KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 交通
  • 印刷
  • コンピューター
  • スタート
  • 乗客
  • 価格
  • 列車
  • 通過

「ペーパーレス」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
70
( 1 70 件を表示)
  • 1
70
( 1 70 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった
    1959年12月31日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    1950年代に撮影された北京駅の乗車券販売窓口の作業風景。(資料写真)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社配信/北京駅提供)=1950年代、クレジット:北京駅/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019020519558

  •  春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった
    1959年12月31日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    1950年代に撮影された北京駅の乗車券販売窓口で乗車券を買い求める人々。(資料写真)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社配信/北京駅提供)=1950年代、クレジット:北京駅/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019020519365

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年07月09日
    コンピューター法廷

    このほど公開されたシンガポールの「ペーパーレス法廷」のコンピューター端末。画面には同国の紋章が表示されている(ロイター=共同)

    商品コード: 1995070900027

  •  春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった
    1997年01月31日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    ウルムチ駅では30年余り続いた手作業で乗車情報を加えた乗車券の販売を終え、コンピューターで印字された乗車券の販売が始まった。(1997年1月撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/艾尼瓦爾)=1997(平成9)年1月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518110

  •  春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった
    1998年01月07日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    昼休みを利用して河北化工学校(現在の河北化工医薬職業技術学院)を訪れ、千人近い学生に乗車券を届ける石家荘駅の職員。(1998年1月7日撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるのかもしれない。(北京=新華社記者/周文広)=1998(平成10)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518349

  • パソコン会議 大阪府でペーパーレス会議
    2001年01月09日
    パソコン会議 大阪府でペーパーレス会議

    大阪府が開催したペーパーレス会議で、パソコンに向かう太田房江大阪府知事(右端)=9日午前、大阪府知事公館

    商品コード: 2001010900048

  •  春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった
    2003年01月22日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    広東省東莞市の三和塑膠製品有限公司で、南昌鉄路局「春運」(中国で旧正月の前後に生じる大規模な帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)サービスグループから届けられた春節後の復路乗車券を手に笑顔を見せる江西省上饒市出身の張雲英(ちょう・うんえい)さん(手前左)。(2003年1月22日撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/陳春園)=2003(平成15)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518348

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年02月06日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    出稼ぎ労働者の団体予約を受け、済南高新区の建設現場で乗車券を手渡す済南駅の職員(右端)。(2007年2月6日)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/徐速絵)=2007(平成19)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518108

  • ペーパーレスの携帯電話店 iPadの業務利用が拡大
    2010年12月07日
    ペーパーレスの携帯電話店 iPadの業務利用が拡大

    iPadを並べ、ペーパーレス化したノジマの携帯電話店=東京・六本木

    商品コード: 2010120700328

  • ペーパーレスの携帯電話店 iPad活用し業務拡大
    2010年12月07日
    ペーパーレスの携帯電話店 iPad活用し業務拡大

    iPadを並べ、ペーパーレス化したノジマの携帯電話店=東京・六本木

    商品コード: 2010120700397

  •  春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった
    2011年01月09日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    2011年1月9日、上海駅北広場の「春運」(中国で旧正月の前後に生じる大規模な帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)乗車券の「大規模売り場」が130カ所の販売窓口を開設。春節輸送体制初日の乗車券発売を開始した。「大規模売り場」で乗車券を買う乗客。新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/裵鑫)=2011(平成23)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518287

  •  春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった
    2011年01月17日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    乗客が合肥駅の自動販売機で乗車券を取る様子。(2011年1月17日撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/李健)=2011(平成23)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518283

  •  春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった
    2011年01月19日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    広州南駅の改札を通る乗客(2011年1月19日撮影)。新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/陳曄華)=2011(平成23)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518277

  •  春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった
    2012年01月07日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    重慶北駅の乗車券販売窓口で「春運」(中国で旧正月の前後に生じる大規模な帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)乗車券を購入する乗客(2012年1月7日撮影)。新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/李健)=2012(平成24)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518022

  • 池田泉州銀のデモ 金融で進むペーパーレス
    2016年12月15日
    池田泉州銀のデモ 金融で進むペーパーレス

    池田泉州銀行が始めたタブレット端末による投資信託手続きのデモンストレーション=大阪市

    商品コード: 2016121501159

  • 導入されたタブレット端末 公明、ペーパーレス化開始
    2017年01月26日
    導入されたタブレット端末 公明、ペーパーレス化開始

    タブレット端末で会議資料を閲覧する「ペーパーレス化」が始まった公明党の中央幹事会=26日、東京新宿区の党本部

    商品コード: 2017012600606

  •  ペーパーレス化議論進まず
    2017年06月04日
    ペーパーレス化議論進まず

    議員に配布する議案などの印刷費

    商品コード: 2017060400220

  •  ペーパーレス化議論進まず
    2017年06月04日
    ペーパーレス化議論進まず

    議員に配布する議案などの印刷費

    商品コード: 2017060400221

  •  小泉氏がペーパーレス宣言
    2018年03月23日
    小泉氏がペーパーレス宣言

    小泉進次郎自民党筆頭副幹事長(似顔 本間康司)

