KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 配信
  • 歴史
  • 文化財
  • 紹介
  • 記者
  • ユネスコ
  • 先祖
  • 時代
  • 登録

「ホンタイジ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
65
( 1 65 件を表示)
  • 1
65
( 1 65 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2015年10月01日
    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技

    手作業で竜の骨組みを作る張家の人たち。(2015年10月1日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2015(平成27)年10月1日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019071005980

  • 2015年10月01日
    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技

    竜の胴体部分の図案を描く張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さん。(2015年10月1日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2015(平成27)年10月1日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005981

  • 2015年10月01日
    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技

    竜の体部分の図案を描く張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さん。(2015年10月1日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2015(平成27)年10月1日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005910

  • 2017年06月10日
    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技

    瀋陽故宮博物院で竜舞を披露する張氏竜舞隊。(2017年6月10日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2017(平成29)年6月10日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005909

  • 2017年06月10日
    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技

    瀋陽故宮博物院で竜舞を披露する張氏竜舞隊。(2017年6月10日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2017(平成29)年6月10日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005979

  • 2017年06月10日
    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技

    瀋陽故宮博物院で竜舞を披露する張氏竜舞隊。(2017年6月10日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2017(平成29)年6月10日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071006066

  • 2017年06月10日
    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技

    瀋陽故宮博物院で竜舞を披露する張氏竜舞隊。(2017年6月10日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2017(平成29)年6月10日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005907

  • 2017年06月10日
    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技

    瀋陽故宮博物院で竜舞を披露する張氏竜舞隊。(2017年6月10日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社配信/張仲発さん提供)=2017(平成29)年6月10日、クレジット:張仲発さん/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071006067

  • 2019年02月19日
    中国東北地方に300年伝わる「皇苑竜」竜舞の技

    2019年の元宵節(旧暦1月15日)に竜舞を披露する張氏竜舞隊。(2月19日撮影)竜舞(りゅうまい)は中国の伝統的な民俗文化活動で、中国人は祝日に竜舞や獅子舞を行って平安と吉祥を祈ってきた。遼寧省瀋陽市に住む75歳の張仲発(ちょう・ちゅうはつ)さんは、張氏「皇苑竜」竜舞の第15代伝承者だ。張さんの紹介によると、張家の竜舞は清代初めまでさかのぼることができ、清の第2代皇帝ホンタイジに召されて宮中で披露し、「皇苑竜」の名を賜り、広く知られるようになったという。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304602

  • 2019年06月20日
    瀋陽故宮、好きな文化財3点の投票結果発表

    20日、瀋陽故宮で行われた発表会で、乾隆帝が「紫気東来」の題字を書く場面を再現する役者。中国遼寧省の瀋陽故宮(瀋陽故宮博物館)で行われていた同館所蔵品から好きな文化財を3点選ぶ投票イベントの結果が20日公表され、清の皇帝ホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子と乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額、乾隆年間に宮廷で用いられた有線七宝甪端(ろくたん)が選ばれた。(瀋陽=新華社記者/趙洪南)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401861

  • 2019年06月20日
    瀋陽故宮、好きな文化財3点の投票結果発表

    20日、瀋陽故宮で行われた発表会で、スクリーンに映し出された乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額。中国遼寧省の瀋陽故宮(瀋陽故宮博物館)で行われていた同館所蔵品から好きな文化財を3点選ぶ投票イベントの結果が20日公表され、清の皇帝ホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子と乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額、乾隆年間に宮廷で用いられた有線七宝甪端(ろくたん)が選ばれた。(瀋陽=新華社記者/趙洪南)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401843

  • 2019年06月20日
    瀋陽故宮、好きな文化財3点の投票結果発表

    20日、横から見たホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子。中国遼寧省の瀋陽故宮(瀋陽故宮博物館)で行われていた同館所蔵品から好きな文化財を3点選ぶ投票イベントの結果が20日公表され、清の皇帝ホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子と乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額、乾隆年間に宮廷で用いられた有線七宝甪端(ろくたん)が選ばれた。(瀋陽=新華社配信/李浩)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401834

  • 2019年06月20日
    瀋陽故宮、好きな文化財3点の投票結果発表

    20日、瀋陽故宮で行われた発表会で、スクリーンに映し出された乾隆年間の有線七宝甪端。中国遼寧省の瀋陽故宮(瀋陽故宮博物館)で行われていた同館所蔵品から好きな文化財を3点選ぶ投票イベントの結果が20日公表され、清の皇帝ホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子と乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額、乾隆年間に宮廷で用いられた有線七宝甪端(ろくたん)が選ばれた。(瀋陽=新華社記者/趙洪南)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401858

