KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 収入
  • 投入
  • ソム
  • 人々
  • 北京市
  • 協力協定
  • 周辺
  • 女性

「ホルチン左翼中旗」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
17
( 1 17 件を表示)
  • 1
17
( 1 17 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年08月19日
    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、黄牛の販売手続きを行う牧畜民。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400738

  • 2020年08月19日
    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、育てた黄牛を売る牧畜民。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400819

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    民族衣装工房、貧困世帯の収入増に貢献内モンゴル自治区

    19日、内モンゴル自治区ホルチン左翼中旗の花胡碩蘇木(ソム)にある民族衣装工房で縫製技法について話し合う従業員。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼中旗の人民政府は2018年、150万元(1元=約15円)を投じ、旗(県に相当)内の二つの町に民族衣装工房を建設した。貧困戸に認定された世帯の女性60人を雇用し、これらの人々に5千~1万2千元の年収をもたらした。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100349

  • 2020年08月19日
    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、黄牛を買い付けるバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400719

  • 2020年08月19日
    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、買い付けた黄牛を運ぶ準備をするバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400727

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    民族衣装工房、貧困世帯の収入増に貢献内モンゴル自治区

    19日、内モンゴル自治区ホルチン左翼中旗の花胡碩蘇木(ソム)にある民族衣装工房で縫製作業をする従業員。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼中旗の人民政府は2018年、150万元(1元=約15円)を投じ、旗(県に相当)内の二つの町に民族衣装工房を建設した。貧困戸に認定された世帯の女性60人を雇用し、これらの人々に5千~1万2千元の年収をもたらした。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100285

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    民族衣装工房、貧困世帯の収入増に貢献内モンゴル自治区

    19日、内モンゴル自治区ホルチン左翼中旗の花胡碩蘇木(ソム)にある民族衣装工房で、完成品を試着し着心地を確認する作業員ら。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼中旗の人民政府は2018年、150万元(1元=約15円)を投じ、旗(県に相当)内の二つの町に民族衣装工房を建設した。貧困戸に認定された世帯の女性60人を雇用し、これらの人々に5千~1万2千元の年収をもたらした。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100287

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    民族衣装工房、貧困世帯の収入増に貢献内モンゴル自治区

    19日、内モンゴル自治区ホルチン左翼中旗の花胡碩蘇木(ソム)にある民族衣装工房で、自らが製作した製品を見せる従業員。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼中旗の人民政府は2018年、150万元(1元=約15円)を投じ、旗(県に相当)内の二つの町に民族衣装工房を建設した。貧困戸に認定された世帯の女性60人を雇用し、これらの人々に5千~1万2千元の年収をもたらした。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100275

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    民族衣装工房、貧困世帯の収入増に貢献内モンゴル自治区

    19日、内モンゴル自治区ホルチン左翼中旗の花胡碩蘇木(ソム)にある民族衣装工房で、完成したモンゴル民族衣装を披露する作業員ら。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼中旗の人民政府は2018年、150万元(1元=約15円)を投じ、旗(県に相当)内の二つの町に民族衣装工房を建設した。貧困戸に認定された世帯の女性60人を雇用し、これらの人々に5千~1万2千元の年収をもたらした。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100376

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    民族衣装工房、貧困世帯の収入増に貢献内モンゴル自治区

    19日、内モンゴル自治区ホルチン左翼中旗の花胡碩蘇木(ソム)にある民族衣装工房で刺しゅうする従業員。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼中旗の人民政府は2018年、150万元(1元=約15円)を投じ、旗(県に相当)内の二つの町に民族衣装工房を建設した。貧困戸に認定された世帯の女性60人を雇用し、これらの人々に5千~1万2千元の年収をもたらした。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100442

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    民族衣装工房、貧困世帯の収入増に貢献内モンゴル自治区

    19日、内モンゴル自治区ホルチン左翼中旗の花胡碩蘇木(ソム)にある民族衣装工房で、モンゴル族の伝統刺しゅうを見せる工房の責任者。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼中旗の人民政府は2018年、150万元(1元=約15円)を投じ、旗(県に相当)内の二つの町に民族衣装工房を建設した。貧困戸に認定された世帯の女性60人を雇用し、これらの人々に5千~1万2千元の年収をもたらした。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100472

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    民族衣装工房、貧困世帯の収入増に貢献内モンゴル自治区

    19日、内モンゴル自治区ホルチン左翼中旗の花胡碩蘇木(ソム)にある民族衣装工房で縫製作業をする従業員。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼中旗の人民政府は2018年、150万元(1元=約15円)を投じ、旗(県に相当)内の二つの町に民族衣装工房を建設した。貧困戸に認定された世帯の女性60人を雇用し、これらの人々に5千~1万2千元の年収をもたらした。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100495

  • 2020年08月19日
    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    19日、賑わいを見せる成峰家畜交易市場。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400824

  • 2020年08月19日
    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、自ら飼育した黄牛の販売準備を行う牧畜民。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400802

  • 2020年08月19日
    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、黄牛を買い付けるバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400934

  • 2020年08月19日
    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、黄牛を買い付けるバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400813

  • 00:25.84
    2020年09月17日
    「新華社」内モンゴル自治区、耕地土壌改良事業に2億元以上投入

    中国内モンゴル自治区農牧庁はこのほど、同自治区で今年、特別資金2億4800万元(1元=約16円)を確保して、アルカリ化土壌の耕地12万2千ムー(約8100ヘクタール)の改良試行事業を行い、普及・複製可能な農地改良モデルを模索することを明らかにした。同自治区では現在、全耕地面積の11・4%に当たる1585万3千ムー(約105万7千ヘクタール)で土壌のアルカリ化が進み、地元の農業生産や生態環境、経済社会発展に影響を与える際立った問題となっている。同自治区は今年、アルカリ化土壌の耕地改良を重要業務と位置付けて推進しており、バヤンノール市の臨河区と五原県、オルドス市ダラト旗、フフホト市トゥムド左旗、通遼市ホルチン左翼中旗で耕地の土壌改良の試行事業を実施している。現在、各試行地区の農作物の生育は順調で、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は10~20%以上増える見込みとなっている。(記者/李雲平)<映像内容>内モンゴル自治区の耕地土壌改良事業、農地の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801651

  • 1