KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • パラリンピック
  • 東京五輪
  • ソメイティ
  • デザイン
  • ミライトワ
  • 組織委員会
  • オリパラ
  • 東京オリンピック
  • キャラクター
  • お披露目

「マスコット」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
57
( 1 57 件を表示)
  • 1
57
( 1 57 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:01.72
    2021年03月03日
    「新華社」杭州市最大のスポーツ公園が完成間近

    中国浙江省杭州市で2022年開催予定のアジア競技大会で卓球とホッケーの試合会場となる運河アジア競技大会公園は現在、完成に近づいている。同公園は市が重点的に打ち出した総合公園プロジェクトで、南北二つのエリアに分かれており、北エリアに建設のホッケー会場は形が伝統的な江南油紙傘に似ていることから「杭州傘」とも呼ばれている。南エリアに建設の卓球会場は、良渚文化の「玉琮(ぎょくそう、礼器)」のイメージを取り入れ、建物正面の外観と色彩は杭州アジア競技大会のマスコット「琮琮(ツォンツォン)」と同じになっている。敷地面積は701ムー(約47ヘクタール)で、完成後は同市最大のスポーツ公園となる。(記者/夏亮、李濤) =配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:36.64
    2021年02月11日
    「新華社」延慶区で春節イルミネーション点灯北京市

    中国北京市延慶区でこのほど、春節(旧正月)を祝うイルミネーションがともされ、華やかな光が街中を包み込んだ。今年のイルミネーションは冬季五輪の要素を取り入れており、マスコットの「氷墩墩(ビンドゥンドゥン)」と「雪容融(シュエロンロン)」も照明に照らされ、お祝いムードを盛り上げている。(記者/魏夢佳、馬暁冬) =配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.65
    2021年01月31日
    「新華社」杭州アジアパラ競技大会のデザイン計画を発表大会組織委員会

    中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会、第4回アジアパラ競技大会の組織委員会は29日、イメージ・景観デザインの運用に関する重要な指針として、大会会場の内外と都市景観におけるエンブレム、スローガン、マスコット、アイコン、コアグラフィック、カラー・システムなどのイメージ要素の運用規範を含む、イメージ・景観の全体計画を正式に発表した。規格デザインの一連のビジュアルイメージ、パブリックアート、夜景造成の「ツールキット」は、都市の玄関口やランドマーク、大会専用ルート、競技会場、選手村、オフィシャルホテル、聖火リレールートなどで使用できる。同計画は当初のコンセプトデザインから正式発表まで、約5カ月かけて何度も改善や修正が行われた。今ではほぼ完全な形の初版(vol・1)が完成しており、近く杭州をはじめ同省寧波市、温州市、金華市、紹興市、湖州市徳清県などの競技会開催都市に送られる。イメージ・景観の計画は段階的に実施され、前期では主に都市の玄関口としての役割を担う地域で、雰囲気作りが進められるという。(記者/夏亮、李濤) =配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:08.08
    2020年07月30日
    「新華社」杭州アジア競技大会に向け、特別塗装機6機を披露

    中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会をテーマとした特別塗装を施した旅客機6機がこのほど、杭州蕭山国際空港で披露された。機体には同大会のエンブレムやマスコットなどがデザインされ、強烈な視覚的インパクトと識別性の高いイメージを備えている。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>第19回アジア競技大会をテーマとした旅客機を披露、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.90
    2020年06月17日
    STOCKSHOTS US brand Aunt Jemima to change amid protests

    Images show “Aunt Jemima“ products displayed in a Miami supermarket, after the major US food company announced it would change the brand, which feature African American mascots, amid nationwide protests against racism. STOCKSHOTS、作成日:2020(令和2)年6月17日、撮影場所:米マイアミ州、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 01:05.98
    2020年04月16日
    「新華社」杭州アジアパラ競技大会、マスコットは「飛飛」

    2022年に中国浙江省杭州市で開催される第4回アジアパラ競技大会のマスコットが16日、オンライン上で正式に発表された。名前は「飛飛(フェイフェイ)」。同市にある新石器時代後期の良渚文化遺跡で見つかった「神鳥」をモチーフにしている。杭州の歴史文化と科学技術イノベーションを融合させたデザインで、人と自然の調和と共生への願いも込められている。「神鳥」は中国で良い知らせを運ぶという伝説があることから、文化と幸福の使者ともされている。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>第4回アジアパラ競技大会のマスコット発表、撮影日:2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:46.03
    2020年02月25日
    パラ本番まであと半年 小学校で人文字作成

    東京パラリンピックの開幕まで半年となった25日、複数の競技会場がある東京・江東区の小中一貫校、有明西学園で「あと6カ月」を表す人文字が作られた。小学3年の児童109人がピンク色のボードを掲げて「6」の形を作り、マスコットのソメイティとともに五輪後に行われる大会へのムードを盛り上げた。体育館では陸上女子走り幅跳びで代表に内定している高田千明(たかだ・ちあき)選手の特別授業が行われた。<映像内容>人文字を作る様子、高田選手のデモンストレーションの特別授業、児童の体験の様子、撮影日:2020(令和2)年2月25日、撮影場所:東京都江東区

    撮影: 2020(令和2)年2月25日

  • 00:21.24
    2020年02月17日
    「新華社」群馬県山本知事、中国へ応援メッセージ

    群馬県の山本一太知事がこのほど、中国に応援のメッセージを送った。群馬県山本一太知事中国の皆さん。<映像内容>群馬県の山本一太知事が中国へ応援メッセージ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:05.25
    2020年01月06日
    「新華社」新年迎える花の街ベトナム・ホーチミン

