KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新疆ウイグル自治区
  • スマート
  • 個人消費
  • 感染対策
  • 直流送電
  • 黒竜江省
  • ドローン
  • リーマン・ショック
  • 前年同期
  • 国内総生産

「マイナス」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
33
( 1 33 件を表示)
  • 1
33
( 1 33 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:31.22
    2021年05月18日
    GDP年率5・1%減 西村担当相会見

    内閣府が18日発表した2021年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比1・3%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は5・1%減となった。マイナス成長は昨年4~6月期以来3四半期ぶり。また20年度の実質GDPは個人消費や設備投資の不振で前度比4・6%減と、リーマン・ショック時の3・6%減を超す戦後最悪の落ち込みとなった。 西村康稔経済再生担当相が記者会見で説明した。<映像内容>東京都内で行われた西村氏の記者会見、撮影日:2021(令和3)年5月18日、撮影場所:東京都

    商品コード: 2021051912796

  • 00:58.58
    2021年04月12日
    「新華社」「高所のドクター」、正確な診断で山間部の送電網の安全守る湖北省

    中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県にある大山村でこのほど、中国送電大手、国家電網傘下の国網湖北検修の小型無人機(ドローン)操縦士が、小型無人機スマート点検技術を駆使して、プラスマイナス800キロボルトの祁韶送電線が500キロボルトの漁宜送電線や同じく500キロボルトの漁興第1、第2、第3送電線と交差する箇所の鉄塔や導線に対する全面的な検査を実施した。同チームは、点検写真計286枚と動画4本を撮影し、「ミリ単位」の一般的な欠陥5カ所を検出。祁韶送電線の重要な交差箇所の「健康状態」を正確に把握した。プラスマイナス800キロボルトの祁韶送電線は、中国西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトの大動脈。また、大山村で同送電線と交差する多くの500キロボルト送電線も、同省と重慶市の相互接続や「西電東送」の重要ルートであり、清江流域の水力発電電力の域外送電にも大きな役割を担っている。(記者/侯文坤) =配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041306108

  • 01:02.06
    2021年03月23日
    公示地価6年ぶりマイナス 銀座山野楽器と福岡・熊本空撮

    国土交通省が23日発表した公示地価(1月1日時点)は全用途の全国平均が前年比マイナス0・5%で、6年ぶりに下落した。前年上昇率と今回下落率との差は1・9ポイントで、リーマン・ショック後の2009年以来の下落幅。新型コロナウイルス感染症による土地需要減退が大都市の商業地を直撃した。 <映像内容>15年連続最高価格の東京都中央区「山野楽器銀座本店」周辺の雑観(14日撮影)下落率1位の熊本県人吉市(相良町7の20周辺)空撮(19日撮影)上昇率が福岡市1位で全国2位の福岡市中央区清川2の4の19のウインステージ天神南周辺の空撮(19日撮影)九州沖縄最高値の福岡市中央区天神1丁目「天神コアビル」跡地の空撮、撮影日:2021(令和3)年3月23日、撮影場所:東京都中央区

    商品コード: 2021032506279

  • 02:22.78
    2021年01月26日
    Japan firm prepares deep freezers ahead of country‘s vaccination drive

    Deep freezers which will be used to store coronavirus vaccine shots are being inspected by staff at fridge manufacturer Kanou Reiki‘s Sagamihara facility near Tokyo. Through the government‘s vaccination programme, the company plans to provide about 2,000 deep freezers to medical facilities to store Pfizer vaccines at a temperature of minus 75 degrees Celsius (-103 degrees Fahrenheit). IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2021(令和3)年1月26日、撮影場所:神奈川県相模原市、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

