KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • ウラン
  • 景観
  • 風景
  • 位置
  • 劉磊
  • 大興安嶺
  • フフホト
  • 実現

「ホルチン右翼前旗」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
65
( 1 65 件を表示)
  • 1
65
( 1 65 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.14
    2020年03月08日
    「新華社」地元警察が牧畜作業を支援内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)は純粋な牧畜業地域で、春にヒツジとヤギの出産に立ち会うことが地元の牧畜民にとって1年で最も重要な生産任務となっている。同地に駐屯する国境派出所は、時期になると経験豊かなモンゴル族警官から成る作業チームを結成し、労働力が不足している国境管轄区域の牧畜農家で出産補助や飼育、畜舎の消毒・殺菌など踏み込んだ支援を行い、牧畜生産者が直面する困難を解決している。(記者/哈麗娜)<映像内容>内モンゴル自治区の牧畜農家、羊や牛の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104915

  • 2020年03月08日
    伝統工芸でモンゴル族女性の貧困脱出を後押し

    8日、刺しゅうを学ぶ内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗ウラン・モド・ソムの薩日朗合作社(協同組合)の女性たち。中国内モンゴル自治区婦女連合会は、2018年から農村や放牧地の貧困女性を支援する「布絲瑰行動計画(アクションプラン)」を始動している。「布絲瑰」はモンゴル語で「女性」を意味する。同計画は少数民族に伝わる衣装のチーフ化、ファッション化、生活化、産業化への推進により、多くの女性の起業や就業、増収による貧困脱却を目指す。これまでに同自治区内に200カ所以上の生産拠点を設け、1万6千人に上る女性の雇用を生み出している。(フフホト=新華社配信/勿日汗)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031200773

  • 2020年04月29日
    多彩な民族文化課程、相次ぎ開講内モンゴル自治区

    4月29日、ホルチン右翼前旗第一中学校の弓射場で弓術の稽古をする生徒。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗の民族学校、旗第一中学校ではこのほど、学校での授業が再開され、生徒らが教室に戻った。校内では独自の民族文化課程も相次いで開講されている。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102876

  • 2020年04月29日
    多彩な民族文化課程、相次ぎ開講内モンゴル自治区

    4月29日、運動場でモンゴル族の舞踊「安代舞」を練習するホルチン右翼前旗第一中学校の生徒。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗の民族学校、旗第一中学校ではこのほど、学校での授業が再開され、生徒らが教室に戻った。校内では独自の民族文化課程も相次いで開講されている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102884

  • 2020年04月29日
    多彩な民族文化課程、相次ぎ開講内モンゴル自治区

    4月29日、運動場でモンゴル相撲「ブフ」の稽古をするホルチン右翼前旗第一中学校の生徒。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗の民族学校、旗第一中学校ではこのほど、学校での授業が再開され、生徒らが教室に戻った。校内では独自の民族文化課程も相次いで開講されている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102870

  • 2020年04月29日
    多彩な民族文化課程、相次ぎ開講内モンゴル自治区

    4月29日、生徒にモンゴル書道を教えるホルチン右翼前旗第一中学校の教師(左)。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗の民族学校、旗第一中学校ではこのほど、学校での授業が再開され、生徒らが教室に戻った。校内では独自の民族文化課程も相次いで開講されている。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102912

  • 2020年04月29日
    多彩な民族文化課程、相次ぎ開講内モンゴル自治区

    4月29日、生徒に馬頭琴を教えるホルチン右翼前旗第一中学校の教師(右端)。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗の民族学校、旗第一中学校ではこのほど、学校での授業が再開され、生徒らが教室に戻った。校内では独自の民族文化課程も相次いで開講されている。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102943

  • 2020年04月29日
    多彩な民族文化課程、相次ぎ開講内モンゴル自治区

    4月29日、モンゴル族の歌を練習するホルチン右翼前旗第一中学校の生徒。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗の民族学校、旗第一中学校ではこのほど、学校での授業が再開され、生徒らが教室に戻った。校内では独自の民族文化課程も相次いで開講されている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102844