    商品コード: 2018032301521

  •  小泉氏がペーパーレス宣言
    2018年03月23日
    小泉氏がペーパーレス宣言

    小泉進次郎自民党筆頭副幹事長(似顔 本間康司)

    商品コード: 2018032301522

  • タブレット端末導入 政調改革でペーパーレス
    2018年10月25日
    タブレット端末導入 政調改革でペーパーレス

    導入したタブレット端末を手にあいさつする自民党の岸田政調会長=25日、国会

    商品コード: 2018102527206

  • 自民党の政調審議会 政調改革でペーパーレス
    2018年10月25日
    自民党の政調審議会 政調改革でペーパーレス

    タブレット端末が導入された自民党の政調審議会=25日、国会

    商品コード: 2018102527226

  •  春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった
    2019年01月21日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    鄭州駅で「顔認証」で駅に入る乗客(2019年1月21日撮影)。新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/李安)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518241

  •  春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった
    2019年01月25日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    山東省青島市の鉄道ファン、陳天豪(ちん・てんごう)さんが所蔵する1979年の乗車券。(2019年1月25日撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/李紫恒)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518280

  •  春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった
    2019年01月30日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    G1206号高速列車で、列車長の張悦(ちょう・えつ)さん(左)が乗客の精算手続きをしている。(2019年1月30日撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/王松)=2019(平成31)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518258

  •  Paperless City Councillor Trier
    2019年03月14日
    Paperless City Councillor Trier

    14 March 2019, Rhineland-Palatinate, Trier: Trier‘s Lord Mayor Wolfram Leibe (SPD) shows a tablet at a city council meeting in the town hall, on which the documents of the entire meeting are stored. In his hand he holds the data of a session in paper form for comparison. In Trier, every governor has a tablet. This should save at least 1.6 tons of paper per year. (on dpa “Trend towards paperless city council and digital administration“ of 24.03.2019) Photo: Harald Tittel/-/、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032601497

  •  Paperless City Councillor Trier
    2019年03月14日
    Paperless City Councillor Trier

    14 March 2019, Rhineland-Palatinate, Trier: During a meeting in the town hall, a member of the city council types on a tablet on which the documents of the entire meeting are stored along with other data. In Trier, every member of the city council has a tablet. This should save at least 1.6 tons of paper per year. (on dpa “Trend towards paperless city council and digital administration“ of 24.03.2019) Photo: Harald Tittel/-/、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032601038

  •  Paperless City Councillor Trier
    2019年03月14日
    Paperless City Councillor Trier

    14 March 2019, Rhineland-Palatinate, Trier: Trier‘s Lord Mayor Wolfram Leibe (SPD) shows a tablet at a city council meeting in the town hall, on which the documents of the entire meeting are stored. In his hand he holds the data of a session in paper form for comparison. In Trier, every governor has a tablet. This should save at least 1.6 tons of paper per year. (on dpa “Trend towards paperless city council and digital administration“ of 24.03.2019) Photo: Harald Tittel/-/、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032601254

  •  Paperless City Councillor Trier
    2019年03月14日
    Paperless City Councillor Trier

    14 March 2019, Rhineland-Palatinate, Trier: Tablets, on which data for the city council meeting are stored, stand with a city council meeting in the city hall before the city council members. In Trier, every member of the city council has a tablet. This should save at least 1.6 tons of paper per year. (on dpa “Trend towards paperless city council and digital administration“ of 24.03.2019) Photo: Harald Tittel/-/、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032601454

  •  Paperless City Councillor Trier
    2019年03月14日
    Paperless City Councillor Trier

    14 March 2019, Rhineland-Palatinate, Trier: A tablet, on which data for the city council meeting is stored, stands next to paper documents of a meeting during a city council meeting in the city hall. In Trier, every member of the city council has a tablet. This should save at least 1.6 tons of paper per year. (on dpa “Trend towards paperless city council and digital administration“ of 24.03.2019) Photo: Harald Tittel/-/、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032601224

  • 職員らと話す小泉氏ら 介護現場のペーパーレス化
    2019年04月15日
    職員らと話す小泉氏ら 介護現場のペーパーレス化

    有料老人ホームを視察し、職員らの話を聞く自民党厚労部会長の小泉進次郎氏(右から2人目)ら。奥は積み上げられた書類=15日午後、東京都台東区

    商品コード: 2019041505548

  • 会見する小泉進次郎氏 介護現場のペーパーレス化
    2019年04月15日
    会見する小泉進次郎氏 介護現場のペーパーレス化

    有料老人ホームを視察し、積み上げられた書類の前で提言を発表する自民党厚労部会長の小泉進次郎氏=15日午後、東京都台東区

    商品コード: 2019041505550

  •  「新華社」寧波舟山港の1~4月の陸海複合輸送のコンテナ取扱量が5割近く増加
    02:16.44
    2019年05月27日
    「新華社」寧波舟山港の1~4月の陸海複合輸送のコンテナ取扱量が5割近く増加

