KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • ムー
  • 吉林
  • 完了
  • 景観
  • 田畑
  • 風景
  • 周辺
  • 排水路

「ホルチン左翼後旗」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
76
( 1 76 件を表示)
  • 1
76
( 1 76 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  「新華社」イタヤカエデが燃えるような秋の色に内モンゴル自治区
    00:42.30
    2019年10月11日
    「新華社」イタヤカエデが燃えるような秋の色に内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗の烏旦塔拉五角楓森林公園で11日、第4回中国・烏旦塔拉紅葉フェスティバルが開幕した。10万ムー(1ムー=約15分の1ヘクタール)近いイタヤカエデの森が日差しを受けて鮮やかさを増し、訪れた観光客の目を楽しませている。(記者/劉懿徳)<映像内容>紅葉したイタヤカエデの風景、撮影日:2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605391

  •  緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区
    2020年06月24日
    緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区

    24日、アグラ草原観光区の双合爾山。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗のアグラ(阿古拉)草原では夏を迎え、緑豊かな美しい景色が広がっている。(通遼=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002001

  •  緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区
    2020年06月24日
    緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区

    24日、アグラ草原観光区の白音査乾湖。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗のアグラ(阿古拉)草原では夏を迎え、緑豊かな美しい景色が広がっている。(通遼=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002200

  •  緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区
    2020年06月24日
    緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区

    24日、アグラ草原観光区の双合爾山。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗のアグラ(阿古拉)草原では夏を迎え、緑豊かな美しい景色が広がっている。(通遼=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002284

  •  緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区
    2020年06月24日
    緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区

    24日、アグラ草原観光区の双合爾山で自撮りをする観光客。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗のアグラ(阿古拉)草原では夏を迎え、緑豊かな美しい景色が広がっている。(通遼=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002229

  •  緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区
    2020年06月24日
    緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区

    24日、アグラ草原観光区の白音査乾湖畔で草を食べる馬。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗のアグラ(阿古拉)草原では夏を迎え、緑豊かな美しい景色が広がっている。(通遼=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002285

  •  緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区
    2020年06月24日
    緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区

    24日、アグラ草原観光区の白音査乾湖と双合爾山。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗のアグラ(阿古拉)草原では夏を迎え、緑豊かな美しい景色が広がっている。(通遼=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002342

  •  緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区
    2020年06月24日
    緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区

    24日、アグラ草原観光区の双合爾山にある白塔。1734年に建てられたこの白塔は、内モンゴル自治区の重点保護文化財に指定されている。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗のアグラ(阿古拉)草原では夏を迎え、緑豊かな美しい景色が広がっている。(通遼=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002180

  •  緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区
    2020年06月24日
    緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区

    24日、アグラ草原観光区の白音査乾湖と双合爾山。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗のアグラ(阿古拉)草原では夏を迎え、緑豊かな美しい景色が広がっている。(通遼=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002151

  •  緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区
    2020年06月25日
    緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区

    25日、アグラ草原観光区の白音査乾湖を訪れた観光客。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗のアグラ(阿古拉)草原では夏を迎え、緑豊かな美しい景色が広がっている。(通遼=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063001985

  •  緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区
    2020年06月25日
    緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区

    25日、アグラ草原観光区の白音査乾湖。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗のアグラ(阿古拉)草原では夏を迎え、緑豊かな美しい景色が広がっている。(通遼=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002197

  •  緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区
    2020年06月25日
    緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区

    25日、アグラ草原観光区の白音査乾湖畔で馬車に乗る観光客。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗のアグラ(阿古拉)草原では夏を迎え、緑豊かな美しい景色が広がっている。(通遼=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002353

  •  緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区
    2020年06月25日
    緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区

    25日、アグラ草原観光区の白音査乾湖を訪れた観光客。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗のアグラ(阿古拉)草原では夏を迎え、緑豊かな美しい景色が広がっている。(通遼=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002144

  •  緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区
    2020年06月25日
    緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区

    25日、アグラ草原観光区の白音査乾湖と周辺の風景。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗のアグラ(阿古拉)草原では夏を迎え、緑豊かな美しい景色が広がっている。(通遼=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002198

  •  緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区
    2020年06月25日
    緑美しい夏のアグラ草原内モンゴル自治区

    25日、アグラ草原観光区の白音査乾湖と周辺の風景。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗のアグラ(阿古拉)草原では夏を迎え、緑豊かな美しい景色が広がっている。(通遼=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002277

  •  内モンゴル自治区の自然保護区に色鮮やかな秋景色
    2020年10月12日
    内モンゴル自治区の自然保護区に色鮮やかな秋景色

    12日、大青溝国家級自然保護区の秋景色。(小型無人機から)秋深まる中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗の大青溝国家級自然保護区では、色鮮やかな風景が広がっている。(通遼=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900741

  •  内モンゴル自治区の自然保護区に色鮮やかな秋景色
    2020年10月12日
    内モンゴル自治区の自然保護区に色鮮やかな秋景色

    12日、大青溝国家級自然保護区の秋景色。(小型無人機から)秋深まる中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗の大青溝国家級自然保護区では、色鮮やかな風景が広がっている。(通遼=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900891

  •  「新華社」空に「3つの太陽」が出現内モンゴル自治区で幻日現象
    00:08.48
    2020年11月04日
    「新華社」空に「3つの太陽」が出現内モンゴル自治区で幻日現象