  • 2020年04月29日
    多彩な民族文化課程、相次ぎ開講内モンゴル自治区

    4月29日、馬頭琴を練習するホルチン右翼前旗第一中学校の生徒。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗の民族学校、旗第一中学校ではこのほど、学校での授業が再開され、生徒らが教室に戻った。校内では独自の民族文化課程も相次いで開講されている。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102843

  • 2020年04月29日
    多彩な民族文化課程、相次ぎ開講内モンゴル自治区

    4月29日、生徒にモンゴル将棋「シャタル」を教える教師(右端)。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗の民族学校、旗第一中学校ではこのほど、学校での授業が再開され、生徒らが教室に戻った。校内では独自の民族文化課程も相次いで開講されている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102855

  • 2020年04月29日
    多彩な民族文化課程、相次ぎ開講内モンゴル自治区

    4月29日、運動場でモンゴル相撲「ブフ」の稽古をするホルチン右翼前旗第一中学校の生徒。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗の民族学校、旗第一中学校ではこのほど、学校での授業が再開され、生徒らが教室に戻った。校内では独自の民族文化課程も相次いで開講されている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102879

  • 2020年04月29日
    多彩な民族文化課程、相次ぎ開講内モンゴル自治区

    4月29日、運動場でモンゴル相撲「ブフ」の稽古をするホルチン右翼前旗第一中学校の生徒。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗の民族学校、旗第一中学校ではこのほど、学校での授業が再開され、生徒らが教室に戻った。校内では独自の民族文化課程も相次いで開講されている。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102863

  • 01:11.63
    2020年05月14日
    「新華社」手作りの草編みがもたらす充実した生活内モンゴル自治区

    草編みは中国で庶民に広く親しまれている手工芸品であり、国家級無形文化遺産に指定されている。内モンゴル自治区の多くの地域ではここ数年、多くの貧困世帯が草編みの技術を習得し、廃棄されたトウモロコシの葉やわらを使って工芸品を生み出し、自らの手で充実した生活を作り出している。同自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗俄体鎮興安村婦人連合会の会長を務める劉麗娟(りゅう・れいけん)さんは2019年、ホルチン右翼前旗婦人連合会と俄体鎮政府の支援の下、草編み技術研修クラスを開設。地元住民らの増収につなげた。同鎮では現在、六つの村から計100人余りが研修に参加しており、1人当たり1日100元(1元=約15円)の収入増を実現している。(記者/張晟)<映像内容>草編みの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051502373

  • 2020年07月01日
    緑豊かな真夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区

    1日、ウラン・モド草原で、夕日に照らされる遊牧民のパオ(包)。真夏を迎えた中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原には、青々とした草が一面に生い茂り、清々しい風景が広がっている。大興安嶺の南麓に位置する同草原は、山地草原に属しており、爽やかで独特な景観を作り出している。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611425

  • 2020年07月01日
    緑豊かな真夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区

    1日、ウラン・モド草原で草をはむ羊の群れ。(小型無人機から)真夏を迎えた中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原には、青々とした草が一面に生い茂り、清々しい風景が広がっている。大興安嶺の南麓に位置する同草原は、山地草原に属しており、爽やかで独特な景観を作り出している。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611476

  • 2020年07月01日
    緑豊かな真夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区

    1日、ウラン・モド草原でのんびりと草をはむ羊と牛の群れ。真夏を迎えた中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原には、青々とした草が一面に生い茂り、清々しい風景が広がっている。大興安嶺の南麓に位置する同草原は、山地草原に属しており、爽やかで独特な景観を作り出している。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611525

  • 2020年07月01日
    緑豊かな真夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区

    1日、ウラン・モド草原で草をはむ牛の群れ。真夏を迎えた中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原には、青々とした草が一面に生い茂り、清々しい風景が広がっている。大興安嶺の南麓に位置する同草原は、山地草原に属しており、爽やかで独特な景観を作り出している。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611530