    中国交通運輸部がこのほど発表した全国の港湾データによると、浙江省寧波舟山港の今年1~4月の貨物取扱量は前年同期比1・2%増の3億4806万トンだった。コンテナ貨物取扱量は3・3%増の894万TEU(20フィートコンテナ換算)で、うち船舶と鉄道の複合輸送によるコンテナ取扱量は49・5%増の24万3千TEUだった。4月末時点で、寧波市舟山港全体のコンテナ航路は246本に達し、うち遠洋幹線航路は113本だった。港湾サービスでは、舟山港は輸出入コンテナの工場、フォワーダー、ヤード、ふ頭、船舶会社など物流の各中継輸送地における情報のリアルタイムでの可視化、コントロールを全面的に実現し、中国で初めてコンテナの輸出入全行程におけるペーパーレス化と物流の各地点における情報の可視化を実現した港湾となった。(記者/宋立峰)<映像内容>浙江省寧波舟山港の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052902996

  •  「新華社」寧波舟山港、上半期のコンテナ取扱量1390万TEU達成
    02:26.88
    2019年07月30日
    「新華社」寧波舟山港、上半期のコンテナ取扱量1390万TEU達成

    中国浙江省の寧波舟山港集団によると、今年上半期(1~6月)の同港のコンテナ取扱量は前年同期比4・7%増の1390万TEU(20フィートコンテナ換算)となり、伸び率は第1四半期(1~3月)から1・7ポイント上昇した。うち「一帯一路」沿線国・地域向け取扱量が40%以上を占めた。同港は今年に入り、サービスレベルの向上に努め「ペーパーレス」改革を迅速に進めてきた。海外輸入業務と国内取引の力強い成長が、取扱量回復の重要な原動力となった。寧波口岸(通関・検査所)も今年、日本や韓国などアジアの従来貿易パートナー及ぶ東南アジア諸国連合(ASEAN)市場との取引において安定した成長を保っている。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>コンテナ船や寧波舟山港の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073100903

  •  「新華社」「トイレ革命」からサービス改善まで老舗駅が全面リニューアル
    02:12.86
    2019年08月21日
    「新華社」「トイレ革命」からサービス改善まで老舗駅が全面リニューアル

    「鄭県駅」の名で1904年に建てられ、すでに115年の歴史を有する中国河南省の鄭州駅はここ数年、駅構内の環境やサービスをソフトとハードの両面から総合的に改善してきた。この「老舗」駅は現在、全く新しい姿で旅行客を迎えている。駅構内の待合室のトイレには「顔認識トイレットペーパーマシン」が備え付けられた。旅客が機械の前に3秒立つと、機械の下から自動的に紙が出てくる。紙は密閉された機械の中に置かれ、汚物や汚水と接することなく、乾燥した清潔な状態に保たれている。これにより、紙の使いすぎを防ぎ、資源の節約につながっている。旅行客のトイレ環境改善のために、鄭州駅では「トイレ革命」の推進に力を入れている。顔認識設備のほか、女子トイレの個室を増やして、個室の空き状況がひと目で分かる「トイレ個室ナビゲーションシステム」を導入した。また、多機能トイレの整備も進めている。このほか、発券システム更新後、乗客の「乗車券のペーパーレス化」が進んでいることから、鄭州駅の東西の入り口や待合室など旅行客が必ず通る場所に「待合室照会」の自動化システムを設置した。旅行客は身分証明書をスキャンするか列車番号を入力すれば待合室が調べられる。(記者/姜亮)<映像内容>トイレ個室ナビゲーションシステムなど河南省の鄭州駅の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100819

  •  Science Minister Bauer visits Freiburg University Hospital
    2019年10月31日
    Science Minister Bauer visits Freiburg University Hospital

    31 October 2019, Baden-Wuerttemberg, Freiburg: Baden-Württemberg‘s Science Minister Theresia Bauer (Bündnis 90/Die Grünen) receives an explanation from the medical director Justus Duyster about the creation of an electronic patient card on a screen at the Tumour Centre of the University Hospital. The Tumour Centre is one of the first medical centres at a university clinic to provide paperless treatment for patients in their old medical days. Photo: Patrick Seeger/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110102553

  •  深圳空港、旅客が全プロセスでセルフサービス体験可能に
    2020年01月15日
    深圳空港、旅客が全プロセスでセルフサービス体験可能に

    15日、深圳空港の出発ロビーでセルフチェックインサービスを利用する旅客。中国広東省の深圳空港はここ数年、デジタル技術を取り入れることでスマート化への取り組みを加速させている。現在、国内線では既にチェックイン、手荷物預け入れ、保安検査、搭乗といった全プロセスのセルフサービス化が実現し、国際線でも「ペーパーレス化」の試行が始まっている。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000764

