験を持つプロのガイドでも高山病にかかることがあり、「悪魔のキャンプ」と呼ばれている。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月22日
    標高6500メートル、チョモランマのキャンプを訪ねて

    22日、東絨布氷河に隣接するチョモランマの標高6500メートル地点にあるキャンプ。(小型無人機から)世界最高峰チョモランマの標高6500メートル地点に位置するキャンプは、絨布氷河に隣接し、登山者が氷雪面に到達する前に最後に訪れるキャンプであると同時に、物資を運ぶヤクが登ることのできる最終キャンプ地でもある。山々に囲まれ、空気の流れが滞りがちになるため、チョモランマに何度も登頂した経験を持つプロのガイドでも高山病にかかることがあり、「悪魔のキャンプ」と呼ばれている。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月22日
    標高6500メートル、チョモランマのキャンプを訪ねて

    22日、チョモランマの標高6500メートル地点にあるキャンプ。世界最高峰チョモランマの標高6500メートル地点に位置するキャンプは、絨布氷河に隣接し、登山者が氷雪面に到達する前に最後に訪れるキャンプであると同時に、物資を運ぶヤクが登ることのできる最終キャンプ地でもある。山々に囲まれ、空気の流れが滞りがちになるため、チョモランマに何度も登頂した経験を持つプロのガイドでも高山病にかかることがあり、「悪魔のキャンプ」と呼ばれている。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月22日
    標高6500メートル、チョモランマのキャンプを訪ねて

    22日、東絨布氷河に隣接するチョモランマの標高6500メートル地点にあるキャンプ。(小型無人機から)世界最高峰チョモランマの標高6500メートル地点に位置するキャンプは、絨布氷河に隣接し、登山者が氷雪面に到達する前に最後に訪れるキャンプであると同時に、物資を運ぶヤクが登ることのできる最終キャンプ地でもある。山々に囲まれ、空気の流れが滞りがちになるため、チョモランマに何度も登頂した経験を持つプロのガイドでも高山病にかかることがあり、「悪魔のキャンプ」と呼ばれている。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    最高峰に挑む人々チョモランマ登攀60年の記録

    左:1975年6月13日、標高6千メートルのキャンプで新聞を読む中国登山隊。前列中央のチベット族女性3人は、標高8600メートルに到達した桂桑(グイサン)さん(中央)、標高7600メートルに到達した次丹卓瑪(ツェタンドルマ)さん(左端)と米瑪卓瑪(ミマドルマ)さん(右端)。(ラサ=新華社記者/范恵琛)右:2020年5月21日、標高6500メートルのアドバンス・ベースキャンプで5G基地局を保守する中国移動(チャイナモバイル)のスタッフ。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)1960年5月25日午前4時20分、平均年齢24歳の王富洲(おう・ふしゅう)、貢布(ガンプ)、屈銀華(くつ・ぎんか)という勇敢な3氏が、中国人を代表して初めて世界最高峰チョモランマの頂上に立った。60年後の2020年5月25日、チョモランマ高度測量登山隊が度重なる困難を克服し、3回目の山頂アタックを開始した。現在、登山装備や気象サービス、キャンプ施設などは見違えるほどの変化と向上を遂げた。新たな世代の登山者は、より安全で科学的かつ環境に配慮した登山という理念に沿って中国の登山精神を継承・発展させている。(組み合わせ写真、ラサ=新華社配信)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    中国の測量チーム、標高6500メートルのアタックキャンプに到着

    17日、標高6500メートルのアタックキャンプへ向かう中国の測量チーム。世界最高峰チョモランマの標高を再測定する中国の測量チームは17日午前11時頃、標高5800メートル地点のキャンプを出発し、5時間近くかけて標高6500メートルのアタックキャンプに到着した。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/貢秋桑登)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    中国の測量チーム、標高6500メートルのアタックキャンプに到着

    17日、標高6500メートルのアタックキャンプへ向かう中国の測量チーム。世界最高峰チョモランマの標高を再測定する中国の測量チームは17日午前11時頃、標高5800メートル地点のキャンプを出発し、5時間近くかけて標高6500メートルのアタックキャンプに到着した。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/拉巴)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    中国の測量チーム、標高6500メートルのアタックキャンプに到着