  • 2020年07月01日
    緑豊かな真夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区

    1日、夕日を浴びて輝くウラン・モド草原。(小型無人機から)真夏を迎えた中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原には、青々とした草が一面に生い茂り、清々しい風景が広がっている。大興安嶺の南麓に位置する同草原は、山地草原に属しており、爽やかで独特な景観を作り出している。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611540

  • 2020年07月01日
    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す

    1日、合作社で刺しゅうに励むモンゴル族の女性たち。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611585

  • 2020年07月01日
    緑豊かな真夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区

    1日、ウラン・モド草原を縫うように流れるウラン(烏蘭)河。(小型無人機から)真夏を迎えた中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原には、青々とした草が一面に生い茂り、清々しい風景が広がっている。大興安嶺の南麓に位置する同草原は、山地草原に属しており、爽やかで独特な景観を作り出している。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611529

  • 2020年07月01日
    緑豊かな真夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区

    1日、ウラン・モド草原で草をはむ牛の群れ。(小型無人機から)真夏を迎えた中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原には、青々とした草が一面に生い茂り、清々しい風景が広がっている。大興安嶺の南麓に位置する同草原は、山地草原に属しており、爽やかで独特な景観を作り出している。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611549

  • 2020年07月01日
    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す

    1日、合作社で刺しゅうに励むモンゴル族の女性たち。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/貝赫)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611757

  • 2020年07月01日
    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す

    1日、合作社で、刺しゅうに励むモンゴル族の女性。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611763

  • 2020年07月01日
    緑豊かな真夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区

    1日、ウラン・モド草原で草をはむ馬。真夏を迎えた中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原には、青々とした草が一面に生い茂り、清々しい風景が広がっている。大興安嶺の南麓に位置する同草原は、山地草原に属しており、爽やかで独特な景観を作り出している。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611547

  • 2020年07月01日
    緑豊かな真夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区

    1日、ウラン・モド草原で草をはむ牛の群れ。真夏を迎えた中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原には、青々とした草が一面に生い茂り、清々しい風景が広がっている。大興安嶺の南麓に位置する同草原は、山地草原に属しており、爽やかで独特な景観を作り出している。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611487

  • 2020年07月01日
    緑豊かな真夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区

    1日、真夏のウラン・モド草原に広がる清々しい景色。(小型無人機から)真夏を迎えた中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原には、青々とした草が一面に生い茂り、清々しい風景が広がっている。大興安嶺の南麓に位置する同草原は、山地草原に属しており、爽やかで独特な景観を作り出している。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611521

  • 2020年07月01日
    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す

    1日、合作社で作られたモンゴル族のたばこ入れ。美しい刺しゅうの図案が施されている。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611548

  • 2020年07月01日
    緑豊かな真夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区

    1日、ウラン・モド草原で草をはむ牛の群れ。真夏を迎えた中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原には、青々とした草が一面に生い茂り、清々しい風景が広がっている。大興安嶺の南麓に位置する同草原は、山地草原に属しており、爽やかで独特な景観を作り出している。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611555

  • 2020年07月01日
    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す

    1日、合作社で刺しゅうに励むモンゴル族の女性。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611665

  • 2020年07月01日
    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す

    1日、合作社で孫娘に刺しゅうの技法について説明するモンゴル族の女性(左)。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/貝赫)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611760

  • 2020年07月01日
    緑豊かな真夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区

    1日、ウラン・モド草原で見つけたモンゴル族の伝統的な移動・輸送用道具「勒勒(ララ)車」。真夏を迎えた中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原には、青々とした草が一面に生い茂り、清々しい風景が広がっている。大興安嶺の南麓に位置する同草原は、山地草原に属しており、爽やかで独特な景観を作り出している。(ヒンガン盟=新華社記者/貝赫)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611446

  • 2020年07月01日
    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す

    1日、合作社で刺しゅう糸を選ぶモンゴル族の女性。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611527