    中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗で4日午前10時半ごろ、上空に「3つの太陽」が観測された。気象部門によると、これは大気中に整然と漂う氷の結晶が太陽光を屈折させることで生じる「幻日(げんじつ)」と呼ばれる光学現象という。<映像内容>内モンゴル自治区で観測された「幻日」、撮影日:2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605208

  •  (8)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況
    2022年11月03日
    (8)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況

    10月30日、伊胡塔牛市でトラックに乗せられた牛。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗にある牛の取引市場「伊胡塔牛市」は10月30日、取引日を迎え、遼寧、吉林、河北、山東各省などから来たバイヤーや業者でにぎわった。取引頭数は年間50万頭以上で、取引日には1日平均5千頭余りの売買契約が成立、年間取引額は50億元(1元=約20円)を超える。地元ではここ数年、新型コロナウイルス対策を徹底しながら肉牛産業を着実に発展させており、牛の飼育は農牧民が収入増を実現する手段の一つとなっている。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110312232

  •  (2)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況
    2022年11月03日
    (2)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況

    10月30日、伊胡塔牛市で牛の価格を確認するバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗にある牛の取引市場「伊胡塔牛市」は10月30日、取引日を迎え、遼寧、吉林、河北、山東各省などから来たバイヤーや業者でにぎわった。取引頭数は年間50万頭以上で、取引日には1日平均5千頭余りの売買契約が成立、年間取引額は50億元(1元=約20円)を超える。地元ではここ数年、新型コロナウイルス対策を徹底しながら肉牛産業を着実に発展させており、牛の飼育は農牧民が収入増を実現する手段の一つとなっている。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110312315

  •  (9)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況
    2022年11月03日
    (9)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況

    10月30日、伊胡塔牛市で牛を追い立てる販売業者。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗にある牛の取引市場「伊胡塔牛市」は10月30日、取引日を迎え、遼寧、吉林、河北、山東各省などから来たバイヤーや業者でにぎわった。取引頭数は年間50万頭以上で、取引日には1日平均5千頭余りの売買契約が成立、年間取引額は50億元(1元=約20円)を超える。地元ではここ数年、新型コロナウイルス対策を徹底しながら肉牛産業を着実に発展させており、牛の飼育は農牧民が収入増を実現する手段の一つとなっている。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110312449

  •  (4)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況
    2022年11月03日
    (4)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況

    10月30日、空から見た伊胡塔牛市。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗にある牛の取引市場「伊胡塔牛市」は10月30日、取引日を迎え、遼寧、吉林、河北、山東各省などから来たバイヤーや業者でにぎわった。取引頭数は年間50万頭以上で、取引日には1日平均5千頭余りの売買契約が成立、年間取引額は50億元(1元=約20円)を超える。地元ではここ数年、新型コロナウイルス対策を徹底しながら肉牛産業を着実に発展させており、牛の飼育は農牧民が収入増を実現する手段の一つとなっている。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110312417

  •  (1)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況
    2022年11月03日
    (1)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況

    10月30日、伊胡塔牛市で牛の価格を確認するバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗にある牛の取引市場「伊胡塔牛市」は10月30日、取引日を迎え、遼寧、吉林、河北、山東各省などから来たバイヤーや業者でにぎわった。取引頭数は年間50万頭以上で、取引日には1日平均5千頭余りの売買契約が成立、年間取引額は50億元(1元=約20円)を超える。地元ではここ数年、新型コロナウイルス対策を徹底しながら肉牛産業を着実に発展させており、牛の飼育は農牧民が収入増を実現する手段の一つとなっている。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110312110

  •  (12)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況
    2022年11月03日
    (12)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況

    10月30日、伊胡塔牛市で牛の体重を測る業者。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗にある牛の取引市場「伊胡塔牛市」は10月30日、取引日を迎え、遼寧、吉林、河北、山東各省などから来たバイヤーや業者でにぎわった。取引頭数は年間50万頭以上で、取引日には1日平均5千頭余りの売買契約が成立、年間取引額は50億元(1元=約20円)を超える。地元ではここ数年、新型コロナウイルス対策を徹底しながら肉牛産業を着実に発展させており、牛の飼育は農牧民が収入増を実現する手段の一つとなっている。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110312414

  •  (5)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況
    2022年11月03日
    (5)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況

    10月30日、空から見た伊胡塔牛市。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗にある牛の取引市場「伊胡塔牛市」は10月30日、取引日を迎え、遼寧、吉林、河北、山東各省などから来たバイヤーや業者でにぎわった。取引頭数は年間50万頭以上で、取引日には1日平均5千頭余りの売買契約が成立、年間取引額は50億元(1元=約20円)を超える。地元ではここ数年、新型コロナウイルス対策を徹底しながら肉牛産業を着実に発展させており、牛の飼育は農牧民が収入増を実現する手段の一つとなっている。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110312455

  •  (7)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況
    2022年11月03日
    (7)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況

    10月30日、伊胡塔牛市でトラックに牛を乗せるバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗にある牛の取引市場「伊胡塔牛市」は10月30日、取引日を迎え、遼寧、吉林、河北、山東各省などから来たバイヤーや業者でにぎわった。取引頭数は年間50万頭以上で、取引日には1日平均5千頭余りの売買契約が成立、年間取引額は50億元(1元=約20円)を超える。地元ではここ数年、新型コロナウイルス対策を徹底しながら肉牛産業を着実に発展させており、牛の飼育は農牧民が収入増を実現する手段の一つとなっている。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110312298

