KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • マカオ特別行政区
  • カトリック
  • マカオタワー
  • 中国マカオ
  • インスタ映え
  • インターネット
  • コロアン
  • ゴシック様式
  • マカオ教区
  • マカオ文物

「ペンニャ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
37
( 1 37 件を表示)
  • 1
37
( 1 37 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年07月29日
    古今東西が入り交じる「海上の花園」マカオを空中散歩

    7月29日、マカオのペンニャ教会。(小型無人機から)中国マカオ特別行政区は、ノスタルジックとモダンが融合した観光都市として知られる。「海上の花園」と呼ばれるこの都市を空から見ると、目新しく独特な風景を楽しむことができる。「海の上にまちがあり、まちの中に海がある」と言われるくらい、海との関わりが深いマカオは、夕暮れになるときらびやかなイルミネーションの美しさに包まれ、訪れる人々を魅了してやまない。(マカオ=新華社記者/張金加)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:28.08
    2019年12月09日
    「新華社」インスタ映え抜群魅力あふれる「マカオ新八景」を訪ねて

    中国マカオ特別行政区の中華文化交流協会が主催した新しいマカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」のインターネット投票の結果が、今年3月に発表された。今回選ばれたのは、ペンニャの丘(西望洋山)、南湾湖・西湾湖・マカオタワー(双湖塔影)、セナド広場(亭前葡風)、竜爪角海岸(竜爪観濤)、コロアン漁村(路環漁韻)、恋愛巷(愛巷傾情)、福隆新街(福隆新貌)、港珠澳大橋(橋牽三地)。各名称には感情や風景を表す漢字4文字が併せて付けられた。マカオ中華文化交流協会の楊文婷(よう・ぶんてい)理事長は、「『マカオ新八景』は20の観光地の中からインターネット投票で選ばれた。選定にあたってはマカオ住民の投票とマカオ以外からの投票を6対4の割合になるように調整し、ポイント上位8カ所が選ばれた」と述べた。楊理事長は、マカオ「旧八景」の投票は1992年に行われたが、20年余りを経てマカオの自然景観や人文景観が大きく変わったと指摘。今回選出された「マカオ新八景」は、近年新たに生まれたマカオの特色を備えた自然・人文景観だと説明した。マカオ特区政府観光局の文綺華(ぶん・きか)局長は、「マカオ新八景」は、郷土を守るというマカオの人々の気持ちを表しているとし、自然景観や人文景観の保護を重視することが、中国文化と西洋文化が融合したマカオの都市イメージを広め、異なるスポットに観光客を分散させることにもつながると述べた。(記者/胡瑶)<映像内容>マカオ新八景の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月05日
    インスタ映え抜群魅力あふれる「マカオ新八景」を訪ねて

    5日、「マカオ新八景」の一つ、セドナ広場。中国マカオ特別行政区の中華文化交流協会が主催した新しいマカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」のインターネット投票の結果が、今年3月に発表された。今回選ばれたのは、ペンニャの丘(西望洋山)、南湾湖・西湾湖・マカオタワー(双湖塔影)、セナド広場(亭前葡風)、竜爪角海岸(竜爪観濤)、コロアン漁村(路環漁韻)、恋愛巷(愛巷傾情)、福隆新街(福隆新貌)、港珠澳大橋(橋牽三地)。各名称には感情や風景を表す漢字4文字が併せて付けられた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月05日
    インスタ映え抜群魅力あふれる「マカオ新八景」を訪ねて

    5日、「マカオ新八景」の一つ、セドナ広場。中国マカオ特別行政区の中華文化交流協会が主催した新しいマカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」のインターネット投票の結果が、今年3月に発表された。今回選ばれたのは、ペンニャの丘(西望洋山)、南湾湖・西湾湖・マカオタワー(双湖塔影)、セナド広場(亭前葡風)、竜爪角海岸(竜爪観濤)、コロアン漁村(路環漁韻)、恋愛巷(愛巷傾情)、福隆新街(福隆新貌)、港珠澳大橋(橋牽三地)。各名称には感情や風景を表す漢字4文字が併せて付けられた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月04日
    インスタ映え抜群魅力あふれる「マカオ新八景」を訪ねて

