KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • オタゴ半島
  • コガタペンギン
  • ニュージーランド南島
  • 令和
  • 体重
  • 体長
  • 個体
  • 出前
  • 場所
  • 増加

「ペンギンの個体」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年04月26日
    (1)暗闇をよちよち家路を急ぐコガタペンギンNZ

    22日、ニュージーランド南島のダニーデン保護区に生息するコガタペンギン。4月25日は「世界ペンギンの日」。コガタペンギンはニュージーランドで最も広く生息している種で、ペンギンの中で最も小さく、成鳥でも体長は25~35センチ、体重は1~1・5キロ程度しかない。性質は臆病で、いつも人影のない場所に隠れている。常に群れて行動し、日の出前に海に入って餌を捕食し、日没後に巣穴に戻る。コガタペンギンの保護に力を入れ、地元観光の持続可能な発展を後押しするため、ニュージーランド南島のオタゴ半島の海岸沿いでは、1990年代からコガタペンギンを保護する組織が数多く設立されてきた。この半島にあるダニーデン保護区では、適切な保護に努めたことで、コガタペンギンの個体数が着実に増加している。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042705042

  • 2021年04月26日
    (3)暗闇をよちよち家路を急ぐコガタペンギンNZ

    22日、ニュージーランド南島のダニーデン保護区に生息するコガタペンギン。4月25日は「世界ペンギンの日」。コガタペンギンはニュージーランドで最も広く生息している種で、ペンギンの中で最も小さく、成鳥でも体長は25~35センチ、体重は1~1・5キロ程度しかない。性質は臆病で、いつも人影のない場所に隠れている。常に群れて行動し、日の出前に海に入って餌を捕食し、日没後に巣穴に戻る。コガタペンギンの保護に力を入れ、地元観光の持続可能な発展を後押しするため、ニュージーランド南島のオタゴ半島の海岸沿いでは、1990年代からコガタペンギンを保護する組織が数多く設立されてきた。この半島にあるダニーデン保護区では、適切な保護に努めたことで、コガタペンギンの個体数が着実に増加している。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042705047

  • 2021年04月26日
    (5)暗闇をよちよち家路を急ぐコガタペンギンNZ

    22日、ニュージーランド南島のダニーデン保護区に生息するコガタペンギン。4月25日は「世界ペンギンの日」。コガタペンギンはニュージーランドで最も広く生息している種で、ペンギンの中で最も小さく、成鳥でも体長は25~35センチ、体重は1~1・5キロ程度しかない。性質は臆病で、いつも人影のない場所に隠れている。常に群れて行動し、日の出前に海に入って餌を捕食し、日没後に巣穴に戻る。コガタペンギンの保護に力を入れ、地元観光の持続可能な発展を後押しするため、ニュージーランド南島のオタゴ半島の海岸沿いでは、1990年代からコガタペンギンを保護する組織が数多く設立されてきた。この半島にあるダニーデン保護区では、適切な保護に努めたことで、コガタペンギンの個体数が着実に増加している。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042705035

  • 2021年04月26日
    (8)暗闇をよちよち家路を急ぐコガタペンギンNZ

    22日、ニュージーランド南島のダニーデン保護区に生息するコガタペンギン。4月25日は「世界ペンギンの日」。コガタペンギンはニュージーランドで最も広く生息している種で、ペンギンの中で最も小さく、成鳥でも体長は25~35センチ、体重は1~1・5キロ程度しかない。性質は臆病で、いつも人影のない場所に隠れている。常に群れて行動し、日の出前に海に入って餌を捕食し、日没後に巣穴に戻る。コガタペンギンの保護に力を入れ、地元観光の持続可能な発展を後押しするため、ニュージーランド南島のオタゴ半島の海岸沿いでは、1990年代からコガタペンギンを保護する組織が数多く設立されてきた。この半島にあるダニーデン保護区では、適切な保護に努めたことで、コガタペンギンの個体数が着実に増加している。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042705051