    商品コード: 2021012803131

  • 01:14.74
    2020年11月20日
    「新華社」中国のデジタル技術、感染症対策に貢献河野洋平元衆院議長

    中国広東省広州市で20日、国際会議「中国を読み解く(読懂中国)」が開幕した。21日に行われたパネル・ディスカッションには日本の河野洋平元衆院議長もビデオ映像を通じてあいさつし、中国の経済回復や科学技術を用いた新型コロナウイルス対策、中米関係に対する自らの見解と提言を示した。中国経済は新型コロナの影響からいち早く回復した。第3四半期(7~9月)の国内総生産(GDP)伸び率は4・9%となり、世界の主要経済国をリードしている。河野氏は、中国の感染対策が世界トップクラスの成果を上げていると評価。この成果に基づき、中国共産党第19期中央委員会第5回全体会議(5中全会)のコミュニケが「内需拡大」と「科学技術イノベーション」の二大目標を掲げたことは誠に理にかなっているとの認識を示した。科学技術を用いた感染症対策は、中国における今回の新型コロナ対策の大きな特徴であり、高速マスク製造機や第5世代移動通信システム(5G)巡回ロボット、赤外線体温センサーなどがコロナ期間中にネットの人気商品となった。河野氏は、中国の先進的なデジタル技術が今回のコロナ危機において大きく貢献したと述べた。世界第1と第2の経済大国の対立は、当事者にとって不毛であるだけでなく、両国と関係の深い国、さらには世界全体にとってもマイナスになるとの考えも示し「中国は長年近代化を推し進め経済大国になった。国力が充実し、自信を高めるのは当然のことであり、中国の安定と繁栄は隣国としてもうれしく思っている」と語った。(記者/王瑞平)<映像内容>日本の河野洋平元衆院議長のあいさつ、中国の経済や科学技術についてなど、撮影日:2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112400140

  • 01:46.97
    2020年11月20日
    北海道で南国バナナ生産 皮ごと食べられ高糖度

    南国フルーツを北国で―。北海道釧路市の農業法人「946Skyファーム」が同市でバナナの生産に成功し、初めて収穫を迎えた。農薬や化学肥料を使わずに栽培しているため皮ごと食べることも可能で、糖度は通常の約1・5倍。1月下旬ごろから1本税別千円の高級品としてインターネットで販売する。5千平方メートルの広大な敷地に建てられたビニールハウス12棟に、高級バナナの一種グロス・ミシェルの茎計約900本が1・5メートル間隔で並ぶ。真冬は気温がマイナス10度を下回ることも珍しくないが、ハウスは常時17度以上を保っている。種をマイナス60度まで冷却することで耐寒性や耐病性を高めた苗を、岡山県の業者から1本3万円で仕入れた。ブランド名は産地の釧路にちなんで「946バナナ」とし、年間約15万本を出荷する計画だ。<映像内容>実ったバナナの様子、話をしているのは右が「946Skyファーム」の担当の山口大樹(やまぐち・だいき)さん、左が同ファームの菊池利治(きくち・としはる)社長、撮影日:2020(令和2)年11月20日、撮影場所:北海道釧路市

    商品コード: 2021012204318

  • 01:14.24
    2020年11月10日
    「新華社」天津のLNG受け入れ基地に世界最大級のLNG運搬船到着

    カタールを出発したQ-MAX型の液化天然ガス(LNG)運搬船「ALMAFYAR」が10日、中国天津市にあるLNG受け入れ基地の埠頭(ふとう)に到着した。同船は石油大手の中国石油化工集団(シノペック・グループ)のLNG受け入れ基地に初めて停泊した世界最大の最先端LNG運搬船で、また同市の受け入れ基地で今年、荷下ろしを行った100隻目のLNG運搬船でもある。LNG運搬船は、摂氏マイナス162度の低温下で液化ガスを運搬する専用船で、「海上のスーパー冷凍車」といわれる。「ALMAFYAR」は、最大となるQ-MAXタイプの新世代型巨大運搬船で、積載容量26万6千立方メートル、全長345メートル、全幅53・8メートルの、世界に14隻しかない現役のQ-MAX型LNG運搬船。通常のLNG運搬船と比べて、埠頭の利用率が高く、船舶の運用コストとエネルギー消費、船舶からの汚染物の排出量が少なく、LNGの輸送費用を削減できるという大きな利点を持つ。(記者/李帥)<映像内容>LNG運搬船が天津市のふ頭に到着、撮影日:2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111600270