    4日、「マカオ新八景」の一つ、ペンニャの丘。中国マカオ特別行政区の中華文化交流協会が主催した新しいマカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」のインターネット投票の結果が、今年3月に発表された。今回選ばれたのは、ペンニャの丘(西望洋山)、南湾湖・西湾湖・マカオタワー(双湖塔影)、セナド広場(亭前葡風)、竜爪角海岸(竜爪観濤)、コロアン漁村(路環漁韻)、恋愛巷(愛巷傾情)、福隆新街(福隆新貌)、港珠澳大橋(橋牽三地)。各名称には感情や風景を表す漢字4文字が併せて付けられた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    インスタ映え抜群魅力あふれる「マカオ新八景」を訪ねて

    空から見たマカオ・ペンニャの丘。(11月18日撮影、小型無人機から)中国マカオ特別行政区の中華文化交流協会が主催した新しいマカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」のインターネット投票の結果が、今年3月に発表された。今回選ばれたのは、ペンニャの丘(西望洋山)、南湾湖・西湾湖・マカオタワー(双湖塔影)、セナド広場(亭前葡風)、竜爪角海岸(竜爪観濤)、コロアン漁村(路環漁韻)、恋愛巷(愛巷傾情)、福隆新街(福隆新貌)、港珠澳大橋(橋牽三地)。各名称には感情や風景を表す漢字4文字が併せて付けられた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    インスタ映え抜群魅力あふれる「マカオ新八景」を訪ねて

    空から望むマカオ・西湾湖一帯の風景。(11月18日撮影、小型無人機から)中国マカオ特別行政区の中華文化交流協会が主催した新しいマカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」のインターネット投票の結果が、今年3月に発表された。今回選ばれたのは、ペンニャの丘(西望洋山)、南湾湖・西湾湖・マカオタワー(双湖塔影)、セナド広場(亭前葡風)、竜爪角海岸(竜爪観濤)、コロアン漁村(路環漁韻)、恋愛巷(愛巷傾情)、福隆新街(福隆新貌)、港珠澳大橋(橋牽三地)。各名称には感情や風景を表す漢字4文字が併せて付けられた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    インスタ映え抜群魅力あふれる「マカオ新八景」を訪ねて

    空から見たマカオタワー、西湾湖、南湾湖。(11月18日撮影、小型無人機から)中国マカオ特別行政区の中華文化交流協会が主催した新しいマカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」のインターネット投票の結果が、今年3月に発表された。今回選ばれたのは、ペンニャの丘(西望洋山)、南湾湖・西湾湖・マカオタワー(双湖塔影)、セナド広場(亭前葡風)、竜爪角海岸(竜爪観濤)、コロアン漁村(路環漁韻)、恋愛巷(愛巷傾情)、福隆新街(福隆新貌)、港珠澳大橋(橋牽三地)。各名称には感情や風景を表す漢字4文字が併せて付けられた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    インスタ映え抜群魅力あふれる「マカオ新八景」を訪ねて

    人々やバイクが行き交うマカオ・福隆新街の風景。(11月18日撮影)中国マカオ特別行政区の中華文化交流協会が主催した新しいマカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」のインターネット投票の結果が、今年3月に発表された。今回選ばれたのは、ペンニャの丘(西望洋山)、南湾湖・西湾湖・マカオタワー(双湖塔影)、セナド広場(亭前葡風)、竜爪角海岸(竜爪観濤)、コロアン漁村(路環漁韻)、恋愛巷(愛巷傾情)、福隆新街(福隆新貌)、港珠澳大橋(橋牽三地)。各名称には感情や風景を表す漢字4文字が併せて付けられた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月10日
    インスタ映え抜群魅力あふれる「マカオ新八景」を訪ねて

    恋愛巷で記念写真を撮るカップル。(11月10日撮影)中国マカオ特別行政区の中華文化交流協会が主催した新しいマカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」のインターネット投票の結果が、今年3月に発表された。今回選ばれたのは、ペンニャの丘(西望洋山)、南湾湖・西湾湖・マカオタワー(双湖塔影)、セナド広場(亭前葡風)、竜爪角海岸(竜爪観濤)、コロアン漁村(路環漁韻)、恋愛巷(愛巷傾情)、福隆新街(福隆新貌)、港珠澳大橋(橋牽三地)。各名称には感情や風景を表す漢字4文字が併せて付けられた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月03日
    インスタ映え抜群魅力あふれる「マカオ新八景」を訪ねて

