KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 上海市内
  • コウライウグイス
  • テーマパーク
  • ディズニー
  • バードウォッチング
  • リゾート
  • 新型肺炎
  • 星願公園
  • 湿地公園
  • 自然環境

「ボランティアスタッフ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
45
( 1 45 件を表示)
  • 1
45
( 1 45 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年11月30日
    Italian football Serie A match - Torino FC vs UC Sampdoria, Turin, Italy

    November 30, 2020, Turin, Italy: turin, Italy, Olimpico Grande Torino stadium, 30 Nov 2020, The medical voluntary staff on the stands looking at the pitch during Torino FC vs UC Sampdoria - Italian football Serie A match - Credit: LM/Francesco Scaccianoce (Credit Image: © Francesco Scaccianoce/LPS via ZUMA Wire)、クレジット:LM/Francesco Scaccianoce ★©Francesco Scaccianoce/LPS via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Italy Rights Out

  • 2020年10月04日
    武漢体育センターでバスケの慈善試合開催湖北省

    上:最後の患者を送り出し、正式に閉鎖した臨時医療施設「方艙医院」で、消毒作業を行うボランティアスタッフ。(3月8日撮影)下:4日、臨時医療施設「方艙医院」の撤去後初めて開催された大型イベント「2020年姚基金バスケットボール慈善試合」の様子。(組み合わせ写真)中国で新型コロナウイルスの流行期間中、臨時医療施設「方艙医院」として稼働していた湖北省武漢市の武漢体育センターで4日、撤去後初の公開イベントとして、中国バスケットボール協会(CBA)の会長、姚明(ヤオ・ミン)氏が創設した姚基金主催の慈善試合が行われた。同センターは全施設が予約で埋まっており、かつての日常が戻りつつある。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月04日
    武漢体育センターでバスケの慈善試合開催湖北省

    上:最後の患者を送り出し、正式に閉鎖した臨時医療施設「方艙医院」で、消毒作業を行うボランティアスタッフ。(3月8日撮影)下:4日、臨時医療施設「方艙医院」の撤去後初めて開催された大型イベント「2020年姚基金バスケットボール慈善試合」の様子。(組み合わせ写真)中国で新型コロナウイルスの流行期間中、臨時医療施設「方艙医院」として稼働していた湖北省武漢市の武漢体育センターで4日、撤去後初の公開イベントとして、中国バスケットボール協会(CBA)の会長、姚明(ヤオ・ミン)氏が創設した姚基金主催の慈善試合が行われた。同センターは全施設が予約で埋まっており、かつての日常が戻りつつある。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月04日
    武漢体育センターでバスケの慈善試合開催湖北省

    上:最後の患者を送り出し、正式に閉鎖した臨時医療施設「方艙医院」で、消毒作業を行うボランティアスタッフ。(3月8日撮影)下:4日、臨時医療施設「方艙医院」の撤去後初めて開催された大型イベント「2020年姚基金バスケットボール慈善試合」の様子。(組み合わせ写真)中国で新型コロナウイルスの流行期間中、臨時医療施設「方艙医院」として稼働していた湖北省武漢市の武漢体育センターで4日、撤去後初の公開イベントとして、中国バスケットボール協会(CBA)の会長、姚明(ヤオ・ミン)氏が創設した姚基金主催の慈善試合が行われた。同センターは全施設が予約で埋まっており、かつての日常が戻りつつある。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    Body temperature monitoring at Saint Matteo celebration

    September 21, 2020, Salerno, Campania / Salerno, Italy: For the celebrations of Saint Matteo, patron saint of the city of Salerno, access to the Cathedral for the faithful, during the celebrations, was managed by volunteer staff who monitored the body temperature of the people with the use of the classic gun and of a modern âTOTEM Got2000â that monitors the temperature also through the wrist and gives other useful information for the management of the internal spaces with the presence of many people. (Credit Image: © Pasquale Senatore/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pasquale  Senatore/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    Body temperature monitoring at Saint Matteo celebration

    September 21, 2020, Salerno, Campania / Salerno, Italy: For the celebrations of Saint Matteo, patron saint of the city of Salerno, access to the Cathedral for the faithful, during the celebrations, was managed by volunteer staff who monitored the body temperature of the people with the use of the classic gun and of a modern âTOTEM Got2000â that monitors the temperature also through the wrist and gives other useful information for the management of the internal spaces with the presence of many people. (Credit Image: © Pasquale Senatore/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pasquale  Senatore/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    Body temperature monitoring at Saint Matteo celebration