    ベトナム南部ホーチミンの中心に位置するグエン・フエ通りは旧正月の時期、美しい花の街に変身する。通りをマスコットや花など約130個の飾りで彩るイベント「フラワーロード」は17年連続で開催されており、訪れる観光客は年間100万人以上に上る。2020年は1月22日から28日までの日程で公開される。(記者/陶軍、王迪)<映像内容>ホーチミンのイベント「フラワーロード」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.16
    2019年12月05日
    「新華社」北京冬季五輪・パラ組織委員会、ボランティア募集を開始

    34回目の国際ボランティアデーを迎えた5日、中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会は、同大会のボランティア募集を正式に開始した。世界中から五輪のボランティア2万7千人、パラリンピックのボランティア1万2千人を募る。申請はすべて全世界ボランティア募集ネットシステムで受け付ける。採用活動は2021年9月30日までに完了させるという。(記者/汪涌、姫燁、夏子麟)<映像内容>北京冬季五輪・パラリンピックのボランティア募集開始、式典の様子、撮影日:2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:23.85
    2019年11月20日
    関東の特産品を機内食に ANA、地域の魅力発信

    ANAグループは20日、羽田空港や成田空港などを出発する航空機や、空港ラウンジで、関東地方の特産品を使った食事を12月から2020年5月末まで提供すると発表した。地域活性化に向けた取り組みの一環で、訪日外国人に関東の魅力を発信する。 国際線の一部で千葉県銚子産のイワシのつみれが入ったカレーや、山梨県笛吹市の桃を使用したジャム、栃木県特産のイチゴ「とちおとめ」などを用意する。ラウンジでは特産品を使ったデザートや地酒を提供する。 東京都内で20日開いた発表会では、各都県の担当者や群馬県のマスコットキャラクター「ぐんまちゃん」などが集合し、地元の魅力をアピールした。茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨の8都県の食材が対象となる。<映像内容>全日空の志岐隆史副社長あいさつ、発表の模様、料理の物撮り、撮影日:2019(令和元)年11月20日、撮影場所:東京都港区

    撮影: 2019(令和元)年11月20日

  • 01:56.88
    2019年11月18日
    五輪用ロボットで遠隔操作実演 感情表現やあいさつも披露

    東京2020組織委員会は18日、東京都内の小学校でイベントを開き、来年の五輪・パラリンピック向けに開発した大会マスコットの「ミライトワ」「ソメイティ」の形をしたロボットの操作を実演した。ロボット同士が連動していて腕の動作や力の感覚を共有し、「ソメイティ」を操作すると、離れた位置にある「ミライトワ」が同じ動作を披露。ほかにも児童の表情を頭部のカメラで認識してまねをするなど感情を表現したり、あいさつなどの問いかけに応答したりした。 <映像内容>イベント雑観、ロボットの除幕式、雑観、小学生の問いかけにいろいろな表情で応えるロボット、遠隔操作実演、ロボットと小学生のフォトセッション、参加小学生代表2人の囲み、ロボットのブツ撮りなど、撮影日:2019(令和元)年11月18日、撮影場所:東京都品川区

    撮影: 2019(令和元)年11月18日

  • 01:40.72
    2019年11月11日
    「新華社」【輸入博】日本語ボランティアと一緒に輸入博を見学しよう

    日本語ボランティアと一緒に第2回中国国際輸入博覧会を見学しよう。ボランティア趙詩晴(ちょう・しせい)さんこんにちは、趙と申します。この度、初めて中国国際輸入博覧会にボランティアとして参加することになりました。では、皆さんに私の仕事について紹介しましょう。自動運転車を見学することは私の一番の楽しみですが、いま大切なのはボランティアの役割を果たすことです。今日は何歩歩くのか、当ててみてください!(記者/狄春、王翔、許暁青、呉寒氷、陳雨寧、陳愛平、呉宇、仇逸、呉振東)<映像内容>第2回中国国際輸入博覧会、日本企業の自動車展示など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:21.68
    2019年10月10日
    「新華社」世界軍人運動会、公式ゲーム「兵兵突撃」を発表

    第7回世界軍人運動会の公式ゲーム「兵兵突撃」が10日、武漢市で発表された。大会マスコット「兵兵」にちなんで名付けられたニュースゲーム(時事問題を盛り込んだゲーム)で、オンラインの対戦競技を通じて一般人が同大会への理解を深めながら参加できる。一般人が参加しやすいように「兵兵突撃」はスマートフォンの体験版とスクリーンの対戦版がある。スマホ版は2次元バーコードを読み取るか同大会の微信(ウィーチャット)公式アカウントをフォローすれば体験でき、スクリーン対戦版は同大会メインメディアセンターにある関連展示エリアで体験できる。(記者/潘志偉)<映像内容>第7回世界軍人運動会の公式ゲーム「兵兵突撃」、撮影日:2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:30.47
    2019年09月17日
    「新華社」北京冬季五輪・パラのマスコット、「氷墩墩」と「雪容融」に決定

    2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコットが17日、北京で発表された。名前は五輪が「氷墩墩(ビンドゥンドゥン)」、パラリンピックが「雪容融(シュエロンロン)」に決まった。氷墩墩はジャイアントパンダ、雪容融は灯籠(ランタン)をそれぞれイメージしている。<映像内容>2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコット発表、撮影日:2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:51.94
    2019年09月06日
    応援ビートで心一つに 東京五輪・パラへプロジェクト