  •  深圳空港、旅客が全プロセスでセルフサービス体験可能に
    2020年01月15日
    深圳空港、旅客が全プロセスでセルフサービス体験可能に

    15日、深圳空港で「顔認証」によって搭乗する旅客。現在、深圳空港では全ての搭乗口に顔認証装置が設置されている。中国広東省の深圳空港はここ数年、デジタル技術を取り入れることでスマート化への取り組みを加速させている。現在、国内線では既にチェックイン、手荷物預け入れ、保安検査、搭乗といった全プロセスのセルフサービス化が実現し、国際線でも「ペーパーレス化」の試行が始まっている。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012001065

  •  深圳空港、旅客が全プロセスでセルフサービス体験可能に
    2020年01月15日
    深圳空港、旅客が全プロセスでセルフサービス体験可能に

    15日、深圳空港の出発ロビーの保安検査通路で証明書のセルフチェックサービスを体験する旅客。中国広東省の深圳空港はここ数年、デジタル技術を取り入れることでスマート化への取り組みを加速させている。現在、国内線では既にチェックイン、手荷物預け入れ、保安検査、搭乗といった全プロセスのセルフサービス化が実現し、国際線でも「ペーパーレス化」の試行が始まっている。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000845

  •  深圳空港、旅客が全プロセスでセルフサービス体験可能に
    2020年01月15日
    深圳空港、旅客が全プロセスでセルフサービス体験可能に

    15日、深圳空港で「顔認証」によって搭乗する旅客。現在、深圳空港では全ての搭乗口に顔認証装置が設置されている。中国広東省の深圳空港はここ数年、デジタル技術を取り入れることでスマート化への取り組みを加速させている。現在、国内線では既にチェックイン、手荷物預け入れ、保安検査、搭乗といった全プロセスのセルフサービス化が実現し、国際線でも「ペーパーレス化」の試行が始まっている。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012001018

  •  深圳空港、旅客が全プロセスでセルフサービス体験可能に
    2020年01月15日
    深圳空港、旅客が全プロセスでセルフサービス体験可能に

    15日、深圳空港で列に並んで搭乗する旅客。中国広東省の深圳空港はここ数年、デジタル技術を取り入れることでスマート化への取り組みを加速させている。現在、国内線では既にチェックイン、手荷物預け入れ、保安検査、搭乗といった全プロセスのセルフサービス化が実現し、国際線でも「ペーパーレス化」の試行が始まっている。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000852

  •  深圳空港、旅客が全プロセスでセルフサービス体験可能に
    2020年01月15日
    深圳空港、旅客が全プロセスでセルフサービス体験可能に

    15日、深圳空港出発ロビーの保安検査通路で顔認識による手荷物のセルフチェックサービスを体験する旅客。中国広東省の深圳空港はここ数年、デジタル技術を取り入れることでスマート化への取り組みを加速させている。現在、国内線では既にチェックイン、手荷物預け入れ、保安検査、搭乗といった全プロセスのセルフサービス化が実現し、国際線でも「ペーパーレス化」の試行が始まっている。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012001002

  •  深圳空港、旅客が全プロセスでセルフサービス体験可能に
    2020年01月15日
    深圳空港、旅客が全プロセスでセルフサービス体験可能に

    15日、深圳空港の出発ロビーで自動手荷物預け機サービスを体験する旅客。中国広東省の深圳空港はここ数年、デジタル技術を取り入れることでスマート化への取り組みを加速させている。現在、国内線では既にチェックイン、手荷物預け入れ、保安検査、搭乗といった全プロセスのセルフサービス化が実現し、国際線でも「ペーパーレス化」の試行が始まっている。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000853

  •  中越国境の鉄路口岸に新システム、通関作業はデジタル時代に雲南省
    2020年03月08日
    中越国境の鉄路口岸に新システム、通関作業はデジタル時代に雲南省

    現場で入国する定期貨物列車を検査する昆明税関管轄の河口税関職員。(3月8日撮影)中国雲南省昆明税関はこのほど、中国とベトナム国境の雲南河口山腰鉄道口岸(通関地)が1日、税関積荷目録管理鉄道サブシステムと輸送手段鉄道サブシステムのオンライン運用を開始し、鉄道輸出入貨物通関作業の全面的なペーパーレス化を実現、通関の効率化がさらに進んだことを明らかにした。(河口=新華社配信)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900367

  •  「信用査証」で中国企業とASEANの通関手続きを迅速化安徽省
    2020年04月23日
    「信用査証」で中国企業とASEANの通関手続きを迅速化安徽省