  • 01:07.44
    2020年11月03日
    「新華社」長沙市で世界コンピューター大会開幕湖南省

    中国湖南省長沙市で3日、同省政府と工業・情報化部が共催する「2020世界コンピューター大会」が開幕した。国内外のアカデミー会員17人、コンピューター科学分野のノーベル賞とされる「チューリング賞」受賞者1人、政財界の要人100人余りが一堂に会し、産業エコシステム、コンピューターチップ、サイバーセキュリティー、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネットなど関心の高い話題について最新の成果を共有し、最先端技術についても意見を交わした。人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)などの次世代技術とその応用が急速に発展し、量子計算、脳の仕組みを模した「ニューロモーフィック・コンピューティング」など新たな演算技術が相次ぎ登場したことで、世界の演算技術の研究開発と産業発展に新たな進歩の余地が生まれている。演算の技術、能力は国家の最先端の科学技術レベルを測る指標となっている。工業・情報化部の王志軍(おう・しぐん)副部長は「今年は新型コロナウイルスが流行する中で、進んだ演算技術と製品が遠隔医療やオンライン教育、物資調達などのサービスの安定的な提供を力強く支え、感染対策や経済の安定化において重要な役割を担っている」と述べた。中国はコンピューター製造体系を整備し、世界のコンピューター製品の9割以上を供給している。産業規模は着実に拡大し、市場の停滞や新型コロナの流行などマイナスの影響を克服、主要製品の生産量が増加している。マイコン生産量の伸びは2017年が5・9%、18年が2・9%、19年が8・2%となり、今年1~9月は5・6%増の2億6千万台に達した。(記者/姚羽、程済安、丁春雨、杜瑞)<映像内容>「2020世界コンピューター大会」の様子、会場の外観、撮影日:2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904652

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.92
    2020年10月19日
    「新華社」超高圧直流送電プロジェクト変電所で初の年次点検安徽省宣城市

    中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州と安徽省宣城市宣州区古泉鎮を結ぶプラスマイナス1100キロボルト超高圧直流送電プロジェクトの受電端、安徽省宣城市にある古泉変電所で12~24日にかけて、初の年次点検・保守作業が実施されている。同プロジェクトは世界最高の電圧等級、最大の送電容量、最長の送電距離を誇る超高圧直流送電プロジェクトとして、2019年9月に運用を開始した。同変電所の翁良傑(おう・りょうけつ)副主任によると、今回の点検・保守では、大型機器への衛星測位システム「北斗」の搭載、第5世代移動通信システム(5G)ネットワークによるモニタリング機能の強化、赤外線顔認証・検温一体型機器による点検・保守チームの感染予防・抑制など、作業効率化のために多くのテクノロジーが導入されている。今回の作業はプロジェクトの運用開始後初めての年次点検・保守で、13日間送電を停止した状態で行う。期間中は検査員約千人、大型機械60台以上、検査機器400セット余りが用いられる。(記者/汪海月)<映像内容>超高圧直流送電プロジェクト変電所の年次点検の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102007320

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:09.48
    2020年10月14日
    「新華社」超高圧直流送電プロジェクト、5Gで初の点検作業新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州昌吉市と安徽省宣城市宣州区古泉鎮を結ぶプラスマイナス1100キロボルト超高圧直流送電プロジェクトの送電端の心臓部、昌吉交流・直流変換所で12日、第5世代移動通信システム(5G)を応用した総合点検修理が始まった。今回は同プロジェクト稼働後初の「健康診断」で、送電を停止して行われた。同プロジェクトは現時点で、世界最高の電圧等級、世界最大の送電量・距離を有する超高圧直流送電プロジェクトとなっている。(記者/張嘯誠、劉兵)<映像内容>超高圧直流送電プロジェクト、5Gを応用した総合点検修理の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101501586

  • 00:42.20
    2020年10月06日
    「新華社」地域伝統の磁器作りにスマート製造導入湖南省醴陵市

    中国湖南省醴陵(れいりょう)市は陶磁器の一大産地で、「釉下五彩」は地元名産の磁器としてとりわけ名高い。同市では現在、自動化とスマート化による陶磁器産業の高度化が進んでいる。地元企業の玉祥磁業は2017年に同省で初めて陶磁器の自動化生産ラインを設置した。1万2600平方メートルのスマート化工場では、ロボットアームが素地を正確につかみ取り、自動生産ラインで整形、うわぐすり掛けなどの工程を行った後、輸送チェーンで窯へ運び、焼成する。この生産ラインはコップや茶わん、皿などを1日当たり5万5千~6万点生産する能力を持つ。50カ国以上に発送された製品は、家具・生活雑貨販売大手IKEA(イケア)の世界にある400以上の店舗などに並ぶ。現在、工場内で働く従業員180人余りの大半は地元住民で、地元の雇用問題解決に大きく貢献しているほか、生産を標準化することで、手作業で生じる製品の品質や生産効率へのマイナスの影響も大幅に軽減されている。(記者/杜瑞、黄康懿)<映像内容>自動化生産ラインなど陶磁器の生産の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705832

