KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • オンラインサービス
  • コミュニティー
  • サポート
  • テーマ
  • ボランティア活動
  • メンタルヘルス
  • リアル
  • レジャー
  • 企画

「マイクロツーリズム」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月26日
    (5)上海市、春節連休期間中に多彩なイベント若者に帰省自粛促す

    上海市普陀(ふだ)区曹楊新村街道で市民奉仕活動を行うボランティアの若者。(2020年12月5日撮影)新型コロナウイルス流行の影響を受け、中国上海市はこのほど、春節(旧正月)連休期間(今年は2月11~17日)中の不要不急の帰省や出国をしないよう若者に呼びかけた。若者が充実した連休を過ごせるよう、同市は近く、ネットとリアルで一連のイベントを実施する。新年朗読会や「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べるごちそう)作り講座といったネット上での文化活動、学生対象の短編動画制作や新春祝賀短編動画の募集活動、就労と勉強の両立や起業に関するオンライン研修などの雇用促進に関するイベントなどが用意されている。また、ネットとリアルを融合させた相互交流イベントも企画している。徒歩圏内のマイクロツーリズムをテーマとした活動など、市内での近距離観光を実施して、若者たちの交流とレジャーの需要に応える。さらに無償献血や社区(コミュニティー)サービス、困窮者支援や補習授業など、200件近いボランティア事業を相次いで実施する。若者はこれらの活動に参加できるほか、ボランティア活動を撮影した写真や映像のオンライン選考・放映イベントにも参加できる。このほか、同市は春節期間中、若者と保護者を対象に、労働者権利や職場適応、法律などを電話やネットで相談できるオンラインサービスを提供し、同市にとどまる若者のメンタルヘルスをサポートする。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702838

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月26日
    (1)上海市、春節連休期間中に多彩なイベント若者に帰省自粛促す

    上海市中心部の木工工房で、休日に木工技術を体験する児童生徒。(2020年5月4日撮影)新型コロナウイルス流行の影響を受け、中国上海市はこのほど、春節(旧正月)連休期間(今年は2月11~17日)中の不要不急の帰省や出国をしないよう若者に呼びかけた。若者が充実した連休を過ごせるよう、同市は近く、ネットとリアルで一連のイベントを実施する。新年朗読会や「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べるごちそう)作り講座といったネット上での文化活動、学生対象の短編動画制作や新春祝賀短編動画の募集活動、就労と勉強の両立や起業に関するオンライン研修などの雇用促進に関するイベントなどが用意されている。また、ネットとリアルを融合させた相互交流イベントも企画している。徒歩圏内のマイクロツーリズムをテーマとした活動など、市内での近距離観光を実施して、若者たちの交流とレジャーの需要に応える。さらに無償献血や社区(コミュニティー)サービス、困窮者支援や補習授業など、200件近いボランティア事業を相次いで実施する。若者はこれらの活動に参加できるほか、ボランティア活動を撮影した写真や映像のオンライン選考・放映イベントにも参加できる。このほか、同市は春節期間中、若者と保護者を対象に、労働者権利や職場適応、法律などを電話やネットで相談できるオンラインサービスを提供し、同市にとどまる若者のメンタルヘルスをサポートする。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702741

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月26日
    (4)上海市、春節連休期間中に多彩なイベント若者に帰省自粛促す

    上海市で行われた公益交流会で手工芸品を協力して制作する男女の若者ら。(2018年11月17日撮影)新型コロナウイルス流行の影響を受け、中国上海市はこのほど、春節(旧正月)連休期間(今年は2月11~17日)中の不要不急の帰省や出国をしないよう若者に呼びかけた。若者が充実した連休を過ごせるよう、同市は近く、ネットとリアルで一連のイベントを実施する。新年朗読会や「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べるごちそう)作り講座といったネット上での文化活動、学生対象の短編動画制作や新春祝賀短編動画の募集活動、就労と勉強の両立や起業に関するオンライン研修などの雇用促進に関するイベントなどが用意されている。また、ネットとリアルを融合させた相互交流イベントも企画している。徒歩圏内のマイクロツーリズムをテーマとした活動など、市内での近距離観光を実施して、若者たちの交流とレジャーの需要に応える。さらに無償献血や社区(コミュニティー)サービス、困窮者支援や補習授業など、200件近いボランティア事業を相次いで実施する。若者はこれらの活動に参加できるほか、ボランティア活動を撮影した写真や映像のオンライン選考・放映イベントにも参加できる。このほか、同市は春節期間中、若者と保護者を対象に、労働者権利や職場適応、法律などを電話やネットで相談できるオンラインサービスを提供し、同市にとどまる若者のメンタルヘルスをサポートする。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702841