  • 2020年07月01日
    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す

    1日、合作社で、刺しゅうに励むモンゴル族の女性。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611602

  • 2020年07月01日
    緑豊かな真夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区

    1日、真夏のウラン・モド草原に広がる清々しい景色。(小型無人機から)真夏を迎えた中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原には、青々とした草が一面に生い茂り、清々しい風景が広がっている。大興安嶺の南麓に位置する同草原は、山地草原に属しており、爽やかで独特な景観を作り出している。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611692

  • 2020年07月02日
    緑豊かな真夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区

    2日、真夏のウラン・モド草原に広がる清々しい景色。(小型無人機から)真夏を迎えた中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原には、青々とした草が一面に生い茂り、清々しい風景が広がっている。大興安嶺の南麓に位置する同草原は、山地草原に属しており、爽やかで独特な景観を作り出している。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611479

  • 2020年07月02日
    緑豊かな真夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区

    2日、ウラン・モド草原で草をはむ羊の群れ。真夏を迎えた中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原には、青々とした草が一面に生い茂り、清々しい風景が広がっている。大興安嶺の南麓に位置する同草原は、山地草原に属しており、爽やかで独特な景観を作り出している。(ヒンガン盟=新華社記者/貝赫)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611460

  • 2020年07月02日
    緑豊かな真夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区

    2日、ウラン・モド草原で草をはむ牛の群れ。真夏を迎えた中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原には、青々とした草が一面に生い茂り、清々しい風景が広がっている。大興安嶺の南麓に位置する同草原は、山地草原に属しており、爽やかで独特な景観を作り出している。(ヒンガン盟=新華社記者/貝赫)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611679

  • 2020年07月02日
    緑豊かな真夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区

    2日、ウラン・モド草原で草をはむ牛の群れ。真夏を迎えた中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原には、青々とした草が一面に生い茂り、清々しい風景が広がっている。大興安嶺の南麓に位置する同草原は、山地草原に属しており、爽やかで独特な景観を作り出している。(ヒンガン盟=新華社記者/貝赫)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611683

  • 2020年07月05日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    5日、ヒンガン盟ホルチン右翼前旗の草原。中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800723

  • 02:32.48
    2020年07月09日
    「新華社」緑豊かな真夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区

    真夏を迎えた中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原には、青々とした草が一面に生い茂り、清々しい風景が広がっている。大興安嶺の南麓に位置する同草原は、山地草原に属しており、爽やかで独特な景観を作り出している。(記者/張晟)<映像内容>ウラン・モド草原の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072300419

  • 01:01.50
    2020年08月05日
    「新華社」まるで緑の絨毯!ベストシーズン迎えたウラン・モド草原

    国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗の北部に広がるウラン・モド(烏蘭毛都)草原は、1年で最も美しい季節を迎えており、のんびりと草をはむ牛や羊の群れが織りなす爽やかな風景が一面に広がっている。(記者/葉紫嫣)<映像内容>ウラン・モド草原の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602000

  • 2020年08月09日
    内モンゴル・ヒンガン盟でナーダム開幕多彩な催しで観光客魅了

    9日、ヒンガン盟ナーダムでアーチェリー競技に参加する牧畜民。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原で8日、「2020年ヒンガン盟ナーダム」が開幕した。今年は競馬やブフ(格闘技の一種)、アーチェリーといったモンゴル族の伝統的な競技種目の他に、文芸の夕べやイルミネーションショー、花火ショーなど現代的な催しも加わり、多くの観光客を引き付けている。(ヒンガン盟=新華社記者/貝赫)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402219

  • 2020年08月09日
    内モンゴル・ヒンガン盟でナーダム開幕多彩な催しで観光客魅了

    9日、ヒンガン盟ナーダムの花火ショー。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原で8日、「2020年ヒンガン盟ナーダム」が開幕した。今年は競馬やブフ(格闘技の一種)、アーチェリーといったモンゴル族の伝統的な競技種目の他に、文芸の夕べやイルミネーションショー、花火ショーなど現代的な催しも加わり、多くの観光客を引き付けている。(ヒンガン盟=新華社記者/貝赫)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402238

