KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • チガイソ
  • プラ素材
  • 北海道函館市
  • 海藻
  • 生成
  • におい
  • バイオマスプラスチック
  • ユニチカ
  • 二酸化炭素
  • 価格

「ポリ乳酸」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2011年10月02日
    ポリ乳酸と海藻 海藻からプラ素材を生成

    プラスチック素材「ポリ乳酸」を手にする道立工業技術センターの小林孝紀主査。手前は原料となる海藻「チガイソ」=9月9日、北海道函館市

    商品コード: 2011100200110

  • 2011年10月02日
    ポリ乳酸と海藻 海藻からプラ素材を生成

    プラスチック素材「ポリ乳酸」を手にする道立工業技術センターの小林孝紀主査。手前は原料となる海藻「チガイソ」=9月9日、北海道函館市

    商品コード: 2011100200116

  • 2019年02月15日
    ユニチカのバイオマスプラのストロー向け樹脂「TP-5040」を使ったストロー

    ユニチカは、独自のバイオマスプラスチック「テラマック」を改質し、柔軟性と耐久性を兼ね備えたストロー向け樹脂を開発、ストローメーカーなどに提案を始めた。世界中で微細なプラスチックゴミによる環境汚染が問題視される中、国内でも複数の化学メーカーが生分解性プラを開発し、提案を急ぐ。ただ汎用プラに比べ価格が高く普及しづらい。ユニチカは「機能性に加え、バイオマスプラの課題とされる“におい”を低減した」(佐藤泰久樹脂事業部機能樹脂営業部機能樹脂第二グループ長)点も訴求して市場を切り開く。同社が開発したのは加工性に優れ、ストローに加工すると現状のプラ製ストローと同等の耐久性があるバイオマス樹脂「TP―5040」。植物由来のポリ乳酸を原料とし、高温・高湿など一定の環境下におくと、約1カ月で二酸化炭素と水に生分解できる。テラマックに柔軟成分と無機充填剤を配合し、ストロー製造に適切な柔軟性や強度を持たせた。テラマック特有の甘いにおいを抑え、ストロー利用時に食品の風味を損なわない。汎用プラ代替のストロー原料として、紙が普及しつつある。しかし、同社の性能比較試験では、紙製よりTP―5040製のストローの方が、水分に対する耐久性や飲料ふたの突き刺し時の剛性などの点で、従来のプラ製ストローに性能が近かった。価格でも優位性がある。ストローを量産した場合の1本の価格について、「海外では汎用プラ製0・5セント、生分解性プラ製1セント、紙製1・5セントかかるという例がある」。=2019(平成31)年2月15日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072603350

  • 2019年05月20日
    SPD leader Nahles visits science park and women‘s polling station

    20 May 2019, Brandenburg, Potsdam/Golm: Andrea Nahles, SPD party chairwoman, visits the Potsdam-Golm Science Park with Alexander Böker, director of the Fraunhofer Institute for Applied Polymer Research IAP in Potsdam-Golm, to see a cup made of polylactic acid. Nahles then visits the women‘s polling station in Potsdam, which was initiated on the occasion of the 100th anniversary of women‘s suffrage. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052203705

  • 1