    空から見たマカオ半島の風景。(組み合わせ写真、11月3日撮影、小型無人機から)中国マカオ特別行政区の中華文化交流協会が主催した新しいマカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」のインターネット投票の結果が、今年3月に発表された。今回選ばれたのは、ペンニャの丘(西望洋山)、南湾湖・西湾湖・マカオタワー(双湖塔影)、セナド広場(亭前葡風)、竜爪角海岸(竜爪観濤)、コロアン漁村(路環漁韻)、恋愛巷(愛巷傾情)、福隆新街(福隆新貌)、港珠澳大橋(橋牽三地)。各名称には感情や風景を表す漢字4文字が併せて付けられた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月03日
    インスタ映え抜群魅力あふれる「マカオ新八景」を訪ねて

    空から見たマカオタワーの展望デッキ。(11月3日撮影、小型無人機から)中国マカオ特別行政区の中華文化交流協会が主催した新しいマカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」のインターネット投票の結果が、今年3月に発表された。今回選ばれたのは、ペンニャの丘(西望洋山)、南湾湖・西湾湖・マカオタワー(双湖塔影)、セナド広場(亭前葡風)、竜爪角海岸(竜爪観濤)、コロアン漁村(路環漁韻)、恋愛巷(愛巷傾情)、福隆新街(福隆新貌)、港珠澳大橋(橋牽三地)。各名称には感情や風景を表す漢字4文字が併せて付けられた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月02日
    インスタ映え抜群魅力あふれる「マカオ新八景」を訪ねて

    「マカオ新八景」の一つ、コロアン漁村の一角。(11月2日撮影)中国マカオ特別行政区の中華文化交流協会が主催した新しいマカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」のインターネット投票の結果が、今年3月に発表された。今回選ばれたのは、ペンニャの丘(西望洋山)、南湾湖・西湾湖・マカオタワー(双湖塔影)、セナド広場(亭前葡風)、竜爪角海岸(竜爪観濤)、コロアン漁村(路環漁韻)、恋愛巷(愛巷傾情)、福隆新街(福隆新貌)、港珠澳大橋(橋牽三地)。各名称には感情や風景を表す漢字4文字が併せて付けられた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月23日
    インスタ映え抜群魅力あふれる「マカオ新八景」を訪ねて

    空から見たコロアン漁村。(10月23日撮影、小型無人機から)中国マカオ特別行政区の中華文化交流協会が主催した新しいマカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」のインターネット投票の結果が、今年3月に発表された。今回選ばれたのは、ペンニャの丘(西望洋山)、南湾湖・西湾湖・マカオタワー(双湖塔影)、セナド広場(亭前葡風)、竜爪角海岸(竜爪観濤)、コロアン漁村(路環漁韻)、恋愛巷(愛巷傾情)、福隆新街(福隆新貌)、港珠澳大橋(橋牽三地)。各名称には感情や風景を表す漢字4文字が併せて付けられた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月22日
    インスタ映え抜群魅力あふれる「マカオ新八景」を訪ねて

    中国香港と広東省珠海市、中国マカオを結ぶ港珠澳大橋の珠海・マカオ口岸人工島に昇る日の出。(10月22日、小型無人機から)中国マカオ特別行政区の中華文化交流協会が主催した新しいマカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」のインターネット投票の結果が、今年3月に発表された。今回選ばれたのは、ペンニャの丘(西望洋山)、南湾湖・西湾湖・マカオタワー(双湖塔影)、セナド広場(亭前葡風)、竜爪角海岸(竜爪観濤)、コロアン漁村(路環漁韻)、恋愛巷(愛巷傾情)、福隆新街(福隆新貌)、港珠澳大橋(橋牽三地)。各名称には感情や風景を表す漢字4文字が併せて付けられた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月20日
    インスタ映え抜群魅力あふれる「マカオ新八景」を訪ねて