    September 21, 2020, Salerno, Campania / Salerno, Italy: For the celebrations of Saint Matteo, patron saint of the city of Salerno, access to the Cathedral for the faithful, during the celebrations, was managed by volunteer staff who monitored the body temperature of the people with the use of the classic gun and of a modern âTOTEM Got2000â that monitors the temperature also through the wrist and gives other useful information for the management of the internal spaces with the presence of many people. (Credit Image: © Pasquale Senatore/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pasquale  Senatore/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    Body temperature monitoring at Saint Matteo celebration

    September 21, 2020, Salerno, Campania / Salerno, Italy: For the celebrations of Saint Matteo, patron saint of the city of Salerno, access to the Cathedral for the faithful, during the celebrations, was managed by volunteer staff who monitored the body temperature of the people with the use of the classic gun and of a modern âTOTEM Got2000â that monitors the temperature also through the wrist and gives other useful information for the management of the internal spaces with the presence of many people. (Credit Image: © Pasquale Senatore/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pasquale  Senatore/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    Body temperature monitoring at Saint Matteo celebration

    September 21, 2020, Salerno, Campania / Salerno, Italy: For the celebrations of Saint Matteo, patron saint of the city of Salerno, access to the Cathedral for the faithful, during the celebrations, was managed by volunteer staff who monitored the body temperature of the people with the use of the classic gun and of a modern âTOTEM Got2000â that monitors the temperature also through the wrist and gives other useful information for the management of the internal spaces with the presence of many people. (Credit Image: © Pasquale Senatore/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pasquale  Senatore/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    Body temperature monitoring at Saint Matteo celebration

    September 21, 2020, Salerno, Campania / Salerno, Italy: For the celebrations of Saint Matteo, patron saint of the city of Salerno, access to the Cathedral for the faithful, during the celebrations, was managed by volunteer staff who monitored the body temperature of the people with the use of the classic gun and of a modern âTOTEM Got2000â that monitors the temperature also through the wrist and gives other useful information for the management of the internal spaces with the presence of many people. (Credit Image: © Pasquale Senatore/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pasquale  Senatore/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    Body temperature monitoring at Saint Matteo celebration

    September 21, 2020, Salerno, Campania / Salerno, Italy: For the celebrations of Saint Matteo, patron saint of the city of Salerno, access to the Cathedral for the faithful, during the celebrations, was managed by volunteer staff who monitored the body temperature of the people with the use of the classic gun and of a modern âTOTEM Got2000â that monitors the temperature also through the wrist and gives other useful information for the management of the internal spaces with the presence of many people. (Credit Image: © Pasquale Senatore/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pasquale  Senatore/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    Body temperature monitoring at Saint Matteo celebration

    September 21, 2020, Salerno, Campania / Salerno, Italy: For the celebrations of Saint Matteo, patron saint of the city of Salerno, access to the Cathedral for the faithful, during the celebrations, was managed by volunteer staff who monitored the body temperature of the people with the use of the classic gun and of a modern âTOTEM Got2000â that monitors the temperature also through the wrist and gives other useful information for the management of the internal spaces with the presence of many people. (Credit Image: © Pasquale Senatore/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pasquale  Senatore/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    Body temperature monitoring at Saint Matteo celebration

    September 21, 2020, Salerno, Campania / Salerno, Italy: For the celebrations of Saint Matteo, patron saint of the city of Salerno, access to the Cathedral for the faithful, during the celebrations, was managed by volunteer staff who monitored the body temperature of the people with the use of the classic gun and of a modern âTOTEM Got2000â that monitors the temperature also through the wrist and gives other useful information for the management of the internal spaces with the presence of many people. (Credit Image: © Pasquale Senatore/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pasquale  Senatore/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    上海ブックフェア、例年通り開催

    12日、感染予防の注意を促すボードを掲げて館内を巡回するボランティアスタッフ。中国上海市で毎年開かれる本の展示会「上海ブックフェア」と読書イベント「書香中国」上海ウィークが12日、上海展覧センターで開幕した。今年は初めて記名式の予約制を採用し、メイン会場の入場制限も実施。メイン会場の広さも例年より10・8%増となる2万6千平方メートルに拡大した。上海市内にはメイン会場のほかにサブ会場も100カ所設けたほか、他都市にもサブ会場を50カ所設置した。会期は18日まで。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    上海ブックフェア、例年通り開催