  •  (6)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況
    2022年11月03日
    (6)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況

    10月30日、伊胡塔牛市でトラックに牛を乗せるバイヤー。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗にある牛の取引市場「伊胡塔牛市」は10月30日、取引日を迎え、遼寧、吉林、河北、山東各省などから来たバイヤーや業者でにぎわった。取引頭数は年間50万頭以上で、取引日には1日平均5千頭余りの売買契約が成立、年間取引額は50億元(1元=約20円)を超える。地元ではここ数年、新型コロナウイルス対策を徹底しながら肉牛産業を着実に発展させており、牛の飼育は農牧民が収入増を実現する手段の一つとなっている。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110312447

  •  (11)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況
    2022年11月03日
    (11)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況

    10月30日、伊胡塔牛市で牛の体重を測る業者。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗にある牛の取引市場「伊胡塔牛市」は10月30日、取引日を迎え、遼寧、吉林、河北、山東各省などから来たバイヤーや業者でにぎわった。取引頭数は年間50万頭以上で、取引日には1日平均5千頭余りの売買契約が成立、年間取引額は50億元(1元=約20円)を超える。地元ではここ数年、新型コロナウイルス対策を徹底しながら肉牛産業を着実に発展させており、牛の飼育は農牧民が収入増を実現する手段の一つとなっている。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110312329

  •  (10)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況
    2022年11月03日
    (10)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況

    10月30日、伊胡塔牛市を訪れたバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗にある牛の取引市場「伊胡塔牛市」は10月30日、取引日を迎え、遼寧、吉林、河北、山東各省などから来たバイヤーや業者でにぎわった。取引頭数は年間50万頭以上で、取引日には1日平均5千頭余りの売買契約が成立、年間取引額は50億元(1元=約20円)を超える。地元ではここ数年、新型コロナウイルス対策を徹底しながら肉牛産業を着実に発展させており、牛の飼育は農牧民が収入増を実現する手段の一つとなっている。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110312308

  •  (3)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況
    2022年11月03日
    (3)内モンゴル自治区通遼市で牛の取引市場が盛況

    10月30日、空から見た伊胡塔牛市。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗にある牛の取引市場「伊胡塔牛市」は10月30日、取引日を迎え、遼寧、吉林、河北、山東各省などから来たバイヤーや業者でにぎわった。取引頭数は年間50万頭以上で、取引日には1日平均5千頭余りの売買契約が成立、年間取引額は50億元(1元=約20円)を超える。地元ではここ数年、新型コロナウイルス対策を徹底しながら肉牛産業を着実に発展させており、牛の飼育は農牧民が収入増を実現する手段の一つとなっている。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110312224

  •  「新華社」ホルチン砂地で進む緑の再生内モンゴル自治区
    00:59.48
    2023年04月21日
    「新華社」ホルチン砂地で進む緑の再生内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区通遼市ホルチン左翼後旗ではこのところ、気温の上昇に合わせて山、川、森林、田畑、湖、草原、砂地の一体化保護と修復プロジェクトが積極的に進められている。今年の計画では、原生樹木336万本、ヨーロッパアカマツ100万本、低木330万本を植える予定。同旗ではこの10年で、ホルチン砂地852万3千ムー(約57万ヘクタール)の砂漠化防止総合対策を完了、植生率は80%に達し、砂漠化より総合対策の速度が上回る好転を実現した。(記者/賀書琛、連振、蔣婧) =配信日: 2023(令和5)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042108459

  •  (11)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区
    2023年04月27日
    (11)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区

    15日、ホルチン砂地に植えられた木。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市のホルチン左翼後旗にあるホルチン砂地でこのほど、治砂作業員による植林が実施された。砂地は同自治区と吉林、遼寧両省の7760万ムー(約5万1733平方キロ)にわたり広がっており、通遼市内の面積が全体の52・7%を占める。同市はここ数年、東北・西北・華北地域で造林を行う「三北防護林」や耕地を森林に戻す「退耕還林」、公益林保護などの重要プロジェクトを通じて植林や草原修復、生態系保護に絶えず注力し、砂地の環境を順調に改善している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042712069

  •  (3)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区
    2023年04月27日
    (3)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区

    15日、苗木を運ぶ治砂作業員。中国内モンゴル自治区通遼市のホルチン左翼後旗にあるホルチン砂地でこのほど、治砂作業員による植林が実施された。砂地は同自治区と吉林、遼寧両省の7760万ムー(約5万1733平方キロ)にわたり広がっており、通遼市内の面積が全体の52・7%を占める。同市はここ数年、東北・西北・華北地域で造林を行う「三北防護林」や耕地を森林に戻す「退耕還林」、公益林保護などの重要プロジェクトを通じて植林や草原修復、生態系保護に絶えず注力し、砂地の環境を順調に改善している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042712050

  •  (6)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区
    2023年04月27日
    (6)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区