  • 2019年06月20日
    瀋陽故宮、好きな文化財3点の投票結果発表

    20日、乾隆年間に宮廷で用いられた有線七宝甪端。中国遼寧省の瀋陽故宮(瀋陽故宮博物館)で行われていた同館所蔵品から好きな文化財を3点選ぶ投票イベントの結果が20日公表され、清の皇帝ホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子と乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額、乾隆年間に宮廷で用いられた有線七宝甪端(ろくたん)が選ばれた。(瀋陽=新華社配信/李浩)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401775

  • 2019年06月20日
    瀋陽故宮、好きな文化財3点の投票結果発表

    20日、遠くから見た乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額。中国遼寧省の瀋陽故宮(瀋陽故宮博物館)で行われていた同館所蔵品から好きな文化財を3点選ぶ投票イベントの結果が20日公表され、清の皇帝ホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子と乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額、乾隆年間に宮廷で用いられた有線七宝甪端(ろくたん)が選ばれた。(瀋陽=新華社配信/李浩)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401801

  • 2019年06月20日
    瀋陽故宮、好きな文化財3点の投票結果発表

    20日、正面から見た乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額。中国遼寧省の瀋陽故宮(瀋陽故宮博物館)で行われていた同館所蔵品から好きな文化財を3点選ぶ投票イベントの結果が20日公表され、清の皇帝ホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子と乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額、乾隆年間に宮廷で用いられた有線七宝甪端(ろくたん)が選ばれた。(瀋陽=新華社配信/李浩)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401853

  • 2019年06月20日
    瀋陽故宮、好きな文化財3点の投票結果発表

    20日、瀋陽故宮で行われた発表会で、スクリーンに映し出された乾隆年間の有線七宝甪端。中国遼寧省の瀋陽故宮(瀋陽故宮博物館)で行われていた同館所蔵品から好きな文化財を3点選ぶ投票イベントの結果が20日公表され、清の皇帝ホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子と乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額、乾隆年間に宮廷で用いられた有線七宝甪端(ろくたん)が選ばれた。(瀋陽=新華社記者/趙洪南)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401798

  • 2019年06月20日
    瀋陽故宮、好きな文化財3点の投票結果発表

    20日、清の皇帝ホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子。中国遼寧省の瀋陽故宮(瀋陽故宮博物館)で行われていた同館所蔵品から好きな文化財を3点選ぶ投票イベントの結果が20日公表され、清の皇帝ホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子と乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額、乾隆年間に宮廷で用いられた有線七宝甪端(ろくたん)が選ばれた。(瀋陽=新華社配信/李浩)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401814

  • 2019年06月20日
    瀋陽故宮、好きな文化財3点の投票結果発表

    20日、清の皇帝ホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子。中国遼寧省の瀋陽故宮(瀋陽故宮博物館)で行われていた同館所蔵品から好きな文化財を3点選ぶ投票イベントの結果が20日公表され、清の皇帝ホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子と乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額、乾隆年間に宮廷で用いられた有線七宝甪端(ろくたん)が選ばれた。(瀋陽=新華社配信/李浩)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401837

  • 2019年06月20日
    瀋陽故宮、好きな文化財3点の投票結果発表

    20日、瀋陽故宮で行われた発表会の会場。中国遼寧省の瀋陽故宮(瀋陽故宮博物館)で行われていた同館所蔵品から好きな文化財を3点選ぶ投票イベントの結果が20日公表され、清の皇帝ホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子と乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額、乾隆年間に宮廷で用いられた有線七宝甪端(ろくたん)が選ばれた。(瀋陽=新華社記者/趙洪南)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401732

  • 2019年06月20日
    瀋陽故宮、好きな文化財3点の投票結果発表

    20日、正面から見た乾隆年間に宮廷で用いられた有線七宝甪端。中国遼寧省の瀋陽故宮(瀋陽故宮博物館)で行われていた同館所蔵品から好きな文化財を3点選ぶ投票イベントの結果が20日公表され、清の皇帝ホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子と乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額、乾隆年間に宮廷で用いられた有線七宝甪端(ろくたん)が選ばれた。(瀋陽=新華社配信/李浩)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401744