  • 2020年08月09日
    内モンゴル・ヒンガン盟でナーダム開幕多彩な催しで観光客魅了

    9日、ヒンガン盟ナーダムでアーチェリー競技に参加する牧畜民。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原で8日、「2020年ヒンガン盟ナーダム」が開幕した。今年は競馬やブフ(格闘技の一種)、アーチェリーといったモンゴル族の伝統的な競技種目の他に、文芸の夕べやイルミネーションショー、花火ショーなど現代的な催しも加わり、多くの観光客を引き付けている。(ヒンガン盟=新華社記者/貝赫)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402272

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月09日
    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区

    9日、巡視時に高圧電力でけがをした鳥を発見し、傷の具合を確認するエルグト供電所の職員。中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/張晟)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402373

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月09日
    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区

    9日、送電線の巡視とメンテナンスを行うエルグト供電所の職員。中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/恩浩)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402403

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月09日
    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区

    9日、送電線の巡視とメンテナンスを行うエルグト供電所の職員。中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/張晟)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402410

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月09日
    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区

    9日、人工巣を設置するエルグト供電所の職員。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/張晟)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402411

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月09日
    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区

    9日、送電線の巡視とメンテナンスを行うエルグト供電所の職員。中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/張晟)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402280

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月09日
    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区

    9日、巡視時に高圧電力でけがをした鳥を発見し、傷の具合を確認するエルグト供電所の職員。中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/恩浩)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402346

  • 2020年08月09日
    内モンゴル・ヒンガン盟でナーダム開幕多彩な催しで観光客魅了

    9日、ヒンガン盟ナーダムでアーチェリー競技に参加する牧畜民。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原で8日、「2020年ヒンガン盟ナーダム」が開幕した。今年は競馬やブフ(格闘技の一種)、アーチェリーといったモンゴル族の伝統的な競技種目の他に、文芸の夕べやイルミネーションショー、花火ショーなど現代的な催しも加わり、多くの観光客を引き付けている。(ヒンガン盟=新華社記者/貝赫)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402379

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月09日
    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区

    9日、人工巣を設置するエルグト供電所の職員。中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/恩浩)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402412

  • 2020年08月09日
    内モンゴル・ヒンガン盟でナーダム開幕多彩な催しで観光客魅了

    9日、ヒンガン盟ナーダムで競馬に参加する牧畜民。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原で8日、「2020年ヒンガン盟ナーダム」が開幕した。今年は競馬やブフ(格闘技の一種)、アーチェリーといったモンゴル族の伝統的な競技種目の他に、文芸の夕べやイルミネーションショー、花火ショーなど現代的な催しも加わり、多くの観光客を引き付けている。(ヒンガン盟=新華社記者/貝赫)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402171

  • 2020年08月09日
    内モンゴル・ヒンガン盟でナーダム開幕多彩な催しで観光客魅了

    9日、ヒンガン盟ナーダムでアーチェリー競技に参加する牧畜民。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原で8日、「2020年ヒンガン盟ナーダム」が開幕した。今年は競馬やブフ(格闘技の一種)、アーチェリーといったモンゴル族の伝統的な競技種目の他に、文芸の夕べやイルミネーションショー、花火ショーなど現代的な催しも加わり、多くの観光客を引き付けている。(ヒンガン盟=新華社記者/貝赫)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402226

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月09日
    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区

    9日、巡視時に高圧電力でけがをした鳥を発見し、傷の具合を確認するエルグト供電所の職員。中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/張晟)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402278

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月09日
    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区

    9日、人工巣を設置するエルグト供電所の職員。中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/恩浩)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402335

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月09日
    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区

    9日、巡視時に高圧電力でけがをした鳥を発見し、傷の具合を確認するエルグト供電所の職員。中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/恩浩)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402360