    東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会は6日、競技会場に来場した世界各国の観客と共に、選手を手拍子で応援するプロジェクトを発表した。このプロジェクトは「Tokyo2020〞Make The Beat!〞」で、この日、都内で発表された応援ビート2020beat」に乗って、大会マスコットのミライトワやソメイティが、明治大応援団とともに応援を実演した。<映像内容>「ミスジャパン」東京代表の土屋炎伽さん、バイオリニストの木嶋真優さんらの様子、応援ビートの実演、撮影日:2019(令和元)年9月6日、撮影場所:東京都 千代田区 明治大学駿河台キャンパス

    撮影: 2019(令和元)年9月6日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:01.66
    2019年08月31日
    ドローン適正利用を 東京五輪前に警視庁チラシ配布

    東京五輪・パラリンピックに向けて警視庁は31日、東京都内で開催された無人小型機ドローンの操縦体験イベントでチラシを配布し、規制区域での飛行禁止など適正利用を呼び掛けた。<映像内容>ドローン体験イベントの雑観、警視庁マスコットのピーポー君らによるチラシ配布、警視等のオリンピック・パラリンピック競技大会総合対策本部の井出康智警視の囲み取材など、撮影日:2019(令和元)年8月31日、撮影場所:アクアシティ お台場

    撮影: 2019(令和元)年8月31日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:51.07
    2019年08月16日
    ラグビーの五郎丸登場 「ラルフローレン」のイベント

    ラグビーの五郎丸歩選手らが16日、東京都内で行われた人気ブランド「ラルフローレン」のマスコットがラグビーボールを蹴る「キッカー ベア」誕生祈念イベントに登場した。〈映像内容〉会場入り、イベント雑観、囲みなど、撮影日:2019(令和元)年8月16日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2019(令和元)年8月16日

  • 01:49.81
    2019年07月23日
    日航、来春登場の制服披露 迫る?年五輪へ盛り上げ

    2020年東京五輪・パラリンピックの開幕まで1年となるのに合わせて機運を盛り上げようと、日航は23日、来年4月から着用を始める客室乗務員やパイロット、地上スタッフらの新たな制服を羽田空港で披露した。20年夏以降、羽田など主要空港で自動チェックイン機などを刷新することも発表。五輪に合わせて、快適な空の旅を実現するとアピールした。<映像内容>日航の赤坂祐二社長あいさつ、所属3選手(向かって左から山本凌雅選手、土井選手、戸辺選手)とマスコット登場、戸辺選手の一言、新制服発表、フォトセッション、選手囲み取材など、撮影日:2019(令和元)年7月23日、撮影場所:羽田空港

    撮影: 2019(令和元)年7月23日

  • 01:08.36
    2019年07月11日
    五輪盛り上げへ2機目登場 日航が特別デザイン

    日航は11日、「みんなのJAL2020ジェット」の2号機を羽田空港で公開した。来年の東京五輪・パラリンピックに向けた特別機で、ボーイング767に、大会マスコットの「ミライトワ」「ソメイティ」が、フェンシングやボッチャなど計12競技に取り組む様子を機体に描いた<映像内容>機内の内装雑観、外観など、撮影日:2019(令和元)年7月11日、撮影場所:羽田空港

    撮影: 2019(令和元)年7月11日

  • 00:47.23
    2019年07月01日
    「新華社」TCL集団、ブラジルで新製品発表

    中国大手家電メーカーのTCL集団は7月1日、ブラジル・サンパウロ市で「2019新製品発表会」を行い、TCLX10Sテレビ、T-SMARTシリーズエアコン、TCLC9+携帯などの新製品を数多く発表した。TCL集団が南米市場でテレビ、エアコン、携帯からなる多様なスマート製品を発表したのは今回が初めてだ。TCL集団は2016年、ブラジル家電大手SEMPと合弁会社を設立している。TCL実業控股(広東)股份有限公司の王成(おう・せい)CEO(最高経営責任者)は、SEMP・TCL合弁会社は今年1~5月の製品販売量が前年同期比33%増となったと明らかにした。SEMP・TCL合弁会社のCEO(最高経営責任者)はテレビ、携帯、家電、エアコンなどを含む生産ラインを紹介し、また、SEMPとTCLの提携は「国際イノベーションの完璧な融合だ」と述べた。中国企業グローバル化の先駆けとしてTCL集団は、160カ国と地域で事業を展開している。王成CEOは、TCL集団のテレビ出荷台数は2018年、世界2位だったと説明した。(記者/宮若涵)<映像内容>TCL集団の新製品発表会、ブラジル代表マスコットのカナリーニョ登場の様子、撮影日:2019(令和元)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:35.51
    2019年06月02日
    「新華社」子どもたちによるアジア競技大会の長編絵巻制作イベント杭州市

    中国浙江省杭州市の杭州青少年活動センターの広場に2日午前、100人の子どもたちが集まり、色とりどりで華やかな「長編絵巻」を共同制作した。この小さな画家たちは、同市少年書画院に所属する7歳から11歳の子どもたち。表現手法はそれぞれだが、テーマは「ぼくの·わたしの心の中のマスコット」と決められており、皆「夢、革新、喜び、がまん強さ」の意味合いと結び付けて描き、「アジア競技大会を迎える1万メートル長編絵巻」を制作して、2022年杭州アジア競技大会の開催成功に協力した。(記者/夏亮、李涛)<映像内容>100人の子どもたちが「長編絵巻」を共同制作する様子、撮影日:2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:44.27
    2019年05月31日
    「人型マーク」で禁煙訴え 厚労省イベントで小峠さん