    15日、ホルチン砂地で木に水をやる治砂作業員。中国内モンゴル自治区通遼市のホルチン左翼後旗にあるホルチン砂地でこのほど、治砂作業員による植林が実施された。砂地は同自治区と吉林、遼寧両省の7760万ムー(約5万1733平方キロ)にわたり広がっており、通遼市内の面積が全体の52・7%を占める。同市はここ数年、東北・西北・華北地域で造林を行う「三北防護林」や耕地を森林に戻す「退耕還林」、公益林保護などの重要プロジェクトを通じて植林や草原修復、生態系保護に絶えず注力し、砂地の環境を順調に改善している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042712052

  •  (1)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区
    2023年04月27日
    (1)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区

    15日、ホルチン砂地で木を植える治砂作業員。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市のホルチン左翼後旗にあるホルチン砂地でこのほど、治砂作業員による植林が実施された。砂地は同自治区と吉林、遼寧両省の7760万ムー(約5万1733平方キロ)にわたり広がっており、通遼市内の面積が全体の52・7%を占める。同市はここ数年、東北・西北・華北地域で造林を行う「三北防護林」や耕地を森林に戻す「退耕還林」、公益林保護などの重要プロジェクトを通じて植林や草原修復、生態系保護に絶えず注力し、砂地の環境を順調に改善している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042712031

  •  (12)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区
    2023年04月27日
    (12)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区

    15日、ホルチン砂地に植えられた木。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市のホルチン左翼後旗にあるホルチン砂地でこのほど、治砂作業員による植林が実施された。砂地は同自治区と吉林、遼寧両省の7760万ムー(約5万1733平方キロ)にわたり広がっており、通遼市内の面積が全体の52・7%を占める。同市はここ数年、東北・西北・華北地域で造林を行う「三北防護林」や耕地を森林に戻す「退耕還林」、公益林保護などの重要プロジェクトを通じて植林や草原修復、生態系保護に絶えず注力し、砂地の環境を順調に改善している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042712078

  •  (10)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区
    2023年04月27日
    (10)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区

    15日、ホルチン砂地で撮影したキジバトの卵。中国内モンゴル自治区通遼市のホルチン左翼後旗にあるホルチン砂地でこのほど、治砂作業員による植林が実施された。砂地は同自治区と吉林、遼寧両省の7760万ムー(約5万1733平方キロ)にわたり広がっており、通遼市内の面積が全体の52・7%を占める。同市はここ数年、東北・西北・華北地域で造林を行う「三北防護林」や耕地を森林に戻す「退耕還林」、公益林保護などの重要プロジェクトを通じて植林や草原修復、生態系保護に絶えず注力し、砂地の環境を順調に改善している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042712072

  •  (2)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区
    2023年04月27日
    (2)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区

    15日、苗木を運ぶ治砂作業員。中国内モンゴル自治区通遼市のホルチン左翼後旗にあるホルチン砂地でこのほど、治砂作業員による植林が実施された。砂地は同自治区と吉林、遼寧両省の7760万ムー(約5万1733平方キロ)にわたり広がっており、通遼市内の面積が全体の52・7%を占める。同市はここ数年、東北・西北・華北地域で造林を行う「三北防護林」や耕地を森林に戻す「退耕還林」、公益林保護などの重要プロジェクトを通じて植林や草原修復、生態系保護に絶えず注力し、砂地の環境を順調に改善している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042712034

  •  (9)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区
    2023年04月27日
    (9)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区

    15日、ホルチン砂地で木を植える治砂作業員。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市のホルチン左翼後旗にあるホルチン砂地でこのほど、治砂作業員による植林が実施された。砂地は同自治区と吉林、遼寧両省の7760万ムー(約5万1733平方キロ)にわたり広がっており、通遼市内の面積が全体の52・7%を占める。同市はここ数年、東北・西北・華北地域で造林を行う「三北防護林」や耕地を森林に戻す「退耕還林」、公益林保護などの重要プロジェクトを通じて植林や草原修復、生態系保護に絶えず注力し、砂地の環境を順調に改善している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042712070

  •  (7)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区
    2023年04月27日
    (7)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区

    15日、ホルチン砂地で木を植える治砂作業員。中国内モンゴル自治区通遼市のホルチン左翼後旗にあるホルチン砂地でこのほど、治砂作業員による植林が実施された。砂地は同自治区と吉林、遼寧両省の7760万ムー(約5万1733平方キロ)にわたり広がっており、通遼市内の面積が全体の52・7%を占める。同市はここ数年、東北・西北・華北地域で造林を行う「三北防護林」や耕地を森林に戻す「退耕還林」、公益林保護などの重要プロジェクトを通じて植林や草原修復、生態系保護に絶えず注力し、砂地の環境を順調に改善している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042712071

  •  (5)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区
    2023年04月27日
    (5)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区

    15日、ホルチン砂地で木に水をやる治砂作業員。中国内モンゴル自治区通遼市のホルチン左翼後旗にあるホルチン砂地でこのほど、治砂作業員による植林が実施された。砂地は同自治区と吉林、遼寧両省の7760万ムー(約5万1733平方キロ)にわたり広がっており、通遼市内の面積が全体の52・7%を占める。同市はここ数年、東北・西北・華北地域で造林を行う「三北防護林」や耕地を森林に戻す「退耕還林」、公益林保護などの重要プロジェクトを通じて植林や草原修復、生態系保護に絶えず注力し、砂地の環境を順調に改善している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042712048

  •  (4)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区
    2023年04月27日
    (4)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区