  • 00:54.45
    2020年09月29日
    基準地価3年ぶりマイナス コロナ禍、需要急失速

    国土交通省が29日発表した7月1日時点の基準地価は、全用途の全国平均が前年比マイナス0・6%で3年ぶりに下落した。下落地点数の割合は60・1%で2年ぶりに半数を超えた。新型コロナウイルス感染症の影響で不動産取引が鈍り、ホテルや店舗の需要も急失速した。経済活動の停滞が長引けば、回復を続けてきた地価が下落局面に転換しそうだ。 最高価格は15年連続で東京都中央区の「明治屋銀座ビル」(1平方メートル当たり4100万円)。前年より220万円(5・1%)下がった。 <映像内容>15年連続で最高価格地点となった東京都中央区の「明治屋銀座ビル」の外観、周辺雑観、撮影日:2020(令和2)年9月29日、撮影場所:東京都中央区

    商品コード: 2020093002587

  • 01:10.07
    2020年08月17日
    空撮 GDP最悪、年27・8%減

    内閣府が17日発表した2020年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比7・8%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は27・8%減となった。新型コロナウイルスの感染拡大で個人消費が激減し、リーマン・ショック後の09年1~3月期の年率17・8%減を超えて戦後最悪のマイナス成長となった。  <映像内容>横浜港大黒ふ頭Tー9岸壁、川崎港東扇島「東扇島物流センター」の空撮、撮影日:2020(令和2)年8月17日、撮影場所:神奈川県横浜市

    商品コード: 2020081805667

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:23.58
    2020年05月17日
    「新華社」ニクジュヨウが一斉に開花新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区チャルチャン県では5月に入り、広い範囲でニクジュヨウが満開となっている。「砂漠人参」の名で知られるニクジュヨウは、低木のタマリクス・ラモシッシマ(紅柳)やハロキシロン・アンモデンドロン(梭梭)の根に寄生し、薬用価値が高い。毎年春と秋が収穫シーズンだが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響から春の収穫ができなかった。地元経済に与えるマイナスの影響を抑えるため、同県は戦略を転換、ニクジュヨウの種子の品質向上と生産量の増加に力を入れ、来年の豊作につなげる基礎を築いた。同県の防風治砂作業ステーションは2014年からニクジュヨウの栽培を開始、今では栽培面積が5万5千ムー(約3667ヘクタール)に達している。(記者/宿伝義)<映像内容>満開のニクジュヨウの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052001575

  • 01:04.19
    2020年04月26日
    「新華社」機械設備製造拠点の生産再開が加速黒竜江省チチハル市

    中国黒竜江省チチハル市は中国の重要な機械設備製造拠点となっている。新型コロナウイルス流行の影響を受け、市内の一定規模(年商2千万元、1元=約15円)以上の工業企業は今年1月と2月、初めてのマイナス成長となり、工業総生産額は前年同期比1・5%減、工業付加価値額は0・2%減だった。同市は一連の対応措置を実施し、中国一重集団や中車チチハル車両などの企業も感染対策をしっかりと行った上で自発的に施策を講じ、操業・生産再開を進めた。同市の第1四半期の一定規模以上の工業企業の成長率は0・5%増となり、マイナスからプラスに転じた。(記者/馬暁成)<映像内容>工業企業の製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042803205

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.44
    2020年04月21日
    「新華社」「新疆製」綿摘み機の製造に全力新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市にある設備製造業の拠点では現在、地元の綿摘み機製造企業が工期短縮に全力で取り組んでいる。「新疆製」の綿摘み機が予定通り使用開始できれば、新型コロナウイルス感染によるマイナスの影響は大幅に軽減される。8月末の綿花の収穫期までに、綿摘み機を期日通り納品するため、製造企業の従業員は連日残業し、生産目標の達成に向けて工期短縮を図っている。国内最大の綿花の産地である同自治区はここ数年、収穫作業の機械化が大規模に進んでいる。2019年、同自治区の機械による綿花の収穫面積は1150万ムー(約76万6667ヘクタール)に達し、2020年にはさらに100万ムー(約6万6667ヘクタール)以上の増加が見込まれている。綿摘み機製造企業は市場獲得の好機を迎えている。(記者/張嘯誠、潘瑩)<映像内容>綿摘み機の製造、綿花の収穫、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301872