    「世界禁煙デー」の31日、たばこと健康について正しい知識の普及を図ろうと、厚生労働省が東京都内で記念イベントを行いました。このイベントは国民の生活習慣を改善して健康寿命を延ばすことを狙いにしたプロジェクト「スマート・ライフ・プロジェクト」の取り組みの一つです。イベントでは、禁煙や受動喫煙対策に取り組む企業のトップが成果を報告しました。またお笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二さんが、全身タイツに身を包み、禁煙マークを体を張って表現するパフォーマンスに挑戦しました。<映像内容>根本匠厚労相のあいさつ、マスコットキャラクター「けむいモン」、小峠さんらとのフォトセッション、トーク雑観、赤の全身タイツの小峠さんパフォーマンス、撮影日:2019(令和元)年5月31日、撮影場所:東京都千代田区 丸ビル

    撮影: 2019(令和元)年5月31日

  • 01:19.44
    2019年05月13日
    「ヴィッセル」ロゴのジェット公開 スカイマーク

    スカイマークは13日、サッカーJ1ヴィッセル神戸のロゴを機体にデザインしたジェット機を報道陣やヴィッセルのファンらに公開した。機体を見たヴィッセルのポドルスキ選手は「この飛行機が日本中を飛ぶことでヴィッセル神戸が日本中にいいアピールができる」と話した。スカイマークはこれまでに、プロ野球の北海道日本ハムファイターズ、阪神タイガースのそれぞれのマスコットを描いた機体や福岡ソフトバンクホークスを応援する女性ファンをモチーフにした機体も運航している。〈映像内容〉特別デザイン機「ヴィッセルジェット」の外観、ジェット機を見たヴィッセル神戸のポドルスキ選手、テープカット、フォトセッション、撮影日:2019(令和元)年5月13日、撮影場所:兵庫県神戸市 神戸空港

    撮影: 2019(令和元)年5月13日

  • 01:32.15
    2019年04月08日
    五輪応援の特別機運航 日航、機体にマスコット

    日航は8日、2020年東京五輪・パラリンピックの開催を盛り上げる特別機「みんなのJAL2020ジェット」の運航を始めた。ボーイング777の機体には、「TOKYO2020」の大きな文字とともに、大会マスコットである「ミライトワ」「ソメイティ」や、東京の高層ビル群が描かれた。〈映像内容〉特別機の外観や内装、出発前の就航セレモニー、フォトセッション、乗客の見送り、特別機の滑走路への移動など、撮影日:2019(平成31)年4月8日、撮影場所:東京都 羽田空港

    撮影: 2019(平成31)年4月8日

  • 01:37.86
    2019年03月18日
    日ハム応援ジェットが登場 スカイマークに19日から

    スカイマークは18日、プロ野球北海道日本ハムファイターズのマスコットになっているキタキツネの「フレップ」をデザインしたボーイング737の特別機「ファイターズジェット」を羽田空港で公開した。19日から運航を始め、来年6月までスカイマークが乗り入れる国内11空港に登場する。〈映像内容〉ファイターズジェットのお披露目、佐山展生(さやま・のぶお)スカイマーク会長あいさつ、前沢賢(まえざわ・けん)日本ハム球団事業統括本部長あいさつ、テープカット、フォトセッション、機内雑観、外観など、撮影日:2019(平成31)年3月18日、撮影場所:羽田空港

    撮影: 2019(平成31)年3月18日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:37.13
    2019年02月25日
    野沢雅子さんCMに感謝状 群馬・沼田は第二の故郷

    人気声優の野沢雅子さんが25日、東京都内で、かつて過ごした縁で群馬県沼田市のラジオに出演して特殊詐欺防止や確定申告を呼び掛けたことで、神保誓志県警沼田署長と森谷義光沼田税務署長から感謝状を贈られた。〈映像内容〉東京都港区の野沢さんの所属事務所(青二プロダクション)で行われた感謝状の贈呈式と野沢さんのインタビュー、野沢さんに警察のマスコットと地元のまんじゅうプレゼント、色紙にサインなど、撮影日:2019(平成31)年2月25日、撮影場所:東京都港区

    撮影: 2019(平成31)年2月25日

  • 01:07.43
    2019年02月16日
    「新華社」上海市のランタン、台北ランタンフェスタに登場

    中国台湾台北市で16日夜、恒例のランタンフェスティバルが開幕した。上海市政府の指導のもとで上海市文化・観光局がデザインし制作した「上海で迎春を楽しむ、亥年に幸せが満ちる」をテーマにした大型ランタンもお目見えした。多くの市民が携帯電話で撮影する姿は、フェスティバルの新年ムードを盛り上げた。台北ランタンフェスティバルは4年連続で上海市を招聘し、合同で展示を行っている。今年も上海観光フェスティバルのマスコット「楽楽(ルールー)」が元宵節のランタンと共に台北市を訪れ、台北市民や観光客と共に一家団らんの日とされる元宵節を祝った。(記者/林凱)<映像内容>台北ランタンフェスティバルの様子、撮影日:2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:46.58
    2019年02月06日
    「新華社」中国人旅客と共に春節を祝うアテネ国際空港

    ギリシャの首都アテネの郊外にあるアテネ国際空港は6日、中国国際航空(エアチャイナ)と共同で春節(旧正月)を祝うイベントを行った。巨大なマスコットキャラクターが同航空のチェックインカウンターで旅客を出迎えた他、ギリシャの青少年が中国の伝統的な舞獅(獅子舞い)やカンフーなどを披露したり、美食もふるまわれた。<映像内容>アテネ国際空港で中国・春節の催し、撮影日:2019(平成31)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:20.47
    2018年12月03日
    「新華社」世界短水路選手権を歓迎するライトショー杭州銭塘江