    4月23日、空白の原産地証明書を発給する馬鞍山税関の職員。馬鞍山税関の呂卓(りょ・たく)副関長は「すでに確立したペーパーレス事務処理を踏まえ、管内の高級認証企業向けに『一般特恵(GSP)原産地証明書』と『中国ASEAN自由貿易協定(ACFTA)原産地証明書』(フォームE)をあらかじめ発給する。この『信用査証』により、企業は一度に複数の空白の証明書を申請して受け取り、必要に応じて自ら記入して使用することができ、輸出品の通関処理がより迅速化される」と述べた。2020年第1四半期(1~3月)の馬鞍山税関を管轄する合肥税関管内では、合計1万4900部の「一帯一路」沿線諸国向けFTA原産地証明書が発給された。これは総数の63・6%を占める。輸出貨物9億2600万ドル(1ドル=約107円)相当で、全原産地証明書総額の69・0%に当たる。企業がこれにより目的国から受けられる関税減免額は3890万ドルになると見込まれる。(馬鞍山=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

    商品コード: 2020051102862

  •  「信用査証」で中国企業とASEANの通関手続きを迅速化安徽省
    2020年04月23日
    「信用査証」で中国企業とASEANの通関手続きを迅速化安徽省

    4月23日、馬鞍山税関で原産地証明書を申請して受け取るAVKバルブ(安徽)の対外貿易担当、阿凌燕(あ・りょうえん)氏(右)。馬鞍山税関の呂卓(りょ・たく)副関長は「すでに確立したペーパーレス事務処理を踏まえ、管内の高級認証企業向けに『一般特恵(GSP)原産地証明書』と『中国ASEAN自由貿易協定(ACFTA)原産地証明書』(フォームE)をあらかじめ発給する。この『信用査証』により、企業は一度に複数の空白の証明書を申請して受け取り、必要に応じて自ら印刷して使用することができ、輸出品の通関処理がより迅速化される」と述べた。2020年第1四半期(1~3月)の馬鞍山税関を管轄する合肥税関管内では、合計1万4900部の「一帯一路」沿線諸国向けFTA原産地証明書が発給された。これは総数の63・6%を占める。輸出貨物9億2600万ドル(1ドル=約107円)相当で、全原産地証明書総額の69・0%に当たる。企業がこれにより目的国から受けられる関税減免額は3890万ドルになると見込まれる。(馬鞍山=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102883

  •  「信用査証」で中国企業とASEANの通関手続きを迅速化安徽省
    2020年04月23日
    「信用査証」で中国企業とASEANの通関手続きを迅速化安徽省

    4月23日、阿凌燕氏が受け取った空白の原産地証明書。「信用査証」形式となっており、企業が受領後に自ら記入して使用し、その後税関で照合抹消を申請できる。馬鞍山税関の呂卓(りょ・たく)副関長は「すでに確立したペーパーレス事務処理を踏まえ、管内の高級認証企業向けに『一般特恵(GSP)原産地証明書』と『中国ASEAN自由貿易協定(ACFTA)原産地証明書』(フォームE)をあらかじめ発給する。この『信用査証』により、企業は一度に複数の空白の証明書を申請して受け取り、必要に応じて自ら記入して使用することができ、輸出品の通関処理がより迅速化される」と述べた。2020年第1四半期(1~3月)の馬鞍山税関を管轄する合肥税関管内では、合計1万4900部の「一帯一路」沿線諸国向けFTA原産地証明書が発給された。これは総数の63・6%を占める。輸出貨物9億2600万ドル(1ドル=約107円)相当で、全原産地証明書総額の69・0%に当たる。企業がこれにより目的国から受けられる関税減免額は3890万ドルになると見込まれる。(馬鞍山=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102924

  •  「信用査証」で中国企業とASEANの通関手続きを迅速化安徽省
    2020年04月23日
    「信用査証」で中国企業とASEANの通関手続きを迅速化安徽省

    4月23日、空白の原産地証明書を見せる馬鞍山税関の職員。馬鞍山税関の呂卓(りょ・たく)副関長は「すでに確立したペーパーレス事務処理を踏まえ、管内の高級認証企業向けに『一般特恵(GSP)原産地証明書』と『中国ASEAN自由貿易協定(ACFTA)原産地証明書』(フォームE)をあらかじめ発給する。この『信用査証』により、企業は一度に複数の空白の証明書を申請して受け取り、必要に応じて自ら記入して使用することができ、輸出品の通関処理がより迅速化される」と述べた。2020年第1四半期(1~3月)の馬鞍山税関を管轄する合肥税関管内では、合計1万4900部の「一帯一路」沿線諸国向けFTA原産地証明書が発給された。これは総数の63・6%を占める。輸出貨物9億2600万ドル(1ドル=約107円)相当で、全原産地証明書総額の69・0%に当たる。企業がこれにより目的国から受けられる関税減免額は3890万ドルになると見込まれる。(馬鞍山=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102994

  •  BRUSSELS SANS PAPIERS DEMONSTRATION
    2020年06月20日
    BRUSSELS SANS PAPIERS DEMONSTRATION

    Illustration picture shows a demonstration organised by ‘Sans-Papiers/ Mensen zonder papieren‘, illegal refugees, Saturday 20 June 2020 in Brussels. BELGA PHOTO VIRGINIE LEFOUR、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062915097