  • 01:25.08
    2020年03月31日
    「新華社」オンラインとオフラインで春摘みの新茶販売を支援安徽省歙県

    春摘みの新茶が市場に出始める大切なこの時期、新型コロナウイルスが販売にもたらすマイナスの影響を少しでも抑えようと、中国安徽省黄山市歙(きゅう)県では、幹部が率先して「実店舗の接客係」を買って出た。さらに、農産物販売「クラウド・サポーターズ」を結成し、茶農家を訪問してライブ配信アプリのインストールや配信方法を教えるなど、きめ細やかな支援を行っている。春摘み新茶の生産と販売市場の安定を支えるため、同県は今年、茶飲料企業や茶農家に対しオンラインによる販売を奨励するとともに、関連の奨励策を打ち出している。(記者/白斌)<映像内容>新茶のオンライン販売、ライブ配信のやり方などを教える様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040300617

  • 01:03.68
    2020年02月20日
    「新華社」科学技術で感染対策を支援「走る」スマート検温システム

    中国広西チワン族自治区柳州市に本部を置く自動車メーカー、上汽通用五菱汽車が製造したスマート移動検温車が20日、柳州市政府の関連部門に引き渡された。検温車はリアルタイムで体温測定と表示が可能で、精度は最大でプラスマイナス0・2度に達している。幅1・5メートル、奥行き2~3メートルの範囲内で、通行人の体温を素早く測定できるという。(記者/楊馳、黄耀滕)<映像内容>新型肺炎の感染対策にスマート移動検温車が登場、撮影日:2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503489

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:30.21
    2020年02月12日
    「新華社」新型スマートロボット導入で他地域への送電を安全に運行新疆

    中国新疆ウイグル自治区昌吉市の変電所でこのほど、新型スマート巡回監視ロボット「大白」が正式に導入された。「大白」の任務は、「疆電外送」送電線(新疆準東から安徽皖南へプラスマイナス1100キロボルトの超高圧直流送電)の安全な運行を保障することにある。「大白」は自動監視機能や可視光イメージと赤外線グラフを記録できる機能を備えており、保守運用管理者に代わって広範囲で現場監視を担い、作業効率の向上と作業強度の削減に役立つ。「疆電外送」の送電線が有する、送電地点が多く送電距離が長いという特徴に対して、国家電網新疆電力公司は、より多くの作業シーンでスマートロボットの代用を強力に推し進める。(記者/張嘯誠、杜剛)<映像内容>変電所で巡回監視ロボットを導入、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405416

  • 00:58.22
    2019年11月15日
    札幌のササラ電車、初出動 積雪7センチ、ブラシで飛ばす

    札幌市で15日、路面電車のレールに積もった雪を掃き飛ばす冬の風物詩「ササラ電車」が今シーズン初めて出動した。昨年より1週間早かった。札幌では強い冬型の気圧配置の影響で14日夜から雪が積もり始め、午前9時に約7センチの積雪を観測した。ササラ電車は午前5時ごろ、2両が事業所をそれぞれ出発。気温マイナス2・3度の中、白とオレンジの光を発しながらゆっくりと進んだ。ササラ電車は、竹を細かく割いて円柱状に束ねた「ササラ」約800本を車両の前後に取り付けて高速回転させ、雪や氷を払いのける。大正時代の技師が、鍋や釜を洗う道具をヒントに開発したとされる。<映像内容>ササラ電車の作業の様子、撮影日:2019(令和元)年11月15日、撮影場所:北海道札幌市内

    商品コード: 2019111501483

  • 00:50.68
    2019年09月19日
    基準地価発表 明治屋銀座ビル

    国土交通省が19日発表した7月1日時点の都道府県地価(基準地価)によると、三大都市圏を除く地方圏の商業地は前年比プラス0・3%となり、1991年以来28年ぶりに上昇に転じた。バブル崩壊後の上昇は初めて。訪日客の増加や市街地再開発で札幌、仙台、広島、福岡の主要4市を中心に上昇傾向が広がり、全体を引き上げた。地方圏の住宅地はマイナス0・5%で、93年以来の下落が継続している。最高価格地点は14年連続で東京都中央区銀座2丁目の商業地「明治屋銀座ビル」。1平方メートル当たり4320万円だった。<映像内容>東京都中央区銀座2丁目の商業地「明治屋銀座ビル」周辺の様子、撮影日:2019(令和元)年9月19日、撮影場所:東京都中央区銀座2丁目 明治屋銀座ビル周辺