    中国浙江省杭州市内を流れる銭塘江の河畔で3日夕暮れ、同市で11日から開催される「2018年第14回世界短水路選手権」を歓迎する大型のプロジェクションマッピングが行われた。きらめく夜景の中、水をかいて泳ぐ選手の姿が川岸に並ぶビル群に映し出された。さらに、各国の国旗やかわいい大会マスコット「奇力」(チーリー)も登場。このライトショーは12月3日から17日までの火曜日、金曜日、土曜日の午後6:28~6:30、午後7:28~7:30に銭塘江の河畔で開催され、多くの人の目を楽しませる。(記者/応曲川、孔令杭)<映像内容>杭州銭塘江のライトショーの様子、撮影日:2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.26
    2018年11月23日
    トークイベントに錦織登場 LIXIL

    男子テニスの錦織圭選手は23日、都内で開かれた住宅設備機器のLIXILのトークイベントに登場。子どもたちらからの質問に応じた。〈映像内容〉イベントの様子、フォトセッション、五輪マスコット(ミライトワ・ソメイティ)の雑観など、撮影日:2018(平成30)年11月23日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2018(平成30)年11月23日

  • 02:56.51
    2018年10月20日
    灯籠でラグビーW杯PR 博多駅前で巨大地上絵

    ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の開催地、福岡市のJR博多駅前広場に20日、灯籠でかたどられた大会公式マスコット「レンジー」が出現。4年に1度の大イベントを見に来てほしいという、関係者の切実な願いが込められた光を人々は足を止めて見つめた。連獅子をモチーフにした2体は親子の設定。白い髪の親「レン」と赤い髪の子ども「ジー」が約5千個の灯籠で表現された。福岡市ではフランス―米国など1次リーグ3試合が行われるが、チケットの売れ行きが芳しくないとの話も聞かれる。<映像内容>レンジーの制作風景雑観、「レンジー」のイラストとイベントの紹介看板、火入れ風景、明かりの入ったレンジー、灯籠寄り雑観など、撮影日:2018(平成30)年10月20日、撮影場所:福岡県福岡市 JR博多駅前広場

    撮影: 2018(平成30)年10月20日

  • 01:26.32
    2018年10月01日
    五輪の年賀はがき発売 マスコットあしらい

    日本郵便は1日、2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットをあしらった19年用年賀はがきを発売する。1枚67円で、大会の準備と運営に充てる寄付金5円分を上乗せした。3種類あり計4140万枚を用意した。3種類は五輪マスコットの「ミライトワ」とパラリンピックの「ソメイティ」を大きくデザインした限定100万枚のはがきなど。通常の年賀はがきは11月1日に売り出す。〈映像内容〉東京都内の麻布郵便局で五輪の年賀はがきが発売された様子、はがきの物撮りなど、撮影日:2018(平成30)年10月1日、撮影場所:東京都 麻布郵便局

    撮影: 2018(平成30)年10月1日

  • 02:49.70
    2018年08月01日
    体操の内村選手、東京五輪音頭に挑戦

    2020年東京五輪・パラリンピックの旗が兵庫県に到着した記念イベントが神戸市のアシックスの本社で行われ、体操の内村航平選手らが参加した。内村選手は小学生にマット運動や跳び箱を指導。イベントには大会マスコットの「ミライトワ」「ソメイティ」も参加、最後にみんなで「東京五輪音頭2020」を踊り締めくくった。〈映像内容〉五輪の旗を持って登場する内村選手、内村選手による小学生への体操指導、東京五輪音頭を踊る内村選手、内村選手の囲み取材、撮影日:2018(平成30)年8月1日、撮影場所:兵庫県神戸市 株式会社アシックス本社

    撮影: 2018(平成30)年8月1日

  • 01:42.80
    2018年07月24日
    五輪盛り上げに塗装機登場 日航、マスコット描く

    日本航空は24日、2020年東京五輪・パラリンピックのマスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」を機体に描いたボーイング777―200の特別塗装機を羽田空港でお披露目した。特別塗装機は24日朝の羽田発那覇行きで初フライト。20年の大会終了まで約2年間にわたり国内各地に飛び、五輪ムードを盛り上げる。全日空も今秋に同様の特別塗装機を就航させる。<映像内容>ペアで日航機の機体後部に描かれたマスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」、客室乗務員と機体のフォトセッション、羽田空港のターミナルビルでのマスコットや五輪を目指す選手をデザインした大型の横断幕やポスターの掲示など、撮影日:2018(平成30)年7月24日、撮影場所:東京都 羽田空港

    撮影: 2018(平成30)年7月24日

  • 05:17.01
    2018年07月24日
    スカイツリーから盛り上げ 東京五輪開幕まで2年

    2020年東京五輪の開幕まで2年となった24日、東京都と大会組織委員会は東京スカイツリータウン(東京都墨田区)でセレモニーを開き、節目の日を盛り上げた。セレモニーでは、参加者は法被姿で登場。組織委の森喜朗会長や東京都の小池百合子知事があいさつした。〈映像内容〉スカイツリータウンに設置されたPRブースなどの雑観、カウントダウンイベントの様子、森会長と小池知事のあいさつ、柔道の野村忠宏さんや競泳の池江璃花子選手らが参加したトークイベント、大会マスコット登場、東京五輪音頭の雑観など、撮影日:2018(平成30)年7月24日、撮影場所:東京都 墨田区 スカイツリー