  • 2019年06月20日
    瀋陽故宮、好きな文化財3点の投票結果発表

    20日、正面から見たホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子。中国遼寧省の瀋陽故宮(瀋陽故宮博物館)で行われていた同館所蔵品から好きな文化財を3点選ぶ投票イベントの結果が20日公表され、清の皇帝ホンタイジが使用した鹿の角で作られた椅子と乾隆帝御筆の「紫気東来」の扁額、乾隆年間に宮廷で用いられた有線七宝甪端(ろくたん)が選ばれた。(瀋陽=新華社配信/李浩)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401757

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    宝城内にある瑠璃影壁(えいへき、大門の前面もしくは門内に設けられた目隠しの独立塀)。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100678

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    茶膳房の屋根に施された神獣の彫像。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100738

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    方城から角楼へ向かう石段の下に鎮座する石獅子。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100740

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    敷地内にある方城の隆恩門。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100742

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    正紅門の壁面右側(東)に象嵌された瑠璃の竜。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100702

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    敷地内の隆恩門の銅製門環(ドアノッカー)。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100683

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    隆恩殿正門の石段の下に鎮座する石獅子。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い古代皇帝の陵墓の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100703

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    順治6年(1649年)に建てられた正紅門。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100715

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    隆恩殿の基壇(きだん)の角に施された「螭竜(あまりょう、角のない竜の総称)」の石刻。基壇内部にたまった水を排出する役割を持つ。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100724

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    方城の正門、隆恩門の裏側。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い古代皇帝の陵墓の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100725

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    敷地内に建つ方城。中央に進むと隆恩殿、四隅に角楼、東西に配殿が建つ。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100791

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    宝城の南側にある「石五供」。皇帝参拝の際には、ここで酒を供え哀悼した。中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100795

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    敷地内南側の広場に立つのホンタイジ(愛新覚羅皇太極)の彫像。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100762

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    方城の東側に建つ配殿(左)と正門、隆恩門(右)。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100705

  • 01:22.62
    2019年10月05日
    「新華社」瀋陽故宮で太廟修繕工事が完了すべての建物が公開へ

    中国遼寧省の瀋陽故宮で5日、皇帝が祖先の祭祀を行った太廟(たいびょう)建築群が6カ月の修繕工事を終えて観光客に公開された。今回の工事完了により瀋陽故宮のすべての建築物が一般公開された。史料によると、盛京(現在の瀋陽)太廟は、清朝最初の皇帝祖廟で、2代皇帝ホンタイジの時代に創建された。盛京城の東門の外にあり、清の初代皇帝ヌルハチとそれ以前の先祖4代の位牌が祭られている。清朝が北京に遷都すると、すべての位牌は北京の太廟に移された。乾隆年間(1736年-1795年)には、中原都城文化の「左祖右社(宮殿から見て左側に太廟、右側に社稷壇を設ける)」の礼制に従い、瀋陽故宮の正門「大清門」の東側に移築され、1781年に完成した。北京の太廟に収められているヌルハチ、ホンタイジ、順治、康熙、雍正の5人の皇帝と皇后の諡宝(しほう、死後の称号が刻まれた印章)と諡冊(しさつ、生前の功績の記録)が、盛京太廟にも保管されている。瀋陽故宮博物館では、太廟の竣工式に合わせて「清代皇帝最初の家廟」展を開催しており、太廟の創建と移築の二つの時期の使用状況に基づき、その歴史を紹介している。(記者/姜兆臣)<映像内容>瀋陽故宮の太廟建築群が修繕工事を終えて公開された様子、撮影日:2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100801504

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、スマホで展示品を撮影する来場者。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100583

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」の会場の一角。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100551

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された食器。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100564

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、カメラで展示品を撮影する来場者。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100568

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された清代の「画琺瑯花卉渣斗」。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100638

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、展示品の横で写真を撮る来場者。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100569

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された清代・乾隆年間の「粉彩多穆壷」の一部分。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100549

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、展示品を見つめる来場者。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100561

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、スマホで展示品を撮影する来場者。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100630

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された清代・乾隆年間の「画琺瑯花鳥小壷」。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100631

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された清代の「岫岩玉蓋碗」。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100633

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された清代の「彩漆描金蟠竜八宝円盒」。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100618

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、展示品を見つめる来場者。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100575