    商品コード: 2019092015754

  • 01:33.62
    2019年09月18日
    「新華社」中国の「北極」で今秋初の霜害が発生黒竜江省漠河市

    中国の「北極」と呼ばれる黒竜江省漠河市では強い冷気の影響を受けてこのほど気温が低下し、摂氏0度を下回り、初の霜害が発生した。同市は省北西部、大興安嶺山脈の北麓に位置し、冬の最低気温はしばしばマイナス40度前後まで下がる。(記者/馬暁成)<映像内容>今秋初の霜害が発生、植物の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091904847

  • 01:38.56
    2019年08月16日
    「新華社」香港経済、上半期は2009年以来最も弱い動き

    中国香港特別行政区政府が16日に行われた記者会見で、「香港経済は引き続き著しい下押し圧力に直面しており、2019年第2四半期(4~6月)は前年同期比0・5%の微増にとどまった。第1四半期(1~3月)の0・6%増からさらに鈍化した」と発表した。香港の今年上半期(1~6月)の経済情勢は2009年の減速以来、最も弱い動きとなった。特区政府は、世界経済の弱含みや、貿易・ハイテク分野を巡る中国と米国の摩擦激化に伴い、アジアの製造業や貿易活動も振るわず、第2四半期は外需が縮小したと指摘。香港の景況感は経済情勢の悪化やさまざまなマイナス要因の影響を受け、内需が引き続き低調だったと説明した。今後の見通しについては、個人消費と投資が引き続き、経済の減速やマイナス要因の増加による影響を受けるとの見方を示した。また、香港社会でこのところ起きていることがこのまま続けば、観光業と消費関連の経済活動に深刻な支障が生じ、景況感にさらなる打撃を与え、世界の金融・ビジネスセンターとしての香港の評判を損ねると指摘。大企業や中小企業は最近の調査に対し、地元のビジネス環境がここ数カ月で悲観的な雰囲気に変わったと回答した。特区政府は、厳しい経済環境に直面し、多くの主要中央銀行が利下げやさらなる金融緩和に踏み切ったが、こうした措置がさまざまなマイナス要因の影響を完全に相殺する可能性は低いと強調。香港の輸出実績は向こう数カ月にわたり低迷が続き、その後も減少傾向をたどる恐れもあるとの見方を示した。(記者/万后徳、劉展威)<映像内容>上半期の経済について香港特別行政区政府の記者会見、街並みなど風景、撮影日:2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900747

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:17.39
    2019年08月14日
    「新華社」「疆電外送」の新エネルギー占有率が4割を超える

    中国国家電網公司新疆電力有限公司によると、中国の総合エネルギー基地の一つである新疆ウイグル自治区では今年上半期の「疆電外送(新疆の電力を他地域に送る)」の送電量が前年同期比16・76%増の285億6千万キロワット時に達した。うち新エネルギーの占有率が41%となり、ますます多くの「グリーン(環境配慮型)」電力が中国各地へと送られるようになった。同社によると、285億6千万キロワット時の内訳は①同自治区ハミ(哈密)市南部と河南省鄭州を結ぶプラスマイナス800キロボルト超高圧直流送電プロジェクトによる送電量が205億800万キロワット時②同自治区の750キロボルト級送電網を西北電網の送電網に接続した第一、第二ルートによる送電量が78億9800万キロワット時③今年に入って試験運用を開始した同自治区昌吉(しょうきつ)市と安徽省古泉(こせん)鎮を結ぶプラスマイナス1100キロボルト超高圧直流送電プロジェクトによる送電量が1億5700万キロワット時だった。(記者/張嘯誠、杜剛)<映像内容>新疆ウイグル自治区の風景など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081506120