    撮影: 2018(平成30)年7月24日

  • 05:56.89
    2018年07月22日
    五輪マスコット、名前決定 ミライトワとソメイティ

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、大会マスコットの名前を五輪は「ミライトワ」、パラリンピックは「ソメイティ」と決定し、東京都内でお披露目イベントを行った。ぬいぐるみなど関連グッズの販売もスタート。開幕まで大会の機運を盛り上げる。〈映像内容〉東京都内で行われた東京五輪・パラのマスコットの名前発表イベントの様子(組織委の森喜朗会長と東京都の小池百合子知事、リオデジャネイロ五輪水泳で銅メダルの瀬戸大也選手、リオ・パラリンピックに出場した瀬立モニカさんらが出席)、マスコットハウスのオープニングセレモニーの様子、グッズ撮りなど、撮影日:2018(平成30)年7月22日、撮影場所:東京都

    撮影: 2018(平成30)年7月22日

  • 03:06.48
    2018年07月22日
    水上パレード 五輪マスコット

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、大会マスコットの名前を五輪は「ミライトワ」、パラリンピックは「ソメイティ」と決定した。東京都内でお披露目イベントを行い、等身大のマスコットが初登場。その後マスコットは船で水上をパレード。隅田川から東京湾を巡り、お台場海浜公園(港区)で出迎えた小学生25人と記念撮影をした。〈映像内容〉東京都内で行われた五輪マスコットの水上パレードの様子、場所は浅草、両国国技館近く、選手村、豊洲、レインボーブリッジ、お台場など、撮影日:2018(平成30)年7月22日、撮影場所:東京都 隅田川 東京湾

    撮影: 2018(平成30)年7月22日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:55.70
    2018年06月21日
    京急と浅草線、直通50年 記念式典に花電車

    京急電鉄と都営浅草線の相互直通運転が21日、50周年を迎え、東京都港区の品川駅で関係者らが出席し、記念式典が開かれた。50年前と同様、車両を花で飾って祝う「花電車」が登場。京急は1905年、品川―神奈川で開通。さらに都心乗り入れを目指したが、日中戦争や第2次大戦で計画は頓挫した。しかし、戦後復興の中、浅草線の整備計画が浮上。浅草線は60年に押上(東京都墨田区)―浅草橋(同台東区)で部分開業し、京成電鉄との相互直通が始まった。その後、京急と浅草線が難工事を経てそれぞれ泉岳寺(同港区)まで延伸し、68年6月21日、京急、浅草線、京成による神奈川県の浦賀から千葉県の成田までを結ぶ相互直通が始まった。<映像内容>過去資料を展示した花電車内部雑観、外観、記念式典雑観、京急の原田一之社長あいさつ、くす玉割、フォトセッション、社長囲み、花電車雑観、詰めかけたファンの様子など。

  • 02:22.60
    2018年03月17日
    スホラン、バンダビ大人気 出迎えや記念写真、大忙し

    平昌冬季オリンピック、パラリンピック大会の公式マスコット「スホラン」と「パンダビ」が大人気だ。愛らしい姿で大会を盛り上げるスホランは白虎、バンダビはツキノワグマがモチーフで、駅や会場では、客の出迎えや記念写真に大忙し。オリンピックパーク内の公式ストアでは、ぬいぐるみやグッズを買い求める人の姿が多く見られた。<映像内容>スホランとバンダビが記念写真に応じたり、2体が高速鉄道の珍富駅で出迎えたりしている様子など、撮影日:2018(平成30)年3月17日、撮影場所:韓国・平昌

    撮影: 2018(平成30)年3月17日

  • 03:28.57
    2018年02月28日
    東京五輪マスコットが決定 市松模様の近未来的キャラ

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、東京都品川区立の小中一貫校、豊葉(ほうよう)の杜(もり)学園で大会マスコットを発表し、大会エンブレムでも採用された日本伝統の市松模様が特徴の近未来的なキャラクターの「ア」が選ばれた。最終候補3作品の中から、五輪史上初の試みだった全国の小学生の投票でトップの10万9041票を獲得し、他の2作品に大差をつけた。名前は7~8月に公表される。<映像内容>会場の学校の外観、小学生投票結果発表会の様子(体育館に集まる生徒たち、発表、作者で福岡県出身のデザイナー谷口亮(たにぐち・りょう)さんあいさつ)、フォトセッションなど、撮影日:2018(平成30)年2月28日、撮影場所:東京都品川区

    撮影: 2018(平成30)年2月28日

  • 03:32.21
    2018年01月26日
    ラグビーW杯マスコット発表 『レンジー』

    ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は26日、東京都内で大会公式マスコットとして、連獅子をモチーフにした紅白2体の「レンジー」をお披露目した。2019年W杯は札幌市や岩手県釜石市、埼玉県熊谷市や東京都調布市、横浜市、静岡県袋井市、愛知県豊田市、大阪府東大阪市、神戸市、福岡市、大分市、熊本市で開催される。 〈映像内容〉ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会の嶋津昭事務総長らによる記者会見、フォトセッション(ドリームサポーターの室伏広治氏、谷本歩実氏、中嶋悟氏、松木安太郎氏ら)、撮影日:2018(平成30)年1月26日、撮影場所:東京都港区の明治記念館