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された文化財。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100571

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された文具の数々。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100567

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、展示品を見つめる来場者。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100566

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された清代の「彩漆描金蟠竜八宝円盒」。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100570

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、展示品を見つめる来場者。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100624

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された文化財。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100588

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された清代・乾隆年間の「中和韶楽編鐘之黄鐘」。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100635

  • 2020年10月11日
    清昭陵公園で紅葉見頃遼寧省瀋陽市

    11日、見頃を迎えた清昭陵公園の紅葉。中国遼寧省瀋陽市の清昭陵公園では、敷地内の七孔橋埠頭近くにあるカエデ林の紅葉が見頃を迎え、多くの観光客を引き付けている。清昭陵は清の第2代皇帝ホンタイジの陵墓で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704728

  • 2020年10月11日
    清昭陵公園で紅葉見頃遼寧省瀋陽市

    11日、見頃を迎えた清昭陵公園の黄葉。中国遼寧省瀋陽市の清昭陵公園では、敷地内の七孔橋埠頭近くにあるカエデ林の紅葉が見頃を迎え、多くの観光客を引き付けている。清昭陵は清の第2代皇帝ホンタイジの陵墓で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704832

  • 2020年10月11日
    清昭陵公園で紅葉見頃遼寧省瀋陽市

    11日、清昭陵公園の地面に落ちた色とりどりの木の葉。中国遼寧省瀋陽市の清昭陵公園では、敷地内の七孔橋埠頭近くにあるカエデ林の紅葉が見頃を迎え、多くの観光客を引き付けている。清昭陵は清の第2代皇帝ホンタイジの陵墓で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704871

  • 2020年10月11日
    清昭陵公園で紅葉見頃遼寧省瀋陽市

    11日、見頃を迎えた清昭陵公園の紅葉。中国遼寧省瀋陽市の清昭陵公園では、敷地内の七孔橋埠頭近くにあるカエデ林の紅葉が見頃を迎え、多くの観光客を引き付けている。清昭陵は清の第2代皇帝ホンタイジの陵墓で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704754

  • 2020年10月11日
    清昭陵公園で紅葉見頃遼寧省瀋陽市

    11日、見頃を迎えた清昭陵公園の紅葉。中国遼寧省瀋陽市の清昭陵公園では、敷地内の七孔橋埠頭近くにあるカエデ林の紅葉が見頃を迎え、多くの観光客を引き付けている。清昭陵は清の第2代皇帝ホンタイジの陵墓で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704861

  • 2020年10月11日
    清昭陵公園で紅葉見頃遼寧省瀋陽市

    11日、見頃を迎えた清昭陵公園の黄葉。中国遼寧省瀋陽市の清昭陵公園では、敷地内の七孔橋埠頭近くにあるカエデ林の紅葉が見頃を迎え、多くの観光客を引き付けている。清昭陵は清の第2代皇帝ホンタイジの陵墓で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704769

  • 2020年10月11日
    清昭陵公園で紅葉見頃遼寧省瀋陽市

    11日、見頃を迎えた清昭陵公園の紅葉。中国遼寧省瀋陽市の清昭陵公園では、敷地内の七孔橋埠頭近くにあるカエデ林の紅葉が見頃を迎え、多くの観光客を引き付けている。清昭陵は清の第2代皇帝ホンタイジの陵墓で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704868

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:05.77
    2021年04月22日
    「新華社」渡り鳥の安全な旅を守る内モンゴル自治区通遼市

    暖かくなるにつれ、多くの渡り鳥が北を目指して旅立つ姿が目立つようになる。中国内モンゴル自治区通遼市ジャルート旗では4月になると、数千羽ものガンカモ科の渡り鳥やタンチョウ、クロヅルなどが湿地や湖で餌を探し、羽を休めてくつろいでおり、この一帯はひとときの「鳥の楽園」と化す。荷葉花湿地や千鵝湖、東湖、ホンタイジ湖などにはこの時期、多くの渡り鳥が体力を補充するために立ち寄る。渡り鳥が安全に移動できるよう、同旗森林公安局は渡り鳥保護のための特別活動を実施。渡り鳥の行動パターンや特性に合わせて、警察官を動員してパトロールを行っている。パトロールでは、渡り鳥の捕獲、毒物投与、非合法での購入、販売、輸送などの違法行為を厳しく取り締まっている。(記者/張晟)=配信日:2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042310599

  • 1