KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 可能性
  • 解明
  • 発見
  • データ
  • 令和
  • 北京
  • 最初
  • 理解
  • 発生
  • 確認

「マグネター」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年04月17日
    中国の科学者ら、連星中性子星の合体の謎を解明

    張彬彬(ちょう・ひんひん)氏率いる研究チームが設置した南京大学天文・空間科学学院コンピュータールームのコンピューター・クラスター。中国の南京大学は13日、同校の天文学者らが参加した研究により、連星中性子星の合体でマグネターが誕生する可能性が初めて証明されたと発表した。中国科学技術大学物理学院天文学部の薛永泉(せつ・えいせん)教授を筆頭研究者とする研究チームの得られた成果は11日、英科学誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。(南京=新華社配信/張彬彬氏提供)=撮影日不明、クレジット:張彬彬氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809440

  • 2019年04月17日
    中国の科学者ら、連星中性子星の合体の謎を解明

    XT2のX線光度曲線(左上)と画像(下)、母銀河の相対的な位置(右上)。(薛氏教授の論文から引用)中国の南京大学は13日、同校の天文学者らが参加した研究により、連星中性子星の合体でマグネターが誕生する可能性が初めて証明されたと発表した。中国科学技術大学物理学院天文学部の薛永泉(せつ・えいせん)教授を筆頭研究者とする研究チームの得られた成果は11日、英科学誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。(南京=新華社配信/薛永泉氏提供)=撮影日不明、クレジット:薛永泉氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809469

  • 2019年04月17日
    中国の科学者ら、66億光年先から届いた「マグネター」の光を発見

    遠く離れた宇宙にあるマグネターのイメージ図。(資料写真)中国科学技術大学の薛永泉(せつ・えいせん)教授らはこのほど、約7時間続く特殊なX線放射信号を発見し、この信号が約66億光年先から届いたことを解明した。研究成果は11日、英科学誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。薛氏は、この信号がこれまで理論的推測の中でしか存在しなかった新しいX線放射信号だと説明。マグネターが連星中性子星の合体から直接誕生した可能性があることを世界で初めて実証したと述べた。(合肥=新華社配信/薛永泉氏提供)=撮影日不明、クレジット:薛永泉氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809428

  • 2021年02月20日
    (3)衛星「慧眼」、高速電波バーストの発生源がマグネターと確認

    18日、中国科学院高能物理研究所(IHEP)の宇宙衛星科学運用監視室で、議論を交わす衛星「慧眼」の首席科学者、張双南氏(左から3人目)と同僚の熊少林(ゆう・しょうりん)研究員(左から1人目)、李承奎(り・しょうけい)副研究員(左から2人目)。国際学術誌「NatureAstronomy」電子版は19日、中国初の硬X線変調望遠鏡衛星「慧眼」の最新観測結果を掲載した。それによると、同衛星は謎の高速電波バーストに関連する最初のX線バーストを発見し、それが銀河系内の「マグネター」と呼ばれる非常に強力な磁場を持つ中性子星「SGRJ1935+2154」からのものだと確認。このX線バーストに含まれる二つのX線パルスが高速電波バーストの高エネルギー対応天体(カウンターパート)であることを世界で初めて証明した。この発見は、世界の他の望遠鏡の観測結果と合わせ、高速電波バーストがマグネターのアウトバーストから発生する可能性があることを証明するとともに、高速電波バーストの起源の謎を解明し、高速電波バーストの放射メカニズムやマグネターのアウトバーストメカニズムを理解する上で、極めて重要なデータを提供した。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200150

  • 2021年02月20日
    (6)衛星「慧眼」、高速電波バーストの発生源がマグネターと確認

    19日、中国科学院高能物理研究所(IHEP)で開かれた開かれた記者会見で、記者の質問に答える衛星「慧眼」の首席科学者、張双南(ちょう・そうなん)氏ら科学研究者。国際学術誌「NatureAstronomy」電子版は19日、中国初の硬X線変調望遠鏡衛星「慧眼」の最新観測結果を掲載した。それによると、同衛星は謎の高速電波バーストに関連する最初のX線バーストを発見し、それが銀河系内の「マグネター」と呼ばれる非常に強力な磁場を持つ中性子星「SGRJ1935+2154」からのものだと確認。このX線バーストに含まれる二つのX線パルスが高速電波バーストの高エネルギー対応天体(カウンターパート)であることを世界で初めて証明した。この発見は、世界の他の望遠鏡の観測結果と合わせ、高速電波バーストがマグネターのアウトバーストから発生する可能性があることを証明するとともに、高速電波バーストの起源の謎を解明し、高速電波バーストの放射メカニズムやマグネターのアウトバーストメカニズムを理解する上で、極めて重要なデータを提供した。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200152