    撮影: 2018(平成30)年1月26日

  • 03:10.99
    2018年01月22日
    五千校超が投票終える 五輪マスコットあと1カ月

    2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットを選ぶ全国の小学校の学級単位の投票は22日、締め切りまで1カ月となり、大会組織委員会は5141校の6万105学級(19日午前時点)が投票を終えたと発表した。参加登録をした学校は1万3985校で、対象となる約2万1千校の7割に迫る状況となった。 同日、千葉市の都小学校で「マスコット投票授業」が報道陣に公開された。 全国の小学校の各クラスに1票を与える投票は昨年12月に受け付けを開始。来月22日に締め切られ、最多得票の採用作品が同28日に発表される。 <映像内容>競泳で五輪に出場した伊藤華英さんと元パラリンピックに射撃で出た田口亜希さんが参加した公開授業の様子、3年2組(伊藤さん参加)、6年3組(田口さん参加)、6年3組で投票先が決まる様子、囲み取材(ゲスト2人の感想)など。撮影日:2018(平成30)年1月22日、午前10時半ごろ撮影、撮影場所:千葉市立都小学校

    撮影: 2018(平成30)年1月22日、午前10時半ごろ撮影

  • 02:54.14
    2018年01月17日
    平昌五輪記念コイン販売 22日から予約開始

    硬貨輸入販売の泰星コイン(東京)は17日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪の公式記念金貨と銀貨の予約販売を22日から2月2日まで、全国の主要金融機関で行うと発表した。東京都内で記者会見した。金貨は韓国の伝統行事が描かれたもの(500枚限定で54万円)、スケート(650枚限定、28万800円)、スキーのジャンプ(1200枚限定、28万800円)の3種類。銀貨はフィギュアスケート、ジャンプ、スノーボード、ノルディック複合の4種セット(1200セット限定)で4万9680円。いずれも表面に大会公式エンブレムが刻印されている。<映像内容>2010年バンクーバー五輪のフィギュアスケート男子銅メダリストの高橋大輔さんへ記念コインの贈呈、フォトセッション、記念コインの物撮りなどなど。

  • 02:37.62
    2017年12月11日
    五輪マスコット投票開始 全国小学生、史上初の試み

    2020年東京五輪・パラリンピックのマスコットを決める全国の小学生による投票は11日、受け付け初日を迎えた。大会組織委員会によると、大会のマスコットを小学生が決める試みは史上初。各学級につき1票を投じる仕組みで、子どもたちに大会に興味を持ってもらう狙い。投票期限は来年2月22日まで。 <映像内容>東京都の府中けやきの森学園で行われた「マスコット投票授業」の様子など。11日午後1時ごろから1時45分ごろまで撮影。

  • 02:37.25
    2017年12月07日
    五輪マスコット候補を公表 3作品小学生投票で選考

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、大会マスコットの選定で最終候補に残った3作品を公表した。12月11日から来年2月22日まで、全国の小学校の各クラスに1票を与える投票を実施し、最多得票の採用作品が2月28日に発表される。3作品は東京都渋谷区立加計塚小学校で行われた発表会でお披露目された。組織委マスコット審査会の宮田亮平(みやた・りょうへい)座長(文化庁長官)や委員を務めたタレントの中川翔子(なかがわ・しょうこ)さんらが出席。 <映像内容>東京都内で行われた五輪マスコット候補の発表会の様子、小学生のインタビューなど。7日午前撮影。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.09
    2017年11月01日
    「東奥日報」鯵ケ沢町舞戸小で「灯台」の出前授業

    青森海上保安部は灯台記念日の1日、鯵ケ沢町の舞戸小学校(川越しづ子校長)で「灯台を知ろう」と題した出前授業を行った。3年生38人が灯台の役割や光る仕組みに理解を深めた。<映像内容>海上保安部の人たちが出前授業を行なう風景、マスコット「うみまる」との撮影。撮影日:2017年11月1日、撮影場所:鯵ケ沢町 クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    撮影: 2017年11月1日

  • 03:12.29
    2017年10月13日
    最終候補、3点に絞る 東京五輪マスコット選考

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、一般公募した大会マスコットの審査会を開き、候補に残っていた16作品から最終候補の3作品を選んだ。商標調査などが必要なため、公表は12月初旬になる予定。12月11日から来年2月、3月にかけて全国の小学校で学級単位による投票を実施し、最多得票の作品を採用する。一般公募には2042件の応募があり、組織委は8月から絞り込みを行ってきた。<映像内容>第6回マスコット審査会終了後の、同審査会の囲み記者会見。会見者は3人で、向かって左からパラリンピック射撃日本代表の田口亜希委員、生駒芳子副座長、夏野剛委員。東京都港区で午後4時すぎに撮影。

  • 03:44.49
    2017年08月01日
    五輪マスコット公募開始 セレモニーでどら合図に、2020年東京大会

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、大会マスコットのデザインの一般公募を開始した。台東区立蔵前小学校で開かれたセレモニーでは審査会座長の宮田亮平文化庁長官がどらを鳴らし、受け付け開始をアピールした。応募の締め切りは14日で、22日から審査に入る。3、4作品を最終候補とした後、全国の小学校の学級単位による投票を12月11日から来年1月19日まで実施し、来年2月上旬に採用作品を発表する予定。〈映像内容〉子どもたちのチアリーディングクラブによるパフォーマンスや、カウントダウンに続き宮田長官がどらを鳴らす様子、フォトセッションなど。

  • 04:13.35
    2017年04月24日
    応募要項を最終確認 五輪マスコット一般公募

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、大会マスコットの選考方法を決める検討会議の第8回会合を開き、一般公募に向けて応募要項の細部を最終確認した。要項はIOCの最終的な承認を得た上で5月中旬までに公表する予定。〈映像内容〉検討会議後、東京都内で行われた生駒芳子(いこま・よしこ)検 討会議副座長の囲み取材の様子。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:39.82
    2017年03月06日
    東京五輪の大会マスコット検討会議 名前の選考はプロが対象へ