    12日、メイン会場入り口で、来場者の入場手続きを手伝うボランティアスタッフ。中国上海市で毎年開かれる本の展示会「上海ブックフェア」と読書イベント「書香中国」上海ウィークが12日、上海展覧センターで開幕した。今年は初めて記名式の予約制を採用し、メイン会場の入場制限も実施。メイン会場の広さも例年より10・8%増となる2万6千平方メートルに拡大した。上海市内にはメイン会場のほかにサブ会場も100カ所設けたほか、他都市にもサブ会場を50カ所設置した。会期は18日まで。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    上海ブックフェア、例年通り開催

    12日、メイン会場入り口で、来場者の入場手続きを手伝うボランティアスタッフ。中国上海市で毎年開かれる本の展示会「上海ブックフェア」と読書イベント「書香中国」上海ウィークが12日、上海展覧センターで開幕した。今年は初めて記名式の予約制を採用し、メイン会場の入場制限も実施。メイン会場の広さも例年より10・8%増となる2万6千平方メートルに拡大した。上海市内にはメイン会場のほかにサブ会場も100カ所設けたほか、他都市にもサブ会場を50カ所設置した。会期は18日まで。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月24日
    California News - July 24, 2020

    July 24, 2020, Redlands, California, USA: Look for the drive-thru signs, bright star balloons and friendly volunteers/staff collecting donations in red bowls for the Redlands Bowl on Friday, July 24, 2020. (Credit Image: © Cindy Yamanaka/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Cindy Yamanaka/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out

  • 2020年07月10日
    ファジアーノ観客解禁 消毒や検温し入場

    ボランティアスタッフ(右)による消毒や検温を受けて入場するサポーター。サッカーJリーグが有観客試合を再開した10日、唯一のカードとなったJ2ファジアーノ岡山のホームゲームには2294人が詰め掛けた。新型コロナウイルス対策で声援や鳴り物は禁止され、マスクを着けたサポーターらは新しい応援スタイルに戸惑いながらもピッチのイレブンを鼓舞。クラブは感染予防に細心の注意を払った。=2020(令和2)年7月10日、シティライトスタジアム=岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年01月21日
    子どもの「居場所」の夕食 誰も取り残さない

    大人も子どもも同じものを一緒に食べる。栄養士のボランティアスタッフが毎週、バランスと子どもたちの好みを勘案した献立を考える=2019年12月5日、東京都荒川区

    撮影: 2019年12月5日、東京都荒川区

  • 2020年01月21日
    学習時間 誰も取り残さない

    子どもの勉強を懇切丁寧に見る若手のボランティアスタッフ。かつて教わる側だったOBもいる=2019年12月5日、東京都荒川区

    撮影: 2019年12月5日、東京都荒川区

  • 2019年08月27日
    「文明の探求-新中国河南省考古70年展」、鄭州博物館で開幕河南省

    8月27日、鄭州博物館で見学者に考古学に関する知識を説明するボランティアスタッフ。中国河南省鄭州市にある鄭州博物館で8月27日、「文明の探求-新中国河南省考古70年展」が開幕した。文化財1225点(セット)を展示し、新中国成立以来70年間における同省の考古学上の重大な発見と研究成果が公開された。(鄭州=新華社記者/李賀)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:40.90
    2019年07月19日
    ユニホームは藍色基調 東京五輪ボランティア

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、ボランティアら大会スタッフ11万人以上が着用するユニホームのデザインを発表した。猛暑に備えて通気性や素材に配慮したポロシャツとズボン、靴のセットで、藍色を基調に大会エンブレムを配したデザインが特徴になっている。ポロシャツは競技会場や選手村などで活動する「フィールドキャスト」用と、駅や空港などで案内をする「シティキャスト」用の2種類。ズボンは共通で、膝下部分を取り外して半ズボンにすることもできる。帽子やバッグも用意した。〈映像内容〉ユニホーム披露、トークセッション、フォトセッション、ユニフォームの物撮りなど、撮影日:2019(令和元)年7月19日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2019(令和元)年7月19日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月11日
    中日両国のボランティア、貧困地域の子どもを支援する「七彩小屋」を建設貴州省