    15日、ホルチン砂地で木を植える治砂作業員。中国内モンゴル自治区通遼市のホルチン左翼後旗にあるホルチン砂地でこのほど、治砂作業員による植林が実施された。砂地は同自治区と吉林、遼寧両省の7760万ムー(約5万1733平方キロ)にわたり広がっており、通遼市内の面積が全体の52・7%を占める。同市はここ数年、東北・西北・華北地域で造林を行う「三北防護林」や耕地を森林に戻す「退耕還林」、公益林保護などの重要プロジェクトを通じて植林や草原修復、生態系保護に絶えず注力し、砂地の環境を順調に改善している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042712049

  •  (8)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区
    2023年04月27日
    (8)ホルチン砂地で植林進む内モンゴル自治区

    15日、ホルチン砂地で木を植える治砂作業員。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市のホルチン左翼後旗にあるホルチン砂地でこのほど、治砂作業員による植林が実施された。砂地は同自治区と吉林、遼寧両省の7760万ムー(約5万1733平方キロ)にわたり広がっており、通遼市内の面積が全体の52・7%を占める。同市はここ数年、東北・西北・華北地域で造林を行う「三北防護林」や耕地を森林に戻す「退耕還林」、公益林保護などの重要プロジェクトを通じて植林や草原修復、生態系保護に絶えず注力し、砂地の環境を順調に改善している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042712073

  •  (13)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区
    2023年08月03日
    (13)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区

    1日、ナーダムで行われた馬術の試合。中国内モンゴル自治区通遼市で1日、第6回ホルチンスポーツ大会およびホルチン左翼後旗モドト・ソム第2回ナーダム(モンゴル族の祭典)が開幕した。競馬や弓術、「ブフ」と呼ばれる伝統的な格闘技などさまざまな競技が行われ、地元や周辺の省・市から観客1万人余りが集まった。(通遼=新華社記者/才揚)= 配信日: 2023(令和5)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080306858

  •  (12)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区
    2023年08月03日
    (12)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区

    1日、馬術の試合に参加する人々。中国内モンゴル自治区通遼市で1日、第6回ホルチンスポーツ大会およびホルチン左翼後旗モドト・ソム第2回ナーダム(モンゴル族の祭典)が開幕した。競馬や弓術、「ブフ」と呼ばれる伝統的な格闘技などさまざまな競技が行われ、地元や周辺の省・市から観客1万人余りが集まった。(通遼=新華社記者/才揚)= 配信日: 2023(令和5)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080306850

  •  (4)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区
    2023年08月03日
    (4)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区

    1日、馬術の試合を観戦する人々。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市で1日、第6回ホルチンスポーツ大会およびホルチン左翼後旗モドト・ソム第2回ナーダム(モンゴル族の祭典)が開幕した。競馬や弓術、「ブフ」と呼ばれる伝統的な格闘技などさまざまな競技が行われ、地元や周辺の省・市から観客1万人余りが集まった。(通遼=新華社記者/才揚)= 配信日: 2023(令和5)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080306857

  •  (2)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区
    2023年08月03日
    (2)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区

    1日、弓術の試合に参加する女性。中国内モンゴル自治区通遼市で1日、第6回ホルチンスポーツ大会およびホルチン左翼後旗モドト・ソム第2回ナーダム(モンゴル族の祭典)が開幕した。競馬や弓術、「ブフ」と呼ばれる伝統的な格闘技などさまざまな競技が行われ、地元や周辺の省・市から観客1万人余りが集まった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080306852

  •  (8)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区
    2023年08月03日
    (8)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区

    1日、ナーダムで行われた馬術の試合。中国内モンゴル自治区通遼市で1日、第6回ホルチンスポーツ大会およびホルチン左翼後旗モドト・ソム第2回ナーダム(モンゴル族の祭典)が開幕した。競馬や弓術、「ブフ」と呼ばれる伝統的な格闘技などさまざまな競技が行われ、地元や周辺の省・市から観客1万人余りが集まった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080306853

  •  (10)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区
    2023年08月03日
    (10)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区

    1日、ブフの試合に参加する男性。中国内モンゴル自治区通遼市で1日、第6回ホルチンスポーツ大会およびホルチン左翼後旗モドト・ソム第2回ナーダム(モンゴル族の祭典)が開幕した。競馬や弓術、「ブフ」と呼ばれる伝統的な格闘技などさまざまな競技が行われ、地元や周辺の省・市から観客1万人余りが集まった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080306855

  •  (1)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区
    2023年08月03日
    (1)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区

    1日、弓術の試合に参加する遊牧民。中国内モンゴル自治区通遼市で1日、第6回ホルチンスポーツ大会およびホルチン左翼後旗モドト・ソム第2回ナーダム(モンゴル族の祭典)が開幕した。競馬や弓術、「ブフ」と呼ばれる伝統的な格闘技などさまざまな競技が行われ、地元や周辺の省・市から観客1万人余りが集まった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080306829

  •  (7)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区
    2023年08月03日
    (7)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区

    1日、ブフの試合に参加する男性。中国内モンゴル自治区通遼市で1日、第6回ホルチンスポーツ大会およびホルチン左翼後旗モドト・ソム第2回ナーダム(モンゴル族の祭典)が開幕した。競馬や弓術、「ブフ」と呼ばれる伝統的な格闘技などさまざまな競技が行われ、地元や周辺の省・市から観客1万人余りが集まった。(通遼=新華社記者/才揚)= 配信日: 2023(令和5)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080306863