  • 01:06.51
    2019年06月11日
    「新華社」日本のエコノミスト「中国経済の発展見通しは明るい」

    日本のエコノミストの田代秀敏氏はこのほど新華社の単独取材に応じ、中長期的に見て複雑で厳しい外部環境が中国経済に及ぼすマイナス影響は限定的であり、中国経済はリスクを制御する潜在的成長力を備えていると強調した。田代氏はその主な理由として二つの点を挙げた。一つは中国の技術的優位性。5G(次世代移動通信システム)時代の到来とともに、中国が蓄積していた技術力は活用の場が一層増えていくと指摘。5G構築に向けた世界的な需要が、中国経済の発展をさらに後押しするとの見方を示した。田代氏は、もう一つの理由に中国の都市化プロセスの絶え間ない加速を挙げた。都市人口の増加に伴い、インフラ建設や住宅、家電などで巨大な新需要が生まれると述べ、それらが中国経済の発展を後押しするとの考えを示した。(記者/郭威、鄧敏)<映像内容>田代秀敏氏のインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108271

  • 00:12.41
    2019年03月01日
    「新華社」吉林省にアジア初の全天候型クロスカントリースキー場が完成

    中国吉林省でこのほど、アジア初の全天候対応型クロスカントリースキー練習場、吉林北山四季クロスカントリースキー場の運用が始まった。同スキー場は2022年北京冬季五輪に備えた重点プロジェクトで、世界に向けて開放される。日本や韓国のプロ選手も今夏、トレーニングのため訪れることになっている。スキー場は吉林市北山人民防空施設を拡張したもので、室内は年間を通じてマイナス10度前後に保たれ、プロ選手の基礎トレーニングに向いている。同市氷上スポーツセンターの劉義軍(りゅう・ぎぐん)主任は「現在、45台の人工降雪機があり、自動温度制御による全天候型の降雪を実現している」と語った。クロスカントリースキーのトレーニングはこれまで、季節の影響を避けられず、トレーニングが冬に限られていたため、選手のレベル向上に限界があった。吉林北山四季クロスカントリースキー場は、選手に年間を通じた全天候型のトレーニング場を提供し、クロスカントリーやバイアスロンなどの練習を季節の影響から解放することができる。(記者/段続)<映像内容>吉林北山四季クロスカントリースキー場の内観、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

    商品コード: 2019030107175

  • 03:16.71
    2018年11月26日
    「新華社」北の地を漂う一面の流氷黒竜江

    中国黒竜江省伊春市の嘉蔭(かえい)県はここ数日で気温が急激に下がり、中国とロシアの国境を流れる黒竜江は凍結が始まり、まもなく6カ月間の航行可能期間を終える。川が凍り付く前の壮大な「流氷」の光景は、嘉蔭一帯で見られる美しい風物詩だ。一般的に冬といえば葉が落ちた寒々しい木々を思い浮かべるだろう。しかし嘉蔭は違う。一面の流氷が押し流されていく壮大な光景を味わえるだけでなく、寒中水泳のこの上ない楽しさを自ら体験できる。雪が降ったばかりの嘉蔭の気温は低く、マイナス20度まで下がった早朝、黒竜江のほとりにはすでに10人余りの嘉蔭寒中水泳協会の愛好者たちが集まっていた。中高年の人々も多く、最高齢者は65歳だ。戸外で分厚い綿入れの衣服を脱ぐと凍てつく水中に飛び込み、黒竜江を心ゆくまで泳ぎ怒涛の勢いで流れていく流氷と触れ合った。酷寒にあらがうことが楽しみな愛好者たちは、身体の限界に挑みつつ、寒々とした冬の日に熱い思いをぶつけた。(記者/張玥、劉宇軒)<映像内容>嘉蔭の流氷の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112733446

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:37.44
    2018年11月22日
    「新華社」二十四節気「小雪」にマイナス38·2度黒竜江省大興安嶺

    22日は中国の二十四節気の「小雪」にあたる。黒竜江省の大興安嶺呼中気象台は21日、寒気の影響により大興安嶺最高峰の大白山観測所でマイナス38・2度を観測したと報じた。冬入り以来の最低気温となった。呼中鎮の交通警察は早朝からすべての主要交差点で交通整理を実施し秩序維持に努めた。外出する市民も急激な気温の低下を感じ、厚手のジャケットや綿入れの帽子、マスクで寒さに備えた。地元の暖房供給会社も顧客の暖房需要を確保するため、暖房温度を上げる緊急対応を行ったという。一方で、持続的な低温は中国で最も寒い町とされる呼中鎮に美しい景色を添えた。街を流れる呼瑪川の両岸には美しい樹氷が出現した。中国で最も寒い町と呼ばれる呼中区は大興安嶺伊勒呼里山の北麓に位置し、平均標高は800メートル以上。霜が降りない期間はわずか80日余りで、最低気温の歴史的記録はマイナス53・2度。年間平均気温もマイナス4・3度で、マイナス40度に達する日は年間で約30日にも及ぶ。(記者/馬知遥)<映像内容>黒竜江省大興安嶺でマイナス38·2度、撮影日:2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112616059