  •  BRUSSELS SANS PAPIERS DEMONSTRATION
    2020年06月20日
    BRUSSELS SANS PAPIERS DEMONSTRATION

    Illustration picture shows a demonstration organised by ‘Sans-Papiers/ Mensen zonder papieren‘, illegal refugees, Saturday 20 June 2020 in Brussels. BELGA PHOTO VIRGINIE LEFOUR、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062915019

  •  BRUSSELS SANS PAPIERS DEMONSTRATION
    2020年06月20日
    BRUSSELS SANS PAPIERS DEMONSTRATION

    Illustration picture shows a demonstration organised by ‘Sans-Papiers/ Mensen zonder papieren‘, illegal refugees, Saturday 20 June 2020 in Brussels. BELGA PHOTO VIRGINIE LEFOUR、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062915032

  •  BRUSSELS SANS PAPIERS DEMONSTRATION
    2020年06月20日
    BRUSSELS SANS PAPIERS DEMONSTRATION

    Illustration picture shows a demonstration organised by ‘Sans-Papiers/ Mensen zonder papieren‘, illegal refugees, Saturday 20 June 2020 in Brussels. BELGA PHOTO VIRGINIE LEFOUR、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062915075

  •  中越国境の鉄路口岸に新システム、通関作業はデジタル時代に雲南省
    2020年06月24日
    中越国境の鉄路口岸に新システム、通関作業はデジタル時代に雲南省

    鉄道部門と通関データ交換システムの調整をする昆明税関管轄の河口税関職員。(6月24日撮影)中国雲南省昆明税関はこのほど、中国とベトナム国境の雲南河口山腰鉄道口岸(通関地)が1日、税関積荷目録管理鉄道サブシステムと輸送手段鉄道サブシステムのオンライン運用を開始し、鉄道輸出入貨物通関作業の全面的なペーパーレス化を実現、通関の効率化がさらに進んだことを明らかにした。(河口=新華社配信)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900445

  •  中越国境の鉄路口岸に新システム、通関作業はデジタル時代に雲南省
    2020年07月07日
    中越国境の鉄路口岸に新システム、通関作業はデジタル時代に雲南省

    入国する定期貨物列車に乗車して検査する昆明税関管轄の河口税関の職員。(資料写真)中国雲南省昆明税関はこのほど、中国とベトナム国境の雲南河口山腰鉄道口岸(通関地)が1日、税関積荷目録管理鉄道サブシステムと輸送手段鉄道サブシステムのオンライン運用を開始し、鉄道輸出入貨物通関作業の全面的なペーパーレス化を実現、通関の効率化がさらに進んだことを明らかにした。(河口=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900449

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.68
    2020年08月13日
    「新華社」コルガス口岸経由中欧班列、7月は国内最多に新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区のコルガス税関はこのほど、7月にコルガス口岸(通関地)から出入国した中欧班列の運行本数と貨物輸送量が月間過去最高を記録し、中国国内の口岸でトップになったことを明らかにした。同税関職員の竜騰(りゅう・とう)氏によると、同口岸を経由する中欧班列の運行本数は今年に入り急増しているという。うち、同税関が7月に監督管理した中欧班列本数は前年同月比55・2%増の495本、貨物量は55・1%増の4万5600TEU(20フィートコンテナ換算)だった。同口岸は現在、中断のない通関業務モデルを実施し、中欧班列の専用窓口を設置することで、通関効率を60%以上引き上げている。同時に、保税業務のペーパーレス化を実施、企業の申告コストを大幅に引き下げ、中欧班列のスムーズな通関手続きを保障している。新型コロナウイルス感染症の発生以来、航空・トラック・海運などの物流ルートが影響を受けているが、中欧班列は区間ごとに輸送を行っており、人員に対する検疫を必要としないことで、よりスムーズな物流を確保。中国の輸出入を安定させ、世界のサプライチェーンのスムーズな運営を保障する重要な物流ルートとなっている。今年1月から7月までに、同口岸を経由した中欧班列は前年同期比で22・6%増の2217本に達し、貨物輸送量は33・8%増の205万5600トン、コンテナ取扱量は20・8%増の20万3800TEUとなっている。(記者/周生斌)<映像内容>中欧班列の走行の様子、コンテナが移動する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403455

  •  タブレット端末で資料を確認する岡山市議
    2020年08月20日
    タブレット端末で資料を確認する岡山市議

    タブレット端末で資料を確認する岡山市議。岡山市議会は会議のペーパーレス化に向け、20日の議会運営委員会からタブレット端末の試験運用をスタートさせた。今秋には総務委員会でも取り入れる予定で、課題を検証しながら他の委員会や本会議への拡大を検討する。試験運用は全市議46人に端末を貸与。当面は議運委と総務委員会で活用する。市議会事務局によると、予算、議案書といった用紙や印刷代の削減、事務の効率化といったメリットが期待できるという。=2020(令和2)年8月20日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082500233