  • 2021年04月26日
    (4)暗闇をよちよち家路を急ぐコガタペンギンNZ

    22日、ニュージーランド南島のダニーデン保護区に生息するコガタペンギン。4月25日は「世界ペンギンの日」。コガタペンギンはニュージーランドで最も広く生息している種で、ペンギンの中で最も小さく、成鳥でも体長は25~35センチ、体重は1~1・5キロ程度しかない。性質は臆病で、いつも人影のない場所に隠れている。常に群れて行動し、日の出前に海に入って餌を捕食し、日没後に巣穴に戻る。コガタペンギンの保護に力を入れ、地元観光の持続可能な発展を後押しするため、ニュージーランド南島のオタゴ半島の海岸沿いでは、1990年代からコガタペンギンを保護する組織が数多く設立されてきた。この半島にあるダニーデン保護区では、適切な保護に努めたことで、コガタペンギンの個体数が着実に増加している。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042705040

  • 2021年04月26日
    (6)暗闇をよちよち家路を急ぐコガタペンギンNZ

    22日、ニュージーランド南島のダニーデン保護区に生息するコガタペンギン。4月25日は「世界ペンギンの日」。コガタペンギンはニュージーランドで最も広く生息している種で、ペンギンの中で最も小さく、成鳥でも体長は25~35センチ、体重は1~1・5キロ程度しかない。性質は臆病で、いつも人影のない場所に隠れている。常に群れて行動し、日の出前に海に入って餌を捕食し、日没後に巣穴に戻る。コガタペンギンの保護に力を入れ、持続可能な地元観光の発展を後押しするため、ニュージーランド南島のオタゴ半島の海岸沿いでは、1990年代からコガタペンギンを保護する組織が数多く設立されてきた。この半島にあるダニーデン保護区では、適切な保護に努めたことで、コガタペンギンの個体数が着実に増加している。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042705037

  • 2021年04月26日
    (2)暗闇をよちよち家路を急ぐコガタペンギンNZ

    22日、ニュージーランド南島のダニーデン保護区に生息するコガタペンギン。4月25日は「世界ペンギンの日」。コガタペンギンはニュージーランドで最も広く生息している種で、ペンギンの中で最も小さく、成鳥でも体長は25~35センチ、体重は1~1・5キロ程度しかない。性質は臆病で、いつも人影のない場所に隠れている。常に群れて行動し、日の出前に海に入って餌を捕食し、日没後に巣穴に戻る。コガタペンギンの保護に力を入れ、地元観光の持続可能な発展を後押しするため、ニュージーランド南島のオタゴ半島の海岸沿いでは、1990年代からコガタペンギンを保護する組織が数多く設立されてきた。この半島にあるダニーデン保護区では、適切な保護に努めたことで、コガタペンギンの個体数が着実に増加している。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042705045

  • 2021年04月26日
    (7)暗闇をよちよち家路を急ぐコガタペンギンNZ

    22日、ニュージーランド南島のダニーデン保護区に生息するコガタペンギン。4月25日は「世界ペンギンの日」。コガタペンギンはニュージーランドで最も広く生息している種で、ペンギンの中で最も小さく、成鳥でも体長は25~35センチ、体重は1~1・5キロ程度しかない。性質は臆病で、いつも人影のない場所に隠れている。常に群れて行動し、日の出前に海に入って餌を捕食し、日没後に巣穴に戻る。コガタペンギンの保護に力を入れ、地元観光の持続可能な発展を後押しするため、ニュージーランド南島のオタゴ半島の海岸沿いでは、1990年代からコガタペンギンを保護する組織が数多く設立されてきた。この半島にあるダニーデン保護区では、適切な保護に努めたことで、コガタペンギンの個体数が着実に増加している。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042705044

  • 2021年04月26日
    (9)暗闇をよちよち家路を急ぐコガタペンギンNZ

    22日、ニュージーランド南島のダニーデン保護区に生息するコガタペンギン。4月25日は「世界ペンギンの日」。コガタペンギンはニュージーランドで最も広く生息している種で、ペンギンの中で最も小さく、成鳥でも体長は25~35センチ、体重は1~1・5キロ程度しかない。性質は臆病で、いつも人影のない場所に隠れている。常に群れて行動し、日の出前に海に入って餌を捕食し、日没後に巣穴に戻る。コガタペンギンの保護に力を入れ、地元観光の持続可能な発展を後押しするため、ニュージーランド南島のオタゴ半島の海岸沿いでは、1990年代からコガタペンギンを保護する組織が数多く設立されてきた。この半島にあるダニーデン保護区では、適切な保護に努めたことで、コガタペンギンの個体数が着実に増加している。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042705050

  • 1