  • 2021年02月20日
    (5)衛星「慧眼」、高速電波バーストの発生源がマグネターと確認

    18日、中国科学院高能物理研究所(IHEP)の宇宙衛星科学運用監視室で、記念撮影をする衛星「慧眼」科学応用システムの研究チーム。国際学術誌「NatureAstronomy」電子版は19日、中国初の硬X線変調望遠鏡衛星「慧眼」の最新観測結果を掲載した。それによると、同衛星は謎の高速電波バーストに関連する最初のX線バーストを発見し、それが銀河系内の「マグネター」と呼ばれる非常に強力な磁場を持つ中性子星「SGRJ1935+2154」からのものだと確認。このX線バーストに含まれる二つのX線パルスが高速電波バーストの高エネルギー対応天体(カウンターパート)であることを世界で初めて証明した。この発見は、世界の他の望遠鏡の観測結果と合わせ、高速電波バーストがマグネターのアウトバーストから発生する可能性があることを証明するとともに、高速電波バーストの起源の謎を解明し、高速電波バーストの放射メカニズムやマグネターのアウトバーストメカニズムを理解する上で、極めて重要なデータを提供した。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200165

  • 2021年02月20日
    (4)衛星「慧眼」、高速電波バーストの発生源がマグネターと確認

    18日、中国科学院高能物理研究所(IHEP)の宇宙衛星科学運用監視室で、衛星「慧眼」の運用状況をモニタリングする科学研究者。国際学術誌「NatureAstronomy」電子版は19日、中国初の硬X線変調望遠鏡衛星「慧眼」の最新観測結果を掲載した。それによると、同衛星は謎の高速電波バーストに関連する最初のX線バーストを発見し、それが銀河系内の「マグネター」と呼ばれる非常に強力な磁場を持つ中性子星「SGRJ1935+2154」からのものだと確認。このX線バーストに含まれる二つのX線パルスが高速電波バーストの高エネルギー対応天体(カウンターパート)であることを世界で初めて証明した。この発見は、世界の他の望遠鏡の観測結果と合わせ、高速電波バーストがマグネターのアウトバーストから発生する可能性があることを証明するとともに、高速電波バーストの起源の謎を解明し、高速電波バーストの放射メカニズムやマグネターのアウトバーストメカニズムを理解する上で、極めて重要なデータを提供した。(北京=新華社記者/才揚)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200144

  • 2021年02月20日
    (2)衛星「慧眼」、高速電波バーストの発生源がマグネターと確認

    19日、中国科学院高能物理研究所(IHEP)で開かれた記者会見で、研究成果を紹介する衛星「慧眼」の首席科学者、張双南(ちょう・そうなん)研究員。国際学術誌「NatureAstronomy」電子版は19日、中国初の硬X線変調望遠鏡衛星「慧眼」の最新観測結果を掲載した。それによると、同衛星は謎の高速電波バーストに関連する最初のX線バーストを発見し、それが銀河系内の「マグネター」と呼ばれる非常に強力な磁場を持つ中性子星「SGRJ1935+2154」からのものだと確認。このX線バーストに含まれる二つのX線パルスが高速電波バーストの高エネルギー対応天体(カウンターパート)であることを世界で初めて証明した。この発見は、世界の他の望遠鏡の観測結果と合わせ、高速電波バーストがマグネターのアウトバーストから発生する可能性があることを証明するとともに、高速電波バーストの起源の謎を解明し、高速電波バーストの放射メカニズムやマグネターのアウトバーストメカニズムを理解する上で、極めて重要なデータを提供した。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200143

  • 2021年02月20日
    (1)衛星「慧眼」、高速電波バーストの発生源がマグネターと確認

    19日、中国科学院高能物理研究所(IHEP)で開かれた記者会見で、研究成果を紹介する衛星「慧眼」の首席科学者、張双南(ちょう・そうなん)研究員。国際学術誌「NatureAstronomy」電子版は19日、中国初の硬X線変調望遠鏡衛星「慧眼」の最新観測結果を掲載した。それによると、同衛星は謎の高速電波バーストに関連する最初のX線バーストを発見し、それが銀河系内の「マグネター」と呼ばれる非常に強力な磁場を持つ中性子星「SGRJ1935+2154」からのものだと確認。このX線バーストに含まれる二つのX線パルスが高速電波バーストの高エネルギー対応天体(カウンターパート)であることを世界で初めて証明した。この発見は、世界の他の望遠鏡の観測結果と合わせ、高速電波バーストがマグネターのアウトバーストから発生する可能性があることを証明するとともに、高速電波バーストの起源の謎を解明し、高速電波バーストの放射メカニズムやマグネターのアウトバーストメカニズムを理解する上で、極めて重要なデータを提供した。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200166

  • 2022年01月27日
    Scientists Discover Mystery Object Emitting Radio Waves 4,000 Light-Years From Earth

    January 27, 2022, Australia: VIDEO AVAILABLE: CONTACT INFO@COVERMG.COM..This image shows an artistââ¬â¢s impression of what the object might look like if itââ¬â¢s a magnetar. Magnetars are incredibly magnetic neutron stars, some of which sometimes produce radio emission. Known magnetars rotate every few seconds, but theoretically, ââ¬Åultra-long period magnetarsââ¬Â could rotate much more slowly. ..Researchers from the International Centre for Radio Astronomy Research (ICRAR) announced Thursday (27January2022) that they have discovered a mysterious object in space that releases a giant burst of energy three times an hour..The object, which is 4,000 light-years from Earth, is unlike anything astronomers have seen before..The team who discovered it think it could be a special kind of neutron star or a white dwarfââ¬âcollapsed cores of starsââ¬âwith an ultra-powerful magnetic field..The strange object spins around in space and sends out a beam of radiation that for a minute in every twenty, is one of th...

    商品コード: 2022012803984

  • 1