    11日、記念撮影するボランティアスタッフと児童ら。中国貴州省水城県の石槽小学校でこのほど、共青団中央委員会青年ボランティア活動指導センターが東京海上日動火災保険と協力し、今年新築された「七彩小屋」(虹色の部屋)のプレート除幕および安全セルフケア教育ボランティアサービスのイベントを行った。(貴州=新華社配信)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月25日
    上海ディズニーリゾート、100種類目の野鳥を観察

    上海ディズニーリゾートで撮影されたカルガモ(Anaspoecilorhyncha)。(資料写真、4月25日撮影)中国の上海ディズニーリゾートは23日、リゾートエリアの星願公園(WishingStarPark)で、コウライウグイス(Orioluschinensis)が観察されたと明らかにした。鳥類専門家とボランティアスタッフが毎月実施している定例バードウォッチングで発見した。同エリアで観察された野鳥はこれで100種類目となる。上海ディズニーは開園3周年を迎えた6月、テーマパークとホテルに隣接する湿地公園、星願公園に90種類以上の野鳥が「定住」していると発表していた。野鳥の種類は開園初期に比べ大幅に増えており、上海市内でも珍しい自然環境となっている。上海ディズニーリゾートで観察された野鳥は先月の時点で99種類に達していた。(上海=新華社配信/何鑫)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月25日
    上海ディズニーリゾート、100種類目の野鳥を観察

    上海ディズニーリゾートで撮影されたカワセミ(Alcedoatthis)。(資料写真、4月25日撮影)中国の上海ディズニーリゾートは23日、リゾートエリアの星願公園(WishingStarPark)で、コウライウグイス(Orioluschinensis)が観察されたと明らかにした。鳥類専門家とボランティアスタッフが毎月実施している定例バードウォッチングで発見した。同エリアで観察された野鳥はこれで100種類目となる。上海ディズニーは開園3周年を迎えた6月、テーマパークとホテルに隣接する湿地公園、星願公園に90種類以上の野鳥が「定住」していると発表していた。野鳥の種類は開園初期に比べ大幅に増えており、上海市内でも珍しい自然環境となっている。上海ディズニーリゾートで観察された野鳥は先月の時点で99種類に達していた。(上海=新華社配信/何鑫)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月21日
    上海ディズニーリゾート、100種類目の野鳥を観察

    上海ディズニーリゾートで撮影されたオオバン(Fulicaatra)。(資料写真、3月21日撮影)中国の上海ディズニーリゾートは23日、リゾートエリアの星願公園(WishingStarPark)で、コウライウグイス(Orioluschinensis)が観察されたと明らかにした。鳥類専門家とボランティアスタッフが毎月実施している定例バードウォッチングで発見した。同エリアで観察された野鳥はこれで100種類目となる。上海ディズニーは開園3周年を迎えた6月、テーマパークとホテルに隣接する湿地公園、星願公園に90種類以上の野鳥が「定住」していると発表していた。野鳥の種類は開園初期に比べ大幅に増えており、上海市内でも珍しい自然環境となっている。上海ディズニーリゾートで観察された野鳥は先月の時点で99種類に達していた。(上海=新華社配信/何鑫)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月21日
    上海ディズニーリゾート、100種類目の野鳥を観察

    上海ディズニーリゾートで撮影されたマミハウチワドリ(Priniasubflava)。(資料写真、3月21日撮影)中国の上海ディズニーリゾートは23日、リゾートエリアの星願公園(WishingStarPark)で、コウライウグイス(Orioluschinensis)が観察されたと明らかにした。鳥類専門家とボランティアスタッフが毎月実施している定例バードウォッチングで発見した。同エリアで観察された野鳥はこれで100種類目となる。上海ディズニーは開園3周年を迎えた6月、テーマパークとホテルに隣接する湿地公園、星願公園に90種類以上の野鳥が「定住」していると発表していた。野鳥の種類は開園初期に比べ大幅に増えており、上海市内でも珍しい自然環境となっている。上海ディズニーリゾートで観察された野鳥は先月の時点で99種類に達していた。(上海=新華社配信/何鑫)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、長江スナメリを観察するボランティアスタッフ。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月08日
    第1回中国国際輸入博覧会で日本を再発見