    17日、標高6500メートルのアタックキャンプへ向かう中国の測量チーム。世界最高峰チョモランマの標高を再測定する中国の測量チームは17日午前11時頃、標高5800メートル地点のキャンプを出発し、5時間近くかけて標高6500メートルのアタックキャンプに到着した。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/拉巴)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    中国の測量チーム、標高6500メートルのアタックキャンプに到着

    17日、標高6500メートルのアタックキャンプへ向かう中国の測量チーム。世界最高峰チョモランマの標高を再測定する中国の測量チームは17日午前11時頃、標高5800メートル地点のキャンプを出発し、5時間近くかけて標高6500メートルのアタックキャンプに到着した。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/貢秋桑登)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    中国の測量チーム、標高6500メートルのアタックキャンプに到着

    17日、標高6500メートルのアタックキャンプへ向かう中国の測量チーム。世界最高峰チョモランマの標高を再測定する中国の測量チームは17日午前11時頃、標高5800メートル地点のキャンプを出発し、5時間近くかけて標高6500メートルのアタックキャンプに到着した。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/貢秋桑登)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月16日
    中国測量チーム、22日にチョモランマ登頂の見通し

    16日、チョモランマの山頂を目指してベースキャンプを出発した中国測量チーム。世界最高峰チョモランマの標高を再測定する中国測量チームが16日午後、山頂を目指して標高5200メートルにあるベースキャンプを出発した。同日夜に標高5800メートル地点のキャンプに着く予定で、天候などの条件が整えば22日にも登頂できる見通し。同チームは天候の影響で当初の登頂計画を変更し、標高6500メートルのアタックキャンプからベースキャンプまで引き返していた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月16日
    中国測量チーム、22日にチョモランマ登頂の見通し

    16日、チョモランマの山頂を目指してベースキャンプを出発した中国測量チーム。(小型無人機から)世界最高峰チョモランマの標高を再測定する中国測量チームが16日午後、山頂を目指して標高5200メートルにあるベースキャンプを出発した。同日夜に標高5800メートル地点のキャンプに着く予定で、天候などの条件が整えば22日にも登頂できる見通し。同チームは天候の影響で当初の登頂計画を変更し、標高6500メートルのアタックキャンプからベースキャンプまで引き返していた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月16日
    中国測量チーム、22日にチョモランマ登頂の見通し

    16日、チョモランマの山頂を目指してベースキャンプを出発した中国測量チーム。世界最高峰チョモランマの標高を再測定する中国測量チームが16日午後、山頂を目指して標高5200メートルにあるベースキャンプを出発した。同日夜に標高5800メートル地点のキャンプに着く予定で、天候などの条件が整えば22日にも登頂できる見通し。同チームは天候の影響で当初の登頂計画を変更し、標高6500メートルのアタックキャンプからベースキャンプまで引き返していた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月16日
    中国測量チーム、22日にチョモランマ登頂の見通し

    16日、チョモランマの山頂を目指してベースキャンプを出発した中国測量チーム。世界最高峰チョモランマの標高を再測定する中国測量チームが16日午後、山頂を目指して標高5200メートルにあるベースキャンプを出発した。同日夜に標高5800メートル地点のキャンプに着く予定で、天候などの条件が整えば22日にも登頂できる見通し。同チームは天候の影響で当初の登頂計画を変更し、標高6500メートルのアタックキャンプからベースキャンプまで引き返していた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月16日
    生物多様性を保護したチョモランマ国家級自然保護区

    16日、チョモランマの麓に広がるサジー林。(小型無人機から)中国チベット自治区の珠峰(チョモランマ)自然保護区は1988年設立、94年に国家級に昇格した。2004年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「生物圏保護区世界ネットワーク」に組み入れられ、06年には中国国家級モデル自然保護区に指定された。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月16日
    中国測量チーム、22日にチョモランマ登頂の見通し

    16日、チョモランマの山頂を目指してベースキャンプを出発した中国測量チーム。(小型無人機から)世界最高峰チョモランマの標高を再測定する中国測量チームが16日午後、山頂を目指して標高5200メートルにあるベースキャンプを出発した。同日夜に標高5800メートル地点のキャンプに着く予定で、天候などの条件が整えば22日にも登頂できる見通し。同チームは天候の影響で当初の登頂計画を変更し、標高6500メートルのアタックキャンプからベースキャンプまで引き返していた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4