KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国企業
  • 人々
  • 令和
  • 荘園
  • 開発
  • 高地
  • 村民
  • 茶園
  • けん引
  • しょう

「ボーラウェン高原」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2022年04月07日
    (6)ラオスの茶農家の貧困脱却を支える中国企業

    ラオス南部のボーラウェン高原にある36荘園の工場で働く製茶スタッフ。(3月25日撮影)ラオスの中国資本企業、36荘園(THREESIXMANOR)はここ数年、ラオス南部の高地で地元の古茶樹資源を開発し、中国の技術で茶葉を加工して、茶葉産業で地元の人々の貧困脱却と増収を後押ししている。(ビエンチャン=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040706179

  • 2022年04月07日
    (4)ラオスの茶農家の貧困脱却を支える中国企業

    ラオス南部のボーラウェン高原にある36荘園の工場で茶葉を買い取るスタッフ。(3月25日撮影)ラオスの中国資本企業、36荘園(THREESIXMANOR)はここ数年、ラオス南部の高地で地元の古茶樹資源を開発し、中国の技術で茶葉を加工して、茶葉産業で地元の人々の貧困脱却と増収を後押ししている。(ビエンチャン=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040706178

  • 2022年04月07日
    (2)ラオスの茶農家の貧困脱却を支える中国企業

    ラオス南部のボーラウェン高原にある36荘園の工場に茶葉を売りに行く村民。(3月25日撮影)ラオスの中国資本企業、36荘園(THREESIXMANOR)はここ数年、ラオス南部の高地で地元の古茶樹資源を開発し、中国の技術で茶葉を加工して、茶葉産業で地元の人々の貧困脱却と増収を後押ししている。(ビエンチャン=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040706171

  • 2022年04月07日
    (7)ラオスの茶農家の貧困脱却を支える中国企業

    ラオス南部のボーラウェン高原にある36荘園の茶園。(3月25日撮影)ラオスの中国資本企業、36荘園(THREESIXMANOR)はここ数年、ラオス南部の高地で地元の古茶樹資源を開発し、中国の技術で茶葉を加工して、茶葉産業で地元の人々の貧困脱却と増収を後押ししている。(ビエンチャン=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040706180

  • 01:00.60
    2022年04月07日
    「新華社」ラオスの茶農家の貧困脱却を支える中国企業

    ラオスの中国資本企業、36荘園(THREESIXMANOR)はここ数年、ラオス南部の高地で地元の古茶樹資源を開発し、中国の技術で茶葉を加工して、茶葉産業で地元の人々の貧困脱却と増収を後押ししている。同社は8年前、ラオスのボーラウェン高原で古茶樹を発見、その樹木を150ヘクタールの茶園に移植、保全した。また地域最大の茶園と製茶工場を建設、自然味あふれる茶葉を市場に送り出した。茶園のある村の村長を1999年から務めているカムチャン(音訳)氏は、かつての村の様子について、経済が非常に遅れており農家の5~6割が貧困世帯だったと述べた。しかし、36荘園が茶葉を高めの価格で買い取るようになってからは、村民の多くが茶栽培に業態を切り替え、栽培規模は拡大を続けているという。カムチャン氏はまた「以前は、村人の1日当たりの収入は5万キープ(ラオス通貨、1キープ=約0・01円)程度だったが、36荘園が関与するようになってからは10万キープ以上になった。ここ数年、村は大きく変化した。今では133世帯のうち、貧困家庭は4、5世帯しか残っていない」と語った。製茶工場の胡小峰(こ・しょうほう)工場長は、会社では地元の茶葉の特色と中国の加工技術を組み合わせ、自社の茶園の茶葉を加工するだけでなく、近隣の村民にも茶樹の栽培を推奨し、工場がそれらの茶葉の買い取りもしていると紹介した。パークソーン郡のピンポン(音訳)知事は「36荘園は、パークソーン郡で操業を開始して以来、社会と経済の発展に大いに貢献し、地元の人々の貧困脱却を後押ししてきた」と語る。チャンパーサック県産業貿易局のボンヤデ(音訳)局長は「ラオスと中国は貧困削減のためにそれぞれの経験について交流を続けている。36荘園が多くの雇用機会を生み出し、地域の経済発展をけん引したことで、現地の人々は豊かな生活を送ることができるようになった」と述べた。(記者/章建華) =配信日: 2022(令和4)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040706182

  • 2022年04月07日
    (5)ラオスの茶農家の貧困脱却を支える中国企業

    ラオス南部のボーラウェン高原にある36荘園の工場で働く製茶スタッフ。(3月25日撮影)ラオスの中国資本企業、36荘園(THREESIXMANOR)はここ数年、ラオス南部の高地で地元の古茶樹資源を開発し、中国の技術で茶葉を加工して、茶葉産業で地元の人々の貧困脱却と増収を後押ししている。(ビエンチャン=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040706163

  • 2022年04月07日
    (1)ラオスの茶農家の貧困脱却を支える中国企業

    ラオス南部のボーラウェン高原にある36荘園の茶園で茶摘みをする村民。(3月24日撮影)ラオスの中国資本企業、36荘園(THREESIXMANOR)はここ数年、ラオス南部の高地で地元の古茶樹資源を開発し、中国の技術で茶葉を加工して、茶葉産業で地元の人々の貧困脱却と増収を後押ししている。(ビエンチャン=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040706264

  • 2022年04月07日
    (3)ラオスの茶農家の貧困脱却を支える中国企業

    ラオス南部のボーラウェン高原にある36荘園の工場で村民から茶葉を買い取るスタッフ。(3月25日撮影)ラオスの中国資本企業、36荘園(THREESIXMANOR)はここ数年、ラオス南部の高地で地元の古茶樹資源を開発し、中国の技術で茶葉を加工して、茶葉産業で地元の人々の貧困脱却と増収を後押ししている。(ビエンチャン=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040706176

  • 1