KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平成
  • 記者
  • ドローン
  • 原料
  • 塩湖
  • 幾何学模様
  • 景観
  • 水墨画
  • 硫酸ナトリウム
  • 空撮

「ボウショウ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年01月23日
    彫刻が生み出す小宇宙成都市で明清象牙彫刻芸術展

    金沙遺跡博物館「太平有象-明清象牙彫刻芸術展」で展示された清代の「象牙劈絲花卉楼閣紋団扇」。縦24・1センチ、横17・7センチ。帽章扇(ぼうしょうせん)と呼ばれるもので、18世紀末から19世紀初めにかけ流行した。(東莞市博物館蔵、2018年1月23日撮影)中国四川省成都市の金沙遺跡博物館で16日、特別展「太平有象-明清象牙彫刻芸術展」が開幕した。同日は博物館開館12周年の記念日にも当たる。会場では象牙製品や象牙美術品100点余りが、来場者を古蜀(こしょく、四川省にあった古代の地方文明)から明清時代に至る時間の旅、小さな象牙彫刻の中に広がる小宇宙へといざなった。(成都=新華社配信/東莞市博物館蔵提供)=2018(平成30)年1月23日、クレジット:東莞市博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042601908

  • 2019年02月27日
    空から見たモノクロの世界山西省運城塩湖

    2月27日、空から見た運城塩湖の芒硝結晶池。(小型無人機から)中国山西省の運城塩湖ではこのほど、化学製品の原料となる芒硝(ぼうしょう、硫酸ナトリウムの結晶)の採集時期に入った。空から見ると、線と幾何学模様が現れた塩湖は水墨画のようなモノクロの世界だ。(運城=新華社記者/詹彦)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605666

  • 2019年02月27日
    空から見たモノクロの世界山西省運城塩湖

    2月27日、空から見た運城塩湖の一角。(小型無人機から)中国山西省の運城塩湖ではこのほど、化学製品の原料となる芒硝(ぼうしょう、硫酸ナトリウムの結晶)の採集時期に入った。空から見ると、線と幾何学模様が現れた塩湖は水墨画のようなモノクロの世界だ。(運城=新華社記者/詹彦)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605675

  • 2019年02月27日
    空から見たモノクロの世界山西省運城塩湖

    2月27日、空から見た芒硝採集前(左)と採集後の結晶池。(小型無人機から)中国山西省の運城塩湖ではこのほど、化学製品の原料となる芒硝(ぼうしょう、硫酸ナトリウムの結晶)の採集時期に入った。空から見ると、線と幾何学模様が現れた塩湖は水墨画のようなモノクロの世界だ。(運城=新華社記者/詹彦)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605659

  • 2019年02月27日
    空から見たモノクロの世界山西省運城塩湖

    2月27日、運城塩湖で芒硝を採集する作業員。(小型無人機から)中国山西省の運城塩湖ではこのほど、化学製品の原料となる芒硝(ぼうしょう、硫酸ナトリウムの結晶)の採集時期に入った。空から見ると、線と幾何学模様が現れた塩湖は水墨画のようなモノクロの世界だ。(運城=新華社記者/詹彦)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605709

  • 2019年02月27日
    空から見たモノクロの世界山西省運城塩湖

    2月27日、運城塩湖で芒硝を採集する作業員。(小型無人機から)中国山西省の運城塩湖ではこのほど、化学製品の原料となる芒硝(ぼうしょう、硫酸ナトリウムの結晶)の採集時期に入った。空から見ると、線と幾何学模様が現れた塩湖は水墨画のようなモノクロの世界だ。(運城=新華社記者/詹彦)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605674

  • 2019年02月27日
    空から見たモノクロの世界山西省運城塩湖

    2月27日、空から見た運城塩湖の芒硝結晶池。(小型無人機から)中国山西省の運城塩湖ではこのほど、化学製品の原料となる芒硝(ぼうしょう、硫酸ナトリウムの結晶)の採集時期に入った。空から見ると、線と幾何学模様が現れた塩湖は水墨画のようなモノクロの世界だ。(運城=新華社記者/詹彦)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605665

  • 2019年02月27日
    空から見たモノクロの世界山西省運城塩湖

    2月27日、空から見た運城塩湖の一角。(小型無人機から)中国山西省の運城塩湖ではこのほど、化学製品の原料となる芒硝(ぼうしょう、硫酸ナトリウムの結晶)の採集時期に入った。空から見ると、線と幾何学模様が現れた塩湖は水墨画のようなモノクロの世界だ。(運城=新華社記者/詹彦)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605681

  • 2019年02月27日
    空から見たモノクロの世界山西省運城塩湖

    2月27日、空から見た運城塩湖の一角。(小型無人機から)中国山西省の運城塩湖ではこのほど、化学製品の原料となる芒硝(ぼうしょう、硫酸ナトリウムの結晶)の採集時期に入った。空から見ると、線と幾何学模様が現れた塩湖は水墨画のようなモノクロの世界だ。(運城=新華社記者/詹彦)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605664

  • 2019年02月28日
    空から見たモノクロの世界山西省運城塩湖

    2月28日、空から見た運城塩湖の芒硝結晶池。(小型無人機から)中国山西省の運城塩湖ではこのほど、化学製品の原料となる芒硝(ぼうしょう、硫酸ナトリウムの結晶)の採集時期に入った。空から見ると、線と幾何学模様が現れた塩湖は水墨画のようなモノクロの世界だ。(運城=新華社記者/詹彦)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605678

  • 2019年02月28日
    空から見たモノクロの世界山西省運城塩湖

    2月28日、空から見た運城塩湖の一角。(小型無人機から)中国山西省の運城塩湖ではこのほど、化学製品の原料となる芒硝(ぼうしょう、硫酸ナトリウムの結晶)の採集時期に入った。空から見ると、線と幾何学模様が現れた塩湖は水墨画のようなモノクロの世界だ。(運城=新華社記者/詹彦)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605677

  • 00:56.56
    2020年04月23日
    「新華社」1700年の歴史ある街並みに活気浙江省臨海市

    中国浙江省臨海市の紫陽古街は三国時代から建設が始まり、約1700年の歴史を誇る。南北1080メートル、幅4~5メートルで、国内でも比較的保存状態の良い歴史的な街並みとなっている。通りには切り紙細工や竹細工などの伝統的な手工芸品を扱う店舗が、今でも残っている。夜になると街灯がともり、古代の街を囲う土壁「坊牆(ぼうしょう)」や軽食屋台、書店などを散策する観光客の姿が見られる。(記者/鄭夢雨、魏董華、呉帥帥)<映像内容>紫陽古街の街並み、店の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042803219

  • 1