  •  (3)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区
    2023年08月03日
    (3)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区

    1日、弓術の試合を終え、的を戻す女性。中国内モンゴル自治区通遼市で1日、第6回ホルチンスポーツ大会およびホルチン左翼後旗モドト・ソム第2回ナーダム(モンゴル族の祭典)が開幕した。競馬や弓術、「ブフ」と呼ばれる伝統的な格闘技などさまざまな競技が行われ、地元や周辺の省・市から観客1万人余りが集まった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080306859

  •  (6)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区
    2023年08月03日
    (6)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区

    1日、弓術の試合を観戦する人々。中国内モンゴル自治区通遼市で1日、第6回ホルチンスポーツ大会およびホルチン左翼後旗モドト・ソム第2回ナーダム(モンゴル族の祭典)が開幕した。競馬や弓術、「ブフ」と呼ばれる伝統的な格闘技などさまざまな競技が行われ、地元や周辺の省・市から観客1万人余りが集まった。(通遼=新華社記者/黄暁勇)= 配信日: 2023(令和5)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080306860

  •  (11)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区
    2023年08月03日
    (11)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区

    1日、文芸パフォーマンスを観賞する人々。中国内モンゴル自治区通遼市で1日、第6回ホルチンスポーツ大会およびホルチン左翼後旗モドト・ソム第2回ナーダム(モンゴル族の祭典)が開幕した。競馬や弓術、「ブフ」と呼ばれる伝統的な格闘技などさまざまな競技が行われ、地元や周辺の省・市から観客1万人余りが集まった。(通遼=新華社記者/才揚)= 配信日: 2023(令和5)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080306861

  •  (14)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区
    2023年08月03日
    (14)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区

    1日、弓術の試合に参加する遊牧民。中国内モンゴル自治区通遼市で1日、第6回ホルチンスポーツ大会およびホルチン左翼後旗モドト・ソム第2回ナーダム(モンゴル族の祭典)が開幕した。競馬や弓術、「ブフ」と呼ばれる伝統的な格闘技などさまざまな競技が行われ、地元や周辺の省・市から観客1万人余りが集まった。(通遼=新華社記者/才揚)= 配信日: 2023(令和5)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080306864

  •  (9)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区
    2023年08月03日
    (9)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区

    1日、ブフの試合に参加する男性。中国内モンゴル自治区通遼市で1日、第6回ホルチンスポーツ大会およびホルチン左翼後旗モドト・ソム第2回ナーダム(モンゴル族の祭典)が開幕した。競馬や弓術、「ブフ」と呼ばれる伝統的な格闘技などさまざまな競技が行われ、地元や周辺の省・市から観客1万人余りが集まった。(通遼=新華社記者/才揚)= 配信日: 2023(令和5)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080306851

  •  (5)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区
    2023年08月03日
    (5)モンゴル族の祭典「ナーダム」に白熱する草原内モンゴル自治区

    1日、ナーダムで文芸パフォーマンスを披露する人々。中国内モンゴル自治区通遼市で1日、第6回ホルチンスポーツ大会およびホルチン左翼後旗モドト・ソム第2回ナーダム(モンゴル族の祭典)が開幕した。競馬や弓術、「ブフ」と呼ばれる伝統的な格闘技などさまざまな競技が行われ、地元や周辺の省・市から観客1万人余りが集まった。(通遼=新華社記者/才揚)= 配信日: 2023(令和5)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080306854

  •  CHINA-INNER MONGOLIA-TONGLIAO-SAND PREVENTION (CN)
    2023年08月04日
    CHINA-INNER MONGOLIA-TONGLIAO-SAND PREVENTION (CN)

    (230803) -- TONGLIAO, Aug. 3, 2023 (Xinhua) -- Bai Shun squats on a path in a forest, where used to be sandy, in Bulteger Gacha, Horqin Left Wing Rear Banner of Tongliao City, north China‘s Inner Mongolia Autonomous Region, Aug. 2, 2023. Locating in the center of the Horqin Sandy Land, Bulteger Gacha, a small village in Horqin Left Wing Rear Banner of Tongliao City, used to suffer from desertification. Since 2002, Bai Shun, a local Mongolian farmer, has led his family take root in this village and devote themselves to the control of desertification. The survival rate of planted trees was low at the beginning due to lack of experience and fund. In order to improve the survival rate, Bai Shun sold his possessions to raise money and made every effort in raising saplings, pulling fences, planting sand-fixing grass, patrolling and consulting experts...= 配信日: 2023(令和5)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080400976

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (1)大規模な個人情報侵害事件を摘発内モンゴル自治区

    各地で逮捕された容疑者。(資料写真)中国内モンゴル自治区通遼市のホルチン左翼後旗公安局は1日、一連の大規模な個人情報侵害事件を摘発し、容疑者157人を逮捕したと発表した。容疑者らは通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の個人アカウントを大量に購入し、海外の詐欺グループに転売して利益を得ていた。被害を受けたアカウントは5万余りに上る。(通遼=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090410382

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (2)大規模な個人情報侵害事件を摘発内モンゴル自治区

    警察が押収した証拠品や紙幣。(資料写真)中国内モンゴル自治区通遼市のホルチン左翼後旗公安局は1日、一連の大規模な個人情報侵害事件を摘発し、容疑者157人を逮捕したと発表した。容疑者らは通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の個人アカウントを大量に購入し、海外の詐欺グループに転売して利益を得ていた。被害を受けたアカウントは5万余りに上る。(通遼=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090410383