    マカオ・竜爪角海岸の風景。(10月20日撮影、小型無人機から)中国マカオ特別行政区の中華文化交流協会が主催した新しいマカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」のインターネット投票の結果が、今年3月に発表された。今回選ばれたのは、ペンニャの丘(西望洋山)、南湾湖・西湾湖・マカオタワー(双湖塔影)、セナド広場(亭前葡風)、竜爪角海岸(竜爪観濤)、コロアン漁村(路環漁韻)、恋愛巷(愛巷傾情)、福隆新街(福隆新貌)、港珠澳大橋(橋牽三地)。各名称には感情や風景を表す漢字4文字が併せて付けられた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月21日
    インスタ映え抜群魅力あふれる「マカオ新八景」を訪ねて

    マカオ・竜爪角海岸の日の出。(9月21日撮影)中国マカオ特別行政区の中華文化交流協会が主催した新しいマカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」のインターネット投票の結果が、今年3月に発表された。今回選ばれたのは、ペンニャの丘(西望洋山)、南湾湖・西湾湖・マカオタワー(双湖塔影)、セナド広場(亭前葡風)、竜爪角海岸(竜爪観濤)、コロアン漁村(路環漁韻)、恋愛巷(愛巷傾情)、福隆新街(福隆新貌)、港珠澳大橋(橋牽三地)。各名称には感情や風景を表す漢字4文字が併せて付けられた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、「ペンニャ教会」の前に立つマリア像。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂で撮影した「ルルドの聖母の洞窟」と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、「ペンニャ教会」の敷地内にたたずむ獅子の石像。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂で撮影した「ルルドの聖母の洞窟」と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、「ペンニャ教会」の敷地内に立つ十字架。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」の屋根部分。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、「ペンニャ教会」の前に立つマリア像。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂で撮影した「ルルドの聖母の洞窟」と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」の内部。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」の外観。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」からの眺めを楽しむ観光客。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、「ペンニャ教会」の屋根頂部に立つ石像。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂から望むマカオ・タワー。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日に撮影した「ペンニャ教会」を囲む外壁。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に立つマリア像と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月13日
    マカオで「ファティマ聖母の行列」開催

    13日、マリア像が到着したペンニャ教会の前でミサを行う信者ら。中国マカオ特別行政区で13日、ポルトガルで崇拝されているファティマ聖母を記念するカトリックの宗教行事「ファティマ聖母の行列」が行われた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月13日
    マカオで「ファティマ聖母の行列」開催

    13日、マリア像が到着したペンニャ教会の前でミサを行う信者ら。中国マカオ特別行政区で13日、ポルトガルで崇拝されているファティマ聖母を記念するカトリックの宗教行事「ファティマ聖母の行列」が行われた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月13日
    マカオで「ファティマ聖母の行列」開催

    13日、マリア像が到着したペンニャ教会の前でミサを行う信者ら。中国マカオ特別行政区で13日、ポルトガルで崇拝されているファティマ聖母を記念するカトリックの宗教行事「ファティマ聖母の行列」が行われた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年01月11日
    観光と環境保護を両立マカオ特別行政区

    マカオの西望洋山(ペンニャの丘)と珠海市(左上)。(2018年1月11日撮影、小型無人機から)中国マカオ特別行政区は珠江デルタの南西部にあり、北は珠海市と接し、東は海を隔てて香港や深圳市と向き合っている。33平方キロほどの面積に約67万人が暮らす。人口が密集し、多くの観光客も訪れる都市ではあるが、特区政府と市民は環境保護をおろそかにせず、ますますそれを大切にしている。マカオには、市街地に20カ所以上の公園や庭園がある他、四つの郊外型公園と三つの自然湿地生態区があり、東アジアとオーストラリアを行き来する渡り鳥の貴重な休憩地と越冬地になっている。マカオの鳥類資源は非常に豊かで、100種類以上の鳥がこの地に生息している。北京市で開催中の2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)のマカオ園で22~24日、「マカオの日」イベントが開催され、多くの観光客が訪れた。(北京=新華社記者/張金加)=2018(平成30)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1