  • 打ち合わせに臨む大野知事 自治体にペーパーレスの波
    2020年09月20日
    打ち合わせに臨む大野知事 自治体にペーパーレスの波

    埼玉県庁で大型モニターを使った初の打ち合わせに臨む大野元裕知事(右手前)=8月

    商品コード: 2020092000137

  • 河野国家公務員制度相 ペーパーレスで働き方改善
    2020年12月21日
    河野国家公務員制度相 ペーパーレスで働き方改善

    文具大手コクヨを視察する河野国家公務員制度相(手前左)=21日午後、東京都港区(代表撮影)

    商品コード: 2020122104552

  • 質問に答える河野氏 ペーパーレスで働き方改善
    2020年12月21日
    質問に答える河野氏 ペーパーレスで働き方改善

    文具大手コクヨの視察を終え、記者の質問に答える河野国家公務員制度相=21日午後、東京都港区(代表撮影)

    商品コード: 2020122104555

  •  「新華社」RCEP国際貨物列車を運行広西チワン族自治区
    00:53.22
    2022年01月03日
    「新華社」RCEP国際貨物列車を運行広西チワン族自治区

    国広西チワン族自治区の南寧国際鉄道港で1日午前0時5分、800トン余りの貨物を満載したコンテナ列車がベトナム・ハノイに向け出発した。同列車は、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定の発効後に広西を出発するRCEP加盟国行きの国際貨物列車で、輸送するのは電子部品や日用雑貨、化学工業製品などの一般貿易貨物と越境電子商取引(EC)貨物。貨物価格の総額は1千万ドル(1ドル=約115円)余りだという。中国鉄路南寧局集団の賀湘平(が・しょうへい)副総経理は「われわれは越境貨物輸送のワンストップ、ペーパーレス通関を実現した。列車の通関時間は3分前後に短縮され、越境貨物輸送サービスの質が向上した」と説明した。統計によると、2021年に同自治区の西南端、ベトナム国境に位置する憑祥(ひょうしょう)通関地を通過した国際貨物列車は1900本を超えた。うち、南寧国際鉄道港を発着する中越直行コンテナ列車は346本となっている。(記者/徐海濤、呉思思) =配信日: 2022(令和4)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010306465

  •  China-Vietnam freight train trips rise 26 pct in January
    00:59.88
    2022年02月07日
    China-Vietnam freight train trips rise 26 pct in January

    STORY: China-Vietnam freight train trips rise 26 pct in JanuaryDATELINE: Feb. 7, 2022LENGTH: 00:01:00LOCATION: PINGXIANG, ChinaCATEGORY: ECONOMYSHOTLIST:1.various of the Pingxiang Station2.SOUNDBITE 1 (Chinese): LI JUN, China Railway Nanning Group Co., Ltd.STORYLINE:More than 30 China-Vietnam freight train trips were made in January 2022, up by over 26 percent from the same period the previous year, setting a good start of cross-border goods transportation between China and Vietnam for 2022.SOUNDBITE 1 (Chinese): LI JUN, China Railway Nanning Group Co., Ltd.“The railway department has set up a green channel for cross-border goods. It has implemented one-stop processing and paperless customs clearance service. At the same time, a real-time communication system is built between the departure and destination station to ensure the rapid entry and exit of goods.Meanwhile, bot.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020810194

  •  リコー、社長に大山氏 デジタルサービスへ転換加速
    2023年01月30日
    リコー、社長に大山氏 デジタルサービスへ転換加速

    リコーは30日、4月1日付で大山晃取締役(62)が社長に昇格する人事を発表した。山下良則社長(65)は代表権のある会長に就く。同社は主力の複合機がペーパーレス化や在宅勤務の拡大に伴い市場縮小傾向にある中、デジタルサービス会社への転換を進める。2023年度から始まる新しい中期経営計画に、経営体制を刷新して取り組む。大山氏には、デジタルサービス会社に向けた経営基盤の強化と収益力向上が求められる。写真は会見する大山晃次期社長(左)と山下良則社長(右)。=2023(令和5)年1月30日、都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023013109190

  •  リコー、社長に大山氏 デジタルサービスへ転換加速
    2023年01月30日
    リコー、社長に大山氏 デジタルサービスへ転換加速

    リコーは30日、4月1日付で大山晃取締役(62)が社長に昇格する人事を発表した。山下良則社長(65)は代表権のある会長に就く。同社は主力の複合機がペーパーレス化や在宅勤務の拡大に伴い市場縮小傾向にある中、デジタルサービス会社への転換を進める。2023年度から始まる新しい中期経営計画に、経営体制を刷新して取り組む。大山氏には、デジタルサービス会社に向けた経営基盤の強化と収益力向上が求められる。写真は会見する大山晃次期社長(左)と山下良則社長(右)。=2023(令和5)年1月30日、都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023013109192