  •  (6)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区
    2023年10月27日
    (6)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区

    13日、通遼市ホルチン区銭家店鎮で収穫したトウモロコシを運ぶトラック。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市に広がる2030万ムー(約135万ヘクタール)の農地で穀物が収穫期を迎えた。今年のトウモロコシの栽培面積は1800万ムー(120万ヘクタール)余りに上っており、高密度栽培や全過程の機械化などにより、生産量は安定的に増加している。同市ホルチン左翼後旗では稲の刈り取りも半分以上が完了した。夏に複数の郷・鎮が水害に見舞われたが、事前に排水路の流れを確保したことが収穫増加につながった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023102707686

  •  (4)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区
    2023年10月27日
    (4)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区

    13日、収穫作業が進む通遼市ホルチン区銭家店鎮のトウモロコシ畑。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市に広がる2030万ムー(約135万ヘクタール)の農地で穀物が収穫期を迎えた。今年のトウモロコシの栽培面積は1800万ムー(120万ヘクタール)余りに上っており、高密度栽培や全過程の機械化などにより、生産量は安定的に増加している。同市ホルチン左翼後旗では稲の刈り取りも半分以上が完了した。夏に複数の郷・鎮が水害に見舞われたが、事前に排水路の流れを確保したことが収穫増加につながった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023102707690

  •  (15)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区
    2023年10月27日
    (15)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区

    15日、通遼市ホルチン左翼中旗の集積場で、トラックの荷台から降ろされる穀物。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市に広がる2030万ムー(約135万ヘクタール)の農地で穀物が収穫期を迎えた。今年のトウモロコシの栽培面積は1800万ムー(120万ヘクタール)余りに上っており、高密度栽培や全過程の機械化などにより、生産量は安定的に増加している。同市ホルチン左翼後旗では稲の刈り取りも半分以上が完了した。夏に複数の郷・鎮が水害に見舞われたが、事前に排水路の流れを確保したことが収穫増加につながった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023102707703

  •  (13)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区
    2023年10月27日
    (13)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区

    14日、収穫を終えた田んぼも多い通遼市ホルチン左翼後旗の稲作地帯。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市に広がる2030万ムー(約135万ヘクタール)の農地で穀物が収穫期を迎えた。今年のトウモロコシの栽培面積は1800万ムー(120万ヘクタール)余りに上っており、高密度栽培や全過程の機械化などにより、生産量は安定的に増加している。同市ホルチン左翼後旗では稲の刈り取りも半分以上が完了した。夏に複数の郷・鎮が水害に見舞われたが、事前に排水路の流れを確保したことが収穫増加につながった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023102707695

  •  (10)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区
    2023年10月27日
    (10)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区

    13日、通遼市ホルチン区豊田鎮でトラックの荷台から降ろされるトウモロコシ。中国内モンゴル自治区通遼市に広がる2030万ムー(約135万ヘクタール)の農地で穀物が収穫期を迎えた。今年のトウモロコシの栽培面積は1800万ムー(120万ヘクタール)余りに上っており、高密度栽培や全過程の機械化などにより、生産量は安定的に増加している。同市ホルチン左翼後旗では稲の刈り取りも半分以上が完了した。夏に複数の郷・鎮が水害に見舞われたが、事前に排水路の流れを確保したことが収穫増加につながった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023102707687

  •  (3)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区
    2023年10月27日
    (3)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区

    13日、収穫作業が進む通遼市ホルチン区銭家店鎮のトウモロコシ畑。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市に広がる2030万ムー(約135万ヘクタール)の農地で穀物が収穫期を迎えた。今年のトウモロコシの栽培面積は1800万ムー(120万ヘクタール)余りに上っており、高密度栽培や全過程の機械化などにより、生産量は安定的に増加している。同市ホルチン左翼後旗では稲の刈り取りも半分以上が完了した。夏に複数の郷・鎮が水害に見舞われたが、事前に排水路の流れを確保したことが収穫増加につながった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023102707688

  •  (11)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区
    2023年10月27日
    (11)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区

    13日、通遼市ホルチン区豊田鎮の民家の庭で日干しされるトウモロコシ。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市に広がる2030万ムー(約135万ヘクタール)の農地で穀物が収穫期を迎えた。今年のトウモロコシの栽培面積は1800万ムー(120万ヘクタール)余りに上っており、高密度栽培や全過程の機械化などにより、生産量は安定的に増加している。同市ホルチン左翼後旗では稲の刈り取りも半分以上が完了した。夏に複数の郷・鎮が水害に見舞われたが、事前に排水路の流れを確保したことが収穫増加につながった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023102707689

  •  (8)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区
    2023年10月27日
    (8)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区

    14日、稲刈りが進む通遼市ホルチン左翼後旗の田んぼ。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市に広がる2030万ムー(約135万ヘクタール)の農地で穀物が収穫期を迎えた。今年のトウモロコシの栽培面積は1800万ムー(120万ヘクタール)余りに上っており、高密度栽培や全過程の機械化などにより、生産量は安定的に増加している。同市ホルチン左翼後旗では稲の刈り取りも半分以上が完了した。夏に複数の郷・鎮が水害に見舞われたが、事前に排水路の流れを確保したことが収穫増加につながった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023102707692

