KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 死亡
  • マニラ
  • 爆発
  • 監禁
  • ヘリコプター
  • 中央
  • 出発
  • ライフル銃
  • 乗組員
  • 令和

「ホロ島」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
24
( 1 24 件を表示)
  • 1
24
( 1 24 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1942年02月17日
    ホロ島の漁師

    ホロ島の漁師=整理1942(昭和17)年2月17日、フィリピン(番号なし)

    商品コード: 2015081900364

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年05月02日
    外国人観光客の人質 米CNNが人質の映像放映

    フィリピンのホロ島で人質となっているドイツ、フィンランドなどの外国人観光客(ロイター=共同)

    商品コード: 2000050200033

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年05月08日
    人質の外国人観光客 進展なく長期化の恐れ

    7日、フィリピン南部のホロ島で武装グループに監禁されている外国人観光客。中央で横たわっているのは健康悪化が伝えられるドイツ人女性(ロイター=共同)

    商品コード: 2000050800160

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年05月18日
    病院で横たわる負傷者 ホロ島で爆発、死傷者

    18日、フィリピン南部ホロ島で起きた爆発に巻き込まれ、搬送先の病院の床に横たわる負傷者(ロイター=共同)

    商品コード: 2000051800237

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年06月19日
    散髪中も緊張

    フィリピンからの分離独立を要求するイスラム過激派が、外国人観光客の監禁を続ける同国南部のホロ島。人質全員の解放のめどは立たず、刑務所の警護官は散髪中といえどもライフル銃を手放せない。(ロイター=共同)

    商品コード: 2000061900136

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年06月22日
    解放のめど立たぬ人質 身代金めぐり比政府苦慮

    イスラム原理主義過激派アブ・サヤフに誘拐され、フィリピン南部ホロ島に監禁されたまま、解放のめどが立たない人質ら(ロイター=共同)

    商品コード: 2000062200161

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年08月27日
    解放された3人の女性 仏女性ら5人を解放

    27日、解放され、フィリピン南部ホロ島を同国空軍のヘリコプターで出るフランス人女性2人と南アフリカ人女性(右端)(ロイター=共同)

    商品コード: 2000082700095

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年09月09日
    解放されたドイツ人ら 4カ月半ぶり4人解放

    9日、フィリピン南部ホロ島で解放されたドイツ人(中央)らの人質(ロイター=共同)

    商品コード: 2000090900131

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年09月16日
    キャンプを出る比兵士 比、イスラム過激派を攻撃

    16日、イスラム過激派アブ・サヤフ攻撃に参加するため、ホロ島の軍事キャンプを出発するフィリピン軍兵士(ロイター=共同)

    商品コード: 2000091600192

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年09月20日
    解放されたテレビクルー 仏人男性2人を解放

    20日解放されたフランス人のテレビクルー2人。ホロ島中部タリパオのアブ・サヤフの拠点で捕らわれていた14日に撮影されたもの(ロイター=共同)

    商品コード: 2000092000057

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年11月21日
    ミスアリ氏を捜索するヘリ ミスアリ氏の行方追う

    21日、フィリピン南部ホロ島上空でミスアリ・モロ民族解放戦線名誉議長の行方を追うフィリピン軍のヘリコプター(共同)

    商品コード: 2001112100193

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年11月24日
    ミスアリ名誉議長 比のミスアリ名誉議長逮捕

    24日逮捕されたモロ民族解放戦線(MNLF)のミスアリ名誉議長。フィリピン南部ホロ島で撮影、時期は不明(ロイター=共同)

    商品コード: 2001112400106

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月27日
    被害状況を調べる治安当局 大聖堂で爆発、27人死亡

    27日、爆発があったフィリピン・ホロ島の大聖堂の前で被害状況を調べる治安当局(フィリピン軍提供・共同)

    商品コード: 2019012700285

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月27日
    爆発があった大聖堂内部 大聖堂で爆発、27人死亡

    27日、爆発があったフィリピン・ホロ島の大聖堂内部(フィリピン軍提供・共同)

    商品コード: 2019012700284

  • 2019年01月27日
    被害を受けた車両 大聖堂で爆発、27人死亡

    27日、フィリピン・ホロ島で爆発による被害を受けた治安当局の車両(フィリピン軍提供・共同)

    商品コード: 2019012700287

  • 2019年01月27日
    大聖堂で爆発、19人死亡

    フィリピン・ホロ島、スルー諸島、マニラ

    商品コード: 2019012700425

  • 2019年01月27日
    大聖堂で爆発、19人死亡

    フィリピン・ホロ島、スルー諸島、マニラ

    商品コード: 2019012700427

  • 2019年01月27日
    大聖堂で爆発、19人死亡

    フィリピン・ホロ島、スルー諸島、マニラ

    商品コード: 2019012700426

  • 2019年01月27日
    大聖堂で爆発、19人死亡

    フィリピン・ホロ島、スルー諸島、マニラ

    商品コード: 2019012700428

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:10.24
    2021年07月04日
    「新華社」フィリピン南部で軍用機墜落、17人死亡

    フィリピンのロレンザーナ国防相は4日、南部スルー州で同日午前に起きた軍用機墜落事故で、これまでに17人が死亡し、40人が負傷したと明らかにした。ロレンザーナ氏によると、軍用機には操縦士3人、乗組員5人を含む92人が搭乗していた。墜落現場では17人の遺体が発見され、捜索救助は現在も続けられている。フィリピン軍のソベジャナ総参謀長によると、墜落したC-130輸送機は4日に南部ミンダナオ島のカガヤンデオロを出発。同日午前11時半頃にスルー州ホロ島のパティクールに着陸しようとしたところ墜落し、炎上した。ソベジャナ氏は、滑走路を外れた同機が「動力を取り戻そうとしたが成功しなかった」と述べた。墜落現場の写真には、黒煙が立ち上る様子が写っていた。ソベジャナ氏は、救助者がスルー州の第11歩兵師団病院に搬送され、治療を受けていると説明。現場では地元部隊のゴンザレス司令官が捜索救助活動を指揮していると明らかにした。(記者/夏鵬、閆潔) =配信日: 2021(令和3)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070503341

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月04日
    比空軍機が事故、17人死亡

    フィリピン・マニラ、ホロ島

    商品コード: 2021070400332

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月04日
    比空軍機が事故、17人死亡

    フィリピン・マニラ、ホロ島

    商品コード: 2021070400334

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月04日
    比空軍機が事故、17人死亡

    フィリピン・マニラ、ホロ島

    商品コード: 2021070400335

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月04日
    比空軍機が事故、17人死亡

    フィリピン・マニラ、ホロ島

    商品コード: 2021070400336

  • 1