  •  リコー、社長に大山氏 デジタルサービスへ転換加速
    2023年01月30日
    リコー、社長に大山氏 デジタルサービスへ転換加速

    リコーは30日、4月1日付で大山晃取締役(62)が社長に昇格する人事を発表した。山下良則社長(65)は代表権のある会長に就く。同社は主力の複合機がペーパーレス化や在宅勤務の拡大に伴い市場縮小傾向にある中、デジタルサービス会社への転換を進める。2023年度から始まる新しい中期経営計画に、経営体制を刷新して取り組む。大山氏には、デジタルサービス会社に向けた経営基盤の強化と収益力向上が求められる。写真は会見後に握手する大山晃次期社長(左)と山下良則社長(右)。=2023(令和5)年1月30日、都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023013109213

  •  リコー、社長に大山氏 デジタルサービスへ転換加速
    2023年01月30日
    リコー、社長に大山氏 デジタルサービスへ転換加速

    リコーは30日、4月1日付で大山晃取締役(62)が社長に昇格する人事を発表した。山下良則社長(65)は代表権のある会長に就く。同社は主力の複合機がペーパーレス化や在宅勤務の拡大に伴い市場縮小傾向にある中、デジタルサービス会社への転換を進める。2023年度から始まる新しい中期経営計画に、経営体制を刷新して取り組む。大山氏には、デジタルサービス会社に向けた経営基盤の強化と収益力向上が求められる。写真は会見する大山晃次期社長(左)と山下良則社長(右)。=2023(令和5)年1月30日、都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023013109216

  •  リコー、社長に大山氏 デジタルサービスへ転換加速
    2023年01月30日
    リコー、社長に大山氏 デジタルサービスへ転換加速

    リコーは30日、4月1日付で大山晃取締役(62)が社長に昇格する人事を発表した。山下良則社長(65)は代表権のある会長に就く。同社は主力の複合機がペーパーレス化や在宅勤務の拡大に伴い市場縮小傾向にある中、デジタルサービス会社への転換を進める。2023年度から始まる新しい中期経営計画に、経営体制を刷新して取り組む。大山氏には、デジタルサービス会社に向けた経営基盤の強化と収益力向上が求められる。写真は会見する大山晃次期社長(右)と山下良則社長(左)。=2023(令和5)年1月30日、都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023013109219

  •  リコー、社長に大山氏 デジタルサービスへ転換加速
    2023年01月30日
    リコー、社長に大山氏 デジタルサービスへ転換加速

    リコーは30日、4月1日付で大山晃取締役(62)が社長に昇格する人事を発表した。山下良則社長(65)は代表権のある会長に就く。同社は主力の複合機がペーパーレス化や在宅勤務の拡大に伴い市場縮小傾向にある中、デジタルサービス会社への転換を進める。2023年度から始まる新しい中期経営計画に、経営体制を刷新して取り組む。大山氏には、デジタルサービス会社に向けた経営基盤の強化と収益力向上が求められる。写真は会見する大山晃次期社長(右)と山下良則社長(左)。=2023(令和5)年1月30日、都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023013109185

  •  リコー、社長に大山氏 デジタルサービスへ転換加速
    2023年01月30日
    リコー、社長に大山氏 デジタルサービスへ転換加速

    リコーは30日、4月1日付で大山晃取締役(62)が社長に昇格する人事を発表した。山下良則社長(65)は代表権のある会長に就く。同社は主力の複合機がペーパーレス化や在宅勤務の拡大に伴い市場縮小傾向にある中、デジタルサービス会社への転換を進める。2023年度から始まる新しい中期経営計画に、経営体制を刷新して取り組む。大山氏には、デジタルサービス会社に向けた経営基盤の強化と収益力向上が求められる。写真は会見する大山晃次期社長(右)と山下良則社長(左)。=2023(令和5)年1月30日、都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023013109232

  •  リコー、社長に大山氏 デジタルサービスへ転換加速
    2023年01月30日
    リコー、社長に大山氏 デジタルサービスへ転換加速

    リコーは30日、4月1日付で大山晃取締役(62)が社長に昇格する人事を発表した。山下良則社長(65)は代表権のある会長に就く。同社は主力の複合機がペーパーレス化や在宅勤務の拡大に伴い市場縮小傾向にある中、デジタルサービス会社への転換を進める。2023年度から始まる新しい中期経営計画に、経営体制を刷新して取り組む。大山氏には、デジタルサービス会社に向けた経営基盤の強化と収益力向上が求められる。写真は大山晃次期社長。=2023(令和5)年1月30日、都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023013109228

  •  リコー、社長に大山氏 デジタルサービスへ転換加速
    2023年01月30日
    リコー、社長に大山氏 デジタルサービスへ転換加速

    リコーは30日、4月1日付で大山晃取締役(62)が社長に昇格する人事を発表した。山下良則社長(65)は代表権のある会長に就く。同社は主力の複合機がペーパーレス化や在宅勤務の拡大に伴い市場縮小傾向にある中、デジタルサービス会社への転換を進める。2023年度から始まる新しい中期経営計画に、経営体制を刷新して取り組む。大山氏には、デジタルサービス会社に向けた経営基盤の強化と収益力向上が求められる。写真は大山晃次期社長。=2023(令和5)年1月30日、都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023013109233

  • 1