  • 01:37.15
    2018年09月05日
    「新華社」【字幕あり】IFA2018で「空飛ぶ空気清浄機」がお目見え

    ドイツ・ベルリンで開催されている国際コンシューマ・エレクトロニクス展(IFA2018)で、ドローン型エアークリーナー「空飛ぶ魔法の空気清浄機」が人びとの注目を集めている。同製品を出展したのは日本の企業、クリエイティブテクノロジー。機体は小さく、室内を飛行した時に生じる空気の流れで、ほこりやPM2・5を機体に吸着させる。従来のクリーナーが地面のゴミしか掃除できないという欠点を補うことに成功している。同社のスタッフによると、製品には多くのセンサーが搭載されており、自動制御により室内でも障害物を避けて飛行できるという。クリエイティブテクノロジー社ブースのスタッフ一体成型された吸着フィルターには沢山の穴が空いており、この穴からマイナスイオンを発生させ、空気中のほこりを吸着させます。飛行中に搭載された小型カメラが障害物を自動で検知するので、安全に使用することができます。(記者/張遠、連振)<映像内容>国際コンシューマ・エレクトロニクス展の様子、クリエイティブテクノロジー社のコメント、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018090722053

  • 02:44.63
    2016年09月05日
    日銀総裁 追加緩和に意欲 マイナス金利拡大も

    日銀の黒田東彦総裁は5日、東京都内で開かれた共同通信のきさらぎ会で講演し「マイナス金利の深掘りも、量の拡大もまだ十分可能」と述べ、マイナス金利幅の拡大や国債などの買い入れ増額による追加金融緩和に意欲を示した。〈映像内容〉東京都内で開かれた共同通信のきさらぎ会での日銀の黒田東彦総裁の記者会見、撮影日:2016(平成28)年9月5日、撮影場所:東京都内

    商品コード: 2019120407163

  • 01:57.35
    2016年03月15日
    金利低下「国民にプラス」 日銀総裁、生活不安に反論

    日銀の黒田東彦総裁は15日、金融政策決定会合後に記者会見し、マイナス金利政策が預金金利の低下などを招き、人々の生活不安を高めていることに関し、金利低下は「国民生活に幅広いプラスをもたらす」と反論した。設備投資や個人消費の改善が顕著になるにつれ「前向きな評価が定まっていく」と期待を示した。<映像内容>日銀の黒田東彦総裁の記者会見、雑観など、撮影日:2016(平成28)年3月15日、撮影場所:東京都

    商品コード: 2020051302184

  • 03:10.42
    2016年02月09日
    長期金利がマイナス0・035% 過去最低を更新

    9日の国債市場で長期金利の指標である新発10年債の利回りが一時、マイナス0・035%となり、過去最低を更新した。<映像内容>10年国債の利回りがマイナス0・035%となったことを示す表示ボード、日経平均株価、東京外為市場の各ボード(東京都中央区の岩井コスモ証券前で撮影)、撮影日:2016(平成28)年2月9日、撮影場所:東京都中央区

    商品コード: 2020061604652

  • 08:03.75
    2016年02月09日
    長期金利、初の0% 国債利益なし、異常事態

    東京金融市場で9日、住宅ローンや企業向け融資の目安で長期金利の代表的な指標である10年国債の利回りが初めて0%となった。日銀が追加金融緩和策としてマイナス金利の導入を決めたことを受けて、投資家が少しでも高い利回りの国債購入を加速させたため価格が上昇し、利回りが急低下した。最も安全な運用資産とされてきた国債だが、0%の利回りで購入して満期まで保有しても利益の出ない異常事態となった。<映像内容>10年国債の利回りを示す表示ボード(東京都中央区の岩井コスモ証券前で撮影)、岩井コスモ証券の林卓郎・投資調査部投資情報センター長のインタビュー、撮影日:2016(平成28)年2月9日、撮影場所:東京都中央区 ※0%ちょうどの表示は撮影できていません。

    商品コード: 2020061604653

  • 1