    8日、AGCグループのブースで「ガラスの太鼓」を叩くボランティアスタッフ。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が10日午後、上海市で閉幕した。中日平和友好条約締結40周年の今年、450社余りの日本企業が輸入博に出展。日本は出展企業数が最も多い国となった。6日間の会期中、日本の企業や企業家たちの最大の願いは、中国の人々に「メイド・イン・ジャパン」への理解を深めてもらい、また、日本企業が中国市場への理解を深めることだった。「輸入博で日本を再発見した!」というのが中国消費者、特に若者からの声だ。(上海=新華社記者/岳晨星)=2018(平成30)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月25日
    ボランティアスタッフら 五輪準備は実践的段階へ

    セーリングW杯江の島大会のボランティアスタッフら=9月15日、神奈川県藤沢市

    撮影: 9月15日、神奈川県藤沢市

  • 2018年09月25日
    ボランティアスタッフ 五輪準備は実践的段階へ

    セーリングW杯江の島大会のボランティアスタッフ=9月15日、神奈川県藤沢市

    撮影: 9月15日、神奈川県藤沢市

  • 2018年07月11日
    大会ボランティア 熱戦大詰め、ちょっと一息

    モスクワの試合会場で笑みがはじける大会ボランティア。年齢や国籍もさまざま。たくさんのボランティアスタッフが大会運営を支えています(共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月10日
    笑顔のボランティア 「うれしい」喜び広がる

    洞窟に閉じ込められた少年らの全員救出の報を受け、笑顔を見せるボランティアスタッフ=10日、タイ北部チェンライ県(共同)

    撮影: 10日、タイ北部チェンライ県

  • 2018年06月30日
    大会運営を支えた関根さん ボランティアは1万人

    ロシア・ボルゴグラードで、サッカーW杯ロシア大会の運営を支えたボランティアスタッフの関根育美さん=6月27日(共同)

    撮影: 6月27日

  • 2018年06月19日
    会場に到着したサポーター 難敵攻略し弾みつけろ

    コロンビア戦が行われるロシア・サランスクの試合会場に到着し、ボランティアスタッフ(右)の歓迎を受ける日本サポーター=19日(共同)

  • 2017年12月07日
    ボランティア 国旗色に染まるスタジアム

    モスクワ市内の研修センターで働くボランティアスタッフ。大会に向け研修や応募者の選定を進めている=11月(共同)

    撮影: 11月

  • 2014年06月11日
    アリーナ前のスタッフ W杯あす早朝キックオフ

    サッカーW杯の開幕戦が行われるサンパウロ・アリーナの前で、盛り上がるボランティアスタッフ=11日、サンパウロ(共同)

    撮影: 11日、サンパウロ

  • 2013年02月18日
    本堂の仏前 縁結びはお寺でどうぞ

    本堂の仏前で、「お寺de縁結び」の参加者を迎える(右から)安楽寺の吉野俊幸住職、童楽寺の安武隆信住職、ボランティアスタッフら=和歌山市の安楽寺

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月05日
    犬救助するボランティア 洪水で犬、猫が置き去りに

    タイ・パトゥムタニ県ラムルッカ地区で、浸水した民家から犬を救助するボランティアスタッフ=3日(共同)

    撮影: 3日

  • 2010年01月29日
    五輪マークの防寒着 着々準備、高まるムード

    鮮やかな水色の防寒着を着たボランティアスタッフの女性たち。反射素材の五輪マークがつけられていて困ったときは探しやすい?=1月20日、ウィスラー(共同)

    撮影: 1月20日、ウィスラー

  • 2007年03月28日
    トイレ掃除のボランティア 能登半島地震

    避難所の仮設トイレを掃除するボランティアスタッフ=28日午前、石川県輪島市門前町

    撮影: 28日午前、石川県輪島市門前町

  • 2007年03月28日
    ごみ運びのボランティア 能登半島地震

    避難所からごみを運び出すボランティアスタッフ=28日午前、石川県輪島市門前町

    撮影: 28日午前、石川県輪島市門前町

  • 2005年01月22日
    ボランティアと参加者 「復興の陰伝えず」と不満

    国連防災世界会議を終え、ボランティアスタッフと握手する海外からの参加者(中央)=22日午後、神戸市中央区

  • 2002年12月18日
    常夏の楽園で誰でも主役

    延べ1万人のボランティアスタッフが、大会を支える。「アロハ精神」の象徴といえる(共同)

  • 2002年10月15日
    ホノルルMボランティア

    昨年行われたJALホノルルマラソンでの、ランナーへの給水などのボランティアスタッフ

  • 1