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は6日、大会マスコットの選考方法を決める検討会議の第6回会合を東京都内で開き、大会マスコットの名前はデザインの最終案が確定した後に実績のあるクリエイターやコピーライターのプロを対象として募集に入る方針を固めた。検討会議の生駒芳子副座長は「ネーミングは国内外で商標権のハードルが高いため」と理由を説明した。〈映像内容〉検討会議メンバー3人の会議終了後のぶら下がり取材。3人は、一番左手がメンバーの林いづみ弁護士、中央が検討会議副座長のファッションジャーナリスト・生駒芳子氏、一番右手がメンバーの長沢忠徳・武蔵野美術大学長。

  • 02:10.29
    2017年01月17日
    五輪マスコット検討会議 第1回会合

    2020年東京五輪・パラリンピックのマスコット選考検討会議の第1回会合が17日、東京都内で開かれた。〈映像内容〉2020年東京五輪・パラリンピックのマスコット選考検討会議の第1回会合後のファッション・ジャーナリストの生駒芳子(いこま・よしこ)副座長のぶら下がり取材、撮影日:2017年(平成29)年1月17日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2017年(平成29)年1月17日

  • 05:04.47
    2016年06月24日
    あべのハルカス展望台、来場者500万人突破

    高さ300㍍の大阪市阿倍野区にある日本一高いビル「あべのハルカス」の展望台への来場者数が24日午前、500万人を突破しました。500万人目となったのは、妻と一緒に訪れた大阪市淀川区の会社員、高浜壮さんで、2人は特設のゴンドラに乗り、300㍍を超える高さから景色を楽しみました。<映像内容>くす玉、式典の様子、到達者がゴンドラに乗る様子、ハルカス外観など、撮影日:2016(平成28)年6月24日、撮影場所:大阪市阿倍野区

    撮影: 2016(平成28)年6月24日

  • 04:48.85
    2016年05月19日
    レゴランド、来年4月開業 名古屋、屋外型で国内初

    名古屋市港区で建設中の人気玩具「レゴブロック」のテーマパーク「レゴランド・ジャパン」の運営会社は19日、来年4月1日に同テーマパークを開業すると発表した。レゴランドは小規模な屋内型が東京や大阪にあるが、大型の屋外遊園地は国内で初めて。名古屋市のテーマパークは市所有の9・3㌶に建設している。園内では乗り物やショーなど40種類以上のアトラクションが楽しめる。運営会社は19日、建設現場で開業日発表の式典を開催。愛知県内の幼稚園児らを招待し、レゴランドのマスコットキャラクターが登場した。<映像内容>建設現場で開かれた式典の様子、幼稚園児やレゴランドの旗など雑観、運営会社のトーベン・イェンセン(TORBEN・JENSEN)社長のあいさつ、カウントダウンの様子など、撮影日:2016(平成28)年5月19日、撮影場所:名古屋市港区

    撮影: 2016(平成28)年5月19日

  • 04:41.48
    2015年12月24日
    東北 動物 猫 高齢 長寿 マスコット 旅行 観光 地方 乗客 会津鉄道2代目ネコ駅長に「らぶ」就任

    福島県会津地方を走る会津鉄道の芦ノ牧温泉駅(会津若松市)にすみ着き、ネコ駅長として親しまれてきた「ばす」の後任として、これまで見習いだったネコの「らぶ」が2代目に就任する式典が24日、同駅で開かれた。2008年に就任したばすは推定17歳以上の雌で、人間の年齢に換算すると90歳以上。眠っていることも多くなり、今回の交代となった。〈映像内容〉駅長交代式典、地元の子どもたちに囲まれる「らぶ」と「ばす」、お客さんと会津鉄道の大石直(おおいし・ただし)社長のインタビューなど、撮影日:2015(平成27)年12月24日、撮影場所:福島県 芦ノ牧温泉駅

    撮影: 2015(平成27)年12月24日

  • 11:44.47
    2015年11月23日
    浜松の「家康くん」が優勝 ゆるキャラGP

    インターネット投票などで、ご当地キャラクター日本一を決める「ゆるキャラグランプリ2015in出世の街浜松」の投票結果、静岡県浜松市のキャンプ場で発表され、同市の「出世大名家康くん」が優勝した。2位は愛媛県の「みきゃん」、3位は埼玉県深谷市の「ふっかちゃん」。家康くんは浜松市の公式マスコットで、徳川家康がモチーフ。<映像内容>会場雑観、表彰式、フォトセッションなど、撮影日:2015(平成27)年11月23日、撮影場所:静岡県浜松市

    撮影: 2015(平成27)年11月23日

  • 09:51.55
    2015年04月17日
    「宇都宮餃子」を横浜でPR 観光シーズン前に

    ギョーザの消費量日本一を静岡県浜松市と争う栃木県宇都宮市のギョーザをPRする宇都宮餃子祭りが17日、横浜市で始まりました。19日まで開催され、事務局は3日間で12万人の来場を予想しています。〈映像内容〉会場雑観、オープニングセレモニー、鈴木章弘事務局長あいさつ、イベントを応援するフォーリンデブ・橋本陽さんの話、宇都宮のマスコット「ミヤリー」、調理雑観、行列、販売の様子、ギョーザを食べる客、客の話、ギョーザのブツ撮りなど、撮影日:2015(平成27)年4月17日、撮影場所:神奈川県横浜市

    撮影: 2015(平成27)年4月17日

  • 1