  •  (1)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区
    2023年10月27日
    (1)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区

    13日、収穫作業が進む通遼市ホルチン区豊田鎮のトウモロコシ畑。中国内モンゴル自治区通遼市に広がる2030万ムー(約135万ヘクタール)の農地で穀物が収穫期を迎えた。今年のトウモロコシの栽培面積は1800万ムー(120万ヘクタール)余りに上っており、高密度栽培や全過程の機械化などにより、生産量は安定的に増加している。同市ホルチン左翼後旗では稲の刈り取りも半分以上が完了した。夏に複数の郷・鎮が水害に見舞われたが、事前に排水路の流れを確保したことが収穫増加につながった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023102707693

  •  (5)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区
    2023年10月27日
    (5)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区

    15日、収穫作業が進む通遼市ホルチン左翼中旗のトウモロコシ畑。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市に広がる2030万ムー(約135万ヘクタール)の農地で穀物が収穫期を迎えた。今年のトウモロコシの栽培面積は1800万ムー(120万ヘクタール)余りに上っており、高密度栽培や全過程の機械化などにより、生産量は安定的に増加している。同市ホルチン左翼後旗では稲の刈り取りも半分以上が完了した。夏に複数の郷・鎮が水害に見舞われたが、事前に排水路の流れを確保したことが収穫増加につながった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023102707699

  •  (2)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区
    2023年10月27日
    (2)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区

    13日、収穫作業が進む通遼市ホルチン区豊田鎮のトウモロコシ畑。中国内モンゴル自治区通遼市に広がる2030万ムー(約135万ヘクタール)の農地で穀物が収穫期を迎えた。今年のトウモロコシの栽培面積は1800万ムー(120万ヘクタール)余りに上っており、高密度栽培や全過程の機械化などにより、生産量は安定的に増加している。同市ホルチン左翼後旗では稲の刈り取りも半分以上が完了した。夏に複数の郷・鎮が水害に見舞われたが、事前に排水路の流れを確保したことが収穫増加につながった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023102707698

  •  (12)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区
    2023年10月27日
    (12)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区

    13日、通遼市ホルチン区豊田鎮の民家の庭で日干しされるトウモロコシ。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市に広がる2030万ムー(約135万ヘクタール)の農地で穀物が収穫期を迎えた。今年のトウモロコシの栽培面積は1800万ムー(120万ヘクタール)余りに上っており、高密度栽培や全過程の機械化などにより、生産量は安定的に増加している。同市ホルチン左翼後旗では稲の刈り取りも半分以上が完了した。夏に複数の郷・鎮が水害に見舞われたが、事前に排水路の流れを確保したことが収穫増加につながった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023102707700

  •  (14)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区
    2023年10月27日
    (14)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区

    15日、通遼市ホルチン左翼中旗の穀物集積場に集められたトウモロコシ。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市に広がる2030万ムー(約135万ヘクタール)の農地で穀物が収穫期を迎えた。今年のトウモロコシの栽培面積は1800万ムー(120万ヘクタール)余りに上っており、高密度栽培や全過程の機械化などにより、生産量は安定的に増加している。同市ホルチン左翼後旗では稲の刈り取りも半分以上が完了した。夏に複数の郷・鎮が水害に見舞われたが、事前に排水路の流れを確保したことが収穫増加につながった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023102707701

  •  (9)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区
    2023年10月27日
    (9)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区

    14日、通遼市ホルチン左翼後旗で稲もみを運ぶトラクター。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市に広がる2030万ムー(約135万ヘクタール)の農地で穀物が収穫期を迎えた。今年のトウモロコシの栽培面積は1800万ムー(120万ヘクタール)余りに上っており、高密度栽培や全過程の機械化などにより、生産量は安定的に増加している。同市ホルチン左翼後旗では稲の刈り取りも半分以上が完了した。夏に複数の郷・鎮が水害に見舞われたが、事前に排水路の流れを確保したことが収穫増加につながった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023102707702

  •  (16)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区
    2023年10月27日
    (16)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区

    15日、通遼市ホルチン左翼中旗で、穀物をトラックの荷台から集積場に移す作業員。中国内モンゴル自治区通遼市に広がる2030万ムー(約135万ヘクタール)の農地で穀物が収穫期を迎えた。今年のトウモロコシの栽培面積は1800万ムー(120万ヘクタール)余りに上っており、高密度栽培や全過程の機械化などにより、生産量は安定的に増加している。同市ホルチン左翼後旗では稲の刈り取りも半分以上が完了した。夏に複数の郷・鎮が水害に見舞われたが、事前に排水路の流れを確保したことが収穫増加につながった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023102707696

  •  (7)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区
    2023年10月27日
    (7)豊作の田畑で収穫作業進む内モンゴル自治区

    14日、稲刈りが進む通遼市ホルチン左翼後旗の田んぼ。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市に広がる2030万ムー(約135万ヘクタール)の農地で穀物が収穫期を迎えた。今年のトウモロコシの栽培面積は1800万ムー(120万ヘクタール)余りに上っており、高密度栽培や全過程の機械化などにより、生産量は安定的に増加している。同市ホルチン左翼後旗では稲の刈り取りも半分以上が完了した。夏に複数の郷・鎮が水害に見舞われたが、事前に排水路の流れを確保したことが収穫増加につながった。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2023(令和5)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023102707697

  • 1