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月26日
    (3)上海市、春節連休期間中に多彩なイベント若者に帰省自粛促す

    上海市で行われた公益交流会で交流する男女の若者。(2018年11月17日撮影)中国で新型コロナウイルス感染症の流行の影響を受け、上海市はこのほど、春節連休(旧正月の大型連休、今年は2月11~17日)期間中における不要不急の帰省や出国をしないよう若者に呼びかけた。新型コロナウイルス流行の影響を受け、中国上海市はこのほど、春節(旧正月)連休期間(今年は2月11~17日)中の不要不急の帰省や出国をしないよう若者に呼びかけた。若者が充実した連休を過ごせるよう、同市は近く、ネットとリアルで一連のイベントを実施する。新年朗読会や「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べるごちそう)作り講座といったネット上での文化活動、学生対象の短編動画制作や新春祝賀短編動画の募集活動、就労と勉強の両立や起業に関するオンライン研修などの雇用促進に関するイベントなどが用意されている。また、ネットとリアルを融合させた相互交流イベントも企画している。徒歩圏内のマイクロツーリズムをテーマとした活動など、市内での近距離観光を実施して、若者たちの交流とレジャーの需要に応える。さらに無償献血や社区(コミュニティー)サービス、困窮者支援や補習授業など、200件近いボランティア事業を相次いで実施する。若者はこれらの活動に参加できるほか、ボランティア活動を撮影した写真や映像のオンライン選考・放映イベントにも参加できる。このほか、同市は春節期間中、若者と保護者を対象に、労働者権利や職場適応、法律などを電話やネットで相談できるオンラインサービスを提供し、同市にとどまる若者のメンタルヘルスをサポートする。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702835

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月26日
    (2)上海市、春節連休期間中に多彩なイベント若者に帰省自粛促す

    上海市の長寧実験小学校で、校内での新型コロナ対策に関する知識を児童に説明する教師。(2020年5月18日撮影)新型コロナウイルス流行の影響を受け、中国上海市はこのほど、春節(旧正月)連休期間(今年は2月11~17日)中の不要不急の帰省や出国をしないよう若者に呼びかけた。若者が充実した連休を過ごせるよう、同市は近く、ネットとリアルで一連のイベントを実施する。新年朗読会や「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べるごちそう)作り講座といったネット上での文化活動、学生対象の短編動画制作や新春祝賀短編動画の募集活動、就労と勉強の両立や起業に関するオンライン研修などの雇用促進に関するイベントなどが用意されている。また、ネットとリアルを融合させた相互交流イベントも企画している。徒歩圏内のマイクロツーリズムをテーマとした活動など、市内での近距離観光を実施して、若者たちの交流とレジャーの需要に応える。さらに無償献血や社区(コミュニティー)サービス、困窮者支援や補習授業など、200件近いボランティア事業を相次いで実施する。若者はこれらの活動に参加できるほか、ボランティア活動を撮影した写真や映像のオンライン選考・放映イベントにも参加できる。このほか、同市は春節期間中、若者と保護者を対象に、労働者権利や職場適応、法律などを電話やネットで相談できるオンラインサービスを提供し、同市にとどまる若者のメンタルヘルスをサポートする。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702836

  • 2021年11月11日
    JR東日本などが報道公開したグリーンスローモビリティ

    JR東日本、東急不動産、東京都港区などは11日、電動車で公道を時速20キロメートル未満で走る「グリーンスローモビリティ(グリスロ)」を使った実証実験を報道公開した。12日から12月6日まで同区で実証実験を行い、地域の交通課題解決や、観光を楽しむマイクロツーリズムの促進にも結びつける。グリスロは環境への負荷が少なく、コンパクトで乗降がしやすい特徴を持つ。実証実験の対象となる浜松町・竹芝エリアは海に囲まれているため回遊性が低く、高輪・白金・白金台エリアは高齢者の居住が多いものの道幅が狭く、急勾配な坂道が多いという。同エリアでは12日から22日まで実証実験し、オンデマンドモビリティーでラストワンマイル(最後の接点)の移動手段の提供を目指す。JR東日本事業創造本部新事業創造部門新領域ユニットリーダー兼品川くらしづくりユニットの高木浩一担当部長は、「(グリスロが)生活拠点と交通拠点、地域資源と高齢者をつなぐ役割を期待したい」と述べた。=2021(令和3)年11月11日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111606850

  • 1