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月09日
    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区

    9日、人工巣を設置するエルグト供電所の職員。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/張晟)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402377

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月09日
    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区

    9日、送電線の巡視とメンテナンスを行うエルグト供電所の職員。中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/恩浩)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402245

  • 2020年08月09日
    内モンゴル・ヒンガン盟でナーダム開幕多彩な催しで観光客魅了

    9日、ヒンガン盟ナーダムの花火ショーを携帯電話で撮影する観光客。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原で8日、「2020年ヒンガン盟ナーダム」が開幕した。今年は競馬やブフ(格闘技の一種)、アーチェリーといったモンゴル族の伝統的な競技種目の他に、文芸の夕べやイルミネーションショー、花火ショーなど現代的な催しも加わり、多くの観光客を引き付けている。(ヒンガン盟=新華社記者/貝赫)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402285

  • 2020年08月09日
    内モンゴル・ヒンガン盟でナーダム開幕多彩な催しで観光客魅了

    9日、ヒンガン盟ナーダムで競馬に参加する牧畜民。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原で8日、「2020年ヒンガン盟ナーダム」が開幕した。今年は競馬やブフ(格闘技の一種)、アーチェリーといったモンゴル族の伝統的な競技種目の他に、文芸の夕べやイルミネーションショー、花火ショーなど現代的な催しも加わり、多くの観光客を引き付けている。(ヒンガン盟=新華社記者/貝赫)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402265

  • 01:44.92
    2020年10月09日
    「新華社」草編み作品づくりで充実の生活内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区興安盟ホルチン右翼前旗の俄体鎮双勝村に住む屈風艶(くつ・ふうえん)さんは、草編み技術を学び、さまざまな作品を作り続けている。廃弃されたトウモロコシの皮や稲わらなどを使って農閑期に一つ一つ手作りで作品を作り、充実した生活を「編み」だしている。(記者/恩浩)<映像内容>草編みの作品づくりの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101301754

  • 01:02.56
    2020年10月16日
    「新華社」学校教育通じて民族文化を伝承内モンゴル自治区

    モンゴル族、漢族、満州族、回族、朝鮮族など13の少数民族が居住する中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗は近年、民族教育の長所と特徴を継続的に活用し、民族文化の伝承を図ってきた。同旗のウラン・モド(烏蘭毛都)小学校ではここ数年、モンゴル族刺しゅうの無形文化遺産伝承者を教室に招いたり、伝統技巧のフェルト作りやモンゴル将棋など特色あるクラブ活動を行ったりするなど、少数民族文化の刷新と発展に力を入れている。(記者/張晟)<映像内容>モンゴル族刺しゅうの制作、モンゴル将棋などクラブ活動の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102007306

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:26.64
    2021年01月21日
    「新華社」傷ついたケアシノスリ、再び大空へ内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗大石寨鎮の道端で今月初め、住民が国家2級保護野生動物に指定されているタカ科の鳥ケアシノスリを見つけた。ケアシノスリはけがをしていたが、同旗の野生動物保護監視測定ステーションと森林公安局大青山派出所の職員の世話を受けてすっかり回復。このほど空に放された。今回はほかに、以前救助されたノロジカ1頭とワシミミズク1羽も自然に返された。(記者/王靖)=配信日:2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012302973

  • 00:59.96
    2021年07月28日
    「新華社」夏のウラン・モド草原内モンゴル自治区ヒンガン盟

    中国内モンゴル自治区ヒンガン盟はここ数年、生態保護が顕著な成果を挙げており、自治区内唯一の国家生態文明建設モデル盟となっている。現在、盟内の森林率は33%、天然草原の植生率は68%に達している。中でも、同盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド(烏蘭毛都)草原はとりわけ美しく、草原と青空が連なり、人と自然が調和した美しい景色が広がっている。(記者/王靖) =配信日: 2021(令和3)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072805179

  • 1